スクエニSS投稿掲示板




No.3226の一覧
[0] 目が覚めるとドラクエ (現実→オリジナルドラクエ世界) 改訂中[北辰](2009/06/22 20:26)
[1] その1[北辰](2009/06/22 20:27)
[2] その2[北辰](2009/06/27 20:18)
[3] その3[北辰](2009/06/27 20:19)
[4] その4[北辰](2009/06/22 20:29)
[5] その5[北辰](2009/06/27 20:19)
[6] その6[北辰](2009/06/22 20:31)
[7] その7[北辰](2009/06/22 20:31)
[8] その8[北辰](2009/06/22 20:32)
[9] その9[北辰](2009/06/22 20:32)
[10] その10[北辰](2009/06/22 20:33)
[11] その11[北辰](2009/06/22 20:34)
[12] その12[北辰](2009/06/22 20:34)
[13] その13[北辰](2009/06/22 20:35)
[14] その14[北辰](2009/06/22 20:36)
[15] その15[北辰](2009/06/22 20:36)
[16] その16[北辰](2009/06/22 20:37)
[17] その17[北辰](2009/06/22 20:37)
[18] その18[北辰](2009/06/22 20:38)
[19] その19[北辰](2009/06/22 20:39)
[20] その20[北辰](2009/06/22 20:39)
[21] その21[北辰](2009/06/23 19:35)
[22] その22[北辰](2009/06/23 19:36)
[23] その23[北辰](2009/06/23 19:37)
[24] その24[北辰](2009/06/23 19:38)
[25] その25[北辰](2009/06/23 19:38)
[26] その26[北辰](2009/06/23 19:39)
[27] その27[北辰](2009/06/23 19:40)
[28] その28[北辰](2009/06/23 19:41)
[29] その29[北辰](2009/06/23 19:42)
[30] その30[北辰](2009/06/23 19:43)
[31] その31[北辰](2009/06/23 19:44)
[32] その32[北辰](2009/06/23 19:44)
[33] その33[北辰](2009/06/23 19:45)
[34] その34[北辰](2009/06/23 19:45)
[35] その35[北辰](2009/06/23 19:46)
[36] その36[北辰](2009/06/30 16:50)
[37] その37[北辰](2009/06/30 17:07)
[38] その38 『覚悟』[北辰](2009/06/30 16:48)
[39] その39 『大嘘つき』[北辰](2009/07/02 22:21)
[40] その40 『ゾルムの物語』[北辰](2009/07/09 00:27)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[3226] その30
Name: 北辰◆a98775b9 ID:2f3048ba 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/06/23 19:43

 目が覚め、しばらくそのまま何も考えずにぼーっとする。
 意識が徐々に覚醒していき、周りの風景に違和感を覚えた。
「おや…?」
 妙にスッキリしている。荷物などが何もない。
 ──脳裏に昨日のことが浮かぶ。
 そういえば、隣の部屋借りたんだっけか…。
 ベッドから立ち上がり軽く欠伸をする。
 さて、ルイは起きてるかな?

