オリジナルSS投稿掲示板




No.4801の一覧
[0] R.G.O! (よくあるMMO風味)[朝日山](2011/07/18 10:43)
[1] RGO2[朝日山](2011/07/17 15:57)
[2] RGO3[朝日山](2011/07/07 15:13)
[3] RGO4[朝日山](2011/07/07 15:21)
[4] RGO5[朝日山](2011/07/07 15:31)
[5] RGO6[朝日山](2011/07/17 15:59)
[6] RGO7[朝日山](2011/07/17 15:59)
[7] RGO8 ―閑話―彼女に対する考察[朝日山](2011/07/17 16:01)
[8] RGO9[朝日山](2011/07/17 16:02)
[9] RGO10[朝日山](2011/07/17 16:02)
[10] RGO11[朝日山](2011/07/17 16:03)
[11] RGO12[朝日山](2011/07/17 16:04)
[12] RGO13[朝日山](2011/07/17 16:05)
[13] RGO14[朝日山](2011/07/17 16:06)
[14] RGO15[朝日山](2011/07/17 16:07)
[15] RGO16[朝日山](2011/07/17 16:07)
[16] RGO17[朝日山](2011/07/17 16:08)
[17] RGO18[朝日山](2011/07/17 16:08)
[18] RGO19[朝日山](2011/07/19 18:32)
[19] RGO20[朝日山](2011/07/17 16:20)
[20] RGO21[朝日山](2011/07/17 16:20)
[21] RGO22[朝日山](2011/07/17 16:21)
[22] RGO23[朝日山](2011/07/17 16:21)
[23] RGO24[朝日山](2011/07/17 16:22)
[24] RGO25[朝日山](2011/07/17 16:22)
[25] RGO26[朝日山](2011/07/17 16:23)
[26] RGO27[朝日山](2011/07/17 16:24)
[27] RGO28[朝日山](2011/07/17 16:25)
[28] RGO29[朝日山](2011/07/17 16:26)
[29] RGO30[朝日山](2011/07/17 16:27)
[30] RGO31[朝日山](2011/07/18 10:32)
[31] RGO32[朝日山](2011/07/18 10:33)
[32] RGO33[朝日山](2011/07/18 10:47)
[33] RGO34[朝日山](2011/07/18 10:54)
[34] RGO35[朝日山](2011/07/18 10:53)
[35] RGO36[朝日山](2011/07/18 11:44)
[36] RGO37[朝日山](2011/07/18 11:32)
[37] RGO38[朝日山](2011/07/18 11:44)
[38] RGO39[朝日山](2011/07/18 11:47)
[39] RGO40[朝日山](2011/07/23 01:00)
[40] RGO41[朝日山](2011/07/30 08:32)
[41] RGO42[朝日山](2011/07/30 08:35)
[42] RGO43[朝日山](2011/07/30 08:36)
[43] RGO44[朝日山](2011/08/06 07:37)
[44] RGO45-閑話 彼女への既視感(前)[朝日山](2011/08/20 15:41)
[45] RGO46-閑話 彼女への既視感(後)[朝日山](2011/08/20 15:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4801] RGO40
Name: 朝日山◆56f2e972 ID:f37ee68f 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/07/23 01:00



「ああ、癒された……」

 ヤクザまがいの男と魔法使いの爺さんがベンチに並んでツーショット、という謎の多い記念撮影の後、私達はまだベンチに並んで座り、すぐそこで買った魔法焼きを食べていた。
 この前は彼におごられたが今日はせめてものお礼代りに私のおごりだ。どうやら彼は見かけによらず甘党らしく、食べ慣れたものでも随分と喜んでくれた。
 何か良い仕事をやりきったような清々しい笑顔と手に持った甘いお菓子が、強面の彼には激しくミスマッチだがもう何だか慣れてきた。
 それにしてもたった今ため息と共に吐き出された彼の言葉と口調、どうにも気持ちがこもり過ぎだ。何だか可笑しさが込み上げて私は思わずくすりと笑ってしまった。

「ギリアムさんも老魔法使いに何か思い入れでも?」
「ああ、ギリアムでいいって。まぁ俺もファンタジーはもともとかなり好きでな……つっても、むしろ最近美形に飽きがきてたという方が強いかな」
 あ、なんかそれわかる気がするなぁ。
 確かに最初は私も美形な人たちを珍しく眺め回していたが、最近では全く意識を向けなくなりつつある。むしろNPCの方が色々個性的な顔立ちだったりして、そっちの方が話をしていると落ちつくのだ。
 あまりにも皆がかっこよかったり美人だったり可愛かったりすると、段々どれも同じに見えて区別がつかなくなってくるから不思議だ。

