Muv-LuvSS投稿掲示板




No.3960の一覧
[0] これはひどいオルタネイティヴ(ぶち壊し注意)[Shinji](2008/08/24 12:52)
[1] これはひどいオルタネイティヴ2[Shinji](2008/08/25 11:13)
[2] これはひどいオルタネイティヴ3[Shinji](2008/08/25 11:11)
[3] これはひどいオルタネイティヴ4[Shinji](2008/08/26 04:35)
[4] これはひどいオルタネイティヴ5[Shinji](2008/08/26 23:24)
[5] これはひどいオルタネイティヴ6[Shinji](2008/08/27 20:54)
[6] これはひどいオルタネイティヴ7[Shinji](2008/08/28 16:19)
[7] これはひどいオルタネイティヴ8[Shinji](2008/08/29 20:22)
[8] これはひどいオルタネイティヴ9[Shinji](2008/08/30 23:24)
[9] これはひどいオルタネイティヴ10[Shinji](2008/08/31 22:48)
[10] これはひどいオルタネイティヴ11[Shinji](2008/09/01 21:59)
[11] これはひどいオルタネイティヴ12[Shinji](2008/09/03 08:21)
[12] これはひどいオルタネイティヴ13[Shinji](2008/09/05 10:13)
[13] これはひどいオルタネイティヴ14(+用語ver1)[Shinji](2008/09/07 08:57)
[14] これはひどいオルタネイティヴ15(+伊隅戦乙女隊ver1)[Shinji](2008/09/09 12:53)
[15] これはひどいオルタネイティヴ16[Shinji](2008/09/11 14:52)
[16] これはひどいオルタネイティヴ17[Shinji](2008/09/13 17:38)
[17] これはひどいオルタネイティヴ18(+伊隅戦乙女隊ver2)[Shinji](2008/09/16 23:33)
[18] これはひどいオルタネイティヴ19[Shinji](2008/09/19 22:36)
[19] これはひどいオルタネイティヴ20[Shinji](2008/09/23 02:45)
[20] これはひどいオルタネイティヴ21(+用語ver2)[Shinji](2008/09/26 21:20)
[21] これはひどいオルタネイティヴ22(+第207衛士訓練部隊)[Shinji](2008/10/02 22:28)
[22] これはひどいオルタネイティヴ23[Shinji](2008/10/09 19:42)
[23] これはひどいオルタネイティヴ24[Shinji](2008/10/23 01:55)
[24] これはひどいオルタネイティヴ25[Shinji](2008/10/31 02:49)
[25] これはひどいオルタネイティヴ26[Shinji](2008/11/22 04:34)
[26] これはひどいオルタネイティヴ27[Shinji](2008/11/25 18:05)
[27] これはひどいオルタネイティヴ28[Shinji](2008/12/14 03:54)
[28] これはひどいオルタネイティヴ29[Shinji](2009/01/11 03:35)
[29] これはひどいオルタネイティヴ30(前編)[Shinji](2009/01/17 04:11)
[30] これはひどいオルタネイティヴ30(中編)[Shinji](2009/01/21 01:11)
[31] これはひどいオルタネイティヴ30(後編)[Shinji](2009/01/28 12:16)
[32] これはひどいオルタネイティヴ31 2009/02/08 00:31[Shinji](2009/05/17 17:57)
[33] これはひどいオルタネイティヴ32[Shinji](2009/02/19 03:33)
[34] これはひどいオルタネイティヴ33[Shinji](2009/04/10 04:03)
[35] これはひどいオルタネイティヴ34[Shinji](2009/03/26 08:07)
[36] これはひどいオルタネイティヴ35[Shinji](2009/03/30 03:38)
[37] これはひどいオルタネイティヴ36(前編)[Shinji](2009/04/08 22:44)
[38] これはひどいオルタネイティヴ36(後編) 2009/04/14 04:28[Shinji](2009/05/17 17:53)
[39] これはひどいオルタネイティヴ37 2009/04/24 06:26[Shinji](2009/05/25 00:10)
[40] これはひどいオルタネイティヴ38[Shinji](2009/05/10 00:10)
[41] これはひどいオルタネイティヴ39(前編)[Shinji](2009/05/12 20:01)
[42] これはひどいオルタネイティヴ39(中編)[Shinji](2009/05/14 23:55)
[43] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)①[Shinji](2009/05/17 05:05)
[44] これはひどいオルタネイティヴ39(後編)②[Shinji](2009/05/25 02:35)
[45] これはひどいオルタネイティヴ40①[Shinji](2009/06/01 01:54)
[46] これはひどいオルタネイティヴ40②[Shinji](2009/06/05 02:47)
