Muv-LuvSS投稿掲示板




No.3960の一覧
[0] これはひどいオルタネイティヴ(ぶち壊し注意)[Shinji](2008/08/24 12:52)
[1] これはひどいオルタネイティヴ2[Shinji](2008/08/25 11:13)
[2] これはひどいオルタネイティヴ3[Shinji](2008/08/25 11:11)
[3] これはひどいオルタネイティヴ4[Shinji](2008/08/26 04:35)
[4] これはひどいオルタネイティヴ5[Shinji](2008/08/26 23:24)
[5] これはひどいオルタネイティヴ6[Shinji](2008/08/27 20:54)
[6] これはひどいオルタネイティヴ7[Shinji](2008/08/28 16:19)
[7] これはひどいオルタネイティヴ8[Shinji](2008/08/29 20:22)
[8] これはひどいオルタネイティヴ9[Shinji](2008/08/30 23:24)
[9] これはひどいオルタネイティヴ10[Shinji](2008/08/31 22:48)
[10] これはひどいオルタネイティヴ11[Shinji](2008/09/01 21:59)
[11] これはひどいオルタネイティヴ12[Shinji](2008/09/03 08:21)
[12] これはひどいオルタネイティヴ13[Shinji](2008/09/05 10:13)
[13] これはひどいオルタネイティヴ14(+用語ver1)[Shinji](2008/09/07 08:57)
[14] これはひどいオルタネイティヴ15(+伊隅戦乙女隊ver1)[Shinji](2008/09/09 12:53)
[15] これはひどいオルタネイティヴ16[Shinji](2008/09/11 14:52)
[16] これはひどいオルタネイティヴ17[Shinji](2008/09/13 17:38)
[17] これはひどいオルタネイティヴ18(+伊隅戦乙女隊ver2)[Shinji](2008/09/16 23:33)
[18] これはひどいオルタネイティヴ19[Shinji](2008/09/19 22:36)
[19] これはひどいオルタネイティヴ20[Shinji](2008/09/23 02:45)
[20] これはひどいオルタネイティヴ21(+用語ver2)[Shinji](2008/09/26 21:20)
[21] これはひどいオルタネイティヴ22(+第207衛士訓練部隊)[Shinji](2008/10/02 22:28)
[22] これはひどいオルタネイティヴ23[Shinji](2008/10/09 19:42)
[23] これはひどいオルタネイティヴ24[Shinji](2008/10/23 01:55)
[24] これはひどいオルタネイティヴ25[Shinji](2008/10/31 02:49)
[25] これはひどいオルタネイティヴ26[Shinji](2008/11/22 04:34)
[26] これはひどいオルタネイティヴ27[Shinji](2008/11/25 18:05)
[27] これはひどいオルタネイティヴ28[Shinji](2008/12/14 03:54)
[28] これはひどいオルタネイティヴ29[Shinji](2009/01/11 03:35)
[29] これはひどいオルタネイティヴ30(前編)[Shinji](2009/01/17 04:11)
[30] これはひどいオルタネイティヴ30(中編)[Shinji](2009/01/21 01:11)
[31] これはひどいオルタネイティヴ30(後編)[Shinji](2009/01/28 12:16)
[32] これはひどいオルタネイティヴ31 2009/02/08 00:31[Shinji](2009/05/17 17:57)
[33] これはひどいオルタネイティヴ32[Shinji](2009/02/19 03:33)
[34] これはひどいオルタネイティヴ33[Shinji](2009/04/10 04:03)
[35] これはひどいオルタネイティヴ34[Shinji](2009/03/26 08:07)
[36] これはひどいオルタネイティヴ35[Shinji](2009/03/30 03:38)
[37] これはひどいオルタネイティヴ36(前編)[Shinji](2009/04/08 22:44)
[38] これはひどいオルタネイティヴ36(後編) 2009/04/14 04:28[Shinji](2009/05/17 17:53)
[39] これはひどいオルタネイティヴ37 2009/04/24 06:26[Shinji](2009/05/25 00:10)
[40] これはひどいオルタネイティヴ38[Shinji](2009/05/10 00:10)
[41] これはひどいオルタネイティヴ39(前編)[Shinji](2009/05/12 20:01)
[42] これはひどいオルタネイティヴ39(中編)[Shinji](2009/05/14 23:55)
[43] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)①[Shinji](2009/05/17 05:05)
[44] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)②[Shinji](2009/05/25 02:35)
[45] これはひどいオルタネイティヴ40①[Shinji](2009/06/01 01:54)
[46] これはひどいオルタネイティヴ40②[Shinji](2009/06/05 02:47)
