スクエニSS投稿掲示板




No.3226の一覧
[0] 目が覚めるとドラクエ (現実→オリジナルドラクエ世界) 改訂中[北辰](2009/06/22 20:26)
[1] その1[北辰](2009/06/22 20:27)
[2] その2[北辰](2009/06/27 20:18)
[3] その3[北辰](2009/06/27 20:19)
[4] その4[北辰](2009/06/22 20:29)
[5] その5[北辰](2009/06/27 20:19)
[6] その6[北辰](2009/06/22 20:31)
[7] その7[北辰](2009/06/22 20:31)
[8] その8[北辰](2009/06/22 20:32)
[9] その9[北辰](2009/06/22 20:32)
[10] その10[北辰](2009/06/22 20:33)
[11] その11[北辰](2009/06/22 20:34)
[12] その12[北辰](2009/06/22 20:34)
[13] その13[北辰](2009/06/22 20:35)
[14] その14[北辰](2009/06/22 20:36)
[15] その15[北辰](2009/06/22 20:36)
[16] その16[北辰](2009/06/22 20:37)
[17] その17[北辰](2009/06/22 20:37)
[18] その18[北辰](2009/06/22 20:38)
[19] その19[北辰](2009/06/22 20:39)
[20] その20[北辰](2009/06/22 20:39)
[21] その21[北辰](2009/06/23 19:35)
[22] その22[北辰](2009/06/23 19:36)
[23] その23[北辰](2009/06/23 19:37)
[24] その24[北辰](2009/06/23 19:38)
[25] その25[北辰](2009/06/23 19:38)
[26] その26[北辰](2009/06/23 19:39)
[27] その27[北辰](2009/06/23 19:40)
[28] その28[北辰](2009/06/23 19:41)
[29] その29[北辰](2009/06/23 19:42)
[30] その30[北辰](2009/06/23 19:43)
[31] その31[北辰](2009/06/23 19:44)
[32] その32[北辰](2009/06/23 19:44)
[33] その33[北辰](2009/06/23 19:45)
[34] その34[北辰](2009/06/23 19:45)
[35] その35[北辰](2009/06/23 19:46)
[36] その36[北辰](2009/06/30 16:50)
[37] その37[北辰](2009/06/30 17:07)
[38] その38 『覚悟』[北辰](2009/06/30 16:48)
[39] その39 『大嘘つき』[北辰](2009/07/02 22:21)
[40] その40 『ゾルムの物語』[北辰](2009/07/09 00:27)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3226] その37
Name: 北辰◆a98775b9 ID:2f3048ba 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/06/30 17:07
 ――それは、懺悔だったのかも知れない。
 疲れ果ててしまった彼の最後の告白。

「お前にあげるよ、俺の話を聞いた今でもそれを使う覚悟があるなら。……全て無駄になるとしても、掴みたいものがあるなら」
 彼の手のひらに乗ってる小さな玉。
 私は迷わずそれを手に取った。
「これで…全部忘れることが出来る。次に目が覚めれば、何でも無い俺に戻れるんだ…」
 そう呟いて彼は立ち上がった。彼女の元に行くのだろう。
「最期まで付き合ってやれなかったな、ごめんな」
 そう言って私の頭を撫でる。いつの間にか自分が涙を流してることに気付いた。そんな私を見て彼は困ったように笑い、そのまま背を向けて歩き出した。彼が見えなくなるまでその後ろ姿をじっと見つめ続ける。
 
 
 ―――あぁ、もうすぐ全てが終わってしまうのに、何故彼が居るのは私の傍ではないのだろう。






















 サイを宥めていると何やら外が騒がしくなっているのに気付いた。よく聞き取れないが、誰かが慌ただしく叫んでいる――只事ではなさそうだ。
「なんだ?騒がしいな」
 すぐ近くの部屋のドアが開き、アレスが顔を出す。他の部屋の人達にも聞こえていたらしく、次々とドアから皆が顔を覗かせている。
「とりあえず、様子を見に行くか」
「そうだな」
 サイと連れ立って外へ向かう。他の宿の客や仲間も後ろから着いて来ているようだ。

