オリジナルSS投稿掲示板




No.8338の一覧
[0] 異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント 3-06 投稿[アハト・アハト](2019/04/15 13:26)
[1] 【序章】   ――幼き日々――     (序章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/04/02 09:56)
[2] 0-01 輪廻転生に異世界って含まれると初めて知った今日この頃[アハト・アハト](2011/01/16 23:39)
[3] 0-02 見栄と恐怖のシーソー[アハト・アハト](2010/11/23 11:24)
[4] 0-03 自業自得さー[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[5] 0-04 家庭って素晴らしい[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[6] 0-05 社会見学?[アハト・アハト](2010/11/23 11:26)
[7] 0-06 現実はチョイと厳しい[アハト・アハト](2010/11/23 11:27)
[8] 0-07 予備動作、その名はマッタリ[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[9] 0-08 只今、準備中[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[10] 0-09 往きの道[アハト・アハト](2010/11/23 11:29)
[11] 0-10 わるきゅーれS’[アハト・アハト](2010/11/23 11:30)
[12] 0-11 ハヂメテの~[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[13] 0-12 バトルがフィーバー[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[14] 0-13 ビクターですが、ゴブリンは強敵です。(σ゚∀゚)σエークセレント[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[15] 0-14 男には意地ってものがあるんです[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[16] 0-15 流石にコレは予想外[アハト・アハト](2010/11/23 11:33)
[17] 0-16 調子に乗ってます[アハト・アハト](2010/11/23 11:34)
[18] 0-17 オニゴロシ[アハトアハト](2010/11/23 11:34)
[19] 0-18 先ずはひと段落[アハトアハト](2010/11/23 11:35)
[20] 【第一章】   ――旅立ちへの日々――     (第1章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/06/23 23:18)
[21] 1-01 行き成りですが、買収されますた[アハト・アハト](2011/02/01 06:59)
[22] 1-02 契約書には、冷静に、そして内容を良く読んでからサインをしましょう[アハト・アハト](2011/04/02 19:03)
[23] 1-03 鍛冶屋は男のロマンです。きっと……[アハト・アハト](2011/07/07 22:30)
[24] 1-04 なんでさ?[アハト・アハト](2010/09/21 13:04)
[25] 1-05 両手に華(気分[アハト・アハト](2010/10/04 10:27)
[26] 1-06 お兄ちゃんは(自主規制)症[アハト・アハト](2011/01/17 00:06)
[27] 1-07 水も滴れ男ども(俺を除いて[アハト・アハト](2011/04/03 08:42)
[28] 1-08 漸く登場、かも?[アハト・アハト](2011/01/16 23:47)
[29] 1-09 力なき速度、それは無力[アハト・アハト](2011/03/20 01:48)
[30] 1-10 アーメン ハレルヤ ピーナッツバター[アハト・アハト](2011/07/07 22:29)
[31] 1-11 使徒は脳筋[アハト・アハト](2011/04/02 09:44)
[32] 1-12 攪拌。撹乱では無いのだよ撹乱では![アハト・アハト](2011/05/13 00:47)
[33] 1-13 晴れ、時々魔法[アハト・アハト](2011/05/27 21:26)
[34] 1-14 酒は飲んでも飲まれるな!(手遅れ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[35] 1-15 気分はぜろじーらぶ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[36] 1-16 壮行会は大荒れです(主に俺にとって[アハト・アハト](2011/06/23 23:24)
[37] 1-17 淑女戦争 私はいかにして悩むのを止め、アルコールに逃げるに到ったか[アハト・アハト](2011/07/22 19:31)
[38] 1-18 旅立ち[アハト・アハト](2011/07/23 00:02)
