その他SS投稿掲示板




No.4586の一覧
[0] アナザーエムブレム【FE封印・憑依】[海猫](2008/12/17 08:42)
[1] 第1章第2話[海猫](2008/11/22 00:26)
[2] 第1章第3話[海猫](2008/12/17 08:43)
[3] 第1章第4話[海猫](2008/12/17 08:44)
[4] 第1章第5話[海猫](2008/11/22 00:31)
[5] 第2章第1話[海猫](2009/04/11 18:12)
[6] 第2章第2話[海猫](2008/12/17 08:55)
[7] 第2章第3話[海猫](2008/12/17 08:54)
[8] 第2章第4話[海猫](2008/12/17 08:45)
[9] 第2章第5話[海猫](2008/12/17 08:51)
[10] 第2章第6話[海猫](2008/12/17 08:52)
[11] 第2章第7話[海猫](2008/12/17 08:57)
[12] 第2章第8話[海猫](2008/12/17 08:58)
[13] 第2章第9話[海猫](2008/11/22 00:17)
[14] 第2章第10話[海猫](2008/11/19 02:32)
[15] 第2章第11話[海猫](2008/11/22 00:18)
[16] 第2章第12話[海猫](2008/11/19 03:21)
[17] 第2章第13話[海猫](2008/12/17 09:00)
[18] 第3章第1話[海猫](2008/11/22 00:05)
[19] 第3章第2話[海猫](2008/11/27 01:12)
[20] 第3章第3話[海猫](2008/11/27 01:12)
[21] 第3章第4話[海猫](2008/11/27 00:19)
[22] 第3章第5話[海猫](2008/11/27 00:54)
[23] 第3章第6話[海猫](2008/12/17 09:00)
[24] 第4章第1話[海猫](2008/11/30 01:08)
[25] 第4章第2話[海猫](2008/11/30 01:10)
[26] 第4章第3話[海猫](2008/11/30 01:28)
[27] 第4章第4話[海猫](2008/11/30 01:37)
[28] 第4章第5話[海猫](2008/12/17 09:01)
[29] 第4章第6話[海猫](2009/03/01 16:18)
[30] 第4章第7話[海猫](2008/12/01 21:29)
[31] 第4章第8話[海猫](2009/09/08 21:22)
[32] 第4章第9話[海猫](2008/12/17 09:04)
[33] 第4章第10話[海猫](2008/12/17 09:06)
[34] 第4章第11話[海猫](2008/12/17 09:07)
[35] 第4章第12話[海猫](2008/12/14 21:23)
[36] 第4章第13話[海猫](2009/01/08 04:46)
[37] 第5章第1話[海猫](2009/01/08 04:46)
[38] 第5章第2話[海猫](2008/12/18 20:27)
[39] 第5章第3話[海猫](2009/01/14 16:23)
[40] 第5章第4話[海猫](2009/01/08 09:57)
[41] 第5章第5話[海猫](2009/01/18 00:05)
[42] 第6章第1話[海猫](2009/09/08 21:20)
[43] 第6章第2話[海猫](2009/01/28 20:49)
[44] 第6章第3話[海猫](2009/01/17 23:21)
[45] 第6章第4話[海猫](2009/01/17 23:18)
[46] 第6章第5話[海猫](2009/01/17 23:23)
[47] 第6章第6話[海猫](2009/02/28 14:58)
[48] 第6章第7話[海猫](2009/01/17 23:58)
[49] 第6章第8話[海猫](2009/01/18 00:07)
[50] 第6章第9話[海猫](2009/01/29 01:16)
[51] 第6章第10話[海猫](2009/01/29 01:00)
[52] 第6章第11話[海猫](2009/02/28 16:28)
[53] 第6章第12話[海猫](2009/02/28 16:30)
[54] 第6章第13話[海猫](2009/02/28 14:52)
[55] 登場人物リスト(暫定)[海猫](2009/01/28 20:59)
[56] 第7章第1話[海猫](2009/02/28 15:54)
[57] 第7章第2話[海猫](2009/03/01 20:18)
[58] 第7章第3話[海猫](2009/02/28 16:01)
[59] 第7章第4話[海猫](2009/02/28 16:09)
[60] 第7章第5話[海猫](2009/03/01 20:26)
[61] 第8章第1話[海猫](2009/03/01 16:27)
[62] 第8章第2話[海猫](2009/03/01 16:33)
[63] 第8章第3話[海猫](2009/04/11 17:42)
[64] 第8章第4話[海猫](2009/10/04 20:37)
[65] 第8章第5話[海猫](2009/09/08 21:17)
[66] 第8章第6話[海猫](2009/09/08 21:55)
[67] 第8章第7話[海猫](2009/09/08 22:04)
[68] 第8章第8話[海猫](2009/10/04 20:38)
[69] 第8章第9話 ― ここから[海猫](2009/10/04 20:38)
[70] 第8章第10話[海猫](2009/10/04 20:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4586] 第8章第5話
Name: 海猫◆2aa27027 ID:b53b5944 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/09/08 21:17


