オリジナルSS投稿掲示板




No.31751の一覧
[0] Planet reconstruction Company Online 第4部 【VRMMO運営側+惑星改造企業再建】[タカセ](2017/08/07 23:29)
[1] 白くて黒い運営会社[タカセ](2012/10/26 08:30)
[2] 二人のGM[タカセ](2017/06/06 01:16)
[3] ゲームは一日5時間まで[タカセ](2017/06/06 01:21)
[4] ゲームは一日2時間まで[タカセ](2017/06/06 01:27)
[5] 穏やかなお茶会[タカセ](2012/05/26 20:18)
[6] ようこそ新世界へ[タカセ](2012/07/06 01:34)
[7] 地球の所有権売りますか?[タカセ](2012/07/06 01:43)
[8] 修羅場 地球の場合[タカセ](2012/05/30 00:05)
[9] 正しいVRの使い方[タカセ](2012/07/06 01:44)
[10] 新米GMの資質[タカセ](2012/08/23 22:58)
[11] VRMMO同窓会 開戦[タカセ](2012/10/21 01:03)
[12] 思い出を探そう[タカセ](2012/06/06 22:59)
[13] VRの可能性[タカセ](2012/10/21 01:13)
[14] 蓋をしたら三分お待ちください[タカセ](2012/07/06 01:52)
[15] 所変われば常識変わる[タカセ](2012/05/29 23:41)
[16] 相棒とパートナー[タカセ](2012/06/06 23:34)
[17] 野菜炒めと太陽系の秘密[タカセ](2012/07/06 02:03)
[18] 社長の資質[タカセ](2012/07/06 22:24)
[19] 宇宙船は点を跳ぶ[タカセ](2012/07/13 01:44)
[20] 信頼する理由[タカセ](2012/08/03 01:15)
[21] 7人の重役[タカセ](2012/08/03 23:37)
[22] チームワークの良い職場です (三人称になっています)[タカセ](2012/10/21 01:27)
[23] ゲームを作ろう[タカセ](2013/06/15 03:40)
[24] 救世主のシカク[タカセ](2012/08/23 23:19)
[25] 子供の頃の夢はなんですか?[タカセ](2012/10/24 20:29)
[26] 龍は天へと至り日はまた昇る[タカセ](2012/10/21 02:18)
[27] 変わらぬモノ[タカセ](2012/10/25 00:59)
[28] VR世界のナンパ師[タカセ](2012/11/15 16:43)
[29] 楽しめてこそゲーム。それが宇宙の真理[タカセ](2013/01/19 15:33)
[30] 注意)追い詰めないでください。喜びます[タカセ](2013/01/19 15:37)
[31] 扇動から始まる戦略戦[タカセ](2013/01/24 03:46)
[32] 思惑入り乱れる戦術ステージ[タカセ](2013/03/14 15:11)
[33] 買い物は戦闘です[タカセ](2013/03/26 02:49)
[34] 左手のやることを右手が知らないときが良いときもある。[タカセ](2013/03/27 00:23)
[35] 友情破壊ゲーこそ面白い[タカセ](2013/04/12 06:37)
[36] とりあえず殴れ。そうすれば相手の力が判る。これが威力偵察[タカセ](2013/04/21 21:49)
[37] 神々の戦い(廃レベル)[タカセ](2013/05/15 05:40)
[38] ドライバーとゴマ (スキル使用について加筆修正いたしました)[タカセ](2013/06/18 09:26)
[39] 生き物を飼う時は、先に死ぬ事を子供に理解させましょう……出来たら苦労しませんが[タカセ ](2013/07/20 03:41)
[40] 世界に終わりはありますか?[タカセ ](2013/08/22 09:25)
[41] 廃神プレイヤーvs外道GM  前哨戦[タカセ](2013/10/03 04:32)
[42] 廃神プレイヤーvs外道GM  本戦①[タカセ](2013/10/16 05:14)
[43] 廃神プレイヤーvs外道GM  本戦②[タカセ](2013/11/08 02:55)
[44] 廃神プレイヤーvs外道GM  戦闘終了[タカセ](2014/01/10 00:44)
[45] 学生時代の力関係とコネは永遠です[タカセ](2017/02/14 01:32)
[46] ヘイト管理が出来ないタンクに『カチ』は無し[タカセ](2014/02/20 00:31)
[47] 求ギルメン(世界侵略に興味ある人および企業[タカセ](2014/04/09 00:55)
