<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

オリジナルSS投稿掲示板


[広告]


No.11816の一覧
[0] 【完結】デスゲームではない【VRMMORPG】[ハリコの豚](2009/10/09 20:26)
[1] プロローグ[ハリコの豚](2009/09/14 20:07)
[2] 一話[ハリコの豚](2009/09/18 19:47)
[3] 二話[ハリコの豚](2009/10/03 19:03)
[4] 三話[ハリコの豚](2009/10/02 22:16)
[5] 四話[ハリコの豚](2009/10/03 19:04)
[6] 五話[ハリコの豚](2009/09/19 23:01)
[7] 六話[ハリコの豚](2009/10/03 19:05)
[8] 七話[ハリコの豚](2009/10/03 19:06)
[9] 八話[ハリコの豚](2009/09/22 18:24)
[10] 外伝1[ハリコの豚](2009/09/29 23:03)
[11] 九話[ハリコの豚](2009/10/03 19:06)
[12] 十話[ハリコの豚](2009/10/03 19:07)
[13] 十一話[ハリコの豚](2009/10/01 00:36)
[14] 十二話[ハリコの豚](2009/09/26 18:11)
[15] 十三話[ハリコの豚](2009/09/28 12:09)
[16] 十四話[ハリコの豚](2009/09/28 18:20)
[17] 十五話[ハリコの豚](2009/10/03 19:12)
[18] 外伝2[ハリコの豚](2009/09/30 18:13)
[19] 十六話[ハリコの豚](2009/09/30 18:24)
[20] 十七話[ハリコの豚](2009/10/02 00:44)
[21] 十八話[ハリコの豚](2009/10/03 01:02)
[22] 十九話[ハリコの豚](2009/10/03 18:13)
[23] 二十話[ハリコの豚](2009/10/04 21:55)
[24] 二十一話[ハリコの豚](2009/10/06 18:16)
[25] 二十二話[ハリコの豚](2009/10/06 18:14)
[26] 二十三話[ハリコの豚](2009/10/07 18:22)
[27] 二十四話[ハリコの豚](2009/10/08 18:29)
[28] 二十五話[ハリコの豚](2009/10/10 09:58)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[11816] 外伝2
Name: ハリコの豚◆40baa12f ID:62227e72 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/09/30 18:13
 「こんちは! オリジンさん。

  昨日はどうもっした」

 「お? ヨシハルか。

  ロンリーも…… 今日も一緒か?」

 「こんにちは」

 「おう、今日も行くか?」

 「え? 流石に2日つづけては悪いッスよ」

 「いや、今日一緒に狩る予定だったギルメンが入れなくなってな。

  唐突に時間が空いたんだ」

 「ここでボーっとしてるよりは、お前らの壁やってる方が生産的だろ?」

 「じゃあ、お願いします」

 「おー、昨日と同じ大猿でいいよな」

 オリジンさんは、俺とロンリーがペアで狩ってる時に助けてくれた、高レベルプレイヤーだ。

 俺はアーチャーで、それまでずっとソロ狩りしてたんだけど、初めて組んだPTでロンリーと会った。

 PTは1時間程度で解散したけど、時間の余った俺とロンリーは、ペア狩りしてたんだ。

 ちょっとピンチに陥った処を、通りかかったオリジンさんに助けてもらって。

 その後、暇してると言うオリジンさんに、レベル上げを手伝ってもらった。




 「何? お前本当に初心者なの?

  じゃあ、それ1stキャラ?」

 「うん、まあ本当は1度、間違えた名前で作ったキャラが居たけど、レベル5くらいで消しちゃったし」

 「間違えた名前って?」

 「俺、本名は良治(リョウジ)ってんだけど、それを読み替えてヨシハル。

  でも、間違えてヨシヒロにしちゃったんだ」

 「バッカでー」

 「うん、作り替えたよ。

  ロンリーは別キャラいるの?」

 「まぁな、1stは今70超えてるな」

 「へー」

 こんな感じで話しながら狩りが出来るのも、オリジンさんがタゲを取っていてくれてるからだ。

 「お、レベルが上がった」

 「おめー」

 「おめー」

 「ありがとう」




 「でも本当に、オリジンさんが助けてくれて、ありがたいですよ」

 「いや、ギルドでも低レベルのレベル上げとか、してるからな

  結構なれてるからよ。

  まあ、お前らもレベルが上がったら、ウチに紹介してやってもいいぜ」

 「いえ、おれは別キャラいるんで」

 ロンリーは断ったが、俺は興味あるな。

 「どんなギルドなんですか?」

 「ああ、ブルームーンライトっつってな、中堅ドコの合戦ギルドなんだが。

  まあ、俺は少し後に入ったんで、マスターや副マスじゃないが、ナンバー3って位置にいるかな。

  ギルド内にも、俺が育ててやったヤツが結構いるしよ」

 「すごいんですね」

 「いや、まあ低レベルの支援とかしてたら、普通に感謝されるじゃん?

  別に派閥って訳じゃねぇけど、俺を慕ってくれるヤツとか出る訳よ」




 「…… お、済まんがギルドに呼ばれた、いかなきゃならん」

 「あ、はい。

  レベル上げありがとうでした」

 「ありがとうございました」

 「お、じゃあな」

 オリジンさんは行ってしまった。

 俺もレベルが上がったら、低レベルの手伝いとかしてみたいな。

 弓職じゃ、難しいかな?

 「じゃあ、俺も落ちるわ」

 「あ、うんじゃあ、おつ」




 このゲーム、始めてよかったな。

 みんな良い人ばっかりだし、ゲームも凄く楽しいし。

 でも、ハマり過ぎない様にしないとな。

 高校でオタクデビューってのも何だし。

 よし、今日はログアウトしよう。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.035671949386597