<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

オリジナルSS投稿掲示板


[広告]


No.11816の一覧
[0] 【完結】デスゲームではない【VRMMORPG】[ハリコの豚](2009/10/09 20:26)
[1] プロローグ[ハリコの豚](2009/09/14 20:07)
[2] 一話[ハリコの豚](2009/09/18 19:47)
[3] 二話[ハリコの豚](2009/10/03 19:03)
[4] 三話[ハリコの豚](2009/10/02 22:16)
[5] 四話[ハリコの豚](2009/10/03 19:04)
[6] 五話[ハリコの豚](2009/09/19 23:01)
[7] 六話[ハリコの豚](2009/10/03 19:05)
[8] 七話[ハリコの豚](2009/10/03 19:06)
[9] 八話[ハリコの豚](2009/09/22 18:24)
[10] 外伝1[ハリコの豚](2009/09/29 23:03)
[11] 九話[ハリコの豚](2009/10/03 19:06)
[12] 十話[ハリコの豚](2009/10/03 19:07)
[13] 十一話[ハリコの豚](2009/10/01 00:36)
[14] 十二話[ハリコの豚](2009/09/26 18:11)
[15] 十三話[ハリコの豚](2009/09/28 12:09)
[16] 十四話[ハリコの豚](2009/09/28 18:20)
[17] 十五話[ハリコの豚](2009/10/03 19:12)
[18] 外伝2[ハリコの豚](2009/09/30 18:13)
[19] 十六話[ハリコの豚](2009/09/30 18:24)
[20] 十七話[ハリコの豚](2009/10/02 00:44)
[21] 十八話[ハリコの豚](2009/10/03 01:02)
[22] 十九話[ハリコの豚](2009/10/03 18:13)
[23] 二十話[ハリコの豚](2009/10/04 21:55)
[24] 二十一話[ハリコの豚](2009/10/06 18:16)
[25] 二十二話[ハリコの豚](2009/10/06 18:14)
[26] 二十三話[ハリコの豚](2009/10/07 18:22)
[27] 二十四話[ハリコの豚](2009/10/08 18:29)
[28] 二十五話[ハリコの豚](2009/10/10 09:58)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[11816] 一話
Name: ハリコの豚◆40baa12f ID:62227e72 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/09/18 19:47
 「現在、プレイヤーの皆様がログアウトして後、一週間が経過しております。

  メンテナンス時に行った調査の結果、皆様のデータを残す事が決定されました。

  これはゲームの基幹部分に影響を及ぼさずに、皆様のデータを消去する事が困難であるとの結果を踏まえての処置です。

  尽きましては、本コンピューターのテスト領域を、皆様の活動区域として開放いたしました。

  本ゲーム稼動中は、皆様もプレイヤーと同様にゲームの中で生活していただけます」

 一週間経った?

 さっきメンテナンスのアナウンスがあったばかりじゃないか。

 とにかく、町の中に入ってみよう。




 俺は町の中心である、噴水の所に来ていた。

 ここは人が多く集まる場所だけに、何か情報が入るかもしれないと思ったのだ。

 いや、後になってそう結論付けただけで、ただ人の多いところに来たかっただけなのかもしれない。

 ん? 人がいきなり現れた。

 ここは”帰還の扉”の魔法で、始まりの町を指定した時に戻る場所だから珍しくは無い。

 今、続々と人が増えているのも、慌てて町に帰っているプレイヤーたちだろう。

 プレイヤー? 運営が言う事を信じれば、俺たちはプレイヤーじゃないんだっけ。

 バグで出来た、ただのゴミデータってか……

 その帰ってきた人たちに声を掛ける人がいる。

 「なあ、お前ら死に戻り?」

 「ん? いや、扉で帰ってきた」

 「なあ! 誰か死に戻りいるか?」

 …… ああ、なるほど、ここはゲーム内で死んだ時に、この町をホームに指定している人が戻る場所でもある。

 死に戻りの人がいたら、デスゲームではないって事だ。

 「ああ、俺さっき死に戻った。

  一週間経過したってアナウンスの後に死んだから。

  運営が言うのが本当か嘘かは知らんが、デスゲームじゃないんじゃね?」

 「そ、そうか」

 そうか、死んでも生き返れるって事か。

 「安心してどうするんだよ、もし運営の言うのが本当なら、死ねないって事じゃん。

  ゲームだから年も取らないし」

 「…… 何? ゲームの中で不老不死とか、そんなオチ?」

 「不老不死? こんな問題起こしたクソゲーとか、直ぐに運営停止すんじゃね?

