オリジナルSS投稿掲示板




No.6047の一覧
[0] 国の歩道 (異世界国家運営)[紅い人](2009/02/12 14:26)
[1] 魂召喚前編[紅い人](2009/01/30 17:55)
[2] 魂召喚後編[紅い人](2009/01/30 18:05)
[3] 妹は俺の嫁[紅い人](2009/01/30 18:22)
[4] 街の息吹 前編[紅い人](2009/01/30 18:46)
[5] 街の息吹 後編[紅い人](2009/01/30 18:55)
[6] 番外編:ステファちゃんの悲しくも嬉しい日常[紅い人](2009/01/29 15:18)
[7] 再生の序曲[紅い人](2009/01/30 19:05)
[8] ある暑い日の魔術講義。(基礎知識編)[紅い人](2009/01/30 19:18)
[9] 晩餐会[紅い人](2009/01/30 20:37)
[10] ある暑い日の魔術講義。(実践編)[紅い人](2009/01/24 22:16)
[11] 改革の序曲[紅い人](2009/01/29 15:20)
[12] 決算[紅い人](2009/01/29 15:21)
[13] 番外編:アンジェリンの憂鬱[紅い人](2009/01/25 08:32)
[14] 1.5章:チヒロで振り返る王国暦666~668年[紅い人](2009/01/29 15:22)
[15] 2章:他国の足音[紅い人](2009/01/26 00:56)
[16] 苦悩、そして決心。[紅い人](2009/01/29 16:57)
[17] 超短編番外:アレックス・オルブライトの空気な休日[紅い人](2009/01/25 22:02)
[18] エルフの刺客[紅い人](2009/01/29 15:22)
[19] 取り残された人々[紅い人](2009/01/29 16:59)
[20] 会談の地はノーレント共和国[紅い人](2009/01/29 16:59)
[21] 二国の現状[紅い人](2009/01/30 20:39)
[22] 2章終話:チヒロの決意。千尋の覚悟。[紅い人](2009/01/30 20:42)
[23] 番外編:兄弟妹水入らず。[紅い人](2009/01/29 17:55)
[24] 2.5章:チヒロの専属メイド[紅い人](2009/01/30 09:04)
[25] 2.6章:ファミルス12騎士[紅い人](2009/01/30 20:54)
[26] 第三章:開戦!第一次ファミルス・アルフレイド大戦[紅い人](2009/02/01 09:25)
[27] テンペスタを巡る攻防 前編[紅い人](2009/02/03 04:44)
[28] テンペスタを巡る攻防 後編[紅い人](2009/02/05 02:19)
[29] 3つの想い、3つの立場[紅い人](2009/02/05 02:26)
[30] 人知を超えた力[紅い人](2009/02/12 14:21)
[31] 決断の時 前編[紅い人](2009/02/12 13:42)
[32] 決断の時 後編[紅い人](2009/02/12 13:44)
[33] 4章:旅立ちは波乱万丈?[紅い人](2009/02/12 14:23)
[34] 貿易中継都市クーリョン[紅い人](2009/02/12 14:24)
[35] 新たなる従者。[紅い人](2009/02/12 14:30)
[36] 祭り×出会い 前編[紅い人](2009/02/15 03:53)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6047] 会談の地はノーレント共和国
Name: 紅い人◆d2545d4c ID:53940b05 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/29 16:59
帝国の経済封鎖が始まった。
それは近隣の各国を巻き込んで行なわれた。
ファミルスから北にある国々が一斉にアルフレイド帝国側に周り、貿易の停止をし始めたのだ。
アルフレイド帝国のみの貿易停止だけならまったく痛くないが、近隣諸国を巻き込んで貿易を停止されるとそう言うわけにはいかない。
貴族達は驚きの表情を隠しきれないまま日夜会議をしていた。そんな中、ファミルス王国に一通の手紙が来た。
それは、近隣諸国からの召還状だった。そして会談の地はノーレント。共和国永世中立を謳っている国だった。タイチは即座に信頼ある大使を派遣する事に決めた。

ノーレント共和国はこの世界で最大の商業大国。技術大国として知られ、別名世界貿易の中心地と言われるくらい世界中のありとあらゆる物が取引される。

魚族と差別なく過ごしている事が有名な国で。魚族とは、海の中を自由に動き回る事が出来る知恵のある種族全般を指す。

彼らはノーレント共和国での人権と、ある程度の自治権と引き換えに海から来る外敵から守り、商船を嵐から守るなどの契約をしている。

海水でしか生きれないために、ノーレント共和国から外に出れない。この契約は不可抗力である。

種族ごとに異なるが、大体3日は地上で生活でき、乾いたら干からびて死ぬ。海での王者だが海でしか王者になれない種族である。

種族により淡水でも生きられるが、やはり海水の方が適して居るようだ。


この魚族が居る事によって有事の際、海の中から船に相対し、そしてその力を遺憾なく発揮する。

海軍勢力ではこの世界で最強と言えるだろう。


ノーレント共和国に技術者は大量に居る、これは各国の支持基盤が崩壊してしまったり、異端視されてその国に居る事が出来なくなった人たちが研究や身を守るために集まって来る。

