椎名高志SS投稿掲示板




No.510の一覧
[0] よこしまなる者[キロール](2004/10/29 22:02)
[1] Re:よこしまなる者[キロール](2005/06/12 01:02)
[2] Re[2]:よこしまなる者[キロール](2005/06/12 01:08)
[3] Re[3]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 20:56)
[4] Re[4]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:01)
[5] Re[5]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:10)
[6] Re[6]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:15)
[7] Re[7]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:22)
[8] Re[8]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:28)
[9] Re[9]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:34)
[10] Re[10]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:42)
[11] Re[11]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:48)
[12] Re[12]:よこしまなる者[キロール](2004/11/09 16:15)
[13] Re[13]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 04:01)
[14] Re[14]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 14:43)
[15] Re[15]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 15:54)
[16] Re[16]:よこしまなる者[キロール](2004/11/11 06:24)
[17] Re[17]:よこしまなる者[キロール](2004/11/12 07:07)
[18] Re[18]:よこしまなる者[キロール](2004/11/12 17:17)
[19] Re[19]:よこしまなる者[キロール](2004/11/13 03:58)
[20] Re[20]:よこしまなる者[キロール](2004/11/14 06:25)
[21] Re[21]:よこしまなる者[キロール](2004/11/15 17:48)
[22] Re[22]:よこしまなる者[キロール](2004/11/17 06:15)
[23] Re[23]:よこしまなる者[キロール](2004/11/18 10:51)
[24] Re:よこしまなる者[キロール](2004/11/18 11:44)
[25] Re[24]:よこしまなる者[キロール](2004/11/19 00:21)
[26] Re[25]:よこしまなる者[キロール](2004/11/19 15:31)
[27] Re[26]:よこしまなる者[キロール](2004/11/20 18:25)
[28] Re[27]:よこしまなる者[キロール](2004/11/21 06:53)
[29] Re[28]:よこしまなる者[キロール](2004/11/21 14:26)
[30] Re[29]:よこしまなる者[キロール](2004/11/22 05:46)
[31] Re[30]:よこしまなる者[キロール](2004/11/23 00:12)
[32] Re[31]:よこしまなる者[キロール](2004/11/23 21:43)
[33] Re[32]:よこしまなる者[キロール](2004/11/25 00:15)
[34] Re[33]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:02)
[35] Re[34]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:16)
[36] Re[35]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:44)
[37] Re[36]:よこしまなる者[キロール](2004/12/15 05:07)
[38] Re[37]:よこしまなる者[キロール](2004/12/16 23:20)
[39] Re[38]:よこしまなる者[キロール](2004/12/16 23:33)
[40] Re[39]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:05)
[41] Re[40]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:06)
[42] Re[41]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:07)
[43] Re[42]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:08)
[44] Re[43]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 10:59)
[45] Re[44]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 18:47)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[510] Re[39]:よこしまなる者
Name: キロール 前を表示する / 次を表示する
Date: 2004/12/23 09:05
≪横島≫
「・・・わしも実物は初めて見るのじゃが、これは恐らく竜の卵じゃろう。」
 
2月も終わりに近づき、この留学も後一月というところでおかしなものが空から降ってきた。
コーンウォールの地に空から降ってきたと思わしき物体は周囲の地脈を枯らすほどに吸い上げ始めたがためにオカルトGメンによって接収された。
しかしこれが何なのか判別がつくものはいなく、非常に硬い殻に覆われたテニスボール程の卵型の物体を扱いかねたGメンは人類史上最高の錬金術師であるヨーロッパの魔王、Drカオスの知恵を借りに来たのだった。
 
「竜の卵って、こんなに小さな物体が?」
 
「あら、竜の卵って卵自体が周囲の気を吸って大きく成長していくのよ。少なくとも魔界の竜の卵はそう。」
 
人間界で唯一の友達をなくしたリリシアはあれから時折雪之丞が借りているアパートやカオスの隠れ家にやってきていた。
流石に俺の学生寮に来てもらうわけには行かなかったからな。
人間に化けたリリシアは恐らくかなり霊視に優れた存在でなければ見破ることができないほどに上手に化けている。
今回は都合よくこの場に来ていた。
 
