オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] テンペスタを巡る攻防 前編
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/02/03 04:44
ファミルス王国にはタカ・フェルト魔術衆と言う組織が存在する。
彼ら、彼女らはタカによって師事を受ける資格を得た精鋭で、その総数は14名。魔術の腕では他に並ぶ組織がいないとされるほどの集団である。
その組織に昔ステフも所属する資格を試されたが、選考に落ちて現在のメイドの地位についている。それが幸か不幸かはわからない。
奴隷商から買ってくる事もあれば、道でスカウトしたり、貴族から譲り受ける事もある。さまざまな手段で集められ、そして教えを授ける。
彼らのタカへの「仕事中での」忠義は揺るぎ無いもので、常に尊敬のまなざしを崩さない。そしてその能力を疑う余地は無い。
その精鋭達は、幼少の頃より魔力値が高く、そして弛まぬ研磨によって培われた能力がある事実は変わらないのだから。

魔術衆は有事の際、タカが直接命令を出す事の出来る唯一の直属部隊で、タカ・フェルトの切り札でもある。
全員が上級の区分に位置しているその集団を連れて、タカ・フェルトはアルフレイド帝国戦線中央であるテンペスタの国へと進軍していた。

ファミルス軍は、その総数16万の対軍を、3つに分け、自陣に兵糧運び。有事の際の援軍。もしどこか1国が落とされてそのまま2つの国に見向きもしないで一直線にファミルス国土に進軍してくる事を考慮しての守りとしての常駐軍。ファミルスに協力してくれている国の警備などに分かれている。つまり居残り組だ。
その総数は5万。敵軍の全軍一点突破の策は物資の観点からあり得ないが、もしそうなっても本国からの援軍と2つの拠点からの援軍が間に合うギリギリの数だ。

山側に位置するウルヴァトン国には5万の兵を集めている。
魔石鉱山に比較的近いので、進軍しているのはチヒロが作って銃を標準装備した銃兵部隊がその割合を占めている。
漂っている魔力が高く、動力である魔石が回復しやすいからと言う理由だ。
この部隊は前衛で守る必要が無いので、アーロンは士気をとるのを他の人員に任せる事が可能になっている。
銃を撃ち終わったら近接に取り替えて戦う部隊だ。遠距離攻撃の出来る近接がいるので攻撃力が上がっている事は大きい。

そしてタカのいるアーロン率いるテンペスタ攻略軍の総数は6万である。
歩兵と騎兵4万で、銃を持っている歩兵が1万。後方用の非戦闘員5千。少数精鋭を含めた魔術師達が1.5万、と言う布陣になっている。
堅実なアーロンの平均策で。このどちらか一方を落とそう、願うならばどちらも落とそうと考えた案である。
ファミルス側が考えた今回の戦術はファミルス独自のものだ。
いわゆる魔術部隊に頼る戦い方で、前衛で敵の進軍を抑え、魔術の詠唱途中の妨害を封じて、大火力で一気になぎ払うと言うものだ。
これは帝国と比べて勝っている所が、進軍速度と魔術的攻撃の2種類しかないからで、この戦術はむしろ必然である、
よってこの戦術は、近づかれたら負け。遠くから一方的に殲滅して勝利と言う単純なものだ。



見晴らしのいいなだらかな上り坂を進むファミルスの騎士達。既にファミルスに協力している街から出て数十日になる。途中いくつか村を経由しているが、何も問題は無く、平和な行軍と言えるだろう。現在、周りは畑が視界の大半を占めるが、栽培されている作物は無く、人もいないようだ。戦闘区域になると睨んでの事だろう。

先行させていた騎馬偵察部隊からの情報によると、アルフレイド帝国の軍隊を昨日発見し、こちらが見晴らしの良い高台に陣取ろうとしている事を予想して先回りすようとしているとの情報を得た。
ファミルス側には戦闘経験があまり無いので確実な命中率を叩きだすには視認する必要がある。
よって今回の場合、高台に上って見える範囲まで行かなければならない。