[48] ご利用は計画的に(友情的な意味で)[タカセ](2014/04/21 01:32)
[49] 世界構築をささやく詐欺師[タカセ](2014/05/12 01:53)
[50] 大きな葛籠箱には何が詰まっている?[タカセ](2014/06/17 03:18)
[51] 冒険者は酷く赤面した[タカセ](2014/06/25 02:23)
[52] 外道善人[タカセ](2014/07/04 01:48)
[53] ライドノースの悪夢[タカセ](2014/07/14 16:03)
[54] 鋼鉄のパンツをはかされた男[タカセ](2014/07/25 02:52)
[55] 我に敵無し[タカセ](2014/08/07 02:29)
[56] 転章 老いらくの恋 上[タカセ](2014/08/15 23:08)
[57] 老いらくの恋 下[タカセ](2014/08/20 20:44)
[58] 第二部 エピローグ ソフト&ハードなコンビ[タカセ](2014/08/27 00:38)
[59] A面 その花は百合にあらず、ライラックなり[タカセ](2017/02/14 01:31)
[60] A面 悪魔は微笑みと共に忍び寄る[タカセ](2016/01/12 02:21)
[61] A面 マニュアルはよく読み、指示には従いましょう[タカセ](2016/01/12 02:21)
[62] A面 表舞台は楽しげに[タカセ](2015/01/03 00:27)
[63] A面 ここが宇宙のフロンティア[タカセ](2015/02/19 00:00)
[64] A面 希望=都合の良い推測?[タカセ](2015/06/25 09:06)
[65] A面 謎は解決せず、ただ増えるのみ[タカセ](2015/06/24 21:15)
[67] A面 夢現は皮一枚[タカセ](2015/10/29 02:00)
[68] A面 月と太陽は支え合う[タカセ](2015/10/30 13:32)
[69] A面 根回しは社会人の基本[タカセ](2015/11/01 00:24)
[70] A面 新世紀の就活はこれだ[タカセ](2015/11/14 22:16)
[71] A面 集う強者達[タカセ](2015/11/22 02:06)
[72] A・B両面 オープニング[タカセ](2015/11/23 03:21)
[73] B面 プロローグ[タカセ](2016/01/12 02:14)
[74] B面 プロローグ②[タカセ](2016/01/12 02:20)
[75] B面 プロローグ③[タカセ](2016/01/15 23:09)
[76] B面 プロローグ④[タカセ](2016/01/21 02:16)
[77] B面 プロローグ⑤[タカセ](2016/01/26 21:12)
[78] B面 裏舞台は華やかに[タカセ](2016/04/08 22:58)
[79] B面 地球を売る男[タカセ](2015/11/25 13:33)
[80] 第三部 キャラメイク[タカセ](2016/04/08 23:07)
[81] 必勝法の無いゲーム[タカセ](2015/12/13 23:44)
[82] 生まれた世界[タカセ](2016/02/07 01:47)
[83] B面 偽物と本物[タカセ](2017/08/08 21:06)
[84] B面 出陣[タカセ](2016/04/08 22:35)
[85] A面 日常の中の非日常[タカセ](2017/02/19 01:04)
[86] B面 宇宙の事情と家庭の事情[タカセ](2017/02/21 02:27)
[87] A・B両面 エリス襲来①[タカセ](2016/06/13 20:48)
[88] A・B両面 エリス襲来②[タカセ](2016/06/17 01:12)
[89] A・B両面 エリス襲来③[タカセ](2016/06/30 01:43)
[90] A・B両面 ゲーム中のおとーさんはちょっと違う[タカセ](2016/07/08 19:31)
[91] A・B両面 エリクサーはインベントリーの肥やしじゃない[タカセ](2016/08/10 01:13)
[92] A・B両面 ゲームスタート[タカセ](2017/02/19 01:11)
[93] A面 地球本社その名は【蒼天】[タカセ](2016/08/31 02:04)
[94] A・B両面 アリス参戦[タカセ](2016/09/04 21:23)
[95] B面 準備は万端[タカセ](2016/09/14 23:44)
[96] A面 暗黒星雲調査計画[タカセ](2016/11/12 00:53)
[97] プレイガイド[タカセ](2016/11/15 02:25)
[98] A・B両面 裏世界への招待状[タカセ](2016/11/19 13:33)
