椎名高志SS投稿掲示板




No.541の一覧
[0] よこしまなる者151話から[キロール](2005/10/19 00:35)
[1] Re:よこしまなる者151話から[キロール](2005/10/27 00:02)
[2] Re[2]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/02 17:10)
[3] Re[3]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/02 17:14)
[4] Re[4]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/07 02:36)
[5] Re[5]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/11 02:18)
[6] Re[6]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/12 01:07)
[7] Re[7]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/12 01:07)
[8] Re[8]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/19 19:50)
[9] Re[9]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/19 21:34)
[10] Re[10]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/11/28 00:15)
[11] Re[11]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/12/23 00:06)
[12] Re[12]:よこしまなる者151話から[キロール](2005/12/23 00:08)
[13] Re:よこしまなる者151話から[キロール](2006/01/01 22:30)
[14] Re[2]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/01/01 22:35)
[15] Re[13]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/01/02 01:07)
[16] Re[14]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/01/23 00:33)
[17] Re[15]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/01/23 00:31)
[18] Re[16]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/02/01 02:10)
[19] Re[17]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/02/01 02:06)
[20] Re[18]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/02/19 19:37)
[21] Re[19]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/03/03 03:18)
[22] Re[20]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/03/09 21:37)
[23] Re[21]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/03/09 21:38)
[24] Re[22]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/04/05 23:27)
[25] Re[23]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/04/27 00:19)
[26] Re[24]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/04/27 00:20)
[27] Re[25]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/05/11 02:39)
[28] Re[26]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/05/11 02:40)
[29] Re[27]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/05/15 22:39)
[30] Re[28]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/05/15 22:32)
[31] Re[29]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/05/25 05:22)
[32] Re[30]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/06/11 03:22)
[33] Re[31]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/07/05 22:56)
[34] Re[32]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/07/21 02:28)
[35] Re[33]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/07/25 00:07)
[36] Re[34]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/08/18 03:21)
[37] Re[35]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/09/03 04:46)
[38] Re[36]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/09/03 04:40)
[39] Re[37]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/09/19 22:50)
[40] Re[38]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/09/19 22:54)
[41] Re[39]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/09/29 01:03)
[42] Re[40]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/10/05 04:34)
[43] Re[41]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/10/30 01:06)
[44] Re[42]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/11/09 04:07)
[45] Re[43]:よこしまなる者151話から[キロール](2006/12/08 04:07)
[46] Re[44]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/01/04 00:41)
[47] Re[45]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/01/25 01:45)
[48] Re[46]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/03/17 23:16)
[49] Re[47]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/04/12 20:49)
[50] Re[48]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/04/16 23:02)
[51] Re[49]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/04/23 22:22)
[52] Re[50]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/04/25 04:49)
[53] Re[51]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/04/29 00:56)
[54] Re[52]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/05/08 03:57)
[55] Re[53]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/07/22 22:12)
[56] Re[54]:よこしまなる者151話から[キロール](2007/09/25 22:07)
[57] よこしまなる者208話[キロール](2007/12/10 00:46)
[58] よこしまなる者209話[キロール](2007/12/19 02:09)
[59] よこしまなる者210話[キロール](2008/01/04 23:59)
[60] よこしまなる者211話[キロール](2008/02/21 03:24)
[61] よこしまなる者212話[キロール](2008/04/24 01:51)
[62] よこしまなる者213話[キロール](2008/08/24 05:05)
[63] よこしまなる者214話[キロール](2008/10/18 01:38)
[64] よこしまなる者215話[キロール](2009/01/21 04:24)
[65] よこしまなる者216話[キロール](2009/04/09 23:15)
[66] よこしまなる者217話[キロール](2009/10/14 03:57)
[67] よこしまなる者218話[キロール](2009/10/21 01:03)
[68] よこしまなる者219話[キロール](2009/10/31 01:02)
[69] よこしまなる者220話[キロール](2009/12/02 03:14)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[541] よこしまなる者213話
Name: キロール◆17d3264f ID:925ce772 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/08/24 05:05
 ≪シロ≫
拙者はずっと考えているでござる。
横島先生の心の中に入ってからずっと。

