オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/02/01 09:25

物語は進んでちょうど3年後。タイチがこの世界に来て7年が経った。

タイチは12歳になり、もう既にこの世界で大人の仲間入りをしてもおかしく無い年頃だ。
150センチを超えた身長。引き締まった精かんな顔立ち。長年王としてあり続けた事によるにじみ出るオーラ。
経験から来る巧みな知恵。
魔術の訓練による能力開花は既に中級者の域に達しており、ある程度は動く事が出来る。それでも最低限というレベルだが。

ステフは20歳になり、女性特有の色気というものを持ち始めるようになった。
機能美を連想させる美しく引き締まったボディ。色っぽさを感じさせる長く太い髪質。どこか知的な雰囲気をかもし出し、でもまだあどけなさが抜け切らない顔。タイチへの忠誠心。そして卓越した魔術技能。タイチの補佐として何も申し分ない。


三章から見に来たと言う読者の為に少しだけ詳しい説明を入れると、
この大陸には5つの大国と数多くの小国、と言う枠組の中にあり、大国では数千万人規模の人々が住むと言われている。ちなみに小国は数百万人規模だ。

主人公であるタイチが治めるファミルス国内は、総国民数は大体4千万人は居て、国土は約400万平方kmと推計される。その三分の一は魔石鉱山と火山で占められているが、それ以外ではほとんど農業に従事している。
一年中温暖な気候となっており、常に何かしらの作物が栽培されている。魔力の豊かな土地である証拠だ。

城下町に学校施設があり、教育水準も生活水準も悪く無いと言う民にとっても豊かな国と言えるだろう。
現在の大学校機関は哲学者などの学者系統で研究させている。
それ以外は魔術、商人、手工業などは基礎知識を植えつけて、魔術は研究所が請け負い、商人は大商会のどれかが請負い、手工業はそれぞれ弟子として排出させているので実質学校じゃないかもしれないが、主に国の利益になる事への人材派遣と言う側面が強い。


国内は平穏だ。だが国から出ると情勢が違う。

北東のアルフレイド帝国の動きが活発になってきたという情報が、ファミルス国の多目的組織。奉仕乙女組の責任者であるアビー率いる諜報部からの報告で上がってきており、いよいよ戦争状態に入るまでカウントダウンという所か。
既にファミルスより北は小国を含めて輸出は完全にストップしており、両国間の間で完全に緊張状態。という状況になっている。

帝国から東にあるノーランド共和国からも、こちらの産業の飛躍的な発展を見て、さり気無く圧力が掛けられている。
主に魔術製品関連関税の増税や、織物製品の取引の規制などだ。織物の需要はあるのでジャポン経由で売られているようだが、関税は高いらしい。
しかし、この国は他国に干渉せず。を国策にしているので圧力だけだろう。まあ、このまま行けば技術は普通に抜ける。技術大国としてのアイデンティティーの崩壊は避けたいのだろう。

ファミルスから南東にあるジャポンは戦国時代という様相で、ダイミョー達がジャポンを治めるのは私だと主張し合い、群雄割拠が繰り広げられている。
他国に目を向ける余裕はない。

ファミルスとジャポンの中間に位置するドラミング連合は不干渉を貫き。情報が入らないので何を考えているかも分からない。


国の経済は現在活気に満ち溢れていると言っていい位の盛り上がりを見せている。
3年前に完成したダムの影響による農作物の豊作。
チヒロによって産業に革命を起こした魔術技術。
その魔術技術を使って躍進を遂げている織物工業。
火山に行くまでの道が整備され、保養地として貴族や民衆の中で定着した気軽に行ける温泉施設。
その温泉の近くで炭や紙を生成しているエルフ達原住民。

