オリジナルSS投稿掲示板




No.7428の一覧
[0] 汝は悪魔なりや? ―Pandemonium Online―【VRMMO/デスゲーム】[長瀞椛](2009/04/24 21:14)
[1] プロローグ[長瀞椛](2009/03/26 22:25)
[2] 第1話(1)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[3] 第1話(2)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[4] 第1話(3)[長瀞椛](2009/03/16 00:20)
[5] 第1話(4)[長瀞椛](2009/03/16 00:23)
[6] 第2話(1)[長瀞椛](2009/03/16 22:15)
[7] 第2話(2)[長瀞椛](2009/03/18 21:57)
[8] 第2話(3)[長瀞椛](2009/04/07 22:17)
[9] 第2話(4)[長瀞椛](2009/03/26 22:26)
[10] 第2話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[11] 第3話(1)[長瀞椛](2009/03/26 22:23)
[12] 第3話(2)[長瀞椛](2009/03/26 22:24)
[13] 第3話(3)[長瀞椛](2009/03/27 22:43)
[14] 第3話(4)[長瀞椛](2009/03/28 21:24)
[15] 第3話(5)[長瀞椛](2009/03/29 22:51)
[16] 第4話(1)[長瀞椛](2009/03/31 20:33)
[17] 第4話(2)[長瀞椛](2009/03/31 20:31)
[18] 第4話(3)[長瀞椛](2009/04/01 21:14)
[19] 第4話(4)[長瀞椛](2009/04/02 21:53)
[20] 第4話(5)[長瀞椛](2009/04/02 21:54)
[21] 第5話(1)【TS】[長瀞椛](2009/04/03 21:53)
[22] 第5話(2)[長瀞椛](2009/04/04 21:05)
[23] 第5話(3)[長瀞椛](2009/04/05 22:35)
[24] 第5話(4)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[25] 第5話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:14)
[26] 第6話(1)[長瀞椛](2009/04/11 00:16)
[27] 第6話(2)[長瀞椛](2009/04/11 21:26)
[28] 第6話(3)[長瀞椛](2009/04/15 21:12)
[29] 第6話(4)[長瀞椛](2009/04/24 21:11)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[7428] 第1話(3)
Name: 長瀞椛◆02a085b6 ID:15741d4c 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/03/16 00:20
 ソフトを購入した後は、昼食だけは早めに街で済ませて、バスに揺られて帰還する。
 普段だったら、夕方まで遊んでいるところだったが……今日は街で遊ぶよりも、用事を済ませたらさっさと家に帰って、新しく買ったゲームをやりたかった。
「さてと……」
 家に帰った僕は早速、ゲーム機にケーブルを繋げ、接続の状態を確認する。
 数分後、確認画面にリンク良好、速度良好の文字が表示される。これまではリンク良好、まではいくけれど、速度不足と表示が出て、ヴァーチャルリアリティソフトのネット接続は不可能になっていた。
「よしっ」
 回線のほうが準備万端なのに満足げに頷きながら、ソフトを挿入し、接続装置を身につけ……電脳空間へと意識を飛ばした。
『パンデモニウムへようこそ』
