Muv-LuvSS投稿掲示板




No.3960の一覧
[0] これはひどいオルタネイティヴ(ぶち壊し注意)[Shinji](2008/08/24 12:52)
[1] これはひどいオルタネイティヴ2[Shinji](2008/08/25 11:13)
[2] これはひどいオルタネイティヴ3[Shinji](2008/08/25 11:11)
[3] これはひどいオルタネイティヴ4[Shinji](2008/08/26 04:35)
[4] これはひどいオルタネイティヴ5[Shinji](2008/08/26 23:24)
[5] これはひどいオルタネイティヴ6[Shinji](2008/08/27 20:54)
[6] これはひどいオルタネイティヴ7[Shinji](2008/08/28 16:19)
[7] これはひどいオルタネイティヴ8[Shinji](2008/08/29 20:22)
[8] これはひどいオルタネイティヴ9[Shinji](2008/08/30 23:24)
[9] これはひどいオルタネイティヴ10[Shinji](2008/08/31 22:48)
[10] これはひどいオルタネイティヴ11[Shinji](2008/09/01 21:59)
[11] これはひどいオルタネイティヴ12[Shinji](2008/09/03 08:21)
[12] これはひどいオルタネイティヴ13[Shinji](2008/09/05 10:13)
[13] これはひどいオルタネイティヴ14(+用語ver1)[Shinji](2008/09/07 08:57)
[14] これはひどいオルタネイティヴ15(+伊隅戦乙女隊ver1)[Shinji](2008/09/09 12:53)
[15] これはひどいオルタネイティヴ16[Shinji](2008/09/11 14:52)
[16] これはひどいオルタネイティヴ17[Shinji](2008/09/13 17:38)
[17] これはひどいオルタネイティヴ18(+伊隅戦乙女隊ver2)[Shinji](2008/09/16 23:33)
[18] これはひどいオルタネイティヴ19[Shinji](2008/09/19 22:36)
[19] これはひどいオルタネイティヴ20[Shinji](2008/09/23 02:45)
[20] これはひどいオルタネイティヴ21(+用語ver2)[Shinji](2008/09/26 21:20)
[21] これはひどいオルタネイティヴ22(+第207衛士訓練部隊)[Shinji](2008/10/02 22:28)
[22] これはひどいオルタネイティヴ23[Shinji](2008/10/09 19:42)
[23] これはひどいオルタネイティヴ24[Shinji](2008/10/23 01:55)
[24] これはひどいオルタネイティヴ25[Shinji](2008/10/31 02:49)
[25] これはひどいオルタネイティヴ26[Shinji](2008/11/22 04:34)
[26] これはひどいオルタネイティヴ27[Shinji](2008/11/25 18:05)
[27] これはひどいオルタネイティヴ28[Shinji](2008/12/14 03:54)
[28] これはひどいオルタネイティヴ29[Shinji](2009/01/11 03:35)
[29] これはひどいオルタネイティヴ30(前編)[Shinji](2009/01/17 04:11)
[30] これはひどいオルタネイティヴ30(中編)[Shinji](2009/01/21 01:11)
[31] これはひどいオルタネイティヴ30(後編)[Shinji](2009/01/28 12:16)
[32] これはひどいオルタネイティヴ31 2009/02/08 00:31[Shinji](2009/05/17 17:57)
[33] これはひどいオルタネイティヴ32[Shinji](2009/02/19 03:33)
[34] これはひどいオルタネイティヴ33[Shinji](2009/04/10 04:03)
[35] これはひどいオルタネイティヴ34[Shinji](2009/03/26 08:07)
[36] これはひどいオルタネイティヴ35[Shinji](2009/03/30 03:38)
[37] これはひどいオルタネイティヴ36(前編)[Shinji](2009/04/08 22:44)
[38] これはひどいオルタネイティヴ36(後編) 2009/04/14 04:28[Shinji](2009/05/17 17:53)
[39] これはひどいオルタネイティヴ37 2009/04/24 06:26[Shinji](2009/05/25 00:10)
[40] これはひどいオルタネイティヴ38[Shinji](2009/05/10 00:10)
[41] これはひどいオルタネイティヴ39(前編)[Shinji](2009/05/12 20:01)
[42] これはひどいオルタネイティヴ39(中編)[Shinji](2009/05/14 23:55)
[43] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)①[Shinji](2009/05/17 05:05)
[44] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)②[Shinji](2009/05/25 02:35)
[45] これはひどいオルタネイティヴ40①[Shinji](2009/06/01 01:54)
[46] これはひどいオルタネイティヴ40②[Shinji](2009/06/05 02:47)