清潔な街並みを眺めるように歩くタイチ。活気も常に最高潮な状況だ。




街並みをゆっくり見つめるタイチは、その脚で一路『チヒロ魔術研究所』に移動する。
4年前、チヒロが起こした革命に、完全に研究者としての地位を抹消されたタカ・フェルトは、今まで半々の生活を送っていたのを完全に軍の兵士育成にまわされ。魔術兵士を鍛えている。
チヒロが考えた『国家三分の計』の出来上がりである。
ちなみに3つに分かれたのは、貴族や民を纏めるタイチ。国家の一番力に入れている魔術技術を発展させるチヒロ。そして戦争ではその力を発揮してくれると信じているタカ・フェルトの三人で、この国の要所を兄弟3人で運営する国。と言う案だ。

騎兵部隊を治め、歩兵部隊全体に顔が利くアーロンと一緒に。日夜、アルフレイド帝国を想定しての訓練を繰り返している。
3年前にタカ・フェルト魔術研究所が無くなり、それからチヒロ魔術研究所と言う名前に改められ、タカ・フェルトの持っていた研究施設を全て没収。
研究資材としてタカ専用資料室にある聖石を全没収された時は本当に泣いてた。自分用はちゃっかり確保してたので、そのまま追い返したと言う事件もあったが些細な事だ。

そういう状況で新しく新設されたチヒロ研究所は、既存の技術を応用し手織物や鉄鋼の加工などに役立つようにした。
魔術を単体で使うのではなく、魔術を補助に産業を盛り立てる。と言う方針転換である。

おかげで魔法産業の利益率は下がったが、織物産業や農業利益で国を建てなおしている。

だが、街の中は活気に溢れているといっても、それは取引する品物が増えただけであって、国の財政自体は魔法技術だけの時と同じくらいだ。


これは、魔法技術を一般向けから織物工業向けにシフトした影響で売れる場所が限られてしまった事が最大の原因だが、このシフトチェンジが無かったら今頃国は財政がやばくて増税になっていた事だろう。農業だけじゃダメだったはずだ。

現在の国の財政の割合は、
魔術3:農業3:工業4。位の割合だ。バランスが良いのはよろしいのだが…。まあ、前までの8:1:1の状況よりましだ。


また、教育施設の影響も徐々に出始めている。
これからは知恵のある者が詐欺を行なわない用に徹底して管理させる用に御触れを出さないといけない。
今の所順風満帆に見えるが、財政を維持しただけで、最終的にそれほど変わっていない。
これからどう言う策をとるかを考えつつ、チヒロ魔術研究所のドアを叩く。

「チヒロー」
「この原理が……あの理論を使って!……これでも予定の威力に達していないみたいね…」
「でもぉ、この魔術式でーーーしてからぁ、この構造をーーーで、こうすればいいんじゃないですかぁ?」
ここの所長であるチヒロとその補助を担当しているメイドのカトリーナで資料を見ながら検討していると思われる。こちらからは積み上げられたその束で様子を伺い知る事は出来ないが、もうすぐ7歳になる予定の研究所の最高権力者であり。この国の2番目の権力者である。ちなみに1番はタイチだ。


「チヒロー?」
「!?……あ!お兄ちゃん。どうしたの?」
いきなり声を掛けられて驚かせてしまったが、チヒロは俺に気づき、そして資料の山からその姿を見せた。

無地のシャツに綿のズボン。その上に白衣とまさに研究者を体現している。そこに王族としての威厳は微塵も伺えない。
だが、研究者としての威厳は兼ね備えて居るようだ。所内で働いている研究員の尊敬のまなざしを感じる。
髪型は、伸ばしっぱなしをオールバックポニーテールで纏め、伊達眼鏡を装備だ。ちなみに眼鏡は俺の提案だ。今ではチヒロ=眼鏡ポニーとしてイメージが固まっている。伸ばしっ放しではあるのだが、その髪質は母譲りのサラサラな青色で、こまめな手入れをしてあるのか、纏めていても固まる事無く一本一本が主張している。
服装だけ見れば不精なイメージが沸くが、その麗しい顔つきと、どうやって維持しているのか分からないスタイルで、完全に着こなしている。美人は何を着ても似合うという典型だろう。
7歳としては肉体の成長は年相応だが、最近少し胸が出てきたと主張している。だが、母親が慎ましいので将来の望みは薄いだろう。