 オスティア、フェレ、ラウス。リキア地方で大きい力を持っている諸侯をあげれば、この三つになるだろう。オスティアは経済力とすぐれた重装歩兵を持ち、ラウスは良馬の産地であり、優れた騎兵を持っている。

 では、フェレは?

 領地、産業、人口、どれを取っても『そこそこ』としか答えられない。兵士が鬼のように強いとか、そんな事実はどこにもない。ならば、何故フェレがオスティアやラウスと並びたり得るのか。

 それは、トップが有能すぎるからである。

 政治、軍略、商才。あらゆる才能に恵まれている超人。それが、フェレ侯爵である。

 しかし、フェレ侯は運に見放されている一族であった。


    【第8章・第5話】


 フェレ侯爵、公子ロイが領地に帰参することが許されたのは、交渉開始から半年後のことだった。ゼフィール王のサカ地方への宣戦布告よりも前から、ロイはオスティアを脱出しようとしていたのである。

「不幸中の幸いだったな。父上が病気で倒れられてからも、粘り続けていた甲斐があった。ゼフィール王の宣戦布告から交渉を開始していたら、フェレが制圧されてから、ようやく帰参が許されていたかもしれない」

 馬上で呟くロイ。その傍で、ウォルトは首を縦に振っていた。意味はわからないが、とりあえず頷いておいたというような態度である。

 ウォルトは、ロイの乳母兄弟である。だが、それだけだ。母から弓の手ほどきを受けているが、君主の教育を受けたわけでもなく、政治的な話をされても理解できるわけがない。

「ベルンがサカとイリアを平定して、それで終わればいい。だが、間違いなくその次はリキアだ。病床の父上では、この流れに抗しきることはできないだろう。さて、どうしたものか」

 ベルンが攻めてくる。それを聞いて、ウォルトは小便を漏しそうになった。ガクブル震えていると、ロイが「武者震いか」とほざき出して、さらに泣きそうになる。

「やめましょうよ。装備の質も、断然こちらが劣ってますし、今のままでは勝てません」

「たしかに、こればかりはどうにもならないな。エトルリアかオスティアから、どうにかして資金を供出させるか。貸与という題目で出させればいい。あとで白紙にすればいいだけの話だ」

 ロイは勝手に頷き、やたらと眩しい目差しをウォルトに注ぐ。

「よく言ってくれた、ウォルト。君の助言がなければ、僕がこのことに戦争が始まるまで気付けなかっただろう」

「い、いえ、そう言うわけではなくってですね、ベルンには勝てませんって言いたいわけで。ほら、補給だって今のままでは続きませんよ。戦時になれば、増税しないと賄えませんよ?」

「そうだな。フェレは税の徴収が緩やかだ。今の内から備蓄するか、買い集めておかなければならないな。流石はウォルト。僕が忘れていたことを、次々と指摘してくれる」

「あ、あの……」

「それにしても、僕はいい家臣に恵まれているよ。老練なマーカス、猛将アレン、知勇兼備のランス、そして僕の右腕たるウォルト。これなら、ベルンと戦い抜けそうな気がする」

「…………」

 ウォルトは滝のような汗を流し、首を横に振った。だから、ベルンには勝てませんて。さっさと降伏しましょうよ。半泣きでそう言うと、ロイは「ウォルトは諸侯に裏切りが出ると言うのか! いや、まさか……」と考え出す。

