Muv-LuvSS投稿掲示板




No.28072の一覧
[0] 光菱財閥奮闘記!! 【9月25日 本編更新】[カバディ](2012/09/25 15:32)
[16] 第Ⅰ章<始動編> 2話 契約 《7/6改訂更新》[カバディ](2012/07/06 18:32)
[17] 第Ⅰ章<始動編> 3話 目標 《7/6改訂更新》[カバディ](2012/07/06 18:33)
[18] 第Ⅰ章<始動編> 4話 会議 《7/6改訂更新》[カバディ](2012/07/06 18:35)
[19] 第Ⅰ章<始動編> 5話 瑞鶴 《7/6改訂更新分》[カバディ](2012/07/06 18:36)
[20] 第Ⅰ章<始動編> 6話 初鷹 《7/6改訂更新分》[カバディ](2012/07/06 18:36)
[21] <第Ⅰ章>設定 1980年編 [カバディ](2011/10/13 18:12)
[22] 第Ⅱ章<暗躍編> 1話 商売 《10/28改訂更新分》[カバディ](2012/01/04 16:09)
[23] 第Ⅱ章<暗躍編> 2話 政治 《10/30改訂更新分》[カバディ](2011/10/30 15:50)
[24] 第Ⅱ章<暗躍編> 3話 戦況 《11/4改訂更新分》[カバディ](2011/11/12 16:50)
[25] 第Ⅱ章<暗躍編> 4話 量産 《11/8日改訂更新分》[カバディ](2011/11/19 16:59)
[26] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormnt‐》 第1話  集結 [カバディ](2012/01/04 16:10)
[27] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第2話  東欧 [カバディ](2012/01/04 16:11)
[28] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第3話  戦場 [カバディ](2012/01/04 16:13)
[29] 第Ⅱ章<暗躍編> 5話 愚策 《11/12改訂更新分》[カバディ](2011/11/19 16:57)
[30] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第4話  場景[カバディ](2012/01/06 19:10)
[31] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第?話  日常[カバディ](2011/09/12 23:32)
[32] 第Ⅱ章<暗躍編> 6話 冷戦 《11/21改訂更新分》[カバディ](2011/12/03 14:27)
[33] 第Ⅱ章<暗躍編> 7話 現実 《12/3改訂更新分》[カバディ](2011/12/03 14:18)
[34] 第Ⅱ章<暗躍編> 8話 権威 《12/21更新分》[カバディ](2011/12/21 20:06)
[35] 第Ⅱ章<暗躍編> 9話 理由 《12/21更新分》[カバディ](2011/12/21 20:09)
[36] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第5-1話 乱戦[カバディ](2012/07/07 20:08)
[37] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第5-2話 調整 [カバディ](2011/10/26 19:36)
[38] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第5-3話 対立[カバディ](2012/01/06 16:08)
[39] 外伝《東欧の地獄編‐Dracula lui mormânt‐》 第5-4話 結末[カバディ](2012/01/06 19:29)
[40] 第Ⅲ章<奮闘編> 1話 新造 《7/8新規更新》[カバディ](2012/09/25 14:27)
[54] 第Ⅲ章<奮闘編> 2話 増援 《9/25新規更新》[カバディ](2012/09/25 15:32)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[28072] 光菱財閥奮闘記!! 【9月25日 本編更新】
Name: カバディ◆19e19691 ID:f630435c 次を表示する
Date: 2012/09/25 15:32
【光菱財閥奮闘記!!~1980年から頑張って~】
はじめまして、カバディと言います。

ここの先輩方の作品を読んで、感化してしまったしがない学生です。

初作品ですので拙い所ばかりになってしまうとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。


------本編に入る前に簡単な初期設定とお話の流れを--------

主人公は転生系に近く、「攻殻機動隊」という作品世界の2030年からマブラヴ世界の1980年へ、というお話です。

いろいろな世界の知識を持っていますが、ある問題のため欠落が発生しています。題名のとおり、原作でも出てくる光菱重工は財閥系企業として、その財閥に奇妙な習わしがあったなら…というお話になります。

話の流れとして~

主人公が知識チートを持ち、大きな権限を与えられますが、それだけで対抗できるわけもなく…いろいろな分野で四苦八苦しながらBETAという怪物を抑え込もうという、ちょっと現実味のある話を目指してます。

BETAが原作に隠された成長力を持ち、主人公がいかにその知識を活かして人類を導き、進化・物量チートのBETAに対抗するかが主題のため、どうしても内政・政治がメインとなり、戦闘が極端に少ないです。


