オリジナルSS投稿掲示板




No.7428の一覧
[0] 汝は悪魔なりや? ―Pandemonium Online―【VRMMO/デスゲーム】[長瀞椛](2009/04/24 21:14)
[1] プロローグ[長瀞椛](2009/03/26 22:25)
[2] 第1話(1)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[3] 第1話(2)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[4] 第1話(3)[長瀞椛](2009/03/16 00:20)
[5] 第1話(4)[長瀞椛](2009/03/16 00:23)
[6] 第2話(1)[長瀞椛](2009/03/16 22:15)
[7] 第2話(2)[長瀞椛](2009/03/18 21:57)
[8] 第2話(3)[長瀞椛](2009/04/07 22:17)
[9] 第2話(4)[長瀞椛](2009/03/26 22:26)
[10] 第2話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[11] 第3話(1)[長瀞椛](2009/03/26 22:23)
[12] 第3話(2)[長瀞椛](2009/03/26 22:24)
[13] 第3話(3)[長瀞椛](2009/03/27 22:43)
[14] 第3話(4)[長瀞椛](2009/03/28 21:24)
[15] 第3話(5)[長瀞椛](2009/03/29 22:51)
[16] 第4話(1)[長瀞椛](2009/03/31 20:33)
[17] 第4話(2)[長瀞椛](2009/03/31 20:31)
[18] 第4話(3)[長瀞椛](2009/04/01 21:14)
[19] 第4話(4)[長瀞椛](2009/04/02 21:53)
[20] 第4話(5)[長瀞椛](2009/04/02 21:54)
[21] 第5話(1)【TS】[長瀞椛](2009/04/03 21:53)
[22] 第5話(2)[長瀞椛](2009/04/04 21:05)
[23] 第5話(3)[長瀞椛](2009/04/05 22:35)
[24] 第5話(4)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[25] 第5話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:14)
[26] 第6話(1)[長瀞椛](2009/04/11 00:16)
[27] 第6話(2)[長瀞椛](2009/04/11 21:26)
[28] 第6話(3)[長瀞椛](2009/04/15 21:12)
[29] 第6話(4)[長瀞椛](2009/04/24 21:11)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[7428] 第5話(4)
Name: 長瀞椛◆02a085b6 ID:86834f11 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/04/07 22:18
 胸糞悪い私刑は、被害者のHPが0になり消え去るのと同時に終了した。
 結局僕は……それが終わるまでずっと、何もしなかった。何もできなかった。
 色々と鬱屈とした感情を抱えつつ、アイテムを見繕う。
 武器防具はあまり気に入ったのがなかったが、折角なので属性付加を始めとした特殊効果つきの矢、その他アイテム類を思いつくだけ購入した。
 いつもはキールに買い物を頼んでいるが、街によっては手に入らないアイテムなんてものも少なくない。そういった部分はどうしても不便になる。
 本当は、こういう機会なんだからプレイヤー商人や生産職からも色々と購入できればいいんだけれど……本職であるキール曰く、取引の際に名前がばれるらしいからその辺りについては諦めるしかない。
「ふう……」
 苛立ちを少しでも和らげるために、噴水広場のNPCによる出店でクレープを買い……その場でベンチに腰掛けて食べ始める。
「ねえ、君。一人かい?」
 まだ半分くらい残っているところで、男の声がかかる。
 そちらの方を見ると、先程助けてくれた男と負けず劣らず軽薄そうな……赤毛の青年がいた。装備を見た限り生産系っぽいけど。
「ええ、まあ」
 別に嘘を吐く理由もなかったので、とりあえずは頷いておこう。
「ということは、ギルドとかは入っていないよね?」
「入ってませんね」
 まあこれについても、嘘を言う必要がないので、肯定しておく。
「じゃあさあ、ウチのギルドに入らない?」
 普通のプレイヤーなら、さぞありがたい申し出だろう。
 しかし僕にとっては……そんな話を持ち出されても、困るだけだ。
「あ、あの……」
「生産系多いからばっちりサポートできるし。まあ俺たちのレベル上げとかにも付き合ってもらうけれど……」
 しどろもどろ、といった感じに演技してみたけれど完全にスルーで言いたいことを言ってくる。
 ……そんなこと言われても、困るんだってば……。
「あの、すみません。ギルドに入るのはちょっと……」
「あー。大丈夫大丈夫。ウチは大手の連中とは違って小さい分アットホームだから!」
 断ろうとしたら、何か盛大に勘違いされたらしい。
「君みたいな可愛い子が一人でいるなんて勿体無いしさぁ。何ならいろいろと教えてあげるよ?」
 男はにやにやと厭らしく笑いながら、僕の隣に座り……腰に手を回してくる。
「っ……! どこ触っているんですか、ハラスメントで訴えますよ!」
「訴えるって、どこにだい? 今の……このゲームの中にはGMはいないよ?」
 この野郎……確信犯か! って、こういうのって、確信犯でいいんだっけ……? って今はそんなの気にしているほど暇じゃない!
