椎名高志SS投稿掲示板




No.510の一覧
[0] よこしまなる者[キロール](2004/10/29 22:02)
[1] Re:よこしまなる者[キロール](2005/06/12 01:02)
[2] Re[2]:よこしまなる者[キロール](2005/06/12 01:08)
[3] Re[3]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 20:56)
[4] Re[4]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:01)
[5] Re[5]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:10)
[6] Re[6]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:15)
[7] Re[7]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:22)
[8] Re[8]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:28)
[9] Re[9]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:34)
[10] Re[10]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:42)
[11] Re[11]:よこしまなる者[キロール](2005/06/17 21:48)
[12] Re[12]:よこしまなる者[キロール](2004/11/09 16:15)
[13] Re[13]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 04:01)
[14] Re[14]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 14:43)
[15] Re[15]:よこしまなる者[キロール](2004/11/10 15:54)
[16] Re[16]:よこしまなる者[キロール](2004/11/11 06:24)
[17] Re[17]:よこしまなる者[キロール](2004/11/12 07:07)
[18] Re[18]:よこしまなる者[キロール](2004/11/12 17:17)
[19] Re[19]:よこしまなる者[キロール](2004/11/13 03:58)
[20] Re[20]:よこしまなる者[キロール](2004/11/14 06:25)
[21] Re[21]:よこしまなる者[キロール](2004/11/15 17:48)
[22] Re[22]:よこしまなる者[キロール](2004/11/17 06:15)
[23] Re[23]:よこしまなる者[キロール](2004/11/18 10:51)
[24] Re:よこしまなる者[キロール](2004/11/18 11:44)
[25] Re[24]:よこしまなる者[キロール](2004/11/19 00:21)
[26] Re[25]:よこしまなる者[キロール](2004/11/19 15:31)
[27] Re[26]:よこしまなる者[キロール](2004/11/20 18:25)
[28] Re[27]:よこしまなる者[キロール](2004/11/21 06:53)
[29] Re[28]:よこしまなる者[キロール](2004/11/21 14:26)
[30] Re[29]:よこしまなる者[キロール](2004/11/22 05:46)
[31] Re[30]:よこしまなる者[キロール](2004/11/23 00:12)
[32] Re[31]:よこしまなる者[キロール](2004/11/23 21:43)
[33] Re[32]:よこしまなる者[キロール](2004/11/25 00:15)
[34] Re[33]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:02)
[35] Re[34]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:16)
[36] Re[35]:よこしまなる者[キロール](2004/11/27 01:44)
[37] Re[36]:よこしまなる者[キロール](2004/12/15 05:07)
[38] Re[37]:よこしまなる者[キロール](2004/12/16 23:20)
[39] Re[38]:よこしまなる者[キロール](2004/12/16 23:33)
[40] Re[39]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:05)
[41] Re[40]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:06)
[42] Re[41]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:07)
[43] Re[42]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 09:08)
[44] Re[43]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 10:59)
[45] Re[44]:よこしまなる者[キロール](2004/12/23 18:47)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[510] Re[28]:よこしまなる者
Name: キロール 前を表示する / 次を表示する
Date: 2004/11/21 14:26
 ≪横島≫
「横島君。君、横島君やろ?」
 
大学の構内で不意に呼び止められる。
知り合いはいないはずなんだが。
振り返りそこに立っていたのは、
 
「やっぱり横島君や。あ、いきなりごめんな。ボクの名前は鬼道政樹いいます。よろしゅう。」
 
鬼道だった。こちらでは何の接点もなかったはずなんだが。
 
「いきなし呼び止めてごめんな。君と一度会ってみたかったんや。すまないけど今時間あるやろか?」
 
「ないわけじゃないけども。」
 
「よかったら少しつきあってくれへんか?そないに時間はとらせんさかい。」
 
「弟子一人と友人を二人待たせてるんだが一緒でいいか?」
 
「あぁ、かまへんよ。弟子って冥子はんのことか?」
 
「いや、彼女は日本にいるが。正確に言えば彼女は俺の直弟子というわけでもないしな。教えたことは確かにあるが。」
 
「そうか。・・・横島君ご飯食べたか?もしまだやったら一緒にエエか?美味しい料理出してくれるところしっとるさかいに。」
 
「あぁ、かまわないけど。」
 
「ありがとな。」
 
そう言って鬼道は携帯電話を取り出して電話をかけた。
悪意を感じなかったからなし崩しになってしまったが。
 
『あ、ボクや。実は大切なお客さんを迎えたいんで料理の方お願いしたいんやけど大丈夫やろか?うん。僕含めて5人や。ありがとうな。それじゃあよろしゅう。』
 
「待たせてごめんな。で、君のお弟子さん達は何処にいるん?」
 
「もう来てるぜ。」
 
「ちょうどエエか。ほな、ついてきたって。」
 
道々カオスに調子を聞いた。
 
『カオス。調子はどうだ?』
 
『ん?まぁ悪くはないのう。流石に一週間で若返りの薬を作ることはできんし、仮に若返ったとしても脳の許容量が増えるわけではないからいずれは若ボケが始まってしまうんじゃが。』
 