――読者様に読み始めていただく前の注意事項――

1、主人公知識チート

2、この「現実世界の軍事技術で太刀打ちできない敵」がBETAとし、マブラヴ本作品よりもBETAが強い設定orそれ相応の人類が負けている理由を独自解釈している

3、上記の理由により独自設定だらけである

4、恋愛要素はない

5、自分なりに適度に現実的(笑)な物語にしなければと考えているため、所々否定的な面がある

6、マブラブの設定を借りた、オリ主によるオリジナル作品に近い作風のため原作開始時点にはもはや、原作開始時点からかけ離れたものとなっていることが予想されること

7、主人公がBETA大戦での人類を導く行政官でもあるため、戦術単位の戦闘描写がほとんどなく、外伝に戦闘描写を織り込もうとしていること


8、また上記にある通り、BETAの強さがUPしているので筆者の実力不足により少しご都合主義になってしまうかも?ということ


このような話となる予定のため、上記の内容が気に入らない読者様は大変心苦しいのですが、ご遠慮戴いたほうがよろしいかと思います。




※また、本編の内容に「ここはおかしいだろ」「こうしたほうが良いのでは?」等の感想・改善点に関する質問・疑問は大歓迎です。
コメント欄で受け答えを行っておりますので、読んで頂けたらと思います。すこし…ネタバレしたりしていますし…

気軽にコメントしていただければ励みになります。



最後に、自分の実力をつけるためなのですが長い目で見て頂けたら助かります。


では第1話をどうぞ

*********************************

BETA
-Beings of the Extra Terrestrial origin which is Adversary of human race-

サクロボスコ事件が発生した1967年に命名された「人類に敵対的な地球外異星起源種」と呼ばれる、人類歴史学上最大の危機を生み出す敵対的宇宙生物。

人類が初めて遭遇した地球外生命体であり、数多あるパラレルワールドの中で人類を滅亡の淵に追いやってきた、非炭素生命体からの殺戮の使者。その醜悪な見かけに相まって、純粋な暴力と物量による蹂躙は人類の半数を死に至らしめてさえ、止まることを知らない。

その人類の死神たるBETAから極東の島国を守るべくある儚い電子精霊が、多重世界から一つの奇跡を手繰り寄せようとしていた。

~《第16次元世界管理者日記より抜粋》~



1980年の1月7日、俺はこの日を一生忘れることはないだろう。
本来であれば生まれているわけがないこの時代、「昭和とか日本が幸せな時代じゃん。好景気に浮かれていられたんだろ?良いなあ」程度にしか思っていなかった歴史の一部であるはずのその年になぜ俺が関わってくるのか。

それはその日に俺がこの世界に"来る"はめになったからだ。

………いきなりのこの一文では何を言っているのかわからないだろうが、それが事実なのだから仕方ない。

俺の名は光宮 孝明。

本来ならば違う名前があったのだが、今書き記している時点の記憶には薄れてしまっている。転生?いや違う。どちらかと言えば憑依・・・になるのだろうか。

もちろん神様がいて「ごめんなさい 代わりに力を(ry」みたいな展開ではなく、事故という契機が合ったわけでもない。

いきなり人格と記憶だけ拉致られたのだ。
しかも今の体に入れられ、その体の持ち主の人格と融合してしまったらしい。

らしいというのは、この同化。俺をこの世界に呼び寄せたマリヱという人物(?)が言うには、天霊祭というバカげた儀式に捧げられた光宮 孝明という子供の精神を俺が乗っ取ってしまったハプニングらしいのだ。

…まあそんな小さいことはどうでも良い。

なにを俺言いたいかというと、『俺』はいきなり拉致されてこの世界に連行されてきたってところだ。

今でも「どこの独裁国家だっ!!」と遺憾の意(?)を表明したくなるが、マリヱという存在がある意味、国家を超越した存在であるからして裁ける人間もおらず、もはや時効と化しているのが笑えない。

そもそもマリヱという存在…人からは『神』と崇められ、実際は地球外生命体の残したオーパーツ《多元宇宙からの贈り物》らしく、もはや笑うしかない。

彼女が言うにはその星々に宿った生命が星外から来た脅威に対処するために作られた…らしいのだが。

その能力は、天霊祭を施行することで、平行世界から『記憶』を手繰り寄せ、契約者に与えるという、仮想ファンタジー的拉致行為であるのだが、その被害者が俺で、その記憶に『俺と言う人格』が憑いてきて人格が変わってしまった、ということだ。

マジで元の孝明くんと俺、可哀そうである。

まあその当時はパニックたあと当然のように怒ったわ。

孝明くんの事情も知らないし、いきなり連れてこられて頭痛いし、周りは森で、頭痛いし、目の前はどデカイ木がそびえ立っていたと来たものだ。

「はっ?」となってもおかしくないだろう。


その後、マリヱが出てきて一応の説明がされて…それにキレて八つ当たり。「早く家に帰せよ」ってね。

俺にだって人生があった。今じゃかなり忘れているが、俺が元いた世界は西暦2030年、光や電子となった意思をくみ取ることが出来る時代。

つまりは電脳化が進み、サイボーグ化がリアルと化した世界であり、その世界の日本に暮らしていたのがオレだったのだ。

そしてその時代の自分は、最先端のテクノロジーを駆使した電脳をもつ最先端サイボーグであり、少し後ろめたい過去を持つ新大学生だった。

家族構成は親無しで妹一人、その妹を養うために日々働きながら大学に通う苦学生だったのだ。

確かにこうして見ると捨ててきて良かったのかもしれない人生だ。お先真っ暗でもあったわけだし。…だが妹がいたし、いきなり「あなたは異世界にきました、帰れません」で納得するわけがないだろう。

