オリジナルSS投稿掲示板




No.7428の一覧
[0] 汝は悪魔なりや? ―Pandemonium Online―【VRMMO/デスゲーム】[長瀞椛](2009/04/24 21:14)
[1] プロローグ[長瀞椛](2009/03/26 22:25)
[2] 第1話(1)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[3] 第1話(2)[長瀞椛](2009/03/16 00:21)
[4] 第1話(3)[長瀞椛](2009/03/16 00:20)
[5] 第1話(4)[長瀞椛](2009/03/16 00:23)
[6] 第2話(1)[長瀞椛](2009/03/16 22:15)
[7] 第2話(2)[長瀞椛](2009/03/18 21:57)
[8] 第2話(3)[長瀞椛](2009/04/07 22:17)
[9] 第2話(4)[長瀞椛](2009/03/26 22:26)
[10] 第2話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[11] 第3話(1)[長瀞椛](2009/03/26 22:23)
[12] 第3話(2)[長瀞椛](2009/03/26 22:24)
[13] 第3話(3)[長瀞椛](2009/03/27 22:43)
[14] 第3話(4)[長瀞椛](2009/03/28 21:24)
[15] 第3話(5)[長瀞椛](2009/03/29 22:51)
[16] 第4話(1)[長瀞椛](2009/03/31 20:33)
[17] 第4話(2)[長瀞椛](2009/03/31 20:31)
[18] 第4話(3)[長瀞椛](2009/04/01 21:14)
[19] 第4話(4)[長瀞椛](2009/04/02 21:53)
[20] 第4話(5)[長瀞椛](2009/04/02 21:54)
[21] 第5話(1)【TS】[長瀞椛](2009/04/03 21:53)
[22] 第5話(2)[長瀞椛](2009/04/04 21:05)
[23] 第5話(3)[長瀞椛](2009/04/05 22:35)
[24] 第5話(4)[長瀞椛](2009/04/07 22:18)
[25] 第5話(5)[長瀞椛](2009/04/07 22:14)
[26] 第6話(1)[長瀞椛](2009/04/11 00:16)
[27] 第6話(2)[長瀞椛](2009/04/11 21:26)
[28] 第6話(3)[長瀞椛](2009/04/15 21:12)
[29] 第6話(4)[長瀞椛](2009/04/24 21:11)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[7428] 第4話(2)
Name: 長瀞椛◆02a085b6 ID:86834f11 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/03/31 20:31
 相手に気取られないように、周囲を確認する。
 他に人の気配はない。どうやら彼女は、一人でここに来たようだ。
「……弓手系だからって、甘く見ないで欲しいんだけど」
 無理矢理、不敵な笑みを作ってみせる。
 おそらく彼女は、飛び道具使いなら単独でも勝てる――そう思って、一人で来たのだろう。
 まあ、実際こちらのほうが不利な気はするのだが、せめてハッタリを利かせて相手の不安を煽るくらいのことはしておきたい。
「甘く見ているつもりはないわ。ただ、敗北して死ぬとしても……他のプレイヤーを巻き込みたくはないだけ」
「同じように閉じ込められた人間のことを殺そうとしているくせに、他人を巻き込みたくないとか……大した偽善だね」
 溜め込んだ苛立ちと皮肉をたっぷり込めて挑発して見せるが、彼女は毅然とした態度を崩すことはなかった。
「違う。あたしには、そうしなければいけない責任があるから」
「責任?」
 どこか引っかかった単語を鸚鵡返しにすると……フランスの聖女に由来するであろう名を持つその少女は、剣を構えたまま語り始めた。
「あたしがこのゲームを薦めた……その所為で、きっと、みんな……全員じゃないけど何人もが……このゲームの中に閉じ込められている」
 彼女のその台詞からは、デジャヴじみた何かを感じる。
 そういえば、みなもや、他の皆は無事なのだろうか。それとも、あの最初の“粛清”で殺されてしまったのだろうか。
「だから……」
 彼女の、剣を握る手に力が入るのを見て、ごくりと唾を飲んだ。
 彼女は自分のためだけではなく、他のものを背負っている。少なくともそう自負している。
 この手の――はっきりとした信念を持った相手と本気で殺し合いをするために相対するのは、初めてだった。
 勝てるのか。僕に。
 殺せるのか。僕が。
「だから、“魔王”――あんたを殺すッ!」
 彼女は吼えると同時に僕の顔をキッとより強く睨みつけて……その場で踏み込み、剣を振るう。
 それはただの剣ではなかった。
 スネークソード、蛇腹剣とも呼ばれるそれは……振るわれるのとほぼ同時に、刃が蛇腹状に分割した刃鞭へと姿を変える!