『だから記憶槽を別に作ったんだろう?』
 
カオスは懐から銀色の珠を取り出す。大きさは握り拳ほどだ。
 
『その通り。この珠の原子ごとに情報を書き込んで、分子配列がそっくりそのまま記憶を形成しておる。大体この大きさの珠で記憶槽の役割としてはわしの脳みそと同程度の貯蔵が期待できる。最も、そのせいで分子の結合が甘くなってしまったが、精神感応金属を周囲にコーティングすることでわしの脳とダイレクトに情報のやり取りができ、優先順位の低いものからこの珠の記憶槽に送られるようになっておる上、表面硬度はダイヤモンドと同程度の硬さを実現させた優れもの。正に天才の発明じゃな。』
 
『だが衝撃に弱いんじゃないのか?外側は大丈夫でも中身が壊れたら意味がないだろう?』
 
『そればかりはしょうがないのう。一応バックアップ用に同じものをいくつか作っておるのじゃが。』
 
『保管場所が問題だな。』
 
『そうじゃな。今のところはこれが一つ、隠れ家に二つ、マリアの体内に一つ保管させてもらっておる。近々情報収集用にスパイ衛星を打ち上げて、その中にもう少し大規模なものを保管しようと思っておるのじゃが。』
 
街中でこんな話をしても大丈夫かとも思うが、古フランス語でしゃべっていれば誰にもわからないだろう。
 
「ここや。」
 
鬼道が案内したのは普通のアパートまぁ、イギリスの感覚だから日本のそれよりは広いのだろうが。
 
「ここはボクの先輩の家なんやけど先輩はレストランを開くのが夢やそうで料理のうでやったらロンドンのどの料理屋よりよっぽど上手なんや。」
 
鬼道がドアをノックすると内側からドアが開いた。
そこにいたのはやはり魔鈴さんだった。
 
「いらっしゃい。鬼道君。皆様も初めまして。魔鈴めぐみといいます。」
 
「横島忠夫です。急に押しかけてすいません。こっちは弟子の伊達雪之丞です。」
 
「わしはドクター・カオスじゃ。こっちはマリア。」
 
「ミス・魔鈴。初めまして。」
 
「まぁ!貴方があのヨーロッパの魔王、ドクター・カオスなのですか?お会いできて光栄です。」
 
「わしも東洋の魔女、魔鈴の名前くらいは聞いたことがある。失われし白魔女の技を現代によみがえらせているようじゃの。」
 
「感激です。鬼道君もドクターをお呼びするならちゃんとそう言ってくれればいいのに。ちゃんとしたご招待をしなくちゃいけないんだから。」
 
魔鈴さんが指をパチンと鳴らすと普通のアパートの一室が異界に繋がって周囲の装飾がおどろおどろしいものに変化する。
相変わらずだな。
 
「ほう、このアイアンメイデンはエリザベート=バートリーが使っていたものと同じ型じゃの。」
 
「さすがドクター。お目が高いですわ。」
 
「あのな~先輩。確かにドクターも大切なお客さんやけどボクがもてなしたかったんはこっちの横島君のほうなんやけど。」
 
「え、あら、ごめんなさい。私ったらドクターにお会いできてすっかり舞い上がっちゃって。」
 
「かまわないですよ。それにユリンも喜んでいる。」
 
影の中からユリンを呼び出す。
 
「へぇ、それが横島君の式神のユリンか。・・・でもそれにしたら。」
 
「鬼道君。この子は式神じゃなくて使い魔よ。それも恐ろしく強力な。まさかこんなに強力な使い魔を従えてる人間がいるなんて。下手な魔族以上の魔力を感じるわ。」
 
「おっしゃるとおりユリンは式神ではなくて知り合いから譲り受けた使い魔です。六道の家と親しくさせてもらっているので世間では式神使いで通ってますけど俺は式神使いではないんですよ。」
 
「そうやったんか。」
 
「ノワール。お前もご挨拶なさい。」
 
「初めましてにゃ。魔鈴ちゃんの使い魔ネコのノワールにゃ。」
 
「あぁ、よろしく。」
 
ノワールの前足を握って握手をする。
 
「まぁ。・・・料理の用意ができていますからお食事にしましょう。」
 
テーブルの上に並べられている料理は7人分。
 
「ソーリー、ミス・魔鈴。マリア、食べられません。」
 
「あら、お料理が一人分余っちゃいましたね。ユリンちゃんは食べられるのかしら。」
 
「基本的に何でも食べますよ。」
 
「だったらノワールと一緒に食べちゃってくださいな。」
 
「すいません。」
 
「いいんですよ。せっかく作ったんですもの。」
 
そのまま和やかな雰囲気で・・・インテリアはともかく。・・・食事が終わった。
魔鈴さんの料理はすばらしいものだった。
 
「さてと。改めまして自己紹介をさせてもらいます。ボクの名前は鬼道政樹。あの大学の一年生で、オカルトの研究のためにこちらの大学に寄せてもろてます。式神使いで専攻は東洋魔術です。」
 
