チラシの裏SS投稿掲示板




No.13626の一覧
[0] 【習作】暁物語(元ネタ:源氏物語)[紫敷布](2009/11/11 22:02)
[1] プロローグ[紫敷布](2009/11/03 16:48)
[2] 1話[紫敷布](2009/11/03 16:56)
[3] 2話[紫敷布](2009/11/18 18:25)
[4] 3話[紫敷布](2009/11/05 23:13)
[5] 4話[紫敷布](2009/11/07 13:48)
[6] 幕間1[紫敷布](2009/11/07 13:57)
[7] 5話[紫敷布](2009/11/08 21:18)
[8] 6話[紫敷布](2009/11/09 22:42)
[9] 7話[紫敷布](2009/11/10 23:15)
[10] 8話[紫敷布](2009/11/13 23:51)
[11] 幕間2[紫敷布](2009/11/15 22:38)
[12] 9話[紫敷布](2009/11/18 18:30)
[13] 10話[紫敷布](2009/11/22 20:07)
[14] 11話[紫敷布](2009/12/01 22:29)
[15] 12話[紫敷布](2009/12/14 22:08)
[16] 13話[紫敷布](2010/02/06 22:48)
[17] 14話(前)[紫敷布](2011/02/23 21:31)
[18] 14話(後)[紫敷布](2011/02/23 22:07)
[19] 帰ってきた「クリスマス特番」(再掲載)[紫敷布](2011/02/24 22:02)
[20] なんで今頃「新春特番」(お蔵入りのお披露目)[紫敷布](2011/02/24 22:16)
[21] 15話[紫敷布](2011/02/25 22:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[13626] 10話
Name: 紫敷布◆07eba287 ID:a5147822 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/11/22 20:07




 
 何れの御世であったでしょうか……。
 
 位人臣を極めた大臣のもとに、珠のような男の子が居りました。
 
 人には言えない事情を持った彼は、成人を迎える、その時まで、
 
 女人として生涯を送ったと、記録されて居ります。
 
 やがて何時しか人々は、色々な意味で、
 
 彼の若君を『源氏の君の二代目』と呼ぶようになります。
 
 これは、数奇な運命を辿り、平安の世に生まれ変わった、
 
 暁の君の半生の物語 ―――――



 
 
 暁です。
 
 新しい年を迎え、目出度く4歳になりました。
 
 
 
 
 暁です。
 
 忘れられていた袴着の儀が、この間、執り行われました。
 
 千歳飴が無いから『別に、どうでも良いや…』とか思っていたのですが、
 
 これをやらないと私、正式な父上の子として世間に認知されないのでしたね。
 
 また何処から聞きつけたのか、母上が水飴モドキを用意してくれておりました。
 
 久々の甘味は、非常に美味しかったです。
 
 
 
 
 暁です。
 
 後で聞いた話なのですが、袴着の儀が『女の子』用の内容で実施されていたそうです。
 
 ココマデシマスカ……?
 
 まさか7歳で『帯解きの儀』とかやらないよね?
 
 というか、成人式は元服だよね? 裳着じゃないよね?
 
 裳着は…… 裳着は、裳着は嫌ーーーー!!
 
 
 
 暁です…暁です…暁です…………。









 新春を迎えて、庭の梅の花が見事に満開となった二条院は、俄かに忙しい空気に包まれた。
 
 年末・新春の行事から続く、時期外れの私の袴着の準備やら宴会やら……
 
 そして、今年中に実行される(?)と思われる六条院への引越し準備やら、
 
 来年予定されている爺様の50御賀 etc……。
 
 
 まぁ実はぶっちゃけると、てんてこ舞い状態なのは、母上1人だけで、後は余り変わっていない。
 
 親父っ! 少しは家事を手伝えよ!! 母上がきつそうですよ?
 
 家庭を顧みない父親は、妻の不満を凄く買うよ? ……とは、思っていても教えてあげない。
 
 何故ならば……
 
 何故なら、『母上が忙しい』 =(イコール)= 『監視が弱まる!!』であり、
 
 ふっふっふっふっ……
 
 
 
 俺 の 時 代 が  遂にキターーーーーーーー!!
 
