オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/30 20:42
ファミルス学園。



ファミルスの城下街全ての子供が通う事を義務付けられている国内唯一の学校施設だ。
そこには、地方から出てきた領主の息子や、貴族の子供、平民の子供などが一同に介し、それぞれ決められている施設へと入る。
基本的に平民専用入り口、貴族専用入り口と分かれていて、貴族専用入り口には馬車で登校が可能だ。
平民は貴族の校舎やグラウンドを覗く事が可能だが、特にその事で問題にはなっていない。
タイチが家臣達に今のうちに見られる事に慣れさせろと言う言い訳で、本当はその労働力をダム建設に回したかったからだ。
貴族と、貴族と同じ権力を持つ大商人の子供など、権力者の子供達が集まる貴族クラス。

今回の舞台はここだ。








チヒロ・ファミルスが通うファミルス学園、貴族クラス。

そこにはこの国に住む貴族達や、各地から英才教育を施したいと願っている領主の子供達が一堂に集まり、一つのクラスが形成されている。
3歳から5歳までは、読み書き計算、歴史と様々な事が教えられている。竹簡と紙と言う違いはあれど、これは平民でも同じカリキュラムだ。



平民には平民の特別カリキュラムがある。

それが神学。通称、タイチ王の下僕育成授業だ。
彼らには王に一生の忠義を尽くし、絶対の神であり、この国を、そして民を守ってくださる象徴としてそこに存在すると教え込まれる。
思想の誘導である。
これはタイチが他国の宗教に負けないようにと考えた授業で、徹底的にタイチを神として崇め、尽くす事こそが存在定義だと教え込まれる。





貴族専用クラスでも、特別な教科がある。

それが帝王学。通称、貴族養成授業である。
その授業の中身は多岐に渡り、偉人の残した言葉。作法。リーダーシップ論。果ては人格形成に至るまで、上に立つものとして貴族としての心得を教えていく授業だ。

平民よりは徹底して無いが、神学の触りみたいな物を講義し、王族に尽くす事こそ我等の存在意義、と教えられる。
これも貴族からの反乱を恐れたタイチの策なのだが、等の王族が目の前に居られた方はたまった物ではない。
チヒロは王族で、この国を既に背負って立っているタイチ王の婚約者で、王族最後の一人だ。
それが普段の授業で一緒に学んでいるとなったら問題だ。
神と崇める対象が同じ空間にいる。
その事は子供達を大いに戸惑わせた。



しかし、チヒロはそんな大層な者ではない。授業態度は最悪で、授業中に寝たり、窓を向いてニコニコとにやけていたり、何か良く分からない事を突然書きなぐり始めたかと思うと顔を虚空に向けて考え込み、そしてまた白紙の紙に書き始めたり。




はっきり言って変人だ。
尽くせといわれても、子供としても扱いに困ってしまう。

だが、そんなチヒロに無謀にも立ち向かう猛者がいた。



お昼の休憩時間。お昼を食べ終わり、一時的に体を動かしたり、友達同士で喋ったりする時間だ。
子供達の快活な声の響く教室の中、物思いに耽る少女。
今日も一人で手を頬につけ、考える仕草をしながら窓から外を見ている。今日はいつもより若干考えている内容がよろしくないのか、暗い表情だ。
他者を拒否するような雰囲気を漂わせ、孤高を演出しているチヒロに話しかける子供が一人。


「チヒロ王女、私といっしょにあそびませんか?」


チヒロはめんどくさげに声を掛けられた方を振り向いた。
声を掛けてきたのは同い年の男の子だった。これ自体は珍しい事ではないというかむしろ当然だ。
どうやら彼は、同じクラスでリーダー的な存在をしている男の子みたいだ。


チヒロはまず最初に名前を聞いて見る。貴族クラスにとっては、まず名前を聴く事が礼儀であると教えられ、名前の持つ意味と大切さを重視して教えられる。これは貴族クラスならではと言えるだろう。

「あんた、なまえは?」
「ハサウェイだ。よろしくおねがいします!」

このクラスの纏め役であるハサウェイは、クラスで孤立しているチヒロを、持ち前の正義感で見て見ぬ振りできなかったのだ。
日頃からタイミングを覗い、そして今日、やっと声を掛ける事が出来た。
ハサウェイは、改めてチヒロに遊びのお誘いをする。

