オリジナルSS投稿掲示板




No.8528の一覧
[0] 【王宮陰謀編完結】なんちゃってシンデレラ(現代→異世界)[ひな](2016/12/14 21:28)
[1] プロローグ[ひな](2012/01/11 14:45)
[2] [ひな](2012/01/11 14:46)
[3] [ひな](2012/01/11 14:46)
[4] [ひな](2013/09/26 20:38)
[5] [ひな](2013/09/16 09:13)
[6] [ひな](2013/09/26 20:40)
[7] [ひな](2012/01/11 14:47)
[8] [ひな](2013/09/26 20:40)
[9] [ひな](2012/01/11 14:53)
[10] [ひな](2012/01/11 23:28)
[11] 10[ひな](2009/06/09 02:49)
[12] 11[ひな](2009/05/23 16:26)
[13] 12[ひな](2009/06/09 07:52)
[14] 13[ひな](2009/05/17 08:11)
[15] 14[ひな](2009/05/19 07:57)
[16] 閑話 女官と大司教[ひな](2013/09/26 20:47)
[17] 15[ひな](2009/05/24 12:00)
[18] 16[ひな](2009/06/10 22:23)
[19] 17[ひな](2009/05/29 21:01)
[20] 18[ひな](2009/05/28 17:07)
[21] 19[ひな](2009/05/29 20:56)
[22] 20[ひな](2009/05/30 15:51)
[23] 閑話 王子と副官[ひな](2009/06/02 23:14)
[24] 21[ひな](2013/09/16 09:01)
[25] 22[ひな](2009/06/10 23:58)
[26] 23[ひな](2013/09/16 09:26)
[27] 24[ひな](2009/06/11 00:01)
[28] 25[ひな](2013/09/26 20:48)
[29] 26[ひな](2009/06/20 01:42)
[31] 閑話 王太子と乳兄弟【前編】[ひな](2010/03/13 20:08)
[33] 閑話 王太子と乳兄弟【中編】[ひな](2013/09/16 08:57)
[34] 閑話 王太子と乳兄弟【後編】[ひな](2010/03/14 18:38)
[35] 27[ひな](2010/05/13 21:47)
[36] 28[ひな](2010/05/13 22:18)
[37] 29[ひな](2010/05/31 08:27)
[38] 30[ひな](2010/05/31 09:46)
[39] 31[ひな](2010/06/12 01:51)
[40] 32[ひな](2010/06/24 01:35)
[41] 33[ひな](2010/06/24 01:47)
[42] 34[ひな](2013/09/16 09:32)
[43] 閑話 王太子と女官見習いと婚約者[ひな](2013/09/26 20:50)
[45] 35[ひな](2013/09/26 20:53)
[51] 36[ひな](2013/09/16 08:47)
[52] 37[ひな](2013/09/16 09:28)
[53] 38[ひな](2013/09/26 20:37)
[54] 39[ひな](2013/09/26 21:50)
[55] 40[ひな](2013/10/14 20:31)
[56] 41[ひな](2013/10/26 09:18)
[57] エピローグ[ひな](2013/10/26 10:14)
[58] あとがき[ひな](2013/10/27 22:34)
[59] 【番外】スクラップブックカードをめぐる三つの情景 その1[ひな](2013/12/03 01:56)
[60] 【番外】スクラップブックカードをめぐる三つの情景 その2[ひな](2013/12/03 02:02)
[61] 【番外】スクラップブックカードをめぐる三つの情景 その3[ひな](2013/12/03 02:09)
[62] 【番外】騎士の誇り[ひな](2013/12/12 15:28)
[63] 【番外編】妃殿下の菓子職人(1)[ひな](2014/01/18 01:20)
[64] 【番外編】妃殿下の菓子職人(2)[ひな](2014/01/17 23:05)
[65] 【番外編】妃殿下の菓子職人(3)[ひな](2014/01/22 01:38)
[66] なんちゃってシンデレラ IF お遊びの現代編[ひな](2015/11/14 19:35)
[67] 【番外編】君という謎のかたち[ひな](2016/10/01 02:46)
[68] 王都迷宮編 プロローグ[ひな](2016/11/10 00:48)
[69] 1 新しい御世のはじまり[ひな](2016/11/10 00:56)
[70] 2 後宮の朝[ひな](2016/11/15 08:01)
[71] 3 いつもの朝食[ひな](2016/11/25 00:43)
[72] 4 戦場へ[ひな](2016/12/01 17:01)
[73] 5 覚悟[ひな](2016/12/14 21:27)
[74] 6 昼餐会【前編】[ひな](2019/06/28 01:16)
[75] 7 昼餐会【後編】[ひな](2019/06/28 01:19)
[76] 幕間 王女殿下と公爵令嬢[ひな](2019/06/28 01:20)
[77] 8 お昼寝[ひな](2019/06/28 01:21)
[78] 9 夜会のはじまり[ひな](2019/06/28 01:22)
[79] 10 ファースト・ダンス[ひな](2019/06/28 01:24)
[80] 11 ナディア姫と秘密の話[ひな](2019/11/09 11:46)
[81] 12 退出[ひな](2019/11/09 11:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[8528] 31
Name: ひな◆ed97aead ID:7b8e0c5d 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/06/12 01:51
 そんな時間まで起きていたのは、リリアがまだ帰ってきてなくて不安を覚えていたからだった。

