エヴァSS投稿掲示板




No.226の一覧
[0] 新世紀エヴァンゲリオンFINAL ~勇気と共に~(×勇者王ガオガイガー)[SIN](2008/03/10 18:47)
[1] 予告篇[SIN](2005/01/23 22:16)
[2] プロローグ[SIN](2005/04/02 12:59)
[3] タイトル[SIN](2005/03/14 02:14)
[4] 第壱話 【彼方より来るもの】[SIN](2005/04/02 13:02)
[5] 第弐話 【今、ここにいる理由】[SIN](2005/04/02 13:07)
[6] 第参話 【思いがけない再会】[SIN](2005/04/10 01:21)
[7] 第肆話 【勇者王 降臨】[SIN](2005/04/02 13:13)
[8] 第伍話 【破壊の神 VS 福音を告げる者】[SIN](2005/04/02 10:27)
[9] 第陸話 【初号機 消滅】[SIN](2005/04/02 12:56)
[10] 第漆話 【目覚め】[SIN](2005/04/02 19:01)
[11] 第捌話 【罪に塗れし過去の業】[SIN](2005/03/30 00:28)
[12] 第玖話 【邂逅】[SIN](2005/04/10 00:19)
[13] 第拾話 【紅玉(ルビー)の輝きが消えた時………】[SIN](2005/04/30 01:28)
[14] 第拾壱話 【訪れる者たち】[SIN](2005/05/01 09:29)
[15] 第拾弐話 【そして少女は、家族を手に入れた】[SIN](2005/05/02 13:20)
[16] 第拾参話 【騙す者、騙される者】[SIN](2005/05/02 22:05)
[17] 第拾肆話 【 影 】[SIN](2005/05/03 10:23)
[18] 第拾伍話 【大切な日々の温もりを】[SIN](2005/05/04 02:38)
[19] 第拾陸話 【疑念】[SIN](2005/05/04 13:16)
[20] 第拾漆話 【戦場の意味  前篇】[SIN](2005/05/04 18:16)
[21] 第拾捌話 【戦場の意味  後篇】[SIN](2005/05/04 23:57)
[22] 第拾玖話 【暗躍する少年少女】[SIN](2005/05/06 00:38)
[23] 第弐拾話 【天使の実力(チカラ)】[SIN](2005/05/23 23:13)
[24] 第弐拾壱話 【揺るぎない決意】[SIN](2005/05/23 22:59)
[25] 第弐拾弐話 【 Der FreischUtz 】[SIN](2005/05/23 23:36)
[26] 第弐拾参話 【 激戦! 第3新東京市 】[SIN](2005/05/27 02:40)
[27] 第弐拾肆話 【 この手に望む、不変なる日常 】[SIN](2005/05/29 20:45)
[28] 第弐拾伍話 【 招かれざる客(ゲスト) 前篇 】[SIN](2005/05/30 00:56)
[29] 第弐拾陸話 【 招かれざる客(ゲスト) 後篇 】[SIN](2005/05/31 00:20)
[30] 第弐拾漆話 【 標的は獅子 】[SIN](2005/06/01 00:06)
[31] 第弐拾捌話 【 恐怖を祓う竜神 】[SIN](2005/06/02 23:23)
[32] 第弐拾玖話 【 計画(プロジェクト) 】[SIN](2005/06/06 01:55)
[33] 第参拾話 【 紅の少女 】[SIN](2005/06/13 03:10)
[34] 第参拾壱話 【 白き方舟 】[SIN](2005/06/13 22:53)
[35] 第参拾弐話 【 巨神激闘 】[SIN](2005/06/14 12:14)
[36] 第参拾参話 【 旋律が呼ぶ不死鳥の翼 】[SIN](2005/06/15 01:13)
[37] 第参拾肆話 【 SEELEのダミープラグ研究施設 】[SIN](2005/06/27 01:40)
[38] 第参拾伍話 【 紡がれる絆 】[SIN](2005/07/17 22:06)
[39] 第参拾陸話 【 想い、心 重ねて 】[SIN](2005/07/18 22:43)
[40] 第参拾漆話 【 蒼(あお)と紅(あか) 】[SIN](2005/07/19 01:27)
[41] 第参拾捌話 【 閃光の果て 】[SIN](2005/07/21 00:15)
[42] 第参拾玖話 【 悪意の置き土産 】[SIN](2005/11/25 18:10)
[43] 第四拾話 【 双 頭 飛 龍 】[SIN](2005/11/25 17:22)
[44] 第四拾壱話 【 予想外の訪問者 】[SIN](2006/03/19 23:28)
[45] 第四拾弐話 【 Global movement (前篇) 】[SIN](2006/05/06 18:26)
[46] 第四拾参話 【 Global movement (中篇) 】[SIN](2006/05/06 18:37)
[47] 第四拾肆話 【 Global movement (後篇) 】[SIN](2006/11/26 14:09)
[48] 最終章 予告篇[SIN](2006/12/10 22:11)
[49] 第四拾伍話 【 心の隙間の埋め方は 】[SIN](2008/03/10 19:59)
[50] 第四拾陸話 【 反撃の狼煙 】[SIN](2009/03/30 03:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[226] 第肆話 【勇者王 降臨】
Name: SIN 前を表示する / 次を表示する
Date: 2005/04/02 13:13




