オリジナルSS投稿掲示板




No.4801の一覧
[0] R.G.O! (よくあるMMO風味)[朝日山](2011/07/18 10:43)
[1] RGO2[朝日山](2011/07/17 15:57)
[2] RGO3[朝日山](2011/07/07 15:13)
[3] RGO4[朝日山](2011/07/07 15:21)
[4] RGO5[朝日山](2011/07/07 15:31)
[5] RGO6[朝日山](2011/07/17 15:59)
[6] RGO7[朝日山](2011/07/17 15:59)
[7] RGO8 ―閑話―彼女に対する考察[朝日山](2011/07/17 16:01)
[8] RGO9[朝日山](2011/07/17 16:02)
[9] RGO10[朝日山](2011/07/17 16:02)
[10] RGO11[朝日山](2011/07/17 16:03)
[11] RGO12[朝日山](2011/07/17 16:04)
[12] RGO13[朝日山](2011/07/17 16:05)
[13] RGO14[朝日山](2011/07/17 16:06)
[14] RGO15[朝日山](2011/07/17 16:07)
[15] RGO16[朝日山](2011/07/17 16:07)
[16] RGO17[朝日山](2011/07/17 16:08)
[17] RGO18[朝日山](2011/07/17 16:08)
[18] RGO19[朝日山](2011/07/19 18:32)
[19] RGO20[朝日山](2011/07/17 16:20)
[20] RGO21[朝日山](2011/07/17 16:20)
[21] RGO22[朝日山](2011/07/17 16:21)
[22] RGO23[朝日山](2011/07/17 16:21)
[23] RGO24[朝日山](2011/07/17 16:22)
[24] RGO25[朝日山](2011/07/17 16:22)
[25] RGO26[朝日山](2011/07/17 16:23)
[26] RGO27[朝日山](2011/07/17 16:24)
[27] RGO28[朝日山](2011/07/17 16:25)
[28] RGO29[朝日山](2011/07/17 16:26)
[29] RGO30[朝日山](2011/07/17 16:27)
[30] RGO31[朝日山](2011/07/18 10:32)
[31] RGO32[朝日山](2011/07/18 10:33)
[32] RGO33[朝日山](2011/07/18 10:47)
[33] RGO34[朝日山](2011/07/18 10:54)
[34] RGO35[朝日山](2011/07/18 10:53)
[35] RGO36[朝日山](2011/07/18 11:44)
[36] RGO37[朝日山](2011/07/18 11:32)
[37] RGO38[朝日山](2011/07/18 11:44)
[38] RGO39[朝日山](2011/07/18 11:47)
[39] RGO40[朝日山](2011/07/23 01:00)
[40] RGO41[朝日山](2011/07/30 08:32)
[41] RGO42[朝日山](2011/07/30 08:35)
[42] RGO43[朝日山](2011/07/30 08:36)
[43] RGO44[朝日山](2011/08/06 07:37)
[44] RGO45-閑話 彼女への既視感(前)[朝日山](2011/08/20 15:41)
[45] RGO46-閑話 彼女への既視感(後)[朝日山](2011/08/20 15:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4801] RGO45-閑話 彼女への既視感(前)
Name: 朝日山◆0271fe8b ID:0f0543f3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/08/20 15:41
 

 セダの街はいつ来ても相変わらず賑やかだ。
 ここしばらく行きっぱなしだったフォナンから戻ってくると何だか余計にそう感じた。
 今日はこの街でナミと待ち合わせしているのだ。

 といってもリアルのナミとじゃなくウォレスの方で、たまにはセダの街で昼食でもどうかと珍しく向こうから誘われたのだ。ナミがウォレスの姿なのは色々複雑だが、それでも嫌という訳ではないのでもちろんオッケーだった。
 そういえば何か渡したいものがあるって言ってたけど、それが何かは教えてもらえなかったな。
 しばらく前にあいつは生産職を選んだといっていたからそれ関係かもしれないと当たりをつけているんだけど。


