オリジナルSS投稿掲示板




No.8338の一覧
[0] 異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント 3-06 投稿[アハト・アハト](2019/04/15 13:26)
[1] 【序章】   ――幼き日々――     (序章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/04/02 09:56)
[2] 0-01 輪廻転生に異世界って含まれると初めて知った今日この頃[アハト・アハト](2011/01/16 23:39)
[3] 0-02 見栄と恐怖のシーソー[アハト・アハト](2010/11/23 11:24)
[4] 0-03 自業自得さー[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[5] 0-04 家庭って素晴らしい[アハト・アハト](2010/11/23 11:25)
[6] 0-05 社会見学?[アハト・アハト](2010/11/23 11:26)
[7] 0-06 現実はチョイと厳しい[アハト・アハト](2010/11/23 11:27)
[8] 0-07 予備動作、その名はマッタリ[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[9] 0-08 只今、準備中[アハト・アハト](2010/11/23 11:28)
[10] 0-09 往きの道[アハト・アハト](2010/11/23 11:29)
[11] 0-10 わるきゅーれS’[アハト・アハト](2010/11/23 11:30)
[12] 0-11 ハヂメテの~[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[13] 0-12 バトルがフィーバー[アハト・アハト](2010/11/23 11:31)
[14] 0-13 ビクターですが、ゴブリンは強敵です。(σ゚∀゚)σエークセレント[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[15] 0-14 男には意地ってものがあるんです[アハト・アハト](2010/11/23 11:32)
[16] 0-15 流石にコレは予想外[アハト・アハト](2010/11/23 11:33)
[17] 0-16 調子に乗ってます[アハト・アハト](2010/11/23 11:34)
[18] 0-17 オニゴロシ[アハトアハト](2010/11/23 11:34)
[19] 0-18 先ずはひと段落[アハトアハト](2010/11/23 11:35)
[20] 【第一章】   ――旅立ちへの日々――     (第1章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/06/23 23:18)
[21] 1-01 行き成りですが、買収されますた[アハト・アハト](2011/02/01 06:59)
[22] 1-02 契約書には、冷静に、そして内容を良く読んでからサインをしましょう[アハト・アハト](2011/04/02 19:03)
[23] 1-03 鍛冶屋は男のロマンです。きっと……[アハト・アハト](2011/07/07 22:30)
[24] 1-04 なんでさ?[アハト・アハト](2010/09/21 13:04)
[25] 1-05 両手に華(気分[アハト・アハト](2010/10/04 10:27)
[26] 1-06 お兄ちゃんは(自主規制)症[アハト・アハト](2011/01/17 00:06)
[27] 1-07 水も滴れ男ども(俺を除いて[アハト・アハト](2011/04/03 08:42)
[28] 1-08 漸く登場、かも?[アハト・アハト](2011/01/16 23:47)
[29] 1-09 力なき速度、それは無力[アハト・アハト](2011/03/20 01:48)
[30] 1-10 アーメン ハレルヤ ピーナッツバター[アハト・アハト](2011/07/07 22:29)
[31] 1-11 使徒は脳筋[アハト・アハト](2011/04/02 09:44)
[32] 1-12 攪拌。撹乱では無いのだよ撹乱では![アハト・アハト](2011/05/13 00:47)
[33] 1-13 晴れ、時々魔法[アハト・アハト](2011/05/27 21:26)
[34] 1-14 酒は飲んでも飲まれるな!(手遅れ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[35] 1-15 気分はぜろじーらぶ[アハト・アハト](2011/06/17 22:38)
[36] 1-16 壮行会は大荒れです(主に俺にとって[アハト・アハト](2011/06/23 23:24)
[37] 1-17 淑女戦争 私はいかにして悩むのを止め、アルコールに逃げるに到ったか[アハト・アハト](2011/07/22 19:31)
[38] 1-18 旅立ち[アハト・アハト](2011/07/23 00:02)
