オリジナルSS投稿掲示板




No.21005の一覧
[0] 【完結】あれ? 俺ら騙されてるんじゃね?(VRMMOもの)  二部開始[ミケ](2019/07/05 22:37)
[1] 一話 ゲームスタート[ミケ](2010/08/10 07:21)
[2] 二話 マルゴー爺[ミケ](2010/08/10 21:20)
[3] 三話 そして冒険は始まる[ミケ](2010/08/11 20:06)
[4] 四話 ギルド[ミケ](2010/08/12 07:34)
[5] 五話 救出[ミケ](2010/08/13 06:11)
[6] 六話 初めての冒険[ミケ](2010/10/06 23:57)
[7] 七話 冒険報告[ミケ](2011/01/24 00:16)
[8] 八話 贈り物[ミケ](2011/01/24 22:48)
[9] 九話 愛こそ全て[ミケ](2011/04/30 21:51)
[10] 十話 体のゆうこう的な使用法[ミケ](2011/05/01 16:08)
[11] 十一話 因果応報[ミケ](2011/05/02 20:39)
[12] 十二話 肉万歳[ミケ](2011/05/04 20:34)
[13] 十三話 拠点陥落[ミケ](2011/05/04 21:42)
[14] 十四話 敗者の足掻き[ミケ](2011/05/04 22:52)
[15] 最終話[ミケ](2011/05/04 23:30)
[16] エピローグ[ミケ](2011/05/04 23:57)
[17] 【改訂版】プロローグ[ミケ](2019/06/29 21:35)
[18] 一話 ログイン[ミケ](2019/07/01 12:45)
[19] 二話 マルゴー爺[ミケ](2019/07/01 12:46)
[20] 三話 そして冒険は始まる(ここまで同じ)[ミケ](2019/07/01 12:46)
[21] 四話 ラピスとバルガス[ミケ](2019/07/01 12:47)
[22] 五話 不穏な世界[ミケ](2019/07/01 12:47)
[23] 六話 ブルータス、私もだ[ミケ](2019/07/01 12:48)
[24] 七話 若き領主(仮)[ミケ](2019/07/01 13:33)
[25] 八話 必殺技の習得[ミケ](2019/07/01 20:28)
[26] 二部(プロローグ)[ミケ](2019/07/05 22:37)
[27] 一話 夏目と勉を生け贄に捧げ! 日本観光召喚![ミケ](2019/07/06 13:06)
[28] 二話 掲示板1[ミケ](2019/07/06 18:22)
[29] 三話 誰だ神様にヒーロー映画なんて見せた奴は[ミケ](2019/07/10 07:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[21005] 八話 贈り物
Name: ミケ◆8e2b4481 ID:9a8f54f5 前を表示する / 次を表示する
Date: 2011/01/24 22:48




 父は、めった刺しにされて死んだ。母は、その命を代価として私を守る結界を作った。
 ごうごうと燃える炎。あんなにも美しかった森が燃えていく。燃えていく。燃えていく。
 醜く笑うのはゴブリン魔将軍。そう、父はゴブリンごときに負けた。その圧倒的な数に敗北した。じりじりと増えていく傷に、敗北した。どれほど口惜しかった事だろう。どれほど苦しかっただろう。少しずつ、少しずつ追い詰められていく苦痛。

「お父様! お母様!」

 私の周りで死んでいく、私と同い年の友達達。母の結界が守るのはただ一人だけ。
 涙が後から零れおちて来て、私は血が出るほどに結界を叩いた。
 ああ、全てが燃やしつくされていく。誰か、この炎を止めて。
 祈りもむなしく、炎は全てを食らいつくす。そして、ラーデスは誓った。
 必ずゴブリン魔将軍の首を手に入れる。その時まで、女は捨てると。
 決意と同時に、気付いた。これは悪夢。あの日以来、毎日のように見る悪夢だ。
 この手はあまりにも小さく、野望が達成されるまでの道は遠く険しい。とてもあの数を突破する事は……。

