エヴァSS投稿掲示板




No.226の一覧
[0] 新世紀エヴァンゲリオンFINAL ~勇気と共に~(×勇者王ガオガイガー)[SIN](2008/03/10 18:47)
[1] 予告篇[SIN](2005/01/23 22:16)
[2] プロローグ[SIN](2005/04/02 12:59)
[3] タイトル[SIN](2005/03/14 02:14)
[4] 第壱話 【彼方より来るもの】[SIN](2005/04/02 13:02)
[5] 第弐話 【今、ここにいる理由】[SIN](2005/04/02 13:07)
[6] 第参話 【思いがけない再会】[SIN](2005/04/10 01:21)
[7] 第肆話 【勇者王 降臨】[SIN](2005/04/02 13:13)
[8] 第伍話 【破壊の神 VS 福音を告げる者】[SIN](2005/04/02 10:27)
[9] 第陸話 【初号機 消滅】[SIN](2005/04/02 12:56)
[10] 第漆話 【目覚め】[SIN](2005/04/02 19:01)
[11] 第捌話 【罪に塗れし過去の業】[SIN](2005/03/30 00:28)
[12] 第玖話 【邂逅】[SIN](2005/04/10 00:19)
[13] 第拾話 【紅玉(ルビー)の輝きが消えた時………】[SIN](2005/04/30 01:28)
[14] 第拾壱話 【訪れる者たち】[SIN](2005/05/01 09:29)
[15] 第拾弐話 【そして少女は、家族を手に入れた】[SIN](2005/05/02 13:20)
[16] 第拾参話 【騙す者、騙される者】[SIN](2005/05/02 22:05)
[17] 第拾肆話 【 影 】[SIN](2005/05/03 10:23)
[18] 第拾伍話 【大切な日々の温もりを】[SIN](2005/05/04 02:38)
[19] 第拾陸話 【疑念】[SIN](2005/05/04 13:16)
[20] 第拾漆話 【戦場の意味  前篇】[SIN](2005/05/04 18:16)
[21] 第拾捌話 【戦場の意味  後篇】[SIN](2005/05/04 23:57)
[22] 第拾玖話 【暗躍する少年少女】[SIN](2005/05/06 00:38)
[23] 第弐拾話 【天使の実力(チカラ)】[SIN](2005/05/23 23:13)
[24] 第弐拾壱話 【揺るぎない決意】[SIN](2005/05/23 22:59)
[25] 第弐拾弐話 【 Der FreischUtz 】[SIN](2005/05/23 23:36)
[26] 第弐拾参話 【 激戦! 第3新東京市 】[SIN](2005/05/27 02:40)
[27] 第弐拾肆話 【 この手に望む、不変なる日常 】[SIN](2005/05/29 20:45)
[28] 第弐拾伍話 【 招かれざる客(ゲスト) 前篇 】[SIN](2005/05/30 00:56)
[29] 第弐拾陸話 【 招かれざる客(ゲスト) 後篇 】[SIN](2005/05/31 00:20)
[30] 第弐拾漆話 【 標的は獅子 】[SIN](2005/06/01 00:06)
[31] 第弐拾捌話 【 恐怖を祓う竜神 】[SIN](2005/06/02 23:23)
[32] 第弐拾玖話 【 計画(プロジェクト) 】[SIN](2005/06/06 01:55)
[33] 第参拾話 【 紅の少女 】[SIN](2005/06/13 03:10)
[34] 第参拾壱話 【 白き方舟 】[SIN](2005/06/13 22:53)
[35] 第参拾弐話 【 巨神激闘 】[SIN](2005/06/14 12:14)
[36] 第参拾参話 【 旋律が呼ぶ不死鳥の翼 】[SIN](2005/06/15 01:13)
[37] 第参拾肆話 【 SEELEのダミープラグ研究施設 】[SIN](2005/06/27 01:40)
[38] 第参拾伍話 【 紡がれる絆 】[SIN](2005/07/17 22:06)
[39] 第参拾陸話 【 想い、心 重ねて 】[SIN](2005/07/18 22:43)
[40] 第参拾漆話 【 蒼(あお)と紅(あか) 】[SIN](2005/07/19 01:27)
[41] 第参拾捌話 【 閃光の果て 】[SIN](2005/07/21 00:15)
[42] 第参拾玖話 【 悪意の置き土産 】[SIN](2005/11/25 18:10)
[43] 第四拾話 【 双 頭 飛 龍 】[SIN](2005/11/25 17:22)
[44] 第四拾壱話 【 予想外の訪問者 】[SIN](2006/03/19 23:28)
[45] 第四拾弐話 【 Global movement (前篇) 】[SIN](2006/05/06 18:26)
[46] 第四拾参話 【 Global movement (中篇) 】[SIN](2006/05/06 18:37)
[47] 第四拾肆話 【 Global movement (後篇) 】[SIN](2006/11/26 14:09)
[48] 最終章 予告篇[SIN](2006/12/10 22:11)
[49] 第四拾伍話 【 心の隙間の埋め方は 】[SIN](2008/03/10 19:59)
[50] 第四拾陸話 【 反撃の狼煙 】[SIN](2009/03/30 03:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[226] 第弐拾漆話 【 標的は獅子 】
Name: SIN 前を表示する / 次を表示する
Date: 2005/06/01 00:06