[47] これはひどいオルタネイティヴ40③[Shinji](2009/06/11 02:49)
[48] これはひどいオルタネイティヴ40④[Shinji](2009/06/14 06:03)
[49] これはひどいオルタネイティヴ40⑤[Shinji](2009/07/02 03:10)
[50] これはひどいオルタネイティヴ41(前編)[Shinji](2009/07/13 01:30)
[51] これはひどいオルタネイティヴ41(中編)[Shinji](2009/07/28 19:03)
[52] これはひどいオルタネイティヴ41(後編)[Shinji](2009/08/16 04:00)
[53] これはひどいオルタネイティヴ42[Shinji](2009/08/27 00:58)
[54] これはひどいオルタネイティヴ43(前編)[Shinji](2009/09/10 23:51)
[55] これはひどいオルタネイティヴ43(中編)[Shinji](2009/09/20 09:43)
[56] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)①[Shinji](2009/10/07 07:49)
[57] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)②[Shinji](2009/10/10 22:26)
[58] これはひどいオルタネイティヴ44(前編)[Shinji](2009/11/11 20:38)
[59] これはひどいオルタネイティヴ44(後編)[Shinji](2009/11/17 03:24)
[60] これはひどいオルタネイティヴ45[Shinji](2009/12/04 11:35)
[61] これはひどいオルタネイティヴ46(前編)[Shinji](2009/12/07 06:52)
[62] これはひどいオルタネイティヴ46(後編)[Shinji](2009/12/20 00:54)
[63] これはひどいオルタネイティヴ47(前編)[Shinji](2010/01/26 07:13)
[64] これはひどいオルタネイティヴ47(後編)[Shinji](2010/01/29 14:19)
[65] これはひどいオルタネイティヴ48(前編) 2010/02/20 03:44[Shinji](2010/02/23 04:16)
[66] これはひどいオルタネイティヴ48(後編)[Shinji](2010/03/04 12:24)
[67] これはひどいオルタネイティヴ48.5[Shinji](2010/03/06 20:21)
[68] キャラクター注目度ランキング(~2010年03月09日)[Shinji](2010/03/09 18:23)
[69] これはひどいオルタネイティヴ49 2010/03/14 07:03[Shinji](2010/03/15 12:47)
[70] これはひどいオルタネイティヴ50 2010/04/08 07:58[Shinji](2010/04/10 03:15)
[71] これはひどいオルタネイティヴ51(前編)[Shinji](2010/04/18 14:51)
[72] これはひどいオルタネイティヴ51(中編)[Shinji](2010/05/25 05:31)
[73] これはひどいオルタネイティヴ51(後編)[Shinji](2010/06/26 00:51)
[74] これはひどいオルタネイティヴ52[Shinji](2010/07/27 04:27)
[75] これはひどいオルタネイティヴ53[Shinji](2010/10/06 05:34)
[76] これはひどいオルタネイティヴ54[Shinji](2011/03/29 08:19)
[77] これはひどいオルタネイティヴ55[Shinji](2011/04/02 07:48)
[78] これはひどいオルタネイティヴ56[Shinji](2011/05/16 11:26)
[79] これはひどいオルタネイティヴ57[Shinji](2012/08/02 01:56)
[80] これはひどいオルタネイティヴ58[Shinji](2012/09/01 14:35)
[81] これはひどいオルタネイティヴ59 2012/10/29 15:03[Shinji](2012/11/03 14:33)
[82] これはひどいオルタネイティヴ60 2012/11/02 17:30[Shinji](2012/11/03 14:34)
[83] これはひどいオルタネイティヴ61[Shinji](2012/11/07 21:35)
[84] これはひどいオルタネイティヴ62[Shinji](2013/02/17 10:44)
[85] これはひどいオルタネイティヴ番外編[Shinji](2009/04/14 02:45)
[86] これはひどいオルタネイティヴ番外編②[Shinji](2009/10/15 18:11)
[87] これはひどいオルタネイティヴ番外編③[Shinji](2010/11/04 17:45)
[88] これはひどいオルタネイティヴ(登場人物+用語)[Shinji](2010/10/10 03:07)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3960] これはひどいオルタネイティヴ44(前編)
Name: Shinji◆9fccc648 ID:37b9b89a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/11/11 20:38
これはひどいオルタネイティヴ44(前編)