 宿を出ると村の入り口の広場に人だかりが出来ている。
 何人かが屈んでいるところに誰かが横たわっているのが見えた。近づいて覗き込んでみると、その横たわってる男が酷い怪我を負っているのが分かる。体の至るところに切り傷があり、背中には矢が何本か刺さっていた。
「矢傷…?」
「人間の仕業だな」
 俺の呟きを聞き取ってサイが答えた。
「意識が戻ったぞ!!」
「おい大丈夫か!?」
 怪我を負った男は何かうわごとの様な言葉を繰り返している。
「少しどいてください!」
 トーマス君が人垣を割って男に手をかざす。
「べホイミ!」
 男の体が光に包まれた。これで男は助かる――そんな周囲の想いとは裏腹に、男を包んだ光は徐々に消えつつあるのに、傷は少しも癒えた様子がない。 
「そんな、どうして!?」
 マリィが悲痛な叫びを上げる。
「彼の…彼の肉体が、既に回復魔法を受け付けないほど死に近づいてしまっています…」
 トーマス君の搾り出すような声。
「こうなってはもう手の施しようが…」
「――さ、ん」
 男がトーマス君に手を伸ばし、何かを必死に訴えかけている。
「何か伝えたいことがあるんだろう…、聞いてやろう」
 アレスの言葉に周囲が静まり返る。
「さん―ぞく、俺たち、騙され――女が捕まって、……頼む…頼む…!」
 既に意識がまともに保てていないのだろう。断片的な言葉を吐き、男はすがるように訴えかけている。
「貴方の頼み、確かに聞き届けました。私たちがその方を助けてみせます」
 トーマス君の言葉に男は少し頷いてみせるとそのまま静かに目を閉じ、息を引き取った。




「で、どうするんだ?」
 男の埋葬が終わった後、これからどうするべきか仲間と話し合うことになった。
「山賊か、下手な魔物よりよっぽど厄介だな」
 ゾルムさんが顔を顰める。
「無報酬で命張るなんざ俺はごめんだ、ましてや相手は山賊だろ?」
「でも、あの人の仲間が捕まってるなら助けにいかないと――!」
「僕も助けに行くべきだと思います、最後の瞬間まで仲間の身を案じていたあの方の遺志を汲むべきです」
 否定的なサイの意見にマリィとトーマス君が反論する。サイはそんな二人の様子を見て舌打ちしてみせた。
「あのなぁ、お前ら山賊がどんなもんか理解してないだろ。言っとくがその辺のチンピラ崩れと一緒にしとくと痛い目に遭うぞ。――いいか?商人だって冒険者ぐらいは雇ってんだ…その辺の魔物を倒せるくらいの腕ならある奴らをな。そんな冒険者ごと殺し、獲物をかっさらう。そんなことを日常としてやってる連中なんだよ。俺たち程度の集まりじゃわざわざ殺されに行く様なもんだぜ…」
「山賊のリーダーを務めてる人は頭も切れそうですね」
 サイの言葉をルイが引き継ぐ。…ルイが機嫌を直したのかは分からないが、会話には問題なく加わるようにはしてくれたようだ。 
「どういうことなんだ?」
「山賊が出たと思われるこの村から次の村への中間地点って、ガーブルの騎士団の管轄でもないし、かといって冒険者の多いカナンからも距離のある位置にあるんですよね、しかも少し街道を逸れれば隠れるのに向いている地形の山が多くある。山賊をするにはうってつけの場所です」
「地の利は向こうにあり、か」
 どうしたものかと考えているとルイがこちらをじっと見ていることに気付いた。
「言っておきますけど、私も助けに行くのは反対です。私たちが行かずとも、いずれは商人達が冒険者を雇って大掛かりに山狩りを行うでしょう。感情に任せて無駄死に行く必要はありません」
 慌てたようにトーマス君が口を挟んだ。
「それでは捕まったという女性はどうするんですか!?」 
「……わざわざ殺さずに連れて帰ったんです。慰み物にされるか、売られてしまうか、どちらにせよすぐに殺されはしないでしょう」
「そ、そんな――」
「その辺にしとけ、トーマス」
 アレスがトーマス君を制し、軽く溜息をつく。
「俺達には使命がある。こんなとこで無謀なことに首を突っ込んでる暇なんてないだろう。丁度ガーブル行きの他の冒険者達や商人達が一緒に行かないかって打診してきてる。場合によっては俺たちにも護衛の報酬を払うと言ってるし、願ってもない話だろう。今日は休んで明日そいつらと予定通りに出発する…それでいいよな、ゾルムの旦那?」
「あぁ、仕方ねぇだろう」
 ゾルムさんが重々しく頷き、これで話は終わりだ、と解散する運びとなった。


