オリジナルSS投稿掲示板




No.21005の一覧
[0] 【完結】あれ? 俺ら騙されてるんじゃね?(VRMMOもの)  二部開始[ミケ](2019/07/05 22:37)
[1] 一話 ゲームスタート[ミケ](2010/08/10 07:21)
[2] 二話 マルゴー爺[ミケ](2010/08/10 21:20)
[3] 三話 そして冒険は始まる[ミケ](2010/08/11 20:06)
[4] 四話 ギルド[ミケ](2010/08/12 07:34)
[5] 五話 救出[ミケ](2010/08/13 06:11)
[6] 六話 初めての冒険[ミケ](2010/10/06 23:57)
[7] 七話 冒険報告[ミケ](2011/01/24 00:16)
[8] 八話 贈り物[ミケ](2011/01/24 22:48)
[9] 九話 愛こそ全て[ミケ](2011/04/30 21:51)
[10] 十話 体のゆうこう的な使用法[ミケ](2011/05/01 16:08)
[11] 十一話 因果応報[ミケ](2011/05/02 20:39)
[12] 十二話 肉万歳[ミケ](2011/05/04 20:34)
[13] 十三話 拠点陥落[ミケ](2011/05/04 21:42)
[14] 十四話 敗者の足掻き[ミケ](2011/05/04 22:52)
[15] 最終話[ミケ](2011/05/04 23:30)
[16] エピローグ[ミケ](2011/05/04 23:57)
[17] 【改訂版】プロローグ[ミケ](2019/06/29 21:35)
[18] 一話 ログイン[ミケ](2019/07/01 12:45)
[19] 二話 マルゴー爺[ミケ](2019/07/01 12:46)
[20] 三話 そして冒険は始まる(ここまで同じ)[ミケ](2019/07/01 12:46)
[21] 四話 ラピスとバルガス[ミケ](2019/07/01 12:47)
[22] 五話 不穏な世界[ミケ](2019/07/01 12:47)
[23] 六話 ブルータス、私もだ[ミケ](2019/07/01 12:48)
[24] 七話 若き領主(仮)[ミケ](2019/07/01 13:33)
[25] 八話 必殺技の習得[ミケ](2019/07/01 20:28)
[26] 二部(プロローグ)[ミケ](2019/07/05 22:37)
[27] 一話 夏目と勉を生け贄に捧げ! 日本観光召喚![ミケ](2019/07/06 13:06)
[28] 二話 掲示板1[ミケ](2019/07/06 18:22)
[29] 三話 誰だ神様にヒーロー映画なんて見せた奴は[ミケ](2019/07/10 07:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[21005] 六話 ブルータス、私もだ
Name: ミケ◆8e2b4481 ID:8a3a10d3 前を表示する / 次を表示する
Date: 2019/07/01 12:48
「ギルドに行く前に、少し出かけましょうか」

 俺とバルガス、兄貴で市場に行った。
 噴水を眺めながら、小声で話し始める。恋バナ?

「裏を取りました。バルカス、貴方は好事家に狙われています」
「えっ」

 声を出した俺とバルガスを、兄貴は視線で黙らせた。

「直接的に望んでいるのは領主の娘ですが、領主も関わっています。やり方はめちゃくちゃですが、領主を後ろ盾とする力のある人身売買組織です」
「そんな……」
「どうにもならないのか?」
「領主は異教徒の疑いがあります。異教徒は王様でも躊躇なく火炙りだとか」
「こわっ」
「まあ、神様と邪神がリアルにいる世界ですから、仕方ないんでしょうね。そこでバルガス。質問があります」
「え? ……え?」

 戸惑うバルガスに、兄貴は問うた。

「惚れた女の為に、この町を無政府状態にする覚悟はありますか?」

 ピシャーン! 俺とバルガスに雷が降った。無政府? 無政府!?

「も、もし異教徒じゃなかったら……」
「異教徒だった事にします」

 ピピピシャーン! 俺とバルガスに雷が降った。もはや関係ないじゃん!