  そしたら俺らも消える事になるだろうな。

  ま、アナウンスが事実ならな」

 2人の話を聞いていた人が、話に割り込んできた。

 「なあ、問題起こしたっつーけど、もし話が本当だと過程してだ。

  ログアウトしたプレイヤーは、普通にログアウトしたと思ってんだよな。

  もしかしたら仲間内と話して不審に思うやつが居ても、実際にはログアウトできてる訳だし。

  運営が沈黙したら無かった事になるんじゃねーの?」

 「…… だとしても、1年か2年寿命が延びるだけだろ。

  いや、実際は俺、信じてないし。

  ありえないだろ?」

 「でもさ、ログアウトできないのは事実じゃん」

 「知らねぇよ、運営に言えよ」

 確かにその通りだ。

 みんな色々と集まって話をしている。

 同じギルドやPTで会った友達同士だろうか。

 まったく初心者の俺には、輪に入り辛いな。




 「もういや!。

  自分が自分じゃないなんてありえない!

  死んでやる!」

 女の子が叫んでる。

 パニックになったのかな?

 隣にいた男が宥めている。

 「落ち着けよ、このゲーム自殺なんてできないんだから」

 「じゃあ貴方が殺してよ!」

 「町中じゃあPKだって出来ないだろ?」

 「だったら町の外でやればいいじゃない!」

 哀れ、引っ張っていかれる男の人。

 暫くして、死に戻って来た彼女は、噴水の前で泣いていた。

 発作的に爆笑する人もいたが、俺にはちょっと笑えないな。

 俺は居た堪れなくなって噴水を後にした。




 …… 腹が減った。

 このゲーム、腹が減るし、眠くなるんだよな。

 とりあえず食堂に行くか。

 「流石に混んでいるな」

 「ごめんなさいね、お客さん、相席でいいかしら」

 ウェイトレスのNPCが聞いてきたが、誰かと話したい俺には望むところだ。

 まさかこの状況で飯だけザックリ食って帰る奴も珍しいだろう。

 ま、だから混んでいるんだろうが。




 「失礼しますね」

 「ん? 無職って事は初心者? それとも2nd?」

 隣の席にいる男の人に、いきなりそう聞かれた。

 「初心者だよ、右も左も判らないのに、こんな事になって何が何だか」

 「それは運が悪かったね、いや、お互い様か」

 「ねえ、君はどう思う?

  運営の言ってる事、本当だと思う?」

 今度は女の人だ。

 「正直、信じたくはないけど、後で実は嘘でしたって…… ありえないと思う。

  デスゲームみたいに、実はログインしっ放しで現実の俺らの意識が戻ってないって方が…… 」

 「まだ望みはあるよね、でも運営は現実には1週間過ぎたと言っている」

 「それなのよ、いったいいつ1週間も過ぎたって言うのかしら」

 俺は料理を適当に注文して、彼らの話を聞く。

 「それなんだけど、強制ログアウトのカウントが終わって、一瞬だけ周りが暗くなった気がしなかった?」

 「あ、したした」

 「したかしら? したような気もするわね」

 「うん、僕もしたし、ギルメンも大体肯定していた。

  もし1週間の空白があるとすれば、その時だと思う。

  タイミング的にもメンテナンスの告知直後だしね」

 なるほど、言われてみればそんな気がする。

 「じゃあ俺たちは本来、そのメンテナンスで消されてたはずって事か」

 「運営側の主張を信じればそうなる」

 「まいったわね、本当の事がどうだろうと、ログアウトできないのは同じ…… うーん違う?」

 「運営の話が本当なら、元に戻る可能性は無いって事じゃね?