 部屋を出て、隣の本来の自分の部屋のドアを開ける。
 最初に目に付いたのはベットの膨らみと布団からひょっこり出てる頭の部分だった。
 窓から差し込む陽射しで銀色の髪がキラキラと輝いている。
 あれがルイなんだよな…。
 あの銀色の髪はとても綺麗だと思う。隠してしまうのが勿体無い。
 エルフというのはそれほど忌み、嫌われている存在なのだろうか。
 部屋の中に視線を巡らすと、テーブルの上にある長い黒髪のカツラに目が留まる。この世界にもカツラがあったこと自体驚きだ。
 興味を引かれ手にとってみる。
 持ったときにどことなく良い香りがした。
 これはカツラというよりは着けてたルイの匂いだろう。カツラを色々な角度から眺めてみる。
「むむむ……」
 ついつい被りたくなってしまう。
 これを被ったら俺はどんな感じになってしまうんだろう。
 似合わないのは分かってる。
 こういうのは顔立ちの整った女性にしか合わないだろう。
 だが、それはそれ。好奇心には勝てない。
 恐る恐るカツラを頭に被せていく。
 何故か緊張してきた。
「…何やってんですか?」
 突如上がった声に慌ててカツラを外す。
 ベッドの方へ視線をやると、ルイが半眼でこちらを見ていた。
「いや、好奇心が抑え切れなくて…」
 言い訳をしながらテーブルにカツラを戻す。
「やっと戻ってきたと思ったら、人のカツラで遊ばないでください」
 そう言いながらルイがベッドから出てきて、そのまま伸びをした。
 少し胸が強調され、思わず目を逸らす。
「それで、昨日はどこ行ってたんですか?待ってたのに……途中で寝ちゃいましたけど」
「いや、隣の部屋借りて寝てた」
 俺の言葉にルイの表情が目まぐるしく変わる。
 最初は怒った顔に、次は沈んだ顔に、そして最後に呆れた表情になった。
「普通そこで別の部屋を借りますか?」
 ルイが呆れた表情そのままに呆れた声を出す。
「床で寝るのも背中が痛くなるんだよ。最近そんなんばっかだったしな…。俺だってゆっくり寝たいさ」
「…そんなに頻繁に誰かにベッドを占領されてるんですか?」
 ルイの声色が少し変わった。
「ん、エルが最近よく来ててさ、あいつ眠くなったらすぐ寝ちゃうんだよな」
 考えてみればエルのそういうところも、どこか猫っぽい。
 好奇心の強いところもそのまんまだ。
「…そですか」
 ぽつりとルイが呟き、黙り込んだ。
 場に沈黙が下りる。
 なんとなく気まずい。
「とりあえず朝飯でも食べに行くか!」
 場の雰囲気を変える為に少し明るく呼びかける。
「そうですね…そうしましょっか」
 ルイが軽く溜息をついた後、ドアの方へすたすたと歩いていった。
 そのまま部屋の外へ出ようとする。
 …何か忘れてる様な気がする。
「…あ。ルイ、頭!カツラ付け忘れてるって!!」
 テーブルの上のカツラを取り、ルイに渡す。
「ありゃ?すっかり忘れてました」
 …大丈夫なのだろうか。
 この調子ではいつか誰かにバレそうだが。




 大通りをルイとゆっくりと歩く。
 朝の雰囲気はやはり心地良い。どことなく心が洗われる様な気分になる。
「ルイーダの酒場はさすがに夜まで行かない方がいいだろうし、どこで食べようか?」
「私はこの街のことあまり詳しくないので、シュウイチさんにお任せします」
 任されてしまった。
 昨日ルイを探し回ったときに飲食店も何件か見つけている。
 とりあえず南東の大通りに面する場所にもあった筈なのでそこにしよう。
 大通りにあるぐらいだし、ハズレである可能性は低いだろう。




「シュウイチさん、私達多分すごい場違いですよ?」
「…言うな、俺も後悔してるんだから」
 周囲の様子をちらっと見る。
 たまにこちらを見ている人が目に付く。
 やはり場違いか…。

 ルイを連れて南東区画の飲食店に入ったのだが、どうも富豪や貴族が通う店らしく、店内の内装はとても豪華だ。
 昨日ルイを探したときにこの店も外から軽く覗きこんだのだが、こんな店だとはまったく気付かなかった。客層も裕福そうな人達しか居ない。
 この時点で引き返せば良かったのだが、ついつい興味を引かれて入ってしまったのだ。
「シュウイチさんシュウイチさん、これ値段書いてないですよ…!」
 ルイが声を潜めてメニューを見せてくる。
「え、なんで?普通値段とか書くだろ…!」
 こちらも声を潜めて返す。
 値段が書いてないなんて、なんという不親切さだろう。
「どうするんですか…!?これで食べ終わって払えませんでした。とか、嫌ですよ私…!」
「俺だって嫌だよ、飲食店でお金が払えずに捕まってて、話し合いに参加出来ませんでしたー。とか、笑えねぇよ…!」
 ルイと顔を見合わせて小声で話し合う。
 すると隣から押し殺した笑いが聞こえてきた。

 そちらに視線を送ると、一人の身なりの良い男がこちらを見ていた。
 年齢は20台半ば程だろうか、金髪の髪を真ん中で分けており、どことなく仕草に気品がある。
「ハハハ…いや失礼」
 その男はそのまま自分の料理に向き直った。
 こちらも恥ずかしくなり視線を戻す。ルイも顔を赤くしている。
「笑われたじゃないですか、恥ずかしいなぁ…」
「まぁ、いくらなんでも払えなくはないだろ。とりあえず頼もう」
 ウェイターを呼びとめ、若干控えめに注文した。