政権を商人達で動かす議会制の政治をとっており、新たな産業となり得るものには投資をいとわない。
この国では、外れた技術者にとってまさに天国と言って差し支えない国で、この国の国庫で技術開発を推し進める政策を取っている。

産業用技術者と、工業用技術者に大別され、さらに哲学者など学問に精通する者達も集まって日夜研究に勤しんでいる。



おかげでこの国では他国に先んじて技術が発展し、その精度ではこの世界で右に立つ物はいないとされている。

だが、そんな一見完璧に見えるこの国にも弱点がある。

純粋なノーレント国民が少ないのだ。
さらに小さな島々の集合体なので資源も無い。
少数なら輸入できるが、貿易で手に入れると関税が掛かって割高になってしまう。
労働者は確保できるが、それでも戦争を行なえるほど軍人を確保する事が出来ないし、軍備を完璧に出来るほど揃えられない。

国に居る住人の6割は移住者で、今から軍人として教育できないような既に成熟し切っている人達が大半だ。
そう、ノーレントで子供を作る人は少なく、既にある程度の知識を持った大人達が集まってくるのだ。
技術はあってもそれを扱う人が居ない。だからこの国では防衛を第一に考える。

守る事に重点を置いたらこの国に勝てる国は無いからだ。

だから各国が幾度戦争を起こそうと完全に不干渉を貫き。また各国も商業の主な貿易地としてこの国の利益は理解しているので攻めるような愚考は起こさない。

ノーレント共和国は、中立国としてのうまみを最大限発揮し、利益を得ていた。


異端とされる宗教者も集まってくるので帝国の布教活動もうまくいかず、内からも中からも鉄壁だといわざるを得ない。


この、世界最大貿易拠点に、現在シーザーは居た。

今回の訪問の理由は、ファミルス王国とアルフレイド帝国間の中間にある国の代表との会談だ。
帝国派になってしまった国々との会談のため、安全に会談する事が出来ない事と、ノーレントでお互いに決められた事はノーレントの権力を使ってそれを行使させる。と言うルールが存在するからだ。
弱小国は何の後ろ盾を持たずに交渉出来るほどの権力も持ってないし、圧力も掛けれない。
ノーレントは、いわば権力代行業をしているのだ。

経済的に封鎖されるだけならともかく、戦力を送ってこられると国力が疲弊し、アルフレイド帝国との戦いの前に大きな痛手を負ってしまうので、交渉をしないという事はありえ無い。最低でも戦力を向けない用に交渉しなければいけない。
もし各国間で決められた条約が一方的、かつ理不尽に解消されたと判断されれば世界最大貿易地点としての権力を行使し、ファミルス王国に経済的大打撃を受ける事は間違い無い。
対外向けに作っても売れなければお金を手に入れる事は出来ないからだ。
そして下手な外交をしてアルフレイド帝国に技術提供などされたら目も当てられない。

だからと言って来ないと言う選択も無い。理由は先ほどの通りで、この国は中立国としてのうまみを最大限の利益にする。
その為の政策が中心なのだ。これは、国の政策を考えるのが損得勘定で全てを考える商人が実権を握っている事から来る弊害ともいえるだろう。
特色の一つであるとも言えるのではないだろうか。
ファミルス側も最大の貿易国であり、アルフレイド帝国に賛同させるわけに行かないのでノーレントを軽視できず、こうして交渉に赴いている。

ファミルス王国とノーレント共和国は距離的に凄く遠い位置にある。

ファミルスとノーレントから直線距離で行けば魔の森を中央からぶった切って行かねばならず、そんな戦力を捻出する余裕はないし、生きて帰れるかどうかも分からない。
よってファミルスからノーレントに行くルートは、北東にあるアルフレイド帝国領内を横断するか、南の連合とジャポン国を横断するかと言う二択で行かなければいけない。

今現在、アルフレイド帝国とは冷戦状態で、武力に訴える事は無いが。さすがにファミルス王国は今回の外交担当であるほどの貴族を冷戦状態の国の領内を歩かせるほど馬鹿じゃない。

よってタイチの指令を受けた貴族のTOPであるシーザー宰相大使は南に向けて進路を取っていた。実は南から行った方が日数的に5日くらい掛かり遠回りになるが、それも致し方ない。

近隣の各国の代表は既に自国を出発していて、シーザーも後に続くように出発する。

会議までの流れは、中間にある弱小国が独自に協議し、そしてファミルス王国、アルフレイド帝国それぞれにノーレント共和国経由で、指定日時までにノーレントに来てくださいと書状を送る。と言う流れだ。


まず先にアルフレイド帝国と話をする為に既に現地に居るという情報を掴んでいるファミルス王国側は、アルフレイド帝国側の人間となるべく鉢合わせしないように、指定された日にちギリギリに到着した。

既に帝国とは協議が終わった模様で、シーザーが敵対する視線にさらされる事は無かった。

シーザーは、ノーレントに滞在する際使用される宿として、ファミルス商館ノーレント支部を訪れる。


ここは各国にある商業で旅の安全と、同国民を知らない土地で理不尽な取引をさせない為に建てられた施設で、各国の権力の象徴でもある。また、今回のような有事の際には大使が駐留する為に使われる。言わば「ノーレントにあるファミルス」という役割を果たすための施設だ。


