Muv-LuvSS投稿掲示板




No.3960の一覧
[0] これはひどいオルタネイティヴ(ぶち壊し注意)[Shinji](2008/08/24 12:52)
[1] これはひどいオルタネイティヴ2[Shinji](2008/08/25 11:13)
[2] これはひどいオルタネイティヴ3[Shinji](2008/08/25 11:11)
[3] これはひどいオルタネイティヴ4[Shinji](2008/08/26 04:35)
[4] これはひどいオルタネイティヴ5[Shinji](2008/08/26 23:24)
[5] これはひどいオルタネイティヴ6[Shinji](2008/08/27 20:54)
[6] これはひどいオルタネイティヴ7[Shinji](2008/08/28 16:19)
[7] これはひどいオルタネイティヴ8[Shinji](2008/08/29 20:22)
[8] これはひどいオルタネイティヴ9[Shinji](2008/08/30 23:24)
[9] これはひどいオルタネイティヴ10[Shinji](2008/08/31 22:48)
[10] これはひどいオルタネイティヴ11[Shinji](2008/09/01 21:59)
[11] これはひどいオルタネイティヴ12[Shinji](2008/09/03 08:21)
[12] これはひどいオルタネイティヴ13[Shinji](2008/09/05 10:13)
[13] これはひどいオルタネイティヴ14(+用語ver1)[Shinji](2008/09/07 08:57)
[14] これはひどいオルタネイティヴ15(+伊隅戦乙女隊ver1)[Shinji](2008/09/09 12:53)
[15] これはひどいオルタネイティヴ16[Shinji](2008/09/11 14:52)
[16] これはひどいオルタネイティヴ17[Shinji](2008/09/13 17:38)
[17] これはひどいオルタネイティヴ18(+伊隅戦乙女隊ver2)[Shinji](2008/09/16 23:33)
[18] これはひどいオルタネイティヴ19[Shinji](2008/09/19 22:36)
[19] これはひどいオルタネイティヴ20[Shinji](2008/09/23 02:45)
[20] これはひどいオルタネイティヴ21(+用語ver2)[Shinji](2008/09/26 21:20)
[21] これはひどいオルタネイティヴ22(+第207衛士訓練部隊)[Shinji](2008/10/02 22:28)
[22] これはひどいオルタネイティヴ23[Shinji](2008/10/09 19:42)
[23] これはひどいオルタネイティヴ24[Shinji](2008/10/23 01:55)
[24] これはひどいオルタネイティヴ25[Shinji](2008/10/31 02:49)
[25] これはひどいオルタネイティヴ26[Shinji](2008/11/22 04:34)
[26] これはひどいオルタネイティヴ27[Shinji](2008/11/25 18:05)
[27] これはひどいオルタネイティヴ28[Shinji](2008/12/14 03:54)
[28] これはひどいオルタネイティヴ29[Shinji](2009/01/11 03:35)
[29] これはひどいオルタネイティヴ30(前編)[Shinji](2009/01/17 04:11)
[30] これはひどいオルタネイティヴ30(中編)[Shinji](2009/01/21 01:11)
[31] これはひどいオルタネイティヴ30(後編)[Shinji](2009/01/28 12:16)
[32] これはひどいオルタネイティヴ31 2009/02/08 00:31[Shinji](2009/05/17 17:57)
[33] これはひどいオルタネイティヴ32[Shinji](2009/02/19 03:33)
[34] これはひどいオルタネイティヴ33[Shinji](2009/04/10 04:03)
[35] これはひどいオルタネイティヴ34[Shinji](2009/03/26 08:07)
[36] これはひどいオルタネイティヴ35[Shinji](2009/03/30 03:38)
[37] これはひどいオルタネイティヴ36(前編)[Shinji](2009/04/08 22:44)
[38] これはひどいオルタネイティヴ36(後編) 2009/04/14 04:28[Shinji](2009/05/17 17:53)
[39] これはひどいオルタネイティヴ37 2009/04/24 06:26[Shinji](2009/05/25 00:10)
[40] これはひどいオルタネイティヴ38[Shinji](2009/05/10 00:10)
[41] これはひどいオルタネイティヴ39(前編)[Shinji](2009/05/12 20:01)
[42] これはひどいオルタネイティヴ39(中編)[Shinji](2009/05/14 23:55)
[43] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)①[Shinji](2009/05/17 05:05)
[44] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)②[Shinji](2009/05/25 02:35)
[45] これはひどいオルタネイティヴ40①[Shinji](2009/06/01 01:54)
[46] これはひどいオルタネイティヴ40②[Shinji](2009/06/05 02:47)