[47] これはひどいオルタネイティヴ40③[Shinji](2009/06/11 02:49)
[48] これはひどいオルタネイティヴ40④[Shinji](2009/06/14 06:03)
[49] これはひどいオルタネイティヴ40⑤[Shinji](2009/07/02 03:10)
[50] これはひどいオルタネイティヴ41(前編)[Shinji](2009/07/13 01:30)
[51] これはひどいオルタネイティヴ41(中編)[Shinji](2009/07/28 19:03)
[52] これはひどいオルタネイティヴ41(後編)[Shinji](2009/08/16 04:00)
[53] これはひどいオルタネイティヴ42[Shinji](2009/08/27 00:58)
[54] これはひどいオルタネイティヴ43(前編)[Shinji](2009/09/10 23:51)
[55] これはひどいオルタネイティヴ43(中編)[Shinji](2009/09/20 09:43)
[56] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)①[Shinji](2009/10/07 07:49)
[57] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)②[Shinji](2009/10/10 22:26)
[58] これはひどいオルタネイティヴ44(前編)[Shinji](2009/11/11 20:38)
[59] これはひどいオルタネイティヴ44(後編)[Shinji](2009/11/17 03:24)
[60] これはひどいオルタネイティヴ45[Shinji](2009/12/04 11:35)
[61] これはひどいオルタネイティヴ46(前編)[Shinji](2009/12/07 06:52)
[62] これはひどいオルタネイティヴ46(後編)[Shinji](2009/12/20 00:54)
[63] これはひどいオルタネイティヴ47(前編)[Shinji](2010/01/26 07:13)
[64] これはひどいオルタネイティヴ47(後編)[Shinji](2010/01/29 14:19)
[65] これはひどいオルタネイティヴ48(前編) 2010/02/20 03:44[Shinji](2010/02/23 04:16)
[66] これはひどいオルタネイティヴ48(後編)[Shinji](2010/03/04 12:24)
[67] これはひどいオルタネイティヴ48.5[Shinji](2010/03/06 20:21)
[68] キャラクター注目度ランキング(~2010年03月09日)[Shinji](2010/03/09 18:23)
[69] これはひどいオルタネイティヴ49 2010/03/14 07:03[Shinji](2010/03/15 12:47)
[70] これはひどいオルタネイティヴ50 2010/04/08 07:58[Shinji](2010/04/10 03:15)
[71] これはひどいオルタネイティヴ51(前編)[Shinji](2010/04/18 14:51)
[72] これはひどいオルタネイティヴ51(中編)[Shinji](2010/05/25 05:31)
[73] これはひどいオルタネイティヴ51(後編)[Shinji](2010/06/26 00:51)
[74] これはひどいオルタネイティヴ52[Shinji](2010/07/27 04:27)
[75] これはひどいオルタネイティヴ53[Shinji](2010/10/06 05:34)
[76] これはひどいオルタネイティヴ54[Shinji](2011/03/29 08:19)
[77] これはひどいオルタネイティヴ55[Shinji](2011/04/02 07:48)
[78] これはひどいオルタネイティヴ56[Shinji](2011/05/16 11:26)
[79] これはひどいオルタネイティヴ57[Shinji](2012/08/02 01:56)
[80] これはひどいオルタネイティヴ58[Shinji](2012/09/01 14:35)
[81] これはひどいオルタネイティヴ59 2012/10/29 15:03[Shinji](2012/11/03 14:33)
[82] これはひどいオルタネイティヴ60 2012/11/02 17:30[Shinji](2012/11/03 14:34)
[83] これはひどいオルタネイティヴ61[Shinji](2012/11/07 21:35)
[84] これはひどいオルタネイティヴ62[Shinji](2013/02/17 10:44)
[85] これはひどいオルタネイティヴ番外編[Shinji](2009/04/14 02:45)
[86] これはひどいオルタネイティヴ番外編②[Shinji](2009/10/15 18:11)
[87] これはひどいオルタネイティヴ番外編③[Shinji](2010/11/04 17:45)
[88] これはひどいオルタネイティヴ(登場人物+用語)[Shinji](2010/10/10 03:07)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3960] これはひどいオルタネイティヴ40③
Name: Shinji◆9fccc648 ID:37b9b89a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/06/11 02:49
これはひどいオルタネイティヴ40③




