その他SS投稿掲示板




No.7970の一覧
[0] 【種運命】機動歌姫 偽ラクス様【魔改造?】[kuboっち](2011/12/14 08:37)
[1] 偽ラクス様、立つ[kuboっち](2009/04/18 23:02)
[2] 偽ラクス様、戦う[kuboっち](2009/04/18 23:12)
[3] 偽ラクス様、叫ぶ[kuboっち](2010/02/25 23:53)
[4] 偽ラクス様、感謝する[kuboっち](2010/04/01 00:46)
[5] 偽ラクス様、語る[kuboっち](2010/04/25 05:34)
[6] 偽ラクス様、誓う[kuboっち](2010/05/04 23:35)
[7] 偽ラクス様、奮戦する[kuboっち](2010/06/15 23:42)
[8] 偽ラクス様、迎える[kuboっち](2010/09/09 19:12)
[9] 偽ラクス様、誘う[kuboっち](2010/10/30 23:20)
[10] 偽ラクス様、祈る[kuboっち](2010/11/17 09:15)
[11] 偽ラクス様、伝える[kuboっち](2011/01/27 08:29)
[12] 偽ラクス様、降りる[kuboっち](2011/01/30 13:53)
[13] 偽ラクス様、解放される[kuboっち](2011/03/10 10:10)
[14] 偽ラクス様、遭遇する[kuboっち](2011/03/16 06:26)
[15] 偽ラクス様、対決する[kuboっち](2011/03/28 22:12)
[16] 【嘘も良いところ】魔道歌姫☆真ラクス様【クロスもしてる】[kuboっち](2011/04/02 00:08)
[17] 偽ラクス様、肩の力を抜く[kuboっち](2011/04/28 23:04)
[18] 偽ラクス様、デビューする[kuboっち](2011/05/15 11:11)
[19] 偽ラクス様、共感する[kuboっち](2011/08/06 20:58)
[20] 偽ラクス様、萌える[kuboっち](2011/08/11 21:54)
[21] 偽ラクス様、理解する[kuboっち](2011/09/16 05:04)
[22] 偽ラクス様、悟る[kuboっち](2011/09/16 05:09)
[23] 偽ラクス様、恐怖する[kuboっち](2011/10/11 22:35)
[24] 偽ラクス様、再出撃する[kuboっち](2011/11/11 05:14)
[25] 偽ラクス様、投げ飛ばす[kuboっち](2011/12/14 08:35)
[26] 【悪ふざけ】魔道アイドル☆真ラクス様【短編だよ】[kuboっち](2012/01/16 21:24)
[27] 偽ラクス様、去る[kuboっち](2012/04/24 05:08)
[28] 偽ラクス様、ライブする[kuboっち](2012/06/07 19:16)
[29] 偽ラクス様、投げ飛ばされる[kuboっち](2012/08/28 09:55)
[30] 偽ラクス様、後悔する[kuboっち](2013/02/21 18:54)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[7970] 偽ラクス様、立つ
Name: kuboっち◆d5362e30 ID:1e3ba4fe 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/04/18 23:02
眼前に立つ巨大な機械人形を一瞥して、私は搾り出すように呟いた。

「凄く……ファンキーです」

そんな私の頭髪も鮮やかな桃色だったりするのだが、やはり兵器だと(悪いほうの)衝撃が大きい。
ここがテーマパークだと言う事も無く、進水式が控えているとは言え軍用ステーションなのだ。場違いにも程がある。

「何か問題でも? ラクス・クライン」

さも平然と尋ねるのはプラントで一番エライ人 ギルバート・デュランダルその人。
何でこんなファンシーモンキーベイベーな物体を見て平然と……そうか、この人が作らせたんだ~
私にもボディラインが丸見え。胸が強調され、角度が厳しいハイレグなんて服を平気で着せるだけの事はある。