サキエルが第3新東京市に攻撃を開始する少し前――――― 市内某所。




「ここら辺でいいか?」

「そうだな」




避難が完了し、誰もいない筈の街に二人の男がいた。黒いスーツ姿にサングラス、そして厳つい容姿。明らかに一般人ではない。客観的に見れば『その筋の人』と言っても差支えがないだろう。

それはある意味、間違ってはいなかった。






彼らの所属は―――――― NERV 特殊監査室 保安諜報部。






男のうち一人は、その腕に子供を抱えていた。

女の子。まだ小学生低学年ほどに見える。

少女は眠っていた。

この男たち、逃げ遅れた子を保護したのだろうか――――― いや、どうやら違うようだ。

彼らはその少女を、ビルの下に寝かせた。




「よし。これでいい」

「でもよう、本当にこれが任務なのか?」

「司令直々だぞ」

「しかし………なぁ……」

「俺達は命令通り……グゲッ!?」




嫌な悲鳴を上げ、一人が倒れた。




「おい!どうし……誰だ!?」




倒れた男の後ろには、何処から現れたのか、茶色の長髪をなびかせた一人の青年がいた。




「貴様!」




もう一人の男は、拳銃を取り出そうと懐に手を入れた。が、次の瞬間「ぐぶぅっ……」と呻き、崩れ落ちる。男の鳩尾には青年の右拳が突き刺さっていた。

青年は男達を一瞥すると、眠っている少女を抱え上げた。




「怪我は………無いようだな。 眠っているだけか」

「おそらく、クロロホルムでしょう」




ゆらり……と陽炎が揺らいだかと思うと、そこに紫色の人型ロボットが現れた。GGG諜報部所属のビークルロボ、ボルフォッグである。そのフォルムは、まさに忍者のイメージ。

また、姿を消していたのは『ホログラフィックカモフラージュ』という特殊機能の一つで、ミラー粒子をコントロールし、機体に当たる光を反対側に屈折誘導することで、外見上あたかも光が透過したかのように欺瞞する能力である。これにより、機体は見た目上 透明になり、周囲の景色に同化できる。情報収集や極秘裏の要人警護など、任務の性質上 隠密行動を取ることが多いボルフォッグには適した機能と言える。




「薬か………ここまでして!」

「やはりNERV諜報部のようです」

「腐っているな。 まるでバイオネットだ」




バイオネットとは、この青年の世界にある国際犯罪組織である。誘拐、強盗、殺人は当たり前。無差別テロ、果ては誘拐した人々を人体改造し、組織の一員として使うという最凶の犯罪集団。