 食事を食べ終わり、一息つく。
「おいしいことはおいしかったんだけど、なんか物足りないな」
「私は丁度良かったですよ?」
「ルイは女の子だしな、男の俺から言わせてもらうとボリュームが足りない」
 やはりこういう場所は俺には向いてないみたいだ。
「……さて、会計にいこうか」
「……えぇ、いきますか」
 緊張が走る。
 ルイも少し顔が強張っている。
 会計のカウンターへ行き、店員に話しかける。
「あの、会計したいんですけど…」
 法外な金額を請求されませんように…。
「お客様の代金の方は、既にいただいておりますが」
「え?」
 ルイと顔を見合わせる。
「先程出て行かれました男性の方が、あちらの会計も…と」
 先程の俺達のやり取りを見て笑っていた男の居たテーブルを見る。
 食べ終わった食器をウェイターが片付けているのが見えた。
 …どうやら先程の男が支払ってくれたらしい。
 余りに必死な俺たちの様子を見るに見かねたのだろうか。もしくは笑ってしまったお詫び、ということかもしれない。
「ふぇー、気前のいい人ですねー」
 ルイが妙な声を出して感嘆をしている。
 お金ってのはあるとこにはあるんだな…。




「やっぱり、色々と準備は必要と思うんですよ。どっちにしろこの街には居られなくなると思うし、食料とか、買い溜めておかないと」
 店を出て、ルイと歩きながら話を聞く。
「でも遠くに行くとして、徒歩でいける様なもんなのか?」
 それが心配だ。
 途中で野垂れ死にしました。では、意味が無い。 
「…かなり厳しい旅になると思います。商人の馬車とかに乗せてってもらえるといいんですけど、今日の話し合いの後だと、乗せてくれる人なんて…多分誰も居ませんよ」
「だよなぁ」
 今日の話し合いが終わったら、恐らく俺たちが不審なことは街の人々に広められる。
 魔物の嫌疑がかかった人間を旅に連れて行くなど論外だろう。
「馬車を買うってのは…やっぱ駄目か?」
 駄目元で言ってみる。
「そんなお金、あります?」
「いえ、無いです」
 俺の返事にルイが溜息をつく。
「確か、馬つきだと安いのでも2万G以上、高いのだと5万G近くすると思いますよ…」
 そんなに高いのか。
 ゲームで300Gだかで買えたのは何だったんだ。 
「なので徒歩の方向ですね、持ち運び易くて長持ちする食べ物を優先して、薬草とかは私の家の周りで採っちゃいましょう。さー、気合い入れていきますよ!」
 そのままルイに引っ張られるままに買い物を済ませた。





「ここに来るのも二度目か」
 巨大な木を見上げる。
 ルイに連れられ、以前迷い込んだルイの自宅前まで来ていた。薬草を採り終わり、少しルイが家に寄りたいと言い出したのだ。
「ところで、この木ってどういう仕掛けで遠くから見えなくしてるんだ?」
「さぁ?私にも分かりません」
 ルイの言葉に首を傾げる。
「分からないって…お前がやったんじゃないの?」
「やったのは母ですから。この森の結界も全て母の手によるものです。私にはどうやってるのかさっぱり…」
「そっか…。でも、魔物が近づかないってのはすごいよな。利用すれば、人間の街が魔物に襲われなくなるんじゃないか?」
 上手く利用することが出来れば、この世界では画期的な技術ではないだろうか。
「うーん、ついでに人払いをしちゃうので、魔物どころか人も来ない街になっちゃいますよ?それに母の話だと、これだけのことを出来るのは、エルフの中でも一握りらしいですし、条件が揃ってないと無理みたいです」
「それじゃ意味ないか…」
 ルイが家の中に入って行く。
 俺もそれに着いていき、中に入った。
「ちょっと待っててくださいねー」
 ルイが家の中を歩きまわり、タンスやら何やらを漁っている。旅に出るのだ、色々と持っていきたいものもあるのだろう。
 俺は椅子に座って待つことにする。
「なー」
「なんですー?」
 まだごそごそとやっているルイに呼びかける。
「この森ってルイ以外のエルフは居ないのかー?」
「居ませんよー」
 この広い森にルイ一人か…。
 母親が亡くなったのが一年前と聞いている。
 それから今に至るまで、彼女はどうやって過ごしてきたのだろうか。
「その顔は、一人ぼっちでかわいそうに…って同情してる顔ですね」
「うぉお?」
 いつの間にかルイが近くにきていた。
 荷物をまとめ終わったようだ。
「シュウイチさんって、そういう感情だけ表情に出やすいですよね」
 ルイがくすくすと笑っている。
「同情っていうか、俺がお前の立場だったら…って少し考えてさ」
 周囲に仲間も無く、森の中で一人で過ごす。
 俺なら耐え切れるだろうか。
「何いってんですか、それを言うならシュウイチさんなんて、異世界から飛ばされてきてるんですよ?そっちの方がよっぽどキツイじゃないですか」
「あ…」
 それもそうかもしれない。
「それに今は、一人じゃないです。…もう一人ぼっちは嫌ですよ……私を一人にしないで下さいね」
 そう言って笑うルイの笑顔が少し悲しかった。