拙者は随分と前に先生に宿題をいただいていたでござる。
霊波刀をもって八房を越える。
結局、犬飼殿と相対した折にはその宿題を果たすことは出来ず、次善の手段にて犬養殿に対し、敗れた。
残心と言う武士にとっては初歩の初歩を忘れた拙者の負けでござった。
あれから大分時間が過ぎたでござる。
その間も拙者は先生に課せられた宿題を忘れたことなどは一時としてなかったでござるが、その宿題を果たすことは終ぞ叶わなかったでござる。
不肖の弟子でござる。
 
先生は、【恐怖の腕】【憎悪の瞳】【憤怒の頭蓋】【狂気の顎】【慟哭の声】【虚無の脚】【絶望の総身】七種類もの霊波刀を超越した霊波刀を自在に操る先生。
拙者と先生の間で何が違うのでござろう。
無論、拙者と先生の間には大きな隔たりがあるのは知っているでござる。
技量、器量、共に拙者のそれと先生では比べるべくもござらん。
ただ、本当に拙者にそれが出来ないのであれば先生は拙者にそんな宿題を出すことはなかったでござろう。
拙者にも出来るはずなのに拙者にはそれが出来ない。
全て拙者の不徳の致すところでござる。
 
拙者は先生の中で恐怖に触れ、憎悪を垣間見た。
アレが先生の霊波刀の源。
恐怖に怯える先生は拙者の知らない弱さがあった。
憎悪に染まる先生は拙者の知らない痛々しさがあった。
拙者は先生の強さばかりに目を囚われて、先生を見ていなかったんでござろうか。
いや、それで先生に幻滅するなんてことは一切ないでござる。
ただ、拙者は何か、大切な何かを目の当たりにして、その何かを見落としているような気分でござる。
 
「なに、ない頭絞って考えているのよ」
 
どこか小ばかにしたような、いや、アレは完全に馬鹿にしているでござるな。
タマモに向かって
 
「馬鹿じゃないもん!」
 
と、いつものやり取り。
最初の頃はわからなかったがこいつもこいつなりに仲間のことは気遣っているでござるな。
まぁ、その方法は解り憎くひねくれてはいるでござるが。
でもあの騒ぎの前にフラッと消えたかと思えば急に育って帰ってきたでござる。
少し寂しい……イヤイヤ、やりづらいでござる。
 
「拙者と先生、何が違うのかと思っていただけでござる」
 
拙者がそういうとタマモは呆れたように答えてくれた。
 
「多分あんたが思っているほど違わないわよ」
 
え?
 
「あいつはどこまでも人間臭いのよ。あんたが感じているほど絶対的な存在じゃない。ただ、あいつはほんの少しだけあんたの前にいる。その一歩だか半歩だかの差があんたと絶対的な差よ」
 
半歩だか一歩だかの差?
 
その怒りはどこへ向く
怒れる心はどこに向く
相手に向けても収まらず
自らに向けても収まらず
自己を焦す怒りの焔は
何れ全てへ飛び火する
怒りあれ。それしかないなら
破壊あれ。それしかないのだ
 
気がつけば目の前に扉があったでござる。
この中は恐らく【憤怒の頭蓋】の世界。
先の二つのように扉を開けると、そこはそう。
修羅界とはこのような場所を言うのでござろうか?
                   ・
                   ・
                   ・
 ≪令子≫
鈍い音が響きわたる。
眼下にはクレーターが無数に開いた大地。
いや、クレーターは増殖し続けている。
 
「ここは、【憤怒の頭蓋】を象徴する世界。他者を失う【恐怖】から生まれた己に向けた【憎悪】。それすら行き場を失い外へとあふれ出す……」
 
呆然とした私たちの耳に破砕音と共にゼクウさまの声が聞こえる。
そこは、かつて町か何かの姿をしていたのだろう。
だが今目に映る姿は荒野。
かろうじて残った建物の残骸の欠片のようなものがそう感じさせるに過ぎなかった。
絨毯爆撃をされた町だとてもう少しは建造物が残るのではないだろうか。
だが、私たちを呆然とさせていたのはそれではない。
 