青年はNERVにバイオネットとの共通点を見た。




「ですが、NERVの職員すべてが………」




ボルフォッグがフォローする。




「ああ、判っているさ」




そう、判っている。本当に裁かれねばならないのは、いったい誰なのかということは………。

だからこそ、俺は―――― いや、俺達はここにいる。その為に俺達は、彼と共にこの世界に来たのだから。




「ボルフォッグ、この娘を頼む」

「了解しました」




ボルフォッグは人型からビークル形態であるパトカーに変形する。青年は、その助手席に少女を乗せた。




「ガイ機動隊長もお気を付けて」

「ああ」




ガイと呼ばれた青年は、ボルフォッグの気遣いに頷いて応えた。

獅子王(シシオウ)ガイ。それがこの青年の名だ。

キュキュキュキュキュッ! とタイヤを鳴らして全速で走り去るボルフォッグを見送り、ガイは再びサキエルを見た。

これは、サキエルが攻撃を開始する、ほんの10分前の話。














「これより使徒殲滅戦を開始する」




いきなり上空に現れた謎の飛行艦からそう告げられたNERV発令所の面々は、あまりの出来事に言葉を失った。

当然である。通常戦力では最強を誇る国連軍すら、使徒の前では手も足もでなかった。その使徒を倒すため開発されたNERVの秘密兵器エヴァンゲリオンが、今まさに発進しようとした矢先である。自分達以外に使徒と戦おうとする戦力があるとは思ってもいなかった。

声無く固まっているNERVの面々に、モニターに映っているモヒカン男が声を掛ける。




「………やけに静かだな。 おい、聞こえているか?」




すると、モヒカン男の前方にあるオペレーター席に座っている女性が「ウププ……」と声を殺して笑う。




「卯都木(ウツギ)………何がおかしい?」




モヒカン男のジト目が卯都木と呼ばれた女性オペレーターを見る。




「す…すいません、火麻(ヒュウマ)参謀。 みんな固まってるんですよ。 その個性的なヘアスタイルに………」




そう言って火麻の頭頂部を指差す。笑いを隠すように口に手を当てながら。




「お前、このミレニアムモヒカンをバカにするのか」

「でも、あの表情を見ると………」




二人は視線をNERVのスタッフたちが映るモニターに向ける。

そのNERVの発令所だが、時間が停止しているかのように、未だ全員が固まっていた。が、その中で逸早く復活したのは葛城ミサト。さすが作戦指揮官の使命感か。それとも使徒への復讐心か。




「ちょっと!! いったい何なのよ、あんた達!!」




そのミサトの声でようやく発令所は再起動した。

やっと応答が返ってきたので、火麻は改めて向き直る。




「こちら地球防衛勇者隊Gutsy Galaxy Guard(ガッツィ・ギャラクシー・ガード)だ。 任務により、これより使徒殲滅戦を開始する」

「なに言ってのんよ!!」




激昂するミサト。




「使徒との戦闘は、私達に指揮権があるのよ! いきなり横からしゃしゃり出てきて勝手なこと言ってんじゃないわよ!!」

「関係ないな。 指揮権が何処の誰にあろうと使徒は殲滅する。 それだけだ」




ミサトの怒声をひらりと躱す火麻。




「何ですって!!」

「待ちたまえ! 葛城一尉」

「るっさい!!………あ」




つい怒鳴ってしまった相手を見て、声を失うミサト。

ミサトを止めたのは、発令所上部の司令塔にゲンドウと共にいた冬月。

状況が状況だけに冬月はミサトを咎めず無視し、モニターに映る相手に向かって口を開いた。




「私は特務機関NERVの副司令 冬月コウゾウだ。 君達は何者かね?」




静かだが強い口調で問う冬月。感情的になりやすいミサトにはできない事だ。




「何度も言ってるだろう、地球防衛勇者隊Gutsy Galaxy Guardだ。 言い難いならGGG(スリージー)と呼んでもらって構わない。 俺は作戦参謀の火麻ゲキだ」