[39] 【第二章】   ――七転八倒的わらしべ長者――     (第二章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2016/02/19 00:07)
[40] 2-01 平穏な旅がしたいのですが、避けようとすれば相手から来る。それがトラブル Orz[アハト・アハト](2011/07/28 00:29)
[41] 2-02 狼は ゴブリンよりも 強かった(節語無し[アハト・アハト](2011/08/01 00:57)
[43] 2-03 牧歌的なのはここまでだ[アハト・アハト](2011/11/06 17:41)
[45] 2-04 <聖女>様、マジパネェっす![アハト・アハト](2011/11/04 10:55)
[47] 2-05 会議は踊らず、ただ進む(ウダウダやっている暇は無い![アハト・アハト](2011/11/06 17:46)
[48] 2-06 教育的指導は鉄拳で[アハト・アハト](2011/11/09 11:11)
[50] 2-07 スキスキ騎兵![アハト・アハト](2013/04/21 08:46)
[51] 2-08 激戦! 騎兵対戦獣騎兵[アハト・アハト](2013/05/03 18:38)
[52] 2-09 コレナンテエロゲ?[アハト・アハト](2013/06/09 12:35)
[53] 2-10 エクソダスするかい?[アハト・アハト](2014/12/01 10:34)
[54] 2-11 一心不乱にエクソダス[アハト・アハト](2014/12/16 23:31)
[55] 2-12 スマッシュ[アハト・アハト](2014/12/25 23:48)
[56] 2-13 戦闘だけが戦の全てじゃありません[アハト・アハト](2015/12/05 19:25)
[57] 2-14 ズバっと解決!(※物理的に[アハト・アハト](2015/12/12 10:31)
[58] 2-15 チョッとしたイベント発生[アハト・アハト](2015/12/30 15:32)
[59] 2-16 公都への道 (※到着するとは言って無い[アハト・アハト](2016/02/18 23:49)
[60] 2-17 責任とか色々?[アハト・アハト](2016/04/04 23:53)
[61] 2-18 虐めってムネキュン?[アハト・アハト](2016/06/15 07:56)
[62] 2-19 戦争は、事前準備が超重要![アハト・アハト](2016/06/27 23:58)
[63] 2-20 公都ルッェルン防衛戦 - 序[アハト・アハト](2016/06/27 23:30)
[64] 2-21 公都ルッェルン防衛戦 - 破/1[アハト・アハト](2016/08/16 22:32)
[65] 2-22 公都ルッェルン防衛戦 - 破/2[アハト・アハト](2016/11/20 22:08)
[66] 2-23 公都ルッェルン防衛戦 - 破/3[アハト・アハト](2016/12/23 13:59)
[67] 2-24 公都ルッェルン防衛戦 - 急/1[アハト・アハト](2017/02/04 09:15)
[68] 2-25 公都ルッェルン防衛戦 - 急/2[アハト・アハト](2017/08/20 20:54)
[69] 2-26 終戦(戦闘が終わったけど戦が終わったとは言って無い[アハト・アハト](2018/04/25 13:44)
[70] 【第三章】   ――殴り愛は神の愛への第一歩――     (第三章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2018/10/27 21:54)
[71] 3-01 蒼い砂漠[アハト・アハト](2018/05/06 10:36)
[72] 3-02 旅は道ずれ世は情け。それが可愛い娘さんだともう最高![アハト・アハト](2018/10/17 10:15)
[73] 3-03 美少女と美人が増えました! やったね!![アハト・アハト](2018/10/27 21:57)
[74] 3-04 平穏が続くと言ったな、ありゃぁ嘘だ。[アハト・アハト](2018/11/18 21:05)
[75] 3-05 血塗れ(ガチ[アハト・アハト](2019/04/15 13:29)
[77] ――New―― 3-06 修羅場(※ Level.1[アハト・アハト](2019/04/15 13:24)
[78] 【外伝】                 (登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/11/30 23:39)
[81] 1-1  ジゼット・ブラロー ―― 大学生活時、同世代から見た観察記[アハト・アハト](2011/11/30 23:38)
[82] 1-2  ノウラ ―― メイド長ノウラの一日 ~ビクターかんさつにっき~[アハト・アハト](2013/02/22 23:09)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[8338] 2-12 スマッシュ
Name: アハト・アハト◆404ca424 ID:61cfcd94 前を表示する / 次を表示する
Date: 2014/12/25 23:48
 流し込まれてきた戦力を聞けば、オークを中心にした寄せ集めコンバインド・アームズとの事。
 実にヤヴァイ。
 後方の陣地には怪我人の収容と後送メインと考えていたので戦える戦力を殆ど置いてない。
 少数とはいえオークまで居るってんじゃ抵抗できるとは思えない。
 マジヤヴァイ。
 蹂躙ひゃっはーっされっちまうぞ。