 ナビゲーターとなる合成音声が空間全体に広がる。
『最初に、プレイヤーネームを入力してください』
 それと同時に入力用タッチパネルが眼前に広げられる。その後タッチパネルなどの使い方を説明されるが、僕の場合は説明書をバスの中で読んでいたため、基本的な操作方法はちゃんとわかっていた。
「名前か……」
 こういうのはわかりやすく、かつ本名に近いほうがいい。
 そう考えた僕は、本名の“夕樹”を僅かにもじった名前を考えることにした。
 方針が方針だけに、実際思いつくまでは、さほど時間がかからなかったと思う。
「よし……ユーリ、にしよう」
 決まればあとは早い。その名前を入力し、エンターキーを押すとタッチパネルは消えていく。
『外見設定を行ないます。男性と女性、どちらのボディを使用しますか?』
 “Male”と“Female”の文字が、目の前に現れる。
「まあ、男性のほうがいいよなこの場合」
 一人で遊ぶなら兎も角、クラスのみんなと会うことを考えると、女性型ボディを使用する気は起きない。迷わず“Male”の文字を触れ、選択する。
『それでは、諸項目を選択してください』
 合成音声が告げると同時に、素体となるマネキンを思わせる人形モデルと、大量の選択肢ウィンドウが表示される。
「うわ、何か一杯あるな」
 外見の選択項目は、設定できない項目があるのか、と思う程多岐に渡る。
 髪質、髪型。体毛のカラー設定。目の形と色。顔全体の様々な設定。体格、肌の色。初期装備のデザイン、なんてものまである。
 これらの基本的な項目の他にも、アクセサリ的なオプションをつけることができるようになっている。
 それらを一つ一つ選んでいかなければならないのだから大変だ。人によってはこれだけで、丸一日潰しそうだ。
「とりあえず……選んでいくか」
 まず最初に髪は柔らかめの髪質、やや長めの髪型の金髪を選択。
 目の色は緑がかった青色。顔立ちとかは大きく変えると変な気分になりそうなので、できるだけ自分に似せて――他の皆曰く“中性的な顔立ち”にしてみた。
 体格とかも……あんまり違うと動かしにくい、というのは格闘ゲームなんかで既に経験済みだ。これも現実の自分のものに可能な限り合わせたものを選択する。
 初期装備のデザインは完全に趣味、データそのものは変わらないので適当に選択する。オプションの類は別にいらないのでこれは省略。
 こうしてキャラクターが出来上がったところで完了ボタンを押すと、僕の姿が一瞬にして、作ったキャラクターのものに変わる。
 変化した姿を確認していると、ナビゲーションボイスがまたこちらへと語りかけてくる。
『……最後に、初期能力値を決定するための心理テストを行ないます。自分が思う通りならば“Yes”のボタンを、そうでない場合は“No”のボタンを押してください』
 この、初期のステータスを心理テストで決定する、というのは意外だったけど、よくよく考えてみれば普通のゲームよりも操作に癖が出やすいヴァーチャルリアリティゲームに合ったシステムなのかもしれない。
 矢継ぎ早に出される質問に次々と答えていき、20問くらい答えたところで、暫くお待ちください、というメッセージウィンドウが目の前に開く。
 そして1分も待ったかどうか、というところで結果が表示された。
『これがあなたの初期ステータスです』
 表示されたステータスを一通り見終え、確認ボタンを押す。
『キャラクター作成はこれで終了です。お疲れ様でした。それでは、パンデモニウムの世界をお楽しみください!』
 そう言われるや否や、視界が眩い白い光に包まれる。
 そして光が消えた時……僕は、異世界に立っていた。
「凄い……」
 最初に出た感想はそれだけ。それ以上の言葉は、出なかった。
 ライトノベルや漫画の中のようなファンタジーの世界に入り込む、という点については、これまでプレイしていた個人用のRPGと同じだ。
 でもこの世界の中は……その上で、他のプレイヤーが思い思いに動いている。視界にいるだけで数百人、もしかしたら千人くらいいるかもしれない。それだけの人数が闊歩する街は――とても活気に満ち溢れていた。