2001年12月06日 深夜


殿下を保護し塔ヶ島を出発した俺達は伊豆半島 最南端・やや東に位置する下田を目指していた。

今現在は伊豆スカイラインを進行中で、熱海から西に伸びる東海道本線を通過した辺り。

……勿論 普通に道路を沿っているワケではなく、所々ショートカットして距離を稼いでいる。


『!? アルカディア02より各機へ。追撃中の敵部隊に帝国軍の防衛線が突破された模様』

『――――ッ』×5

『落ち着け、お前達!! 陣形を維持しろッ!』

「その通りだ榊。まだ一部が突破されたダケだし、焦る必要は無いさ」

『わ、分かりましたッ』

『それに白銀少佐』

「何ですか? 軍曹」

『この位置の中隊は、やはり……』

「えぇ、きっと"当たってる"と思いますよ?」

『皆 無事で居てくれると良いのですが』

「今は信じるしかないッスね」

『良いか貴様等!? 踏み止まっている部隊の為にも、この程度しっかり こなして見せろ!!』

『了解!!』×5


≪おい雪乃、今の話って……≫

≪A-01の事じゃないの?≫

≪その線が強いでしょうね~≫


俺達の後方では激しい戦いが繰り広げられており、どちらかと言えばやはり劣勢だ。

されど活躍している部隊も存在し、クーデター軍のマーカーを次々と消している箇所も有る。

大方 伊隅達A-01が防衛しているからだろう。このまま全員が無事に生還する事を願いたい。

今は……徐々に"こちら側"に後退しつつ、未だ流れてくるクーデター軍を迎撃している様だ。




……




…………




――――15分後。


「それにしても殿下」

「はい?」

「それなりに飛ばしてますけど、大丈夫ですか? ホントに」

「……ッ……」

「で、殿下?」

「おかしなものですね」

「えっ?」

「この速度……本来 今のわたくしであれば、耐えれるモノでは有りませんのに……」

「と言う事は?」

「少々 カラダに障りはしますが特に問題 有りません」

「確かに……バイタル的にも異常 無い様ですね」

「これも冥夜の"フィードバック・データ"の効果でしょう」

「!? ……気付かれてましたか」

「それに――――」


……一方 殿下の状況だけど、正史と比べれば かなり"良い"様子で、顔色も悪くは無い。

でもクーデター発生から全く寝てないらしいから、相応の疲労は残ってるみたいだけど、
これも強化装備の御陰。冥夜の姉ダケあって、性格は違えどデータが肉体に合っているらしい。

また殿下 自身も何気に207B分隊以上の搭乗経験が有るので、経験が活きてるねマジで。

だけど……こんな状況で役に立つってのは皮肉なモンだし、殿下も複雑な心境だろうな~。


「それに?」

「白銀の操縦が"巧い"のも大きいでしょうね」

「……私の?」

「はい。この速度で着地しても衝撃が余り来ないので、とても不思議です」

「この機体には新OSが積んでありますからね。その恩恵だと思います」

「まあ」

「え~っと、例えば新幹線……いえ、高速で走る何かに乗って居るとします」

「はい」

「ソレがもしオープンカー等で有れば、風圧で目を開ける事さえできないでしょう。
 されど車内や船内だと不思議と食事をする余裕さえ出る。今そう言う操縦をしているんです」