 故に掛ける号令は1つだ。


「撤収準備!!」


 時間との戦いだな、コレは。











異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント
2-12
スマッシュ











 ありったけの可燃物に火を点ける。
 余剰物資を敵が<黒>が利用できないようにってのと、火が壁となって追撃を阻害できる ―― 幾ばくか時間を稼げればと用意しておいといた分だ。
 燃えろ燃えろ。


「じゃ、バイルさん、後は頼む」


「ふん、歩き組みは面倒みとっで急いでいぎぃ」


「ああ」


 弓兵歩兵な馬車移動組みは纏めてバイルに預けて、馬に乗る。
 こっちは10馬、10名組みだ。
 名前は適当に選抜隊と仮名しているけど、皆して手馴れぞろいの騎手だ。
 俺はヘボだがロットが凄いんで隊長役をやってるってなモンである。

 ハルバードを掲げて煽る。


「選抜隊、続けぇっ!!」


「ウラーーーーッ!!」

「ウラーーーーッ!!」


 いいよもう、気合が入るなら何だって。





 真っ暗な闇は怖い。
 闇夜に馬を走らせるなんて、怖いの極地だ。
 馬だって怖がりなんだから。

 だから何より怖いのは、その暗闇を恐れないロットの性根だろうか。
 俺がチョイっと指図しただけで暗闇を矢の様な勢いで走りやがる。
 本当に、コイツは馬かと言いたくなる。
 シロートに毛の生えた俺が、馬と友達ライクな連中を置いて最前線を突っ走る。
 正に化け物馬だ。

 俺様マジ、涙目。
 っとと、見えた。
 篝火、後衛組みだ。

 見えた。
 蹂躙されているのが、殺されているのが。
 暴れているオーガー、マジ殺す。
 喰い散らかしている戦獣、皆殺し。
 調子に乗ってるヒャッハー 中ゴブ助も狗のコボルとも一匹残らず、全殺し。


「Uraaaaaaaaaaaaaaaa!!」


 腹の底から吼え、駆けながらハルバードを振り上げて下ろす。
 2~3体は引っ掛けられた。
 後、ロットが馬蹄で1匹、踏み潰している。
 馬としては怖いが戦友としては心強い。


「ウラー!」

「ウラーー!!」


「脚を止めるな! 動いてかく乱しろ!!」


 彼我の数で言えば相手が多い。
 そして敵も食い物を求めて必死ってなモンで。
 必死でも知ったことか。

 幸いにして数自体は少なく、ゴブ助に限って言えば選抜隊の加勢だけで盛り返せた。
 問題はゴブ助以外の連中だ。
 鼻で先導して森を突破してきたろう戦獣騎兵が1に、指揮官っぽいオーク、そしてオーガー。
 いや、頭が牛だ。
 角が生えてる。
 ミーノタウルスか。


「オーク、ミーノタウルスとは距離を取れ! ヘイル、お前は戦獣騎兵を食え!! 出来るな?」


「任せっ! ウラーーーーーーーー!!」

「ウラーーーーーーーーッ!」


 ヘイル坊や、側で見てて騎乗でなら戦獣騎兵を抑える程度は出来ると信じられる技量はある。
 他の連中だって邀撃役をする為にって事で、技量が良いのを選抜しているんだ。
 信頼する事が出来る。
 連中が抑えている間に俺がオークを潰せば、連中も混乱するだろう。
 ミーノタウルスの対処は、その後で考えりゃいいし。
 奴さんは脚が遅いので、馬に乗って嫌がらせをすれば割合に安全だし、だ。