 別にリリアがこんな風に遅いことは珍しいことではない。
 一人諜報部員みたいなリリアだからして、私の知らないところでいろいろと暗躍しているのは知ってる。
 様子を伺ってくるとも言っていたから、遅くなるのは承知の上だったし、場合によっては今夜中に顔を出すことはないかもしれないとも思っていた。
 だから、アリス達が遅いと言い出したときには、にこやかな微笑みを浮かべて、リリアには大事な用事を頼んだから今日は帰らないかもしれないと言い訳もした。
 リリアなら大丈夫と思いながらも、今夜に限って不安がうち消せなかった。
 たぶん、リリアの行き先が王妃殿下の元だと知っていたせいだ。

 ガラスの割れる音がした瞬間、反射的にベッドから飛び降り、ガウンを上に羽織って音のした居間の方に走り出した。
 少しはしたないかなと思ったけど、これは非常事態だからと自分に言い訳する。
 居間に駆け込むと、既に何名かの騎士達が駆けつけていた。

(さすがだ……)

 エルゼヴェルドで私の身を危険にさらしたことを教訓としているためか、彼らの行動はとても迅速だ。

「……妃殿下」

 入り口に立つ私にすぐに気づいて、レイエス卿が膝をつく。

「何があったのですか?」
「何者かが建築資材の石塊を投げ入れたようです」
「……この宮にですか?」
「はい」

 だって、ここはどこよりも警備が厳重で、言葉を飾らずに言えば常に監視されているのに……そんなことできるんだね。
 
(ああ、でも罠って可能性もあるなぁ)

 わざと隙を作っておくとフィル=リンは言っていた。誘き寄せるのだと。
 この場に彼がいないところをみると、もしかしたら、今頃、犯人追跡中なのかもしれない。

 まあ、私の寝間に踏み込むのは不可能でも、夜は使っていない居間に石を投げ入れるだけなら誰にでもできる。
 こちらには防弾ガラスとか強化ガラスとかそういうのはないから、ちょっと硬いものを力いっぱい投げれば、ガラスなんて簡単に割れるし、力もそれほどいらない。
 庭にはちょっとした死角はいっぱいあるし、警備の目をくらますこともできる。

(まあ、可能性ばかりだけどね)

 防犯カメラとかないし、基本、すべてを『人』に頼っている以上、『絶対』はない。
 だから、どれだけ警備が厳重でも絶対に『不可能』とはいえないのだ。

 ちらりと視線をやれば、ガラスの破片は室内側に飛び散っていた。間違いなく、外からの衝撃で割れたことは確かだ。

(結構飛び散ってる……)
 