 
 
 
「と言う訳で、兄上、お久しぶりです!」
 
 久々に二条東の院の兄上を訪ねて、お部屋にお邪魔しております。
 
 勿論、両親に言うと止められるので、二条院を無断で出て来ました。
 
 
「なんで後々に怒られると分かっていて、此処に来るかなぁ?」
 
「昔の偉い人は言ってます。『人は後悔する葦』だと!!(注:誰も言ってません!)
 
 私は常に人間らしく、後悔を恐れずに在りたいのです!!」
 
 
 あぁぁ、そんな呆れた顔で見ないで下さい。今日はちゃんと用事が有って来たのですから……。
 
 
 
「ん?用事? 何かな?」
 
「はい…実はですね兄上。兄上が今度の朱雀院の行幸に、招かれたと聞きまして……」
 
「あぁ…よく知ってるね?」
 
 父上に伺いました。たしか詩文を作成する為に呼ばれたのでしたよね?
 
 たしか兄上は、これが切っ掛けで、原作だと昇進街道に入って行く筈だったような?
 
 
「それで、当日の趣向の内容というか、『院内の何処で何をやるか?』御存知ないですか?」
 
「うーん。 いや、聞いた覚えは無いね。多分、当日にならないと僕達には、知らされないと思うけど…」
 
 やはり式部省の試験代わりの余興だから、問題内容(趣向とか)なんて、通知される訳が無いか。
 
 この分だと、趣向を担当している内大臣さましか、詳細を知っている人は居ない様ですね。
 
 それにしても困ったなぁ……。
 
 原作の詳細なんて覚えてないし、でも兄上の邪魔はしたくないし……。
 
 
 
 
 
「でも、何でそんな事を気にするの?」
 
 まぁ聞いてきますよねぇ…実は兄上の為なんですが。
 
 
「実は私も当日、朱雀院に行くように父上に言われまして」

「えっ!? 暁も朱雀院へ行くの?」

「はい、内裏を出る主上が『良い機会だから私を見てみたい』と言われたから――だ、そうです。
 
 差し詰め私は、珍獣扱いですかいな? それと朱雀院さまからも正式に招待が来まして、
 
 父上が断れなかったと嘆いていました。まぁその様な訳で、当日は兄上の邪魔になりそう場所に、
 
 近づかないようにしようかと思いまして……」
 
 
 そう、幾ら自分でも、この優し過ぎる兄の足を引っ張る真似をする気は全く無い!
 
 無いのであるが……
 
 最近、存在自体が騒動の種に成りつつ在る自分が、万が一にでも試験現場に居た場合、
 
 騒動が全く起きないと、自分自身で断言出来なくなって来ており、
 
 早い話、『兄上達の居る場所には近づかない方が良いだろう』という結論に至った訳である。
 
 
 う~~ん、困った。下手をすると、当日にうっかりニアミスをしてしまうかも?
 
 これが原因で、兄上が試験に落ちでもしたら……。
 
 真剣(マジ)で洒落にならねぇぇぇ!!!
 
 雲居の雁さん、泣くかな? 怒るかな?
 
 恨まれそうで嫌だな……嗚呼、自分も泣きたくなってきた。
 
 
 
 
「何か、余り朱雀院に行くのは乗り気じゃないみたいだね?」
 
「分かりますか? もう胃が痛くて溜息しか出てきませんよ……」
 
 このまま行くと、貴方の出世が大惨事に為りかねない結果とか……。
 
 思っていても口に出せませんよ!
 
 
「あぁ! 成る程……。そう云うことか……」
 
 ん? 何故、こちらをニヤニヤと笑って見ているのですか? 兄上??
 
「いや、何も言わなくても良いよ……。僕からすれば、相手方の親に認めて貰えるだけでも羨ましい限りだと思うけど」
 
 
 兄上、ちょっと待って下さい! 多分、兄上は何か大きな勘違いをしていると思います!!
 
「勘違いも何も…… 暁の武勇伝は、ちょっと前まで宮中を最も賑わせた話題だったからね」

 ドンナ内容が伝わっているんだろ? スゲエ嫌な予感というか悪寒が……
 
「ん? 内容? 暁が朱雀院さまの女三の宮さまに、熱烈に求愛して口説き落「わーーーー!!」」
 
 誤解です! 無実です! 冤罪です!! 
 