JAの機体全体に斑点のように現れていた赤い光が、各部分の変態を終えるごとに一箇所に集まっていく。そこは、JA中心部にある動力リアクター。俗に原子炉と呼ばれる場所だった。

全ての赤い光が集まると、今度は原子炉が変態を始めた。

ゴワゴワゴワ……… という音が聞こえるような蠢き方で姿を変える原子炉。一部が徐々に丸みを帯びてきたかと思うと、それは瘤の如く盛り上がり、完全な球体となった。

JAの機体の前面部――――― 人間で言うと鳩尾に当たる部分に亀裂が走る。縦に生まれたその亀裂が観音開きに開くと、そこに原子炉から生まれた赤い球体が姿を見せた。

それと同時に、頭部正面に見える白い歯のような放熱用スリットが上下に裂け、本物の口のように、涎を思わせる粘液を吐き出しながら雄叫びを上げた。それは原子炉の稼動音なのだろうが、時田やミサト達には獣の咆哮に――――― そして、自分という存在の誕生を知らせる『産声』のように聞こえた。

JAの変わり様に時田たち日重スタッフを始め、披露会招待客らは言葉を失う。

だが、リツコだけは違った。全員の目がJAに注がれている中、彼女は一人、JAの制御盤に歩み寄った。

恐る恐る手を触れる。A.T.フィールドの展開は無かった。

安全だと信じて、制御盤のコンソールを操作する。この異常現象の原因を突き止める為だ。




「(JAが元から使徒だったということは有り得ないわ。 おそらく、何らかの方法で寄生したのね。 ………なら、いったい何処から?)」




リツコがそんな思いに囚われている頃、一人の作業着姿の人物が管制室の外に出た。使徒に寄生されたJAを見て クスッ…… と微笑むと、目深に被っていた帽子を脱ぐ。蒼銀の髪が陽の光に当たって煌めいた。