 そんな訳でセダまで来たものの、約束の時間までまだ結構あったので暇つぶしにセダのオークションハウスや露店を覗こうと、俺は商業ギルドの前まで来ていた。
 商業ギルドはセダで一番賑わっている施設だろう。セダに来たら大体一日に一回くらいはここを覗くという人間は沢山いる。
 新しいクエストが定期的に発生するし、オークションは見ているだけで飽きない上に掘り出し物があったりもするし。
 商業ギルドはセダの街の中心地にある古めかしい石造りの大きな建物で、いつも両開きの大きな扉が開け放してある入り口は人の出入りが絶えることがない。


 ギルドと呼ばれる場所(というか本当は組織というべきなんだろうけど)は種類が幾つかあるが、俺が出入りするのはもっぱら戦士ギルドと商業ギルドばかりだった。魔法は使わないので魔法ギルドには用がないし、まだ旅団にも所属していないので旅団ギルドにも縁がない。

 戦士ギルドとはその名の通り戦士系職業全般のための場所だ。戦闘チュートリアルやスキル取得のための訓練所、騎乗スキルを取得するための訓練用馬場などがある。
 俺には用がないので詳しくはないが多分魔法ギルドにも魔道士用の似たような施設があるんだろう。
 商業ギルドには副職である生産職の紹介なんかの簡単な副職チュートリアルやオークションハウス、露店を開く時に便利な関連商品を売る店なんかがある。
 旅団ギルドには旅団を作る時の手続き所や旅団専用部屋なんかがあるわけだ。

 ちなみに各ギルドで受けられるクエストは、それぞれの場所で少しずつ傾向が異なっている。
 ソロや少人数パーティでの討伐系なら戦士ギルドか魔法ギルド、アイテム入手や届けもの系なら商業ギルド、旅団単位で出張るほどの大きなクエストやいくつもの旅団で協力するレイドクエストなら旅団ギルドがそれぞれ斡旋してくれる。
 それ以外にも街中で小さなクエストが発生することも多くあるが、稼ぐためなら各ギルドへ行くのが手っ取り早い。



 商業ギルドの中に入った俺はついでにクエストの受付所に行って終了報告を申請し、手持ちのカードを一枚納入した。このカードは騎獣生産で育てていた、馬に似たパムという生き物の権利書だ。
 騎獣は普段は借りている牧場にいるのだが、この権利書によって持ち運んだり売買することができる。
 騎獣に乗る時はこのカードを使うことで呼び出すことができる仕組みになっている。外ではどこでも自由に呼び出せるが、街中では街や村では入り口付近にある専用の厩舎でしか呼び出せない。街中を連れて歩くこともできるが、道幅や人の量によっては邪魔になるため乗り入れしない、というのがプレイヤー間の暗黙の了解だ。

 今納入した騎獣は最近忙しくて片手間に育てたせいであまりいい数値に育たなかった奴なのだが、そういう騎獣はプレイヤーの買い手を求めるよりも商業ギルドのクエストで納入した方が割がいいことがあるのだ。
 プレイヤーを相手にすると買い手を探すのにも時間がかかるし、数値を理由に値切られたりして交渉も面倒くさい。
 ギルドのクエストなら期限がないものを選べばいつ受けていつ納入してもいいから気が楽だ。
 報酬も適正価格だし、時々色がつくこともある。
 今回の報酬は普通だったが特に不満もなく、俺はそれを受け取ると他に受けておけそうなクエストを幾つか漁ってからそこを後にした。

「さて、後はオークションをざっと眺めたらちょうどいい時間かな」
 独り言を呟いて、入り口脇にあった受付から歩き出して奥を目指す。奥には大広間があり、そこがオークションハウスとなっている。
 いつも通りに大広間の入り口を潜った俺は、しかしいつもと違う光景に面食らって立ち止まった。

「……何だ?」
 何かすごく人が多い。
 しかもその客層がいつもと違い随分と偏っている。なんと部屋にいる人間のおよそ半分くらいがローブ姿だ。
 あ、偏っているという言い方はおかしいか。むしろ、いつになく平均的だ、というべきか。
 何か魔法系アイテムの大量放出のイベントでもあったろうかと考えたが、あいにく魔法系にはあまり用がないので記憶になかった。しかしこんなに沢山の魔道士を一度に見るなんてRGOの稼働直後以来だ。