「ああ、チヒロの姿を見たくてな」
「やーん。お兄ちゃん大好きーチュ♪」

今やまったく隠してないタイチへの愛情表現は、いい年した職員達の目の毒になって居るようだ。「俺もそろそろ結婚しなきゃな…」等と呟いている。

ステフが後ろで「なるほど、積極的に行けばいいんですね」とメモを取っているが。それはいずれ、タイチが身を持って知る事となる。

作者的にはイチハチな展開にしたくないので、多分軽い誘惑程度になるだろう。既にこの世界の結婚適齢期に差し迫っているステフに明日はあるのか。それは誰にも分からない。

チヒロ魔術研究所は下級職員を含めると、比較的若いメンバーで構成されている。

それは学校施設の影響で、チヒロと同級生が大量に流れ込んできたからであり、重要な役職に付いていない下級貴族の子供達が押し寄せるかの如く申請して来たからだ。

その年の同い年のメンバーの7割が魔術技術者として申請してきており、その世代は「魔術空白の世代」と言われ、以後この世代が次世代の魔術を引っ張っていく事になるが、今は魔術の本を見て理論や抽象的な事を学んでいる。時よりチヒロも講義に教える側として出席し、確固たる地位を確立しつつある。
チヒロに速く追いつきたい、チヒロの役に立てる用になりたいと、その士気は高い。

魔力が無く、魔術師としてやっていけなくても、理論さえ覚えてしまえば魔術技術者になれると言う道が残されている。
とりあえず魔術師を志し、ダメなら技術者へ。と考えている者が大半だ。きっとこれからの世代もそう言う道筋を辿るのだろう。

チヒロの魔術の腕は、既に上級者の域に達しており、聖石と自分の魔力を混合させ、大魔術行使も可能になっているそうだ。
だがチヒロ一人だけ居ても国が勝つ事は出来ない。彼女は技術者として働いてもらったほうが有益なのは間違い無いので、前線に出す事はないだろう。

普段研究ばかりしているのにいつ鍛錬をしているのか分からないが、その鍛錬の結果はタカが報告してくれるので間違い無い。
主にズタボロになりながらだが。


その噂のタカ・フェルトだが、現在前線で指揮をとっている。あんな馬鹿に纏める力なんてあるのか?と疑問に思うが、彼らはアーロンの指示の元に何とか統制が取れて居るらしい。
うん、哀れ過ぎるな。今度ちょっとだけ聖石上げよう。

兵力を強くする事は出来たようだが、それでもまだ中の中位の兵力しかない。アルフレイド帝国との武力差を考えれば絶対勝てないだろうな。これで勝つつもりなら焦土作戦で時間切れを待つ位しか思いつかない。

諜報部の調査結果では、帝国の武力錬度は上の中もあり、まず近接戦闘の殲滅戦になったら負けるだろう。
大陸一の軍隊と言われる帝国の名は伊達じゃない。


戦後処理に失敗して内乱なんて目も当てられないのでしたくない。チヒロの開発した兵器に託すしかないわけだが。

「もうこの国の未来ははチヒロの開発に全てが掛かってるんだよ」
「まかせて。お兄ちゃん分を補給した私に不可能なんて無いから!」

やれるだけはやった。この国と、この国の全ての人々の為に、俺はこれから何が出来るだろう…。



2ヵ月後。アルフレイド帝国諜報活動をしていた乙女組隊員からノーレント経由で送られた手紙。それが合図だった。

「そうか…、ついに来たか…」
アルフレッド帝国から大軍が出陣したとの報。
それが戦争の始まりだった。




タイチは家臣を集めて緊急対策会議を行なった。既に全家臣には伝わっているようで、特に慌てる事無く整然と留まっている。

タイチ王が入室すると、皆はタイチ王の言葉を待つ。そして王の一言により、宣言される。


「今から、アルフレイド帝国と戦争を開始する」

武官は漸く訓練の結果が出せると血気盛んの様子だ。文官も仕方なしと見ている。

俺が来る前は、小さな領土戦争位はしていたようだが、大国とここまで大規模なものなど初めての経験。しかも一部の者には負けると分かっている武力差が存在する事を知っている。