「!? し、しかし戦術機で其処までは……」

「確かに難しいでしょうね~、でも慣れれば こうやって衝撃を最低限に留められますよ?」

「……驚きです」

『アルカディア02より各機へ。次の山も跳躍噴射で飛び越えますッ! 間隔は1000!』

「アルカディア01了解。……殿下、堪えてくださいね? 強く踏み込みますんで」

「分かりました」

「(……良しッ)」


≪ダンッ!! ――――ブァッ!!!!≫


「くっ……(ですが、やはり思ったよりは……)」

『着地後は再び400……いえ500間隔にリンク。タイミングはアルカディア02に同調』

「流石は篁だな~、しっかりやってくれている」

「彼女も斯衛軍の者の様ですね」

「はい。今は私の部下をしてくれています」

「鎧衣の話では……臨時中尉として巌谷中佐より派遣されたとの事ですが?」

「その通りです」

「また以前は、アラスカで特殊任務に努めていたと……」

「うわ、あの人そんな事 迄……一体 何処から仕入れて来るんだろう」

「ふふふっ、わたくしも不思議です」←チラっと武を見ながら

「ですよね~☆」←ウザ・スマイル

「……あッ……」

「殿下?」

「な、何でも無いですッ」

「……(う~ん)」


ちなみに、こうやって他愛の無い事を話す時は他の皆には会話が聞こえない様にしている。

しっかし……殿下はホント余裕だな~、いや其処 迄では無いとしても笑顔すら有るんだから。

でも"何でも無い"と幾度か言われてるのが気になるな……変なフラグじゃ無きゃ良いんだけど。

やっぱ今みたいな"スマイル"が良くないのかな? 殿下は普通に可愛いが、俺は止めて置くか。


「ところで白銀」

「何でしょう?」

「先ほどの件ですが……」

「武御雷(紫)の事ですか?」

「はい。冥夜は何故――――」

『!? あ、あれは……!』

「どうしたんですか? 軍曹」

『アルカディア02より各機へッ! 前方に機影多数です!!』

『この距離でもレーダーに映らない……何てステルス性能なの!?』

『そんなぁッ!?』

『ど、どどどどうすれば――――』

「鎧衣・珠瀬、落ち着けっ! アレは"味方"だ、気にせず進め! 篁ッ」

『は、はいっ。このまま陣形を崩さず正面の山をショートカット、間隔は再度1000!』

「全機・間違っても銃口を向けるなよ~っ!?」

『了解!!』×11

『(そ、そう言えば白銀さんの言う通りだったわ。あんな性能の戦術機は日本に無いし)』


≪――――ゴオオオオォォォォッ!!!!≫


『あら、なかなか勘の良い人が居るみたいじゃない』

『此方 米軍・第66戦術機甲大隊!!』

『後は我々に任せて置きなさい、決して追いつかせはしないッ!』

『そうだ……それで良いッ! 速度を落とさず通過するんだ!』


『!? アルカディア02了解、御協力 感謝します』

「さて、ようやく米軍も介入か……殿下、いけますか?」

「よい。わたくし達が少しでも急ぐ事で犠牲も減りましょう」

「有難う御座います。じゃあ、篁」

『はっ』

「殿下は大丈夫だから本気出して良いぞ」

『……ッ……わ、分かりました。……各機・最大戦速! 600間隔でリンク!!』

『――――了解!!』×11


そんな中、殿下が再び"冥夜が武御雷(紫)に乗って居ない事"を俺に問い質そうとして来た時……

真っ先に"アンノウン"の存在を確認した最前列の まりもちゃん&篁が声をあげ、動揺するB分隊。

しかし まりもちゃんの"ステルス"と言う単語で、俺は瞬時に米軍機……ラプター辺りと理解した。

よって根拠も無しに味方だと叫ぶと篁は気を取り直して皆に指示を出し、引き続き指揮を努める。

コレで殿下との話の件が後回しになったのはともかく……何だが順番が違ってる気がするな~。

曖昧な記憶によれば米軍の援軍より先に、迫り来るクーデター軍から通信が入る的な意味でだ。

きっと それなりの速度を維持していたので、奴等との距離が大して縮まっていなかったんだろう。

強力なA-01が踏み止まっているのも有るし、全て正史より良い状況に動いていると言って良い。

……でも本来 彼女達は もっと違う場所でコッソリと戦ってた様な気がするんだけど、
大方ゆーこさんがS型の対戦術機の実戦テストも兼ねて"それなり"の場所に放り込んだのかもね。


