その他SS投稿掲示板




No.4586の一覧
[0] アナザーエムブレム【FE封印・憑依】[海猫](2008/12/17 08:42)
[1] 第1章第2話[海猫](2008/11/22 00:26)
[2] 第1章第3話[海猫](2008/12/17 08:43)
[3] 第1章第4話[海猫](2008/12/17 08:44)
[4] 第1章第5話[海猫](2008/11/22 00:31)
[5] 第2章第1話[海猫](2009/04/11 18:12)
[6] 第2章第2話[海猫](2008/12/17 08:55)
[7] 第2章第3話[海猫](2008/12/17 08:54)
[8] 第2章第4話[海猫](2008/12/17 08:45)
[9] 第2章第5話[海猫](2008/12/17 08:51)
[10] 第2章第6話[海猫](2008/12/17 08:52)
[11] 第2章第7話[海猫](2008/12/17 08:57)
[12] 第2章第8話[海猫](2008/12/17 08:58)
[13] 第2章第9話[海猫](2008/11/22 00:17)
[14] 第2章第10話[海猫](2008/11/19 02:32)
[15] 第2章第11話[海猫](2008/11/22 00:18)
[16] 第2章第12話[海猫](2008/11/19 03:21)
[17] 第2章第13話[海猫](2008/12/17 09:00)
[18] 第3章第1話[海猫](2008/11/22 00:05)
[19] 第3章第2話[海猫](2008/11/27 01:12)
[20] 第3章第3話[海猫](2008/11/27 01:12)
[21] 第3章第4話[海猫](2008/11/27 00:19)
[22] 第3章第5話[海猫](2008/11/27 00:54)
[23] 第3章第6話[海猫](2008/12/17 09:00)
[24] 第4章第1話[海猫](2008/11/30 01:08)
[25] 第4章第2話[海猫](2008/11/30 01:10)
[26] 第4章第3話[海猫](2008/11/30 01:28)
[27] 第4章第4話[海猫](2008/11/30 01:37)
[28] 第4章第5話[海猫](2008/12/17 09:01)
[29] 第4章第6話[海猫](2009/03/01 16:18)
[30] 第4章第7話[海猫](2008/12/01 21:29)
[31] 第4章第8話[海猫](2009/09/08 21:22)
[32] 第4章第9話[海猫](2008/12/17 09:04)
[33] 第4章第10話[海猫](2008/12/17 09:06)
[34] 第4章第11話[海猫](2008/12/17 09:07)
[35] 第4章第12話[海猫](2008/12/14 21:23)
[36] 第4章第13話[海猫](2009/01/08 04:46)
[37] 第5章第1話[海猫](2009/01/08 04:46)
[38] 第5章第2話[海猫](2008/12/18 20:27)
[39] 第5章第3話[海猫](2009/01/14 16:23)
[40] 第5章第4話[海猫](2009/01/08 09:57)
[41] 第5章第5話[海猫](2009/01/18 00:05)
[42] 第6章第1話[海猫](2009/09/08 21:20)
[43] 第6章第2話[海猫](2009/01/28 20:49)
[44] 第6章第3話[海猫](2009/01/17 23:21)
[45] 第6章第4話[海猫](2009/01/17 23:18)
[46] 第6章第5話[海猫](2009/01/17 23:23)
[47] 第6章第6話[海猫](2009/02/28 14:58)
[48] 第6章第7話[海猫](2009/01/17 23:58)
[49] 第6章第8話[海猫](2009/01/18 00:07)
[50] 第6章第9話[海猫](2009/01/29 01:16)
[51] 第6章第10話[海猫](2009/01/29 01:00)
[52] 第6章第11話[海猫](2009/02/28 16:28)
[53] 第6章第12話[海猫](2009/02/28 16:30)
[54] 第6章第13話[海猫](2009/02/28 14:52)
[55] 登場人物リスト(暫定)[海猫](2009/01/28 20:59)
[56] 第7章第1話[海猫](2009/02/28 15:54)
[57] 第7章第2話[海猫](2009/03/01 20:18)
[58] 第7章第3話[海猫](2009/02/28 16:01)
[59] 第7章第4話[海猫](2009/02/28 16:09)
[60] 第7章第5話[海猫](2009/03/01 20:26)
[61] 第8章第1話[海猫](2009/03/01 16:27)
[62] 第8章第2話[海猫](2009/03/01 16:33)
[63] 第8章第3話[海猫](2009/04/11 17:42)
[64] 第8章第4話[海猫](2009/10/04 20:37)
[65] 第8章第5話[海猫](2009/09/08 21:17)
[66] 第8章第6話[海猫](2009/09/08 21:55)
[67] 第8章第7話[海猫](2009/09/08 22:04)
[68] 第8章第8話[海猫](2009/10/04 20:38)
[69] 第8章第9話 ― ここから[海猫](2009/10/04 20:38)
[70] 第8章第10話[海猫](2009/10/04 20:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4586] 第7章第2話
Name: 海猫◆7a85c8bf ID:8aa25c5b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/03/01 20:18
 物心付いた頃から父親から、それこそ蛇蝎のごとく忌み嫌われていた。同じ城にいても顔を合わせるのは月に一度もなく、妹と話していると頬を殴られる。