「後は、貴方次第です。あのままだと、彼女も危ないですよ」
「君だったら、どうする?」
「私ですか? 私は彼女の敵対する他人を種族事滅ぼせますし、そのように動いてます」
「!!?」
「ど、どういう事だ、兄貴!?」
「私が魔王を狙うのは彼女の為です。魔王が正義か悪かなんて、一顧だにしません」
「あ、そうか。確かに俺ら、魔王に事情聞いてない……」

 バルガスは、口を何度も開閉した。

「異世界から来た侵略者か何かか?」

 勇者です。俺は懸命にも、その言葉を飲み込んだ。




 その翌日、俺達は牢屋にいた。牢屋の窓はなく、鉄格子の他に俺と兄貴は鎖で縛られていた。
 
「こ、ここはどこですか?」
「う、うわー。全く知らない所にいるー」

 そう言って白々しく騒ぐ。
 バルガスを通じて、フィーさんに頼んで俺達を売って貰ったのだ。
 そして、バルガス達は俺達が異教徒だと告発する。指輪があるから、神殿は俺達の位置を把握している。そして、兄貴はどこからか異教徒の証を手に入れてきていた。
 これを使って罪をかぶせれば、丸焼きと無政府状態の街が出来るというわけだ。
 
 これ、ゲームだから問題ないよな? ゲームでも想定されてないんじゃないか? 不安だ。バグって壊れたら、そんがいばいしょーとかさせられないよな?

 とにかく騒いでいると、ドレス姿の可愛いけどきつい顔立ちの女の子が降りてきた。
 女の子……えっ この子15歳ぐらいなんだけど!?

「ふふふふふ。こんにちは、穢らわしいお人形さん」
「あ、あああ、兄貴。作戦変えない?」
「変えませんよ、何言っているんですか、リキ」
「だってこんなに可愛くてちっちゃな子なんだぜ!?」
「そうですね。白骨死体をコレクションする趣味のある女の子ですね」

 兄貴の視線を追うと、腐りかけの死体や白骨死体があった。うう、でも……。

「こんな事、望んでやったんじゃないだろ?」
「とっても面白かったわ! 断末魔大好き!」
「Oh……」

 俺は途方に暮れて兄貴を見た。兄貴は良い笑顔だ。
 怪獣大決戦の様相を示してきたそれに、俺は尻尾を丸めて丸まった。

「あら、ふふふ。勇猛そうな見た目なのに、可愛らしい事。でも残念。貴方の大きな体は、それじゃちっとも隠れないわよ」

 そうしていると、なんだか騒がしい音がする。思わず耳を澄ませる。

『断罪! 断罪! 断罪! 魔王に組みする者は全て塵となるがいい!』
 
 しわがれた、でも迫力と張りのある声。この声の主は、きっとラーデス様だ。エルフのお姫様。声からして歴戦の将軍にしか思えないけれど。
 とにかく、兄貴の作戦通りだ。俺は慌てて耳を伏せて、手で押さえた。何も聞こえぬように。でも、それは全くの無駄で。扉が乱暴に開けられる。

「お嬢様! お逃げ下さい、ラーデス様です! ああっ」

 飛び込んできたメイドが切り伏せられてなんかいない。足を濡らすのは血なんかじゃない。

「こんにちは、民無きエルフのお姫様。今日は何の御用かしら?」
「貴様には異教徒の嫌疑が掛けられている。故に殺す。火炙りにして殺す」
「あら、怖い。そんな証拠がどこにあるのかしら?」
「実は、浚われる時にすりとっておきました。この人は異教徒です!」
「そっそれは異教徒の証! 馬鹿な、嘘よ! 陰謀よ! 私のどこが異教徒に見えるのよ!」
「ハハハハハ! これは面白い。この牢屋を見る限り、そのようにしか見えないが?」
「混血を嬲ってどこが悪いの!? 彼らは神に反した者よ!」
「様をつけろ、この不信心が! 疑わしき時点で悩む余地もない。引っ立てろ!」
「いやああああああああああああああああああ!!」

 ぶるぶる。恐ろしすぎる。疑わし気を罰せよ、かよ。

「ああ、異端審問官ラーデス様! お救い下さりありがとうございます!」
「ふん。随分と余裕たっぷりなのだな。怪しい。お前も火炙りだ!」
「えっ」

 動揺の気配。どうしよう。兄貴も凄かったがラーデスって奴も凄いぜ!
 とにかく、俺達は引っ立てられた。

 中央神殿の前の広場に連れて行かれる。
 中央神殿にはいくつも杭が打ち立てられ、大量に薪が用意されていた。
 
 早速俺らは括り付けられた。

「私達は全くの無実です」

 全くの無実だとは言えない気がする。めっちゃ罪をかぶせようとしたし。実際今、沢山の人が火炙りになろうとしている。バルガスまで!
 今にも火をつけようとしているとき、女の子が飛び込んできた。

