チラシの裏SS投稿掲示板




No.12333の一覧
[0] (習作)ファンタジー憑依ものRPG風味入り[凡人の種](2009/11/02 16:27)
[1] プロローグ 見知らぬ場所で…[凡人の種](2009/09/30 09:57)
[2] 第一話 現状を確認[凡人の種](2009/11/01 21:56)
[3] 第二話 出発、はじめてのせんとう[凡人の種](2009/11/01 22:42)
[4] 第三話 町へいこう[凡人の種](2009/11/02 16:22)
[5] 第四話 学術都市[凡人の種](2009/11/06 00:11)
[6] 第五話 技能の習得[凡人の種](2009/10/02 22:05)
[7] 第六話 医師ミシェル[凡人の種](2009/10/02 02:47)
[8] 第七話 弟子入り[凡人の種](2009/10/04 00:16)
[9] 第八話 薬草採集[凡人の種](2009/10/08 00:26)
[10] 第九話 結果報告[凡人の種](2009/10/05 01:58)
[11] 第十話 調剤 - ポーション作成[凡人の種](2009/10/13 04:05)
[12] 第十一話 ギルド[凡人の種](2009/10/04 21:00)
[13] 第十二話 ショッピング[凡人の種](2009/11/05 16:56)
[14] 第十三話 初勝利[凡人の種](2009/10/06 01:22)
[15] 第十四話 ギルド試験[凡人の種](2009/10/08 00:30)
[16] 第十五話 ギルド試験その2[凡人の種](2009/10/22 00:38)
[17] 第十六話 称号[凡人の種](2009/10/13 04:05)
[18] 第十七話 技能訓練[凡人の種](2009/10/22 00:14)
[19] 第十八話 技能訓練その2[凡人の種](2009/10/17 20:38)
[20] 第十九話 技能訓練その3[凡人の種](2009/10/22 19:04)
[21] 第二十話 初クエスト[凡人の種](2009/10/26 21:32)
[22] 第二十一話 初クエストその2[凡人の種](2009/11/23 05:03)
[23] 第二十二話 初クエストその3[凡人の種](2009/12/03 05:56)
[24] 第二十三話 釣り日和[凡人の種](2009/12/03 06:15)
[25] 第二十四話 釣り日和その2[凡人の種](2009/12/13 22:58)
[26] 第二十五話 釣り日和その3 [凡人の種](2010/01/13 20:03)
[27] 第二十六話 釣り日和その4 [凡人の種](2010/01/15 20:31)
[28] 第二十七話 地下研究所[凡人の種](2010/01/20 21:22)
[29] 第二十八話 地下研究所その2[凡人の種](2010/04/06 23:07)
[30] 第二十九話 地下研究所その3[凡人の種](2010/04/06 23:14)
[31] 番外編 設定の説明[凡人の種](2009/11/05 01:40)
[32] 番外ノ二 習得済み技能[凡人の種](2009/11/05 23:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[12333] 第十四話 ギルド試験
Name: 凡人の種◆84b6463f ID:4fa409a1 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/10/08 00:30


翌朝、ここ数日と同じように宿を出て、診療所に到着。

昨日のギルドでのこと、出会った巨大蜂のことを話した。


「ふぅん、その蜂は多分「鳥喰い蜂」だね。Eランクの魔物だ。
いきなりEランクと戦うとは、結構根性みせたじゃないか?」

自分から戦闘を挑んだわけじゃないんだけどな。

俺のその心を読んだのか、

「魔物避けも付けずに街から離れれば襲われて当然さ。
偶然魔物に遭遇する確立は高いもんじゃないけど、
備えもせずに街から出るってことは、当然、戦う覚悟を持っておくものさ。
勝手に自分の判断で外に出るからそんな目にあうんだよ」

自業自得だね、と言って意地悪そうに笑った。

う、思い知りました。





「えーと、それで話の続きなんですが。
たまった薬草や、道具なんかを保存しておく倉庫か家を借りたいんですけど、
如何すればいいんでしょうか?」

「ん、なにを入れる気だい?
大量に物を持ってけるあんたには、必要ないんじゃないかい?」


「持ち運べる荷物の量にも、限界があるんですよ。
それがそろそろ一杯になってきてまして…」

「ほう、そうなのかい。なるほどねえ…。
うちにある程度置いてやってもいいが、あんたの収集ペースだとすぐに満杯だろう」


そこまでお世話になるのは忍びない。

人の家だと好きに出入りしたりはできないから、荷物を預けるには都合が悪いしな。



「結論から言うと、現状アンタが土地を含む何かを借りるのは難しいよ」

え、倉庫借りるくらいで、問題なんかあるのか?