[99] A面 天気晴朗ナレドモ波高シ[タカセ](2017/01/03 19:57)
[100] A面 知らざるを知らずと為す是知るなり[タカセ](2017/01/09 18:53)
[101] A面 火蓋は切られた[タカセ](2017/01/22 23:10)
[102] A面 派手な表舞台の裏に黒子あり[タカセ](2017/01/28 00:11)
[103] A・B両面 水槽の中と外[タカセ](2017/02/14 21:10)
[104] A・B両面 ラスボスは案外忙しい[タカセ](2017/02/18 22:02)
[105] A面 マスターの帰還[タカセ](2017/02/21 20:54)
[106] B面 花火の元の決意(加糖版)[タカセ](2017/03/11 00:00)
[107] A面 花火の下の決意(無糖版)前編[タカセ](2017/06/18 01:39)
[108] A面 花火の下の決意(無糖版)後編[タカセ](2017/06/06 01:44)
[109] インターミッション 情報共有[タカセ](2017/06/08 01:57)
[110] 地球の現在位置及び旧太陽系の活用計画[タカセ](2017/07/10 16:04)
[111] AI使用規制下における星間運搬船運用及び対策と、会議中にばれないいちゃつき方[タカセ](2017/08/01 00:38)
[112] 新規協力企業との業務提携及び、新受注システム概要[タカセ](2017/08/05 00:31)
[113] 4部 A面 夏休みの過ごし方(廃人入門編) [タカセ](2017/08/08 00:56)
[114] A・B両面 好調と不調は板子一枚[タカセ](2017/09/04 15:47)
[115] B面 娘で遊ぶのが好きな父親の朝[タカセ](2017/09/08 22:13)
[116] B面 サラリーマン火星に立つ!![タカセ](2017/09/13 02:41)
[117] B面 姉妹[タカセ](2017/12/04 01:18)
[118] B面 忠誠値100の敵[タカセ](2017/12/19 01:39)
[119] B面 詫び石は誠意の気持ちを込めて顔面に投げつけるべし[タカセ](2018/01/20 20:51)
[120] A面 心を折るつもりなら巻き戻り緊急メンテナンスでも連れてこい[タカセ](2018/03/24 01:52)
[121] A面 趣味の世界にリアルは関係なし[タカセ](2018/03/27 00:38)
[122] A面 それぞれのゲーム攻略 サクラ編[タカセ](2018/04/17 02:11)
[123] A面 それぞれのゲーム攻略 美月&麻紀編[タカセ](2018/04/26 01:41)
[124] B面 悪巧みはコツコツと[タカセ](2018/05/02 02:40)
[125] B面 席の埋まった椅子取りゲーム[タカセ](2018/07/05 06:20)
[126] A面 目に悪いと判っていても暗さは最高の臨場感を生む舞台装置[タカセ](2018/07/10 03:22)
[127] A面 レアスキルは突然に[タカセ](2018/07/11 02:30)
[128] A面 中身は一体誰でしょう?[タカセ](2018/07/13 09:58)
[129] A面 注意 あまり追い込まないでください……[タカセ](2018/07/27 05:51)
[130] A面 覚醒します[タカセ](2018/08/18 03:28)
[131] A面 高山美月はスキル経験値100を獲得した[タカセ](2018/08/22 00:38)
[132] A面 成功は段取り八分で仕事二分[タカセ](2018/09/25 00:40)
[133] A面 現実は段取り二分で仕事八分[タカセ](2018/09/25 02:54)
[134] A面 Game enthusiast[タカセ](2018/09/28 03:04)
[135] AA面 船墓場に尾花は揺れる[タカセ](2018/09/30 18:49)
[136] AA面 なろうと願えば新たな道は開ける[タカセ](2018/10/05 22:40)
[137] AA面 猟師は引き金を引く[タカセ](2018/12/20 01:36)
[138] AA面 常道を外れ、外道を進め[タカセ](2019/01/22 00:44)
[139] AN面 The Ghost[タカセ](2019/01/21 23:46)
[140] AN面 理想を求めれば新たな道が開ける[タカセ](2019/01/21 23:47)
[141] A N面 猟犬は高らかに吠える [タカセ](2019/01/22 00:01)
[142] AN面 月下桜吹雪で兎と狼は踊る[タカセ](2019/01/22 02:04)
