オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] 2.6章:ファミルス12騎士
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/30 20:54
それはある晴れた日のいつも通りの日常のはずだった。
タイチは通常業務を終え、ステフの入れた紅茶に舌鼓を打ちつつ窓から火山の情景を楽しんでいる。
今日も優雅な王様ライフだ。などと呟いて横に控えてにこやかに微笑むステフ。
その柔らかな雰囲気は、まるでカップルのようだ。

しかし、その雰囲気を妨げる音が不意に鳴り響く。
タイチは窓から視線を外し、椅子に座りなおしてステフに応対をさせる。

今回の来客は、レイチェルだった。
チヒロの身に何かあったのかと聞こうとしたが、タイチはそれをのみ込み、まず話を聞く事が先決と判断する。
まだメイドとしての教育が完璧で無いのか、その動きはぎこちないものの、最低限のマナーを守れるだけの技能は備えているらしい。
挨拶を済ませ、来訪の目的を聞くタイチ。
「何か用か?」
「チヒロ様よりタイチ様をお呼びするように仰せつかりました」
その雰囲気からか、どこか違和感を感じるレイチェル。来訪の目的を把握したタイチは、ステフを伴って早速研究所へと赴く事になった。


城から程近いチヒロ研究所。正式名称だとチヒロ・ファミルス魔術第3研究塔という長ったらしい名前の建物に、レイチェルの先導で入っていくタイチ。

通常研究員の研究室を抜け、チヒロ専用の研究室へと到着し、レイチェルの呼びかけに応じて入室を果たす。

入室したタイチの第一声は。
「何…これ…?」
もちろん研究した物がまったく理解出来ないものでは決して無い。
そこにあるのは、場違いな程圧倒的威圧感を誇る武器類がそこに鎮座していたからである。
ここの所長であるチヒロがタイチに飛び込んで抱き付き、胸の中で頬を摺り寄せながら武器類の説明を行なう。
ちなみにカトリーナは横の机でどす黒い空気を放出しながら「フフフ・・・これでこの理論を実証してアレをこうして…」と呟きながら何やら研究に没頭している。傍目から見ても明らかにマッドだというのがはっきり分かるほどだ、実験台のレイチェルに同情を禁じえない。
まあ、それはタイチには関係ないので所詮他人事だ。タイチはチヒロの言葉に耳を傾けた。

「で、鍛冶屋のおっちゃんに頼んで武器類の試作品作って見たんだけど。とりあえず性能説明するわね。まずこれは木の魔術を組み込んだ鞭で自由に操る事が出来て、長さもある程度まで伸びるわ。で、こっちが土属性で出来た斧で、魔力で構成する事によって重量を抑える事が可能になったの。それでサイズアップが可能になったわ。で、こっちは風属性を入れたレイピアで、しなる度に真空波を…」

「…もういい。とりあえず聞いておこう。なぜ全部近接専用武器なんだ?」
「え?かっこいいからよ?ほら、これ見てこれ!」
チヒロに指差された武器を文字通り良く見て見る。そこには銃の形態に剣を取り付けた形のどこぞで見たような武器だった。
「明らかに…ガンブ…「それ以上は著作権的に無理ー」
チヒロも止めるのは間違っていない。今目の前にあるのはどっからどう見てもガンブレードだ…。新しい属性開拓するなよ…。
「とりあえず、これは破棄の方向で。チヒロ、ぱくるのは構わないが、腐の属性は入れるな」
「うん、わかった!」
こうして、FF好きの女性にとって上位人気に確実に入ると言われるキャラの愛用武器は永久に封印される事になった。

「いやー、なんかカトリーナと話してたら制作意欲燃えちゃって」

あっけらかんと言うチヒロに、珍しくタイチの怒りゲージが上昇する。

「国家機密を一番死にやすい近接に使うなー!遠距離武器作れ遠距離」

タイチの怒りももっともだ。魔術が国最大の利点と言うか魔術しかこの国に利点はないといっても過言ではない状態なのに奪われる可能性の高い近接武器にその機構を詰め込んで一体どうすると言うのか。