2001年12月08日 午前


「…………」


≪――――コッコッコッコッ≫


病室で自然に目を覚ました俺は、看護士の簡単な処置を受け地下の執務室を目指している。

そんな俺は何時もの軍服姿に三角巾を左腕に掛けており、頬のシップ等は既にお役御免だ。

さて置き今日は重要な"数式回収"のイベントだ。これが失敗すれば全てが"終了"となっちまう。

そう考えればヘタな実戦より以前の俺なら緊張してた だろうけど、今はもう慣れたモンだ。

2度の実戦とクーデター乗り越えた俺にとっては、(白銀の)過去への帰還など朝マック前よ!

……だから午後には新たな部下候補との面会も有るしで、さっさと回収を済ませるに限るぜ。


≪ガシューーーーッ≫


「おはようございま~す」

「おはよ。待ってたわよ」

「今日は"数式の件"ですよね?」

「察してたの? だったら話が早いわね」

「そりゃ一番 重要な事ですから。準備はもう出来てるんですか?」

「当然よ」

「電力とかも?」

「問題無いわ。癪だけど十分蓄える時間は有ったから」

「あァ……クーデターが起こったから一週間も空きましたしねェ」

「あたしとしては電力なんて どうでも良いから、さっさと往って欲しかったんだけどね」

「今更ボヤいても仕方ないですよ。じゃあ早速 行くとしますか~」

「頼むわ(……意外とヤル気ね。見限ったって言うのは考え過ぎだったのかしら?)」


――――そんな会話を交わすと俺は ゆーこさんと執務室を出て"例の装置"の場所を目指した。




……




…………




……目的地で有る広い部屋に辿り着くと、目の前に有るのは以前も利用したバカでかい装置。

何やら(俺が入る)円柱の形をした箱の上に太いリング状のモノを掛けた様な感じの見た目だ。

我ながら表現が意味不明なのも さて置き、部屋には霞の姿も有り準備を済ませていたらしい。

今度も倒れたり しなきゃ良いんだけどな~。俺は そんな事を思いながら肩の三角巾を外した。


「白銀さん」

「うん?」

「……これをどうぞ」

「(白稜柊の)制服か? 有難う」


――――そう言えば"前回"は軍服姿で行ったから凄く恥ずかしかったのを覚えている。


「社。準備は済んだ?」

「……もう少しです」

「そうよね。本来なら準備が終わり次第こっちが白銀を叩き起こす予定だったし」

「なんか怖い単語が聞こえた気がしたんスけど?」

「気のせいよ」

「へぇあ」

「あの……香月博士。此処が少し……」

「今見るわ」

「じゃあ俺は着替えて来ま~す」

「そうしなさい」

「ちなみにですけど」

「何よ?」

「俺が"戻る"のは前回と同じで短い時間で構わないッスから」

「!?」×2

「じゃ~また後で」


――――何故なら長ければ長い程"俺(28)"が平気なのか危ういからだ。チキンでサーセン。


「白銀……あいつ……」

「折角"会える"のに、どうしてなんでしょうか……?」

「"前回"を考えると社の為なのかもしれないわね」

「……ッ……」




……




…………




……俺が別室で ゆっくり着替えを済ませて戻って来ると、既に最終調整は終了した様だった。

何故なら既に ゆーこさんが装置の入り口で腕を組んで立っていたからであり……その一方、
霞はソレを操作すると思われる機械の前で、現れた俺を神妙な雰囲気(無表情ね)で見ている。