[39] 【第二章】   ――七転八倒的わらしべ長者――     (第二章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2016/02/19 00:07)
[40] 2-01 平穏な旅がしたいのですが、避けようとすれば相手から来る。それがトラブル Orz[アハト・アハト](2011/07/28 00:29)
[41] 2-02 狼は ゴブリンよりも 強かった(節語無し[アハト・アハト](2011/08/01 00:57)
[43] 2-03 牧歌的なのはここまでだ[アハト・アハト](2011/11/06 17:41)
[45] 2-04 <聖女>様、マジパネェっす![アハト・アハト](2011/11/04 10:55)
[47] 2-05 会議は踊らず、ただ進む(ウダウダやっている暇は無い![アハト・アハト](2011/11/06 17:46)
[48] 2-06 教育的指導は鉄拳で[アハト・アハト](2011/11/09 11:11)
[50] 2-07 スキスキ騎兵![アハト・アハト](2013/04/21 08:46)
[51] 2-08 激戦! 騎兵対戦獣騎兵[アハト・アハト](2013/05/03 18:38)
[52] 2-09 コレナンテエロゲ?[アハト・アハト](2013/06/09 12:35)
[53] 2-10 エクソダスするかい?[アハト・アハト](2014/12/01 10:34)
[54] 2-11 一心不乱にエクソダス[アハト・アハト](2014/12/16 23:31)
[55] 2-12 スマッシュ[アハト・アハト](2014/12/25 23:48)
[56] 2-13 戦闘だけが戦の全てじゃありません[アハト・アハト](2015/12/05 19:25)
[57] 2-14 ズバっと解決!(※物理的に[アハト・アハト](2015/12/12 10:31)
[58] 2-15 チョッとしたイベント発生[アハト・アハト](2015/12/30 15:32)
[59] 2-16 公都への道 (※到着するとは言って無い[アハト・アハト](2016/02/18 23:49)
[60] 2-17 責任とか色々?[アハト・アハト](2016/04/04 23:53)
[61] 2-18 虐めってムネキュン?[アハト・アハト](2016/06/15 07:56)
[62] 2-19 戦争は、事前準備が超重要![アハト・アハト](2016/06/27 23:58)
[63] 2-20 公都ルッェルン防衛戦 - 序[アハト・アハト](2016/06/27 23:30)
[64] 2-21 公都ルッェルン防衛戦 - 破/1[アハト・アハト](2016/08/16 22:32)
[65] 2-22 公都ルッェルン防衛戦 - 破/2[アハト・アハト](2016/11/20 22:08)
[66] 2-23 公都ルッェルン防衛戦 - 破/3[アハト・アハト](2016/12/23 13:59)
[67] 2-24 公都ルッェルン防衛戦 - 急/1[アハト・アハト](2017/02/04 09:15)
[68] 2-25 公都ルッェルン防衛戦 - 急/2[アハト・アハト](2017/08/20 20:54)
[69] 2-26 終戦(戦闘が終わったけど戦が終わったとは言って無い[アハト・アハト](2018/04/25 13:44)
[70] 【第三章】   ――殴り愛は神の愛への第一歩――     (第三章 登場人物紹介)[アハト・アハト](2018/10/27 21:54)
[71] 3-01 蒼い砂漠[アハト・アハト](2018/05/06 10:36)
[72] 3-02 旅は道ずれ世は情け。それが可愛い娘さんだともう最高![アハト・アハト](2018/10/17 10:15)
[73] 3-03 美少女と美人が増えました! やったね!![アハト・アハト](2018/10/27 21:57)
[74] 3-04 平穏が続くと言ったな、ありゃぁ嘘だ。[アハト・アハト](2018/11/18 21:05)
[75] 3-05 血塗れ(ガチ[アハト・アハト](2019/04/15 13:29)
[77] ――New―― 3-06 修羅場(※ Level.1[アハト・アハト](2019/04/15 13:24)
[78] 【外伝】                 (登場人物紹介)[アハト・アハト](2011/11/30 23:39)
[81] 1-1  ジゼット・ブラロー ―― 大学生活時、同世代から見た観察記[アハト・アハト](2011/11/30 23:38)
[82] 1-2  ノウラ ―― メイド長ノウラの一日 ~ビクターかんさつにっき~[アハト・アハト](2013/02/22 23:09)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[8338] 0-15 流石にコレは予想外
Name: アハト・アハト◆404ca424 ID:2f92984a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/11/23 11:33
 闇夜。
 月明かりは冴え冴えと輝いているが、その光量は、鬱蒼とした森を往くには足りない。
 だがそんな状況でも、馬は走る。
 奔る。