「それにしても」

「はい?」

「流石ですね……白銀」

「どうして です?」

「あれは米軍の機体で間違い無かった様ですが、それを確認もせずに分かるとは……」

「いえ、別に分かったと言うワケでは無いんですけど」

「……ッ……どう言う事です?」

「例えクーデター軍であれ奴等は絶対に攻撃 出来ません。先ず通信から入れて来るでしょうから」

「成る程、それを見越して……(やはり今の操縦と言い、非常に優れた衛士なのですね)」

「そう言う事です」

「……(それに皆の落ち着き様と士気。それだけ彼は信用されていると……)」

『――――横浜基地・突撃機動部隊 及び第207戦術機甲小隊に告ぐ』

「んっ?(この声は)」
 
『私は米国陸軍・第66戦術機甲大隊の指揮官……ウォーケン少佐だ』

『!?(し、白銀少佐ッ)』


そんなカンジでA-01の事を考えつつ、擦れ違ったラプターを気にしていると新たな通信が入る。

マブラヴに置いて数少ない男キャラの"ウォーケン少佐"からだ。原作通りマッチョな人ですな~。

対して現在 指揮をしている篁は俺に無言で視線を投げ掛けて来た。……勿論 意味は理解できる。

彼女には俺が本来するべき役割を押し付けているダケなので、彼への対応は俺がするべきなのだ。


「(OK~)初めましてウォーケン少佐。私は国連軍・横浜基地所属、白銀少佐です」

『ふむ、貴官が其の部隊の指揮官か?』

「そうです」

『では指揮官に告ぐ。この先の亀石峠インター・チェンジを抜け約4キロ程 南下した場所で、
 既に補給の準備が整っている。先程の中隊が時間を稼ぎに向かったので、速やかに合流せよ』

「アルカディア01、了解。……篁ッ」


ゴルフは全くしないが、其処には確か伊豆スカイラインCC(カントリークラブ)が有った筈。

けど"この世界"には無さそうな上に、有ってもBETAの所為で崩壊してそうだけどな。

……でも補給する場所としては良いかもしれないね。原作だと普通に通り過ぎた場所だろうけど。

さて置き。心強い援軍・ウォーケン少佐の有り難い指示の後、俺は小声で篁に声を掛けた。

何故なら一応 纏め役は俺なのだが、臨時で篁に指揮官を任せている事を伝えて欲しかったからだ。

殿下の様子を気遣いながら指揮するのは、白銀大佐ならまだしも俺のスペックじゃ厳しいからね。

そんな俺の心境を、篁は頷いてくれた事から理解してくれた様だ。出来の良い部下で本当に助かる。


『はっ! ウォーケン少佐、私は国連軍・臨時中尉、篁中尉です』

『……何かね?』

『現在 殿下と同乗中の白銀少佐に代わり、部隊の指揮を努めさせて頂いております』

『コールサインは……アルカディア02だな? 了解した。こちらはハンター01だ』

『畏まりました』

『……(なかなかの大和撫子だな)』

「じゃあ、ついでに殿下も」

「えっ?」

「(ポチッとな)」


≪――――ヴンッ≫


『なっ!?』←ウォーケン少佐

「(白銀、何故 突然この様な?)」

「(これから世話になりますし、殿下 自ら挨拶するのも良いと思いまして)」

「(成る程……その通りですね)」

「(余計な事だったら、すみませんでした)」

「(いえ、そなたの心遣いに感謝を)」

「(勿体無い御言葉です)」


――――実は今の不意打ちでウォーケン少佐の驚く顔が見たかったなんて言えないZE☆


『……ッ……』

『少佐?』←イルマ

『……殿下、拝謁の栄誉を賜り、恐悦至極に存じます』

『ちょっ……少佐、今は進軍中ですよッ!?』

『うぉっ!?』


≪――――ガクンッ!!≫


「ウォーケン少佐?」

「如何なされました?」

『な……何でも有りません。しかし何故 殿下が?』

「有り難い事に、強化装備を御借りしているのです」

『成る程(……其の部隊には頭の切れる者が居た様だな)』

「……っと、今現在 亀石峠ICを通過。目的地まで後3キロ」

『ハンター01了解。此方は今 到着した所だ。貴官らの合流を待つ』

「アルカディア02ッ」

『はい、間隔は500刻みに変更。ラスト3以降より減速開始せよ!』

『――――了解!!』×11


それにしてもウォーケン少佐の驚き様は予想以上だったな、危うく事故りそうになってたし。

……って言うか、戦術機での移動中にイキナリ目を閉じて挨拶するのは ど~かと思いますよ?