その時少し小競り合いをしたようだが、何人かは帰ってこれなかったようだ。
国の中央都市へはまだ入っていない様子で、こちらもまだ都市に入るまで少し掛かる。
おそらく、入る前に襲われるだろう。それは向こうにも言える事なので、街の主導権を握るには、この戦に勝たなければいけないようだ。

全軍は慎重に、かつ整然と進軍していると、先行していた騎馬の物見から報告が上がった。

「帝国の飛竜だ!」

大声を張り上げながら全員に伝わるように報告する騎士。アーロンは戦闘の準備をさせる為に声を張り上げる。

「もう少しだというのに…各員戦闘準備!」
敵を大勢殲滅するのに適した場所か、この場に留まって長く詠唱出来る時間か。
今回の場合は場所を選択したアーロン。

アーロンの指示で戦闘形態に入る騎士達、この世界の軍人は鎧を着ないで馬車で運ばせ、戦闘が始まる時になると着る。
全員何事も無く装着し、そしてアーロンの指示を待つ為に辺りは静寂に包まれる。
「皆のもの、あの高台を先に取るぞ!我に続け!」
『ウォー』
アーロンの開始宣言に手持ちの武器を掲げる事で答える騎士達。
アーロンを先頭にして歩兵と騎馬の部隊は駆け出し、少し高台になった丘を超える。
そこでアーロンが見たものは、当初の予定を超える数の軍勢だった。
アレフレイド帝国軍は視界を埋め尽くすほどの大軍勢、その上を飛び回るのは帝国の主力である飛竜。
見た目からでもこちらより数が多く見える。
否、実際数が多いのだろう、アルフレイド帝国はテンペスタ方面に相当数送り込んできているようだ。
騎馬隊では、どこにいるかは掴めても、正確な人数までは分からない。こちらより多いとの情報は出ていたが、言葉だけでは伝わらないものもある。
重歩兵と竜騎士隊は、既にこちらを捕らえており、高台に向かって進軍中だ。
その圧倒的威圧感に寒気を覚えるが、そうも言っていられない。

こちらの兵力と比較して大体の試算を脳内で計算するアーロン。
おおよそ8万の軍勢、その比率は竜騎士1万と重歩兵6.5万。後は非戦闘である後方用の軽歩兵5千といった所か。
アーロンは内心で予想していたよりも速い進軍速度に苦虫を噛み潰したような渋面を浮かべるが、今更後悔しても遅い。
本来ではもう少し速く到着して圧倒的遠距離から全殲滅を狙っていたのだから。
だが、それでも今ある戦力で落ち着いて対応しなければいけない。
指揮官が慌てるなどと言う事はあってはならないのだから。

「歩兵部隊は魔術師の援護を、騎馬隊はまだ待機だ」

アーロンは、高台を陣地にして迎え撃つ方針をとる。当初の予定通りだ。騎士達はそれに従い、簡易型の柵を建て始める。
魔術師達は急いで簡易型使い捨て魔法陣を書き始めるが、時間がもう差し迫っているため、大魔術行使の魔法陣を書くまでには至らない。
危機を犯して大魔術用魔法陣を書いても、その時既に敵味方入り乱れてたら意味が無いからだ。
もし書いたとしても連発できるほど必要魔力値は低くない。
今書いているのは周りに漂っている魔力を魔法陣の下に呼び寄せる効果のある魔法陣だ。
魔法陣に集め、そしてその魔力を借りて大砲の役割を果たす。今回の戦術の合わせた選択である。準備する時間の短縮をはかったが、それでも皆平均して15分くらい掛かってしまう。
しかし簡単に出来る変わりに1回しか使えない。その理由は周りにある魔力を吸い取ってしまうので、少し移動をしなければ行けないからだ。
相手も陣形を取ってくるだろうが、その陣形の人数大体平均して1回の魔術行使で前列8人は確実にやれる貫通力は持っている。相手が固まって攻めてくる以上、竜騎士を抑えれば勝てない戦いではない。