「あんたがこの街の住人じゃないのが問題なんだよ。
……よし、あんたギルドに入っちまいな」

なにそれ。





展開の速さについていけなかった…。
…気を取り直して理由を聞こう。

「ギルドを薦める理由は何ですか?
俺は、できるだけ戦う危険を減らしたいんですけど」

「倉庫や家等の土地を含む何かの購入、借受には本人の身分証明がいるんだよ。
不審者や犯罪者が、勝手に街に住み着かないための処置だね」


けっこうしっかりしてるな。
なるほど、そういう仕組みか。


「この街で生まれたあたしらは、
教会が生誕の祝福をするときに記録してくれてるから、それが証明になる。

街を渡り歩いてる商人には、商人用の許可札があるから問題ない。

では、ギルドの傭兵達は如何してるか…。それは、ギルド自体が証明してくれるのさ。
ギルドに加入するときに契約カードを渡される。本来は傭兵としてのランクを見るためのものだけど、
それが本人確認にも使える。
手っ取り早く身分証明を得るには、登録すればいいだけのギルドに入るのが一番簡単さ」


やっぱり入らないと駄目か。

平和な日本で暮らしていた身としては、戦闘はしたくないんだけど…。


「ギルドは必要最低限の能力さえあれば誰でも入れるからね。
昨日Eランクの魔物を倒したって話だろ?
ならテストには受かるだろうさ」


テストもあるのか。

はぁ、倉庫が欲しいなんていわなきゃよかったかな?

「それで、テストの内容は?」

「あたしが話すよりも、直接ギルドに行ってやって来な。
難しいもんじゃないから、そっちの方がよほど早いよ。
うだうだ言ってないで、さっさといってきな!」

「は、はい!行ってきます!!」





さて、そういうわけで半ば無理やり送り出されてきたのだ。

二回目だから、ギルドの独特な雰囲気にも慣れたな。

昨日と同じように受付に行く。

「ギルドの傭兵になりたいんですが、如何すればいいですか?」

「ギルド加入の手続きですね。
こちらの球に触っていただけますか?」

出された蒼い玉に触れる。
特に変化はない…。

「はい、結構です。それでは地下の訓練場に行って、テストを受けてきてください」

なんだったんだ?
まぁ、何も言われなかったし、アレでいいんだろう。

地下の扉は鉄でできている。
おいおい、まるで監獄だな…。

扉を開けて中に入る。


「よう、新入り!
これからお前がギルドで働くのに必要な能力があるかテストする。
今のうちにお前ができることを言っておけ。
それもテストに影響してくるからな!」


やたら声が大きい熱血系(暑苦しい)兄ちゃんだ…。

とりあえず当たり障りのない技能だけ言っておく。
基本魔法と、薬草採集、一部の魔法薬を作れる事だけ告げた。


「うむ、了解だ。それでは実戦テストに移る。
俺が拳で攻撃していくから、それを避けて見せろ!
だんだん避けやすくして行く、せめて一発は避けろよ?」

うお、そんないきなり!?





……





「よし、終了だ!」

や、やっと終わったか。

息をつく。

疲れないんじゃないかって?

延々と拳を出してきて、当たる寸前に寸止め。
コレを何十、何百回もやられたら気力が擦り切れるぞ?


「一発も避けられないとはな、近接戦闘の判定は期待するなよ?
それじゃ、次の試験管のところに行け!合格すればまた会うこともあるだろう。
じゃあな!」

最後まで暑苦しかったな…。






次の試験官はローブを着た魔法使い風の人だ。

入った瞬間、こちらをジロジロと観察している。

「ここは、魔法を使えるものを対象にしたテストだ。
それでは、あの的に向かって魔法を使え。
威力に応じて的が光る。威力と、詠唱の速さを見るテストだ」

あの、白い鎧が的か。

フレアアローを1発飛ばす。

若干赤く光ったかな?


…コレでいいのか?

試験官は不満そうだ。


ならばと、フレアアローを2発連続で飛ばす。

今度は赤色がはっきり見えた。


…まだ疑いの目で見ている。
そんな目で見られても攻撃はコレしか使えない。

「それで、本当に本気出してるのか?
初級の魔法しか使わんし、威力の方はてんで話にならない。
詠唱速度は大したものだ、だがそれだけだ。
聞いた話では、かなり高位の魔法使いと聞いてるんだが…」

え?
何でそんなことになってるの?

さっき技能申請したときにはそんなこと言わなかったんだけど…。

「それ、誰に聞きました?」

「同僚のボルドーだ。昨日お前の持ちこみの薬を買い取った男、といえばわかるか?」

あのおっさんか!

余計なこと言うなよなぁ。

仕方ない…、誤魔化すか。

「ここだけの話、俺は研究専門でして…。戦闘はあまり得意じゃないんですよ。
だから、攻撃系の魔法というのもほとんど覚えてないんです」

「なるほど…。そういうこともある、か。よくわかった。
魔法戦闘はEだ。威力は最下級だが、詠唱速度が速い。
それなりに戦闘で役に立つだろう。
あくまで、"それなり"。
はっきり言ってたいしたことないレベルだ」

わかっちゃいたが、はっきり言われるとへこむな…。









前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.06728982925415