「うむ。わしもそう聞いておる。じゃが、霊気の薄くなった人界では最早竜を孵す事などできぬであろうな。地脈を枯らしても孵化に必要なエネルギーを溜め込むことはできぬであろうよ。」
 
「そうね。この卵も栄養失調にかかってる。このままでは周囲の地脈を枯らした挙句、自分も孵化できずしんでしまうわね。かといって壊すこともできないと思うわよ。竜の卵の殻の固さはダイヤモンドにも勝るから。」
 
「仮に壊せたとしても後が怖いしのう。神竜の卵にしろ、邪竜の卵にしろ、孵らなかったならばそれは仕方ないにしろ人界の、それも国際機構の管轄下で子供を殺されたとなったら一気に関係が悪化することは避けられんぞ?」
 
「じゃあどうすれば良いんだ?」
 
「どこか竜の卵を安置できる場所に預けつつ、神・魔界に連絡して引き取り手を捜すしかないのう。」
 
「お役所仕事だからねぇ。引き取り手を捜すより長期に保管できる場所を探したほうが良いかもしれないわよ?高密度の霊気があって、どこか竜に関係の深い場所じゃないと難しいのだけれど。」
 
「・・・とりあえず今はこれで対処しておくしかないな。」
 
おれは【止】の文珠を作り出すと竜の卵の活動をとめようとする。
そのために竜の卵に触れた。
そのとき感じた。
竜の卵はその小さな中に超高密度のエネルギーが凝縮されている
あのアシュタロスのエネルギー結晶と比べれば流石に数段落ちるが、確かにこれなら周辺の地脈などたやすく枯らしてしまうだろう。
俺の頭の中にひとつの天啓とも言うべきアイデアが生まれた。
 
「・・・忠夫?」
 
リリシアが訝しげに俺の顔を覗き込んだ。
 
「いや、何でもない。」
 
・・・俺にできるか?
いや、やるんだ。 
 
「妙神山にでも持っていけばいいのかな?あそこの管理人は龍神と聞くが?」
 
小竜姫さまのところだ。
 
「あ~、それはまずいかも。確かに条件は満たしてるんだけどその卵が邪竜の卵だった場合政治問題になりかねないし。卵の状態でどの竜の卵か見分けるのは難しいし。」
 
デタントに悪影響を及ぼしかねないか。
 
「・・・と、なると中立地帯で高濃度の霊力が集積されていて竜に関係のある場所か。・・・2,3しか思いつかないな。」
 
「一番手っ取り早いのは月かの?今から宇宙船の開発しては間に合わないからのう。オカルトGメンの力でスペースシャトルの1台もチャーターできんか?最もその前に、月神族を説得せねばなるまいが。」
 
「無茶を言わないでください!・・・個人の裁量で使える予算じゃ無理ですし、予算の申請なんてしたらどれだけ時間がかかるか。」
 
「・・・あとここから一番近そうなのは赤き竜の王が眠る島、か。最もどこにあるかはわからないんだが。」
 
「流石のわしも妖精界の場所は知らんのう。」
 
「そっちの方は私も知らないけれど、アイルランドの妖精界になら渡りをつけられるわよ?」
 
「本当かい?妖精はすでに絶滅したと聞いているが。」
 
西条がリリシアに尋ねる。俺も妖精は鈴女くらいしか見たことは無かったが。
 
「あいつらがそう簡単にくたばったりはしないわよ。最も、人間のせいでこっちにいられなくなったから妖精界に篭りきっちゃってるし、お願いを聞いてくれるかどうかは微妙なせんだけど。」
 