「いや、最初はすげー感動したんだよ、俺も。俺はVRゲームは初めてだったからよ。ログインしたら目の前に昔見たファンタジー映画の中みたいな世界が広がってて、見るもの全部がなんか古めかしいのが逆に新鮮でさ。美人は多いし、エルフとか獣人とか珍しかったし。けど、段々見慣れてきたらなんかな……」
「……飽きるのう、確かに」
「だよな! 普通飽きるよな!?」
「普通かどうかはわからんが、まぁわしも最初は楽しく見ていたが、もともと美人よりも老魔法使いなんかの方に憧れを抱く類の人間じゃから、あっという間に興味は薄れたかの」
 私の言葉にギリアムは何度も嬉しそうに頷いた。彼も見栄えや萌えよりも憧れや拘りを優先する性質のようでちょっと嬉しい。
 彼が愛すべきジジコンなのか、それとも老け専かの判断に迷っていたが、どうやら前者であってくれたらしいことにもほっとしたし。後者じゃなくて本当に良かった。

「ものすごくわかるぜ、それ。だから今回のその帽子とパイプ作りはかなり燃えたんだ。久しぶりに楽しかったぜ」
「本当に良く出来ておるよ。わしもまさにこういう物を探しておったんじゃよ。しかし、自作と言う事はギリアムさんは生産は防具系なのかの?」
「だから、ギルでいいって。俺は生産は確かに防具系だな。防具生産も色々あるが、俺は軽装備と装飾品の二つをとってる」
「ほう。防具や武器の生産は系統が色々あるとは説明を読んだが、二つも取れるのか」
「いや、防具や武器の生産カテゴリに入ってる系統なら限定はないんだ。けど何でもそうだが、それにかけた時間と熟練度はイコールみたいなもんだからな。半端にやっても意味がないだろ。大抵の奴はせいぜい二つまで、多くても三つってとこだろうな。まぁ数は少ないが、狩りをしないで生産専門でやってる奴にはもっと手広く色々作ってるってのもいるけどな」
 
 ギリアムの話によれば、武器なら片手剣、両手剣、槍、斧、銃、等々の種類別の系統に分かれ、防具なら全身鎧などの重装備系、もう少し軽めな標準装備系、部分鎧や服などの軽装備系、装飾品などに分かれているらしい。
 
「装飾品か……同じような指輪でも装飾品と魔道具と、結構違いがあるのかの?」
「うーん、そこら辺は物によるが……単純なステータス上昇とかの数値的な補正効果とか、スキル効果の補助とか、そういうのあるのが装飾品だな、大体は。もっとファンタジーっぽい効果……例えば、一定時間敵から身を隠せるとか、クリティカルが出やすくなるとか、魔道書の代わりにカンペの役割を果たすって噂の奴とか、そういうのは魔道具の類になる。装飾品は一般的な耐久値がついてるだけが、魔道具は回数制限があったりするものも多いな」
「なるほど……」
「まぁ、そういう定義もまだ割と初期だから曖昧だけどな。もっと生産に熟練してくる奴が出たり、新しい職業が出たりしたら、また変わるだろうしな」

 魔道具の中で一番有名なのは今のところ転移石や洞窟探索時に使用する光石、野外や洞窟で安全地帯が見つからない時に使う結界石なんかだろうか。
 どれもさほど安くはないアイテムなので、自分で作って店売りより少し落ちる値段で売りに出しても十分に利益があるし需要もあるらしい。他に有名といえば魔道士の持つ杖は武器ではなく魔道具生産の中に入るのだが、需要があまりにもないので作っている人間はほぼ皆無だという。

「不躾ですまんが、もう一つ聞いてもよいかの? じゃあその、そういう生産素材が理由で、初めて会った時やさっきのような事が?」
「……ああ。最近どうも、あいつらとかち合うことが多くてなぁ。って今更だが、あんたはウィザーズユニオンじゃねぇんだよな? あいつらがそうだってのは知ってるのか?」
 ギリアムはそう言うと、ミストから貰ったドロップ品の指輪が二つはまっているだけの私の手にちらりと視線を流した。
 
「うむ。まだこの街に来て数日だし、どの旅団にも参加してはおらんよ。友人から話は少しだけ聞いておったし、さっき魔法ギルドの中でそれらしい集団に会ったのじゃが、やはり彼らがそうなのか……」
「中で会ったって、今日は連中の集会の日だろ? 掲示板の告知、見なかったのか?」
「告知?」
 私が首を傾げるとギリアムはあちゃあ、とでも言いたげな渋い顔を浮かべた。

「その様子じゃ今日が連中の集会だって知らなかったみたいだな。そりゃ運が悪かったなぁ。今日は連中の定期集会兼、旅団勧誘会かなんかだったはずだ」
「定期集会……やはりこの街ではあれも常識なのかの?」
「まぁ……情報掲示板の中にある、サラム専用のイベント告知板にアレが告知されると、関係ない奴はその日ばかりは魔法ギルドに近寄らないのが普通だな」
 そんなものがあったのか……イベントは今の所興味が薄かったから見ていなかった。
 何かついてないなぁ。次からは私もサラムに関する情報掲示板を定期的にチェックするか。