「いや、その……幾らなんでもこのカラーリングはMSが泣いているというか? 戦争舐めんな!みたいな?」

そう、コレは兵器なのである。プラントが戦後のゴタゴタから復活した証となりうる最新型!
三種類のバックパックを換装する事で、様々な状況に対応できるミレニアムシリーズ!
まだ配備数は少ないが近い将来にはザフトの将来を背負っていく事は明白なのだ。
そんなザク・ウォーリアが……濃いピンクとも薄い赤紫とも付かないカラーに塗られ、肩にはハロまで描かれている。

「そうかね? 君と一緒にライブで躍らせる為に作らせたんだが……」

「いや~! 私はまだ乗ったこともないのに!」

議長が指示を出せば、ビカン!と光るモノアイカメラ。続いてガシャンガシャンと重低音を立て巨体が踊り始めた。
ピンク色の戦闘機械が軽快なステップと振り付けを披露している……最新技術と最新機の無駄使いである。

「ラクス様はMSになど搭乗しません」

ピンクちゃん(ピンク色のザクなんてギャグだよね? ちゃんちゃん♪の略)を眺めながら、アワアワしていた私に掛かる鋭い声。
いつの間にか後ろの控えていたピッシリとスーツを纏った私の付き人である女性。ヤバ……

「MSを見ていたら昔を思い出してしまって……」

「昔も何もラクス・クラインはMSの操縦とは何ら関わりを持っていません。
 無意味な発言は余計な混乱を齎しますのでお控え下さい」

もう……取り付く島も無いとはこの事だろう。ラクス・クラインの付き人である時点で、普通の人間ではない。
軍人……しかもMSパイロットなどの花形ではなく、特殊部隊辺りの出身だろう。自己を極限まで殺した目を見れば解る。

「そうですね? 今の私はラクス・クラインなのだから」

「ですからそのような発言をお止めくださいと……」

タメ息と共に弱音が漏れた。自分が自分ではない、他人は自分を正しく認識していない。
その感覚がここまで恐ろしいものだとは、思っていなかった。戦場で戦うよりもずっと怖いと思う。

「まぁ、良いじゃないか。それくらいは」

サラさんの使命感で凍結された視線を遮ってくれる言葉。
デュランダル議長は本心を感じさせない口調で続ける。達観した優しい笑みを浮かべて。

「幾ら必要な事とはいえ、エースパイロットに相応しくない役割だと負い目に感じているんだ……ミーア・キャンベル」

「議長! その名前は……」

サラさんじゃないけど、驚きと焦りで声を荒げてしまった。
『ミーア・キャンベル』
その名前は……今では誰も呼ぶ事が無い……私の本当の名前。





私 ミーア・キャンベルはプラントなら何処にでもいる一般的なコーディネーターとして生を受けた。
まぁ、強いて違う点を挙げるとすれば二つ。まずは顔がコーディネートされなかったこと。
もう一つは……声がラクス・クラインにソックリだということ。
一つ一つは実に小さな事だ。少なくとも私はそう思っていた。顔だけで女を選ぶような男には興味ない。
歌を歌う事は大好きだったから、十歳そこそこで人前に出て歌うようにもなった。
似ている声の主 ラクス・クラインは既にプラントの歌姫と讃えられている。
難しいかも知れないが、少しでもその背中に追いつきたくて、オーディションや路上ライブで頑張った。
そしてそこで私は自分の不幸を知る。


『ラクス・クラインに声がソックリ』

だからどうした? 私はラクスの物真似をしている訳じゃない。

『ラクスと同じ声でロックとかビジュアル系とか……歌わないでくれる?』

どうして唄う歌まで指図されなきゃいけないの!

『同質の声で外見は劣る。つまり君はラクス・クラインの粗悪な類似品なんだ』

うるさい! 五月蝿い! ウルサイ!!


誰も彼もが私を『ラクス・クラインの何か』として見てくる。
ライブハウスのお客さんからオーディションの音楽プロデューサーまで。
常にラクスと比較される。そしてその比較は彼女が正しく、私が間違っているという大前提。

「私はラクス・クラインの偽者でも類似品でもソックリさんでもない! 私はミーア・キャンベルだ!」

私はそう叫び続けた。涙と声が枯れるまで叫び続けた。
まぁ、結局……私が諦めるまでその叫びが受け入れられることは無かったんだけど?