 目の前に広がる異世界の光景に、思わず呆然と立ち尽くしていた僕だったが。ふと、重要なことに気付く。
「しまった……そういえば待ち合わせとかしていなかった」
 これだけのキャラクターがいる上、他の皆がどんなキャラクターの外見にしたかはさっぱり見当がつかない。かく言う僕も、全く別人の姿になっている。この状況でお互いを見つけ出すのは不可能だろう。
「まあ、明日学校で会うし……その時にキャラクターの名前とか特徴とか教えればいいか」
 そう言って、僕はこの世界を散策してみようと歩き始めた。
 暫く歩いていると、後ろから呼び止められる。
「おい、そこの初心者君。チュートリアルは向こうだぞ?」
 声をかけたのは、気のよさそうな、茶色……少し尖った髪を持つ少年だった。
 服装とかを見ると戦士とか魔法使いというよりも……商人や職人の類のようだ。
「チュートリアルって……えーっと操作確認とかは説明書呼んでますけれど」
「何、真面目に説明書読む派か。でもこのゲームだと転職までは世話してくれるし、チュートリアルクエストはやっておいて損はないぜ」
「そうなんですか……ありがとうございます」
 一礼して、その場から立ち去る。わざわざエモーション動作を入力しなくても細かい仕草までできるというのは便利だな、とかそんなことを思いながら。

 チュートリアルは、基本的な操作方法から始まり、戦闘の仕方、パーティの組み方まで……多岐にわたった。
 時間は瞬く間に過ぎていく。
 実際に体を動かして、仲間たちと一緒にモンスターを狩るのは思ったよりもずっと楽しくて。廃人になるプレイヤーが多い、という話にも納得が行った。僕の場合は学校もあるし父さんの世話もしなきゃいけないしで、そこまでのめり込むつもりは毛頭なかったけれど。
「ふー……さすがに評判になっているだけあるわ」
 狩りにもかなり慣れたところで、パーティを組んだ相手の1人、オールバックの黒い長髪を後ろで結んだシーヴァソンがぽつりと呟く。
「そちらも、別のゲームからの移住ですか?」
 パーティ内の女性プレイヤーの片割れ、紫の髪を腰まで流したの少女……ルティアルが彼の呟きに対して反応する。
「ああ、桜花繚乱からの移住組だ。ゲームとしては面白かったが、管理がクソでな……」
 そういえば、ゲームを買いに行った時に。目を引くところにあった和風のキャラクターが目立つパッケージのタイトルがそんな名前だったような気がする。
「えー……あれ面白そうだなあと思っていたんだけど……管理駄目なんだ?」
 もう一人の女性プレイヤー、橙色のツインテールの髪に猫を思わせる顔立ちの少女、アーフェルシアが話題に割り込んだ。
「ああもう。ひどいね。思い出すだけでも腹が立ってくる」
 シーヴァソンは頷き、まるで以前のゲームの管理会社への怒りをぶつけるかのようにモンスターを一刀両断したかと思うと――恨み言をつらつらと吐き始めた。
「オープン当初はよかったんだが……暫くしてRMTが横行し始め、それをちゃんと取り締まらなかったおかげで物価は崩壊。旧時代のゲームのを改造したお粗末な動きしかできないBOTすら取り締まらないし。もうあそこのゲームだけはやるものかと心に誓った」
「あー……俺も似たような感じだわな。俺がやっていたのはBOTはなかったが、RMTとアイテム課金が酷すぎた。アイテム課金のほうはRMTに金が流れるのを防ぐためにという目的もあったみたいなんだが……アイテムに金払わなきゃほとんどの機能が使えないんじゃ本末転倒にも程があるだろ」
 もう一人の男性プレイヤー、ディヴィバクトが溜息を吐きながら、モンスターを弾き飛ばす。
 こういったゲーム会社の問題は、MMORPGそのものができた頃から綿々と続いているという。技術の革新があったとしても、人間の心は変わらないもの……ということなのだろうか。
「私がやっていたゲームは、管理とかは悪くなかったんですけれど……会社がつぶれちゃいましたから……」
「あ。あたしもあたしも。もしかしたら同じゲームだったかもねー」
 と、女性陣2人。
 MMORPGそのものは沢山出ているけれど、長期間に渡って安定した運営をできるのは一握りだという。そして安定した運営ができる、いわば会社の顔となるゲームが作れなかった場合は、当然会社そのものが潰れてしまうというわけだ。