[47] これはひどいオルタネイティヴ40③[Shinji](2009/06/11 02:49)
[48] これはひどいオルタネイティヴ40④[Shinji](2009/06/14 06:03)
[49] これはひどいオルタネイティヴ40⑤[Shinji](2009/07/02 03:10)
[50] これはひどいオルタネイティヴ41(前編)[Shinji](2009/07/13 01:30)
[51] これはひどいオルタネイティヴ41(中編)[Shinji](2009/07/28 19:03)
[52] これはひどいオルタネイティヴ41(後編)[Shinji](2009/08/16 04:00)
[53] これはひどいオルタネイティヴ42[Shinji](2009/08/27 00:58)
[54] これはひどいオルタネイティヴ43(前編)[Shinji](2009/09/10 23:51)
[55] これはひどいオルタネイティヴ43(中編)[Shinji](2009/09/20 09:43)
[56] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)①[Shinji](2009/10/07 07:49)
[57] これはひどいオルタネイティヴ43(後編)②[Shinji](2009/10/10 22:26)
[58] これはひどいオルタネイティヴ44(前編)[Shinji](2009/11/11 20:38)
[59] これはひどいオルタネイティヴ44(後編)[Shinji](2009/11/17 03:24)
[60] これはひどいオルタネイティヴ45[Shinji](2009/12/04 11:35)
[61] これはひどいオルタネイティヴ46(前編)[Shinji](2009/12/07 06:52)
[62] これはひどいオルタネイティヴ46(後編)[Shinji](2009/12/20 00:54)
[63] これはひどいオルタネイティヴ47(前編)[Shinji](2010/01/26 07:13)
[64] これはひどいオルタネイティヴ47(後編)[Shinji](2010/01/29 14:19)
[65] これはひどいオルタネイティヴ48(前編) 2010/02/20 03:44[Shinji](2010/02/23 04:16)
[66] これはひどいオルタネイティヴ48(後編)[Shinji](2010/03/04 12:24)
[67] これはひどいオルタネイティヴ48.5[Shinji](2010/03/06 20:21)
[68] キャラクター注目度ランキング(~2010年03月09日)[Shinji](2010/03/09 18:23)
[69] これはひどいオルタネイティヴ49 2010/03/14 07:03[Shinji](2010/03/15 12:47)
[70] これはひどいオルタネイティヴ50 2010/04/08 07:58[Shinji](2010/04/10 03:15)
[71] これはひどいオルタネイティヴ51(前編)[Shinji](2010/04/18 14:51)
[72] これはひどいオルタネイティヴ51(中編)[Shinji](2010/05/25 05:31)
[73] これはひどいオルタネイティヴ51(後編)[Shinji](2010/06/26 00:51)
[74] これはひどいオルタネイティヴ52[Shinji](2010/07/27 04:27)
[75] これはひどいオルタネイティヴ53[Shinji](2010/10/06 05:34)
[76] これはひどいオルタネイティヴ54[Shinji](2011/03/29 08:19)
[77] これはひどいオルタネイティヴ55[Shinji](2011/04/02 07:48)
[78] これはひどいオルタネイティヴ56[Shinji](2011/05/16 11:26)
[79] これはひどいオルタネイティヴ57[Shinji](2012/08/02 01:56)
[80] これはひどいオルタネイティヴ58[Shinji](2012/09/01 14:35)
[81] これはひどいオルタネイティヴ59 2012/10/29 15:03[Shinji](2012/11/03 14:33)
[82] これはひどいオルタネイティヴ60 2012/11/02 17:30[Shinji](2012/11/03 14:34)
[83] これはひどいオルタネイティヴ61[Shinji](2012/11/07 21:35)
[84] これはひどいオルタネイティヴ62[Shinji](2013/02/17 10:44)
[85] これはひどいオルタネイティヴ番外編[Shinji](2009/04/14 02:45)
[86] これはひどいオルタネイティヴ番外編②[Shinji](2009/10/15 18:11)
[87] これはひどいオルタネイティヴ番外編③[Shinji](2010/11/04 17:45)
[88] これはひどいオルタネイティヴ(登場人物+用語)[Shinji](2010/10/10 03:07)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3960] これはひどいオルタネイティヴ40②
Name: Shinji◆9fccc648 ID:37b9b89a 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/06/05 02:47
これはひどいオルタネイティヴ40②