「………お膳立ては終わったわ。 ………後はあなた次第よ、イロウル………」




そう言うと、その人物は僅かに顔を赤らめ―――――




「………スーツ姿も似合うのね、碇くん………」




何処かへ消え去った。




















GGGオービットベース。




「状況を報告せよ!」




警報が鳴り響くメインオーダールーム。そこに長官執務室から大河が降りてくる。メインオーダールームと長官室は、中央部分のリフトによって繋がっているのだ。




「旧東京埋立地区にA.T.フィールド反応を確認しました。 サテライトビュー、メインスクリーンに出します」




猿頭寺の報告と共にメインスクリーンが開かれる。




「何だ、あれは!?」




出された映像に大河は驚愕した。そこには、生物とも機械とも思えぬ人型の物体が映っていた。

猿頭寺が、さらに報告を続ける。




「場所は旧東京再開発臨海部、国立第3試験場です」

「何じゃと!? 確か、あそこでは今日、日本重化学工業共同体によるJAの起動テストが行われていたはずじゃ!!」




ライガの言葉に大河は ハッ! と気付いた。




「では、まさか………あれはJAか!?」

「その様です。 シン君の記憶、及び諜報部が入手したJAのデータと類似点が多々見られます」




猿頭寺がコンソールを操作すると、モニターにJAのデータが映し出される。




「A.T.フィールド反応ハJAから観測されていマス」




スワンの報告と共に、さらなるデータがモニターに映る。




「しかし、あの変わり様は何だ?」

「それは僕から説明します!」




大河の問いに答えるかのように、二人の人物がメインオーダールームに入ってきた。




「シン君! マイ博士!」




大河の視線の先には、JAの完成披露式典に出席していたはずの綾波親子がいた。この非常事態に二人は急遽、スキル=レリエルを使って移動してきたのだ。




「おお! シン君にマイ君、無事じゃったか。 まあ、シン君がついているのじゃから、大して心配してなかったがのう」

「非道いこと言いますね、ライガ博士」




苦笑いのシン。




「冗談はともかく……シン君、報告を聞こう」

「はい」




シンは、地上で見てきたことを漏らさず報告した。

その報告にメインオーダールームは驚愕に包まれる。予想外の使徒襲来に。




「イロウル――――― 11番目が来たというのか!?」

「その順番はもう当てにできません。 状況は既に裏死海文書を超えています」




ラミエルの時もそうだった。大河はシンの言葉に頷く。




「しかし、何故JAに?」

「狙いは、おそらくガオガイガーじゃな」

「ガオガイガーですカ?」




猿頭寺の疑問にライガが答え、それをスワンが訊き返す。




「ライガ博士の言う通りです。 見てください」




シンはJAが映っているモニターを指差す。そこには、完全に変態を終えたJAが――――― いや、使徒イロウルが、上空を見詰めるように上を向いたまま、じっと動かないでいた。