「パッション!」

 そこへ、声と共にマラカスが振って来た。

「パッション!」

 マラカスの雨。マラカスが全ての風景を埋めていく。

「パッション!」

 ザカザカザカ。ザカザカザカ。ザカッザカ。ひらりひら。ひらっひら。
 あるいはリズミカルにマラカスを鳴らして、あるいは優雅に扇を振りまわし。
 目の前であの忌まわしい混血が舞っていた。

「そして素敵なレディになってくれ! ぺったん嬢!」

 犬の混血が言い、オカマの混血がふっと鼻で笑った。

「おのれ、愚弄するか!」

 そこでラーデスは目が覚める。ラーデスは知らない。これから、悪夢を見るたびに、その夢がマラカスで埋まる事になる事を。
 その頃、天界ではドリステンがいい汗を掻いていた。

















 部屋の外に出るとすぐに気付いたのは、いい匂い。食事の入った鍋や箱が出してあり、食器が机の上に置かれていた。鍋からはまだ湯気が立っている。とても気を引かれるが、まずはシャワーだ。
 強張った体を解しながら熱いシャワーを浴びていると、シャワー室に何人か入って来た。やはり、食事よりもシャワーを優先したらしい。しかし、一様に動きはぎこちない。備え付けの高級そうな石鹸やシャンプー、リンスをふんだんに使ってさっぱりする。腕を洗っていると、何か、片腕に何かに噛まれたような赤い跡がついていた。蚊にでも刺されたかな? 覚えがない。俺は自分の浴びているシャワーの蛇口を閉めて次の奴に順番を譲る。そして、用意された病院服っぽい物に着替えて、ちょっと空いたスペースで柔軟体操を始めた。
 柔軟体操を終えて、まだ兄貴が出てこない事に気づき、俺は不安になる。
 嫌な予感を振りきるように兄貴の部屋の扉を……どこだっけ!? 一週間も前の事を覚えているわけがない。
 仕方ないので俺は片っ端からドアを叩いて回った。この小部屋には、鍵がついているので勝手に開ける事は出来ない。
 兄貴は六番の部屋の中で、柔軟体操をしていたらしい。それに俺は胸をなでおろす。

「心配したじゃないか。早く出て来いよ、兄貴」

「それはすみませんでした。軽く体を動かせるようになってからシャワーを浴びようかと思っていたのですよ」

 兄貴はゆったりとシャワー室に出かける。その動きにぎこちなさは無かった。兄貴の指に切れたような赤い線を見つけ、俺は首を傾げる。何か、紙で切ったのかな?
 なんとなく、食事は全員が揃うのを待った。机の上ではなく、開いたスペースに円になって、食器を床に置いて食べる。
 ほかほかと湯気をあげるスープにパン。肉。サラダに果物。健康的な料理だ。