敵の歩兵部隊は既に高台に迫っている。先頭同士がぶつかるまで、後三十分と言った所か。
先行している竜は、すぐに到着しそうだ。これは魔術銃と精鋭で抑えるしかない。

帝国は隊列を組んでいて、魔術対策に奥の方に深い陣形を取っている。
しかし、目算重歩兵の数6.5万、そのそれぞれをカバーするには広く分布するしかない。
5千人単位の連帯を組んでいたとして、前列100人ずつと計算して奥行きの兵士50人。爆裂系も使用する事を考慮すれば半分は行けそうな数値だ。


歩兵部隊に先攻しながら現れたのは竜騎士部隊。彼らも安易に大砲を放たれるわけには行かないから必死だ、
「俺の魔術部隊は竜部隊を叩くぞ。絶対に上空をとらせるな」
その竜騎士部隊を止める役割を果たすのはタカ率いる魔術衆のメンバーで、これはあらかじめ決まっていた事だ。
前哨戦である魔術師対竜騎士の戦いは、両軍の兵士が見守る中で激しく激突した。


「火属性の銃で援護しろ。魔術隊は魔法陣の完成を急げ」
竜種は魔術ダメージの軽減が出来る事は有名な話だが、乗っている竜騎士はそうではない。
よってアーロンは操縦している竜騎士の方を狙うことを選択したのだ。




「各地に散れ。騎士本体を落とせば竜は止まる」
タカは簡単に指示を出して魔術衆を左右に散らせ、中央に居座っている。やる気が無さそうにゆっくりと上空を見上げる。

「空中戦は苦手なんだがな…」
何かいい訳を呟いているようだが、それを聞いているほど余裕のある人材は近くにはいない。
タカは目を閉じて神経を集中し、ゆっくりと地上から別れを告げる。
「戦闘をしながらの空中浮遊継続は5分か、なんとかなるかな?」
口調は不安げだが、表情は見るものを恐怖に陥れるようなどす黒い笑顔でにやけている。この程度の事、大した事ないと言わんばかりに。
竜騎士たちは隊列を組んでいる。その動きは見事な統率だ。空中で漂うタカの目の前に迫る竜の軍勢、その数は五十体。何回か旋回しながらブレス攻撃を仕掛けるが、障壁によって遮られる。このままでは埒が空かないと判断したのか、大軍は一斉にタカ・フェルトに殺到する。やがてその影と影がちょうど接触すると思った刹那。上空に急上昇。そのまま風の魔術で騎士を一刀両断したかと思うと、そのまま竜を奪い魔術をかける。
「テンプテーション!」
そのまま竜の思考を乗っ取って左手で手綱を握るタカ・フェルト。それと同時に竜の体に凝縮されている魔力を吸収し始める。
竜を取られた事に動揺したのか、隊列は一時的に乱れ、そしてやがて取り囲むように布陣して一斉に攻撃しようとする。


だがその時はもう既に遅かった。


左手で吸収した魔力を自分の魔力にすばやく変換してそのままの勢いで周りを巻き込む炸裂系魔術を詠唱する。
「完全なる高貴な閃光よ、全てを吹き飛ばせ。ボム・カスタトロフィー!」
タカ・フェルトの右手から無数の光球が発射され、上空にいる敵を無差別に発射し続ける。
そして竜、竜騎士関係なく障害に当たって静止した時、魔力の凝縮されていた球から小規模な爆発が襲った。
威力は大体衝撃で3メートル吹き飛ぶ程度だが、空中でバランスを取っている竜騎士にとっては致命的で、1回目は竜にしがみついて耐えているが、2回目、3回目となると話は違う。時が経つごとに竜騎士たちは次々と落下していく。