「なあ、いいだろ? 一人でいるより、皆でいるほうが安心だしさぁ……」
 あまりにしつこく食い下がってくる男に対し、もともとイライラしていたこともあって、堪忍袋の尾がぷっつりと切れた僕は。
「いい加減にっ……しろッ!」
 衝動的に食べかけのクレープを、その顔面に投げつけた。食べ物アイテムをそのまま投げつけたところでダメージにはならないが、目くらましにはなる。
 彼がそれを引き剥がそうとしている間に、僕はさっさと噴水広場から立ち去る。周囲の目線は痛いけど……まあどうせこの街に長居はできないんだ。よくあるナンパ失敗の光景、で終わるだろう。
 買い物も終わっているし、僕がここに残る理由はない。
 まあ、ただ一つ引っかかることを挙げれば……あんな男を撒くのに、クレープを投げつけたのは勿体無かった気がしたけれど。

 その足で真っ直ぐ、住居エリアへと向かう。
 もうこれ以上人と出くわしてトラブルになったり不快な気分を味わうよりは、宿の中でゆっくり休みたい。そんな気分だった。
「……えーっと、302号室は……ここか」
 宿に入り、前払いで料金を支払うって鍵を貰うと、早速割り当てられた部屋へと足を運んだ。
 選んだのは目立たないようにひっそりと佇む、人が少ない安い宿だったが、それでも部屋の仕切りとベッドがあるというのは大きい。
 むしろ、ちょっとくらい寂れていたほうが、田舎育ちの僕にとっては安心できるかもしれない。
 部屋の鍵を閉めると早速、寝台の上に飛び込んで、久しぶりの柔らかい寝床の感触を確かめる。
「まあ外でも、雨風に晒されるようなことはないから現実での野宿よりはマシだろうけれど……」
 この辺りのゲームならではの仕様は本当に、僕たちにとっては不幸中の幸いという奴だ。辛いものは辛いけれど、天候や風邪とかの体調不良まで再現されていたら、間違いなくここまで生きていられなかっただろう。
 そんな中でも一般のプレイヤーは……当たり前のことだが……僕たちほど必死にはなれないらしく、宿屋を利用したり、不動産屋NPCから借家を購入したりしている。ギルドなんかは規模の大きさに関わらず、殆どが借家を購入するか、ゲーム内の建物を占拠しているらしい。
 余談になるけれど、“粛清”というシステムがあるために全てのプレイヤーは必然的に狩りを強要されるため、金が足りなくなったことで食い詰めて野宿をする羽目になるプレイヤーは殆どいないらしい。
「んー……」
 暫く何も考えずにごろごろとベッドの上で寝転んでみるが、ふと思うところがあって体を起こす。
「……とりあえず、お風呂入っておこうかな」
 僕が取った部屋には浴室とかもついており、シャワーなんかもついている。
 この他に銭湯形式の公衆浴場なんかもあるが、胸の上辺りに宝石が埋め込まれている“魔王”の場合は、そんなもの使う訳にはいかない。
「……プレイヤーが自由に性別選べるゲームで、中身の性別度外視で男湯女湯分けるシステムとか、水着着用がマナーとはいえどうかと思うんだけれどなあ……」
 そんなことをぼやきながら脱衣所で服を脱いで、浴室へと足を踏み入れる。
 内装は外国風にアレンジされているけれど、仕組み自体はシステムバスに近い。壁には使い方がちゃんと書いてある。
「……えーっと、こうかな」
 書いてある通りに、ぱちん、と指を鳴らすと、浴槽に適切な量のお湯が湧き出る。食事といい、何でも瞬時に出てくるのはゲームの中の仮想世界ならではと言えよう。
 まあ元々個人用の風呂なんてのはおまけ程度でつけられたもので、実際に頻繁に使われるとは思われなかった機能なんだろうけれどね。
「シャワーは普通のに近いかな……」
 お湯が出るのを確認し、まずは全身を洗い流しておく。
 そして本格的に体を洗おうとしたところで……目に入ったのは、やっぱりと言うか何というか、胸。
 屋外で水浴びをした時はいろんな意味で余裕がなかったから、こうやってむき出しになったものを見るのは初めてだ。
「……」
 触ってみると……柔らかいが、小さい。