う~ん……考えて見れば霞は大丈夫なのかなァ? 前回は3時間ダケでも倒れちまったし。

きっと"この装置"の準備とかで既に疲れてるんだろうし、此処は声を掛けざるを得ないZE。


「霞ッ」

「はい?」

「俺は何時間 戻れるんだ?」

「ろ……6時間に設定しています。それなら電力には十分 余裕が有りますけど……」

「使わないに越した事は無いなァ」

「そ、そうですね」

「ソレよりも"今回"は大丈夫そうか? 6時間って言ったら前の2倍だぞ」

「でも……遣らないと いけません。コレには全人類の命が掛かっていますから」

「なら別にブッ倒れようと構わないってか?」

「…………」←無言で頷く


≪――――ザッ≫


「前にも同じ事を言ったと思うけど、それは余計な心配よ? 白銀」

「……ゆーこさん」

「社も生半可な覚悟で"此処"に居るワケじゃ無いの。あたしとアンタと同じでね」

「はあ(……いや俺は貴女達の足元にも及ばないと思うんですが)」

「ともかく遣りなさいよ? 社」

「勿論です(何せ――――


≪俺が"戻る"のは前回と同じで短い時間で構わないッスから≫


 ――――白銀さんが只でさえ私の"負担"を減らす様にしてくれたんですから)」

「なら愚問でしたねェ。でも倒れない様に頑張れよ? 霞」

「それは……」

「……(やっぱり倒れる事が前提なのか? だったら――――)」


≪躊躇うなよ、躊躇うなよ霞ッ!≫


「!?」


≪どうして其処で(言葉に)詰まるんだ、其処で!!
 もう少し意気込んでみろよッ! ダメダメダメダメ躊躇ったら!!
 周りの事 思えよッ、応援してる俺の事 思ってみろって!!≫


「……ッ……(し、白銀さんの事を想う?)」

「社?」


≪(00ユニット完成まで)後 もうちょっとの所なんだからッ!
 俺だって何回もループしてる中で、しじみ……いや世界を救うぞって頑張ってんだよ!!≫


「(しじみ?)」

「ちょっと社?」


≪意識 保ってみろ、必ず目標を達成できるッ! だからこそネバー・ギブ・アップ!!≫


「……ッ!?」

「白銀も黙って ど~したのよ?」

「伝わったか? 霞」

「は、はいッ」

「お待たせしました ゆ~こさん。早速 行って来ますよ」


そう言えば強く念じれば霞に思いが伝わるのを思い出して、熱血漢を肖って彼女を激励した。

他の人間に実際に声を出して言う気は皆無だが、心の中で励ますのなら躊躇いは無かったさッ。

相手が霞だと言うのがアレだったが……彼女の純粋な性格も幸いして効果が有ったと思われる。

何故なら今の霞は(`・ω・′)←こんな顔をしているからであり、遣る気マンマンそうなのだ。

だが実際には言葉を発さず無言で見合ったダケな為、ゆーこさんはハテナマークを浮かべてた。


「???? 行くんなら別に良いけど……社。何が有ったの?」

「……心の中で、白銀さんに元気を貰いました」

「ふ~ん。何かと思ったら そう言うワケだったのね」

「それでは出力を上げます」

「お願い」

「……(戻って来た白銀さんを ちゃんと迎えられる様に頑張ります)」

「……(それにしても社の"あんな顔"は初めて見たわね)」


――――こうして俺は数式回収の為、二度目の"白銀の世界"にへと旅立って行った。




……




…………




……6時間後。


≪――――ゴゥンッ≫


「ふ~っ」


11月26日の(恐らく)3日後以降である2度目の"あちら"にて行う事は当然 数式の回収。

また残った時間で"鑑 純夏"が大怪我をしない様にと、体育館の念入りな点検 及び改修。

そして まりもちゃんを狙うストーカー対策を月詠さんに御願いする事で未練は終了となった。

本編終了まで2度と"あちら"には行かない予定なので後者の2個は意味が無いかもしれないが、
原作を知っている俺にとっては欝フラグは極力 回避して置きたいので後悔はしていない。