「GGG? 聞いたことないが………」




冬月は首を傾げる。諜報部を半ば私物化しているゲンドウも同様、スーパーコンピューター・MAGIを管理し、世界のあらゆる情報を覗けるリツコも同じだった。あれだけの飛行艦を持っている組織だ。情報が入ってこない方がおかしい。




「聞く、聞かないはどうでもいい。 とにかく、こちらは使徒殲滅戦を開始する。 以上だ」

「待ちたまえ! 先ほど葛城一尉が言ったように、使徒との戦闘指揮権はこちらにある。 勝手な真似は慎んでもらおう。 もし、これ以上こちらの邪魔をするというのなら、特務権限により君たちを武装解除させ、拘束することになるぞ」

「あんた達が国連直属の特務機関だからか?」

「そ――――

「そうだ」




冬月を遮って答えたのはゲンドウ。この男も内心イラついていた。せっかくシナリオ通り事が進むと思ったらこれだ。邪魔は速やかに排除する。




「NERV総司令 碇ゲンドウだ。 これ以上の邪魔は許さん」




サングラスに隠されてはいるが、その視線は火麻を射抜くように睨んでいる。

だが、火麻はそれに臆することなく、




「関係ないと言っただろう。 悪いがこちらは非合法組織だ。 特務権限どころか国際法すら従う必要はない。 使徒との戦闘開始を宣告しただけ有り難いと思うんだな。 以上だ」






 ブツッ






言うだけ言って通信を切った。




「ちょっと………! 待ちなさいよ!!………通信は!?」

「駄目です! 開きません!!」

「何なのよ、あいつらは!!」




怒号響く発令所。そんな中、下の喧騒を無視するかのように司令塔のゲンドウと冬月は、小声で何かを話し合っていた。




「碇、このままにしておいて良いのか?」

「問題ない。 奴等に使徒を倒せるほどの戦力があるとは思えん。 シナリオはいくらでも修正できる」

「なら、良いのだがな」




冬月もゲンドウも、この時は思いもしなかった。彼らこそ、自分達のシナリオ最大のイレギュラーだということを。

その頃、エントリープラグ内のシンジは――――――




「やっと火麻さん達も来たか………。 ガイさん達、上手くやってくれたかな? ナツミちゃん、無事ならいいけど………。よし、見てみるか………スキル=サハクィエル、発動」




目を瞑るシンジの脳裏には、第3新東京市の夜景とサキエルが見えていた。あたかも、自分自身がその場にいるように。














通信を切った火麻は、早速 作戦開始の指示を出す。




「卯都木、ガイを呼び出せ!」

「了解――――― ガイ、聞こえる?」

「待たせすぎだぞ、ミコト」

「ゴメン、調子はどう?」

「大丈夫だ」




戦闘作戦中の会話ではない。まるで恋人同士の会話――――― いや、現に獅子王ガイと卯都木ミコトは恋人同士なのだが、現在は戦闘中だ。本来、このような会話は許されない。