既に前線ではチヒロが開発した武器が配備され始め、訓練の錬度もばっちりだ。
まあ、引き金を引くだけという一動作で難しいといわれたらそれはそれで泣くが。


タイチにより賽は投げられた。後は前線の騎士達に任せるしかない。






帝国を上、王国を下としている図で考えると。左に魔獣の出る森、右に山がそびえ立っている。
両側を抜けるのは、疲労や兵糧を届ける事が困難と言う理由で戦略的にお勧めできない。途中で8国が点在しているが、そのうち帝国に近い3国は完全に帝国に吸収されていると見て良い。
ファミルスに近い2国はファミルス派の宣言をして居るが、宣教師の布教活動により、民の心象はあまり良くない様子だ。大半の現実を良く見ている人たちはもちろん賛同している。
残り3国は宣言が出来ないほど混迷していて、上がどちら側についてもあまり意味はない様子だ。
ファミルスとアルフレイド帝国の戦う土地がこの地なのだから占領された方に付いたほうが得策と見ている節もある。
ちなみに三カ国の名称は左から順に、「クラウス」「テンペスタ」「ウルヴァトン」という名前だ。

この3カ国を落として、ファミルス側が統治するようになればファミルス戦線は維持できる、そして食糧供給地を失って、時間と共に継戦能力を失い、帝国の敗北となる。
つまり今回の戦いでは、中間にある3国を取ればファミルスの勝ち、帝国は引き上げて終わる。取れなければファミルス国土一直線と言う戦いの様相になっている。


ファミルス派の内の一国で作戦会議をしている今回の最高責任者であるアーロン公とそれぞれの責任者達。もちろんタカは参列しているが、話をあまり聞いていない。
騎士の中ではここ一番の切り札、使い勝手の悪い最強札とされており、タカも指示通り動く事を公言しているので特に不満は出していない様子だ。
タカ曰く、「餅は餅屋」らしいが、どう見てもめんどくさい&知能が低い所を見せたくないから。と言う理由からだ。
そこは少し付きあったらみんな分かってしまうので何も言わない。


戦力は。アルフレイド帝国が15万。南の援軍4万を含めてファミルス王国が16万とわずかに多いが、これは竜種や錬度を考慮していない単純な数値だ。
竜騎士は存在するが、軍の主力は近接の重歩兵が主体で、空からの脅威も恐ろしいが、その恐怖の本質は強靭な防御力を誇る重歩兵である。
ファミルスの軍では近接で太刀打ちが出来ずにやられてしまう事だろう。
どう考えても旗色が悪い。皆一様に暗い影を落とすが、軍人とは現在ある中で最大の戦果をなす事が仕事である。

タイチ王が頑張って捻出してくれた16万という兵の数を有効に活用して勝利を治めねばならない。
各責任者級騎士達は白熱した議論の末、作戦会議は終わりを向かえ、最終的な結論をアーロン公が宣言する。
「我々はこれより、クラウスを諦め、テンペスタとウルヴァトンの占領を行ない、篭城戦を取る!」
この選択は、魔石鉱山に比較的近いウルヴァトンを最優先で落とし、そして真ん中にあるテンペスタで抑えるというものだ。
各員も強く頷き、賛同の印とする。

その後、その作戦を伝える為に散開して行く責任者達。


今ここに、第一次ファミルス・アルフレイド大戦の幕が上がった。




________________________________

第一次とか言ってますが。第二次あるかどうか分かりませんよ?
今後ともよろしくお願いします。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030361890792847