だから私は歌うのをやめた。歌っている限り、私は何時までもミーアとして認められないと思ったから。
そして選んだのは『軍人』の道だった。戦争の足音が忍び寄ってきており、軍人は幾ら居ても困らない時期の事だ。
歌ではプラントは守れない。私はラクス・クラインでは決して出来ない事をするの!
必至に努力した。なるべく違う存在になりたい! 歌とは違う価値が欲しい。
今にして思うと当時は完全にぶっ壊れていたと思う。軽い精神病患者だといっても言い過ぎではない。
『もし戦死したらミーア・キャンベルの名前で戦死者リストに刻まれる』
それすら嬉しく思っていた。死に物狂いで努力して、戦果を重ねていく。エースと呼ばれるようにもなった。
生と死の狭間を駆け抜ける戦いの間でみた歌の番組。ラクス・クラインは今日も平和を歌っている。

「貴女は遠くで届かない歌を唄い続けていれば良い。私はここで戦ってプラントを守るから」

その時の優越感は今まで生きてきて最高のものだったのを覚えている。
これで良かったんだ。同じ世界 歌の世界で生きていこうとした事が過ちだった。
ミーア・キャンベルとして胸を張って生きられる。ラクス・クラインを憎む必要も無い。
全てが上手く言ったと思った……なのにぃ!!


『プラントから追われるラクス・クライン』

『三隻同盟を率いるラクス・クライン』

『連合とザフトを敵にするラクス・クライン』

『戦いながらも平和を説くラクス・クライン』

そして……『戦争を終結させたラクス・クライン』

どうして? なぜラクス・クラインがここに居るの? 『歌』は貴方に譲ったじゃないか! 
何で私が代わりに目指したモノ 『戦うこと』にまで貴女は手を出すの?
もう少しだった……『勝利して獲得する平和』まであと僅かで手が届いたのに……
だけどラクスはソレを否定した。世界もソレを受け入れて、平和が訪れることになる。

もうダメだと思った。全てが崩れ落ちる感覚。結局ラクスが正しくて、私が過ちなのだ。
解っている。こんな考え自体が既に私の狂気染みた妄想の産物であり、一方的な感情。
私はこんなにも彼女を意識しているのに、ラクスはミーアなんて奴のことなど、名前すら知りもしないのだから。

「もう……どうでも良い」

無気力と言う状態が病の一種ならば、そこから一年の私は正しく重病人だったのだろう。
戦争の終結に伴いパイロット必要数減少の流れに乗り、事務に転職したは良いがやる気の無さからミスばかり。
歌手とMSパイロット。二つの夢を放り出して、やる気を出せと言うのは難しい。
今だ20歳にも届いていない若輩の身でありながら、隠居しようか?などと言う思考が脳裏を飛び交っていた。
突然職場に現れた最高評議会議長様がこう尋ねてくるまでは……

「ラクス・クラインをやらないか?」





私が現在いる場所はアーモリーワンの中でも異質な存在だった。
仮組みのステージ上ではド派手な照明が踊り狂い、バンドのリハーサル音が響く。
軍人ではなくどう見ても芸能関係の人々が闊歩している。極め付きはやっぱりピンク色のザク・ウォーリア。
ライブの進行表に目を通していた私に声をかけてきたのもそう言った人間の一人だ

「サビの振り付けなのですが、やはりこちらの方が……」

艦観式でラクスの復活ライブ(私のデビューライブ)で披露するダンスを担当した振付師。
彼女はサラさんや議長とは違って私の正体 ラクスが偽者である事を知らない。
だけど眼前のラクス・クラインに対して何の疑問も抱かずに行動している。
いまさらだが整形って凄い。プラントの技術は恐ろしいものである。
そりゃ~もうコピー&ペイストしたように同じ顔ですが……なら解らないって?