 甘い考えでした。
 鈍器っぽいバトルアックス抱えたミーノタウルスは、騎馬な俺らの弓をマルッと無視して徒なブラウヒア家私兵隊を狙いやがった。
 あぁそう言えばコレ、守勢で防御な側だったよね。
 獲物を選ぶ自由イニシアティブは敵にあり、だった。

 ロットの手綱を引いて、目標をオークからミーノタウルスへと変更を伝える。
 嘶きと共に、グオンっとばかりに首を振ってコースを変えるロット。
 だが、俺達が到達するよりも先に人が、人の破片が空を飛ぶ。
 蹴りで馬車を倒す。
 繋がれたままに暴れる馬の喉元を食い破る。
 野獣かよ!!
 口元を赤くして下品に吼えやがる姿は、オーガーよかタチが悪そうだ。

 ハルバードを握りなおして力を込める。
 あと少しで接敵となった時、ミーノタウルスの前にへたり込んでる人影が。
 小柄で黒服、纏められた薄い焦げ茶色の髪。
 って、ヘレーネ夫人さん!?
 腰が抜けて動けないってか!!!

 ロットの腹に蹴りいれて加速を図るが物理的距離って遠い。
 つか、途中のゴブ助が邪魔。
 斬り潰す。
 時間が惜しい。


「ヴォォォォォォ!」


 手間取るコッチを笑ってバトルアックスを振り上げやがった。
 畜生。
 クソッタレ。
 せめての牽制にとハルバードを投げる。
 顔面狙ったが、角で弾きやがった。
 化け物め。


「ヴォヴォヴォォォ!!!」


 コッチを嘲って、牛のクセに生意気だ。
 そしてそのままバトルアックスを振りぬきやがった。


「っ!」


 だが俺よりも先に割り込んだ奴が居る。
 ブラウヒア家私兵隊の取りまとめ役、グロッセさんだ。
 偉い、マジ偉い。


「おおおおおおっ!」


 声を上げて躍り掛かった。
 が、現実は非情な訳で。
 やる気と戦闘力は正比例するはずも無く、グロッセさんの腕が剣ごとバトルアックスに持っていかれる。
 千切られた。
 だが、値千金の槍働きだ。
 そのお陰で俺が間に合えたのだから。

 ロットから飛び降りて、ロングソードを抜剣する。


「ヴォヴォォォォォォ!!!」


 牛が偉そうな態度で嬉しそうに吼える。
 煩ぇぞボケが。
 偉いと認めて欲しけりゃ神戸牛か薩摩黒牛、最低ラインでも和牛になって出て来い。
 等級A5にまでなれば崇めてやる。


「Siiiiiiii!!」


 喉を振るわせる。
 気合で負けるのは嫌なんでね。
 ついでに、チラと後ろを確認する。
 ヘレーネ夫人さん、必死になってグロッセさんの手当てをしている。
 どうやら死んでない模様。
 ついでに周囲まで見れば、勝ってはいないが負けても無い様子。

 宜しい。
 ならば後は俺が勝つだけだ。


 振り下ろされてきたバトルアックス。
 刃物であり鈍器の迫力は、何も考え無しに剣をかち合わせれば折れると思わせるものがある。
 が、それは考え無し● ● ● ●の場合だけだ。
 逸らす様に。
 かち合わせるのではなく、誘導する様に。

 2合

 3合

 4合

 5合

 6合

 7合

 いなせるが、押し込みきれない。
 コイツのバトルアックス、馬鹿みたいな重さがあって反撃に転じる余力を奪いやがるのだ。
 連中の切り札エースかよ。

 もたもたしている訳にはいかない。
 バイルが退いてくる前にはケリをつけておきたい。
 連中が追撃部隊オマケを持って来ないとは限らないのだから。
 なので大振りっぽい攻撃をチョイっと捌くんじゃなくて避けてみて、気合入れて打ち込む事にする。

 隙を見せて誘う。
 踏み込みに失敗してバランスを崩した ―― と見える様なあからさまっぽい誘いに、牛は単純に乗ってきた。
 馬鹿は好きだ。
 大好きだ。
 特に、敵としてなら。
 顔の横を掠めて行くバトルアックス。
 その鈍色の刃先は実に精神に宜しくない迫力だ。
 こんな光景、2度見るのは勘弁なので、握る右手に切りつける。