やっぱAFと同じでオルタ世界でも彼は"殿下 自身"に魅力を感じていたのかもしれないね~。

大方"こっち"でも翻訳機 無しに普通に日本語を話せそうな気がする。文化にも無駄に詳しそうだ。


「さ~て、もう少しの辛抱ですからね?」

「感謝を(……白銀、そなたは……)」


≪先程の中隊が時間を稼ぎに向かったので、速やかに合流せよ≫

≪アルカディア01、了解≫


「はははっ、あくまで"一時的に"ですけど――――」

「……即答していましたね?」

「えっ?」

「!? な、何でも有りません……操縦に集中なさい」

「は、は~い」

「(そなたの技量と今の わたくしの状況を考えれば、補給せずとも逃げ切れる筈です)」

「(やったお、補給できるお……そろそろ股間が限界だったんだお……)」

「(しかし素直に補給を受けると言う事は……やはり仲間達を心配しているのでしょう)」

「(これも殿下のオシリの感触が気持良過ぎるからなんだお、まさに日本一の尻だお……)」

「(冥夜を含む訓練兵の皆さんダケでなく、篁中尉も肩の力を入れ過ぎな様でしたから)」

「(だから補給は願っても無い事だお、原作でも有った線が強いけど、覚えてない分 嬉しいお!)」

「(それに……そなたの事です。わたくしの体調の事も気遣ってくれているのでしょう?)」

「(さてさて後1500メートル……3回ジャンプしたら到着してしまうお、戦術機って便利だお)」

「(されど米軍 衛士達の危険が嵩むのは事実。なのに何も言えぬ わたくしは、本当に無力ですね)」


――――こうして股間の痛みに耐えながら操縦する中、待機している米軍 部隊が見えてくる。


「おっ? 見えて来ました」

「米軍の戦術機も見えますね」

「とにかく補給を受けれそうで良かったです、丁度 トイレに行きたい所だったんですよ」

「……っ……」

「で、殿下?(ヤベぇ、外したか!?)」

「いえ、感謝します白銀」

「????」

「(今のは冗談で わたくしを元気付け様としてくれたのでしょう? そなたは本当に……)」


"感謝します"ってのは護衛に対する御礼だろうから……も、もしかしてスルーされたのか!?

地味にショックを受けた感が否めない。やっぱ"スマイル"は勿論 冗談も控えた方が良さそうだね。

改めて考えてみろって……彼女は政威大将軍だぞ? 俺にとって雲の上の存在なんだ、自重・自重。

故に脳内で殿下を堪能する事で済まさざるを得ない。とにかく到着後はトイレに特攻だお(^ω^ )


『全機停止ッ! 米国陸軍の指示に従い、速やかに補給を受けよ』

『――――はっ!』←武 以外

『貴様等、何ださっきの機動はっ! 今迄 何を習ってきたんだ!?』

『も、申し訳有りません!』

『(確かに不甲斐ない……姉上の前だと言うのに……)』

『(殿下、ずっと少佐の膝に……妬ましい)』

『(うぅ……コレでも頑張ってたんだけどな~)』

『(さっき塔ヶ島で父さんっぽい人が居た様な気がしたんだけど、気のせいだったのかな~?)』

『5人とも補給中、戦術機を出て私の所に集合しろッ!』

『了解!!』×5

「それにしても、はりきってるな~篁と軍曹」

「ふふふ、いずれにせよ頼もしい者達ですね」

「御尤も」

『(くっ……白銀少佐は任務に努められているダケなのに)』

『(どうして こんな……きっと私は殿下に対してまで……)』


――――勿論この時の俺は、篁&まりもちゃんが単に嫉妬してたダケな事に気付く筈も無かった。




●戯言●
ウォーケン少佐のターン。次回も白銀×殿下で適当に会話しつつ、逃避行が続きます。
しかし会話の内容を考えるが非常に難しい件。空挺作戦? 其処はライフルの出番ですね。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028115034103394