  何しろ、元はログインした時に出来たコピーなんだから。

  つか、俺らが消える事が元通りって事?」

 「そうなるね。

  さっき君が言っていた様に、現実で本体が意識不明とかなら、国を挙げて解決するだろうけど。

  運営の言う事が本当なら、削除する事ができないと言う話も、眉唾ものだと思えるね」

 「どう言うことよ」

 「これはあくまでも推測でしかないんだが、ログアウト時の障害があったのは事実だと思う。

  でも俺たちみたいな可変データが、システムの基幹に影響を及ぼすなんて、有り得ないよ。

  じゃあ何故、俺たちは残されたのか。

  覚えているかな、アナウンスで俺たちに開放したと言っていた領域が、テスト領域だって事」

 「何それ、私たちはテストの為に残されたってこと?」

 「実際、このゲーム…… いや、このゲームに限らず。

  MMOはオープン後にサービスの追加や変更が、当たり前だという認識になっている。

  そして追加や変更がある度に、大騒ぎになる。

  大型アップデート後はバグがあって当たり前だとか、仕様改悪だ何だと叩かれる」

 「で、俺たちにリリースして落ち着いた頃に開放ってか?」

 「有効だと思わないか?」

 「思わないね。

  例え俺たちを踏み台に仕様改善した処で、外の連中はその事実を知らない。

  知らせる訳にはいかないだろうからな。

  だったら、結局はリリースされた仕様を基準に批評するだけだ。

  改悪だって言ってな」

 「それでもバグは潰せるし、仕様についても反応を見る意義は充分にあるさ」

 「どっちにしろ、面白くないことには違いないわね」

 「まあ、これは僕たちギルドの推論に過ぎないからね。

  どちらにしてもログアウトできない以上は、この世界に付き合って行くしかない。

  最長で、このゲームのサービスが終わるまで…… ね」

 俺は夕食後、宿屋に泊まって寝る事にした。




 「夢じゃない…… か」

 さて、今日は何をするかな……

 狩りに出なきゃな。

 食堂の食事代が1回、最低の品で5G(ゴールド)。

 少し良い物で10~15G。

 宿屋代が最低で50G。

 ゴブリン1匹のドロップが3G(その他稀にドロップ品10G相当)。

 30匹も狩れば暮らせるか。

 その日暮らしから脱するには、せめてレベル10以上にならないとな。




 ザク!

 ザク!

 ザク!

 うむ、レベルを5に上げてて良かった。

 とりあえずゴブリン殿を30匹倒したし、コボルト氏にリベンジ行ってみるかな。

 ザク!

 む、1撃で死んだ。

 レベルが5に上がったからか?

 と言う事は……

 1撃で倒すと、リンクモンスターでもリンクしないはず。

 ザク!

 ザク!

 ザク!

 ムッハーッ!

 俺最強伝説キタコレ!

 レベルが6になりました。




 人間、中の人が居なくなっても向上心が大切だと思う。

 と言う事で、やってきました。

 草原エリアを抜けて岩場エリア。

 コボルト氏の次はオオトカゲ君がターゲットだ。

 「おお、あいつらだな」

 お、おお? コイツらアクティブだ。

 「ぬぅおおおお!」

 『gugeeeegu』

 『gugaeeeee』

 「まだだ、まだ沈ま…… 沈んだ」

 死に戻りですね。

 いや、自分自身がちゃんと死に戻れるか、体を張って確認したかったんだ。

 ホントだよ?