「ずいぶんと親しいみたいだな。」
 
「あそこの女王とは古い知り合いよ。半分夢魔みたいなものだから。」
 
「アイルランドの妖精女王・・・マブか?」
 
クー・フーリンやフィン・マックールの敵役か。
下手をすれば戦女神級だな。
 
「ご名答。どう?素直に手を貸してはくれそうに無いでしょう?」
 
「とはいえほかに手はないか。すまないが渡りをつけてくれ。西条、この竜の卵は預けてもらって良いか?」
 
「文珠が無いと被害は広がるだけだしね。すまないけどよろしく頼むよ。僕は神界の方にGメンを通して照会をかけてみる。」
 
「わしらも留守じゃのう。マリア(人造生命)と妖精界では相性が悪すぎるわい。」
 
「俺はついていくからな。」
 
「それはいいがアミュレットを外すなよ。それから俺たちは頼みごとをしにいくんだ。短気は起こすな。」
 
「わかってるよ。」
 
「妖精は気まぐれで悪戯好きが心情だし、ヤレリー・ブラウンやドヴェルガー、スターリング、ケルピー、ゴブリン、デックアールブ、ファハン、ブラックアニス、ペグ・オネル、レッドキャップ、ボゲードン、鉄枷ジャック、ホブヤー 、性質の悪い妖精はそれこそ枚挙に暇が無いからな。それに妖精の女性の中には気に入った人間の男を魅了することもあるそうだから十分気をつけること。」
 
「それはどちらかというと俺より師匠のほうが気をつけるべきなんじゃぁ・・・いや、その必要は無いか。」
 
どこか疲れたような、諦めた様なため息を雪之丞はついた。
???
 
「あまり時間をかけたくないし、すぐに出たほうが良いな。リリシア、頼めるか?」
 
「いいわよ、それじゃあいきましょうか。」
 
リリシアは俺の腕をつかむと抱きしめるように引っ張った。
                   ・
                   ・
                   ・
≪雪之丞≫
アイルランド島アルスター地方ネイ湖、そこから少し離れた小さな湖の畔にメイヴがが支配する妖精郷の入り口があるという。
 
「        」
 
巨木の洞に向かいリリシアが聞き取ることもできない呪文を唱えると光に包まれ、気がつけば広大な森の中にそびえる丘の上に立っていた。
 
「ここがアイルランドの妖精郷か。」
 
「そうよ。」
 
「あ~、リリシアちゃんだ~。それに人間だ~。」
 
急に大きな声をかけられる。小さな羽根を持った妖精、フェアリーだかピクシーだか判別は俺にはつけられないがこっちに飛んで来ていた。
 
「マベル、久しぶりね。悪いけど私たちを女王の間に案内してほしいんだけど。」
 
「そっちの人間たちも?」
 
不審と興味が入り混じったような視線だ。
 
「俺は横島忠夫、こっちは伊達雪之丞。すまないが女王に尋ねたいことがあるんだ。案内をしてもらえないだろうか。」
 
師匠がその妖精に頭を下げたので俺もあわてて頭を下げる。
 
「へぇ~、礼儀正しいんだ~。・・・こっちよ。案内してあげる。」
 
俺たちはマベルの案内を受ける。
リリシアは羽を出して飛んでいるし、俺は師匠から【浮】の文珠を渡された。
 
「草花を踏むな、木の枝を折るな、ここは妖精の郷だ。どれに妖精が宿っているかわからないからな。」
 
「へ~、お兄さんなかなか賢いねぇ。」
 
マベルが感心したような、茶化しているような声をかける。
 
「木の枝一本と骨一本を等価交換なんていわれたくは無いからな。」
 
「クスクスクスクス。」
 
こちらを遠巻きに監視する妖精たちと、それを一つ一つ俺に講義してくる師匠の後を追いながら広い森の中を進んでいく。
中には師匠のほうに意味ありげな視線を送ってくる妖精もいたが、師匠はまったく気がついていなかった。
何で師匠は自分に向けられる好意にはとことん愚鈍なんだ?
それ以外の他人の感情には敏感なのに。
 
不意に視界が開けると巨大な一本の木でできた王城が現れる。
王城であることは間違いなさそうだし、一本の(生きた)大木であることも間違いない。
なんとも不思議な物体だ。
 
王城の門は大きな妖精が(スプリガンというらしい。)中には武装をした妖精が(デイーナ・シーという種族らしい。)警護についていたが、リリシアとマベルのとりなしで問題なく入ることができた。
王城の中では人間の女性とそうは変わらないような姿の妖精と多くすれ違った。(リャナンシーという種族のようだ)
 
「ここが女王の間よ。」
 
マベルの合図と共にその扉がゆっくりと開かれた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025623083114624