 とりあえず俺は妙に真剣に手元のウィンドウを眺める彼らの邪魔にならないように大広間には踏み込まず、その手前の人の少ない廊下の端に行ってそこで自分のウィンドウを開いた。商業ギルドの建物内では、オークション会場の一定距離内ならどこにいても参加したり閲覧したりすることは可能なのだ。

 オークションに出されているアイテムは、武器防具をはじめとした色々なカテゴリに細かく分かれている。
 俺は画面を操作して気になっていたアイテムの出品の有無や入札経過だけ確かめ、それから何となく好奇心で魔法系のアイテムのカテゴリを開いた。部屋に大量の魔道士が溢れる理由を知りたかったのだ。
 魔法系アイテムの欄を開き、入札数でソートすると上に出てきたのは幾つかの魔道書だった。

「……これが原因か?」

 入札数が軽く百を超える魔道書が数点表示されている。現在の金額もかなり高額だ。
 魔法系のアイテムにこんなに入札が入るのはかなり珍しい。
 あまりオークションなんかに熱心でないウォレスの為に、俺もたまに魔法系の方を覗いていたのだがこんな事は初めてだった。普通なら魔法系のアイテムは余り人気のあるカテゴリではないのだ。杖なんかはどれも買い手が付かずに終わることもよくあるし、魔道書も並んでいるのは魔法職以外の人間が手に入れたドロップ品中心で珍しい物は少ない。かろうじて人気があるのは他職でも使えるステータスアップの効果のあるアクセサリーや魔法薬くらいだったはずだ。
 それを考えるとこの魔道書の入札数や金額はちょっと異常だ。

「聞いたことのない名前の本だけど……ひょっとしてプレイヤーメイドか?」
 名前をクリックして説明文を見ると、そこには確かに魔道士達が入札に来るにたる説明が書かれていた。

『加賀美の書』:補助系魔道書。基本の属性補助魔法四種と敵弱体化補助魔法三種を入れた七種類の魔法が使用可能。
『獅堂の書』:火属性特化魔道書。赤の魔道書1と2の魔法が収蔵。火属性に補助効果あり。
『森谷の書』:回復魔法特化魔道書。白の魔道書1と2、他属性補助魔法2種収蔵。

 その他にも『夢野の書』、『神崎の書』といったアイテムが同じ出品者の名前で出品され、どれにも相当の数の入札が入っている。
 細かい情報を見ると確かにどれも説明に書かれた通りの魔法が収蔵されているのがわかった。どの本も普通の魔道書よりも使用できる魔法の数が多く、各属性に特化したり使い勝手のいい魔法が万遍なく入っていたりと、今まで見たことのないような類の魔道書なのだ。
 これなら確かに人気が出るわけだ。
 どれも一冊あれば魔道士達の戦闘での役割がぐっと大きく、楽になることは間違いなしだ。

「しかし……何つー名前だ。誰だよ、加賀美とか夢野って。まさか本名じゃないだろうけど……」
 製作者か? と思ったが、どの魔道書も製作者は不明となっていた。プレイヤーメイドのアイテムはそこに自分の名前を刻むかどうかは任意で選べるのだ。これを作った人物は名前を残したくなかったらしい。

「変な名前付けるから残したくなかったのかな。出品者は……G&B商会? これも聞かない名前だなぁ」
 聞かないって言っても俺もそんなにオークション全部を見てる訳じゃないからな。
 そんなことを考えていると、大広間の中にどよめきが走った。顔を上げるとこの廊下でも魔道士達が何人かがっかりとした顔をして画面を睨み付けたりため息を吐いたりしている。
 つられて手元の画面を見てみると、魔道書の名が一つ消えていた。どうやらどれかが落札されたらしい。こういうのは最後の方になると半ば運の勝負みたいになるからなぁ。じゃんけんで負けたみたいな地味に痛い悔しさがあるよな。
 ウォレスの為に一冊くらい手に入れてやりたい気もするけど……かなり頑張らないと無理そうだな。
 もうちょっと金稼いでから考えようかな。

「――からさ、誰が落としたかって、わかんねぇじゃん」
 ふいにぼそぼそと話し声が聞こえた。声の聞こえた方をちらりと見れば、俺が今いるこの廊下の片隅の、更に少し奥にいた二人連れの魔道士達が何かぼそぼそと相談している。
「そうだけど……絶対後でばれるって」
 その雰囲気が妙に刺々しいのが気になって、つい耳を傾けてしまう。二人の声は小さかったが、周囲は静かだったのでかろうじて会話は聞こえた。

