オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] 祭り×出会い 前編
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する
Date: 2009/02/15 03:53



レイチェル視点

親はファミルス魔術師団の中でそこそこ偉いエルフのお父さん。人間の中では魔力の高いお母さん。
その二人から魔力の扱い方を教えてもらい、サラブレッドとして育てられた。
私には両親から受け継いだ魔力量という才能がある。
能力を磨く事は両親への感謝の証し。自分の力が評価される事は両親への評価に繋がる。
私は幼い心ながらその事を理解していた。


研究者の両親を持つお隣のカトリーナとは、物心付く前から一緒に遊んでいた。

快活に飛び回る私を、注意しながらも付いてきてくれる。
私を観察しながら、危険から守ってくれる。
お姉さんと言っても良いかもしれない。

カトリーナの近くで遊べば安全。
両親も、いつしかそういう認識を持つようになった。
いつまでもこのような関係で居たいと、私は切に願っていた。


カトリーナは、一見大人しい性格をしているが、その心の中は自己顕示欲の塊。
己の知的探究心と、欲しい物を手に入れたいと願う我欲が人一倍ある。
学園に入る時だってそうだった、
人より優れている事を確認したかったのだろう。
カトリーナに誘われた私も同じく、自分の能力を認めてもらいたくて学園の入学を決めた。

設立してそんなに経っていないせいか、様々な年代の生徒が通う城下町の庶民向け学園での生活は、とてもつまらない物だった。
数段下の能力、まったく無い才能。対等に付き会う事の出来ない苛立ち。
それでも腐らずいられたのは、カトリーナが側にいてくれたからだ。


何事も無く、友達も作らず、そのまま二人で卒業した私達は、乙女組に入る事になった。
女性の社会進出の先駆けとして組織され、ファミルスの最高研究機関として名高く、魔術研究と魔術戦闘が一つの管轄にあるのが乙女組しかなかったという理由がある。



乙女組は、常に戦闘を意識されている。
私は城のメイドをやる傍ら、魔術戦闘を磨く。

当然組織戦も考慮されている。
直接戦闘の苦手なカトリーナは戦術論や後方指揮の勉強を重点的にしていた。

「どちらか一人、チヒロ王女の専属メイドになって欲しいのだけど」

乙女組の最高責任者、アビー様。
彼女に呼び出されたカトリーナは、最高責任者であるアビー様に向かっても、一歩も引かずにこう答えた。
「レイちゃんとで無ければお受けできません」と。

チヒロ王女の専属となる為には、専門的知識の優れた研究者が望ましい。
年も近いカトリーナが呼ばれたのは必然。戦闘技術が優れているレイチェルが呼ばれるのも必然。

「レイちゃんは家庭的な所があるからぁ、メイドの仕事も出来るでしょ。それにこれからいつでも一緒よ」
「タイチ様からは専属メイドとだけ言われ、人数の事は言わなかったので、二人で1人前と判断します。付いていらっしゃい」

レイチェルとカトリーナは、アビー様に連れられ、王の執務室を訪れた。

「乙女組魔術研究部より引き抜いてきたレイチェルとカトリーナです」
「よ、よろしくおにぇがいします!」
「よろしくおねがいしますぅ」

私は緊張してガチガチになっていたが、カトリーナはいつもの調子で挨拶をする。
何か気に食わない事があったのか、タイチ王はこちらを睨みつけ、
「二人とも。一つ確認して起きたい事がある」と、静かに口を開いた。



「二度と家族に会わない覚悟はあるか」


今まで感じたことの無い王からのプレッシャー。
じっとこちらを見つめている眼差しに、私達の覚悟を探られる。

「だいじょぶよー。レイちゃんと一緒だものー」
「カトリーナ!?……はい、私もカトリーナと一緒ならば大丈夫です」

カトリーナは、若干顔色を悪くしたものの、ペースを崩す事無く答えた。
私も、今まで一緒に居続けたカトリーナとなら、共に行ける。その正直な気持ちを伝えると、納得顔でチヒロ王女を呼んだ。合格をいただけたようだ。


「私と共に外に出ないとまともに街を歩けなくなるわよ。それでも良いなら。明日来なさい」

常時掛けられていたチヒロ王女のプレッシャーに、お互い声も出ない位疲弊しながら帰りの道を歩いていた二人。

「チヒロ王女の専属メイドのテストは受かったようだけど、カトリーナはどうする?」
「ようやく手に入れたチャンスですもの、ここで下りるわけには行かないわぁ」
「……カトリーナは、一番になりたいのね。その為に一番効率の良い方法を取ってきた。
今もそう……私は最初からカトリーナに操られているだけ…」
「利用していたのは否定し無いわぁ、でも、私にはレイちゃんが必要なのよぉ」