[47] これはひどいオルタネイティヴ40③[Shinji](2009/06/11 02:49)
[48] これはひどいオルタネイティヴ40④[Shinji](2009/06/14 06:03)
[49] これはひどいオルタネイティヴ40⑤[Shinji](2009/07/02 03:10)
[50] これはひどいオルタネイティヴ41(前編)[Shinji](2009/07/13 01:30)
[51] これはひどいオルタネイティヴ41(中編)[Shinji](2009/07/28 19:03)
[52] これはひどいオルタネイティヴ41(後編)[Shinji](2009/08/16 04:00)
[53] これはひどいオルタネイティヴ42[Shinji](2009/08/27 00:58)
[54] これはひどいオルタネイティヴ43(前編)[Shinji](2009/09/10 23:51)
[55] これはひどいオルタネイティヴ43(中編)[Shinji](2009/09/20 09:43)
[56] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)①[Shinji](2009/10/07 07:49)
[57] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)②[Shinji](2009/10/10 22:26)
[58] これはひどいオルタネイティヴ44(前編)[Shinji](2009/11/11 20:38)
[59] これはひどいオルタネイティヴ44(後編)[Shinji](2009/11/17 03:24)
[60] これはひどいオルタネイティヴ45[Shinji](2009/12/04 11:35)
[61] これはひどいオルタネイティヴ46(前編)[Shinji](2009/12/07 06:52)
[62] これはひどいオルタネイティヴ46(後編)[Shinji](2009/12/20 00:54)
[63] これはひどいオルタネイティヴ47(前編)[Shinji](2010/01/26 07:13)
[64] これはひどいオルタネイティヴ47(後編)[Shinji](2010/01/29 14:19)
[65] これはひどいオルタネイティヴ48(前編) 2010/02/20 03:44[Shinji](2010/02/23 04:16)
[66] これはひどいオルタネイティヴ48(後編)[Shinji](2010/03/04 12:24)
[67] これはひどいオルタネイティヴ48.5[Shinji](2010/03/06 20:21)
[68] キャラクター注目度ランキング(~2010年03月09日)[Shinji](2010/03/09 18:23)
[69] これはひどいオルタネイティヴ49 2010/03/14 07:03[Shinji](2010/03/15 12:47)
[70] これはひどいオルタネイティヴ50 2010/04/08 07:58[Shinji](2010/04/10 03:15)
[71] これはひどいオルタネイティヴ51(前編)[Shinji](2010/04/18 14:51)
[72] これはひどいオルタネイティヴ51(中編)[Shinji](2010/05/25 05:31)
[73] これはひどいオルタネイティヴ51(後編)[Shinji](2010/06/26 00:51)
[74] これはひどいオルタネイティヴ52[Shinji](2010/07/27 04:27)
[75] これはひどいオルタネイティヴ53[Shinji](2010/10/06 05:34)
[76] これはひどいオルタネイティヴ54[Shinji](2011/03/29 08:19)
[77] これはひどいオルタネイティヴ55[Shinji](2011/04/02 07:48)
[78] これはひどいオルタネイティヴ56[Shinji](2011/05/16 11:26)
[79] これはひどいオルタネイティヴ57[Shinji](2012/08/02 01:56)
[80] これはひどいオルタネイティヴ58[Shinji](2012/09/01 14:35)
[81] これはひどいオルタネイティヴ59 2012/10/29 15:03[Shinji](2012/11/03 14:33)
[82] これはひどいオルタネイティヴ60 2012/11/02 17:30[Shinji](2012/11/03 14:34)
[83] これはひどいオルタネイティヴ61[Shinji](2012/11/07 21:35)
[84] これはひどいオルタネイティヴ62[Shinji](2013/02/17 10:44)
[85] これはひどいオルタネイティヴ番外編[Shinji](2009/04/14 02:45)
[86] これはひどいオルタネイティヴ番外編②[Shinji](2009/10/15 18:11)
[87] これはひどいオルタネイティヴ番外編③[Shinji](2010/11/04 17:45)
[88] これはひどいオルタネイティヴ(登場人物+用語)[Shinji](2010/10/10 03:07)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3960] これはひどいオルタネイティヴ46(前編)
Name: Shinji◆9fccc648 ID:37b9b89a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/12/07 06:52
これはひどいオルタネイティヴ46(前編)