だが、火麻は何も言わない。この何気ない会話が、ガイの緊張を和らげているのだと解っているから。




「鈴原ナツミちゃんの件は?」

「大丈夫だ。 いまボルフォッグが安全なところに避難させている」

「なら、問題ないわね」

「ああ」

「じゃあ、作戦開始よ!」

「了解!! ギャレオォォォォォォンッ!!」




ガイの咆哮が夜空に轟く。

それに反応したのか、夜空の星が一つ瞬いた。そこから流星が走ったと思うと、それはだんだん大きくなり第3新東京市に向かって落ちてくる。

地上に激突する! と思われた瞬間、流星は軌道を変え、ガイに向かってきた。彼は、それが当たり前のように悠然とビルの上で佇んでいる。

流星がガイの真後ろで止まった。光に包まれていた流星が形を変えていく。やがて、それはライオン型のロボットとなった。

このライオンロボこそ未知なる異星文明の産物。『カインの遺産』と呼ばれ、若き宇宙飛行士だった獅子王ガイの運命を決定付けた宇宙メカライオン・ギャレオンである。














突然現れたメカライオンにNERV発令所は慌てた。




「な…何よ、あれは!? まさか使徒なの!?」

「A.T.フィールド、反応ありません!!」

「じゃあ何なのよ! リツコ!!」

「まさか、あれがGGGの戦力!?」














ギャレオンに興味を示したのか、サキエルがガイ達に向かって歩いてくる。




「いくぞ、ギャレオン!!」

「ガオォォォォォォォォン!!」




ガイの気合いに、ギャレオンは雄叫びで応えた。




「フュージョーォォォンッ!!」




ガイの身体がギャレオンの口蓋に飲み込まれていく。ガイと一つになったギャレオンは全身のシステムを組み替え、人型を成していく。




「ガイッガーァァァッ!!」




獅子王ガイはギャレオンとフュージョンすることで、メカノイド・ジェネシック=ガイガーとなった。




「いくぞ、サキエル!!」




ガイガーは腰部にある推進機関(スラスター)、Gインパルスドライブを吹かせ、使徒サキエルとの戦闘を開始した。














NERVはパニックになりかけていた。使徒だけでも手一杯なのに、GGGと名乗る謎の組織の出現。そして、その所有兵器であろうメカライオンと、それが変形した人型ロボット。何が何だか、さっぱり判らない。




「状況はどうなの、リツコ!?」

「判るわけないわ! あんなものが人型に変形すること自体信じられないのに! アニメじゃないのよ!」

「でも、現になってるじゃない!」




女性幹部二人のくだらない言い争いが続く中、サキエルとガイガーの戦いをモニターしようとオペレーター達は必死だった。今、NERVで一番働いているのは彼らだろう。

そして、一番働いていないTOPの二人は―――――




「碇、これは俺のシナリオにはないぞ」

「問題ない」




ゲンドウの言葉が天に通じたのか、ガイガーの攻撃は、サキエルに届く一歩手前で止まった。

ガイガーの拳に装着されたジェネシッククローとサキエルの身体の間には、紅く輝く八角形の光の壁が現れていたからだ。




「「A.T.フィールド!!」」




絶対領域・Absolute Terror Field(アブソルト・テラー・フィールド)、使徒が持つ防御フィールドである。サキエルはこれを展開し、ガイガーの攻撃を防いでいた。

それを見てゲンドウがニヤリと笑う。

ミサトも何故かニヤリと笑った。

リツコも同様だった。




「駄目だわ。 A.T.フィールドがある限り、使徒には接触できない!!」

「デカイ口を叩いて、所詮これ? やっぱりエヴァじゃないと使徒には勝てないようね、リツコ?」

「当然だわ」

「よし、初号機を発進させるわ!」

「待ってください!!」




再び、ロン毛のオペレーター青葉が待ったを掛ける。




「今度は何よ!!」

「使徒と人型ロボットに高速で接近する五つの物体を感知!!」














ガイガーの攻撃では、サキエルに決定的なダメージは与えられなかった。

傷をつけることはできる。だが、その程度ではすぐに再生される。

全力で攻撃を繰り出しても、A.T.フィールドによって全て弾かれてしまった。

こっちの思うようにはいかないか、とガイはサキエルを見くびっていたことを反省する。このままでは勝てないと判断し、上空に待機している飛行艦――――― 超翼射出司令艦ツクヨミにシグナルを送る。勇者王への合体要請を。

そして、それと同時に呼ぶ。大切なパートナー達を。




「ジェネシックマシン!!」




その呼びかけに応えるように五つの光が夜空に瞬いたかと思うと、それはガイガーを取り巻くように降りてきた。

光は徐々に形を成していく。

鮫をイメージして造られたブロウクンガオー。

海豚(イルカ)をイメージして造られたプロテクトガオー。

ストレイトガオーは雄、スパイラルガオーは雌の土竜(モグラ)をイメージして造られ、そしてガジェットガオーは黒鳥をイメージして造られている。

この五機がガイガーのパートナーであり、サポートメカであるジェネシックマシンなのだ。

一方、シグナルを送られたツクヨミは――――――














「参謀! ガイガーよりファイナルフュージョン要請シグナルです」

「既に長官より全ての行動が承認されている。 遠慮はいらねぇ! 卯都木ぃっ!!」




ビシッ! と、力強く指差す火麻。




「了解!! ファイナルフュージョン…………ジェネシック……ドラーァァイブッ!!」






 バキャッ!!