「あー…そうだったわね。でも作っちゃったから初期生産のこれらはもって帰って適当に分配しちゃって。もったいないし」
タイチは既に出来ている12種類の初期生産武器を搬入させながら考える。

「アーロン公に頼むしかないか…」
鞭は女性でも扱えそうだが、その他は明らかに振るうのに力が要りそうな武器ばかりだ。タイチはその場から足をアーロン邸宅に足を向ける事にした。

ステフによると、予定表では今日は兵士達の鍛錬もお休みの日で、邸宅に在宅しているらしい。
タイチはアーロン公の邸宅の入り口でドアを叩かせ、エンドリュース家メイドに話して取り次いでもらうことにした。
もちろん王を外に待たせるなんて事はしないので、応接間まで案内されてお茶を出されるタイチ。
ドアの外がなにやら騒がしいが、それはタイチ王がいきなりアポ無しで来たのだから当然で必然だ。
あわただしくドアをノックされ、入室して来たのは、目的のアーロン公ではなくアンだった。

「あら、私が帰ってきている時に来るなんてなんて偶然。そうだ、タイチ王。少し相談がありますの」

アンとタイチは、主にアンが一方的にお気に入りで、タイチもなんだかんだで付き合っている。と言う関係が続いている。
タイチも良く貴族としてのあり方などを相談するし。また、アンも個人的な悩みなどもタイチに相談している。
アレックスの立場は…。たぶん、そういう事に向きそうにないので話さないのだろう。
しかし、今回の相談はいつもより、少し真剣な話になっていた。アンとアレックスが喧嘩していると言うのである。
タイチは、あたふたしていうアンを落ち着かせて事情を聞く。
「アレックスが「アンの事は愛しているけどアンの事が時より理解出来ない」と…」
…どうやら真剣な話だと思っていたら、どうやら惚気に愚痴の混ざったようなアホ臭い話だった。
さらに詳しく事情を聞くと、アンはオルブライト家に嫁いでから、政務の補助などを取り組み。また、自分の短所である怒りやすい所を治そうと努力しているらしい。
それなのにアレックスがあまり評価してくれないので、聞いて見たらその言葉が出てきたという。
どう聞いても惚気だ…惚気すぎてすれ違いを起こしてるだけだな。
タイチはめんどくさそうにアンに指摘して上げる事で解決をはかった。

「お前は最近落ち着こうと心がけているようだがまだ甘いな…。好きな人は自分の本心とか正直な所を見せて欲しいもんなんだよ。落ち着くのは大切ではあるんだが、もう少しアレックスに本音を見せてもいいんじゃないか?多分あれは今物足りないと思ってるのさ」

「そう言う事でしたのね…。分かりました、私アレックスの所に行って来まわ!」
なんと言うか…とてつもなく無駄な時間を過ごした気がすると、タイチは重いため息を付いた。

「あんなラブラブだと逆に羨ましいな」

後ろの方で何やら「タイチ様はラブラブで積極的な女性が」などと呟きながらステフがメモを取っているが、タイチ的には積極性のあるステフなんてステフだとは思わないから軽く流されて終わるだろう。
何事も自分の身の丈にあった戦略で挑むべきだ。恋愛に背伸びはいけないな。と人生の教訓を胸に刻んだタイチだった。



アンが出て行ったのを見計らってアーロン公が入室してくる。どうやらタイミングを覗っていたらしい。
「待たせてしまいましたかな?」
「いえ、まったく。でもドアの後ろで注意深く話を聞いているのは少し戴けないですね」
「これは失礼を、しかしアンも成長したな。あのお転婆もちゃんと他人の事を考えられるようになっていたとは」
「親の見ぬ間に子は成長するものですよ。子供の俺が言うのもなんですけどね」
「まったくですな」
タイチとアーロン公はしばらく穏やかな会話を進め、タイチは今回の来訪の目的を伝える。
「チヒロが魔石を使った近接武器を作ってしまったのでそちらの兵士の中で指折りの精鋭にあげたいと思う。だからメンバーを選抜して連れてきてくれ」
「かしこまりました」
その後、今の戦力錬度と、これからの課題など。主に兵力関係の話で意見交換した後、退出する事になった。




