オリジナルSS投稿掲示板




No.8338の一覧
[0] 異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント 3-06 投稿[アハト・アハト](2019/04/15 13:26)
[1] 【序章】   ――幼き日々――     (序章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/04/02 09:56)
[2] 0-01 輪廻転生に異世界って含まれると初めて知った今日この頃[アハト・アハト](2011/01/16 23:39)
[3] 0-02 見栄と恐怖のシーソー[アハト・アハト](2010/11/23 11:24)
[4] 0-03 自業自得さー[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[5] 0-04 家庭って素晴らしい[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[6] 0-05 社会見学?[アハト・アハト](2010/11/23 11:26)
[7] 0-06 現実はチョイと厳しい[アハト・アハト](2010/11/23 11:27)
[8] 0-07 予備動作、その名はマッタリ[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[9] 0-08 只今、準備中[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[10] 0-09 往きの道[アハト・アハト](2010/11/23 11:29)
[11] 0-10 わるきゅーれS’[アハト・アハト](2010/11/23 11:30)
[12] 0-11 ハヂメテの~[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[13] 0-12 バトルがフィーバー[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[14] 0-13 ビクターですが、ゴブリンは強敵です。(σ゚∀゚)σエークセレント[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[15] 0-14 男には意地ってものがあるんです[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[16] 0-15 流石にコレは予想外[アハト・アハト](2010/11/23 11:33)
[17] 0-16 調子に乗ってます[アハト・アハト](2010/11/23 11:34)
[18] 0-17 オニゴロシ[アハトアハト](2010/11/23 11:34)
[19] 0-18 先ずはひと段落[アハトアハト](2010/11/23 11:35)
[20] 【第一章】   ――旅立ちへの日々――     (第1章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/06/23 23:18)
[21] 1-01 行き成りですが、買収されますた[アハト・アハト](2011/02/01 06:59)
[22] 1-02 契約書には、冷静に、そして内容を良く読んでからサインをしましょう[アハト・アハト](2011/04/02 19:03)
[23] 1-03 鍛冶屋は男のロマンです。きっと……[アハト・アハト](2011/07/07 22:30)
[24] 1-04 なんでさ?[アハト・アハト](2010/09/21 13:04)
[25] 1-05 両手に華(気分[アハト・アハト](2010/10/04 10:27)
[26] 1-06 お兄ちゃんは(自主規制)症[アハト・アハト](2011/01/17 00:06)
[27] 1-07 水も滴れ男ども(俺を除いて[アハト・アハト](2011/04/03 08:42)
[28] 1-08 漸く登場、かも?[アハト・アハト](2011/01/16 23:47)
[29] 1-09 力なき速度、それは無力[アハト・アハト](2011/03/20 01:48)
[30] 1-10 アーメン ハレルヤ ピーナッツバター[アハト・アハト](2011/07/07 22:29)
[31] 1-11 使徒は脳筋[アハト・アハト](2011/04/02 09:44)
[32] 1-12 攪拌。撹乱では無いのだよ撹乱では![アハト・アハト](2011/05/13 00:47)
[33] 1-13 晴れ、時々魔法[アハト・アハト](2011/05/27 21:26)
[34] 1-14 酒は飲んでも飲まれるな!(手遅れ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[35] 1-15 気分はぜろじーらぶ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[36] 1-16 壮行会は大荒れです(主に俺にとって[アハト・アハト](2011/06/23 23:24)
[37] 1-17 淑女戦争 私はいかにして悩むのを止め、アルコールに逃げるに到ったか[アハト・アハト](2011/07/22 19:31)
[38] 1-18 旅立ち[アハト・アハト](2011/07/23 00:02)