「Tiii Eai!!」


 ロングソードの鋭い切っ先が皮を切り、肉を裂き、骨を断つ ―― 出来なかった。
 呆れる。
 驚く。
 切っ先は腕の半ば位で止まりやがった。


「マジかよ!?」


 皮下脂肪で止まったか、霜降りめ。
 とはいえ驚きっぱなしではいられない。
 退く。
 退けない。
 バックステップで後ろへと下がろうとするが、一瞬だけ遅れた。
 肉に食い込んだロングソードが邪魔をしたのだ。

 だから喰らった。
 ハンマーの様な拳骨を、ドテッパラレバーに。


「かはっ!?」


 バックステップで予定していた場所よりも後ろに飛ばされる。
 化け物め。

 飛ばされたが着地には成功。
 転がらず、綺麗に立てたが力が入りづらい。
 呼吸がし辛い。
 腹と一緒に肺にもダメージか、クソッタレめ。

 睨み付けた牛も、ロングソードが腕に食い込んだままで痛そうだ。
 追撃を仕掛けて来なかった辺り、実に実に痛いのだろう。
 ザマァミロっての。


「ビクターさん!!」


 おっと、ヘレーネ夫人さんか。
 チラ見すればグロッセさんを血塗れになりながら手当てしている。
 黒系の服が赤黒くなっている。
 というか、泣きはらしながらも袖を千切ってグロッセさんの傷口を縛ってる辺り、健気だね。
 だから、そんな人の前では格好を付けたいと思うのだ。

 唾を吐いて、口元を拭って嘯こう。


「大丈夫大丈夫、ミーノタウルスは大好物なんだよ」


 そうさ、ステーキ、すき焼き、ローストビーフ、スジコンも大好物だ。
 好物から逃げる奴はタマ無しだ。


「2番、3番、開放」


 両手にショートソードを握る、構える。
 左は緩い角度で伸ばし触角に。
 右は背を肩に背負って本命に。

 さぁ、楽しい舞闘パーティの始まりだ。



 夜目にも鮮やかな火花が、ショートソードとバトルアックスの間に生まれる。
 生まれる。
 幾度も生まれる。
 綺麗な花火が幾つも幾つも、だ。
 利き手にダメージを受けたんで、牛め、攻撃力が半分以下になりやがったんで、片手でしかぶん回してないショートソードでも弾ける様になったっぽい。
 楽しくなってくる。

 1合

 2合

 3合

 牽制に振る左でだけで流せる、捌ける。
 だから、撃ち込もう。
 相手が大振りしたのを流し、姿勢を崩させて踏み込む。


「Iiiiiii Ei!!」


 力を込めての、中段からの最速撃。
 狙ったのは胸、その奥の心臓ハツだ。


「ヴォォ!!」


 汚い悲鳴。
 聞くに堪えぬが心地よい。
 炭火で炙って噛めばコリコリとした筋肉の塊は、ショートソードの全力攻撃で真っ二つだ。

 まっ、喰いはしないが。
 雑食というか肉食は臭みがキツイってのが通り相場だし、そもそも、人型っぽいのを食うのは、流石に抵抗があるってなもので。





 牛を食ってからの戦局の流れは速かった。
 というか、牛の悲鳴絶命を見たオークが一目散に逃げ出して、ゴブ助どももその背を追ったのだ。
 正に主力エースが討たれて総崩れといった按配か。
 根性無しめ。
 あり難いけど。


「集合! 状況報告、急げ!!」


 とりあえず、声を張り上げる。
 一合戦終わってヘトヘトになった連中に一息入れさせてやりたくはあるけど、そんな暇は無いって事で。
 バイルさん達徒組が来る前に、此方でも移動準備を済ませておかねばならないからだ。
 怪我人の確認から移動手段の確保などと色々と。
 それからヘレーネ夫人さんを確認する。