「本来ならば第3新東京市に向かうはずの使徒が、未だあそこにいる。 ………奴は待っているんです。 自分達、使徒の天敵となった破壊神を………」

「では、ガオガイガーと戦う為に?」

「おそらく」




大河の問いにシンは頷いた。




「本来のイロウルは、細菌のような姿をしています。 しかし、それではガオガイガーの相手にならない。 だから、対抗する為に機械の身体を手に入れた」

「それがあの姿か………」




大河は改めてモニターのイロウルを見た。その禍々しさは、司りし天使の名――――― 『恐怖』に相応しいものを感じさせた。

シンは、さらに報告を続ける。




「まだ地上には逃げ遅れた人達が大勢います。 彼等を助けないと」

「うむ! 火麻君、機動部隊出撃だ!」

「おうよ! 行くぞ、卯都木!!」

「了解!!」

「僕も行きます!」




火麻、ミコトと共に、シンがメインオーダールームから出ていく。




「ようし! 総員! 第一級戦闘配備!!」




大河の指令が飛び、超翼射出司令艦ツクヨミの発進準備が始まる。

これから始まる戦闘に支障が無いよう、データの収集を続けるオペレーター達。そんな中、チーフオペレーター・猿頭寺からの報告がGGGにさらなる緊張を齎した。




「大変なことが判りました。 JAの内部構造をスキャンしたところ、内部の動力リアクターとイロウルのコアが一体化しています!」

「なぬーーっ!?」




ライガの額に嫌な汗が滲んだ。何故なら現在、全てを光に変える『ゴルディオンハンマー』が使えない状態にあるのだ。それは、致命的なハンデであった。




「ゴルディーマーグの整備状況は!?」




ライガは牛山の報告を待つ。




――――― オーバーホール完了まで、あと3時間12分!」




ヒルメ内のドックでは急ピッチで整備が進められていたが、これが限界だった。




「それでは間に合わん!」




ライガは思わず舌打ちしてしまう。




「ぬうっ! ガイは!?」

〔ツクヨミ内でギャレオンとのフュージョンに入りました! ガジェットガオー装着モードで出撃待機を予定!〕




ツクヨミのオペレーターシートに座ったミコトからの報告。




「ゴルディーマーグのオーバーホールが終わらない以上、コアの摘出は『ヘル・アンド・ヘブン』に頼らざるを得んじゃろう。 じゃが、無理に取り出せば………」




ライガの言わんとすることが解ったのか、スワンはデータを調べる。




「Oh! 計算しマスと、半径10km圏内ハ完全に壊滅しマス!」




計算結果を聞き、ライガはその様子を思い浮かべた。コアを抉り出すと同時に大爆発を起こすJAの原子炉………。

自分の想像に恐怖し、背筋が冷たくなるライガ。身体が ブルッ…… と震えた。

大河の脳裏にもライガと同じ想像が過ぎった。思わず拳を握り締める。




「イレイザーヘッドが使えれば………」




つい愚痴を零してしまった大河。

あらゆるエネルギーを宇宙空間に放出してしまうメガトンツール『イレイザーヘッド』。しかし、それが使える勇者ロボは、未だ眠ったままなのだ。




「諦めてはいけませんわ、長官。 必ず何か方法があるはずです」

「………そうですな、マイ博士」




笑顔で励ましてくれるマイに、大河は自信を取り戻す。




「ツクヨミ、出撃準備完了!」




牛山の報告に大河は頷き―――――




「GGG機動部隊! 出撃っ!!」




怒号の如き指令がメインオーダールームに響いた。




















地上、JA管制室。

ミサトはJAの制御盤を睨みつけていた。




「何でこんな物がA.T.フィールドを張るのよ!?」

「落ち着きなさい、ミサト。 正確にはこのコンピューターが使ったんじゃないわ。 これにハッキングしていた奴が使ったのよ」




日重スタッフに代わってコンピューターを操作するリツコ。緊急事態に部署も所属も関係ないというリツコの説得で、時田らと共に状況確認に当たっている。




「だから、それはどいつよ!!」




目が血走っているミサト。




「アレよ」




リツコが指差した先には、姿を変えたJAがあった。




「逆ハックして確認したわ。 JAは使徒に乗っ取られたのよ」

「使徒!!」




日重スタッフらは驚愕し、ミサトは目を輝かせる。

ミサトは携帯を胸ポケットから取り出し、ダイヤルし始めた。




「何処へ掛けるの?」

「決まってるでしょ! NERV本部よ!!」

「何しに?」

「何しに………って、零号機の出撃よ!」




判りきったことを聞くな! と言いたげなミサトの表情。

だがリツコは、 ハァ……… と嘆息して、説明し出す。




「あのね、ミサト………」




















その頃、暢気にも『某所』で行われている愚か者達の集いがあった。




「六分儀君………第5使徒戦においてGGGと共闘したそうだね」

「使徒殲滅を優先させました。 止むを得ない事象です」

「止むを得ない………か。 言い訳にはもっと説得力を持たせたまえ!」

「最近の君の行動には疑問を感じるものが多い!」

「GGGの処置………どうするつもりかね?」

「未確認情報だが、エヴァ初号機は既にGGGによってその存在を消されたという報告がある」

「何だと!?」

「そんな報告はNERVから挙がってきていないぞ!」

「本当かね、六分儀君?」

「………………」

「何故、黙っている!?」

「答えたまえ、六分儀君!」






 RRRRRRRRRR! RRRRRRRRRR! RRRRRRRR………






突然、電話の呼び出し音が鳴った。