「大丈夫だって。落とせるまでここで張ってますって言えば時間は稼げるし。その間にこれで狩りして、金返して後は抜ければいいんだからよ」
「そう上手く行くかなぁ」
「せっかく手に入ったんだから俺はこれ渡すのは嫌なんだよ。入札制限されてっから、出品者が制限解いてくれない限り俺はもう二度と入札できないんだぞ? それなのに戻ったらこれ渡さなきゃとかさ」
「そりゃ気持ちはわかるけど、予算は団から出てるわけだし……」
「ちゃんと返すって! それにさ、オクの為に一度脱退することになった時だって指輪全部返せとか言ってきて、向こうだってこっちを信用してないの見え見えじゃねぇか。お前不満じゃねぇの?」
「それは俺も結構頭きたよ。確かにあれはないよなぁ」
「だろ? 俺らだってちゃんと旅団に貢献してきてんのに、それを幹部連中ときたらさ……」

 そこまで聞いたところでピリリ、と画面から小さなアラームの音がした。
 あ、やべぇ、もう約束の時間だ。なんかつい盗み聞きしちまったけど、残念ながらここまでみたいだ。
 褒められたことじゃないのはわかってるけどついつい聞き入ってしまった。
 他人の旅団やパーティのもめ事って、MMOだと妙に気になるんだよな。それこそ他人事じゃないからなんだろうか。どこにでもある手軽なゴシップっていう感じもするし。
 つってもまぁ俺はまだ旅団には入ってないけど……VR研でそろそろ旅団を作ろうって最近熱心に言ってきてるんだよな。どうすっかなぁ。
 以前だったらあいつらと旅団を組むことにすんなり頷いただろうけど、今は少し躊躇われるんだよな。VR研の連中と一緒じゃ、ウォレスは絶対俺と一緒の旅団に入るなんて同意しないだろうし。どうせだったら一緒に遊びたいと思ってんだけど……。
 そんなことを考えながら、相変わらずぼそぼそと会話を続ける二人を横目に俺は足早に大広間を後にした。とりあえず今は約束が先だ。




 ウォレスと約束したのはセダの大通りから随分と外れた小さな路地の奥の店だった。
 周りは住宅ばかりで他に店らしい店はない。細い路地の風景は、親父が居間に飾っていた、出張で行ったというスペインの街並みの写真に少し似ている。
 セダの入り組んだ裏路地は地図を見ながらでも歩きにくく、結局目的地まですぐには辿りつけなくて仕方なくウォレスに連絡してナビしてもらう羽目になってしまった。
 指定された店の前にようやく辿りつくと、確かにごく小さいが料理店を示す看板が出ている。
 どうやって見つけたんだ、こんな店。
 店の扉を開けると、中は随分と薄暗い空間だった。中に入ってすぐのところに呼び鈴や小棚の乗った小さなカウンターがあり、その脇を窓もない通路が続いている。予想していたものと全然違った内装に困惑していると、通路の奥から一人のおばさんが現れた。

「あら、いらっしゃいませ。お一人ですか?」
「あ、いや、えーと、待ち合わせを……」
「ああ、お連れ様は先ほどからお待ちですよ。こちらにどうぞ」
「あ、はい」
 ここが本当に店なのか疑っていたのだが、どうやら間違いはなかったらしい。
 案内されるままに通路を通り、奥にあったすだれのような仕切りを潜ると、そこはまた別の世界だった。

「うわ……」
 仕切りの向こうから明るい光が零れていたから暗いのは通路だけだという事はわかっていたが、実際に明るい場所にでるとその落差に一瞬目が眩む。
 手をかざして光を遮り、目を細めて自分がいる場所を確認すると、どうやらそこは中庭のような場所になっているらしかった。
 目が慣れるのを待って見回すと、四方を建物に囲まれたそこは思ったよりも大分広い。
 昔テレビで見た外国のホテルの中庭にそっくりだ。中央にゆっくりと水を吹き出す噴水があり、あちこちを色とりどりの花々が飾り、木々が明るい緑の葉を揺らす。
 セダでは当たり前に見かける裏路地の雑然とした並びの建物の、薄汚れた白壁の中にこんな空間が広がっているなんて信じられない気分だ。