「大丈夫ですか?」


 泥とか返り血とかその他の液体とかでドロドロのグチャグチャだが、目だけは凛とした輝きがある。
 怪我は無さそうだ。


「私は大丈夫です。ですけど……グロッセが…」


 そっと目で示したグロッセさんは顔は蒼白で、息は肩呼吸だ。
 ゼヒィゼヒィという呼吸音が胸に来る。
 重態だ。
 恐らくはショック症状と、血が流れすぎたんだろう。
 これはいけない。
 腰のポーチに入れていた治癒用のポーション、を1本取り出す。


「グロッセさん、聞こえますか? ポーションです、口を開けて下さい」


「うっ……うう…う」


 呻きながらも小さく開けられた口に、封を切ってポーションを流し込む。
 飲めた。
 顔色に少し血の気が戻り、呼吸が楽になった。
 これで一安心ってなもので。


「ありがとう御座います」


「なになに、なんて事はありませんよ」


 恐縮しきりのヘレーネ夫人さん。
 確かにポーションは高価だし、余り出回ってないが、こういう時こそ使い時って奴である。
 旅だけの予定だったので、用意している数は少ないが気にしない。
 そもそも、ウチのメンバーは全員が自己回復 ―― ミリエレナとエミリオは治癒魔法が使えるし、俺は俺で常時治癒魔法と疲労回復の力を持ち主に与える治癒魔法具アミュレット・オブ・マーリンを携帯しているのだから。

 一息ついて改めて見たヘレーネ夫人さん、実に艶姿● ●である。
 戦闘とかの影響で泥だの血だの、ナンだのな液体で汚れてた服、しかも破れた服の隙間から見える、真っ白なもろ肌とか、汗で肌にまとわり付く赤みがかった髪とか実にインモラルである。

 俺、ロリ違うけど。
 ロリ、違うよ。
 大事な事なので2度言おう。
 但し、口には出さずに。


「コレを」


 口にするのは脱いだジャケットを掛けてあげるという事。
 俺、紳士です。
 普通に紳士です。
 大事な事なので口の中で2度、言いました。


「よ、汚れます!」


「淑女の為なら名誉って事ですよ」


 それに、寒そうだというのもある。
 なので強引に被せる。
 頭っから被せると、何だ、歳相応の子供っぽさが見える。
 可愛いものである。


「後で、洗って返しますね」


「宜しく」



 さてさて。
 人員の点呼と装備の確認、輸送手段の確認。
 馬車は2台が使用可能だけれども、馬が食われて足りない。
 なので、選抜隊から馬を引っこ抜いて動ける様にする。
 後、重傷者や脚に怪我をした奴から馬車に乗せる。

 中々にギリギリだ。
 というか、怪我人が多すぎて馬車に乗せきれない。
 すし詰めにしても、まだ足りない。

 足りぬ足りぬは工夫が足りぬとばかりに精神論で無理やりに乗せようとしていると、重態組みが口を開いた。
 俺たちを置いていけ、と。


「我らの事よりも姫をお頼みします」


 荒い息の下で、だがはっきりと言うグロッセさん。
 ざけんなっての。
 マジ、ふざけるなっての。


「そんな楽な選択はしませんよ」


 断固拒否である。
 敢然拒否である。
 理想主義と笑わば笑え。
 だが、俺は認めない。


「しかし__ 」


「死んでるならまだしも、生きているなら付き合ってもらいますよ」


「キツイ男だな、君は」


 納得てか、呆れた風だがまぁ構うまい。
 声を張り上げ、鼓舞しよう。
 戦いはこれからだ。


「さぁ、急いで撤退するぞ!!!」











 特に合流までに問題は発生しませんでした。
 重態の人間が3人死んだが、グロッセさんは生き残った。
 中々に運は強い様だ。

 野を越え山を越えと来たが、合流は郡都では無かった。
 連絡役に誘導された先は聞いていた郡都から西へと離れた場所だった。
 川の側で野営しているのだ。
 しかも、パッと見て人数は1000人とは言わない位に居る。

 コレ、一体全体どういう事よ?







前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028659105300903