エヴァSS投稿掲示板




No.56の一覧
[0] alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/13 21:32)
[1] Re:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:34)
[2] Re[2]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/14 17:32)
[3] Re[3]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/14 22:45)
[4] Re[4]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:39)
[5] Re[5]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/16 21:18)
[6] Re[6]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/17 00:36)
[7] Re[7]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:44)
[8] Re[8]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:46)
[9] Re[9]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2003/12/28 22:47)
[10] Re[10]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:49)
[11] Re:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)設定集!!ver1.04[末期症状車?](2004/02/04 23:33)
[12] Re[11]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:54)
[13] Re[11]超番外編!マイ少佐VSロゼ!震撼する世界!(何!?)[末期症状車?](2004/01/20 23:32)
[14] Re[12]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/01/21 23:25)
[15] Re[13]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:58)
[16] Re[14]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/04 23:32)
[17] Re[15]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/02/12 20:28)
[18] Re[16]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/03/05 14:19)
[19] Re[17]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)[末期症状車?](2004/03/12 00:19)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[56] Re[17]:alchemist sinji(錬金術師 シンジ)
Name: 末期症状車? 前を表示する
Date: 2004/03/12 00:19
????

其処に有るのは暗闇と17個の赤き玉そして・・・赤き槍、ふと声が聞こえた

「選定の時は近い、より強き者が統べる、破滅か存続か・・・、でも私は負けない・・・イヤ負けるわけにはいかない、其れが私の罪、私を縛る鎖そして・・・誓い」

「約束の時は・・・近し」闇が深まった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方シンジはというと

「むうぅううう、そのような見解も有るのか!」

「そうですよ!ったく、面接官さん、これじゃあ立場が逆ですよ!」あの日から早数日、既に筆記試験は終了し面接試験を実施中であった

「まぁそれは置いてと・・・君には人格その他諸々の問題なし!」そう言って書類にデカデカと『合格』と判子を押す男

「後日最終試験を大総統府で行う!以上」
・・・
・・


「マスターどうでしたか?」宿に戻るとベットに横になりながら問いかけるマリア

「ん?合格だよ、ったくさあ、もっとパパっとできないのかねえ・・・試験て」ぼやくシンジ

「そうですかぁ・・・・・」何処かボーっとしているマリア

「ん?どうしたマリア?」

「いえ・・・ちょっと寝過ぎちゃって頭がボーっとしてるんですけど・・・、変な夢を見たんです」

「ふーん、それで?」

「・・・・、忘れちゃいました」そう言うマリア

「あー、もしかしてお前・・・」そう言いながら深刻そうな顔をするシンジ

「え!もしかして私変ですか?それともマスターのずさんな技のせいで私に機能不全が出たとか!」不安そうな顔をするマリア

「いや・・・ボケたか?」ニシシシシっと笑いながら言うシンジ

「むう!女性に向かって失礼です!」

「アハハハハハ、元気でたか?」ニヤっと笑いながら言うシンジ

「はい、おかげさまで」

「ハハ、じゃあ少し町を散策するか!」

「そうですね!そうしましょう!」そう言いながら部屋から出て行くマリアとシンジ
・・・
・・


町お歩きながらふとあることを思い出すマリア

「そう言えばマスター、マイさんって今どうしてるんですか?」

「あぁ、彼女なら・・・・、毎日筋肉マッチョと組み手してたよ、いやぁ何時も憲兵達が巻き込まれて大変そうだったな」

「そうですか・・・、数日ぶりに会いに行きますか?マスター」

「そうだな・・・・、生きてるかな?」

「さあ・・・まあ彼女火だるまになっても生きてましてたし・・・・多分平気でしょ」引きつった笑みを浮かべながら言うマリア

彼らの足は大総統府に向かっていた

________________________________
思うこと

久々の更新ですね


前を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022900819778442