 一体、誰が、そんな噂を広めているんだ!? 凄い誇張された内容になってないか?
 
「恐らく父上が元凶じゃあないかな? 多分、君を懲らしめる意味合いでだと思うけど…」
 
 おのれ親父っ!! なんと姑息な!!
 
 自分が散々言われた『節操なし』の汚名を、実の息子に濡れ衣を着せるつもりなんだな!?
 
 
「宮中じゃあ『さすが源氏の大臣の御子息』って言われているらしいよ。
 
 お察しの通り、余り良い意味じゃあ無いみたいだけどね……。
 
 困ったことに、僕まで女性に手が早いと思われて、年頃の姫持ちの方々に警戒される始末だよ」
 
 
 兄上は幼馴染の君が居て、実害なんて無いから良いじゃないですか!
 
 私なんか、このまま行くと、お年頃になっても結婚相手が居ないとか……
 
 こんな時代の果てにまで来て、一生独身なんて、イヤーーーーー!!
 
 
 いいんだ………、また部屋の隅で「の」の字でも書いてやる。
 
「ま、まぁ……多分だけれど、暁が年頃になる頃には、そんな噂は消えていると思うよ?」
 
 本当にそうでしょうか? もっと酷い噂が流れていそうな予感がプンプンとするのですが?
 
「そ、それは、君の今後の心掛け次第じゃあないかな?」
 
 最近では、出来る限り気を付けている積りなのですが、
 
 何故か予想外の展開に物事が行く事が、すごーく良く有って……。
 
 私、運命の神様に嫌われているのでしょうか?
 
 
「そう云う訳で兄上、今回の朱雀院の行幸は『突発的に何かが起こるかも?』しれません。
 
 いや起こさない様に努力しますが、ちょっと最近、行動が裏目に出ることが多いので……。
 
 ですから、最悪の事態の心構えだけでも持っていて下さい!」
 
 
「まぁ君が来ていると事前に分かっただけでも、十分に有意義な情報だけれどもね。
 
 当日に知ったとしたら、恐らく、取り乱しただろうし……」
 
 
 やっぱり兄上からも『騒ぎの中心』と見られているのですね……。
 
 まぁ本当の事ですから仕方が無いのですが。
 
 
 
 おっと! もう此処に来てから四半刻が過ぎますね。
 
 そろそろ戻らないと、二条院で騒ぎが起きますので戻ることにします。
 
「帰るの? じゃあ送っていくよ」
 
「何時も思うのですが、道を挟んで隣の屋敷ですから、ちょっと大げさでは無いですか?」
 
「万が一何か有ったら、僕が怒られるからね。じゃあ行こうか?」
 
 
 …
 
 ……
 
 
 そして二条院の門の前に着いたのですが――
 
『若様は見つかったか!?』
 
『『『『『『まだ見つかりませーーーん!!』』』』』』
 
『急いで見つけ出すんだ! 殿からは多少強引に確保しても良いとの仰せが有った!!』
 
『『『『『『分かりましたーーーー!!』』』』』』
 
 
 
 
「「…………」」
 
 どう見ても、抜け出した事がバレた後の様です。
 
『惟光さま!! 屋敷を隈なく探しましたが見つかりません!!』
 
『やはりもう抜け出した後か。是より東の院へ捜索の手を広げる!! 総員、進め!!!』
 
『『『『『『オォーーーー!!』』』』』』
 
 しかも、大騒ぎに発展しつつあります。(汗)
 
 
 
 
「兄上、巻き込んでしまって、ごめんなさい……」
 
「いや、君の行動が裏目に出るって意味が、凄く良く分かったよ……」
 
 目を血走らせた家人が、目の前に迫る姿を目前に捉え、2人の溜息が虚空に消えて行くのでした。
 
 
 
 
 
 
(暁日記:第10巻 「裏目之人」より抜粋)





あとがき:
 
 こんな稚作を読んで頂き、誠にありがとうございます。
 朱雀院の行幸編の1話目といった所でしょうか……。
 リアルが年末の仕事モードに移行したので、年内は平日の更新が難しい状況になりました。
 暫くは前書きの通り、まったりペースで、週末にちょこちょこと書く予定です。
 
 
 
(了)

 


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.042131185531616