アーロン公と比較的有意義な意見交換が出来た出来事から三日後。
謁見の間にて、12人の歩兵・騎兵から選抜された精鋭が、膝をついて整列していた。
「今日はお前達に専用の武器を渡そうと思う」
発言と同時に精鋭達の期待感や喜びの表情が浮かんでくる。タイチは武器類を取り出し、一人ずつ渡していく。渡しているのは、鞭・斧と槍を除けば全て剣類に分類されるものだ。ダガー状の二刀流もあれば、普通の両刃剣もある。それぞれ適性にあった武器で、アーロン公から受け取った資料の通りの分配となっている。最後の一人に渡った時。全員が臣下の礼を取り、宣言する。

『私達、ファミルス12騎士の名誉をかけてタイチ王の為に忠誠を誓います』

そこから見える感情は感動と認められた事による嬉しさだ。
タイチはこの武器を持つにあたって絶対に守らなければいけない注意事項を口にする。

「これを持つからには絶対に死ぬな。その武器は国家機密の塊だから敵に奪われたらわが国が崩壊する。それほどの物と心得よ」

実際は、1つの属性しか付与していないこの単属性武器を盗られたからといって、本当に国が潰れるわけではないが、国家機密には違いない。隠しておいたほうがいい事には変わりないわけだから。
精鋭達は、その言葉を「絶対に生きて帰ってくるという決意の象徴」と捕らえたようだ。
死なないほうが良いに決まってるのでタイチは何も言わないでおく。


これが世に言うファミルス12騎士創設の瞬間で。この武器をもっていくと言う事は、絶対に帰らねばならないという決意を表明している事に繋がり。また、寿命などで死を覚悟した時には自分を超える腕前を持つものに受け継がれ続け、ファミルスの戦力を支えていく事になる。



番外:ステフの休日の一幕

ステフの休日はほとんどの場合、タイチかチヒロの近くにいる。
休みの日でもほとんどタイチに尽くしている。
乙女組を信頼していないわけではない。ただタイチの側にいたいだけなのだ。
だけどタイチの側に付いているだけではない。一応ステフも年頃の女性らしく街に出たりしている。
その時は大抵横にチヒロがいるので、チヒロに連れられて街に出ている。と言うのが正しいと言えるだろう。


今日のステフはチヒロに呼ばれ、研究室へと入っていく。乱雑に散らばっている書類。溢れんばかりの失敗作。
全てこれらがあるからこの国の魔術が成り立っていると言っても過言では無い。というか実際そのとおりだ。
ステフはドアを叩いて返事を待ち、そして入室していく。
レイチェルとカトリーナが来る前は、ステフがチヒロの部屋の片付けをしていたようだが、今はその必要もない。
割と整然と片付けられている部屋を見て、少し寂しく感じてしまうのも仕方のない事だ。現在レイチェルは、資料を取りに行ったり、チヒロの部屋の掃除などを担当している。


ステフは周りを見渡して見る。ボードに書かれているのは遠距離武器の設計図のようだ。
ステフは知らないが、これがいわゆる魔術銃の雛形である。

構造的には。魔石を設置して、銃身から打ち出す方式を取っており、魔力が切れたら取り外して次の魔石の玉を補充する仕様になっている。

起動用の微弱な魔力を出し続ける用に加工した魔石でハンマーの役割を果たし、魔術式を書いてある魔石に勢い良く当てる事でその威力を発現し、そして銃身によって指向性を持たせると言う理論になっている。

現在、打ち出された後の指向性を維持する事が最大の課題のようで、カトリーナがブツブツと何か呟いているようだが、ステフには聞き取る事ができない。
チヒロは、入室したステフを呼び寄せ、久しぶりの日常会話を楽しむ。
チヒロにとってはステフは友人で、気軽に話せる権力関係ではないが、女性同士と言う事で何かと話しかけている。
ステフもタイチと一緒にいる時よりも饒舌に話している所を見ると、まんざらでも無い様子だ。