途絶えることのない破砕音。
その源は殴り合う横島さんだった。
 
眼下に広がる荒野の中で幾人もの横島さんが殴り合っていた。
いや、殴りあうと言うのは不適切かもしれない。
武術に精通した横島さんはただ力任せに自分以外の横島さんを殴りつけていた。
そこに防御や技は存在しない。
ただ殴りつけるだけ。
それだけで周囲の地形を変えるほどの威力の拳は対象を完全に殺し、大地にクレーターを作る。
その殆どが相打ち。
時折、先に攻撃を仕掛けた横島さんが残ることもあったがその拳は、腕から肩にかけてが使い物にならないほどに損傷をしている。
にも拘らず、その横島さんは無事な逆手で、そして損傷して使い物にならなくなったはずの手で別の横島さんに殴りかかり殺される。
 
延々と、延々とそれが続く。
どれだけ横島さんが死んでも、潰されても、何処からか横島さんが現れて殺し合いを続ける。
決して、決して終わらない。
 
ただ、怒りに身を任せた。
ただ、闘争に身を任せていた。
 
「ウオォオオオオオォオオオオオン!」
 
それを見ていることしか出来なかった私の耳に、狼の咆哮が響き渡る。
                   ・
                   ・
                   ・
 ≪シロ≫
違う、違うでござる。
先生は、拙者の知っている先生はこんなんじゃないでござる。
先生こそ誠の武士。
コレ、は先生じゃないでござる。
先生は、先生は。
 
気がついたら咆哮をあげ、先生の偽者の中に突っ込んでいったでござる。
 
先生は拙者に、拙者に誠の武士の姿をいつだって見せてくれていた。
怒れども、容赦する姿をいつだって拙者に示してくれた。
犬飼殿の時も然り、今回のアシュタロスのことも然り。
先生の大きな器に救われた妖怪の多さを拙者は知っているでござる。
ただ、怒りに身を任せて暴力を振るう先生は先生じゃないでござる!
 
「アァアア!」
 
拙者が渾身の霊力を振り絞り、霊波刀を作ると先生の偽者に斬りかかる。
しかし、霊波刀は容易く握りつぶされて蹴りの一発で拙者は鞠のように吹き飛ばされた。
                   ・
                   ・
                   ・
 ≪タマモ≫
あの馬鹿。
怒りで前が見れなくなっているのはどっちよ。
シロの元に飛びながら狐火で牽制に入る。
って、少しは効きなさいよ。
これでも空狐に匹敵する今のあたしの狐火を無造作に振り払うな。
 
「タマモ」
 
この馬鹿。
 
「馬鹿犬! 良く見なさい。あんた、生きてるんでしょう!」
                   ・
                   ・
                   ・
 ≪シロ≫
タマモの叱責を受けて拙者は目の前に立ち込めていた霧が晴れる様な心持でござる。
拙者は生きている。
なぜか?
先生の一撃を受けて生きている。
人狼の拙者なれど、先生の強力無比な一撃をまともに喰らえば必死は必定。
怒りに我を忘れ、防御も出来なかった状態で先程の一撃を受けて生きていられるはずがない。
それでも拙者が生きているのは先生が手加減をしてくれたお陰。
あの状態でも拙者に対して手加減をしてくれた。
それも、痛みはあれど動きを妨げるほどでなく、後遺症になりそうもないあの一撃はいつも稽古の折に先生が拙者たちに繰り出す一撃そのもの。
まるで、怒りに我を忘れた拙者を叱責するような一撃でござる。
先生は、どんな状態でも先生でござった。
 