[143] A面 高山美月は外道LVが2に上がった[タカセ](2019/01/29 01:01)
[144] A面 毒手[タカセ](2019/02/06 21:16)
[145] Ab両面 ゲーム盤は変化する[タカセ](2019/02/11 23:36)
[146] B面 地球を救うお値段は110916円也[タカセ](2019/02/20 22:56)
[147] B面 GMは己のためには賽を二度振らない[タカセ](2019/02/28 00:46)
[148] B面 頑張ろうと思いましたが無理でした[タカセ](2019/03/01 23:24)
[149] B面 夫婦間でも譲れない物はある[タカセ](2019/05/04 06:04)
[150] B面 ラスボスは存外忙しい[タカセ](2019/05/25 02:06)
[151] B面 ようこそ火星上空周遊ホテル【オリンポス】へ[タカセ](2019/06/08 06:34)
[152] B面 これが世界の秘密だ!(ミサキシンタの半分は嘘と虚構で出来ています)[タカセ](2019/06/09 01:12)
[153] B面 黒ウサギ娘とABC[タカセ](2019/06/10 23:42)
[154] C面 ミサキシンタラスボス計画発動[タカセ](2019/06/24 02:21)
[155] C面 ウィルスチェックは忘れずに[タカセ](2019/07/08 19:31)
[156] C面 第1374回夫婦間抗争[タカセ](2019/08/17 01:20)
[157] C面 口先1つで世界は廻る[タカセ](2019/09/15 22:54)
[158] C面 企みはこつこつと[タカセ](2019/09/28 02:33)
[159] C面 幼年期の終わり[タカセ](2019/10/08 03:10)
[160] C面 私の父は外道です [タカセ](2019/11/30 21:11)
[161] C面 銀河の歴史がまた1ページ[タカセ](2019/12/19 01:36)
[162] C面 初心者プレイヤー。三日会わざれば三次職[タカセ](2019/12/28 16:20)
[163] C面 必勝のためのルーティン[タカセ](2020/01/18 19:25)
[164] C面 GM三崎伸太[タカセ](2020/02/08 06:08)
[165] C面 300等分の嫁[タカセ](2020/03/13 23:18)
[166] C面 トラウマと向き合う方法[タカセ](2020/03/19 20:50)
[167] 0話 コルト山岳炭鉱ダンジョンボス討伐 上 SF編[タカセ](2020/03/20 17:17)
[168] 0話 コルト山岳炭鉱ダンジョンボス討伐 中 ゲーム編[タカセ](2020/03/23 01:03)
[169] 0話 コルト山岳炭鉱ダンジョンボス討伐 下① 準備編[タカセ](2020/04/04 01:10)
[170] 0話 コルト山岳炭鉱ダンジョンボス討伐 下② 出会い編[タカセ](2020/04/09 01:21)
[171] C面 真ラスボス降臨[タカセ](2020/05/21 01:19)
[172] C面 ドット絵で描く宇宙航路[タカセ](2020/05/24 21:30)
[173] C面 見えない地雷原に踏み出す勇気[タカセ](2020/05/30 00:21)
[174] C面 ボス戦前にはよくある個別イベント[タカセ](2020/06/18 20:04)
[175] C面 お出迎えは適材適所[タカセ](2020/07/18 23:33)
[176] 弱小惑星改造企業vs運送業界最大手 [タカセ](2020/09/18 23:18)
[177] C面 宇宙忍者屋敷に光を見た[タカセ](2020/09/25 11:22)
[178] C面 お茶会にはお茶菓子を[タカセ](2021/01/09 23:14)
[179] C面 強敵こそ笑顔でお出迎え[タカセ](2021/03/13 23:48)
[180] C面 銀河のラスボスLV1[タカセ](2021/04/24 22:37)
[181] C面 最重要任務[タカセ](2021/04/29 06:17)
[182] C面 強襲はいつだって不意に来る[タカセ](2021/04/30 23:19)
[183] C面 ペテン師に嘘はいらない[タカセ](2021/06/19 22:50)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[31751] A面 夢現は皮一枚
Name: タカセ◆f2fe8e53 ID:5ef41db8 前を表示する / 次を表示する
Date: 2015/10/29 02:00
「マキが大人になったらひーちゃんを治してあげる。約束だよ」