「ダメよ、歌の雰囲気と合わない。これは平和を祈るだけの歌じゃないわ。
 ザフトのお膝元、冷戦の最前線に身を置く兵士たちの為に歌う。
 もっと元気が湧いてくる感じにしないとだめだと思うの……新しいの考えて」

今の私はラクス・クラインと完全に同一の存在を目的としていない。
顔は整形でそっくりに作り直し、髪も同じ色に染めた。声は元のまま。他は殆ど弄っていない。
例えば四肢。コーディネートの成果ではなく、軍人として磨き上げられて引き締まっている。
例えばその……胸。正直、邪魔だな~と思っている豊富な胸。思いの外に平らな本物のモノとは違う。
もっとも大きな違いは性格だろう。神秘性とか穏やかな空気、ラクス・クラインが持っていたそんな雰囲気。
私はそんなモノは一つも持っていない。私は熱くなり易いし、意見を押し通したいタイプ。
つまり違う点は腐るほどある。同一条件を揃える事が優秀な「ニセモノ」の条件ならば、このラクスは三流だ。
しかし返ってくる言葉は無条件の同意だった。

「そっ、そうですね! ラクス様」

……理由はサッパリ解らないが、疑いを持つ人が現れない。
みんな彼女の歌う映像を見ていないのか? ゲリラ放送で流された反戦の訴えを知らないのか?
誰も彼もが目の前の敵を滅ぼす事しか考えられない状況だったヤキンドゥーエ最終攻防戦。
あの最中で二者を敵にしながら平和を唱え、どんな手段を用いたのか戦いを集結させた絶技を覚えていないのか?

「今のラクスはあの時……敵を殺すことしか出来なかったのにね?」

子供のように運命を呪い、獣のように敵を倒す事しかしなかったミーア・キャンベルが……
運命に祝福されながらもそれを振り切り、さらに大きな事を成したラクス・クラインを演じている。
正しく皮肉だ。

「何か?」

『何でも無い』と言う意思を表すように首を横に振る。
しかし内心で嗤う笑う嗤う。プラントのコーディネーターの目は節穴なのだ。
もしかしたらこの顔と声を持つものを無条件で信奉するように、遺伝子を弄られているのかも知れない。

「余計な考えだわ……」

余りにも無意味な思考の一人遊び。上記の妄想が例え全て肯定されるとして、何になると言うのか?
私がやるべき事は軍人として、上官である議長が求めるラクス・クラインを演じきることだけだ。
歌も戦いも自分が決めた頂には到底届かぬままに尽きた。夢はもうない。ならば少しでも人の為に……


「ドン」


それは突然来た。地面が揺れる鈍くて重い衝撃。
鼓膜を揺らす爆音に続いて、甲高いサイレンが緊急事態を告げている。
軍事基地とは思えない一般人率を誇る周囲ではパニック寸前だ。
まぁドラマーやギタリスト、スタイリストにメイクさんが落ち着いてたら気持ち悪いけど……よし、私がしっかりしないと!

「みんな、落ち着いて! 不要に動くと危険よ!」

「はっはい! ラクス様」

ラクスと言う名前だけで落ち着くのか~解っていたけど腹立つな~
そんな文句を言うわけにも行かず、私は次のアクションを起こす。

「ちょっとそこの貴方!」

声をかけた相手は本来こう言った場所に居るべき人 警備担当の軍人さん。
どうやらラクス・クラインがここに居る事を知らされていたらしく、私を見つけてホッとしている。
話が通し易い相手でよかった。

「ご無事ですか!」

「問題ないわ、状況を教えて」

「はっ! ハンガーが何者かに襲撃され、最新鋭機が強奪されたそうです!」

チッ! 戦争が終結して二年の間にザフトも抜けてしまった
まぁ……一年間グータラしていた私が言っても全く説得力がないね? そうだね?
この間にも爆音と震動が止まない。巨大な銃器が火を放ち、ソレを受けたMSが爆散する衝撃だ。
つまり強奪の後に戦闘行為が発生している事を示している。

「すぐシェルターにお連れします」

「この中を歩くのも結構危ないと思うけど……」

ついつい口から漏れた私のボヤキが一気に帯びる真実味。
風を切る音、何かが飛んできた。それだけが辛うじて理解できる。
ふいに影が生まれる。何かが飛んできて人工の明かりを遮ったのだ。