「っ……!?」
 思わぬ間合いからの斬撃を、後ろに跳躍し回避するものの……革鎧を切り裂かれる。
 ――ああ、これはもう使い物にならないな。後でキールに新品、頼まないと。でも、その前に……。
「こいつを倒さないと、か……」
 頭をフル回転させて目の前の窮地を乗り越えるための策を考える。
 相手のリーチは、こちらが予想したものよりもずっと長い。
 しかも、踏み込みからの武器変形のスムーズさを見るに……武器の扱いも、僕に合わせた付け焼刃、という訳ではなさそうだ。
 ――鞭状になった武器は至近距離では取り回しが悪く、剣状に戻すには多少なりともタイムラグが発生するはず。そこを突いて懐にもぐりこむんで、やるしかないか……。
 そうと決まれば僕は、クロスボウを装備し、彼女に向かって駆け出す。
 彼女が振るう蛇腹剣が、顔や首、腕を掠めていくが……純粋な戦士系と比べて攻撃力の劣る聖騎士の攻撃が掠った程度のダメージならどうということはない。後でまとめて回復してもらえば事足りる。
 こちらが狙うのは、いわゆる一つの……肉を切らせて骨を断つ、というやつだ。
 相手の攻撃を掻い潜って、絶対不可避の状況を作り出してからの――急所への、零距離射撃。
 攻撃力がやや低い代わりに高い防御力を誇る彼女を倒すには、急所攻撃が必須なのは明らか。
「……ぐっ!」
 あと一歩というところでざっくりと左肩を深く切り裂かれ、そこから激痛が走き、呻き声が出る。
 しかし、この程度の痛みならまだまだ耐えられる――むしろ、耐えられなければ死んでしまう!
「でも……これで……!」
 彼女が次の一撃を振るう直前、抱きつくように体を掴む。
「――チェックメイトッ!」
 そして、その首筋にクロスボウを押し当てようとした――その時。
「――甘いわね」
 彼女はふっと柔らかく、それでいてどこか不敵に、笑った。
「……え?」
 綺麗な微笑みを間近で見てしまい、戸惑ってしまった僕の両足の間に。
 彼女は一瞬のうちに足を滑り込ませ……そこから思いっきり、いわゆるハイキックの高さまで蹴り上げてくる!
「うわぁっ!?」
 その強烈な蹴り上げは何とか、瞬時に手を離して後ろに下がり、腕で受けて多少吹っ飛ばされた程度で済んだのだが……。
 ――これはまずい。非常にまずい。
 彼女は明らかに、こっち……というかむしろ、男性型ボディの最大の“弱点”を狙ってきている……。
「……っ」
 冷たい汗が背中を伝い、頭から血の気が引いていくのがわかる。
 “アレ”は、本当に――生死に関わる。
 データ的なダメージは小さいだろうが、痛覚に入るフィードバックがヤバい。
 リアルでは、あまりの痛さにショック死するケースすらある急所攻撃。ゲーム内だからリミッターはあるだろうがまともに受けたら……隙ができるとかそういう次元じゃ済まない……!