 


 
 森を出たとき、すでに辺りは夕日の色に染まっていた。
「そろそろルイーダの酒場に行きますか?」
「ん、そうだな。そうするか」

 南門を通り、大通りの中央噴水広場を左に曲がり、ルイーダの酒場が見えてくる。
 ルイーダの酒場の前に人がちらほらと見える。どれも冒険者の様だが、中に見知った顔があった。
「ようエル、中に入らないでこんなとこで何してるんだ?」
 エルはそんな俺の言葉を聞く様子もなく、いきなり俺の腕を掴んできた。
「二人とも着いてきて」
 そのまま歩いて行こうとし、腕を引っ張る。
「何なんだ??」
「何なんでしょ?」
 とりあえず引かれるがままに着いて行く。ルイも後ろから着いてきてるようだ。
 いくつか路地を曲がり、その内少し開けた場所に出た。
 そこにはアレスやトーマス君、そしてサイと、見たことのない温厚そうな青年や、どうみても主婦っぽいおばさん、よぼよぼの老人が立っていた。今一よく分からない組み合わせだ。
「皆こんなとこで何してんだ?」
 疑問がついて出る。
「俺だってこんなことに付き合いたくねぇよ、なんだって俺がこんなことに…」
 アレスが舌打ちせんばかりの口調で愚痴る。トーマス君は苦笑しており、サイはニヤニヤ笑っている。
 なんのことだか分からない。
「紹介する」
 エルの声に視線を送ると、先程の温厚そうな男と主婦っぽいおばさんが、こちらを見て並んで立っている。
「この人が貴方と十年来の付き合いの親友、カーン」
「どうも、貴方の親友のカーンです」
 温厚そうな青年がぺこっと頭を下げた。
 …意味が分からない。
 合ったことのない人間が十年来の親友の訳がない。
「この人はルイの親戚の叔母さんのアネット」
「よろしくね、ルイちゃん」
 主婦っぽいおばさんがウインクをしてみせた。
「あ…そういうことですか」
 ルイは何の事だか分かった様だ。
「俺に感謝しろよ。急な話でこの二人を用意するのも大変だったんだぜ!」
 サイが誇らしげな口調で言う。
 エルが目の前に歩いてきた。
「貴方たちの身元を証明する人が居ないのなら、作ればいい」
 …そういうことか。
「エルから事情は聞きました。訳あってお二人とも素性を明かせないんですよね?」
 トーマス君の言葉に頷いてみせる。
「でも、こんなことで騙し通せるんですか?」
 ルイの疑問も、もっともだと思う。
 俺もこんな付け焼刃の方法で無罪放免になるとは思えない。
「シュウイチとルイはこの地方ではなく、遠くの国から来たことにする。確認するのにしても時間がかかるし、証人が出てきた以上、疑わしいからといって罰することも出来ない筈」
 確かに、たとえその証人が疑わしくても、根拠がなければこちらを厳しく追及できないだろう。
「そちらのお二方のことを知ってる人が居たら、嘘だってすぐばれちゃいますよね?」
 ルイが自称俺たちの証人の二人に視線を送る。
「あぁ、その辺は問題ないぜ。二人とも変装してるし、普段の姿とはかけ離れてるからな。…おい、ちと教えてやってくれ!」
 サイの言葉におばさんがウインクしてみせた。
「心配すんなよお嬢ちゃん、俺たちプロに任せときな」
 おばさんから先程と打って変わった、野太い声が出てきた。
 おばさん…もとい、おばさんに変装した男がニヤリと笑う。
「男だったのか…」
 確かにすごい技術だ。
 見た目どころか声まで変えることが出来るとは…。
 これなら普通に変装してるとは気付かないだろう。
「僕達は話し合いの場で、それとなくシュウイチさん達の援護をします。…いいよね?アレス」
 トーマス君がアレスに視線を送る。
 アレスがいまいましそうにこちらを睨んでくる。
「…分かったよ。いいかシュウイチ、勘違いするなよ。エルがどうしてもって頼むから、付き合ってやるだけだ。…間違ってもお前の為なんかじゃない」
 エルがアレス達を説得してくれたらしい。
「助かるよ皆、…ありがとう!」
 皆に深く頭を下げる。少し涙がでそうだ。
「やるからには無様な矛盾を見せるつもりはない。シュウイチとルイの細かい生い立ちを決めとくぞ」
 アレスの言葉に皆が頷いた。

 あれこれとある筈のない経歴を皆で提案し合う。
 …これなら上手く乗り切れるかもしれない。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029527902603149