「うん。まーちゃん……すごいもんね。ヒメもまーちゃんみたいになりたい」


 ベットに横になった青白い顔の少女は、病室を訪れてくれた親友の言葉に、微かに微笑んで答える。
 明るく、頭も良く、活発な親友は、少女にとって太陽みたいな存在だった。
 まぶしくて、綺麗で、キラキラしていて。


「えー。うちのママはヒーちゃんを少しは見習ってお行儀を良くしろってすぐ怒るよ。病室で騒がないとか、ちゃんと挨拶をできるようになりなさいって。マキの方こそヒーちゃんみたいになりたいよ。そうすればうちのママにがみがみ言われないもん」


 だが親友の方は信じられないと不満顔で、羨ましそうに少女を眺める。


「ほら見てよこのたんこぶ。昨日もママに拳骨とお説教だよ」


 親友が頭を差し出して指で指し示したのでき、少女はなでるように触ってみるが、ほとんど判らず、少しだけ膨らんでいるような気がしないでも無い程度だ。
 ただ親友の母親は少女が過ごすホスピスの院長であり、やんちゃな親友にお説教やお仕置きをしている姿は度々見ているので、嘘では無いだろう。
 

「今度はなにやったのまーちゃん?」   


「ママったら酷いんだよ。ヒーちゃんを治す良いお医者さんになるにはまず形からと思ってマントを作ろうと思って、改装工事やっている所にあった黒いシートを切ってたのに、見つかってすごい怒られたんだよ」 
  

「……そ、それは怒られると思うよ」


「えーだってお医者さんだよ。ママだってお医者さんなのに。黒マントをつけてないから名医じゃないんだよ。マキがマントを手に入れたら絶対名医になるんだよ」


 少女にはよく判らないが、親友は黒いマントを身につけた漫画のお医者さんがすごい、世界一だとよく絶賛していた。
 どんな難病にも挑み治してしまう世界一のお医者さんだと。
 だから自分もそんなお医者さんになるんだと。
 親友が治したいのは少女だけではない。
 このホスピスに入院している患者さんを全員を治してあげるのだと。
 それは親友がまだホスピスという意味を知らず、甘い甘い夢を見られている子供であるからこその言葉。願い。


「うん。そうだね。まーちゃんはすごいもんね」


 太陽のように明るい親友の笑みを曇らせたくない少女は、今日もまた1つ嘘を重ねていた。





















 自分の頬を伝わる涙の冷たさで西ヶ丘麻紀は目を覚ます。
 夢を見ていた。
 夢。そう夢だ。
 自分が何も知らず、どれだけ残酷な事を親友にしていたか。
 夢の中で無邪気に振る舞っていた自分が、現実を必死に生きていた親友をどれだけ傷つけていたか。
 己の罪を断罪する夢を麻紀は見ていた。
 