 投げるって発想だったけど、遠距離からパチンコのようなもので小石とかを飛ばしたのかもしれない。
 護衛の騎士たちが記録をとりながら割れたガラスを片付けている。
 庭のほうが昼間のように明るくなっているのは、多くの人が動員されて庭を調べているからだろう。
 一つ一つは電気を知る私には薄暗く感じられるランプや松明も、たくさん集まれば相当な光量になる。

「申し訳ござません。責任は私にあります」

 レイエス卿は、膝をついたまま頭を垂れた。
 彼が今夜の警備責任者なのだろう。

「いえ。殿下が出征なさっていて、いろいろと手が足りないことでしょう。賊が私の元に侵入したわけではありませんから」

 気にすることはありません、と私は真面目な顔で告げた。

「それに、いたずらかもしれませんし……」

 そう口にする私にレイエス卿はわずかに苦笑をみせ、それから深く一礼した。
 実際には、お互いそれを信じていないことは承知していた。でも、建前は必要だ。あんまり真実を追究しすぎると、彼の責任問題になってしまう。
 こんなことくらいで責任を取って降格とか、降格ならまだしも、除籍とかされてほしくない。

「妃殿下!」

 侍女のお仕着せ姿のアリスがやってくる。
 髪は結っていないし、化粧もしていないが、騎士たちがいることを見越して着替えて来たらしい。

「こんなところに……危ないですから、寝間にお戻りください」

 いつもと同じアリスの姿を見ると、何だか自分のガウン姿が恥ずかしくなった。まあ、12歳はまだ子供のうちだから周囲はそれほど気にしないだろうけど。

「……わかりました」

 少しだけ考えて、私は素直にうなづく。ここにいても不安は消えない気がしたし、私がいても何もできることはない。

 ふと、壁際の小卓の下に、紙くずがあるのが目についた。周囲をうかがうと、他にそれに気づいている人間はいないようだった。
 アリスがレイエス卿となにやら打ち合わせしている隙にそれを拾った。
 くしゃっと丸めたただの紙くずのように見えたけれど、拾い上げるとそれは紙だけじゃない重みがあった。

 中に何か包まれていることがわかった瞬間に、ドクンと心臓が一つ大きな鼓動をうつ。

 ガウンの袖の中でそれをぎゅっと握り締める……私の小さな手でも握りめられるくらい小さなもの……硬い感触がした。
 
「先に、戻っていますね」

 早口でつげ、私は小走りで廊下を抜け、寝間に戻る。
 そして、即座に扉を後手で閉めて扉をふさぐようによりかかった。
 
 目を瞑る。……何かの予感があった。 
 
 それから、そーっと紙くずを開く。

「嘘……」

 紙くずの中には、鈍く光るつや消しの金……カフスが一つ。
 見たことのあるデザインの……青い瑠璃石をあしらったそれはリリアのものだった。すぐにわかった。

 同じデザインのものを、アリスだってミレディだって持っている。
 けれど、これはリリアのものだ。

 リリアのそれは、シオン猊下がリリアに贈ったイヤリングを作り直したもので、瑠璃石の質が他の子たちのものとはまったく違うのだ。

(リリア……)

 イヤな感じがしていたのは、こんな瞬間を予感していたせいかもしれない。

(落ち着け……まだ、最悪の事態じゃない)

 これは、メッセージであって、リリアに何かあった証拠ではない。

(いやいやいや、帰ってこないんだから何かはあったから)

 一人つっこみ、一人ボケ……相当混乱してるんだと思う。
 気分を落ち着かせる為に、もう一度、大きく深呼吸をした。

(どうする……)

 リリアが何者かにカフスを奪われた……それは、囚われたと言い換えてもかまわないだろう。
 リリアはこのカフスを特別大事にしているから自分から誰かに渡すはずがない。
 そして、捕らえた者はこれを私へと届けた。

(いったい、誰が?)