≪それで……俺に何の用なんだい?≫

≪単刀直入に申しますッ! 今宵を私と共に過ごして頂きたいのです!!≫

≪――――いいですとも!!!!≫

≪!? あ、有り難き幸せ……ッ!!≫


……俺が勃ってしまったのは冥夜の表情を見て、前述の妄想をした為なのだが。

勿論そんな事を彼女が言って来ないのは分かりきって居るので気持ちを切り替える。

しっかし向こうから来るのは予想外だったな……ともかく質問に答えなければッ。


「特に予定は無いけど、それが ど~かしたのかい?」(キリッ)

「えぇと、そのッ」

「????」

「実は……私達が任官できた事から今夜"ぱーてぃー"と言うモノを行う事になりまして」

「パーティー?」

「……はっ。参加者も少なく些細なモノですが、京塚 曹長が提案して下さいました」

「京塚のオバチャンが~?」

「はい。夜8時からPXを貸し切って盛大に行おうと申しておりました。
 ……とは言え人が居なくなってから開くので、必然的にその時間になると言うダケですが」

「成る程。……それで、他には誰が来るんだい?」

「神宮司 軍曹……いえ神宮司 中尉です」

「ほほ~っ」

「…………」

「……って、あと神宮司中尉だけなの?」

「は、はい」

「じゃあ俺を入れても、たったの8人じゃないか」

「そうなりますね……いかんせん急に行われるモノですので」

「ふむ」

「しかし私達に色々と御教授して下さった白銀少佐にも、是非 参加して頂きたいと存じまして」

「…………」

「し、白銀少佐?」


冥夜の言葉からすると、先ず解体式を終えてPXにやって来た千鶴達を京塚のオバハンが捉まえた。

そして"今夜アンタらを祝ってやるよ!"とか告げて強引に今夜の段取りを組んだってトコロかな?

だったら元B分隊 合わせて7人しか参加者が居ないのも頷ける。決まったのは つい先程の様だしね。

……とは言え"公"で行えるパーティーってのはコレが最初で最後になるんじゃないのか? マジな話。


「……ッ……」

「あ、あの?」


既に千鶴達は例え戦死してもオモテには事故死として扱われる、A-01への入隊を済ませている。

よって家族や友人を交えて今のメンバーでパーティーを開くのは"今夜"限りと言っても良いのだッ!

一応A-01も祝勝会を行ってたけど、一部の士官や関係者を集めたシークレットなモノだったしな~。

それに考えてみれば正史だと彼女達は このまま仲間達を次々と失い、果てには自分も死んでしまう。

なのに折角 任官した事でのパーティーが、俺含めて僅か8人など幾らなんでも可哀相な気がする……

俺が白銀と成っているからにはハナから誰も死なす気は無いとは言え、どうにか盛り上げたいなァ。


「う~ん……」

「……(や、やはり無理なのか? だが迷っておられると言う事は望みは有る……?)」

「どうすっかなァ~」←腕を組みながら

「……(しかし白銀少佐は多忙な方 故……やはり無理に参加して頂く訳には……)」

「そうだ――――」

「し、白銀少佐ッ!」

「ぇあ?」

「申し訳有りません。其処まで悩まれる様でしたら結構ですので……」

「!? いや違うってッ! 参加するか・しないかで悩んでたんじゃ無いよ」

「と、と言う事は……?」

「ダメも何も全然OKだって。是非とも参加させて貰うよ」

「ま……誠ですかッ!?」

「うん」


――――思考する中 俺の様子を別の意味で捉えた冥夜に対し、参加を告げると突如 晴れた表情になった。


「有難う御座います! 皆も喜ぶ事でしょうッ」

「だと嬉しいね~」

「で、では私は早速"この事"を皆に報告しに……」

「いや待て冥夜!」

「えっ? ……あ!」


俺が今夜のパーティー参加すると言う事を聞いたので、冥夜の用は済んでしまったみたいだ。

……しかし彼女が登場した事で、済ませようと思って居た"俺の用"を消化しなければならない。

ソレは冥夜を"安心させる"と言う事であり、俺は無意識のうちに振り返ろうとした彼女を抱き締めていた。

後に考えてみれば俺の事を心配してくれてたハズの冥夜が"その話題"に今 触れて来なかったので、
別にワザワザ抱き締めて安心させ様としなくても良かったんじゃね? ……と思ったけど今や遅し。