 
「っぷ……はぁぁはぁ……お、お薬、いやぁ……」


 夢を思い出しただけで息が大きく乱れ、心臓が早鐘のように鳴り響き、寒気と吐き気、そして頭痛が麻紀を襲い、全身ががたがたと震える。
 震える指で必死に眠っていたベット横のサイドテーブルに手を伸ばし、水差しと共に置かれていた安定剤を口に含みかみ砕くように冷たい水と共に飲み込み、薬の横にあったマントを毛布のように被って全身を覆う。
 5分、10分、いや一時間が経ったのか、それともそれ以上の時間か。
 乱れた心身は時間感覚すらなくなるほどに震え続け、手が痛くなるほどにマントをぎゅっと握りしめる。
 麻紀にとって黒いマントは勇気を得る為の、現実へと立ち上がる為の必需品となっている。
 何も知らない子供の頃に憧れたヒーロー。
 本質を見ず、切り取られた話から表面だけを見ていたヒーローは、絶対どんな病気も治せる超人では無かった。
 ただの人だった。
 自分の存在意義を問い、手を尽くしても敵わず、何度も打ちのめされていた。
 それでも自分の生き方を貫いていた。
 その意思の強さの欠片でもいい。ほんの切れ端でも良い。
 ちょっとだけでいい。
 僅かな勇気を、現実と向き合う為の勇気を。
 深層心理の奥底に刻まれた傷を覆い隠し、子供の頃のように無邪気に自分を信じられる勇気を。
 周囲から奇異の目で見られるマントは、 西ヶ丘麻紀にとって己の精神が均衡を保つ為に欠かせない物になっていた。
   

「……はぁはぁ……はぁぁつ……はぅぅ……こ、ここって?」


 薬が効いたのか、それともマントのおかげか、ちりぢりに成りそうだった精神が立ち直り動悸も収まった麻紀はもぞもぞと布団の中からはい出でて室内を見渡す。
 自分の部屋ではないのは判るが、薬の副作用でまだ頭が動いていないのか、靄が掛かったように記憶が霞み、自分の置かれている状況を把握できない。


「き、昨日……学校……でも日曜日……1日……経ってる? 金曜日は学校にいって……頼まれて……」


 思いだせる事を一つ一つ呟きながら麻紀はなんでもいいからと記憶をまさぐる。
 自分の確かな記憶なら今日は土曜日のはず。
 なのに枕元の置き時計は日曜の朝10を指している。
 1日が飛んでいる。


「……美月のお父さんの仕事の……美月の!?」


 美月の父が勤めていたルナプラントをVRで見学できるソフトをもらった事を思いだした瞬間、麻紀の脳裏で全ての記憶が一気に噴き出してくる。
 妙に存在感のあるVR体験。
 そして予想外の追いかけっこにその先に待っていた人物と、自分がその人を殺してしまった記憶。 


「な、なんで、あ、あたしがこ、殺したのに、あ、あたしの所為で死んじゃったのに、死んじゃったはずなのに」


 全てを思い出した麻紀は全身を襲う悪寒と恐怖で身を縮め震える。
 おかしい。
 何もかもがおかしい。
 自分があの男と、三崎伸太と名乗った男と会ったのは、金曜日の学校が初めてのはずだ。
 確かに記憶している。間違いない。
 それなのに、だというのに、自分があの男を巻き込んで殺してしまった記憶もまた確かに存在する。
 自分があの男に初めて会ったのは金曜日だ。記憶違いなわけが無い!
 あの日は、あの男を巻き込んだ日だと思っているのは、親友の美月と出会った日。
 だから忘れるわけが無い。しっかりと覚えている。
 これが間違いであるはずがない。
 第一だ。
 死んだ人間は絶対に生き返らない。
 二度と喋ってくれない。
 二度と話せない。
 そんな事は判っている。判っている。当たり前だ。
 だからあり得ない。
 死んだ人間にもう一度、出会えるなんてあり得ない。
 なのに、何故だ。
 何故自分はあの男を殺してしまったと思う。
 自分を助ける為にあの男が死んでしまったと、心が後悔に埋め尽くされ、震える。
 あの男の身体から飛び散った、臓物や血の生臭い異臭を含んだ暖かさを思い出して身体が震える!?   


「こ、怖いよ、み、みつき……み、みつき。い、いないのぉ?」


 遮光カーテンの隙間から日が差す真っ昼間だというのに、あの男が暗がりから出てくるような錯覚を覚え怖くて怖くてたまらない。
 震える声で親友の名を呼ぶが返事は無い。
 よくよく見てみればこの部屋は親友の家の客間。
 麻紀も何度かは泊まった事のある部屋だ。
 もっとも最近は泊まるときは美月の部屋で一緒に過ごし、そのまま寝ていたので、あまり利用していなかったから、記憶から薄れていたようだ。
 誰もいない部屋に一人でいるのは怖い。心細くてたまらない。
 自分が今もあの悪夢だったVR空間にいるような錯覚すら覚える。
 寒気を覚える身体をマントに包んだ麻紀は、己を守るようにぎゅっと身体の前で腕を組み、ベットから降りる。
 麻紀の記憶の中では制服だったはずなのに、いつの間にやら美月の家に泊まるときのパジャマに着替えていた。
 自分で着替えた記憶は無いから、美月が着替えさせてくれたのだろう。
 その美月はどこに……