しばらく続けていると、乗っている竜の魔力枯渇による疲労感が限界に来たのか、徐々に羽ばたく事を緩め、重力に伴って落下した。
タカの周りにいたはずの竜騎士たちは、その爆発で竜から落下して戦闘機能に支障をきたしている者達が大半だった。
それらの竜騎士や、竜本体は下に待機している一般歩兵によって始末されている。地上に落ちた竜騎士の末路だ。
見上げて見ると、そこにはまだ辛うじて生き残っているといった状況の竜騎士たち。彼らは継戦能力がなくなったと判断したのか、徐々にその姿を小さくしていく。やがてタカ・フェルトの存在する上空には何者も存在しなくなった。
その間約1分の早業だ。遠目から見ていたファミルス軍の士気をもし視認する事が出来れば、立ち上っていく様子が見えただろう。
タカ・フェルトは相変わらずやる気のない様子で、一仕事終えたとばかりに額に伝う汗を拭い、また次の戦場へと移っていく。



中央の守護者は、帝国にとって最悪な災厄以外の何者でもなかった。



中央が鉄壁の守りを見せていても、左右がそうであるとは限らない。
何とか魔術衆が奮戦しているが、多勢に無勢。一部を除いてファミルスが築いた簡易陣地・簡易柵を蹂躙されていた。
上空から降り注ぐ燃え盛る火球、翼をはためかせる事によって吹き荒れる暴風、上空にいる竜に、何とか対抗しようと数少ない銃兵が攻撃を加えるが、それでも勢いを止める事に至っていない。

見る見るうちにファミルス戦線は縮小し、決め手の大砲となる魔術師の数も減ってしまった。

左右から寄せられてくる凶報に眉をひそめる指揮官のアーロン。さきがけの竜騎士の攻撃で、1.5万あった魔術部隊のうち、2千の魔術師が使いものにならなくなっている。
まだまだ被害は増え続けるだろう。さらに重歩兵部隊も来ている。アレと直接ぶつけたらファミルスが負け事は間違い無い。
元々数が違うのだ、今で劣勢なのに、このうえ重歩兵が合流したなら即殲滅させられるだろう。
後5分ほどで第一射が撃てる。それは出来るだろう。
一発目は耐える事が出来るが、二発目になるとギリギリだ。おそらくその頃は両軍入り乱れてしまうだろうから大規模なものが使えない、

「これは…一発目を撃ったら撤退したほうがいいな。タカ・フェルトは現在どこにいる?」
「現在、中央の竜騎士約五百体を倒し、帝国が一時的に引き上げた様子なので右翼の方に移動している模様」
「さすがだな…。中央の守りは置いておいていい。まだ戦えるものは左翼に支援に行かせろ」
敵に最大のダメージを、味方のダメージは最小に。軍隊は0になるまで戦うものではない。
「全軍に通達!一発目を撃ち終わったら即座に撤退。銃と竜種の回収を出来るだけしろ。回復魔術の使える魔術師は出来る限り兵を生かして撤退させるように」
伝令部隊は即座に撤退の報を告げる為に散って行く。



