<このWebサイトはアフィリエイト広告を使用しています。> SS投稿掲示板

その他SS投稿掲示板


[広告]


No.6296の一覧
[0] クソゲーオンライン(銀英設定パロ)[あ](2020/02/21 23:53)
[1] クソゲーオンライン2[あ](2009/02/06 20:54)
[2] クソゲーオンライン3[あ](2009/02/15 16:18)
[3] クソゲーオンライン4[あ](2009/02/24 21:54)
[4] クソゲーオンライン5[あ](2009/03/01 15:46)
[5] クソゲーオンライン6[あ](2009/03/06 22:32)
[6] クソゲーオンライン7[あ](2009/03/08 20:06)
[7] クソゲーオンライン8[あ](2009/03/14 18:30)
[8] クソゲーオンライン9[あ](2009/03/15 16:48)
[9] クソゲーオンライン10[あ](2009/03/29 16:34)
[10] クソゲーオンライン11[あ](2009/04/13 21:12)
[11] クソゲーオンライン12[あ](2009/04/26 23:20)
[12] クソゲーオンライン13[あ](2009/05/24 17:54)
[13] クソゲーオンライン14[あ](2009/05/31 15:30)
[14] クソゲーオンライン15[あ](2009/06/20 18:00)
[15] クソゲーオンライン16[あ](2009/06/29 23:02)
[16] クソゲーオンライン17[あ](2009/07/04 21:08)
[17] クソゲーオンライン18[あ](2009/07/06 22:26)
[18] クソゲーオンライン19[あ](2009/07/11 16:54)
[19] クソゲーオンライン20[あ](2009/07/19 22:44)
[20] クソゲーオンライン21[あ](2009/07/27 22:30)
[21] クソゲーオンライン22[あ](2009/08/10 21:04)
[22] クソゲーオンライン23[あ](2009/08/12 19:50)
[23] クソゲーオンライン24[あ](2009/08/16 18:43)
[24] クソゲーオンライン25[あ](2009/08/16 19:21)
[25] クソゲーオンライン26[あ](2009/09/05 20:39)
[26] クソゲーオフライン27[あ](2009/09/12 18:46)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6296] クソゲーオンライン20
Name: あ◆2cc3b8c7 ID:e0b0b385 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/07/19 22:44

舞台で繰り広げられる華やかな歌劇を支えるのは
幕の裏で忙しなく働く人々の力

歴史の表舞台で派手な群像劇が繰り広げられるのなら
舞台裏は戦場のように慌しく駆けずり回る勤勉な人々に溢れている


一人では歴史も時代も創ることは出来ないのだから・・・



■黒い情熱■


帝国と同盟の二つに挟まれた存在感の薄い小国
フェザーンに対する両国に属する大半のプレイヤー達の認識はその程度で

その国によって齎された情報によって
悲劇的な戦争イベントの火蓋が切って落とされたことなど
殆どの人が知らない。知ることのない事実


もっとも、その事実を知っているのはフェザーンでもごく一握りであったが


■■


「お二人が揃ってお越し下さるとは珍しいですな。なにか御座いましたか?」


黒狐の異名を持ち自治領主としてフェザーンのトップとして立つ男は
久方ぶりに自治領主邸に訪れた十老頭の頂点に立つ二人に
挨拶もそこそこに訪問の目的を問う


『なにかとは、そちも白々しいな。散々戦争イベントを煽って置きながら
 両国のバランスも取れずに、このフェザーンの中立を危うくしてよう言う』

『貴様が実しやかに流したサーバー負荷低減によるログアウトを信じる者は
 今やよほどの大馬鹿者か、地球教の狂信者だけだ。今や人々の恨みと憎しみは・・』


「唯一、戦争イベントを経験することなく帝国と同盟の血を啜りながら
 肥太り続けるフェザーンに向けられているとでも仰られるのですかな?」



ジョージ・ゾロリとウォーレン・パペットの糾弾ともいえる問い掛けにも
ルビンスキーは大して動じる様子も無く、他人事のようにフェザーンの窮状を述べる
その姿はどこまでも傲慢で年長者に対する敬意の欠片も無く
二人の来客に対して不遜を極めた態度を示していた