 手がかりはどう考えても王妃殿下だ。
 けれど、私が王妃殿下のところを訪れて、「リリアが帰らないんですけど、知りませんか?」なんて聞いたら大騒ぎどころじゃ済まない。

(……やだな……)

 これは、脅しなんだと思う。
 さっさと私を呼び出したりしないあたりに、犯人の底意地の悪さ……獲物を嬲るような性質が透け見える気がする。

 カフリンクスを包んでいた紙を丁寧に広げる。そこに文字はない。
 薄く罫が漉きこまれているこの紙は、王宮の公用箋だ。
 右上には紋章がくっきりとプリントされていて、このクリーム色の地のものは王宮の本宮の部屋に備え付けのもの。
 本宮の人間だったら誰だって手に入れられるので、犯人を絞り込む手がかりにはまったくならない。

(……あちらの出方を待つしかない) 

 くやしいかな。リリアがいない私ができることなんて、ほとんどない。
 その上、個人的に何かを頼むことができる伯爵もミレディも今は留守にしている。

 ……思わずため息がこぼれた。
 情けないというか、やるせないというか……こんな時に、ただ相手の出方を待つことしかできないなんて生殺し状態だ。

(……リリア)

 生きていることはたぶん間違いない。そうでなければ、私にこれを届ける意味はない。
 殺したという事を知らしめたいのなら、こんな風に回りくどいことをする必要はないのだ。

(必ず、助けるから……)

 コンコンというノックの音に、びくりと身体が震えた。

「妃殿下?」

 入ってきたのは、湯気のたちのぼったカップをトレイにのせたジュリアだった。アリスはまだ居間から戻っていないのかもしれない。

「ブランデーミルクです、どうぞ」

 いつものぴしっとしたお仕着せ姿だったけれど、少し眠そうだ。こんな時間だから無理もない。

「ありがとう」

 ゆっくりと閉められたドアの隙間から見えたのは、騎士の姿。廊下に歩哨として立っているらしい。
 普段は、私の目に触れるところにはあまり入らない彼らだったけれど、こんな夜はやはりそういうわけにはいかないのだろう。

 ジュリアが中に来るのを待ち構えるようにして、口を開いた。

「ジュリア、お願いがあります」

 私はまっすぐとジュリアの目を見る。

「はい」

 ジュリアはちょっと姿勢を正して私を見返した。

「朝一番で教会に行くことはできますか?……殿下のご無事をお祈りしたいの」
「……それは……」

(うん、無理だってわかってます。だって、仮病中だもん)

「……殿下のご無事をお祈りしたいの」

 そういえば、まず頭から却下されることはない。
 『王太子殿下の為に』という枕詞がつくと、皆、とっても協力的になる。……これは、私だけが使える魔法の呪文のようなものだ。
 しかも何回使っても、いつ使ってもとっても効果的な万能の呪文。

「それでしたら、シオン猊下にこちらにいらしてもらえばいいですわ」

 ジュリアはなーんだ、と言いたげな表情で笑う。

(ありがと、ジュリア)

 彼女がそう言い出すことは計算の上だった。そう。計算通り!
 ……だから、その生温い笑みはよしてほしい。何か負けたような気になるから。

「妃殿下に外に出ていただくことは絶対にできませんけれど……シオン猊下は王太子殿下にお留守を頼まれたとのことで、毎日こちらに様子を見にいらしてますの。そのときにお伝えすればすぐに来てくださいます」
「そうなの?知らなかった」

 猊下がこちらに来ていることにまったく気づかなかった。まあ、いちいち報告があるわけではないから仕方ないけれど。

(良かった……)

 それは好都合だった。できるだけ早くシオン猊下と連絡をとりたい。
 私には何もできないけれど、シオン猊下ならばきっと打つ手があるに違いない。
 きっと、リリアが危険だということであればシオン猊下は相手が誰であっても退くことはない。