『……ファーテル! 痛覚遮断魔法を……随時かけてくれ!』
『痛覚遮断!? どうしてそんなものが必要に!?』
 ファーテルが驚くのは、当然のことだった。
 痛覚遮断の補助魔法は、プリーストの中でも高レベルの者だけが使えるスキルだ。これをかけてもらうことで一切の痛覚フィードバックを遮断し、痛みを気にせずに戦闘を行なうことができる。
 ただし、強力な効果とは裏腹に、効果時間はかなり短い。そのため実用性に欠け普通の戦闘で使う機会など、殆どないが……。
『相手が情け容赦なく“急所”を狙ってきた。おそらく女プレイヤー……男だったら血も涙もない人でなし、だ』
 そう、僕だって……人としての心はまだ残っている。だから、男性型ボディのプレイヤーが相手でも、あの場所だけは狙わない。
 あの場所が何かぶつけただけでどれだけ痛いかは、中身が男なら何らかの形で経験し、身をもって知っていることのはず。
 そこに平気で……装甲に包まれた足で全力の蹴りを入れるなど、その苦痛を知らないか、それすら意に介しない非情な人間かの二択だ。
『わかった……』
 神妙な返事が返って来る。直接は関係がない他の皆の間にも、緊張が走っている様子だ。
 平時なら他人にとっては笑い話の一つにもなるだろうが、殺し合いの場において致命的な隙を晒すのだけは避けなければならない。
『無茶言ってごめんね』
 ファーテルに謝りながら、相手との間合いを調整するために後ろへと僅かに下がる。
 それとほぼ同時に……蒼い光が僕を守るように包み込み、あちこちに受けていた攻撃による痛みが消え去っていく。
 だが、受けた傷そのものは消えていない。これはあくまで、痛さを感じないようにしただけなのだから……魔法の効果が切れればまた痛みを感じることだろう。
「なるほど。痛覚遮断……考えたわね」
 ジャンヌは軽く威嚇するかのように、刃鞭をひゅんっと振るい、改めてこちらを睨みつける。
「こっちだって必死なんだ」
 僕も負けじと、彼女の顔を睨む。第一印象から油断ならない相手だとは思っていたが、ここまでとは!
「間抜けな死に様を晒したくはないし……そもそも、君にどんな理由があろうと、僕だって殺されてくれる訳には行かないんでね……!」
 僕は一呼吸して地面を蹴り――立ち幅跳びの要領で跳躍、一瞬にして間合いを詰めて再び掴みかかる……と見せかけ、スピンをかけたローキックを仕掛ける。
 しかし、こちらのフェイントは――完全に、完膚なきまでに読まれていたようだ。
「よっ、と!」
 彼女はそれを後方宙返りをして避け……更にその状態から鋭い蹴りを放ってくる!
「ぐはぁっ!?」
 渾身の蹴りは顎に命中、そこから派手に吹っ飛ばされ、空中へと放り出されながら……僕は彼女に、機械弓の照準を合わせ……引き金を引く。
「こ……のっ!」
 かなり無理な体勢からの射撃だが、相手もここから撃ってくるとは思うまい。
 彼女は軽量級というわけでもなさそうだし、ここからの攻撃回避はまずできないだろう。
 防ぐことはできるだろうけれど、少しでもダメージを与えればそこを糸口にできるはず。
 しかし、矢が僕の思惑通りに彼女の体を抉ることは、なかった。
「な――!?」
 それらは全て……マントによって、叩き落されてしまったのだから。
「……何の対策もしていないと思っていたのかしら?」
 パラディンは、僕の顔を見てにやりと笑う。僕は多分……かなり焦っているように見えるのだろう。
 見たところ、マントは普通のものではなく、特殊効果……飛び道具ダメージの減衰効果か何かがついている。
 実際のところはノーダメージではないとは思うけれど、鎧で身を固めマントで威力を減衰させているとなると……与えるダメージはかなり減っている。
 純粋な戦士系ならまだいいが、相手はパラディンだ。回復量は少なくても、自身に治癒魔法をかけることができるのは大きい。
 ここで急所を狙ってくるのは、相手も予想しているし――当然、対策もしているだろう。その裏をかかなければならない。
「……」