[39] 【第二章】   ――七転八倒的わらしべ長者――     (第二章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2016/02/19 00:07)
[40] 2-01 平穏な旅がしたいのですが、避けようとすれば相手から来る。それがトラブル Orz[アハト・アハト](2011/07/28 00:29)
[41] 2-02 狼は ゴブリンよりも 強かった(節語無し[アハト・アハト](2011/08/01 00:57)
[43] 2-03 牧歌的なのはここまでだ[アハト・アハト](2011/11/06 17:41)
[45] 2-04 <聖女>様、マジパネェっす![アハト・アハト](2011/11/04 10:55)
[47] 2-05 会議は踊らず、ただ進む(ウダウダやっている暇は無い![アハト・アハト](2011/11/06 17:46)
[48] 2-06 教育的指導は鉄拳で[アハト・アハト](2011/11/09 11:11)
[50] 2-07 スキスキ騎兵![アハト・アハト](2013/04/21 08:46)
[51] 2-08 激戦! 騎兵対戦獣騎兵[アハト・アハト](2013/05/03 18:38)
[52] 2-09 コレナンテエロゲ?[アハト・アハト](2013/06/09 12:35)
[53] 2-10 エクソダスするかい?[アハト・アハト](2014/12/01 10:34)
[54] 2-11 一心不乱にエクソダス[アハト・アハト](2014/12/16 23:31)
[55] 2-12 スマッシュ[アハト・アハト](2014/12/25 23:48)
[56] 2-13 戦闘だけが戦の全てじゃありません[アハト・アハト](2015/12/05 19:25)
[57] 2-14 ズバっと解決!(※物理的に[アハト・アハト](2015/12/12 10:31)
[58] 2-15 チョッとしたイベント発生[アハト・アハト](2015/12/30 15:32)
[59] 2-16 公都への道 (※到着するとは言って無い[アハト・アハト](2016/02/18 23:49)
[60] 2-17 責任とか色々?[アハト・アハト](2016/04/04 23:53)
[61] 2-18 虐めってムネキュン?[アハト・アハト](2016/06/15 07:56)
[62] 2-19 戦争は、事前準備が超重要![アハト・アハト](2016/06/27 23:58)
[63] 2-20 公都ルッェルン防衛戦 - 序[アハト・アハト](2016/06/27 23:30)
[64] 2-21 公都ルッェルン防衛戦 - 破/1[アハト・アハト](2016/08/16 22:32)
[65] 2-22 公都ルッェルン防衛戦 - 破/2[アハト・アハト](2016/11/20 22:08)
[66] 2-23 公都ルッェルン防衛戦 - 破/3[アハト・アハト](2016/12/23 13:59)
[67] 2-24 公都ルッェルン防衛戦 - 急/1[アハト・アハト](2017/02/04 09:15)
[68] 2-25 公都ルッェルン防衛戦 - 急/2[アハト・アハト](2017/08/20 20:54)
[69] 2-26 終戦(戦闘が終わったけど戦が終わったとは言って無い[アハト・アハト](2018/04/25 13:44)
[70] 【第三章】   ――殴り愛は神の愛への第一歩――     (第三章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2018/10/27 21:54)
[71] 3-01 蒼い砂漠[アハト・アハト](2018/05/06 10:36)
[72] 3-02 旅は道ずれ世は情け。それが可愛い娘さんだともう最高![アハト・アハト](2018/10/17 10:15)
[73] 3-03 美少女と美人が増えました! やったね!![アハト・アハト](2018/10/27 21:57)
[74] 3-04 平穏が続くと言ったな、ありゃぁ嘘だ。[アハト・アハト](2018/11/18 21:05)
[75] 3-05 血塗れ(ガチ[アハト・アハト](2019/04/15 13:29)
[77] ――New―― 3-06 修羅場(※ Level.1[アハト・アハト](2019/04/15 13:24)
[78] 【外伝】                 (登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/11/30 23:39)
[81] 1-1  ジゼット・ブラロー ―― 大学生活時、同世代から見た観察記[アハト・アハト](2011/11/30 23:38)
[82] 1-2  ノウラ ―― メイド長ノウラの一日 ~ビクターかんさつにっき~[アハト・アハト](2013/02/22 23:09)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[8338] 0-16 調子に乗ってます
Name: アハト・アハト◆404ca424 ID:2f92984a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/11/23 11:34
 煩悩直撃な一撃で、時間を計算する事が出来なくなった俺。
 ナニが何でとか、そもそもとして、一歩間違えるとエレクチオンだクソッタレとかね。
 魅力的な女性だしナニでそれとか成ったら、めっさうれしいのだけど、この状況で蛇の生殺しみたいなのはご勘弁だ。
 マジで。