 皆が宿へと戻っていくのを尻目に村の入り口へと歩く。
 先ほど男が息を引き取った場所には黒ずんだ血の跡が大きく残っていた。
「まさか一人で行こうとか考えてませんよね?」
 突然かけられた声に振り向く……ルイは宿へ戻らなかったようだ。
「そこまで無謀じゃないさ、ルイに怒られたばっかだしな」
 一瞬ルイは言葉を詰まらせる仕草を見せたが、すぐに表情を戻した。
「ほんとですか?エルさんはともかく、あんな場面でシュウイチさんが一切口出ししないから変だと思ってたんですけど」
「いや、少し気になることがあってさ」
「気になることですか?そういえばさっき埋葬するときに色んな人に何か聞いて回ってましたね」
 ルイの言葉に頷いてみせる。目を合わせない様にされていたと思ったが、しっかりと見られていたらしい。
「あの男さ、もう満足に歩けない状態だったじゃないか。となると、山賊から逃れた男を誰かがここに運んできたのかと思ったんだ。――で、その人が男から山賊に襲われた場所とか特徴を聞いてないかなって思って探したんだけど、誰もそんなことはしていないってさ、村人の一人が入り口で這っていた男を見つけたらしい」
「山賊から逃れてからあの傷と出血でこの町まで辿りつく…、村の目の前で襲われたのでもない限り無理ですね」
 ルイも少しおかしなことに気付いたらしい、怪訝な顔をしている。
「だろ?流石にこの村の目前で山賊が襲撃してくるなんておかしいと思うんだ。山賊としても村に滞在してる冒険者と対峙する羽目になるかもしれないし、そんな真似はしないはずなんだよな…」
 
 ルイと会話をしつつ、入り口から続いてる血痕と這いずった跡を辿って歩いていく。そのまま村が少し遠くに見えるようになった場所で大きな血だまりの跡がある場所に辿り着いた。それより先に血痕や体を引きずった跡はないようだ。
「血がここで途切れてますね、やはり争った形跡も無いし、ここで流石に襲撃されてたりしたら村人が気付きます。誰かが男を置き去りにしていった…と見るべきですね」
「多分そうだと思う。ここで男は放り出されて、最後の力を振り絞って村まで這い進んできたんじゃないかな」
「男をこの場所に運んできたのはもしかして山賊達本人でしょうか…?」
 それだとちょっとおかしいですけど…と、ルイが呟く。
「俺もそう思う、普通だとそんな真似する意味ないんだけど、何かないかな…。わざと自分達の存在をアピールすることで奴らが得すること」
「分かり易い切り傷や矢傷がありましたからね、例え男が死んでいたとしてもそこから山賊を連想するのは自然な流れですし、そうなると商人達や冒険者は通行を控えるか、もしくは襲えないくらいの団体でまとまって進むか…といったとこでしょうか」 
 恐らくそうだろう、どちらにせよ山賊からするとマイナスになるようにしか思えない流れだが。
「男が山賊と女が捕まったってことと、もう一つ言ってたことがあったよな、『騙された』って、最初は山賊が商人の一団に扮したりしていたから不意を打たれたのかな?とか思ってたんだけど、違うかもしれない」
「どういうことですか?」
 首を傾げているルイに苦笑してみせる。
「いや、結局推論に推論重ねてるだけだし、まだなんともいえないよ。とりあえずいつまでもここに居るのは危険だし、村に戻ろうか」
 悪い予感がしたから色々と疑ってかかっただけ、その結果がただの杞憂ならそれでいい。でも、悪い予感ってのに限って当ることが多いんだよな…。

 村に戻り村人達にあることを確認したところ、俺の悪い予感が当ってしまっていたことを確信した。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027881145477295