『まったく、貴様の不始末を押し付けられる我々はいい迷惑だ』

『だが、我々も貴様の生み出した騒乱で財を更に増やしたのも事実
 それに主義主張は異なれども同じ船に乗っておる事実は変わらぬ・・・
貴様はトリューニヒトの付けた手綱を精々しっかり握っておればよい
我等が帝国を抑える。用件は十老頭がする事を邪魔するな、それだけよ』


「御二方の仰りようは些か心外ですな。私が『御二人』の
不利益になるような事を、一度でもしたことがありますか?」

『いや、記憶に無いな。十老頭は君の才覚と手腕に全幅の信頼を寄せておるよ』


「有り難き御言葉。御二方のご信頼に副うべく、私も最善を尽くすとしましょう」



何度目か分からぬ白々しい会話を終えた二人の来客は
屋敷の主の会食への誘いを断り、挨拶もそこそこに自分の屋敷へと踵を返す

時が持つ価値をよく知る二人は悠長に気に入らぬ若造と
食事を取る気などさらさら無く、ルビンスキーの方も小うるさい老人と
楽しく会食するような趣味は無かったので

会食の誘いはあくまで形式的なモノに過ぎなかったが



「せいぜい、自己の力を過信した老人達に踊って貰おう事にしよう
ボルテック!トリューニヒトに伝えろ。帝国に混乱の兆し有りと!」



フェザーンの黒狐は老人達の意志ではなく、自らの意志で火遊びを続けていく・・・






歴史と世界を裏から糸で操っていると信じて疑わない
愚かな男達は自身の優秀さを証明するべく、蠢動し始める


自分達が『知る者』であると確信した彼等は
誰よりも傲慢で鼻持ちならない存在であった



■黒い情熱■


私有地においては社会的な死によるデスペナの適用が
除外されることは割りとよく知られている『レンネンカンプ』のルールであったが
それが『私有地』がゲームシステム上『街』の中と
認識されないから起こる現象とういことは余り知られていない


そう、『街』の中で出来ないプレイヤーキルが『私有地の中』では可能なのだ


もっとも、『私有地』に足を踏み入れる為には
『所有者』の許可が必要な為、同居人同士の痴情の縺れ以外に
『私有地』でプレイヤーキル『殺人事件』が起きる可能性はほぼ皆無であったのだが


遠大な目的を持って誰でも入ることが可能な『私有地』を作らせた
二人の男がその例外を『レンネンカンプ』の歴史に深く刻みこむことになる


一人の男の情熱と一人の女の献身で生まれた『子供』が大好きな『夢の国』は
老いた二匹の怪物の黒い情熱によって、惨劇の舞台へと変わろうとしていた




■正義と誇りの代償■


正義と誇りを守る為に走りきった少女とそれに引きずり回された男

彼等の出会いは簡単な契約で始まった。男は軽い気持ちでサインし
少女はそれを存分に拡大解釈して男を徹底的に利用し、容赦なく債務を履行させる


すべては、『奴隷解放』という大願成就のためだった




■■



「つっ立てないで入ったらどうだ。用があるから来たんだろ?」



眠り姫の所によってから帰宅したヘインは何故か自宅の玄関前に一人佇んでいる
余り歓迎したくない来客候補と遭遇してしまう


今回の『奴隷解放』で味を占めた少女が、また無理難題を言ってくるのでは?
そんな予感に襲われたヘインは、少女が誘いを断る事を
少しだけ期待しながら、渋々と話しかけたのだが・・・



『では遠慮なく、お邪魔させて貰います』



その願望は満たされること無く、招かれざる客を迎え入れることとなる
相手が自分の願望に沿うような行動を必ずしも取ってくれないという点では
『レンネンカンプ』の世界も現実世界と全く変わらないようである





こうして、客間に通されることになったアルフィーナであったが
ソファーに優雅に腰掛けながら、出された紅茶で喉を潤わせるだけで
焦れる家主に構う素振も無く、来訪した目的にも一向に触れる気配を見せなかったため