 阿呆ライダーの常で、夜中も単車を奔らせていた過去もあるが、あの頃は、道が良く、そしてそれなりのライトがあったからだ。
 だが今、それは無い。
 道は細く舗装など無い。
 そして光は一切、用いる事なく走っている。

 信じられない状況。

 何故にこんな状況で、馬が走れるのかと云えばそれは単純、魔法だ。
 1つは追跡の魔法。
 俺や妹が持っている魔法的目印を追尾する魔法だ。
 正確には魔法道具。
 コンパスみたいな代物で、現在地のみならず、1日以内の時間であれば移動痕跡すらも追跡可能ってな優れものだ。
 てゆうか、凄すぎでしょ、魔法。

 そしてもう1つ。
 暗視の魔法だ。
 その力は、月明かりの無い状況でさえ、昼同様の視野を与えてくれると云う。
 ビバ☆ファンタジー。
 ビバ☆魔法。
 ただ残念なことに、その魔法の恩恵は馬と、そして御者にのみ与えられているものである事だ。
 乗っているだけの俺に、その恩恵は無かったのだ。

 流れていく風は、たっぷりと夜気を孕んで冷たく、心地よいがブッチャケ、怖い。
 マジ怖い。
 見えないのだから仕方が無い。

 後、気分も悪い。
 車酔いの類かもしれない。
 最悪だ、全く。

 だが、好んで参加した救出行。
 妹を救う為にも、意地でも悲鳴を上げる積もりは無かったが。


「大丈夫かね?」


 頭の上から声が聞こえる。
 マーリンさんだ。
 夜気よりも濁りの無い澄んだ声が、気持ち良い。
 少しだけ気が紛れる。


「全然、平気です」


 硬めな声が出たっぽいが、意地で格好つけてみる。
 否。
 つけなければならない。
 間違えても平気では無いが、女性の前で醜態は曝したくない。
 特に、魅力的な女性の前では。
 これも又、男の意地であるのだ。


「そうかい。ビクター君は強いな」


 笑いを含んだ声。
 あぁーバレテル、バレテルさー。
 まぁ仕方が無い。

 まだまだ子供の体。
 意思で完全に体をコントロール出来ちゃいないのだから。

 だから固定する。
 前だけを見ている。
 しっかりと馬の首を掴んで前だけを。

 と、冷たいものが首に掛かったのが判った。
 なんぞ、これ。


「なら、そんな強いビクター君に、初陣のお祝いだ」


 見上げると、笑っているマーリンさん。


「体調は万全じゃないのだろ。だが、その首飾りをしていれば、直ぐに回復するだろう。大事にしてくれよ?」


 見れば、銀色のネックレスが首に掛かっている。
 なんぞ、磁気ネックレスっぽいが、その存在感は段違いだ。
 てゆうか、常時体力回復型の魔法のアイテムですと!? それゴッツイ値段が張りますがな。


「しっしかし、こんな高価そうな――」


「大丈夫だ。私も其れなりに稼いでいるからね」


 莞爾と笑っているマーリンさん。
 その姿に見とれて、いつの間にか恐怖を忘れていた。

 或いは、それを狙ってなのかもしれない。
 凄いぞマーリンさん。

 後、もらったこのネックレスだが、磁気ネックレスとは比べ物にならない力があった。
 体の倦怠感がスルスルと無くなって行くのだ。
 魔法テラ凄い。
 疑似科学とか、うそ科学なんぞとは比べ物にならんぜよ。
 凄いよマーリンさん。

 真坂、馬酔いというか、乗り物酔いにまで効くとは思わなかった。
 マジスゲェ。











異世界ですが血塗れて冒険デス (σ゚∀゚)σエークセレント
0-15
流石にコレは予想外











 先頭を行く母親様の馬が止まった。
 どやら目的地に近づいたらしい。

 周りを見渡せば、ここは谷底に近い場所。
 鬱蒼とした森が途切れた場所。
 近くに川が流れているのが判る。

 目を閉じてみる。
 それまで風切り音に混じって聞こえなかった音が聞こえた。
 雑多な音。
 馬鹿騒ぎをしている音。
 そして、甲高い悲鳴――歯が鳴った。
 口元を抑える。
 音の方を見れば、僅かに森が光っているのが見える。
 焚き火か何かを反射しているのだろう。

 ゴブリンどもの野営地、そしてオークも居るのだろう。
 あの華奢な妹を、魔法の首輪なんぞを使って拉致したクソッタレ。
 てゆうか、華奢なんだぞ。
 んな事をして、首が折れたら、怪我をしたらどうする。
 ド畜生。
 殺す。
 絶対に殺してやる、オークめ。