「ねぇ……みつきぃ……いないの……ねぇ?」


 素足からはひんやりとした床材の冷たさが伝わってきて、ここが現実だと訴えるが、それすらも今の麻紀は疑ってしまう。
 どちらも本当のようであり、だがどちらかが嘘の記憶。
 現実と幻の区別がつかなくなった麻紀は、確かな感触を、親友である美月を求め、部屋を出る為にドアノブに手をかけた。
 正直いえばドアを開けるのが怖い。
 この扉の向こうが、あの駅のホームだったら……
 そう思うと怖くてしょうが無い。
 もう二度と見たくない。
 だがこのまま部屋にいるのも怖い。
 ジレンマに陥りそうになりながら、勇気の証であるマントを強く握りしめ、おそるおそるドアノブを捻る。
 カチャリと軽い音をたててドアノブは周り鍵が外れる。
 そっとひらいて隙間から見てみると、そこはなんの変哲も無い廊下だった。


「み、みつき。ねぇ。ねぇってば」


 間違いなく美月が暮らすマンションだと思いつつも、そろそろと廊下に出た麻紀は親友の名を呼んでみるが返事は無い。
 どこかに出かけている?
 いやそれは無い。麻紀にはそう断言できる。
 今の麻紀を置いて美月がどこかに行くはずが無い。
 サイドテーブルに置いてあった水差しの水は、まだ冷たい物で入れ替えてくれたばかりだった。
 何時起きるか判らない自分の為に、小まめに水を取り替えてくれていた。
 そんな世話焼きで心優しい親友が、麻紀を一人で放置して外出していないと確信できる。
 ならどこに……? 
 まさかあの男が現れ、美月を攫っていってしまったのか?
 美月の父が生きていると、サンクエイク事件によって月面で亡くなられたはずの高山清吾が生きていると告げたあの男に連れ去られたのか。
 そんな妄想すらも懐くほどに麻紀は混乱し、困惑していた。
 しかしそれは当然だろう。
 絶対的なはずの自己の記憶すら当てにならない現状。
 現実という麻紀の足元はゆらゆらと揺らめいていた。
 
 
「みつき……おねがいだからぁ……へ、へんじしてよぉ」


 早く確かな物を、美月という絶対的な心の支えを取り戻さなければ、自分は壊れてしまう。
 そんな恐怖と闘いながらおそるおそる廊下を進んだ麻紀は、居間へと続く扉をまたもゆっくりと開いて、確かに居間かと覗き見て確認してから、そろっと足を踏み入れる。
 居間に足を踏み入れた麻紀が見たのはその中央で仰向けに倒れている美月の姿だった。


「……み、美月!? だ、だいじょ、ふぎゃ!?」

 
 倒れた美月の姿に自分の恐怖や震えなど一瞬で吹き飛んだ麻紀は、安否を気づかい慌てて駆け寄ろうとしたが、足元にあった何かに滑って転んでしまう。


「痛っ……な、なに?」


 後ろを振り返ってみると、麻紀が滑ったのはビニールでできた梱包材の上に足を無防備に乗せてしまった所為のようだ。
 よく見れば周囲には届いたばかりだと思われる段ボールや梱包材がむき出しのまま放置されていて、見覚えの無い機械が死んだように眠る美月の横には設置されていた。
 それは最新の粒子通信技術対応の新型VR機器だ。
 作動を示すランプが点灯し、僅かな音をたてる機械から伸びたコードは美月の首元に繋がっている。
  

「美月……またあそこにフルダイブ中なの」


 親友がどこに潜っているか。
 その答えはすぐ側に置いてあったケースで麻紀にもすぐに判ったが、とても追いかける勇気は持てなかった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.043437957763672