「しかし、あんな風に公共の場所を大勢で占拠する事が許されて良いものなのかの?」
「あれに関する抗議は旅団や運営に結構行ってるらしいんだがな。けど、今のところそこまでの迷惑行為じゃないって目こぼしされてるらしい。一応運営からも注意や警告は旅団にしてるらしいんだが、あいつらもその都度注意されたことに合わせて開催方法や時間を変えたりして改善してはいるらしいしな。運営としてはあんまり煩く規制して、他のイベントの開催を抑制する羽目になっても困るから悩んでるっていう立場らしいぜ」
 なるほど。確かにイベントが主催者の意図を外れて大規模になって騒ぎになってしまった、とかは聞く話だもんね。それをさばけるかどうかはその主催側の手腕によるだろうけども、一つが失敗したり迷惑だったからといって、何もかも規制していたらプレイヤー主催のイベントが減ってしまうことも十分考えられる。
 運営としてはそれはそれでゲームの盛り上がりを維持するのに困る、という観点なんだろうな。

「そういえば、ウォレスさんも中で声かけられなかったか?」
「ああ、確かに掛けられたが……」
「事情を説明されて、やんわりと引き取って貰えないかとお願いされ、それから勧誘されたり、詫びだと言ってアイテムを差し出されたりは?」
「アイテムはなかったが、それ以外は確かにあったかの」
そう言うと、ギリアムはやっぱりな、と呟いて頷いた。

「そう言うやり方なんだよ。運営に苦情が行くと、当然調査が入るだろ? だが連中は事前に一、二時間魔法ギルドを集合場所として使う事を掲示板で告知してある。それを知らない人間が迷い込んだ場合、あくまで丁寧に『お願い』して引き取って貰っている。
 入り口付近でギルドの出入りをチェックする奴や、交渉に当たる担当者も決まってるらしくて、ログを見られても問題がないようにしてあるらしい。苦情を言った方も、何だかんだ言っても一応自ら納得して引き下がった会話ログを出されたらそれ以上の文句は言えないし、物を受け取ったなら尚更だしな」
「ははあ……なるほどのう。それならまぁ、確かに強くは抗議できないのう」
 となると私が出会ったあの一連のやりとりも全て彼らのシナリオ通りだったというわけか。しかし、逆にそっちの方が面倒だと思うんだけどなぁ。

「そこまで手間を掛けて、彼らに何かメリットがあるのかね?」
「さぁなぁ……まぁ、恐らくはあれも魔道師の囲い込みのためなんだろうとは思われてるけどな。一所にあれだけ集まればさすがにギルドの力とか勢いを感じさせることはできるだろうし、偶然迷い込んじまった魔道師も細かくチェックして勧誘したりすることができるからな。ウォレスさんを誘ってきた奴は美人じゃなかったか?」
「美人……まぁ、そう言われてみれば、確かに美人の部類じゃったとは思うが」
「それ、相手が女だとイケメンがでてくるらしいぜ」
 そう言ってギリアムさんは苦笑を浮かべた。
 その言葉になるほどと頷いたものの、私も思わず苦笑いを浮かべてしまう。美人でもどうとも思わなかったが、イケメンが来ていても困ったろうなぁというのが素直な感想だ。
 そもそもこれだけ美男美女が溢れているRGOの中で、その行為に意味はあるんだろうか。顔だけじゃなく、人に好かれそうなタイプを用意したりしてるのかな。

「何にせよ、用がないなら告知がある日は近づかない方が賢明だな。連中は大体二時間もありゃ引き上げるから、その間だけの我慢だし」
「うむ、肝に銘じておくよ。で、さっきの質問じゃが」
「ん? ああ、話が逸れたな。まぁ本当なら俺もあんまり関わりたくはねぇんだが、何せああやって 装飾品を大量につけてるのが連中のスタイルだろ? だからソレ関連の生産素材を買いに行くと必然的に顔合わせちまってなぁ。それでも以前はあんな風に嫌味を言われるようなことはなかったんだが、最近連中が人出を使って店売りの素材を買い占めるようになってな。それ以来、先週みたいな事が多いんだよ」
 はぁ、と彼から吐き出されたため息は随分と重かった。