2001年12月06日 深夜


『ヴァルキリー・マムよりヴァルキリーズへ。現在 帝都を離れた決起部隊が此方に進行中』

「ふむ……殿下が脱出したという話は間違いない様だな」

『え~っと、戦術機の数は10・20・30……って、この範囲で40以上ォ!?』

『いささか多い気がするのですが?』

「速瀬・宗像、何を弱気になっているッ」

『まぁ 全部を相手にするワケじゃないだろうし、そう言う意味じゃ~無いんですけどねェ』

『むしろ速瀬中尉なら、望むトコロなんじゃないんですかァ?』

『そ~言う事よ葛城。むしろ暇で暇で仕方なかったわよ』

『されどクーデター軍の動きが早すぎますし、不自然かと思いましてね』

『どうやら何者かによって情報がリークされた為の様ですが……?』

『そうです風間少尉。しかし意図的なモノでしょう』

「……と言う事は涼宮。殿下 自ら囮役を買って出たと言う事か?」

『可能性は高いでしょうね』

「ならば、奴等の足止めをするのが我々の目的と言うワケだな」

『その通りです。……ッ……間も無く2個中隊と接触します、距離は約5000。匍匐飛行にて接近中』

『――――っ』×5

「どうした、緊張するのか? 涼宮達は」

『!? は、はい……今回の相手は人間ですから……』

『あははは、いくら実戦を経験した身と言えど流石に』

『だ、だだだだけど手加減なんかしとったら、こっちが殺られちゃうかもしれんし……』

「心配するな、私達とて人間と戦うのは初めてだ」

『!?』×5

「あの白銀少佐も初めてだと言われていた。だから条件は同じだと言う事を忘れるなッ!」

『り、了解』

「良し、それでは何時もの"アレ"といくか」

『おっ? 良いですねェ~。遙も続きなさいよ?』

『う、うん』


「では……死力を尽くして任務にあたれ!!」

『死力を尽くして任務にあたれ!!』×12


「生ある限り最善を尽くせ!!」

『生ある限り最善を尽くせ!!』×12


「決して"戦死"するな!!」

『決して"戦死"するな!!』×2


≪――――イイイイィィィィン≫


『!? 来ましたッ、距離約1000!! かなりの速さですっ!』

「戦術機の数は?」

『やはり2個中隊です!! うち不知火6機・撃震が18機ッ!』

「そうか……全員 聞いたなッ? 我々が守っているんだ、1機たりとも通すなよ!?」

『了解!!』×11

「では兵器使用自由、ヴァルキリーズ……散開ッ!」


≪勝利の栄光を……君に!!≫


『(きっと今頃……少佐も頑張ってるんですよねッ? 私達も頑張りますから!)』

『(考えてみれば何で遙にダケ言ってたんだろ? 今はソレどころじゃないかァ)』




……




…………




――――同時刻。


「それでは殿下」

「はい?」

「早速で申し訳 有りませんが、コレに着替えて頂けますか?」

「それは強化装備?」

「えぇ、女性用なので"そのまま"の姿よりは断然 楽になると思います」

「それは最もでしょうが……」

「殿下?」

「何故 女性用の強化装備を そなたが?」

「う"ッ」

「……されど、今は その様な事を気にしている場合では有りませんね」

「そ、そう言う事です」

「では」


殿下と戦術機に乗り込む事となった俺は、篁にブリーフィングの司会を丸投げし護衛に集中している。

一方 篁は良い顔をしていなかったけど……流石に両立するのは難しいので納得して貰うしか無かった。

よって早速 取って置きの強化装備を殿下に手渡すと、彼女は予想通り妙に思った様で首を傾げた。

確かに俺が女性用の強化装備を用意してるのは変ですよね~、未来を予測してないと不可能だしさ。

しかし そんな事を言えるハズもなく俺は返答に詰まるが、殿下は簡単にスルーすると後ろを向いた。


「!?」


≪――――くるっ≫


その直後 俺も後ろを向いて立っていると、5秒ほど間を置いてDA☆TU☆Iを始める音がした。

こ……これって脱いでるんですか!? 本当は立ち去ろうと思ったのに、肝が据わってらっしゃるッ!

流石は殿下ですな。"悠陽(AF)"の時では白銀を人質にされた時、躊躇いも無く脱いでたしね~。

だけど、既に着替え始めてたって事は俺は此処に居ていても良いのかな? だったら、このまま待つか。


「んしょ……」

「……ッ……」


≪ごそ、ごそごそっ≫


正直に言います。凄く……振り向きたいです……だって背後には日本一 美しい裸体が有るんですよ?