「私と皆で遊んでいただけませんか?」
「…まあ、わるくないか」
「!?」

チヒロは気まぐれでもあったのか、ハサウェイと遊ぶ事を了承する。
その様子を遠目からじっくり見ていた仲間達がチヒロの返事と共に大はしゃぎしている。
チヒロは、なぜこんな事で喜べるのだろうと子供の心理が理解出来ず、ハサウェイに手を引かれ、遊戯場へと向かって言った。勿論お供の子供達も一緒だ。
ハサウェイに引かれて連れて来られた遊技場。そこには子供達が様々な遊びに従事ている。じゃんけんに準じている子もいれば、ブランコを楽しんでいる子供もいる。その全ての子供が笑顔で、無邪気と言う言葉の体言と言う印象を受ける。


「チヒロ王女はなにしてあそびます?」
ハサウェイはそう聞いてくるが、チヒロには答えようが無い。ここに来たのも始めてで、今更子供用の遊びなどやってられるかと軽い羞恥心に襲われる。

「何って言われても…ハサウェイ決めなよ。それやるから」
「じゃあお前達!あつまれー鬼ごっこやろうぜ。」
『わー』
突如としてチヒロの周りに現れる同じ目線の男女達。
「よし、じゃあ最初は俺が鬼やってやるぜ!お前ら逃げろー」
『わー』
チヒロもやけくそになったのか、子供達と一緒に逃げる。
ハサウェイは、しばらくその場で止まって、鬼の役目を果たすため、子供達を追いかけ始める。




チヒロは走りながら考える。私は一体何をしているのだろうと。
鬼に追われ、皆は捕まらない用に逃げ惑う。
鬼であるハサウェイは、目標にする対象を見つけ、獲物を追いかける。
その男の子はそれほど運動神経がよくないのだろう。よたよたと頼りない足取りで、鬼から必死に逃げる。

男の子は鬼に後少しで捕まる所と言う所で足をもつれさせて盛大に転んでしまった。
転んだ男の子は一瞬わけが分からないと言った顔をするが、膝に残る転んだ証であるすり傷を確認すると、自身のみに起きた事を理解したのか、じわじわと痛みが遅い、そして感情が爆発する。

「うぇーん」

男の子は足を押さえながら泣き叫んでいる。鬼であるハサウェイも、これには困り顔だ。
チヒロはそれを冷静に見て、そして当てはめる。
鬼は敵、逃げ惑うは味方。ならば敵は殺さなければいけないのか。敵は味方を捕まえ、そして殺す意思を持って刀を振る。




私はそれを見ているだけ?





何かできる事は無いの?







私に出来る事。それは…。







「怪我見せて!」
チヒロは泣いている男の子を囲んで心配そうにして見ている子供達をどかし、その傷を見る。
その傷はただのすり傷、だがチヒロにとっては一歩を踏み出すための傷。チヒロは患部に手を当て、魔力を練る。しばらくしてチヒロは手を離すと、傷は跡形も無く治療されていた。

「おーすげー!」
「チヒロ王女すげー」
「あ、ありがとう」

私は、味方を守る選択をする。敵を殺す事じゃなく、味方を守る事を選ぶ。



誰も死ななければいい。
でも誰かが味方を殺すと言うのなら。
私は味方を守って見せるわ。


チヒロは、感謝する怪我をした本人と、その観衆を見て決意した。私の生き方を。















2時になったら学校は終わる。
私はそのまま城に帰る事無く研究所の戸を開ける。そこには私専用のスペースがあり、職員達は忙しなく私が指示した産業用魔術道具を製作している。
産業用で私がした事と言えば、ただ火力を強くし、そして二つ同時使用を可能にし、長時間使える用にしただけだ。特になんて事は無い。既存の技術の応用。ただ組み合わせと繋ぎ方を調整しただけの粗末なものだ。
タカの事笑えないわね。



鍵の掛かっているチヒロ秘密デスク棚から簡単な魔術道具生産の設計図を取り出す。
これは、魔力を動力に加工した紡績機で、新しい産業の前段階だ。
この世界の人たちは今現在、魔石単体にこめられている効果のみを使って産業としているが。
チヒロが生み出したものは、魔石を使って何かを成す。という今までの発想から完全に逸脱したものだ。

たとえば水を出す。水を出し終えたらその魔石の役割は終わり。
ではなく、水を出して何かを成す。という魔石をメインではなく補助に使うと言う原理だ。
今の魔術至上主義の職員達では絶対に思い浮かばない発想だろう。