 素数を数えて冷静になる俺。

 1111111!!1!!111!o( ̄皿 ̄)o!!111111

 宜しい、少し落ち着いた。
 別の言い方をすると、諦めた。


 あーもう、どないせーつぅねんとか思う。
 さてどうすんべと考えたとき、俺の傍らに、ランプ――否、火時計が置かれている事に気づいた。
 おういぇー 母親様か、用意が良い。
 有難い。

 火時計とは、一見すれば普通のランプなのだが、よく見れば違うものだった。
 遮光覆が付けられ、油タンクに透明なゲージが付けられているのだ。
 この、タンクの油の残量で点火からの時間を計るのだ。

 そして今回は、約30分の時間分、油が予め入れられていた。
 流石は母親様だ。





 ジリジリとした音と共に火が小さくなっていく様を、右目だけで見ている。
 火を見るのは目が疲れる。
 疲れるのだが、同時に、火を見ていると心が落ち着くのだ。

 自分から志願したとは云え、数不明の敵に正面から喧嘩を売るのだ。
 そらもう、心臓は情熱的で過激なビートを刻んでるってもんだ。
 だが、その気持ちで突っ込んでは、勝てない。
 生き残れない。
 冷静に、冷徹に。
 己を刃物と、己を弓より放たれた矢とするのだ。

 両手は既に剣の柄に伸びている。
 鋼鉄のガントレット越しに感じる、ショートソードの存在。

 その時、フッと火が消えた。

 さぁ、行こうかねぇ。


 右目を閉じ、左目を開く。
 薄闇の世界が広がっている。
 スルリとショートソードを抜く。

 右手では、実家のショートソードを。
 左手では、ノウラから託されたショートソードを。

 双剣、両手で剣を持つ。
 そうなればお約束はコレだろう。


「KaradahaKendedekiteiru」


 歩き出す。
 道に沿って、ゴブリンどもの野営地を目指して。


「Tisiohatetude Kokorohagarasu ―― ウーーーム、ガラじゃない」


 何かが違う。
 俺のキャラじゃない。


 足は止めずに、愚にも付かない事を考える。
 一種の現実逃避だろうか。
 どうでも良いが。


 兎も角、赤の人だ。
 いや、誰かの理解とかは、その辺りブッチャケどうでも良いのだが、アレだ、その在り様を理解も肯定も出来ない。
 憧れる気にもなれない。
 まぁ人間に憧れるロボットってな設定のキャラなので、そう出来る方が問題なのかもしれない。

 そもそもガキの時分に、未来の疲弊し果てた自分をみて、それでも頑張ろうって割り切った癖に、結局は最後は自分殺しに走ってる辺り、恥知らずとしか言いようが無い。
 いっそ、千界の王並みに突き抜けりゃぁ天晴れなのだが、ね。