 設定年齢的には現実と同じはずなのだが、同級生の女子たちを基準にすると中学生くらいのサイズしかない。
 興味本位でむにゅむにゅと、痛くない程度に力を加減しながら、優しく揉んでみる。
「んぁっ……!?」
 なんか、変な声が出てきたので中断。
 そりゃあ、恋愛に興味がないとは言え、僕だって生理的には健全な男の子な訳で。女の子のこんな声聞いたら何らかの反応はするはずなんだが。
 ……自分の声だと思うと、なんというか、その、萎えるというか……気分的にげんなりする。
「とりあえずいい加減、体を洗おう。うん」
 一応ざーっとは街に入る前に流してきたとは言えども……まだオークの血がこびりついているような、そんな錯覚は拭えない。
 石鹸を泡立てて、腕から胸、背中と塗りつけていったところで……視線を下腹部へと向ける。
「そういえば……こっちのほうも洗ったほうがいいのかな……」
 流石にどうなんだろう、と思いつつも、石鹸の泡を滑らせると……。
「ひゃあああっ!」
 先程胸を弄っていた時と比べても大きい声が浴室に響き渡る。
 やばい。これはやばい……腰が抜けて立てなくなりそう……。
「女の子の体って……ふぁ……男の体よりずっと過敏らしいけれどっ、これはちょっと……くぅっ……感覚が鋭すぎると言うか……」
 そこまで念入りにすることもないはずなのに、石鹸を塗りたくる手は止まらない。
「僕が、変なのかなっ……触覚、強化スキルは……んっ……ないはずなんだけど……ッ」
 最後に泡を流すために、熱いシャワーを引っ掛けると、またムズ痒い感じが奥から湧き出てくる。
 腰が抜けそうになるのになんとか耐えて洗い流すが、それが終わると耐え切れなくなり、その場にぺたりと座り込んでしまう。
「はあ……何やっているんだろう……」
 全てが終わった後に、襲ってきたのは自己嫌悪。本当に何やっているんだ僕は。
「しっかりしろ、自分」
 ぼーっと靄のかかった頭を何とか戻して、お湯に満たされた浴槽に浸かる。
 いつもは水で体を洗い流しているから、お風呂で温まるというのもすごい久しぶりだ。
 暫くはただお湯の熱に身を任せて何も考えないでいたが、ふとあることが気になった。
「そういや……性別反転した場合の体格って、どうやって算出されるんだろう」
 お湯の中で胸を寄せて上げながら、考える。
 最初から女性型を選んだ場合、胸の大きさやウェストの細さとかも決められるけれど。
 一番最初に考えついたのは、ゲームのリアルの体格とかがスキャンされているはずなのでそれを利用して算出している……といった感じのものだが。
「……細かいことは気にしないほうがいいのかな」
 その場合、自分が貧相な体だと言われているみたいで腹が立つ。
 別に筋肉質な体に憧れているとかそういう訳ではないが、貧相扱いされるのは嫌だ。
 同じようなネタで、男女の象徴的な部分のサイズが反映されているというのも思いついたけど……大却下。
「ほら、他の人のなんて学校の奴らのと父さんのくらいしか見たことないし……。
 その中でも小さい部類だったけど、サンプル数が精々2桁に届く程度じゃ全然少ないから、見たことある相手のが大きかっただけという可能性も十二分に……」
 だから、小さくない。多分、小さくない。よって、この説は成り立たないことはかく示された。Q.E.D.――証明終了。
 解決したところでのんびりと、熱いお湯を楽しむ。実際に風呂に入っているわけじゃないから、茹だる心配もない。長風呂派の僕にはありがたいことだ。
「はぁ、幸せ……」
 デスゲームが始まって以来の、これまでとは別の意味で溜息が出る。
 女の子の体になるという制約があったし、街の中で色々不快な思いはさせられたけれど。食事と風呂だけで、その辺は帳消しにしてお釣りが来る。
 たった一日だけだとはいえ、こんなに満ち足りた気分になれるなんて……余計な相談しないでよかったなあ、と心の底から思った。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026437044143677