 この辺りについてはヴァーチャルリアリティ系だけではなく、旧来のMMORPG、いや一般のゲームにも言えることだろう。
「ユーリも、どこかからの移住組?」
「僕はヴァーチャルリアリティのMMORPG自体初めてだよ」
「そうなんだ。操作うまいから初心者には見えなかったな……」
「最近になって興味を持ったとか?」
「いや、前々から興味はあったんだけど、回線の速度が足りなかった」
 しまった、と思ったときは遅かった。
 何か、こちらを見るみんなの目が点になっている。
「……どんなトコだよ、それ」
 手近なモンスターを叩きながらの、ディヴィバクトの呆れ顔での質問に。
 僕も適当なモンスターを殴りながら、見栄を張って嘘を吐いても不自然になるしと、ありのままの真実を答えた。
「……少なくとも、学生のバイトといえば近所の田畑の農作業とか牛の乳搾り、というくらいには田舎です」
「それは……凄まじいな……」
 都会育ちの人間から見れば、いつの時代だよ、みたいな話になるとは自分たちも思う。
 そんな雑談をしながらも、僕たちはチュートリアルのナビゲーターが要求しただけのアイテムを手に入れるために、ひたすらモンスターと戦い続けた。
 やがて、そうこうしているうちにレベルが上がってくると。チュートリアルクエストの最後にあるクエスト……つまりは転職の話になった。
「そういや、お前ら職業はどうする? 何か元々考えてあったりする? 俺は刀が使えるクラスにするけど」
「戦士かな。いろんな武器装備できるほうが面白そうだし」
「私は殴ったりするのは苦手だから、魔法使い系のほうがいいかなあ……」
「あ。あたしは元々、生産系にするつもりー」
 一通り意見が出たところで、視線が僕に集まる。
 僕は少しの間考えて。
「いろいろ武器を使ってみたけれど……弓が一番使いやすいから、アーチャーかな?」
 特にこれがやりたい、というものもなかったので。武器の使いやすさから結論を出した。
 ――後々、この何となく選んだ選択のせいで、ソロ狩りを強いられた時に散々苦労することになる訳だが、当時の僕はそれを知る由はない。
 さておき、その後もクエストは順調に進み。お互い希望した職業に転職するのもすぐだった。
「じゃあ、武器とか防具買いに行こうぜ」
 シーヴァソンがそう言ったのを皮切りに、僕たちはNPC商人が配置されている商店街へと向かった。
 PC商人のほうがいろんなアイテムを売っているのは明白だけど……まだ彼らが売っているアイテムを買うだけのお金はない。
 僕が最初に買ったのは、ショートボウとクロースアーマー、矢筒とそれに入るだけの矢、回復用のポーションと空腹時に食べるパンをいくつか。
 とりあえず当座の、狩りに必要なアイテムだけを買い集めた、という感じだ。必需品はそれほど苦労せずとも買えることはわかっているので、これだけあれば問題はないだろう。
「さてと。このままモンスターを狩りに行くか?」
「こっちは……そろそろ一旦ログアウトかな。ご飯とか食べないと……」
 というか食事の準備をしない父さんに叱られる。
「そうだねー、私もお腹減ったなあ……実際の体を動かしているわけでもないのに」
「じゃあ、とりあえず別れる前にフレンド登録くらいはしておこっか? 登録さえしておけば、メールで連絡取れるようになるし……」
 そんなことを話していた、その時だった。
 ――その“声”が、世界に降り注いだのは。
『たった今、この世界に存在する“意思ある者”が66万6666人となった』
 それは、女性の声。
 しかし、少し前に聞いたサーバーインフォメーションで使われる合成音声とは違っている……成人女性の低い声だった。
 何事か、と戸惑う僕たちを嘲笑うかのように。声は空から降り注いでくる。
『妾はアスタロト。魔界に座す、恐怖を司る女王なり』
 その名は。
 この架空世界における、倒すべき“最後の敵(ラストボス)”のものだった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025102853775024