自分に出来ない事には近づかない。無理な事ははっきりという。

自分のしたい事の為に全てを利用し、そして興味のあるもの全てを手に入れたい。

長い付き合いの中で、その事に気づいたのはつい最近。

分かったとしても離れられない。
それはカトリーナに依存させられているということ。
一人になる機会が多くなったから考えられる。彼女を第三者視点で見れる。
ふつふつと沸き立つ反抗心。心の奥に絡み付く嫉妬心。ぽっかり空いた空虚感。
全てが襲い掛かってくる。

現在、馬車の中でタイチ王を誘惑しているのも、彼女の持っている我欲の一つ。
カトリーナの欲しい物の中に入った事を評価するべきか、哀れむべきか。

私はふらふらと迷走する。まるでリードから開放された飼い犬の様に。








森を抜け、南へ5日間行くだけで、次の国へと入る事が出来る。
直線距離で行けば、小国の領土なんてそんなものだ。

結構長い間旅をしてきたはずなのに、未だに話題が途切れない。
女性の姦しさに、呆れと驚愕の気持ちが沸くが、気にしても不毛なので考えるのを放棄している。


国境を超え、更に数日。
途中から商人達をちらほら見ることが出来るようになってくる。

合流した商人達と共に火を囲み、小隊といえるような状態になって二日。
ようやく目的地であるネオポリス国の城下町へ出る事が出来た。

街に入ると商人や農民と思わしき人々で賑わっており、いたる所で笑顔が溢れかえっていた。
街の入り口には横断幕が垂れ下がっており、街を上げて祝っている様子が伺える。
横断幕に書かれている内容によると、現在この国では、収穫祭が開かれているらしい。

ファミルス国から遠いせいか、気候の変化は若干早い。
雨季や乾季の時期に入る前に収穫し、終わった時に植え直すという二毛作の方式を取っているおかげで、年二回の収穫際が行なわれるようだ。
ダム建設前のファミルス王国でも同じようなものだったから、このあたりの地域独特の風習なのだろう。

もうすぐこのあたりは雨季に入る。
雨季に入ると川が氾濫し、農作物の育ちが悪くなり、湿度が高くなる。

現在運んでいる反物は、吸湿性・通気性に優れている一方、害虫やカビがつきやすいという面も持っているので、これからの時期は最悪といえる。
カビはシミや変色の原因になるし、害虫は虫食いの原因となる。
今まで紫外線に当たらないように木箱に入れて来たが、そろそろ売った方がいいだろう。

「ちょうど祭りのようだし、人が多くいれば反物も高く売れるだろう。雨季の時期が来る前に売るのが上策だと思うが?」
「そうですね。頻繁に手入れが出来る環境じゃありませんし、カビてしまう前に売ってしまった方がいいですね」

ステフも俺の意見に同意し、この街で売る事が決定した。
ちなみに後ろからついて来ているクレアの馬車に詰まれているのは、少量の加工済み魔石と、紙と糸玉を乗せている。どれもこのあたりでは高級品に分類されている品物だ。

クレアもこの街の祭りの事を既に情報として聞いている。
彼女の瞳は野獣の様に鋭い。
商人のオーラと言うものが見えるならば、天まで立ち上りそうな気概が見てとれる。
このチャンスを逃さないとばかりの張り切りようだ。
金を稼ぐのが好き、というよりも、金を稼ぐ過程が好きなのだろう。
祭りというチャンスの塊に、まだ見ぬ儲け話で胸が弾んでいる様子が感じられる。

タイチ達も、クレアほどでは無いが、祭りという単語に心が躍るのも確か。
それぞれの想いを乗せた馬車は、滞在拠点である宿屋へと向かって進路を取る事になった。



宿屋の主人の言葉によると、昨日始まった祭りは、三日間も続く大きいもので、農民や牧羊者などが肉や毛皮、農作物を売りに来て、そして日用品や鉄工物、衣服などを買って帰るそうだ。

その影響で、この時期の農夫や牧羊者は皆金を持っていて、落とす金額も多い。

これはどこの祭りでも一緒だ。祭りという不思議な非日常空間では、普段の価値観が崩壊し、祭りという価値観が産まれる。
その様子は、街の中に出て見れば分かる。まるで夢の中に迷いこんだ様に幸福感に包まれ、見知らぬ人と肩を組みあって酒を酌み交している。
楽しんでいる人々の中での立場は平等。そこでは皆等しく祭りの参加者という立場に立っている。


参加者とは違った楽しみ方をするのは、祭りを運営するこの国の貴族達と、この機会に儲けようとするギラ付いた瞳の商人達だ。

貴族側は、城下町に入る人頭税の徴収に余念が無く、騎士を派遣して治安を維持している。
祭りの中ではハメを外しすぎて犯罪行為も多くなるためだ。
大通りを歩いていても、その姿をちらほら見ることが出来る。