かといっていきなり渡して出来るかと言えばそうではない。
この国の技術力は文化レベル相応。もしくは少し低いくらいだ。
いきなり設計図を渡して出来るような物ではない。その能力が今までの職員には無かったのだ。
職員のレベルに合わせて段階を踏まなければ宝の持ち腐れ。
いきなり古代人にパソコンの設計図持って行っても何の役にも立たないもの。



そしてこれを職員に渡す事も一歩。



この国が踏み出すための第一歩。



私は紡績機の生産と同時にもう一つ魔法道具製作を命じる。それは各属性の石を使った前方位バリアの設計図だった。
私に出来る事は凄く少ない。けど、守るための道具作りはできるもの。
バリアの量産には何の意味も無い。ただ、チヒロは決意を見せる必要があるのだ。守りぬくという事を。

チヒロはその決意と共に製作に取りかかった。守るための物を…。








チヒロの帰りは遅い。

研究所にこもって6時間。既に空は暗く月明かりがあたりを照らしてくれる。護衛の人は付いて来てくれるが、居ない者と認識して城への道を歩く。

研究所から城までは私の足で約30分。特に何事も無くたどり着く。明日の事を夢見て、後は眠るだけ…。


(チヒロ。今いいか?)


いつもは用事が無い時は絶対かけてこない電話不精なお兄ちゃんが久しぶりの通話。常に一緒にいられる用に作ったのに…。あんまり意味が無いじゃない…。勿論私はいつも肌身離さず持っている。いつ念話が来ても受け取れるように。
(なに?何か用?お兄ちゃんの通信なら24時間エヴリバデーおーけーよ?)
(うん、じゃあ俺の執務室に今から来てくれ)
(あいわかったー)

こんな時間に何の用だろう?チヒロは疑問に思いながらも執務室へ向かって1人で回廊を歩く。
護衛は城まで、城からはメイドさんが付いてくれている。この人たちはお兄ちゃん直属のメイド集団で、普段はメイドだけどとても強いんだって。私ほどじゃないけどね。

私はお兄ちゃんがいると思われる執務室のドアをノックする。中から返事があって私は入室を促された。

「どうしたの?お兄ちゃん」
中に入るとそこにはいつも仕事をしている椅子に一人座って待っていた。いつもステファが隣にいるのに今日は居ないみたいだ。

「ああ、お前に話があってな」
お兄ちゃんは静かに椅子から立ち上がり、メイド達の退室を命じる。そこに残るは私とお兄ちゃんの二人きり。
いつもなら喜ぶべきシチュエーションだけど、何故か今日はお兄ちゃんから漂っている雰囲気からそれを許されない。

「チヒロ、俺は頑張ってくれとは言ったけど。無理をしろとは言ってないぞ」
お兄ちゃんは私を軽く抱き寄せ、私の頭を撫でる。私の心を心地いい感触に染められていくが、何故か寂しい。


「俺が千尋を守るから。チヒロは何も知らないで生きて居てくれないか?」


だけどチヒロは既に決意してしまったのだ。大切な人を守ると。

「私、守る事に決めたの。大切なものを…絶対に」
「お前が守らなくても俺が守ってやる。それじゃいけないのか?」
「私は、お兄ちゃんに守られるだけの弱い女じゃないのよ?」

太一は優しくチヒロを撫で続ける。その表情は柔らかいが。その雰囲気は冷たく、凍りつくよう。


「そうか。千尋は決意してしまったか。ならその決意も俺が守って行かなきゃ行けないな」


私は、これからの決意のために宣言する


「私、チヒロ・ファミルスはお兄ちゃんを守るために、…兵器を作るわ」


お兄ちゃんは私の全てを受け入れてくれる。でもそれじゃいけないんだ。


きっと、私もお兄ちゃんを受け入れなきゃ…きっと甘えてしまうから…。



「遠藤千尋の覚悟は、遠藤太一が全て受け入れてやるよ」



そう。これは私が先に進むための覚悟。

「そうだな、たまには一緒に寝ようぜ。ベッド広すぎてスペース開いてるんだよね」

わざと明るく振舞うのも優しさ。だけどその優しさは暖かすぎて。甘えてしまう。

「あら、ベッドの中では負ける気はないわよ」

だから私もお兄ちゃんを暖めて上げたい。そう思う。甘えて欲しいから…。

…本当意地っ張りな二人だわ。だから今日だけ折れてやるんだから…。




「じゃ、行こうか」

「うん!」






((二人の居場所は、ここにあるんだから))











__________________________________
2章本編完結

今後ともよろしくお願いします。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.05717396736145