ゲンドウが自分の机の引き出しを開け、そこに入っていた電話を取る。




「冬月、審議中だぞ」




掛けてきた相手を確認することなく言い放つゲンドウ。この電話に掛けることのできる人物は限られている。相手が誰かなど、ゲンドウには最初から判っていた。

だが、その内容までは判らなかったようで―――――




「何だと!?」




ゲンドウの表情が変わる。

それに気付いた人類補完委員会の面々は、電話の内容に興味を覚えた。普段、何事にも自分のペースを崩さず、表情の読めないゲンドウだ。それを変えてしまうものとは………。




「………判った」




電話を切り、引き出しを閉めるゲンドウ。




「使徒が現れました。 続きは、また後ほど………」




予想も付かなかったゲンドウの言葉に、静まり返る委員会の面々。しかし次の瞬間、嘲笑が沸き起こった。




「ククッ………何を言い出すかと思えば。 笑わせるな! 次の出現は太平洋上のはずだ」

「我々を馬鹿にしているのかね?」

「己の分を弁えたまえ、六分儀君」




いつの間にか、会議室には12枚のモノリスが浮かんでいた。

人類補完委員会は、その正体を現す。




【 S E E L E 】




世界を裏から支配する政治的秘密結社である。

その実は、己の正体すら公表することのできない小心者の集まり。




「MAGIによりA.T.フィールド反応・パターン青が検出されました。 それでもお疑いで?」

「情報操作は君の十八番だろう?」

「そんなにこの会議が嫌かね?」




更なる嘲笑が響く。




「NERVは使徒殲滅が最優先です。 これで失礼致します」




退席しようとするゲンドウ。しかし、SEELEはそれを許さない。




「特務機関NERVとしてはそうだが、我々と君にとってはそうではなかろう?」

「補完計画を確実に遂行する為の予備として造られたリリスの分身、エヴァンゲリオン初号機」

「その存在が消滅したということは、既に失敗が許されない状況になったということだぞ」

「初号機が造り出されるまで、どれだけの経費と時間が掛かったのか判っているのか?」

「やはり、君のような者にNERVを任せたのは誤りだったのかも知れんな」

「忘れてもらっては困るよ、六分儀君。 君の代わりなど幾らでもいるということを」

「ぐっ………!」




ゲンドウは唇を噛み締める。自分の目的を果たすまで、絶対にこの地位から転がり落ちる訳にはいかないのだ。何とか打開策を考えねば………と、思案を廻らす。




「まあ、待て」




その言葉に静まり返る暗闇。それは『SEELE 01』と記されたモノリスから発せられた言葉であった。




「六分儀はこれまで、我等の同志として存分に力を発揮してくれた。 大目に見てもよかろう」

「しかし、議長!」




議長と呼ばれたSEELE 01。このモノリスの正体こそ、SEELEのTOP『キール・ローレンツ』。

反論を無視してキールは続ける。




「六分儀。 我等の悲願、忘れるでないぞ」

「承知しております」




フッ……… とゲンドウを映していたホログラフが消え、暗闇にはSEELEのモノリスだけが浮かんでいる形となった。




「議長、本当によろしいので?」

「奴の首など何時でも切れる。 動ける間は動いてもらう。我々の為に」

「なるほど。 それに、もうすぐ『鈴』がNERVに届きますからな」

「『リオン・レーヌ』と共に」

「ならば問題ないな」

「全て修正可能です」

「では―――――

「「「「「「「「「SEELEのシナリオ通りに」」」」」」」」」




道化は、何処までいっても道化である。




















老人達の厭味から何とか逃げ出すことに成功したゲンドウは、発令所に入るとエヴァ零号機の発進を指示した。しかし、冬月がこれに待ったを掛ける。零号機は発進不可能だと告げた。




「なぜ零号機が発進できん!?」

「本気で言っているのか、六分儀?」




ミサトの言葉にリツコが呆れたように、冬月もゲンドウの言葉に呆れ果ててしまった。本当にお前はNERVの総司令なのか?………と。




















「零号機は今、換装作業中よ」

「へっ!?」




ミサトは、リツコの言うことが咄嗟に理解できなかった。




「確か、作戦部の方からの言われたと記憶しているんだけど………。 『このままの零号機では戦闘能力に不安がある。 だから、早急に戦闘用に調整し直すべきだ!』とね………葛城作戦課長さん?」

「あ……あら? あははははははははははは」




ようやく思い出し、乾いた笑いを発するミサト。




「それにね、もう遅いわ。 ほら、来た」




リツコの視線の先には、既に見慣れたGGGの飛行艦の姿があった。




















「ツクヨミ、旧東京上空に到着しました!」

「頼むぞ、勇者………」




ここまで来たら、もう何も言うことは無い。ただ見守るだけの大河であった。




















「ガイガー、出撃する!」

〔待って、ガイ! イロウルのコアを無事に抜き取る方法を探らないと! ヘル・アンド・ヘブンでは危険すぎるわ〕

「大丈夫だ! 原子炉の爆発くらい、ジェネシックアーマーを全開にすれば耐えられる!」

〔確かにガオガイガーの機体は耐えられるかもしれない。 でも、ガイは………〕




ミコトの心配は、爆発の衝撃にガイの身体そのものが耐え切れないのでは? ということだった。それに、ヘル・アンド・ヘブンは攻撃と防御のエネルギーを一点に集中させる技の為、放った後、一時的にガオガイガーの防御力はグンと下がってしまう。そうなったら機体だって危うい。