≪――――ぎゅっ≫


「…………」

「白銀……少佐?」

「冥夜」

「は、はい?」

「心配掛けて済まなかったな」

「!? そ……そんなッ……私の方こそ本当に……」

「いやいやアレは不可抗力だし冥夜は一切 悪く――――」

「違うのですッ!」

「へぇあ?」


――――俺が抱き締めた事で体を預けてくれた冥夜だったが、唐突に顔を上げ此方を涙目で見据えて言う。


「今の温もりで……白銀少佐が怪我の事を悪く思われていない事は……理解しました」

「だ、だったら何で?」

「白銀少佐は"この様に"私の事を気に掛けてくれたと言うのに、今 私は逃げ出そうとしたのです!!」

「逃げ……出す?」

「はい。作戦を共にした事から……私の立場として御怪我の程を伺うのは必然……されど……」

「もし俺が怒ってたって思うと聞き辛かったと?」

「そ……その通りですッ」

「…………」

「(やはり呆れられている……私には白銀少佐の温もりを頂く権利など……)」

「プッ……はははっ、冥夜らしいな~」

「!? ど、どう言う事なのですかッ?」

「"そんな事"で謝る辺りね」

「ですが私には重要な……えっ!?」


……冥夜のキャラを理解している俺は微塵にも不快感は感じず、俺は再び彼女を抱き締めた!!

もう冥夜タンったらネガティブ過ぎ。こう言う細かい事を誤魔化すのは抱き締めるのが一番だNE。

対して2度目の奇襲に再びカラダを強張らせる冥夜だったが、10秒もしないうちに力は抜けていった。

よって安心なワケなんだが些細な事を引き摺る 冥夜を見て、白銀は またリミッターを外しちゃったんだ☆


「肩の力を抜け」

「!?」

「……そんな しゃちほこばってちゃ、普通に出来る事もやれやしないぞ?」

「うッ……」

「お前は良くやったよ。正直 驚いた」(殿下の代役 的な意味で)

「…………」

「冥夜が敵味方を救ったんだ。思わぬ"誤算"が有ったけど、誰も責めるヤツなんて居ないよ」

「白銀……少佐……あッ……」


――――俺は何処ぞの黒い剣士を肖った台詞を告げると、冥夜を手放しスマイルを浮かべて言った。


「……って事で、今後も宜しく頼むよ? 少尉殿」

「!? は、はいッ! 畏まりました!!」


≪――――バッ!!!!≫


「見事な敬礼だと感心するが、何処も可笑しくは無いな」

「そ……それ程でも有りません」

「んで話は変わるけど」

「は、はい?」

「"こう言う時"は俺の事は名前で呼んで良いよ? 同じ年齢なんだし」

「えっ!? し、しかし――――」

「お前 同い年ならず、年上からも何時も敬語 使われる奴の気持ち考えた事ありますか?
 ……マジで泣きたくなる程 悲しいんで、止めて貰えませんかねぇ……?(リアル話)」

「!? そ……それでは何と御呼びすれば……?」

「タケルで良い」(謙虚)