「あの後、皆町に出たのでしょう? どうなりました?」

 兄貴の質問に、皆が口々に答える。

「混血は目立つみたいだな」

「能力に関しては混血の方がいいみたいだよ。……ブレンドにもよるけど。なんとなく混血の方が丈夫そうな感じはする」

「差別か能力かだな……。二人目も並行して操れればいいけど」

 そうやって情報収集に必死になっている時、俺の一言で空気は凍った。

「でもあれ、本物みたいだよな」

 その言葉に、互いに顔を見合わせ、全員が押し黙る。そこで兄貴が、俺の服にジュースをこぼした。

「すみません、力! 大丈夫ですか!?」

 兄貴は急いで俺から服を剥ぎ、そして俺の右腕を凝視した。

「ああ、多分蚊だと思うけど、へんな噛まれ方したよな」

「……やはり、ですか。現実だろうと、ゲームだろうと、結果は同じ……」

 呟いた兄貴の言葉に、皆がびくっとする。

「どういう事だ?」

 兄貴は、にっこりと笑って言った。

「現実だろうと、ゲームだろうと、ラピスが可愛いと言う結果は変わらないと言う事ですよ」

 その言葉に、俺は大いに慌てた。

「ちょっ兄貴! 兄貴は巫女さん狙いだろ!?」

 そこに、新たなるライバル登場。

「なあ、ラピスってどんな子なんだ?」

 初日、俺に絡んできた不良っぽい奴が興味津々で聞いてくる。

「見たいですか?」

 がしゅっと音がして、重い扉が開き、霧島が入って来た。

「勉さん、力さん、貴方方は非常にいいデータをはじき出しています。巫女アリスも期待していますよ」

「本当ですか!?」

 兄貴の注目は一瞬にして霧島に移る。それを見て、俺はほっとした。
 霧島は胡散臭い笑みを浮かべ、俺の部屋へと向かった。

「良い物を見せてあげましょう」

 ぞろぞろとついてくる人達。そして、霧島はパソコンを立ち上げ、操作した。
 すると、ゲームの中で俺の見ていた物が映し出される。

「ゲーム内でシークレットページに書きこむ事は出来ません。その代り、映像を録画する事は出来ます。それを後でシークレットページにプリントアウトする事もね。それと、朝9時には必ずカプセルに入って下さい。現実へ戻る時はいつ戻ろうと夜7時に目が覚めます。そして、次にカプセルに入った時の現地時間は朝にはいった日付の七日後になります」

 うん、さっぱりわからん。

「つまり、すぐに出ようとゆっくり出ようと変わらず、僕達は七日周期で現れると言う事ですね。交代で見張りとか、そう言った事も出来ない、と。そして、一日は向こうでの七日、と」

 霧島が大きく頷く。

「そういう事です。それと、プレイ中にわかったと思いますが、外観は重要です。そこで、カプセルのここのレバーを数字に合わせれば、そのヒーロードールに入る事が出来ます」

 兄貴がわかっているならいいや。兄貴の言っている事もわからないけど。
 あれ?でもレバーなんてあったっけ? 全く覚えていないが、まあいいや。霧島は説明を終えると、魔王を期間内に倒せば全員の報酬を倍、本拠地を落とされると半分にすると言って去って行った。報酬が倍!? ものすげーな。これはぜひともクリアしなければならない。クリアする為には、そして本拠地を落とさないようにする為には、やっぱりゲームのプロが必要だ。ここは小杉の出番だろ。
 俺は小杉のでっぷりした顔を思い浮かべる。

「そうだ、兄貴。小杉の奴が、プレイ日記を書きたいって言うんだ。このデータを送る方法教えてくれよ」

「構いませんよ。ついでに僕のも送りましょうか」

 兄貴はパソコンを操作して、小杉のアドレスに圧縮された動画データを送る。
 俺は早速テレビ電話で小杉に電話した。

「小杉。俺だ」

 小杉は画面の中でおどおどした顔をして俺に問いかける。その表情には若干の期待と不安が混じっていた。

『こ、小坂井君どうしたの、その服? 入院? まさか、ゲーム参加できなくなるから権利を僕に、なんて……』

「ゲーム会場。これ、制服みたいだ。これから朝9時から夜7時までずっとゲーム。お前のアドレスに動画送っておいたから、プレイのコツがあったら教えてくれよ。期間中にクリアできたらお前にもアドバイス料二万やるからさ」

『本当!? 今調べる! うわ、凄いデータ量だ。急いで纏めてアップしなきゃ。何やっていたか、メールで教えてよ』

「ああ。それは僕がやっておきます」

 兄貴がメールを打ちこむ。俺は小杉との電話を切り、親父とお袋にも電話を掛けてから、もう一回柔軟体操をしてから眠った。ゲームも本も好きじゃないし、ここじゃやる事は本当に少ないのだ。
 電話の音がして、目が覚める。いい匂いがしていた。俺は寝ぼけたまま電話を取る。