ヘインは歓迎せざる来訪者に訪問の目的を問うこととなる



「紅茶3杯もおかわりして、山のようにあったお茶請けは完食したんだから
 そろそろ本題に入っても良いんじゃないか?別に俺達は茶飲み友達じゃないだろ?」


『そうですわね。今更、僅かな時間を引き延ばした所で見苦しいだけ・・・
 先ずは、契約の履行について御礼申し上げます。多くの人々を救えたのは
公の御力添えが在ってこそ、本当に感謝しております。有難う御座いました』

「いや、まぁ、なんだ契約した事をしただけだよ」


真っ直ぐ過ぎる少女の謝辞にとんでもない要求を再びされるのでは?と
内心不安に思っていたヘインは完璧に虚を突かれ、あたふたと返事をする醜態を晒したが

出会った当初から想像も付かないしおらしい姿を見せる彼女は
続く言葉でヘインを動揺させるどころか、驚愕させる事にも成功する



『契約・・・、そうです。私も契約を果たす為に今日は訪ねさせて頂きました
 公は無理難題とも言える要求にも関わらず、誠実に応えて下さいました
 私もそれに報いる為、それ相応の覚悟を既にしております。公が望むなら
 この・・、この身を如何様な形で差出しても私は構わないと考えております』

「えーっと、それはどう言うことで??」


『公が心安く、このゲームを攻略するのに必要なことだと仰るのであれば
 どのような事であっても私は受け容れる覚悟をしているということです
 私のこれまでの振る舞いに憤懣やる方無いと言うのであれば、望むままに
 この身を打ち据えて頂いて構いませんし、それ以外を仰せ付けられても全て
 お受け致しましょう。無論、どのような仕打ちを受けたとしても、私は公に
 感謝こそすれ、恨むようなことは決して御座いません。全ては公の思うままに』


アルフィーナの全てを捧げるという申出は大胆で
男にとって非常に魅力的な物であったかもしれない
だが、それが全ての場合にそれが当て嵌まる訳ではなかった



「まぁ、確かに美味しい申出なのかもしれないけど、受ける気はないぞ
 酷いことした罪滅ぼしに、私に酷いことして貰っても構いませんよ的な
陳腐な自己犠牲臭プンプンな贖罪のダシに使われるなんて俺はゴメンだね」



アルフィーナの申出に返されたヘインの回答は
普段の彼からは想像も付かないぐらい冷ややかな物であった

多くの修羅場と犠牲を目にしてきたヘインにとって
アルフィーナの自分に酔った陳腐な自己犠牲感に基く申出などなんら魅力はなかったのだ
別に申出を受けて隣室で聞き耳を立てる同居人に制裁を受ける事が怖かった訳ではない



『そんな心算はありません、私は契約の対価を払おうとしているだけです
 勿論、公に過大な負担をお掛けしたことに対して、贖罪をする・・っ!!
そうでした。肝心なことを私していませんでしたね。御礼よりも先にちゃんと
貴方に謝らなきゃいけなかったんです。私、貴方に滅茶苦茶なことしたのに
ゴメンなさい。私は自分の目的のためだけに貴方達に本当に酷い事をしました
一週間しかなかったから、他の人は全然取り合ってくれないから、良い事だから
色々勝手に自分で理由付けして、親身になってくれた貴方に私は最低な事をしました』


「分かったんなら良いよ。あと、自分で始めたんだ最後まで面倒見ろよ」
『はい、必ず』






ヘインの些か厳しすぎる物言いにようやくアルフィーナは
まともな謝罪をしていなかったことに気が付き
自責の念で溢れる涙を堪えつつ、ヘインに誠心誠意を込めて謝罪した


ヘインはこれを受け入れ、解放した多数の奴隷達に責任を持つことを約束させ
それ以上を彼女に望むようなことはしなかった


ヘインも分かっていた。本当に悪いのはクソッタレな『レンネンカンプ』の世界だと
多くの人々が周りを思い遣る余裕を無くしたのも、いつ死ぬか分からぬ異常な状況下故と

しばらくして、泣き止んだ少女を見送りながら
ヘインは一刻も早い攻略が必要と決意を再び固めることになる

『レンネンカンプ』は確実に人々の精神を蝕んでいく




■辛辣な偽善者■



「大した偽善者ぶりだなヘイン」


うるせーよ。それに甘く許すだけじゃなく、ちゃんと厳しく叱っただろ?
もっとも、アイツがいたら『閣下の方も自己満足が過ぎるようで・・・』とか
そんな感じで思い切りダメだしされるんだろうな・・