 いや、たぎり過ぎるな俺。
 Self Controlだ。
 CoolにCoolにCoolにだ。

 深呼吸を1つ。
 そして意識して剣を強く握る。
 ガントレット越しにその硬さが俺に冷静さを取り戻させる。

 振り返ると、母親様が地図を広げていた。
 村で聞いていた情報から野営地の状況を勘案しているみたいだ。
 マーリンさんと意見を交わしている。

 耳を澄ます。





「今までの例から見て、連中は陣形を組んではいないだろうね」


 只々、略奪した酒とか食料でドンチャン騒ぎしているのだと言う。
 聞こえてくる音から、それは判る。
 そして、母親様達が言葉を濁したその先も。

 ゴブリン、オークは女子供は嬲って楽しむ。
 親子に性交を強要したり、母親の前で娘を、子の前で母親を。
 死ぬまで嬲り尽くすと言う。
 外道め。

 そう言えばオークは人間やエルフの女性を嬲るってか、生きたアクセサリーってかペットとして扱うって言う。
 で、妹はオークに。


「どうします?」


 今は怒る時ではない。
 言葉を多く使う時ではない。
 今、優先されるべきは行動だ。
 妹を、連れ去られたマバワンの同胞たちを。


「正面からかな?」


「そうね。一気呵成に仕掛けましょう。時間を掛けるよりは一挙に一網打尽の方が安全でしょう」


 酒に酔った所で強襲を受けて壊乱しない程、ゴブリンはツワモノでは無いのだと言う。
 確かにそうかもしれない。
 だけど、とも思う。

 昼の、あの狡猾なオークを考えると。
 だからその事を口に出してみる。

 今はまだ作戦策定段階だ。
 なら意見の上申も重要な事なのだ。
 後、具体的な策も1つあるし。
 だから、それを口にする事にする。


「考えがあるんですが、言っても良いですか?」


 一応は了解を得て、ね。
 黙ってうなずく母親様と、面白そうな目で見てくるマーリンさん。
 気後れを飲み込んで、説明する。

 考え自体は単純だ。
 二手に別れ、一方はこの道なりに強襲する事で敵の注意を引き、その間にもう一方が山を越えて反対側に回って奇襲すると言う。
 ある意味で啄木鳥戦法の亜種、亜流だ。

 面倒な策ではあるが、これをする事で敵の壊乱をコントロールする事が出来る。
 要するに、一方方向からの攻撃では、そのまま俘虜を連れて逃げられる恐れがあるが、この2段階の襲撃であれば奇襲を、俘虜周囲の敵に集中させることで保護する事が容易になり得るのだ。

 まぁ、俘虜を野営地の中心に――とかなれば無意味だが、その場合でも、薄い外周を突破して俘虜の場所へと突進する事は出来る。
 他にも想定すべき事は一杯あるが、そこまで考えている時間は余り無い。

 杜撰かもしれないが、この状況ではベターに近い策だと思うのだ。


 そうやって諸々を説明すると、聞いた母親様とマーリンさんはポカーンと俺を見た。
 そんなに変な事を言った積もりは無いんだが。


「ビクター、貴方………」


「男の子っと言うよりも、漢だねビクター君は」


「?」


 意味が判らない。


「何が問題でも??」


「自分が――自分を囮にするのね」


「仕方が無いよ。お母様たちが出た場合、そのまま壊乱する危険があるからね」


 これ、掛け値なしの事実。

 昼には、200を超える数を一方的に蹂躙する等の猛威をふるった告死の戦鬼が2人も登場しては、そらモラールチェックなどする前に失敗が確定する。
 逃げ出すしかない。

 てゆーか、その意味では、このドンチャン騒ぎもゴブリンなりの鎮魂なのかもしれない。
 だからどうしたって話だが。

 兎も角。
 だからこそ、言ってて悔しいが貧弱な坊やである俺が、正面から行く必要があるのだ。
 弱っちい奴が来たと、油断をさせる為に。
 油断じゃなくて事実かもしれないが。

 ああ、全く。
 世の中、酷い話ばかりだ。
 俺も俺Tueeeeeeで、ゴブリン&オークの残党なんぞ、蹴散らしたいさ。
 反撃に来る哀れなオークどもを天地魔闘の構えでピタ止めして、「弱いと云うのは罪だな」なんてナルシーかつ冥王ちっくに言って見たいです。
 かなり切実に。