 自分殺しのパラドックスっては面白い思考実験なのだが、まぁどうでも良い。
 兎も角、却下だ。
 絶対に却下だ。


 見えてくる野営地。
 煌々と燃やされている薪か何か。
 追撃を受けるリスクとか、隠蔽とかを全く考えてないのが丸わかりだ。


 では変わりに双剣使いってのはナニがとか思う。
 銀の貴公子? ナイナイ、それは無い。
 流石の俺も、自分の分は判ってる。

 薫風漂わせる、貴公子なんてガラじゃない。
 ではナニが。

 考える。
 考える。
 考える。

 ――考えた。
 1つ、良いのがあった。


「Souarekasi」


 その単語だけで、気分が良くなった。
 貴公子はガラじゃない。
 ロボットは趣味じゃない。
 なら、基地外は? 狂信者は? ――ああそうだ。
 面白い。

 切った張ったで、殺し殺される素敵フィールドだ。
 正気で居られる場所じゃない。
 だから救いを求めてってな訳じゃ無い。

 只、己を研ぎ澄ますのだ。
 目的を達成する為に。
 その為の道具に。


「Souarekasito Sakendekireba sekaihasururitokatazukimousu」


 雑念を捨てる。

 目的は妹を助けること。
 役割は囮。


「ああぁっ!」


 己の内側にこもったモノを吐き捨てるようにし、歩みを速める。
 前へ。
 戦場へ。











異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント
0-16
調子に乗ってます











 ゴブリンの野営地は、控えめに言っても地獄であった。
 焚き火の周りで酒壜を抱えているゴブリン。
 食い物を大量に抱えて乱痴気騒ぎだが、まぁこっちは良い。

 問題は、オークどもの方だった。

 女性が犯されている。
 子供が殺されている。
 子供の前で母親が犯されている。
 母親の前で子供が殺されている。

 悲鳴が、下品なオークの笑い声を圧して響いている。
 その状況を説明する言葉なんて、無い。

 娯楽なのだろう人間を蹂躙すると云う行為が。
 オークどもは楽しそうにしている。
 殺す。
 生きている事を後悔する位に殺してやる。
 怒りが、かき消した。

 駆けながらざっと見たが、死んで捨てられている人や吊るされている人たちの中に小柄な体格の女性や、或いは腰まで伸びた金色の髪をした人は居なかったのだからまだ無事だろう。
 少しだけの安堵。
 だがそれは、恥ずべきであり、同時に何の保障も無いのだ。

 今襲われているのかもしれないし、襲われようとしているのかもしれない。
 妹をそんな目に合わせられるものかよ。


「ギェッギャッ!」


 歩哨っぽいゴブリンが赤ら顔で吼えた。
 酔っているのだろう、目が濁っている。

 まぁ、だからどうしたって話しではある。

 走るコースを微調整して突貫する。


「kie!」


 踏み込みと急制動。
 常であれば膝間接に強い負担を強いる行動だが、今はそれが無い。
 マーリンさんに貰った魔法のアイテムのお陰だろう。
 そう言えば、疾駆していたのに息も苦しくない。
 ビバ☆チート ってか、下駄か。

 阿呆な事を頭の片隅で考えながら左手のショートソードを振るう。
 突きだ。
 疾駆した分を載せての一撃でも良かったのだが、その場合、攻撃がぶれる可能性がある。
 外してしまえば、時間が掛かってしまう。
 一刻も早く、こんな状態を止めたいのだ。
 故に、威力ではなく精度を求める。

 銀色の切っ先は、粗末な鎧を無視して、まるで豆腐に針を突き刺すように簡単にゴブリンの体に潜り込んだ。


「ギュ!!」


 悲鳴と共に血反吐を吐いて、後ろに吹き飛ばされるゴブリン。
 その動きに合わせてショートソードを抜く。

 そしてそのまま走り出す。
 狙うはこのグループの首魁。
 そこを狙えば、混乱が確実に発生するのだから。





 オークかゴブリンかの咆哮と背に一躍、野営地に侵出する。
 敵の配置を確認。
 右手にはゴブリンの集団が居て、左手にはオークの集団が居る。
 否、ゴブリンは3グループ居る。
 1つ目は右手ってか、俺の前に。
 2つ目は右手の更に奥、深い森との境界に近い所に居る。
 もう1つが、向こうの街道入り口に居る。
 一応は防御も考えていたっぽい。

 そんな、野営地の総数は50から60って辺りか。
 ゴブリンは焚き火の周りに居るだけだが、オークはテントなんかを張っている。
 村からの略奪品とかも置いているのかもしれない。

 ざっと見ただけでは、妹の位置は読めない。


「ゲェゲェッ!!」


 焚き火を囲んでいたゴブリンが、各々、武器を手に立ち上がってくる。
 隊伍も組めず、動きも安定していない。
 が、それがどうした。
 敵が準備が取れてない? なら好都合ってモノである。