「プ、プププ、あははははははははは!」
 
突然笑い声をあげる拙者に狐火で先生を牽制していたタマモがギョッとしてこっちを向いた。
 
「ちょ、ちょっとどうしたのよ。頭でも打った? 元から悪い頭がもっと悪くなったの?」
 
馬鹿にするような言葉を吐きながら、タマモの瞳は拙者を心配しているのがわかったでござる。
 
「厳しくも優しい、それも馬鹿らしくなるほど優しいでござるな。先生も、タマモも」
 
「ちょ、ちょっと何言ってんのよこんな状況で。本当に頭でも打った?」
 
タマモの憎まれ口はいつだって照れ隠しでござる。
優しいのは先生とタマモだけじゃない。令子殿も、エミ殿も、冥子殿も、雪之丞殿、タイガー殿も、おキヌ殿も、リリシア殿や五月殿、カオス殿、マリア殿、テレサ殿、ジル殿。
先生の周りは皆優しい御仁ばかりで拙者は誠に果報者。
先生の傍にいれば皆優しい気持ちになっていくのでござる。
拙者はその雰囲気が大好きで、まるで里にいた時のような心持でござった。
拙者はそれを守りたい。
先生がいなければ始まらんでござる。
この場にいる先生は偽者なんかではござらんかった。
ただ、怒りの感情が大きくなりすぎて他の感情が隠れてしまっているだけ。
 
拙者は立ち上がると、霊力を右手に集中させる。
拙者は、横島先生のあり方に憧れてござった。
守るべきものを守る。外側は強固な壁なれど、内にあるものには御母堂の如き慈しみで包み込む。
敵にも寛容で、慈悲深く、強いが故に安易に武を振るうことを戒めた先生のあり方は正に活人剣のあり方。
先程我を忘れて切りかかった拙者が振るいしは殺人刀のあり方。
【八房】に誑かされた犬飼殿となんら代わらぬ所業。
「『一人の悪に依りて、萬人苦しむ事あり。しかるに、一人の悪をころして萬人をいかす、是等誠に、人をころす刀は人をいかすつるぎなるべきにや』、『人をころす刀、却而人をいかすつるぎ也とは、夫れ亂れたる世には、故なき者多く死する也。亂れたる世を治めむ爲に、殺人刀を用ゐて、已に治まる時は、殺人刀即ち活人劔ならずや。こゝを以て名付くる所也』これぞ柳生石舟斎宗厳の教えなれど。先生は万人を苦しめる一悪を救うことで一悪も万人も救う道を拙者に見せてくれたでござる。あれぞ、活人剣の極み」
 
霊波刀が右手に生み出される。
しかし、その霊波刀は短く、朧気で、頼りない姿、まるで先生に出会った頃に作り出していた未熟な霊波刀の様なれど。
 
「心、明鏡止水にして。悪を憎んで人を憎まず。憎むべきは悪人ではなく悪心。悪心祓いて人を救うのが先生が示してくれた士道。なれば拙者の進むべき士道も同じ道でござる」
 
朧気な霊波刀は拙者の意を汲んでくれるはず。
タマモの肩に手を置いてタマモを止めると前へと進み出る。
 
「タマモ。かたじけのうござる。拙者はもう大丈夫ゆえ。……不肖の弟子なれど、先生が課してくださった宿題、漸く果たすことが出来たようでござる」
 
そんな拙者に向い先生は拳を振りかぶり、拙者を一撃で屠れるほどの一撃を繰り出してくる。
拙者の技量は先生には遠く及ばない。
なれど拙者は恐らく微笑みすら浮かべていた。
この拳は当たらない。
拳圧で前髪が乱れ、そのうち数本は千切れ飛んでござる。
なれど拙者に及ぶ前に拳はそれ、耳の脇を通り抜けて止まる。
拙者の短刀の如き短き霊波刀は吸い込まれるように先生の胸を貫いた。
霊波刀を通して、先生の行き場のない怒りが、やり場のない悔しさが拙者を押しつぶさんばかりに押し寄せるでござる。
なれど、拙者は押しつぶされることなく先生の優しさに包まれ、守られ倒れるように覆いかぶさってくる先生の体をしっかりと受け止めてござる。
右手の霊波刀を消すと、先生の体には傷一つござらんかった。
あの朧気な刀は肉体でなく心を斬る為の刀ゆえ。
拙者なりの活人剣の現われでござる。
 
「先生。拙者漸く先生の課して下さった宿題の答えが見つかったでござる。掟故でなく、教え故でなく、ただ心のあるがままに仲間を、友を、家族を守りたい。先生が示してくれた道。拙者の宿願を込めた霊波刀でゴザル」
 