 しかしトカゲはちょっとキツかったな。

 やはりコボルトを虐めよう。

 ザク! ザク! …… あれ? もうレベルが上がった。

 そうか、トカゲが旨かったんだ。

 だったら死んでも元が取れるな。

 デスペナはレベル10までないしな。

 よし、突っ込もう。




 トカゲは1匹なら、攻撃を剣で払いのける事もできる。

 つまりノーダメージで倒せるのだが、アクティブなのでどうしても囲まれてしまう。

 3匹くらいならギリギリ倒せるが、4匹目が来たらアウトだった。

 「くっ、一時離脱!」

 俺は岩場から草原に退避し、HPを回復させる。

 「なあ、さっきから何やってんだ?」

 「ん? 何って、トカゲ狩りだけど」

 「何で一々ここまで戻ってんの? ポーション持って無いの?」

 「初期特典で貰ったのがあるけど、勿体無くて」

 「いやいや、使わない方が勿体無いから。

  ぶっちゃけ初期特典のPOTは(小)だからレベル20までくらいしか使わないし。

  トカゲは1匹15G落とすけどPOTは1個10Gだから、1匹倒せばおつりが来るのね。

  で、レベル10くらいになったらスキルの事もあるけどPOT要らなくなるし。

  君見てたらレベル7か8でしょ?

  POT使って一気に10まで上げた方が得だから」

 「へえ、知らなかった。

  ありがとう」

 「がんばって」

 ふむ、なるほど。

 ゴブリンの時はPOT使うと損だと思ってたけど。

 トカゲはPOTよりドロップの方が高いから、1匹1個なら損でもないのか。

 よし、突っ込もう!




 漸くレベル10になったが、今日はもう夕方だから終わりにしよう。

 雑貨屋でPOTを補充して、明日は1日転職で終わるかな?




 今日は転職する日だ。

 確かスキル関係は武器屋が教えてくれたよな、行ってみるか。

 「む、弓職に転職したいか。

  弓職と言っても色々あるが、代表的なものはアーチャーだな。

  彼らは弓のエキスパートだ。

  城に行って志願兵に応募するといい。

  配属希望を弓兵隊にすればアーチャーになれる。

  君が魔法も使いたいのならレンジャーになるといい。

  彼らは魔法と弓を使う森の特殊部隊だ。

  城に行って志願兵に応募するといい。

  配属希望を特殊弓兵隊にすればレンジャーになれる。

  兵隊になるのは嫌だ? それならハンターになるんだな。

  彼らは森の狩人だ、弓の他に罠や動物使いの技術に精通している。

  ハンターギルドに入会すればハンターになれる。

  今、言った3つは弓の専門職だが、道場で”弓マスタリー”スキルを修得する事もできる。

  弓を使う戦士や盗賊などだな。

  そうそう、サムライなども弓を使うな」

 俺は知力を落としているので、魔法を使うつもりは無い。

 選択はアーチャーかハンターだな。

 とりあえず専門職と言うアーチャーの事を聞きに城へ行ってみるか。




 城は町の奥にある。

 今まで奥の方には行ってなかったけど、この辺りも色々あるな。

 ん? 弓を引く音が聞こえる。

 この壁の向こうで、かなり多くの人が弓を使っているようだ。

 そう言えば道場でも弓のスキルを取れるんだったな。

 ここの事かな?

 入ってみると、道場主らしきNPCがやって来た。

 「わかる! わかるぞ!

  君はサムライになりに来たのだね!

  刀! 槍! 弓! そして乗馬! 全てを使いこなす究極の戦士!

  ま・さ・に・ァアルゥティメットゥオ・ウゥオォーゥリャァアアア! SA☆MU★RA☆Iに!

  成りに来たのだね!」

 訂正、ヤバイ人だった。

 そうか、ここはサムライになる為の場所か。

 そう言えばサムライも弓を使うって言ってたっけか。

 俺も日本人だ、サムライと言う職に心引かれるのもまた事実。

 「サムライについて聞いてもいいですか?」

 「もちろんだとも!