グローブを嵌めたミコトの右拳がドライブキーの保護プラスチックを叩き割り、プログラムを起動させる。

それは瞬時にガイガーに転送され、ファイナルフュージョンの封印を解いた。




「よっしゃぁぁぁっ!! ファイナルッ! フュージョォォォォォンッ!!」




ガイガーは、ファイナルフュージョン保護フィールドとしてE.M.T――――― Electro Magnetic Tornado(エレクトロ・マグネティック・トルネード)と呼ばれる電磁竜巻を発生させる。

そのトルネードを構成する電磁粒子の波に飲まれたサキエルは、バランスを崩して倒れた。その隙に竜巻の中に五体のジェネシックマシンが進入し、フュージョンを開始する。




スパイラルガオーが右脚部に、ストレイトガオーが左脚部に、それぞれ合体していく。

そしてブロウクンガオーが右肩部に、プロテクトガオーが左肩部を構成し、ガジェットガオーから展開してきた前腕部と接合、巨大な両腕部が完成。

ガジェットガオーは逆さに後背部へとりつき、前足が両肩を掴みこんで固定した。黒鳥の頸部は、長大な尾の部分になり、そして獅子の鬣(たてがみ)を思わせるオレンジ色のエネルギーアキュメーターの髪をなびかせながら頭部装甲が変形し、緑に輝くGクリスタルの煌きが額に宿る。




「ガオッ!ガイッ!ガーァァァァッ!!」




それは、最強の破壊神。




それは、勇気の究極なる姿。




我々が辿り着いた大いなる遺産。




その名は――――――








勇者王 ジェネシック=ガオガイガー!!!








「なぁっ!?」

「!!」

「……………碇」

「……………!」




第3新東京市に降臨した黒き破壊神の姿に、ミサト、リツコ、冬月、そしてゲンドウを始めとしたNERVの面々は驚愕に染まった。












「ウオオォォォォォォォォォッ!!」




ガオガイガーの右腕にパワーが集中していく。




「ブロウクン! マグナァァァムッ!!」




勢いよく右腕から発射された拳は、紅い光を纏い、高速で回転しながらサキエルに向かって突き進む。

サキエルはその攻撃の威力を感じ取ったのか、A.T.フィールドを全力で展開する。

だがブロウクンマグナムは、そんなA.T.フィールドなど薄紙の如くサキエルの左肩ごと貫いた。




「!?!」




サキエルの左肩からごっそりと左腕が千切れた。

脅威を感じたサキエルは、一旦 間合いを取ろうと考えた。双眸を輝かせ、光線を放つ。

しかし―――――




「プロテクトシェェェードッ!!」




ガオガイガーが左手を翳すと上腕部分のフィールド発生機が展開され、機体を守る防御フィールドが発生した。そのフィールドはサキエルの光線を防いだばかりか、屈曲させ、その威力のまま跳ね返した。




「!!?」






 ドゴォォォォォォン!!






十字の火柱が上がった。

予想してなかったその攻撃。A.T.フィールドを展開することすら忘れたサキエルは、それをまともに喰らってしまう。身体のあちこちがブスブスと焼け焦げた。




「サキエルよ、お前に怨みはない………だが、使徒と呼ばれる存在がこの世界に破滅を齎すというのなら………俺は! 貴様らを! 破壊するッ!!」




圧倒的な迫力を伴って、サキエルに指先を向けるジェネシック=ガオガイガー。




サキエルは震えた。恐怖が身体を駆け巡った。




NERVは見た。天使の名を持つ神の使徒、それを滅ぼす黒き破壊神の姿を。




















第伍話へ続く







前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.025249004364014