「ラーデス様、お許し下さい!」
「ラピス……!」
「彼らが疑わしいというのなら、私が監視します。混ざり物だから怪しいなんて公平ではありません! 神様が真実混ざり物を見放していたというのなら、何故私をガルギルディン様は加護してくれたというのですか!」
「ラピス、いい! お前まで疑われる!」

 そう思いながらも、俺は胸を痛めていた。
 バルガスの為なんだろうか。その為に、命を賭しているのだろうか。

「リキは! リキは、私の事を可愛いって言ってくれた。同じ混ざり物のバルガスでさえ言ってくれなかったのに! それに、彼は無垢なる弱き物。見捨てたら、ガルギルディン様に顔向けできません!」

 マジかよ、バルガス最低だな。ラピスは天使のごとく可愛いだろ。
 それに、それに……俺の、俺の為に命を掛けてくれているのか。凄い衝撃だった。女の子が、それも小さな女の子が、俺を守ろうと、命をかけて。

「彼らはきちんと、ルビタリスを吸収できます。神の加護を得ています。ドリステン様とメリールゥ様の信徒は珍しく、きっと魔王退治の助けにもなります!」

 ラピスが差し出したルビタリスを、空気を読んで吸い取る。

「……神様は偉大すぎて、人の罪を認識されぬ時がある。」
「それでも! それでも、どうか」

 ラピスは跪いた。俺の為に女の子が膝を……!

「わかりました。7ヶ月以内に、魔王を退治しましょう。いくらスパイだって、自分の陣営の親玉は殺さないでしょう? それが叶わなかった時は殺して下さい」
「七ヶ月だと? はっ 随分大きく出たものだな……良いだろう。それが叶わぬ時は私自ら殺してやる」

 こうして、俺と兄貴とバルガスは命を救われたのだった。
 領主一族は、本物の証拠も見つかり、処刑されちゃったけど……。

 バルガス、たった一人の女の為に街を無政府状態にするなんて……





 でも。でも、ラピスの為なら。
 俺も、ラピスの為なら誰にだって立ち向かえるかも知れない。

 とにかく、俺達は解放された後、命の対価の一部として神様について聞き取りを受けていた。
 
「ドリステン様の教義は……えーと、パッション、ですか?」
「そうだ。パッションだ」

 そうして、俺は実際に儀式を行ってみる。

『ほれ。ほれ! もう泣くな、メリールゥ。信者が怖いと言っても、たかが人間じゃろうて……』

 なんだか取り込み中みたいだ。
 
「次に、メリールゥ様の教義は……」
「これです」

 兄貴はへにょっとした。

「ふざけているんですか?」
「神様の事でふざけるはずがないでしょう。これが教義です」

 そしてもういちどへにょっとした。
 へにょ。へにょ。へにょ。

「\(′▽`)ノ」

「今のはメリールゥ様の意思を上手く表現出来ましたよ!」
「そ、そうですか……。ルビタリスボックスは……首輪と、ガーターベルト、と。贈り物はマラカスと扇……うーん……。呪文とかは使えないんですか?」
「今、ルビタリスを溜めているところだ」
「そうですか……。ちなみに、何故その神様にお仕えする事にしたのですか?」
「俺にぴったりだと思ったから」
「僕にぴったりだと思ったからです」

 そういう兄貴は、ビックリするほど優しい顔をしていた。
 
『メリールゥ! メリールゥ! 落ち着くんじゃ! 人間に神は取って食われんから安心するんじゃ! 泣くな!』
「ククククククククク……メリールゥ様、素直になるのですよ……」

 気のせいだったかも知れない。
















本来のプロット

悪い組織に狙われる。
人質を取られたバルガスに裏切られる。
あわやという所で回復呪文を手に入れる。
バトルとかある。
ラーデスが助けに来るがついでに火炙にされかける。
ラピスが助けてくれる。
バルガスが仲間になる。

だったのですが、勉が鎧袖一触にしてしまいました……。
この騒動一週間の予定だったのですが。
あと2日どうしよう。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023612976074219