「ミスト、こっちじゃよ」
 四角く切り取られた空を驚きとともに見ていた俺に聞きなれた声がかけられる。
 視線を戻すと噴水の向こう、屋根から木々へと渡された日よけの布の下に丸テーブルのセットが幾つか置かれ、その奥まった一つにウォレスの姿があるのを見つけた。

「遅かったの」
「悪い、ちょっとオークションハウスに寄ってたら時間食っちまって」
「ほう。何か掘り出し物でもあったかの?」
「ん、まぁ……」
 他人の会話を盗み聞きしてた、とは言えずに思わず言葉を濁す。
 ウォレスも突っ込んで聞く気はないらしく、案内してくれたおばさんにメニューも開かず今日のおすすめセットを二つ、と話しかけていた。

「よくこんな店知ってたな。こんなとこに店があること自体驚きだけど、中がこんなだと全然思わなかったよ」
「裏路地の店の開拓はもはやわしの趣味じゃからの。ここはおまかせだと美味しいものが出てくるのじゃよ」
「……おまかせじゃないと?」
「味は悪くないが、名前とはかけ離れたものが出てくるよ」
 いや、意味がわからん。
 テーブルの上をトントンと軽く叩いて店のメニューを呼び出すと、書かれていたのは普通に肉料理や魚料理などがいくつかと、何故かパスタとかピザとかオムライスとか言ったファミレスのような名が並んでいた。

「ここって、プレイヤーの店とかじゃないんだよな?」
「NPC店じゃな。店主が料理人でさっきのが奥さんなんじゃがの、奥さんの話だと、店主が表通りで旅人が好む料理を聞きこんでこの店のメニューにも反映させたそうじゃよ。上手くいっとるとは言い難いようじゃが……」
 聞きこんだだけで後は想像で作ったから、名前から俺らがイメージする物と違う物が出てくるらしい。
 それで結局美味しいのはお任せ料理って。

「なんか……努力の方向を間違ってるような気がする話だな」
「まぁ、メニューに載っているもの以外がとても美味しい、と覚えておけば困ることはないじゃろう」
 じゃあそもそもメニューいらないんじゃ……。

「お待たせしました」
 意外に早く横から声がかかり、俺たちの目の前にそれぞれお盆が置かれる。
 お盆に載っていたのは半円状の薄焼きのパンが何枚か入った籠と野菜サラダ、豆か何かの煮込み料理の入った小さな器と、蓋のされた大きいが高さのあまりない壺のようなものだった。
 奥さんが壺の蓋を開けるとふわりと蒸気とともにいい匂いが辺りに立ち込める。
 中に入っていたのは肉や野菜をとろけるまで煮た料理らしい。

「こちらはメイル牛と地物野菜の壺煮です。そちらは今朝上がったばかりのオウヒという魚と地物野菜の壺煮になります。ごゆっくりどうぞ」
 どうやら二人の料理の中身を変えてくれたらしい。ウォレスの方を覗き込むと魚が丸ごと一匹と野菜が入っていて、こちらとはスープの色も結構違う。そっちも美味そうだった。
 薄焼きパンは中が開けるようになっていて、そこに煮込み料理とサラダを詰め、豆の煮込みだと思っていたのは実は薬味の役割をするソースで、それを軽くかけて食べるのだとウォレスに教えてもらった。
 食べてみるとここの料理は本当に美味かった。一つ平らげたところで、お互いにパン一つ分を交換して食べる。
 ウォレスのものは柑橘系の香りの効いた塩ベースの味で薬味のナッツの歯ごたえがいい。俺のは良く煮込んだデミグラスソースに似た濃いめの味でとろりとした柔らかな食感がとても良い。どちらも甲乙つけがたい美味しさだった。
 ウォレスも気に入ったのか言葉少なに食事をしている。ナミは食べている時はあんまり喋らないので食事の合間に俺が一方的に近況を語る感じになるが、それもいつも通りだった。
 しかし……VRでもナミはやっぱり食べるの遅いんだな。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027179002761841