「良く分かっているじゃないか。もっとも、その甘さを好ましく思う私も
大きな事は言えないが。それで、他の人達を救って少しは気が晴れたのか?」



お前、分かって言ってるだろ?相変わらずだよ・・・
晴れるわけがないってこと位は最初から分かってるって

分かってたのに、それでも別の人達を救ってみたりして・・・
あいつを守れなかったことを忘れようと足掻いちゃったんだよなぁ

まぁ、人間って言うのは弱い生き物なんだよ
その上、俺ってガラス細工のように繊細な心の持ち主だからさ~
尚更、おセンチになっちゃうんだよねぇ


「・・・」 なんか言えよ 「・・・」 悪かったな繊細じゃなくて!


けっ、どうせ俺はデリカシーの欠片も無い男だよ
良く考えたらアルフィーナに偉そうに説教する資格も無いしな
とりあえず、調子に乗って陳腐な説教なんかしちゃったけど

お前は隣の部屋でそれを笑い噛み殺しながら聞いてたんだろ?




「そんなに拗ねるなヘイン。今日は一段とらしくないな。慰めて欲しいと言うなら
お前の母親のように頭を撫でてやっても構わないし、添い寝でもしてやろうか?」


えっと、それはパスだな。うん、正直無いわって
痛っ!!痛いって蹴るな蹴るな!!抓るな地味に痛いって!!


「まったく!ここは泣きじゃくりながら私の胸に顔を埋めるのがお約束というもの
グダグダした愚痴に付き合ったのだから、それ位の見返りを貰っても良いだろう?」


いや、ホント大の男がそんなことやったらキモイだけですから
それにお前も言ってて恥ずかしくなっただろ、顔真っ赤じゃねーか?

そもそも、さっきの会話をお前が知ってること事態がおかしいんだよ
隣の部屋で当たり前のように聞き耳立ててるんじゃねーよ!
盗み聞きとかお行儀悪すぎんだよ!



「想い人の全てを知りたいと思うのは乙女のサガだろう・・・?」



いや、ダメだから!!盗聴とか犯罪ですから!!
なに得意気な顔してストーカー宣言みたいなことしてるんだよ


「相変わらずつれないなぁ。まぁ良い萎れた所を攻めても詰まらない
もう少し、活きが良くなった後にじっくり落とさせて貰う事にするさ」


その獲物を狙うような獰猛な笑みは止めてくれ
お前が見せてくれたトラウマ物の数々の光景が蘇るから

まぁ、なんだ・・・、気使ってくれた事には素直に感謝しとく。ありがとな
あと、これからもよろしく頼むぜ相棒






夕食の準備の為、その場を離れようとした食詰めに
ヘインは一応気遣ってくれたことに感謝の言葉を投げ掛け
彼女は振り返らずに手を軽く挙げ、それに応える


なんだかんだ言いつつ、長い時を過ごしてきた二人は良いコンビだった



アムリッツァ以後、いつもと変わらぬ様に見えていたヘインも
やはり、直ぐに立ち上がれるほど強くはなかった
何かをしていなければ、後悔と自責の念が自然と湧いてきた


そんな折に齎された『奴隷解放』の誘いはヘインにとって
気を紛らわすのに打って付けのものだったのだろう


義眼を失った衝撃は彼等にとって余りにも大きく
一朝一夕で何とかなるような簡単のモノではない
その辛さと悲しみで歩みを止めてしまう事もあるだろう

だが、それでも彼等は前に進み続けることが出来る
俯き足が止まりそうになれば、引っ張ってくれる仲間が傍にいるのだから



■惨劇の朝■


その日は朝から青空が広がり、気持ちの良い行楽日和だった

見返りをせがむ食詰めに押し切られ『夢の国』へ連れて行く
約束をさせられたヘインは自宅の玄関前でいつの世も変わらぬ女性の長すぎる準備に
文句をぶつぶつ言いながら待ち惚けていた


■■


『おはよう御座いま~す♪』


あぁ、おはよう御座いますって!また、お前かよ・・・
ちょっと遭遇率高すぎだろ?ストーカーNPCじゃないよな?