「俺は装飾品やってるんで彫金のスキルがあるから大体インゴットと石だけ買うんだ。既製品の指輪や腕輪の土台とかそういうのは要らねぇんだが、あいつらは人海戦術で時間調整して大体何でも買占めちまうからなぁ。最近はちょっと困ってるって訳さ」
 彼の話によると、魔法具生産では彫金はできないので最初は必要素材はそんなに被ってはいなかったらしい。しかしこの所、既製品の土台だけでは足りなくなったのかインゴットも彼らに買い占められるようになったのだという。
 まぁそもそもそうやってお互いに協力するために旅団を組んでいるのだし、時間調整してログインしている者が買い物を担当するのもごく当たり前の話だ。資源の取り合いもMMOでは良く聞く話だから、それに負けたからといって一概に彼らを非難することは出来ない。
 だからギリアムさんもああやって走り回って頑張っているんだろうなぁ。
 
「素材を売っている場所はここだけではないのじゃろう?」
「確かにそうなんだが……装飾品や魔道具に使う材料ってのはまだあんまり他の街じゃ店で売ってないんだ。今のところサラムが一番品揃えがいいのさ。ファトスでは素材はごく初歩の奴しか売ってないし、セダは様々な商品が溢れる分、他職用の品も多いから広く浅くって感じだな。フォナンは鎧や武器向きの素材が多いな」
「インゴットなんかは共通なのでは?」
「いや、装飾品用のインゴットってのは鎧や武器用の奴よりも小さくて純度が高いんだ。素材も銀や金が中心だな。大きい奴から小さいインゴットを作ることは出来るが、『精錬』とかのスキルが必要になる」
 ギリアムさんはそのスキルを一応取ってはいるが熟練度が余り高くないことと、装飾品を求める者よりも武器や防具を求める人間の方が数が多いのだから、むしろそちらを手に入れて精錬する方が効率が悪いということらしい。そのために彼はサラムへ来れるようになってからはもうかなりの時間ここに腰を据え、ここで日々生産スキルの研鑽を積んできたようだ。

「熟練度が上がるとな、生産の時に専用のエディタが使用できるようになって、テンプレにある物を作るんじゃなく、自分で色んなデザインができるようになるんだよ。俺もやっと色々できるようになって、楽しくなってきたとこだったんだけどなぁ……そうなったらなったで、作ったもんのパーツだけ売れとか、新しく作って登録したデザインテンプレートごと買い上げるからよこせとか言われるとか、ねぇわなホント」
 最後の方は思わず独り言が零れた感じで、ぶつぶつと呟くような小さな声だった。
 どうやらさっきの男とのやり取りへの愚痴らしい。せっかく自由度が増え、自分の思い通りの装飾品を作れるようになったのにそんな事を言われたらそりゃあ腹も立つだろうなぁ。

 けどこの帽子の出来具合や拘り加減を見る限り、確かに彼はセンスも良さそうだ。自由度が上がって個人のセンスによって出来上がりに差が出てくるとなると、それを欲しがる人間が出ても不思議じゃない。
 私は美術は可もなく不可もなくという成績で、そっちの方には全然自信がない。センスのある人がちょっと羨ましい。
こんな無骨そうな見かけの人が他には一体どんな装飾品を作るんだろう、と興味深く視線を投げると、彼はそれをどうとったのかガシガシと頭を掻いて眉を下げた。

「あ、悪ぃ。まぁ、そういう訳なんだが……そうは言っても今のは俺の個人的事情だからな。話半分くらいで聞いといてくれよな、ウォレスさん」
「話半分、とは?」
「いや、そのな、話しといて今更だが、ホントはあんま楽しい話でも褒められた話でもねぇからよ。他の旅団の噂話とかさ。あいつらにはあいつらの言い分があるんだろうし、あんたに変な先入観持たせても悪いだろ……っても、もう手遅れか」
 ああ、そういうことか。この人、強面で荒っぽい感じなのに意外に常識的だな。

「いや、そういうことならそもそも聞いたのはわしの方じゃろう。わしもこれから本格的に生産を始める予定でな。あまりトラブルがあるようだと困ると心配しておったから教えてもらって助かっておるよ。余計なトラブルは避けて通るに限るからのう」
「それならいいんだが……」
 こういう街の事情とかRGO内の有名人や有名旅団とか、私はそういう情報にも疎いから実際とても助かるのは間違いない。どんな情報も鵜呑みにしないのは必要としても、知っておく事に越したことはないはずだ。
 
 そもそも私は対NPCスキルばかり養ってきたせいで対プレイヤースキルが全くといって良いほど培われていない自信がある。
 そんな状況で何も知らずに生産を始めて、何かトラブルに見舞われたら途方に暮れてしまうかもしれないし。
 そういう意味では、今日のあのイラっとさせられた出来事は、一種の予行演習になったと言えなくもないのかも。まぁ、全く面白くはなかったけどもね。



---------------

感想などを頂きありがとうございました!
実はまだ帽子は未装備でした。理想の帽子に出会えていなかった、という理由です。
何を身に着けても所詮紙装甲。ソロなら安全地帯を利用したチキンプレイが基本なので、いっそ外見に拘っています(笑)


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.040014982223511