 卑怯外道結構。
 それで勝てるなら、何でも在りだっての。

 一足で前面のゴブリンの群れに強襲する。
 仮にAとするこのグループは、ざっと数えて10とチョイだ。
 さっさと一掃しなければ成らない。

 主戦力は母親様だが、妹の位置は確認したい。
 出来れば俺が救出したいのだ。


「Kieetu!!」


 右のショートソードで左から右へのフルスイング、横撫での一閃。
 ゴブリンの体が上下に真っ二つに成る。
 吹き出る血。
 それを避けるように、小さくすり足じみて左へと動くと、そのまま左の一撃を繰り出す。

 余り勢いの乗せられた一撃では無かったが、狙い過たず、その切っ先はゴブリンの顔面を直撃する。
 潰す。

 悪くない勢いだ。


「グェェェェッ!!」


 吼えて迫ってくるゴブリン。
 阿呆な1匹が、槍を持っている癖に突っ込んでくる。
 射程ってか、殺傷圏とか考えているのかねぇと思う。
 まぁどうでも良い。

 自分から距離を詰める。
 振り上げられた槍の、その穂先の内へと。


「Tetu!」


 距離を詰めすぎて、俺もショートソードを振るえないが、だからどうした。
 左の拳骨、ガントレットで顔を殴る。
 甲高い悲鳴。
 だがそれで終わらない。
 左腕の攻撃を触覚にして、誘導として右の拳を叩き込む。
 全身をバネと、コマとするのだ。

 打ち抜かれた右の拳。
 その感触から、ゴブリンの顎を粉砕する事に成功した事が判る。
 3匹目。


「あぁぁぁぁっ」


 気合を入れる。
 直ぐに5匹が距離を詰めてくる。
 2匹は斧や剣。
 その後ろから、3匹が槍を突き込んで来る。
 中々に統制が取れている。
 だが――


「恐れてる暇はねぇんだよ、男にはっ! よぉっ!!」


 槍の穂先を左のショートソードで左に向けて払い、その挙動を呼び動作に体を槍の圏内へと潜り込む。
 払いきれなかった槍が右の肩を打つが、肩を覆っている革と鉄片の複合な装甲が耐えた。
 鈍痛。
 だが、それに構っている暇はない。迫ってくる斧と剣の切っ先。
 リスクを払うなら――振り被られた斧か。
 空きも多い。
 斧持ちのゴブリンはやや左側の為、右の斬撃を放つ余裕は無い。
 残影剣っぽい動きで、右の肘で撃ち込みをする。