「そう、覚悟は決めているの」


「責任かも、しれないかな」


 妹を護れなかった。
 その1点で、兄としては、腸が煮えくり返るのだ。

 野営地と思しき方向を見る。
 早く助けてやりたい。


「駄目ですか?」


「問題は無いわ。貴方がそれを望むなら、囮、しっかり頼むわ」


「はい」


 強く頷く。
 母親様の信頼を、こんどこそ裏切らない。

 後は、単純に手順を確認してから動く事となった。
 森を往く母親様の移動所要時間を聞いて、逆算し、それまで待つ事となる。

 動悸を必死に抑える。
 走り出したいのを我慢する。

 策さえなれば、簡単に妹は助けられるのだ。
 焦るな俺、盛るな新兵。

 意識を野営地へと飛ばし、我慢し、母親様達の戦闘準備を待つ。
 森を行く事から重装備から、機動性を優先した格好――具体的には、重い鎧を置いて行くのだ。
 鎧を来て走った程度でダウンする様な人たちじゃないが、出来るだけ急いで森を抜ける為に、置いていくのだ。

 まぁそんな事はどうでも良いのだが。
 俺は、じっと双の剣の柄を握る。





「良い表情をしているじゃないか。よい子を育てたねアデラ」


「あの子はもっと子供の頃からああだったわ。余り育てたって胸を張れないのよね」


「そうかな? しっかりと母親と父親の背を見ていたと思えるよ」


「だと良いんだけどねぇ」


「くっくっくっ。ホント、自信は無いんだな」


「無いわよ。初めての経験なんだもの」


「そうだな――そうだ、初めてだ。良い考えだ」


「ナニよマーリン、1人で笑って」


「いや、だからな、ビクター君だ。私が筆おろしをしても良いなと思ってな」


「なっ」


「さっきは漢を感じさせる良い表情をしていたしね」


「あのねマーリン、あの子はまだ――」


「通っていないのだろ? ナニ、今すぐじゃ無い。只、抱いて、鍛えてやりたいって思ったのさ」


「………はぁ、親子二代ね」


「そうさアデラ。君も、あのハーヴェイも、今でも私の大切で可愛い恋人だよ。そこに1人、加わるだけさ」


「貴女から見たらウチの旦那も子供扱いね。可愛いなんて」


「可愛いさ」


「今でも?」


「今でも」


「あーあ。勝てないわね、ホント」


「愛情に、勝ち負けなんて無いさ」


「経験則?」


「そう。馬鹿馬鹿しいまでに永い時間で得た、大事な真理さ」





 肩が叩かれる。
 どうやら準備が終わったらしい。


「ビクター君」


 マーリンさんだ。
 名を呼ばれて振り返ると、口が塞がれた。
 暖かくて柔らかいものに。
 てゆうか、口腔内にまで柔らかいものががががが。

 唇。
 唇ですか。
 唇ですね。
 てゆうか、唇でしょう、コレは。

 ゑぇぇぇぇぇぇ!? 何事ですかコレは、この事態は!?
 冷静じゃ居られません。
 居たら怖い。
 目の前にはマーリンさんが、目をそっと閉じてる。
 綺麗な顔だ。
 てゆうか、それどころじゃない。
 両肩を掴まれているので、動きようも無い。

 初めてのキスって訳じゃないが、ここまで情熱的なディープは初めてだ。
 畜生。
 気持ちは良い。ぶっちゃけ、天に昇るような気分だが、混乱しかしねぇ。
 てゆうか俺はまだ10歳だぞ。
 なにごとぞ、コレは。

 訳の判らぬままに時間が立ち。
 気が付いたら、キスは終わってた。


「あっ………」


 声が漏れちまった。チョイと名残惜しい。
 てゆうか母親様はナニをシテイル。
 チラ見すれば、笑ってる。
 なんぞ、どこぞの皇家のクソババア風味っぽく見えるのは気のせいですか。
 気のせいでしょうね。
 それよりマーリンさん。
 マーリンさは笑ってる。
 楽しそうに笑ってる。


「吃驚したって顔をしてるね」


「えっ、いやっ、その」


 言葉が出ない俺。
 その口元へ突き出される指1本。
 簡単に封をされる。


「コレは手付けだよ。詳しい話は後でしてあげるから、今はしっかり戦って、生きて帰っておいで。じゃぁね」


 投げキッスを1つ、そして往くマーリンさんと母親様。

 すいません、数を数えられません。
 どうしよう。







前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031315088272095