『もう!こんなかわいい子と朝から出会えるんだから素直に喜んでください』


うわっ、この子自分でかわいい子とか言ちゃったよ
例え事実でもそういう事は自分で言わないのがお約束なのに・・・


『そんな細かいことは気にしたら負けですよ?かわいいは正義らしいですから
 そうそう、ヘインさんちょっと前に渡したペアペンダントちゃんと付けてます?
 長く身に付ければ付けるほど効果があるものですから、大切に扱ってくださいね』


あれならホレ、恥ずかしさに耐えてちゃんと首にいつもかけてるよ
外すと誰かさんに殺されそうな位に怒られちまうからな

そういや、関係ないけどマコちゃん背伸びた?


『うーん、50点かな?こういうときは少し大人っぽくなったね的なことを
 あくまでも臭くならずに、さり気無く爽やかに言うのが満点なんですよ!』



いや、そんな碌でもない点数を貰ってもしょうがないし
それにNPCが成長しましたってのが、そもそもおかしくないか?

『全然おかしくありませーん!どこの世界でも少女は
大人の階段を三段飛びで駆け上がっていくものですから』


なんか釈然としないなぁ。まぁ良いけど
で、わざわざこんな所に来たんだから何か用があるんだろう?



『もう、せっかちすぎる男の子は女の子に嫌われちゃいますよ♪
 それに、ただ貴方に会いたいって乙女心かもしれないじゃないですか
まぁ、今回はちょっとしたお願いに来たんですけど、言いにくいというか・・・』



ほら、少ないけど持ってけ。隠しててもさっきから腹の音がまる聞こえだ
NPCの癖に腹が減って金欠ってどういうゲームだよホント変わってるな



『あははは、面目ないです。でも、なんだかんだ言いつつNPCに
ちゃんとお小遣いくれるお人好しなヘインさんも結構変わってますよ』



こっちの世界に来てから、誰かさん達のせいでタカられるのに馴れちまったんだよ
まぁ、カネが有り余る設定だから幾らでもバラ撒いて良いんだけどな

それに、無条件にバラ撒くようなマネはしてないからな
あくまで親しい人や気に入った人達だけだから、お人好しって訳じゃないからな


『うん、85点です!結構さり気無くて、今のは私もグッと来ましたよ
 ちなみに、私は親しい人か気に入った人どちらのカテに入ってます?』



訳の分からん点数を付けるなよ。なんでも点数化したり数値化するのは悪癖だと思うぞ
まぁ、どっちかていうと親しい人かな?最初は気に入らない奴だったけどな



『もう、最初のときのことは謝ったじゃないですか。それになりたい職業
魔法剣士って真顔にいうんだもん。それで笑うなって言う方が無理ですよ』



「二人とも随分楽しそうな所を済まないが、そろそろ目的地に向かいたいと思うんだが?」
 




少しだけ背の伸びた少女と暢気な男の会話は
いつも以上に気合の入った出で立ちをした少女の
少しばかり嫉妬が混じった不満そうな声で終わりを迎える

もっとも、その声に振り返った男が自分見惚れて呆けた様子が見て取れると
ぱぱっと機嫌を一瞬で直し、別れを告げるかわいらしい少女に上機嫌で手を振りながら
空いた方の手は男の腕をしっかり握り、目的地に向かわんと引っ張る





      その場所が『惨劇の舞台』になるとも知らずに・・・



  ・・・ヘイン・フォン・ブジン公爵・・・電子の小物はレベル1208・・・・・

                ~END~




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.035691022872925