その頃最右翼は魔術衆の奮戦及ばず壊滅的ダメージを受けていた。
「魔術隊はなるべく速く撃て。ここで抑えるんだ!」
中隊指揮官クラスの右翼部隊担当のファミルス12騎士の一人は、タイチ王から与えられた聖具を携えて何とか奮戦していた。
彼の武器の能力は木属性が付与された棍で、チヒロ命名:如意棒らしい。その能力も名前の通り伸びるだけだ。
だが圧倒的リーチを誇る上空からの攻撃に柔軟に対処し、竜騎士を竜から落としていた。
ファミルス一の棒術使いと呼ばれる彼の面目躍如である。
「くっ、俺単独では三十体が限界かよ…」
それでも人である限り限界は来る。体は傷だらけ、鎧は一部焦げている。傷に加え、無茶な動きをした事から来る筋肉の疲労。彼は崩れ落ちそうな足を棍を支えにして必死に支え、それでもまだ壁となって立ち塞がる。
「俺は…絶対に帰らなきゃいけないんだっ!」
ここでなんとしても止める。彼は鬼気迫る表情でに立ち上がり、そして竜を正面から見据える。
せめて1体でも多く。ほんのわずかな間だけでも。
彼は力を振り絞り、強大な力を持つ竜へ相対する。
その距離が三十メートルを切った時、いきなり横から何かが飛んできて飛竜の頭に激突。その竜は竜騎士もろとも地上に投げ出され、地上にいるまだ生き残っている騎士によって始末された。
上空から着地する飛竜。そこから飛び降りてきたのは、飛竜の意識を乗っ取って上空から魔術乱れ撃ちの弾幕を張っていたタカ、フェルトだった。
「回復系も得意じゃないんだけどな…」
タカは困ったような表情で手をかざし、重傷者を手当てしていく、その間タカを守っているのは6人の魔術衆。
タカ・フェルトは、右翼が壊滅的ダメージを受けていると言う情報を聞いて、即座に独断で中央から向かい始めた。
そして、途中で合流した魔術衆から撤退の報を聞き、殲滅より味方を回復するほうを優先させ始めたのだ。
「軽傷者は魔術を撃った後撤退だ。魔術銃の回収を忘れるなよ」
手早く応急処置をして、竜に跨って空へと戻って行くタカ・フェルト。彼らにとって救いの神は、次の戦場を求めて去っていった。

ついに魔術第一射予定時間の15分が経った。

魔法陣を組んでいた魔術師達は早速詠唱に入る。土地から吸い上げた魔力を己の魔力に変換し、そしてイメージを具現化、その後指向性を持たせて一斉に発射する。

今の所まともに動ける魔術師1.2万。そのうち魔法陣を構築できて行使する事が出来たのは8千。

その全ての魔術が重歩兵へと一斉に襲い掛かった。今回の攻撃は、魔術の中でも殺傷力が最もあると言われている火の属性。これで前列を燃やして突撃力を殺ぎ、中央を食い破る爆裂系で数を減らす。

敵に情けを書けたら、こちらが全て蹂躙される。殺られるならその前に殺るしかない。それが戦争の悲しい連鎖の始まりなのだ。
重歩兵を襲う灼熱に変換された魔力の本流。盾を前に出して構え、少しでも威力を軽減しようと努力しているようだが、それでも抑え切れずに前列から倒れ、そして死体の山が出来上がっていく。
その様子を高台の頂上から無表情で見ているアーロン。
やがて集めた全ての魔力を使いきったのか、紅蓮の炎がその勢いを弱め、砂埃にまみれている重歩兵の姿が少しずつ浮かんでいく。
そこに立っていたのは殲滅予定数よりずっと多い兵士達で、倒す事が出来たのは前列にいた3人ほどだ。
想定の半分くらいだが、これは事実として受け止めなければいけない。
目算で大体4分の1ほど殲滅できた事は大きい。

陣形の前列を3人は倒せる能力はあるようだ。中央も食い破られている所も合わせると現在目算で1万6千は死傷、重傷を負わせる事が出来ただろう。もしかしたらもう少し低いかもしれない。残りは多少火傷等の傷を負っているものの戦闘継続は可能そうだ。
両軍とも静止する世界。その止まっていた時は、いち早く正気に戻った両軍の司令官の怒声によって再び動き出した。

「速く撤退準備に入れ!急がないと全滅だぞ!」

アーロンの怒声に我を取り戻したのか、騎士、魔術師達は動き始める。
魔術師部隊は回復魔術を使って、何とか動けるまでに回復した騎士達を連れて後方へと戻っていった。



_____________________________________________

そして戦術などに問題がありましたら感想まで。
更新内容:
どう考えても3列以上焼く事は脳内戦力上出来ないので、爆裂系魔術(イオラクラス)の描写を追加。
更にアルフレイド帝国軍側の隊列の描写追加。
リアルに則した表現に内容加筆。

それでも違和感はあると思うので、よろしければご指摘ください。
己の戦術理解力と表現力の限界に挑みます。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025485992431641