 慣れたくは無い、鈍い感触。

 そんな余分な事を考えたからか、一撃を喰らった。
 右の背中にだ。


「っ!」


 熱く、鈍い痛み。


「あぁぁぁぁぁっ!!!」


 吼える。
 痛みを潰すように。

 腕が動くか自信が無い。
 ならば何がある。
 脚がある。
 蹴りだ。

 踏み込んだままの左足に重心を移して、思いっきり蹴り飛ばす。
 標的を完全に狙った、狙えた訳では無いが、脚は確実にゴブリンを捉えた。


「ギィィツ!」


 悲鳴がそれを教えてくれる。
 だが、それで満足しない、出来ない。
 連続攻撃だ。
 槍衾を潜るように、身を屈めながら、左右両のショートソードで突く。

 右腕が緻密に動くか心配だったのだ。
 だが、その心配は杞憂だった。

 右手は意図通りに動き、左手と共に凶悪な突技を生み出す。

 体がおかしい位に良く動く。
 これもマーリンさんのマジック・アイテムのお陰か。
 感謝感激でも足らんぞ、コレは。

 槍持ち組みが、前衛の壁が瞬く間に一掃されたので慌てて第2撃目を放たんと槍を振り上げるが、そんな暇は与えない。
 一挙に距離を詰めた。


 それから10秒で、俺はゴブリングループのAを殲滅した。
 ニィっと笑いながら。





 ゴブリン集団の一角を一掃し、オークの方を確認。
 犯したり殺したりを中止し、武器を構えてコッチに向かって来ている。
 予定通り。

 んな、新世界の神チックに笑う様な余裕があったのは、その瞬間までだった。
 俺は見た。

 オークの一匹が持っていた幾つもの鎖、その1つに繋がれた妹を見たのは。
 ボロボロになった衣装を纏って、鉄の首輪に囚われた妹を。


「テメェ等ぁぁぁぁぁ!!」


 俺の感情の撃鉄が落ちた。
 体中が加熱する感覚。
 意識が沸騰し、更に気化する感覚。

 激情が俺の手足を加速し、駆けさせる。
 右手のショートソードを背負うような変則的蜻蛉の構えに。
 左手のショートソードは触覚のように緩く、伸ばして。

 駆ける。
 駆ける。
 駆ける。

 先ずはオークだ。
 そのそっ首、汚ねぇ胴体と泣き別れにしちゃる。
 膾切りに、17分割してやる。

 殺す。
 殺す。
 殺す。

 狭まっていく俺の世界。
 俺とオークの世界。

 俺を確認した妹が、表情を輝かすのを見た。
 待ってろ、直ぐに助けてやる。

 更に踏み込み力強くなる。
 今なら、ぶった切れる自信がある。
 あるぞ糞ったれ。


「ギャァツ! ギギャッ!!」


 その直線に突然に現れた影。
 別のオークだ。
 両手で大きな戦斧を持っている。
 邪魔だ。
 敵のオークが見えない。
 妹が見えない。

 邪魔をするな。


「Tyesutoooooooooo!!」


 プチ薬丸自顕流、懸かりだ。
 全身全霊全力全開。
 斬撃の瞬間にも止まる事無く、更に飛び込むように踏み込んで放つ。

 斧の柄を、柄を持つ腕を、そして厚い腹を一挙に切り裂く。
 崩れ落ちてくる臓腑を体を、ステップで避ける。

 良いね。
 良いね。
 テンションが上がって来るよ。
 血が沸騰しそうだ。

 待ってろわが妹よ、今すぐに助けてやる。

 男の意地とか決意とか。
 そんな気分で、更に邪魔に乱入してきたオークを、今度は2連の斬撃で斬り殺す。
 左手の、ノウラから預かっているショートソードは刃が付いていないので、本当は違うのだが、まぁ勢いが大事だ。
 後、キロ単位の鉄の棒でぶっ叩かれて無事な奴は居ない。
 更にもう一撃あるし。
 それに死んでるし、問題なし。


 妹の他に、2人もの幼い女の子に首輪を付けて連れているオークを睨み付ける。
 後1本、鎖があって、それはオークの後ろのテントに伸びている。
 まさかいたいけな子供を嬲ったのか、糞野郎。
 殺す、殺してやる。
 人類の敵が。


「次はテメェだ、糞野郎!」


 もう止める奴は居ないだろ。
 チラっと見た、一番奥のゴブリンのグループがコッチに来ずに向こうで何等かしている辺り、そしてここに居たオークの半分ってか、残りがアッチに行ってるので母親様らも突入して来たっぽいが、ここまで来たんだ。
 妹救出の誉れも、まぁ貰っても間違いじゃあるまい。


「俺を止めたければ、オーガーでも連れて来い!!!」


 残った敵は居ない。
 そう思って叫んだんです。
 それだけだったんです。


「ガァァァァァァッ」


 真坂、俺の言葉に応じるようにテントからオーガーが顔を出すとは思いませんでした。

 テントを突き破る様に立ち上がった巨躯、優に3メートルはありそうな体だ。
 後、頭に角がある。
 どうみてもオーガーです有難うございます。
 クソッタレ。



 おファンタジーな世界だから、言霊ってあるのかにゃー
 ド畜生。
 俺様、マジで涙目、だ。







前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.03378701210022