「魔鈴めぐみです。大学の三年生で、と、言っても年齢は鬼道君と同じ19歳なんですよ。西洋魔術を研究するためにこちらで勉強しています。」
 
「俺の名前は横島忠夫。G・S兼大学生で法学部二年に所属して、いまこっちの大学へは一年間の留学できました。」
 
「俺は伊達雪之丞。こっちの師匠にくっついてきたけど中学生。」
 
「わしはドクター・カオス。この横島と親交を結んで100年ぶりくらいに表に出てきたわい。知ってると思うが専門は錬金術。魔科学。心霊医学なんかじゃな。基本的にはオールマイティーの天才じゃが。」
 
「ドクター・カオスの助手でマリア、言います。ミスター・鬼道。ミス・魔鈴よろしくおねがいします。」
 
「ほな自己紹介も終わったところで早速本題に入らせてもろてもええかな?ボクはずっと横島君に御礼を言いたかったんや。おおきに。」
 
そういって頭を深々と下げた。
 
「感謝される記憶がないんだが?」
 
「横島君は六道家の冥子ちゃんの先生なんやろ?」
 
「一応そうだけど。」
 
「だったらやっぱり恩人や。ありがとうな。」
 
「どういう意味だ?」
 
「ボクの家は平安時代から続く陰陽師の家系なんやけど、その後没落を重ねて今ではすっかり雑魚式神使いに成り下がってしもうた。おいで、夜叉丸。」
 
鬼道の影から式神の夜叉丸が出てくる。
 
「夜叉丸自体は式神の中でも六道の12神将に次ぐくらいに強力なんやけど使い手がヘボやったらどうしようもないわ。それでもおじい様は事業に手を出して成功したんお陰で何とか名門の看板を守ってこれたんや。けど、父さんが阿呆で、六道の冥華はんに求婚して断られた腹いせに事業の方で圧力をかけようとして返り討ちにあったんや。事業は失敗につぐ失敗。その上プライドを捨てて六道家に借金に行く有様。当然断られたんやけど今度はそれを逆恨みしてボクに六道の式神使いを倒させんと修業を課し続けた。お母様もそんな父さんに愛想を尽かして離婚して、それを逆恨みしてさらに修業を課して、ボクを自分の復讐のための道具に仕立て上げたんやな。」
 
苦笑しながら鬼道は語る。
 
「敵情視察のつもりでこの間のG・S資格試験を観戦したのが運命の分かれ道というやつや。その時の冥子ちゃんの戦いぶりを見て、憑き物が落ちる気分やった。ほんまの式神使いの戦い方っちゅうやつはああいうのをいうんやな。式神を道具にするんやのうて、式神と一緒に戦うっていうんやろうか。式神使いとして絶対勝てへん。そう思うたら父さんから押し付けられた復讐心なんぞスーって抜け落ちてしもうた。思えば、大切な友達の夜叉丸にも辛いことさせてきたしな。ボクは冥子はんと君のお陰で人の道も式神使いとしての道も踏み外さんですんだんや。だから冥子はんと君はボクの恩人や。ホンマおおきに。」
 
もう一度頭を大きく下げる。
 
「俺が何をしたわけじゃないさ。」
 
「それでもこうせんとボクの気が済まんのや。」
 
生真面目な奴。好感は持てるけどな。
 
「で、お前の父さんはどうしたんだ?」
 
「父さんか?今頃臭い飯でも食うとるやろうな。ボクが復讐の道具にならんと知ったら他の陰陽師なんぞと結んで六道潰しに加担して、東京の霊的守りを緩めて回ったんや。それも君たち六道のG・Sに防がれて逮捕されてしもうた。もう鬼道には元・名門の名前もあらへん。汚名はあってもな。裸一貫、ボクと夜叉丸がおるだけや。」
 
晴れ晴れとした笑顔でそういった。
 
「でも、このまま負けっぱなしって言うのも癪やし、式神使いとして勝てへんでも霊能家としてまだ冥子はんに勝てへんと決まったわけやあらへんからな。お母様の伝で援助してもらって、こうしてイギリスで勉強してるってわけや。いつか君や冥子はんに御礼がしたい。困ってることがあったら手を貸したい。そう思ってるんや。」
 
「お前だったら冥子ちゃんの助けになれるさ。」
 
「おおきに。」
 
鬼道は俺の知らない、晴れ晴れとした男の顔をしていた。
同時にそれは、俺の行動が俺の知り合いの人生に直接的だけでなく、
間接的にも作用し始めたということだ。
今回はいいほうに作用したようだが、
これまで以上に気をつけなければならない。
俺以外の誰も不幸にしないために。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023936986923218