「そうだ、ステファにも何か武器作ってあげるわよ。なんか良い案はない?」
「えっとですね、私は主に水属性を使ってる中距離戦闘が得意な魔術師ですからなにか長い武器があったら嬉しいです」

「ふむふむ。じゃあ薙刀なんてどうかな?」
「薙刀…ですか?ジャポンで主に使われている女性用の武器と聞いていますが」
チヒロはさらさらと図面に薙刀の概要を書き記して行く。
その概要は、普段はただの伸縮可能な棒だが、有事の際は伸ばして先の方に水属性の刃を纏わせるというものだ。
「前作った物は起動用の魔力しか持たない初心者用の武器だったけど。ステフ専用だったら水の刃は自分で出せるから刃の形状を纏うように指向性を持たせるだけよ」
「わあ、かっこいいですね」
既に構えている自分を想像しているのか、ステフの思考は忘却の彼方だ。

「これくらいなら3日位で出来そうだから後で呼ぶわね」
「はい、楽しみにしております」

その日から三日後、タイチの仕事中にステフ個人が呼ばれ、泣く泣く乙女組に後を引き継がせて実験場へと足を踏み入れる。
そこでは今か今かと待ち続けるチヒロと、横に静かに佇んでいるメイド二人の姿だった。
「おそいわよ!」
「申し訳ございません」
殊勝に謝るステフに怒っている素振りを見せるものの、実は別にチヒロは怒っていないので軽く流し、説明作業に入る。
説明作業はレイチェルが行なうようだ。彼女もここ数日感で小間使い度が上がっている。第二のサンダースにならない様に努力させる必要があるだろう。しかし、彼女の持ち味である戦闘技能など今の所必要無いので、その間言葉の描写がまったくなくなるのも致し方ない事だ。
カトリーナのマッドな発言もどうかと思うが。

ステフは実物を戴き、魔力を通すと柄が伸びていく。やがて柄が最大まで伸びきったようだ。それ以上魔力を通すと、指向性を持った魔石に魔力が溜まって行く。
少しずつ魔力を纏わせて、やがて少しだけ刃が出たのを確認したステフが、そのコツを掴んだのか、一気に水の刃を纏わせる。
ある程度まで伸ばすと、ある一定の形で留まって停止した。

その形状は水で出来ているハルバードと言う表現がしっくり来る。
切る、叩き付けるのどちらも出来そうな形状の鋭い斧に、戦端に先の尖った突起が付いている。ステフ自身の魔力で出来ている為に重量感はそれほど感じ無い様だ。


「よし!ステファ・リーゼリット計画完了ね!」


またチヒロが何か電波を受信したらしい。今回は止める者が無いのでそのまま実装されてしまう勢いだ。
きっとPS2での隠しキャラに実装されてしまったからだろう。

「次は耐久度テストよ!とりあえず最大魔力放出で」
「え…はい。分かりました」
何故か嫌な予感のするステフ。無口な機械的な喋り方になるという妙に具体的な未来が見えるが、彼女の性格は気が小さい&大人しいで固定されている。きっと大丈夫だろう。
でもチヒロの命令には逆らう事が出来ずに自身の持てる最大魔力を放出する。
柄はそのままだが、斧の部分と先の部分が肥大化して行くのが分かる。
そしてある一定度まで大きくなると、魔力を流している柄の方が耐えれなくなり、ボンッと言う音を立てながらそのまま破裂した。
その衝撃で周りは全員しりもちを付いてしまったが、すぐに気を取り直してチヒロとカトリーナとステフの三人で講評をしあう。
「やはり問題は魔力耐久度ね」
「そうですねぇ、柄を軽量化したのが原因でしょうかぁ?」
「チヒロ様、私あんな大きくなるまでサイズ上げませんよ?今のままで十分だと思います」
三人で検討しあった結果、使用者ステフの意見により柄の耐久度を少しだけ上げた改良版が授与された。
普段は40センチほどの棒なので、腰に巻いて携帯しているようだ。



_____________________________
落ちは無い。
そして著作権ネタに走って見るテスト。
完全三人称試して見ましたけどこっちの方がいいですか?


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.024266958236694