「……うぅ、もうそれでいいっす」

 ウォルトはロイの右斜め後方でうな垂れた。


    ――――


 弓の腕は、色眼鏡を付けて見ても平凡。そこらの狩人を捕まえた方が、戦力になるだろう。それでもなお、ロイはウォルトを評価していた。弓使いだからなのか、視野の広さはロイなどでは到底及ばないほどである。

 そのウォルトが、後ろに下がった。ロイは背後を振り返る。

「――――ッ!」

 弓矢が、ロイを狙っていた。その射線上に、ウォルトは立っていた。悲壮感に満ちた表情をしている。身を挺してロイを守ろうとしているのだ。

 幸い、矢は命中しなかった。ランスが投じた手槍で、弓手は貫かれて絶命した。

「ロイ様! ご無事で!」

「大事ない。しかし、これは」

「山賊です。我らを商隊と勘違いして、襲い掛かってきたのでしょう」

 ロイは周囲を見回した。オスティアからの帰郷のため、護衛の二十騎が今の全兵力である。ヘクトルから護衛にボールスという男を付けられそうになったが、それはウォルトからの進言を入れて断っていた。

 重装歩兵を引き連れれば、それだけ帰参が遅れることになる。しかし、それよりもボールスに与えられた役目を考えれば、受け入れることはできなかった。護衛は建前で、真実は監視なのだ。

「て、ててて、敵の数は!?」

「少なく見積もっても、五十だな」

「そんなの、勝てっこないです!」

 悲鳴を上げるウォルトに、アレンが不敵な笑みを見せた。ロイも、小さく笑みを浮かべる。

「たしかに、勝てっこないな。ロイ様、先鋒はぜひとも私めにお任せを」

「山賊がたかが五十。僕たちの敵ではない。アレン、大将首を持ち帰れ」

 アレンを先頭に騎馬が突撃する。ウォルトがやけくそ気味に矢を放った。

 その矢が、騎乗していた敵のひとりに命中する。その懐から、赤い表紙の本が転がった。

「魔道士か! でかしたぞ、ウォルト!」

「い、いや……どう言うことですか?」

「食い詰めて山賊になる魔道士もいると聞いたことがあるが、まさか真実だったとはな。しかし、それを一目で見抜いて射貫いてしまうとは、流石はウォルトだ」

「そんな! 偶然ですよ!」

 もし、魔道士の存在に気付けなければ、大きな被害が出ていただろう。

 ロイは謙遜するウォルトを見て、誇らしい気持ちになった。


    ――――


 エリウッドは、病床に横たわりながら、マーカスの報告を聞いていた。

「サカは、落ちるか」

「最低でも二月ほどで陥落するでしょう。戦後処理が一息付くまでおよそ半年にございます」

「速いな」

 小さく呟き、エリウッドは目蓋を閉じた。胸が苦しかった。身体は病魔に冒されている。戦場に立つことは、もうできない。デュランダルを片手で握っていた腕は痩せ細っている。だが、まだ頭は動いていた。剣を握ることだけが戦いではないのだ。

「兵力、装備、補給、すべてが足らん。だが、私は戦おうと思う」

「私を含め、家臣たちは、どんなご命令であろうとも従う所存でございます」

 表情を変えずに言うマーカスに、エリウッドは何の反応も返さなかった。

 ただ、小声で、こう言った。

「手始めに、ラウスを潰すか」

 マーカスは、何の反応も返さない。

 使用人が扉を叩くまで、沈黙が五分ほど続いた。マーカスが取り次ぎ、束になった書状を受け取ってエリウッドの傍まで戻る。国内だけでなく、他国の諸侯からもフェレの対応を窺う内容が多かった。フェレ侯爵の動きが、他方から注目されている証拠だった。

「ブラミモンド夫人からのお手紙ですな」

「ほぅ、リリーナからか」

「ロイ様宛ての物もございますが」

「燃やしておけ」

 マーカスは無表情のまま頷き、書状を懐に収めた。後で焼いたことにするのだろう。おそらく、書状はロイの手に渡る。だが、エリウッドは何も言わなかった。

 ロイの前で見せる、温厚な父親の顔はどこにもない。

 そこにあるのは、無数の豪族から領土を守り続けた、表裏比興の者の顔だった。



前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.026938199996948