  君の質問に、す・べ・て・答えよう!」

 …… 要点をまとめると。

 サムライは筋力の代わりに、器用度が攻撃力に影響するタイプの戦士だ。

 同じく器用度が攻撃力に影響する弓と、非常に相性がいい。

 軽戦士と同じように攻撃をかわすタイプで、刀は両手持ち武器。

 乗馬時には槍を持って、遠距離の相手には弓で攻撃。

 接近戦も戦士並みに強いとすると、ソロもやりやすいだろうけど……

 パラメータ的にも俺に合ってるし、考慮に入れてもいいかな。




 元々、弓職にしようと思った理由は、このゲームの職毎に立てられた掲示板を見たからだ。

 このゲームは様々な職があるので、見たのは代表的な幾つかの職のみだが。

 前衛はソロが楽だが、PTでは壁に徹するのが常道だと書いていた。

 逆に後衛はソロが難しい職が多いが、PTでは高い火力で敵を倒す役だとあった。

 そこで俺は、PTで高火力でありながら、比較的ソロが楽な弓職にしようとパラメータを振った。

 魔法使い系はソロがキツイと書いてあったし、魔法に魅力は感じるが、慣れてからでもいいかと思っていたのだ。

 回復系は…… 苦労が好きな人のやる職だとあったので、パス。

 普通に考えれば前衛も後衛もこなすと言えば、実際には両方こなしきれない罠職だ。

 しかし、別キャラを選択できない以上、マルチ職は意味を増してくるはずだ。

 ソロの時は刀を持って、PTでは弓を使う。

 前衛が足りなければ刀に持ち替えてもいいし、騎乗して槍を持ってもいい。

 スキルの熟練度を上げるのは遅くなるだろうが、問題ないだろう。

 なにしろゲームを抜けることができない以上、稼働率100%なのだから。




 ちなみに、このゲームではスキルの重要度はかなり高いらしい。

 スキルを修得する事で、能力の+修正や、攻撃や防御の技、さまざまな魔術といった能力を修得する。

 スキルは熟練度に応じて、その能力を増すが、熟練度が一定以上になれば、追加の能力を修得する。

 例えば、弓マスタリーのスキルを得たら、基本スキルとして弓の攻撃力に+修正が入る。

 更に熟練度に応じて、”命中率+”や”チャージ・アロー(敵を弾き飛ばす攻撃)”などを修得する。

 つまり、レベルが低いモンスターばかり狩っていると、レベルは低くても多くの技を持つキャラが出来上がる。

 逆にスキルの熟練度を上げなければ、レベルが高くても技を持たないキャラになる。

 なので、高レベルに(経験値寄生で)育てられたキャラなどは、返って役立たずになると言う。

 廃な方々の中には、あえて自分より低レベルな敵の狩場にしか行かない人もいるとか。




 ここでサムライ道場に来たのも天啓かもしれない。

 「サムライになるには、どうすればいいんだ?」

 「うむ!

  サムライになるには、先ず”刀マスタリー”、”槍マスタリー”、”弓マスタリー”、”騎乗”の4スキルを得る事だ。

  その上でワシの推薦状を持って城に行けば、サムライとして登録される」

 「…… あの、最低でもレベル30超えるんだけど」

 「SA☆MU★RA☆Iになるのだぞ!

  その道が辛く険しいのは当たり前ではないくわぁっ!。

  先ず最初に取るのは、刀マスタリーを推奨する!

  刀はサムライの魂だしな!

  だが馬に乗りたいと言うのであれば、騎乗と共に取るのは槍マスタリーがいいだろう。

  馬に乗っては刀の攻撃が届きにくい。

  弓と騎乗を併せるのは、騎乗の熟練度が上がって”乗馬弓”の技を修得してからだな。

  騎乗だけ取って武器のスキルを取らないのは、お奨めできんぞ」

 「じゃあ刀と弓で」

 「うむ! 併せて400Gだ!」

 「…… 金取るのかよ」

 「当たり前だ、ここは道場だぞ」




 この期に及んで400Gは痛い出費だが、払えなくはない。

 「…… でも刀と弓も買わないといけないんだよな」

 「心配はいらん! 入門した以上は木刀と練習用の弓が支給される。

  木刀でも刀スキルは使えるぞ!」

 「まあ、最初は仕方ないか……

  でもサムライになれない裡は無職のままなのか?」

 「いや、ワシの道場の門下生として、身分は浪人だな」

 無職と浪人、どっちがマシか…… って本来は同じ意味か。


 今日俺は、無職から浪人に転職した。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026553153991699