オリジナルSS投稿掲示板




No.24378の一覧
[0] 【完結】英雄、肉屋勤務【オリジナル モンスター狩り 微ハーレム要素 主人公最強】[ダイス](2010/12/05 15:58)
[1] 第二話 ”肉屋”ユフィ[ダイス](2010/11/24 12:14)
[2] 第三話 ”肉屋”という仕事[ダイス](2010/11/24 12:15)
[3] 第四話 薄幸の少女サラ[ダイス](2010/11/24 12:15)
[4] 第五話 大きすぎる牙[ダイス](2010/11/27 20:42)
[5] 第六話 牙の絆[ダイス](2010/11/27 20:54)
[6] 第七話 悪魔にまつわる物語[ダイス](2010/11/30 21:51)
[7] 第八話 ”肉屋”連合[ダイス](2010/12/01 22:07)
[8] 第九話 汝ら、剣持て狩らん者たち[ダイス](2010/12/05 15:57)
[9] 第十話 英雄、肉屋勤務[ダイス](2010/12/05 15:58)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[24378] 【完結】英雄、肉屋勤務【オリジナル モンスター狩り 微ハーレム要素 主人公最強】
Name: ダイス◆af8d3fcb ID:a8042ed8 次を表示する
Date: 2010/12/05 15:58
第一話 剛剣の男ガリュウ



 草原を疾駆する巨大な影があった。
 地面を踏みしめ、掻き出さんばかりに踏み抜く強靭な脚!鋭い爪は人間などずたずたに引き裂くことを見るものすべてに知らしめる。
 眼前を、怨嗟と憤怒を燃料のように滾らせて睨みつけるその眼!ぎょろりとした目玉は、肝の小さいものなら気絶させられるかもしれない。
 そしてその顎!大きく開いた、その大口から覗く、凶悪な牙が生えそろった強力な武器。大岩すら一噛みで破砕する彼の最大の武器。

 そう彼こそは竜!生態系の頂点!生存競争の絶対の覇者!食らう者。蹂躙する者。根こそぎにするもの。
 その悪食と暴食からついた名は嵐喰竜ルーディオロス。
 彼が通った後は食い散らかされた肉片が残るだけ。

 「そっち、気をつけて!尻尾、避けて!」
 
 そんな竜を、なんと追いかけて追い詰めて、あまつさえ狩り取ろうとするもの達がいた。
 騎乗用に調教されたイャリと呼ばれる巨大な狼の背に乗って、彼らは竜を追い立てる。

 「馬鹿!前に出る奴がいるか!脚に射掛けなさい!」
 
 その数およそ20。たったそれだけの人で、あんなにも巨大な竜が仕留められるのか?いやそもそもあんな竜を人が獲物とできるものなのか。
 竜の大きさは、30ラハト(1ラハトは1.3メートル)余りもあるというのに。

 「ぐぅぅぅおおおおおああああああああああああああああ!!!!!!!!」

 竜が吼える!
 草原から顔を出していた哀れなウサギがただその咆哮だけで気絶して倒れ、さっさと竜の口に飲み込まれた。
 ぐちゃりぐちゃりとそれを咀嚼する嵐喰竜。
 竜を追う彼らのうちの誰かが、ああならないとも限らない。
 それでも人は追う。
 彼らに檄を飛ばす、一人の女性の指揮のもと。

 「ディン!前に出すぎよ。下がりなさい」
 「イャルが逸って」
 「言い訳はいい!死にたくなければ下がれ!」

 腹の底からよく通る声を出す女。
 ディンと呼ばれた男が叱咤を受けてあわてて後ろに下がる。
 片手でイャルを操り、女の細腕で指揮を執る彼女の名前はウー・ユフィーリア。親しいものはユフィと呼ぶ。
 下着の他には腰布と見るからに目の粗い麻布のシャツを被っただけの粗野なその格好。しかし美しい顔立ちとどこか庇護欲を掻き立てる表情が、彼女を見る男に劣情を掻き立てる。
 見事な金髪は肩口でばっさりと切られて入るが、イャルの走る振動で揺れる豊かな身体が、いやが応にも彼女が魅力的な女性であることを思い知らせる。
 だが。
 勇猛さにおいて彼女の右に出る者はいない。

 「サルース!今!アカント!待たせたわね!」

 彼女の指揮によって二人の男が槍を持って竜に接近する。
 二人の男の槍が、猛スピードで走る竜の腹を両方向から突き刺す!

 「ぐぅぅうぅぅおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!」

 堪らず、悲鳴を上げながらのけぞる嵐喰竜。
 彼が苦し紛れに振った尾の一撃で、数人が吹き飛ばれて地面に投げ出される。それでもユフィは眉一つ動かさずに竜を睨みつける。

 「ラース!」
 「応!」

 彼女がよばうと、男の一人が騎乗で両手を使って特大の弓を引き絞る。
 豪、と音がしたかと思うと、凶悪な鋼鉄が吸い寄せられるように竜の首元に突き刺さった。

 「ぐぅああああああああああああああああ!」

 「よし!」

 竜は逃れようと身を捩る。出鱈目に走ろうとする。腹から血を流し、首に矢を突きたてたままで兎に角走る。そして、その彼が逃れる先に―――。

 「何でよッ!」

 ユフィは思わず舌打ちした。
 竜が逃れる先。その先に、旅人と見られる二人連れが歩いていたからだ。

 「ギルドには人払いを要請してたのに!」

 大体好き好んでこの【悪魔の平原】に来る奴がいることが信じられない。ルーディオロスを初めとする多くの凶悪な怪物どもが跋扈するA級危険地域だというのに。

 「サルース!追いつける?」
 「駄目だ!そもそもこのまま走らせて弱らせる段取りだ」
 「分かってるわよ!ラース、届く?」
 「・・・無理だ」
 「っく」

 ユフィはイャルを走らせる。

 「お嬢!」
 「間に合わん!」
 「うるさい!」
 
 制止を振り切って駆けるユフィ。慌てて男達が彼女の後を駆ける。
 ユフィは腰から長剣を抜く。
 美しい白刃だが、それであの竜を仕留めることができるとは到底思えない。

 そこで旅人がようやく竜に気付いたように振り返る。大柄な男と、小柄な、子供だろうか。

 「逃げて!逃げなさい!全力で!」
 
 無理とは思いながらもユフィは叫ぶ。ルーディオロスは脚が早い。とても人に逃げ切れるものではない。それでも、少しでも時間が稼げればと思い、ユフィは叫ぶ。
 だが、旅人の男は何を思ったか、後ろ手に子どもを下がらせると、真っ直ぐに竜に立ち塞がるようにして構えた。

 「馬鹿な真似をッ!いいから逃げろよッ!」

 ユフィの悲痛な声は少しも男に届かない。
 男はすうっと背に負っていた大きな荷物に手をかける。剣だろうか。だとしたら甘い。ルーディオロスは多少腕に覚えがあるくらいで勝てる獲物ではない。

 「避けて!」

 その突進はすでに自然災害の域。大重量のルーディオロスにしかし、男は背中から彼の武器を取り出した。

 「だ、大剣・・・?」
 
 だとしても大きすぎる。その剣は男自身よりも大きい。男の身長も1と7、いや8ラハトはありそうな巨漢だというのにその剣は男よりも大きい。
 2ラハト(2.6メートル)はあるかもしれない。
 その重量たるや。
 仮にあれが鉄で出来ていれば、普通の人間ならとっくにつぶれて死んでいるだろう。

 「ふん!」

 男は竜をかわした。
 すんでで横に飛びのいたのだ。
 それだけでも人をはるかに超えた反射神経。
 だと言うのに、男にはその先があった。
 大剣が加えられたその体重を右足一本で受けて踏みとどまり、逆に全加重を乗せた一撃を肩に担ぐ。猛スピードで駆ける竜が彼を通り過ぎるその刹那。
 竜の伸びきった首に剛剣が振り下ろされる。

 「はぁあッ!!!!」
 空間を引き裂くような悲鳴に似た剣風の轟音が過ぎ去り。
 己の死にすら気付かぬままに。

 首を断たれて、竜は大地に倒れた。

 「出鱈目すぎる・・・・・・・・・・」

 有り得ない。
 嵐喰竜を剣で仕留めるなど。
 有り得ない。
 あんな剛剣を人が振り回すなど。 
 有り得ない。
 にも関わらず、彼が汗一つかいていないなんて。

 規格外。
 そういう人間はいる。どうしても敵わない、人として生まれたことが間違いであるかのような悪夢の様な人間。
 だが、それにしても、どうしてもこんなところでこんな化け物と出くわさなくてはいけないのか。

 「・・・あんた、何者?」

 膝を折り、下がらせた子どもの視線で彼女(どうやら少女だ)に声を掛ける男に、ユフィは低い声でそう言った。
 男が振り返り立ち上がると、騎乗にも関わらずユフィと視線が並ぶ。

 「すまない。君たちの獲物だったな」
 
 男はそう言って侘びを言ってから、抑えてはいるが明らかに覇気の篭った視線でユフィに言葉を続けた。

 「ルーディオロス狩りの分け前は要らないし、礼はする。近くの街まで送ってくれないか?」

 これをルーディオロスと知って立ち向かったのかと、ユフィは改めて呆れたのだった。

 「・・・いいよ。こっちこそ助かった。あともう少し狩りを続ける予定だったからね。私はユフィ。あんた、名前は?」

 ユフィの問に、男はほんの少し逡巡してからぼそりと呟くように言った。

 「ティガリウス。ガリュウと呼んでくれて構わない」

 それが剛剣の男ガリュウと”肉屋”ユフィの、最初の出会いとなるのであった。


続く

 


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030322074890137