 ちらりと、周辺に視線を向ける。相変わらず、僕たちのほかには何の気配もない。
 この場はさっさと逃げ出すのも手の一つではあるんだろうが、逃げたところで彼女に、掲示板に情報を書き込まれたりすると厄介だ。
 僕個人に対する私怨なら、あくまで自分の手で討ち果たすのが目的、という感じの奴も多いけれど……彼女はそうではない。
 他のプレイヤーたちがこの近辺をうろついていないとも限らない。ただでさえ今日は何度もプレイヤー相手に戦闘していて消耗しているのに、ここで追い討ちをかけられては溜まったものではない。
 故にこの場は、彼女をどうにかして殺害するのが一番賢いやり方……なのだと、自分の中では思っている。
「あなたを倒すために、殆ど全財産叩いて買ったアイテムなのよ、これ」
 そう言ってマントを見せびらかしてくる彼女に、僕は苦笑を浮かべた。
「いいのかな、敵に最大の手の内を見せちゃって」
「いいのよ。だってあなたは、手も足も出ないでしょう?」
 たしかにこのままだと、手も足も出ない。それは彼女の言う通り、紛れもない事実だ。
 でも、こちらの攻撃に対する対策があのマントである以上、あれを、あれさえどうにかできれば……勝ち目は充分にあるはず。
 それならば――と僕はある人物の名を、心の中で力いっぱい呼んだ。
『メルキセデク!』
『な、何ですか!?』
 その人物はおそらく、戦闘状態に入っているこちらに呼ばれるとは思わなかったのだろう。
 突然名前を呼ばれて、慌てている様子が、声だけでも伝わってくる。
『今、アイテムデータの検索とかはできる!?』
 “Rahab”のスキルツリーにはアイテムやモンスター、プレイヤーのデータすら含まれるデータベースを閲覧・検索するというスキルが存在する。
『ええっと、今は休憩中だからできますけれど……』
『外套系装備から、弓矢による攻撃のダメージを軽減するアイテムの検索を――あんまり余裕がない、急いでくれ!』
 おそらく、その一言でメルキセデクにも大体の事情がわかったのだろう。即座に返事が返って来る。
『わかりました!』
 メルキセデクの返事が聞こえたところで、再びジャンヌの蛇剣が唸る。
「おおっと!?」
 それはかわすが、こちらの回避モーションの間に彼女は高く跳躍し、飛び膝蹴りで襲い掛かってくる。
 それは回避しきれず、マトモに喰らって吹っ飛ばされ――落下地点に鞭剣の更なる追撃。急所に当たることだけは避けたが、横腹を切りつけられた。
「はあ、はあ……」
 痛覚は遮断されているから痛くはないとはいえ、HPはじわじわと削られ、減り続けている。
『ファーテル、HP回復を頼む!』
 回復を依頼しつつ、時間を稼ぐために動き回る。
 相手がそれを疑問に思っている様子はない。ただの悪あがきと見ているようだ。
 ――そのことに感謝するには、彼女の攻撃は的確かつ容赦がなさすぎたけれど。
「この……っ!」
 少しずつとはいえ、彼女の性格の悪さをにじませた攻撃に追い詰められ――HPよりもメンタルがかなり磨り減ってきた、そんな時だった。
『検索結果、出ました』
 ――メルキセデクの声が脳裏に響いたのは。
『アイテム名、矢返しのマント。弓矢及び投擲武器による射撃攻撃のダメージを半分に減少させる効果。レアアイテムですが……火属性攻撃に弱く、破壊が可能です』
 それを聞いて僕は即座に、武器をロングボウに切り替えた。
「……それなら、何とかできる、かな……」
 彼女に聞こえないように小さく呟きながらも……挑発的に、口元を吊り上げて見せる。
 取り回しの悪い武器への装備変更。一見すれば、あまりいい判断には見えない。彼女の目には、諦めて勝負を捨てたように映るだろう。
 でも僕は、勝負を……命を捨てようというわけではないわけではない。むしろ、その逆だと断言する。
 ――この女聖騎士に勝って、生き残るために。僕は敢えて、ロングボウという武器を選んだのだ。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024639129638672