ちなみに俺は"EXの白銀"となっていたので当然EXキャラ達との接触も有ったけど、
原作の白銀の様にボロは殆ど出さず、無難な学園生活の午前を過ごす事に成功していた。

余談だが月詠さんは休み時間に冥夜が呼べば5秒で現れるし、数式は昼休みに回収している。


「白銀!!」

「どうぞ~」

「……ッ!」

「は、早っ」


――――さて置き。直ぐ迫って来た ゆーこさんに数式を引っ手繰られると霞が近付いて来た。


「……白銀さん」

「霞。大丈夫だったみたいだな? 偉いぞ~」

「あ、ありがとうございます」

「俺こそ有難う。戻って来れたのは霞の御陰だよ」

「……ッ……」(ふらり)

「!? だ、大丈夫か?」

「……流石に疲れました」

「だったらベットに連れてくから休んで――――」

「いえ……このままで大丈夫です」

「でも」

「こ、香月博士と大事な お話も有るでしょうから」

「確かに そうだったね」

「……(役得です)」


――――そんなワケで直ぐには休まず俺に肩を預けている霞。対して数式を凝視してる副司令。


「……ッ……」

「ところで……ソレど~でした? ゆーこさん」

「そうそうッ! これッ、これよ!! あたしはコレを言いたかったのよ!!」

「!?」←霞

「うわっ、びっくりした」

「し・ろ・が・ねぇ~?」(ゆらり)

「は、はい?」←1歩後ずさる

「もうサイッコーーーーよォッ!!!!」

「どわっ!?」

「あが~っ?」


≪――――がばぁっ!!≫


「色々 有ったけどコレで"完成"しようよ!? 御褒美にキスしてあげるッ! ん~っ!」

「ちょっ!? おおお落ち着いてくださいって!!」

「これが落ち着いてられる!? 無理。無理な相談よッ! アンタも喜びなさいよ!!」

「そ、そんな事 言われたって困りますよ~っ!」


どうやら数式は彼女の求めていた内容を記していた様で、霞を突き飛ばして抱きついて来た。

直後 押し付けられる豊満な胸とキッスの嵐。彼女が綺麗なのも有ってダメージが深刻だぜッ。

しっかし余程 嬉しかったんだろうな~。そう考えているウチにキッスの乱舞は続いている。

ヤバい……このままでは俺の股間が性欲でマッハ。今は この状況を何とかしなくてはならん。

其処で今 思ったんだが、最近は どうにも自慰行為ダケではストレス発散が難しくなって来た。

つまり自慰のみでは彼女達の魅力を相殺するのがキツいのです。なら何をすれば抗えるのか?

ぶっちゃけ"ゆ~こさん!! 俺だ~! 結婚してくれっ!!"とか本人に言えれば違うと思う。

だが俺は少佐様 以前に上司なうえに色々と抱えている彼女に"そんな事"は言える筈が無いッ。

勿論 部下達に対しても"鑑 純夏"の存在から言えるワケが無く、ネタを本気にされても困る。

ならば……此処は"王様はロバの耳"作戦を行うと共に今の状況を切り抜けるしかあるまい!?

ま~AFでも"同じ元ネタ"をパロってたし大丈夫だよな? 当然"こっち"でバレる心配は皆無。

よってキッス弾幕に耐えつつ俺は何とか真面目な表情を造ると ゆーこさんの両肩を掴んだ。

そして彼女のカラダを引き剥がす為にも、半ば強引に両腕を押し出す様に力を入れる俺サマ。


≪――――がばっ≫


「あっ」

「…………」

「白銀?」

「ゆーこさん」

「な、何よ?」


――――んで彼女が落ち着いた事を確認すると、俺は"24"の嘘字幕を肖って口を開く。








「Security」≪貴女は≫








「has its」≪俺の≫








「price」≪嫁だ≫








「!?!?」

「そう言う訳です」


言った自分でも"どういう訳"だか全く分からないが、これぞ言葉のマジックだぜ!!