「猊下ご臨席であれば教会でなくとも、祈りの場所には充分だと思います」
「……そうね」

 できれば少しでも早くお会いしたい……どうすれば、今すぐにここに呼び出すことができるだろう……。

「猊下は、私の知らない間にこちらにお越しなの?」
「はい。猊下もお忙しい方でございますから、こちらにいらっしゃるのはいつも夜遅くか朝早くなんです……妃殿下にお目通りする時間ではないからとおっしゃって、いつも報告だけ聞いてすぐにお帰りになります」
「そう。……今夜はいらっしゃった?」
「いいえ」

 ならば、すぐに連絡がとれる可能性があるということだ。

「どうやったらすぐにシオン猊下にお会いできるかしら……」
「今夜はもう遅いですわ」
「でも、一刻を争うの……このままでは眠れないかも」

 リリアの無事を確認するまではきっと眠れないだろう。
 私は、頭の中でいろいろな可能性を検討し、却下する。
 どう考えても、私が不自然でなく、今すぐに猊下をここに呼び出すことは不可能だ。

「まあ……」

 真剣な私に、ジュリアはおかしげな笑い声をもらした。

「なあに?」
「妃殿下は、本当に王太子殿下のことがお好きなのですね」
「……突然、何言うのよ」

 突然の言葉に面くらい、どういう表情をしていいかわからなくて、視線を泳がせた。
 だって、そんなこと突然言われたって……そりゃあ、殿下のことは、す、好きだけど……。
 でも、こんな時に突然そんなこと言わなくてもいいのに。

(それに、ご無事をお祈りっていうのは、シオン猊下と連絡をとるためのただの方便なんだから!)

 口に出して言うことができない言い訳。
 確かにナディル殿下のことは心配だけど、でも、それほど心配はしてないの。
 だって、殿下だもの。
 ……どういうわけか、私の中には、ナディル殿下に対する無条件の信頼がある。
 私は、少し温くなったブランデーミルクを飲んで、照れくささをごまかした。

「……夜も眠れないほどに王太子殿下がご心配なのですね」

 わかります、とでも言うようにジュリアはうんうんとうなづいている。
 何か、ものすごく勘違いされている気がする。でも、否定はできないし、何だかものすごくいたたまれない。

 コンコンとノックの音が響いて、正直、ちょっとだけ救われた気分になった。

「はい」

「ギッティス大司教猊下がおみえになり、妃殿下への面会をお求めになっております」

 ドア越しに聞こえたのは、レイエス卿の声だった。
 あまりのタイミングの良さにジュリアと顔を見合わせる。
 ジュリアの口元には笑みが浮かんでいて、いかにも何か言いたげ。
 私としてはどういう表情をしていいかわからなくて困ってしまう。

「お待ちいただいてください」

 ジュリアが私の代わりに返答し、扉の向こうで、伝言を持ってきたレイエス卿が軽く息をのむ気配がしている。
 そりゃあそうだろう。こんな時間に面会なんて、普通ならばありえない。あまりにも非常識だ。

「ちょうど良かったですわね、妃殿下」
「うん……でも、どうして今日にかぎって、面会を求めたのかしら……」
「事件というほどのことではありませんが、事件があったばかりで妃殿下がまだ起きていることをご存知になったからでは?」
「そうかもしれないけれど……」
「何にせよ、タイミング良かったんだからいいじゃないですか」
「……そうね」

 ふと何かが頭の片隅をかすめた。
 何か大事なことを忘れているような気がする。

「妃殿下、早く着替えませんと……」
「ええ」


 けれど、それはうまく形にならないまま霧散して、後にはざらりとした違和感の輪郭だけが残った。





 ********************

 2010.06.12 初出



 内容的にはあまり進んでませんが、嵐の前の静けさということで……。

 感想ありがとうございます。全部大事に読んでいます。
 チョコレートに関してはいずれ小ネタで。
 ちゃんとお返事できなくてごめんなさい。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030148983001709