「ラクス様!!」

叫び声と軽い衝撃。視界が回転し、作り物の地面と作り物の空が交互に見える。
何度か地面と熱い抱擁を交わしてから立ち上がった。目の前 少し前まで私がいた場所にあるのは巨大なナニカ。
恐らく破壊されたハンガーかMSの欠片だろう。あれ? さっきの軍人さんが居ない。

「っ!」

思わず息を呑む。状況を理解してしまった。
私が居た場所に落ちてきた巨大な瓦礫。しかし私は潰されていない。
突き飛ばされたから。ならば突き飛ばした人は?
瓦礫の下から滲み出てくる赤い赤い赤い……僅かに離れた場所にポトリと落ちているのは……千切れた片腕。

「あぁあ……あぁああ!!」

死が怖かったのではない。死はいつも直ぐ隣に居た。鋼の壁を隔てた真空の地獄。
MSサイズならば正しく紙一重の場所を通り過ぎるビームの奔流。
確かに直接的に死体を見た回数は少ないだろう。しかし叫びの本質はソコには無い。


『ラクス様!』

そう彼は最後に叫んだ。ラクスだから助けた。
命令だからだろうか? それとも命を賭けるに値するからだろうか?
けれど私はラクス・クラインじゃない。歌も戦いも途中で投げ出した半端モノ。
言われるままに自分を捨て、ゴッコ遊びに精進できる愚かモノ。

「貴方に助けてもらう資格なんて……」

恐々とした手つきで、握り締める冷たい手。
どれだけ力強く握り締めても反応は何も返ってこない。
事態を飲み込めたスタッフの一人が恐る恐る近づいてきて、一言。

「ラクス様がご無事で良かった……彼も本望でしょう」

「違う……違う……私はぁ……」

『助けてもらう価値なんて無い! 私は唯のミーア・キャンベルだ!!』
絶対に口には出せない真実の叫び。その暴露は一人の人間の死をさらに無意味な物にしてしまう。
形容できない感情を吐き出されること無く、内心で轟々と音を発てて燃え滾り始めた。
伏せていた瞳をゆっくりと開く。もし昔の私を知っている人物が見たら、その瞳は実に懐かしいものだろう。

「あった……」

危ない闘争の色に輝く瞳は捉えてしまった。
仰向けに転倒し、都合がいい事にコクピットが開いた鋼の巨人。
ピンク色に塗られようとその本質は変わっていないだろう兵器 ザク・ウォーリア。
駆け出す。後ろを見ても居なかったが、前を見ていたわけでもない。反射だった。

「ラクス様! 何を!?」

「あの機体で出撃します。貴方たちは直ぐ非難して」

何時ビームやミサイルが飛んでくるかも解らない乱戦。
生身の人間が無事に逃げ切るにはMSの護衛が不可欠だろう。

「なりません! 貴方の身に何か遭っては!」

当然とかかる静止の声は盛大に無視する。こんな時ぐらいラクスとしてのワガママも良いだろう。
軍人としての訓練をサボって久しいものの、私の体は躓く事無くザクの胸部を駆け上がった。
ヒラヒラと動きを演出するスカートが邪魔臭い。コクピットに飛び込み、数回身を捻ってシートへ座る。

「よし……戦闘機動は可能ね?」

ディスプレイには確かに光が灯り、それを見ながらキーボードを高速で叩く。
ダンスの為のプログラムを引っ込め、凍結されていた戦闘用プログラムを呼び起こす。
戦う兵器として作られながら、人の目を楽しませる為に飾られた鋼の巨人。
そんな中でも確かに戦うための術を持っている。まるでラクスを演じながら、戦うことにも惹かれる私のようだ。

「似た者同士なのかしらね?」

そう考えるとこのファンキーな機体にも愛着を覚えるというものだ。
操縦管を優しく一撫でしてから、感触を確かめるように強く握る。
フットペダルを押し込んで、わたしは桃色の巨体を起き上がらせた。
モノアイ、モニター共に良好。大きく息を吐き、一歩を踏み出す。


「ラクス・クライン! ピンクちゃん、いきま~す!!」


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027487993240356