けどバレてしまえば信頼をゴッソリ失う。それダケは避けなければならないので自重するしか……

だったら立ち去るのが一番なんだろうケド、不思議と僕の足はそのまま動かないんだお(^ω^;)


「(今迄の者であれば、本来 直ぐに立ち去る筈ですのに……)」

「(見たいお、殿下の裸体を この目で見たいんだお……)」

「(何故 白銀は"その場"に? それだけ わたくしの護衛に努めていると言う事なのですか?)」

「(だけど"肝心な所"が見えた時点で、殿下に気付かれるのも必至なんだお……)」

「(それ以前に そなたにとって其処に居るのが"普通"だとすれば、わたくしは異性として……)」

「(だから、心の中で裸を想像するんだおッ!)」

「(いえ。そんな事を考える事態 筋違いの上に わたくしらしく有りませんでしたね)」

「……ッ……」

「(鎧衣の話では非常に頼りになる人間との事。やはり任務に忠実なダケだと考えて良いでしょう)」

「(ゆ……悠陽タンの裸体……ハァハァ……)」


――――そんなワケで、僅かな効果音を頼りに殿下のお着替えシーンを妄想しちゃったんだ☆


「白銀」

「!? はいッ?」

「待たせました」

「お……思ったよりも早かったですね」(妄想の時間的な意味で)

「これでも96時間ながら、実機の搭乗経験は有りますから」

「納得です。それでは、其方を向いても結構ですか?」

「どうぞ」

「有難う御座います」


≪――――くるっ≫


「……ッ……」←ちょっと恥ずかしそう

「おぉ」

「な、何でしょうか?」

「ピッタリみたいで良かったです」

「えぇ。僅かに上が緩くて下がキツくは有りますが、此処まで合っているとは驚きです」

「ふ~む(メモメモ)」←脳内で


――――殿下は冥夜より若干ヒップが有るのね。ウェストは同じらしく、流石は双子と言ったところ。


「しかし本当に何故? 偶然にしては出来過ぎていませんか?」

「そ、それは……」

「…………」


≪じ~~っ……≫


「……殿下と似たような"体格"の女性が(一応)私の部下に居るからですよ」

「!?」

「"彼女"が誰かと言うのは、直ぐに分かると思います」

「…………」

「殿下?」

「……そう言えば、そなたの部隊に……赤い武御雷が含まれていましたが……」

「はい」

「"そう言う事"……なのですね?」

「なのDeath」

「ふむ。それでは何故 紫の――――」

『白銀少佐ッ』

「あっ」

「どうした? 篁」

『殿下の御様子は如何でしょうか?』

「丁度 良かった、今 着替え終えたトコロだよ」

『そうですか。……では1分後にブリーフィングを開始します』

「分かった」

『では』


≪――――プツンッ≫


「……殿下、聞こえてましたか?」

「はい」

「ですから……あのですね、武御雷の事は」

「心得ています、今は時間が無いのでしょう?」

「すみません」

「よい。わたくしこそ、話を逸らし過ぎました」

「それでは殿下、私のHI☆ZAに御乗り下さい」(キリッ)

「……ッ……」

「ど、どうしました?」

「いえ……失礼します」


≪――――どんっ≫


「ぐっ……」

「し、白銀?」


考えてみれば彼女の強化装備 姿なんて始めて見たな……冥夜と似たスタイルであれ魅力的だZE。

勿論 胸のラインは特にクッキリ見えるので、色さえ抜ければ全裸同様なのはエロスーツの仕様だ。

よってか、つい さっき妄想してしまった事による股間の熱が未だに冷めない。自重するべきだったよ。

それに殿下の多少 恥ずかしそうな表情が俺の興奮を加速させる。……が、相変わらず顔には出さない。

そんな中 勘の良い殿下は……自分のサイズに合うエロスーツから、冥夜の存在まで察してしまった。

こりゃ~問い質されちまうかな? そう思っていると篁から良い意味で空気の読まない通信が入った。

まぁ、正直なところ……殿下には悪いが今はソレどころじゃないし、彼女もソレを判っている様子。

だから武御雷(紫)の件は後回しにする事にして、エロスーツ姿の殿下を自分の膝に乗せるんだが……

ムスコの熱が依然として残っていたので、少しダケ呻き声をあげちゃったんだ☆ 無意識のウチに。


「いえ、なんでも有りません」

「……そうですか」

「殿下、ブリーフィング前に この錠剤を」

「感謝します(……やはり、疲労しているのですね……それなのに、任務の為に わたくしを……)」

「さて、そろそろですかね~?」

「(聞いた話では新OS・戦術機のテストを行ったダケでなく、BETAの侵攻に2度とも出撃。
 その上 部下達の訓練に付き合う等、この上 無く人類の為に貢献しているとか……)」