『小坂井君、おはよ……ふわぁ……とりあえず、作っておいたから、アドレス送るね……一晩まるまる掛けて編集したから、眠いや……』

 そして電話は切れた。俺が早速兄貴を呼びに部屋を出ると、兄貴はおんなじように頭良さそうな奴らと集まって、普通のノートに何事か書きこんでいる。一人が使っているのは、シークレットノートだ。既に食べた後のある食器が近くの箱の中に重ねて置かれている。

「おはよう、兄貴。小杉がアドレス送ったっていうんだけど、どうすればいい? お、今日はご飯に目玉焼きに味噌汁に魚に漬物か」

 兄貴は顔に掛かった髪をさっと払いのけて、微笑んだ。こういうふとした時の表情は本当に女っぽい。こっそり変な道に進まないか心配した時もあったほどである。しかし、もちろん、そんな心配は完全な杞憂だった。

「ああ、今、魔法の種類を纏めていたんですよ。小杉君にも送ろうと思いまして。今、アドレス出しますから、その間にリキはご飯食べちゃってください。今7時半ですから、後一時間半ですよ」

「おう」

 俺は急いでご飯を食べる。その間に兄貴はパソコンを立ち上げ、色々と操作をして、いきなり吹いた。

「なな、なんだ?」

 視線が兄貴に集まる。兄貴は黙って手招きした。
 そこにあったのは、ホームページ。
 「異世界勇者召喚計画プレイ日記」とでかでかと書かれたタイトルの両脇で、デフォルメされた向こうの世界の俺と兄貴が舞っていた。
 アクセスカウンターが、既に一万を回っている。
 動画や画像がふんだんに使われており、兄貴が送ったプレイ日記も載っている。
 備え付けられた掲示板には、既にコメントもついており、20を越した所で数えるのをやめた。
 内容もわからない事ばっかりだ。男の娘とか変態エルフ美味しいですとか、ぺったんぺったんつるぺったんとか力君お持ち帰りしたいですとかネタにしていいですかとか。でも、なんとなく良い言葉じゃない気がする。

「凄いですね、これ。よくもまあ、一晩でこんなものを……」

「凄いよな。あ、これクリックすると兄貴の周りに花が舞ってる」

「リキの周りはマラカスですね」

 皆で覗いていると、一時間なんてあっという間に立ってしまう。慌ててカプセルに入ると、意識を失った。
 次の瞬間、俺は水の中にいた。俺が気がつくと同時に、水が引いて行く。

「ごほっごほっ」

 やっぱり咳込むこの瞬間は辛い。しかも、服を着たままカプセルに入ったから服がびしょぬれだ。
 荷物から着替えを取り出し、着替えて部屋を出る。濡れた服は井戸で洗った。澄んだ水が冷たくて、まるで現実のようだ。綺麗に洗ったら、堅く絞って乾かす。そうやっているのは俺だけじゃなくて、井戸には列が出来た。
 兄貴は俺を待っている間、マルゴー爺に呼ばれ、何事か話している。当然、失敗はしていないと言うわけだ。俺がようやく服を乾かして兄貴の傍に行くと、兄貴は満面の笑みで俺に宣言した。

「リキ、僕は決めました」

「なんだ?」

「手始めに、巫女アリスに魔将軍の首を捧げます! 彼女は誕生日プレゼントにそれが欲しいそうなんです!」

 俺、誕生日プレゼントに生首欲しがる女は嫌だな……。ゲームの設定って奴なんだろうけど……。そんな俺の不安を感じ取ったのか、兄貴は安心させるように言った。

「大丈夫ですよ。首は僕がこの手で刈り取りますから、リキの手は借りません。でも、倒すのは手伝って下さいね」

 ならいいか。

「まあ、俺は喧嘩だけは得意だからな」

 その後、俺達は転送した。
 起きたばかりだが、現地時間じゃもう夜だ。俺達はすぐにベッドに逆戻りする羽目になった。
 そして、朝。食事を食べ、俺達は早速神殿へと向か……う前に、観光に出かけた。