しかし、ガイは自信を持って断言した。




「ミコト、俺は超人エヴォリュダー。そして、破壊神ジェネシックだぜ!」




何の揺るぎも無いガイの言葉。ミコトは覚悟を決めた。いや、ガイを信じた。




〔………判ったわ。 気を付けてね、ガイ。 私も全力でサポートするわ!〕

「サンキュー、ミコト」

〔ガイガー発進、どうぞ!〕




ガジェットガオーを背に装着したガイガーにミラーコーティングが施され、電磁加速によりツクヨミのカタパルトから射出される。
 
ミコトの表情に、もう迷いは無かった。




















凄まじいスピードでイロウルがいる国立第3試験場に着くガイガー。ミラーコーティングだけで無く、ガジェットガオーを装着していたことがプラスになったようだ。




「ガジェットガオー、分離!」




イロウルの前に降り立つガイガー。そこにライガから通信が入る。




〔気を付けるんじゃ、ガイ! 奴は既に、単なる使徒とは別種の存在じゃぞ!!〕

「了解!! 機械との融合か………ゾンダーを思い出すぜ」




イロウルを睨みつけるガイ。それに応え、ニタァ…… と笑うイロウル。




「初っ端な全力でいかせてもらう! ジェネシックマシン!!」




ガイはオービットベースに合体要請を出した。




















「長官! ガイガーよりファイナルフュージョン要請シグナルを確認しまシタ!」




スワンから報告が入る。大河には何の異論も無かった。




「うむ! ファイナルフュージョン、承認っ!!」

「承認シグナル、ツクヨミに転送します」




猿頭寺が前線司令部であるツクヨミへ承認シグナルを送信する。




「オーダールーム、コレよりセカンドへ移行しマス」




スワンが傍らのレバーを操作すると、メインオーダールームは下降を始めた。作戦司令室である『セカンドオーダールーム』に移動するのだ。




















「オービットベースより入電! ファイナルフュージョン、承認されました!」




そう報告が入ると、旧東京上空を飛行するツクヨミの艦橋ではGGG参謀火麻が「待ってました!」とばかりに指令を下す。




「ようし、卯都木ぃっ!!」

「了解! ファイナルフュージョン…………ジェネシック……ドラーァァァイブッ!!」




振り下ろされたミコトの拳が、ドライブキーの保護プラスチックを叩き割ると、ファイナルフュージョンプログラムが起動した。




















「ファイナルッ……フュージョンッ!!」




ガイガーは腰部スラスターを噴かせ、空中に飛び上がると、ファイナルフュージョン保護のE.M.トルネードを発生させる。

イロウルは、合体を阻止しようとE.M.トルネード内に入ろうとする――――― が、いきなり後頭部にガジェットガオーの強烈な体当たりが直撃した。




グオッ!




前方につんのめった所に、今度は正面からブロウクンガオーとプロテクトガオーが突貫する。

そして、スパイラルガオーとストレイトガオーがイロウルの足下の地面を突き破り、崩れた地面に脚をとられたイロウルは、勢いよく転倒してしまう。

ジェネシックマシンはE.M.トルネード内に進入すると、合体フォーメーションに入った。

それぞれが己の機構を組み替え、破壊神の各パーツを成し、合体していく。

そして最後に、Gクリスタルの光を額に宿した鋼鉄の兜(ヘルム)が装着されると、エネルギーアキュメーターで構成されたオレンジ色の髪を靡かせた、最強の勇者王が姿を現した。

その力を鼓舞するかのように両の拳をぶつけ合うと、溢れ出たエネルギーが放電と火花となって飛び散った。




「ガオッ! ガイッ! ガーァァァッ!!」




黒鉄の巨神がイロウルの前に立ちはだかる。

イロウルは、待ち焦がれた恋人がようやく現れたと言うように、禍々しい笑みを深くした。




















その頃、ファーストチルドレン・エヴァ零号機パイロットである綾波レイはというと―――――




「新刊が出てるわ。 買わないと………」




妖しい文庫本を購入中だった。

因みに、使徒襲来の知らせを受けてNERV保安諜報部の黒服達がレイを本部に連れて行こうとしたが、「お嬢様のお買い物を邪魔するな!」と、碇家のガードが全て殲滅。使徒はGGGに任せるように、と碇老から言われているのである。

なお、NERVに持たされた携帯は、自室の机でブルブル震えていた。(マナーモード設定中)

というわけで、レイは何の気兼ねなく、ヒカリ達とのショッピングを楽しんだ。




















第弐拾捌話へ続く







前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029754161834717