 そんな幼年時代を送ってきた青年――名をゼフィールといった。

 父は息子の才能を疎み、勉学や武芸などで並々ならぬ結果を残しても、それを未熟だと罵った。稀代の賢者さえ褒め称えたゼフィールの才能は、デズモンドにとって妬ましいものでしかなかったのである。

 成人するまで純真さを失わなかったのは、奇跡ともいえよう。

 しかし、この頃には青年の心はすでに壊れそうになっていた。

 ある日のこと――。

「父上、思えば私は父上との会食は初めてでございます」

 若き日のゼフィールは、二人きりで食卓を囲んでいた。

 本来なら長大なテーブルを跨いで向かい合うところだったが、デズモンドのはからいによりゼフィールは父の側に寄ることを許されていた。

 最初こそゼフィールは瞳に喜色を満たしていたが、やがてその瞳はどんよりと光を失っていった。

「……はよう食え」

 食卓に並べられた山海の珍味。ゼフィールは震える手でそれに触れた。

 ゼフィールは指輪をしている。銀製であった。それが、変色していた。

 怒りと悲しみ、悔しさにゼフィールは涙する。

「父上。……これが父親が息子に食わせる最初の料理ですか!」

「貴様、わしがわざわざ用意してやったものを、食えんと申すのか?」

「いいでしょう! ならば、食らってみせましょう!」

 ゼフィールは堰を切ったかのように胸の中のものを吐き出した。

「これが父親の所業なら、息子である私はすべて受け止めてみせましょう! ですが、お覚悟めされよ!」

「覚悟とは何ぞ?」

「貴方の背を見て育った私が、生き延びれば何をするのか。それを覚悟せよと申しているのです」

「………………」

 手に握りしめたものを口に放り込む。遠のく意識の中、ゼフィールが見たのはデズモンドの笑顔だった。皮肉にも毒を食らったがために、ようやく父親の笑顔を見ることができたのである。


    【第7章・第2話】


 草原。ひとえにそう呼ばれるサカの大地だが、潤沢な草葉が生えている土地はそれほど多くなく、実際は砂漠と変わらない不毛の大地が広がるばかりであった。各部族の抗争で幾多の血が流されてきたのも、そのためである。

 ここにクシャナ族が抜けた穴を埋め合わせするように、テリトリーを広げた部族がいた。

 ルル族。

 元々それほど好戦的ではなく、和を重んじる部族であった。クシャナ族の非戦闘員追撃を唯一止めようとした部族でもあった。そのためサカ最大の部族、クトラ族からの信用を受けて、クシャナ族の領地を任されることになったという理由があった。

 その部族が今、火にさらされていた。

「おのれ、ジュテ族め――!」

 突然の奇襲だった。火矢がゲルに突き刺さり、多くの非戦闘員が焼け出された。迎撃の準備が整った時には、敵の騎兵が集落に入り込んでおり、すでにまともな戦闘にはならなかった。

 ルル族の族長は悔しさに歯を噛み締め、流された血の量に涙する。

 ジュテ族の騎兵が、ルル部族の女性の髪を引きずっているのが見えた。だが、壊滅状態のルル族には、それを止める術はない。

「何故だ! 何故、このようなことを!?」

「ほう、まだ逃げ遅れた者がいたか。……おや、貴様はルル族の長ではないか」

 奇遇ですなぁ、と笑っているのは、ジュテ族の族長モンケだった。

 モンケは友人と談笑するような調子で、ルル族の長に話しかける。

「貴様は昔から要領が悪かったからなぁ」

「………………何故だ?」

「何故と問うか。今更だがな、それもわからんのか」

 モンケは笑う。それは、狂信者の笑みだった。

「サカは、新たな統治者を必要としているのだよ。それも、他国と渡り合えるほどの頑強な政体を持つ統治者だ。これは、サカ統一戦争の序幕だ」

「……貴様、英雄になったつもりか!?」

 モンケは答えず、弓を引いた。

 野蛮な部族統治。他国からは侮られ、攻め込まれれば滅びを待つしかない国。いや、これを国と言えるだろうか。「侵略する者には団結して戦う」という部族の掟だけでは、戦乱を生き抜くことはできない。

「英雄願望もあるだろう。だが……」

 モンケはサカを統一する必要があると考えた。他ならぬ、自分の手によって。


    ――


 ナーシェンに立ち向かった宿敵は星の数ほど存在しているが、その中でも英雄と呼ばれる者――例えば『フェレの竜公子』ロイ、『亡国の貴公子』クレイン、『王国の盾』ダグラスを筆頭とするエトルリア三軍将などが上げられるが、ちょっと歴史に詳しい者なら、まずこの者を上げるだろう。

 ――ベルトラン兄弟。

 ベルトラン子爵、兄のゲクランと弟のエマヌエル。

 元は男爵家という下級貴族の出身でありながらロアーツに重用され、主にサカ地方への計略を担当した謀将である。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.028199911117554