商人達は言わずもがな、出店や屋台と思わしき露天が立ち並び、客引きの大きな声があたりに響いている。

祭りの中央にある広場には大きな会場があり、その壇上でオークションやパフォーマンスなどが開かれ、外から持ちこまれた珍しい物や、普段は手に入りにくい高価なものが売り出されている。

今の目玉は火属性の付与された2センチ級魔石で、金貨1枚で落札されている。
普段の相場からすると赤字だが、名前を売っているという意味では成功していると言える。
宣伝も含めているのだろう。

俺はチヒロと二人で、油で揚げた鶏肉。簡単に言うとフライドチキンを頬張りながら、出店の立ち並ぶ一角を手を繋いで歩いていた。
あたりは香ばしい匂いで包まれ、香具師も嬉しい悲鳴を上げている。
今日は俺とチヒロ組。レイチェルとカトリーナ組。ステフは反物を売りに出ている。クレアも商売の匂いを辿ってどこかへと消えて行った。

両手に抱えきれ無いほどの食料を持った二人は、少し人ごみから抜けようと、人通りの少ない所へと入っていく。そこは、商館が立ち並ぶ一角。街の大通りは騒がしさでいっぱいになるが、この一角はいつも通りのようだ。
祭りの間は農民や外来商人を相手にするので、地元の商人達同士の取引は一時的に置いておく。
馬車や商人達が行き交う中、大通りの雑踏を背景音楽として楽しみながら、硬く冷たい舗装された地べたに座って食べ始める。
傍から見たら、とても王族とは思わないだろう。

「やっぱり揚げたてのパンはうまいな!」
「いやいや、このジャガバタも最高だね!」

祭りの雰囲気に当てられて、テンションは最高潮。
二人は買った物を分け合って食べ、祭りの興奮そのままに楽しげに盛り上がっていた。

「あれ、お二人ともこちらにいらしたのですか?」

ステフが馬車に乗って現れ、二人に話しかける。
馬車の中身を半分も占領していた反物は、綺麗さっぱり処理されたようだ。
いつまでも地べたに座らせておくのはステフには許せない事だったらしく、中に入る様に則される。

長い間連れ添っていたので、情が移ったのだろうか。
在ればあったで邪魔だけど、いきなり無くなるのも寂しいものだ。
中に座りながら、小さな空虚感に襲われる二人だった。


俺達は興奮状態を維持しながら、ステフへ向かってジェスチャーを交えながら祭りの様子を表現している。
ステフも祭りに興味が沸いたのか、それともタイチと共に祭りに行きたいのかは分からないが、その様子に深い関心を示す。
反物を売りさばいたので、後は祭りを楽しむだけだ。







遠くから聞こえる楽しげな祭りの雑踏の音色。
その幻想は、近くの商店から発する現実の大声量によって突然上書きされた。

「値段以上の価値は保障すると言っているだろうが!」
「鉄工技術はこのあたりでは値段が下がっているのでその値段では買えません」

音の元凶に好奇心が刺激され、馬車を降りてあたりに耳を澄ませる。
視線を声に向けると、どうやら店主と背の低い商人が喧嘩しているようだ。
商人が持ってきた馬車の中には、堆く積まれた鍋や包丁などの日用製品。騎士用の剣や鎧も少量積まれているが、これはこの商店で売る物では無い様だ。

「あの人はドワーフさんですね」
「俺は始めて見るな、それにしても背が低い。140センチあるか無いかじゃないか?」
「それくらいの身長が、成人ドワーフ族の平均ですよ」

ドワーフと店主の交渉は、店主の扉を豪快に閉める音で決裂した。
警戒心が強いのか、あたりにキョロキョロと視線を向ける。

「何見てんだよ。見世物じゃ無いんだぞ!」

睨み付けてくる鋭い視線。
見た目は小さいおっさんで、目付きの鋭さと口調のせいか、柄が悪く感じる。まるでどこぞの自営業のようだ。
ドワーフが珍しくて見てました。とはさすがに言えず、荷台に積んである荷物の事に話題を逸らす。


「……素人目で見ても普通の包丁とは違うな」
「当たり前だ。技術力ではどこに出しても申し分無い物を取り揃えている」

「ちなみにこれ一ついくらで売ろうと思ってたんだ?」
「1つ平均銀貨10枚。9本セットで金貨3枚だ」
「……ステフ、一般庶民ではどれくらいだ?」

俺の質問に答えようと、ステフは計算する時の仕草、腕を組んで、あごに右手を乗せて首をひねる。
しばらく待って、ようやく計算し終えたのか、にこやかに頷き、答えが帰ってきた。

「銀貨10枚で家庭で使う包丁や陶器、鍋などの一式揃えてもおつりが来るかと」
「それだけの価値は十分にある。その値段で売れないと国に持って帰る食料分が確保できないんだ」