「いい加減、観光してぇ! 兄貴が巫女アリスに贈り物するなら、俺もラピスに何か贈りてぇ」

 そう、俺が我儘を言ったからだ。そして、巫女アリスへのプレゼントを入れる箱探しをしながら、あちこち見て回った。活気があって良い町だと思う。
 兄貴は箱にもかなりの力を入れるつもりらしく、色々迷った挙句良さそうな町に入った。俺はラピスに可愛いペンダントを買ったが、入れ物は買った店で貰った小さな布袋である。正直、あまり差をつけないでほしい。俺のプレゼントがみすぼらしく見えるから。

「すみません、この店で一番立派な箱はありますか? この世で最も麗しいレディへの貢物を入れるのですよ」

「箱? すみませんが、お坊……お嬢さん、どれぐらいの大きさの?」

 魔将軍の顔ってどれぐらいの大きさだろう。
 俺は「思いだす」。すると、何人かのデータや伝承が浮かび上がった。どうやら、ドラゴン以外は人とそれほど変わりがないらしい。
 兄貴が箱の大きさを説明する。

「で、何をプレゼントするか聞いてもよろしいですか?」

「坊ちゃんで構いませんよ。入れる予定なのは魔将軍の生首です。ここの近場ではゴブリン魔将軍でしょうか」

 にっこり笑う兄貴。止まる空気。うん、俺も生首プレゼントするって言われたら怖い。

「ラララ、ラーデス様に春が!?」

「坊ちゃ……いや、お嬢さん、無謀です! ゴブリンだからって甘く見ちゃいけません。奴も魔将軍ですから! 確かに、火傷の治ったラーデス様の美しさは比類ないですが……」

 お店の人達は急に慌てだした。ラーデスがここでどうして出てくるのか、俺にはわからない。

「坊ちゃんで構いません。そして、どこは話がかみ合っていない気がします。で、箱はあるんですか。いくらしますか」

「お嬢さんが首をもし本当に持ってきたならば、無料で差し上げます」

「そうですか。女の子らしい、それでいて大人びたラッピングでお願いしますよ」

「お安いご用です」

 そして、買い物を終えた俺達は宿に戻り、神殿に向かった。
 俺達はドリステン様とメリールゥ様に祈り、愛しい人の為にプレゼントを取りに行く事を報告した。
 そこへ、ラピスが走ってやってくる。

「あたしも行く!」

 俺と兄貴は目をぱちくりさせた。

「だって、認めたくないけど、なんかムカつくもの。どうでもいいはずなのに、ムカつくんだもの。貴方達に命を助けられたんだし、あたしも行く! 逃げ道ぐらいは確保してあげるわ」

 俺はラピスをみると、早速ポケットを漁ってペンダントを取り出した。

「ラピス、これ。俺からのプレゼント」

 それを視界に入れて、ラピスは目を見開く。

「……あたしに? そ、そっか。プレゼントをあげたいってのはツトムの方か。ま、まあいいわ。ついてったげる」

 いよっし! 脈がある感じだ! 俺はガッツポーズをとり、ペンダントをラピスにつけてやった。
 ゴブリン魔将軍の本拠地は、守りの森跡にあると言う。
 片道約一週間。ついたら、ラピスをしばらくの間ごまかさねばならないだろう。俺達は十分な準備をして、翌日出立した。
 通り道に、ラーデスが立ち塞がっていた。一軍を引き連れて。

「……。プレゼント、お前が本当に用意できるのならば受け取ってやろう。しかし、じっと待っているのは性に合わん。貴様らごとき混血に出来る事でもない。だが、しかし。私の精鋭と、ドリステン様の加護である無消費範囲回復魔法さえあれば、あるいは……。メリールゥ様の加護である魔力を武器に込めた一撃も目を見張るものがあったしな。掛けて見ても良かろう」

 よくわからないが、わかった事がたった一つある。ごまかす人数が爆発的に増えた。

「まさか……いや、まさかそんな生首を欲しがる人間が他にいるはずは……」

 そして兄貴も、よくわからない事を口走っていた。
 とにかく、俺達の魔王退治の旅は、ここから始まったのだった。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02728009223938