拙者に足りず、先生にあった物は純粋な感情、いや、純粋な願いでござった。
武士としてのあり方を幼き頃から教わってきたつもりの拙者は誠の士道を理解せず、型にはまった考え方をして武士とはかくあらんと頭で考えていただけでござる。
なれど、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌何れも心よりわき出るもの。
士道とは万人の心にあって、拙者はそれを型に当てはめるばかりに見失ってござった。
 
先生は拙者にもたれかかったまま、ただ右手を拙者の頭に優しく乗せてくれたでござる。
拙者にだけ聞こえるような小さな声で囁いてくれた。
 
「先生! 大好きでござる♪」
 
拙者の尻尾はかつてないほどの勢いで振るわれていたでござる。
先生はそのまま淡い燐光と共に消え去り、前の二回同様双文珠が残されていた。
【仁/愛】
正に先生を表す言葉でござる。
前と同様に、門に近づくと門に書かれていた文面が変わる。
 
どうして殺した
なんで殺した
殺す理由がどこにある
俺がいけないのか?
俺に関わったからなのか?
巫戯けるな
俺に関わることが理由なら
貴様らだって例外じゃない
 
これが、先生のやり場のない怒りの吐露なのでござろうか?
誰かが先生の前で殺された。
拙者も犬飼殿に父上が斬られたと知ったときには怒りに我を忘れたでござる。
なれど、このままでは先生に修羅道は似つかわしくないでござる。
 
拙者が双文珠をはめ込むと門に書かれていた文面が変わる。
 
ちがう。
そうじゃない。
俺が求めていたものはそうじゃない。
ただ、愛していた。
愛したかった。
愛している。
本当にただそれだけだった。
どこで狂ってしまったんだろう。
どこで壊れてしまったんだろう。
愛していたいだけだったのに。
愛しているだけだったのに。
 
「随分機嫌がいいじゃない」
 
タマモがふいに声をかけてきた。
 
「タマモ。さっきはすまなかったでござる。お陰で目が醒めたでござるよ。かたじけない」
 
拙者が礼を言うとタマモはそっぽを向いた。
育っても素直でないところは変わらないでござるな。
少し安心したでござる。
 
「さっきのが横島の出した宿題に対するあんたなりの答えなのね」
 
「そうでござる。先生は拙者に最強のイメージをするようにおっしゃってたでござるが、拙者がイメージしたのは最強でなく最高のイメージ、先生が示してくれた士道を貫くための活人剣。人を斬らず心を斬るための霊波刀でござる」
 
「ふーん。もう名前は決めたの?」
 
「霊波刀【横島】でござる」
 
「ダサ! マンマじゃん」
 
「拙者にとって【最高】は先生でござるから仕方なかろう」
 
そういいながらも拙者は微笑んでいた。
 
『ありがとう。お前も俺には勿体無いくらいの最高の弟子だよ』
 
先生はあの時拙者だけに聞こえるようにそう言ってくれた。
拙者はその言葉に負けぬよう、今後とも精進するでござる。
拙者がもっと自分を誇れるよう、先生の弟子として恥ずかしくないと思えるようになった時、その時には先生に傍にいて欲しい。見ていて欲しいでござるよ。



お詫び
前回投稿より4月も間隔が開いてしまいました。
待っていてくださった方、投稿もない間感想を送ってくださった方、心よりお詫び申し上げます。
理由を列挙すれば私生活での仕事が忙しくそちらに追われていたこと。
4年に及ぶ長き投稿から、よこしまなる者の物語や文章を見失ってしまったこと。
感想に寄せられる厳しくも尤もな御指摘を受けて1話ごとの投稿に迷いが出たこと。
処女作の癖に予想以上の長編になってしまったプロットの甘さ。
物事の終了直前で手が止まってしまう自分の悪癖(RPGをやっていてもラストダンジョン手前でレベルマックスに近い状態で未クリアなゲームがどっさり^^;)
どれもこれも言い訳にしかなりませんがこの投稿を最後まで仕上げる気持ちは折れていません。
ここまで読んでくださった方々、どうか最後までお付き合いくださいますことをお詫びと共にお願い申し上げます。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028867959976196