ここら辺の国では、帝国との貿易が停止した事による鉄工技術製品の高騰。代用品として、現在魔術が注目を浴びている。
鉄工技術と入れ替わりに魔術技術が安価に大量に流入したからだ。

その代用品の一例として、水で刃を再現するウォーターカッターもどきが存在する。
手入れが不要。刃こぼれ無し。多少魔力が扱えれば刃の形状を自由に変えれる。衛生的。半永久的に使えるなどの利点がある。
1センチ未満の小魔石でも製作する事ができ、安くなったとはいえ、未だ金貨2枚程度と通常の包丁より割高だが、その価値は十分にあるといえよう。
高級嗜好の庶民層や、食堂の料理人などに愛用されている。

この国からすぐ南にはドワーフの国であるドラミング連合があり、鉄鉱山が存在するが、売りに来る商人の絶対数が少ないので、必然的に割高になる。
庶民用の安い物なら未だに売れるのだが、高級品となると魔術技術製品の方を買った方が品質がいいので、客を根こそぎ盗られた形だ。

「いままで少量高級主義を取ってきたが、魔術技術が台頭してきたせいで、こっちの懐はお寒いばかりだ」

「商売の世界では弱肉強食が成り立っている。これも時代の流れと言えるのでは無いか?」

「それは分かってるが、やるせないぜ……」






「お兄ちゃん。そろそろ戻るわよ」

後ろで見ていて、話が終わったと判断したチヒロは、馬車から身を乗り出して宿に戻る事を則す。
祭りに行くにも、まずこの馬車を宿に停めてからでないと、身動きがとれないためだ。
今までの一連の流れは、チヒロにとってどうでもいい事の部類に入る。
商用道路の中央で停車して、周りに迷惑をかけている事は、このメンバーの誰もが微塵も気にしていない。

「それじゃあ、俺達は宿に戻らなくてはならないので……おい?」
「……美しい…お嬢さん。お名前を聞いてよろしいでしょうか?」
「……はぁ!? ……チヒロだけど」
「私はマーフリン。よろしければこれから一緒に祭りでも回りませんか」

驚いたのはチヒロ。
美辞麗句を並び立てられるのは慣れているが、何の脈略も無く言われた事で動揺した様だ。

一方、ドワーフの方は、既にタイチやステフの事など思考の彼方に追いやり、チヒロに向かって求愛している。
アニメ風に表現するのであれば、胸に矢が刺さり、目がハートマークになっている。
完全にさっきまでの威厳とその他もろもろの評価は胡散し、ギャグキャラと化している。

「お断りよ。私はお兄ちゃんと一緒に祭りに行くんだから」
「お兄様。ぜひ御一緒させていただけ無いでしょうか」
「だが断る!」

この状態のドワーフに、どことなく弟の薫りを感じる。なるべく関わりたく無い。
旅は面白くなるかもしれないが、それと同時に厄介ごとに巻きこまれて苦労しそうな映像が瞬時に浮かんだ。

「厳しいお言葉。やはり妹が嫁ぐとなると複雑な心境ですよね!」
「いつ私があんたの嫁に決定してるのよ!妄想もいい加減にしろー!」

「……ここ久しく無かったギャグの気配がする。なんか一気に疲れた。ステフ、あの二人を無視して出発してくれ」
「はい、わかりました。でも宿まで付いてきそうな予感が……」
「俺の予測だと後3分くらいでブチ切れ雷撃魔術が放たれるな。それで気絶して終わりだ」
「なるほど、さすがチヒロさんの事を良く分かってますね」
「伊達に生まれた時から一緒に居ないからな」

「うっさい、黙れ!ショックプラズマ!」
「ぐふぅ、…さすが俺の嫁。とても刺激的だぜ……ガクッ」

なんかやばいストーカーに付け狙われる事になりました。


_______________________________


ドワーフの名前はリネ2からパクりました
国の名前もMMOからパクってます。
一発ネタなんてそんな扱いですよね。

ドワーフとの出会いに理由を付けるのに思いのほか手間取りました。
この物語に偶然は多分ありません。
偶然は最初に呼ばれたご都合主義だけです。

いつか書きたい……既に構想は出来ているタカの過去編。
どのタイミングで出せばいいやら……。


携帯から自分の小説を最初から改めて視直してみる。
勢いだけで書いている事が丸出しな文に、凄く恥ずかしく感じられました。
これは自分の文章力が上がっている事を驚いたらいいんですか?
今もダメだと言う自覚がありますけど。

全面改訂検討してみます。
とりあえず完結が第一目標。

フラグの強調とか、文章の統一性とか、説明描写を止めて情景描写にするとか。
いずれ色々やりそうです。

次の話はこの話のメイン。レイチェル・カトリーナ視点です。



前を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025355100631714