『アルカディア02より各機へ。それでは、ブリーフィングを開始します』←武が居るので敬語

「あぁ、その前に篁」

『はい?』

「(しかも、その若さで……勝手ながら親近感が湧いてしまいます……しかし……)」

「ソレに殿下も参加する事になったから宜しく」

『えぇっ!?』

「何か問題でも有るのか?」

『い、いえッ……了解しました』

「(わたくしは政威大将軍の身。邪な気持ちは これ切りにしませんと……)」

「殿下……殿下ッ?」

「!? ど、どうしたのです? 白銀」

「間も無くブリーフィングが始まりますよ?」

「そうでしたね……参加させて頂きましょう」


≪――――ヴンッ≫


『……ッ!?』×11

『(姉上……)』

「(冥夜……)」

「篁、宜しく」

『は、はいッ』


――――こうしてブリーフィングが開始されたワケだけど、皆 緊張していた。当たり前だけどね。




……




…………




……数分後。


「ではアルカディア03から06は、俺のSⅡ型を中心にインペリアル・クロスを組む」

『了解』×4

『(ま、まさか"この陣形"で殿下を御守り出来るなんて……)』

『(し……信じられない……)』

『(何だが夢の様ですわ~)』

「背後はアルカディア03……月詠中尉に任せますよ?」

『はッ。この命に代えても』

「俺達"5機"の前方は207B分隊が、榊を中心にV字型に展開してくれ」

『了解』×5

「更に その正面をアルカディア02(唯依)と、20700(まりも)が先行する。
 各機の進行は2人に合わせる様にしてくれ。速度は殿下の状況を見て俺が指示を出す」

『了解』×2


俺達はブリーフィングを終え、間も無く塔ヶ島を出発しようとしているトコロだった。

目指すは伊豆半島の南。流石に被害ナシで横浜基地を目指すのはキツいので、海路から逃れるのだ。

もしA-01も同行してくれてたら、決起部隊をフルボッコにしつつ帰還できたかもしれないけどね。

……でも万が一と言う事も有るのでスタコラサッサに限る。敵の戦術機を壊す事さえ勿体無いのだ。

今から どうなるかは予想 出来ないけど……まぁ、トラブルが起きたら その時に考えれば良いだろう。


「白銀」

「何ですか? 殿下」

「面倒を掛けますね……本当に……」

「えっ?」

「特に そなたの様な衛士にとっては……無駄な戦い以外 何物でも無いでしょう」

「いやいや、そんな事 有りませんって。少なくとも俺は光栄に思ってますよ? 勿論 皆も」

「しかし……」

「それ以前に"今回の件"が無かったら私達と殿下は出会えなかったんですよ?」

「!?」

「はははっ、ちょっと不謹慎ですけどね☆」


≪――――ニコッ≫ ←白銀スマイル


「(やはり、何と眩しい……つまり、既に"起こった事"を需要しているのですか?)」

「殿下?」

「(故に このような状況でも他人を励ませる。自分の事を顧みず わたくしの心配を……)」

「どうしました?」

「!? い、いえ……何でも」

「なら出発しますけど、殿下は深い事は気にせず大船に乗った気で居てくださいね?」

「……ッ……ふふふっ、分かりました。そなたの言う通りにしましょう」

「その意気です! ……じゃあ、神宮司軍曹。そっちの大体の指揮は任せますよ?」

『はいッ』

「では横浜基地・突撃機動部隊……発進する!!」

『了解ッ!』×5

『第207衛士訓練部隊、我々も行くぞ!!』

『了解!!』×5


≪――――ゴオオォォッ!!!!≫


「全速前進DA!!」

『はっ!!』×11


――――んなワケで とうとう移動開始なんだけど、今度は"成り切った気持ち"で言っちゃったんだ☆


「殿下、大丈夫ですか!?」

「……ッ……意外と負担は少ない様ですね」

「それなら良かったッ!」


≪それでは殿下、私のHI☆ZAに御乗り下さい≫

≪……ッ……≫

≪ど、どうしました?≫

≪いえ……失礼します≫


「(それにしても……"あの時"僅かに感じた感情は何だったのでしょうか?)」




●戯言●
課長に白銀のチート的な噂を聞いていた殿下は彼に興味津々。その為無駄に勘繰ってしまうのであった。
しかし殿下との台詞回しは鬼門ですね、かなり悩みました。その為、短い内容です……すみませぬorz


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.0298171043396