だからマリヱに対してキレたのだ。893並の言葉を吐きながら。


だがマリエの「そうか・・・じゃあ記憶を消すか」とボソッと言われたことで
話し合いは決着。
マリエに泣き土下座をする羽目になった。

…確かに他の者から見ればシュールだろう。マリエは他の者から見ることが出来ない。

先ほどまでヒステリックにやられた9歳の子供がいきなり、木に向かって泣きながら土下座しているのだ。

俺付きのメイドさんが祭りの失敗と思うのも致し方ないと思う。

パニックにやられていたのは俺も同じであり、サイボーグであった身体がいきなり生身に変わって、しかも9歳という幼い身体。

周りはさっきの通りでマリヱの足は無く宙に浮いている。

頭は頭痛が駆け回り、電脳化していたために、儀式によって与えられた膨大な知識と知識が脳内を這いずり回っていた。

電脳世界で疑似的に経験できるデータとしての記憶ではなく、しっかりと時間をかけて培い、死んでいった現実の記憶が生身となった慣れない脳に過負荷をかけ、脳が混乱していたのだ。


そんな慣れない、わからない、知らない世界に来た俺。
混乱しますって。えっ?なにが一番混乱したかって?

そうだな…う~んこの身体?いきなり生身に変わっちゃったし。いや違うか…マリヱの足がない。これも違うな…


あっそうだっ!その後のマリヱの言葉が一番混乱したんだ。







「ああ、そうだそうだ。言い忘れておったな。お主の役割は日本を救うこと、ひいてはこの世界に来たBETAという異形の地球外生命体を殺しつくことだからな そこのところよろしく頼むぞ」











いや、
いやないない、いやだってね、あれだよ?100歩譲って、アニメや漫画の世界に来ちゃいました、これならわかる。いきなり生活や社会が変わっている世界、大変そうではあるけど大抵は魔法や、超能力など夢が溢れてる。生きる希望があるってもんだ。

でもBETAつったらあれだよ?マブラヴオルタなんていう人類のほとんどが食べられちゃって滅ぶのがデフォの作品なんだぜ?

ええええええええええええええっ!!!でしょ、しかも「マブラヴ世界に来ちゃったよ君」ってカミングアウトしやがったんだぜ?加害者が。

もうね、聞いた時はファビョったね。日本人なのに。今は笑い話のように居酒屋で言う自分の失敗談なんかのノリで話せるようにはなったけど、当時は悲惨な醜態さらしたもんだ。

地獄直行便まっしぐら人類に乗りこんでしまった俺…「どうすんだこれっ!!死んじゃうじゃん俺っ!!」になるでしょうに…


さて寝るか

《続く》


*******************************************************

次元管理電脳より追加報告

%7$# ※訂正しました※B‐147C世界・地球「マブラヴ世界」において

称号「救世主」が誕生しました。NEW!!

進化生命体NO・12「人」を管理する電子精霊#$(%#$(% ※訂正しました※人類俗称「マリヱ」がアクセスに成功しました。NEW!!


召喚した「救世主」に人格が発生。主人格がC-178D「攻殻機動隊世界」のものとなりました。NEW!!

これより情報収集に入ります。モードはどのようにいたしますか?


情報収集モード「制限B」―――了解。
次回報告から「救世主」周辺の情報補助を開始します。


救世主への補助はどのようにいたしますか?

―――了解「補助は一切なし」ハードモードとなりました。



「救世主」…視点変換…俗称を「主人公」に変更します。

《主人公ステータス》

身体データ・不明

精神:混乱中です・全てを把握できません



―――では《ストーリー》をスタートします。

※注意※
この作品は多重現実世界で発見された生命体が属する「地球」内におけるノンフィクションドラマです。

我々に似た進化型生命体「人類」を使った、生きた役者によるノンフィクションの物語のため、一部グロテスクな描写が発生することが予想されています。そのような描写があるため、成人年齢200歳を超えないお子様にお見せすることはおすすめできません。

万が一ですが、「人類」に同情的になった場合、このストーリーに干渉することは最初の投票結果による「初期設定」しか許されておりませんので、干渉することを禁止されております。


上記の項目をお守り頂ける方のみ観察できるストーリーとなっておりますのでご注意ください。

最後にこれから始まる物語は今現在、どこかでおこっているものをまとめた現実物語です。その臨場感をお楽しみください。

次元管理電脳から報告を終了します。
*************************************


次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.036229848861694