シーザーは館長に軽く話した後、護衛の部下に旅の荷物などを置かせ、2~3日は滞在する事になる部屋を見る。

一般の宿よりは高級だが、貴族としたら少し物足りない。その程度の部屋だった。下級の大使だったらこれで満足するだろう。
調度品も申し分けなさそうに鎮座しているが、外観にあまり興味を抱かないシーザーは気にする事なくその場を退出した。

ちなみに護衛の人たちは6畳位の部屋に窓があり、二段ベッドが2つ備え付けられてあるだけで後は特に何も無い部屋で、
平民としては一般的な、いやベッドである事からすれば割と高価な部屋だった。
が、しかし。別に今回の護衛の部屋で何か起きるわけでも無いのであまり関係ない。


シーザーは各国と協議をする為にノーレントにある外交専用施設。通称:外交館に足を踏み入れる。
ここはノーレントの中立を宣言する為に各国にここで決められた事柄は絶対だと主張する為に建てられた施設で、今まで幾度も停戦協定や緊張状態にあった国同士が協議を行なった場で、この国のシンボルと言える施設だった。
警備は万全で、盗聴の類は国の威信に掛けて守られる。

そこにシーザーは足を踏み入れ、大会議場へと足を踏み入れる。

そこはこの国の財を極めた調度品の数々。広い天井にはシャンデリヤが存在を主張し、多人数でも使用できるように奥行きのある机、国王が使っている物と遜色が無いような絢爛豪華な椅子。どれを取っても一級品だ。


各国から来た大使は、この調度品の数々に不相応と言わざるを得ないような装いだ。
この場に合う権力ではないのだろう。どこか浮ついた雰囲気を隠せてない。
その中で、シーザーだけは堂々と、かつ優雅に大会議室を上座に向かって歩き、そして着席した。
シーザーが着席したのを見た各国の外交官は、早速会議に入ろうと、挨拶もそこそこに本題である議題に入った。

「ファミルス王国は、アルフレイド帝国に宣戦を布告するつもりですか?」
挨拶が終わった第一声からそれだ、外交官としては失格だろう。
しかし、そのいきなりな物言いにも動じる事無く、シーザーは丁寧に状況を説明する。
「最初はアルフレイド帝国がわが国に、国教であるミリスト教の宣教師を送ってきたのじゃ。わが国では国王であるタイチ様や王族を神とする神王国家。ミリスト教を認めぬ。よってわが国ではミリスト教を認めぬ立場を明確にした。それだけじゃ」

「何を言っている!?ファミルスは神を冒涜するきか!?」
いきなり立ち上がって神からの怒りを代弁する一人の代表者。あの国は比較的アルフレイド帝国に近い地域だから、おそらく既に国全体に広まっているのだろう。

しばらくその代表者が騒ぎ立てるが、皆止める気配が無い。その外交官は未だ騒ぎ立てて神を信じる事の有効性を説いているが。無視して話を進める事にする。
ファミルスの隣に居を構える国の代表者が発言する。
「…しかし踏み絵は少しやりすぎでは無かろうかと思いますが?」
おそらくこの者は教徒ではないが、この国でも徐々に教徒が蔓延し始めているのだろう、その発言は消極的だ。
「あの宗教は広める事こそ、その意味を見出している。対処療法ではダメじゃ。わが国の立場を明確にする必要がある以上これは必然じゃな」

「なるほど、双方の答えは戴きました。どうやらお互いの戦争は避けられない事態のようですね」
「ミリスト教の刺客に国王が暗殺されそうになった時から仕方の無い事だと思いますのう…」
シーザーは、国王が暗殺されそうになった事を伝えるが、一様に反応は鈍い。
宗者の行なった事に賛同しているのか、もしくはそれを知ってもどうする事も出来ないのか。
おそらく両方だろう。
シーザーは今回、ファミルス国の意思を各国に伝える目的でこの場に居る。タイチ王が認めないと仰られた以上、お互いの国の意思の相違により戦争は避けられない。
お互いに妥協できる所があれば、そこを皮切りに両国間の仲を取り持とうとしていた各国代表は落胆し一様に暗い表情を落とした。
しかし、落胆したままでは国は潰れてしまうし、さらに国の自主性も失われてしまう。

その後の気持ちを持ち直した代表者たちとの会談は、それならそれで此方にもやり様があると言わんばかりに比較的スムーズに進み、お互いに意見交換をしてこの場は閉会となった。

最低限の貿易再開。軍隊の横断の許可。戦争には不干渉の条約を取り付けるシーザーの手腕は大したものだが、それが本当に守られるかは分からない。

そしてそのまま極度の緊張状態は続き、ファミルスは近隣の貿易を大幅に阻害されて孤立し、数年の歳月が流れる事になる。


_______________________________

こういう有限霧消の雑魚国も、きちんとこの世界を動かす住人だと言うことですね。名前も無いし情景描写もされないような雑魚国家ですけど。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026327133178711