「た、たたたたける……殿?」

「"殿"って何だよ殿って。普通に呼び捨てで良いって。勿論 敬語も要らないからな?」

「では……タケル……で宜しいのですか?」

「50点」

「い……いや、タケルで良いのか?」

「上等!」

「……タケル……タケル……タケル……」

「おいィ? 何いきなりブツブツ言い出してる訳?」

「!? す、すすすすまぬ……余りにも唐突であった故ッ」

「はははっ。俺にしても凄く新鮮だよ」


――――ゲームでは普通に"タケル"だったけど、今は冥夜の"白銀少佐"に慣れすぎてるからねェ。


「そ、そうで有ろうな。いかんせん白が……そなたは少佐なのだから」

「うんうん。だからさ~、同年齢の友達なんて出来ないし参ってたんだよ。殿下みたいに」

「姉上の様に……?」

「殿下は"あの年齢"で日本を背負ってる。だから皆が敬い崇めるしで、友達なんて出来ないだろ?」

「しかしソレは宿命ゆえに致仕方ないであろう? 姉上もソレを理解している筈だ」

「確かにね。……でも一緒に話して分かったんだ。殿下も俺と"同じ"だってね」

「むぅ……タケルが そう思ったのであれば、そうなのであろうな」

「多分ね~」

「それにしても――――」

「ぇあ?」

「た、タケル……もしや、この様に砕けて会話をすると言うのは私が初めてなのか?」

「う~ん。基準がイマイチ分からないけど、此処で同年齢の相手と"こう話す"のは冥夜が初めてだなァ」

「なんと!? ……で、では……何故 私なのだ?」

「"切っ掛け"が全然 無かったからだよ。今迄さ」

「そ、そうか……ではこの"切っ掛け"に、感謝をしなければな……」

「俺こそ有難う」

「榊達に……悪い気もするが」(ぼそ)

「???? 何だって?」

「な、何でも無いぞッ!」

「ンな訳で今夜は宜しくな? 良かったら唯依達も連れて来ようか?」

「ユイ?」

「あァ~。篁中尉達の事だよ」


――――しまった。墓穴を掘ってしまったが、砕けた関係な今 冥夜はスルーしてくれるだろう。


「!? そ、それは確かに有り難いかもしれんが……」

「いや。やっぱり止めて置こう」

「タケル?」

「ともかく任官 オメデトさん。20時には必ず行くから千鶴達にも伝えて置いてくれ」

「(千鶴……)わ、分かった……待っているぞ?」

「あァ。そんじゃ~また後で」

「――――タケルッ」←赤面しながら

「うわっ、びっくりした」

「また……この様に話して貰って良いか?」

「勿論さあ☆」

「……ぅッ……か、感謝を。それでは私はコレにて失礼致しますッ!」

「うん。また後でな~っ? それと制服似合ってるぞ~!?」

「――――!?」


そんなコンナで冥夜との会話が終わり、俺の最後の言葉にコケそうになるも彼女は走り去ってゆく。

何だか考えた以上に距離が縮まった気がするな~。冥夜を始めB分隊とは階級の差がネックだったんだが……

今や冥夜とタメ口で話せる様に成ったって事は、千鶴達とも原作と同じ様に話せる可能性が出来たって事だ。

よって俺は"正史に少し近付けた"のを嬉しく思うと同時に、20時に始まるパーティーの事を考える。

唯依達を連れて行く事を言ったら何故か冥夜は遠慮したい様子だったけど……身内を呼ぶのなら……!!

限られた時間で俺の手腕で何人 集められるか分からないが、元B分隊の為にも頑張るしか有るまいッ!


≪ダダダダダダ……ッ!!!!≫


「コードナンバー028~♪」


――――そう思った直後 何処ぞのOPを自分に重ねながら、俺は横浜基地内の廊下を走り出して行った。




……




…………




≪……マジで泣きたくなる程 悲しいんで、止めて貰えませんかねぇ……?≫


「(……タケル……やはり、そなたは年相応の悩みを持っていたのだな)」


≪……でも一緒に話して分かったんだ。殿下も俺と"同じ"だってね≫


「(それに姉上も……もしや姉上はタケルの"友"となった故に彼はソレに気付いたのだろうか?)」


≪御剣も、いずれ解る≫(10話 参照)


「(……だが……)」


≪誰にでも……失いたくない"モノ"があるのさ≫(同上)


「(私はタケルの辛い過去を知らぬ。……少なくとも、まだ聞く勇気は無かった……)」


≪……って事で、今後も宜しく頼むよ? 少尉殿≫


「(故に先ずはタケルと肩を並べる衛士に成る事が最も重要……そして再び2人になれた暁には……)」

「(……俺……明後日のトライアルが終わったら……また冥夜と、さっきみたいな会話するんだ!!)」


――――ちなみに忙しない状況だったので、何となく死亡フラグっぽい事を脳内で言っちゃったんだ☆


「!? ……ッ……妬ましいです」←リスみたいな仕草で

「何よ社。貴女も彩峰のボヤきが気に入ったのかしら?」




●戯言●
恐縮ながら10KB程度しか書いていませんが、区切りが良いので@w@
今回は超久しぶりの冥夜のターンです。う~ん、最近は前後半が多いなあ。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030043840408325