"嘘字幕"として印象深い名台詞を言えば、実際には別の事を告げているとしても、
"貴女は俺の嫁だ"と脳内の言葉を喋った気になれるッ。よってストレスが減った気がします。

同時に ゆーこさんの密着も防げたし切り抜けたと言って良いな~。実際ギリギリだったけど。


≪Security has its price≫


「(し……白銀は今 何を言いたかったの? 意味は直訳で"セキュリティ対策の費用"……
  つまり今の あたしの行動も何処かで見られてる可能性が有るから気を付けろって事?)」

「まぁ、今の行動は慎むべきだと思いますよ~?
 数式を手に入れても冷静→作戦が充実→被害が非常に少ない→彼氏ができる。
 俺に抱きつく→誰かに見られる→弱みを握られて後に影響する→いくえ不明」

「"彼氏"とかバカにしてんの?(察しの通りみたいね。後者の意味がイマイチ分からないけど)」

「サーセン」

「ともかく……今のは確かに あたしも悪かったわ」

「分かってくれれば良いんです。心地は良かったんですけど」

「フォローなんかしても何も出ないわよ」

「ですよねー☆」

「けど礼も言っておくわ。コレで近いうちには00ユニットも完成する」

「遂に悲願達成ってヤツですね~」

「馬鹿言いなさい。ソレから全てが始まるのよ」

「御尤も」


……確かにそうだ。考えてみるとアンリミじゃ始まる前に終了しちまってたんだよな~。

その00ユニットに関して思うトコロが有るんだけど、今の段階では後回しにして置こう。

簡単にヒント言わせて貰うと"鑑 純夏"が浄化装置を使えばBETAに情報が漏れる事だ。


「……それで話は変わるけど、"別の件"で何か聞きたい事は有るかしら?
 今は機嫌が良いから大抵の事なら答えてあげるわよ? 勿論 例外も有るけど」

「う~ん……今は良いです、午後は例の"3人組"とイルマ少尉と会うって決めてるんで」

「そう」

「ンな事より さっきから霞が倒れたまま動かないんで、介抱しても良いですかねェ?」

「お願い」

「おいィ。大丈夫か~?」

「……ッ……」←うつ伏せに倒れていた霞

「今 運んでやるからな~?」

「はい……(妬ましいです)」

「そ、そんな目で見ないでよ社」


――――ちなみに霞を運ぶ時は"ねんがん"の御姫様抱っこが出来たぞ! んで顔も拭きました。




……




…………




……15分後。


「武さんッ!」

「唯依か」

「こ、こんにちは」

「うん。こんちわ」

「今朝は任務だったのですか?」

「あァ。極めて重要なね」


≪生憎 篁が此処に居ると話せない内容だから、丁度 良かったかもしれないけどね~≫


「そうでしたか(……きっと昨日言われてた事ね)」

「とりあえず遅れた飯にしようと思うんだけど良いかい?」

「は、はい。御一緒させて下さい」

「じゃあレッツ・ゴーっと」


こうして無事 数式を回収した俺は上層に戻ると、走って来た唯依と運良く合流を果たす。

そして飯を食うべく並んで通路を歩いてゆくと同時に、今回の"帰還"に手応えを感じていた。

コレならきっと米軍3人娘とイルマ少尉との交渉も旨くゆくだろう。そんな気がしてならない。


「(ゆ、唯依ちゃん……白銀少佐を発見したからって何も俺を突き飛ばさなくっても……)」


―――― 一方、別の通路では床にキス☆してる巌谷さんが居たけど気にしない事にしました。




●あとがき●
絆・息抜きSS・本作の予定立て・仕事 等で更新が遅れましたが次回は早く更新できそうです。
しかし再熱した絆代がの此処 数ヶ月、毎月6桁いって俺のサイフが金欠でマッハなんだが……

宣伝「不知火・カスタム(+神代少尉)」
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=6654888


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.031970977783203