その他SS投稿掲示板




No.4586の一覧
[0] アナザーエムブレム【FE封印・憑依】[海猫](2008/12/17 08:42)
[1] 第1章第2話[海猫](2008/11/22 00:26)
[2] 第1章第3話[海猫](2008/12/17 08:43)
[3] 第1章第4話[海猫](2008/12/17 08:44)
[4] 第1章第5話[海猫](2008/11/22 00:31)
[5] 第2章第1話[海猫](2009/04/11 18:12)
[6] 第2章第2話[海猫](2008/12/17 08:55)
[7] 第2章第3話[海猫](2008/12/17 08:54)
[8] 第2章第4話[海猫](2008/12/17 08:45)
[9] 第2章第5話[海猫](2008/12/17 08:51)
[10] 第2章第6話[海猫](2008/12/17 08:52)
[11] 第2章第7話[海猫](2008/12/17 08:57)
[12] 第2章第8話[海猫](2008/12/17 08:58)
[13] 第2章第9話[海猫](2008/11/22 00:17)
[14] 第2章第10話[海猫](2008/11/19 02:32)
[15] 第2章第11話[海猫](2008/11/22 00:18)
[16] 第2章第12話[海猫](2008/11/19 03:21)
[17] 第2章第13話[海猫](2008/12/17 09:00)
[18] 第3章第1話[海猫](2008/11/22 00:05)
[19] 第3章第2話[海猫](2008/11/27 01:12)
[20] 第3章第3話[海猫](2008/11/27 01:12)
[21] 第3章第4話[海猫](2008/11/27 00:19)
[22] 第3章第5話[海猫](2008/11/27 00:54)
[23] 第3章第6話[海猫](2008/12/17 09:00)
[24] 第4章第1話[海猫](2008/11/30 01:08)
[25] 第4章第2話[海猫](2008/11/30 01:10)
[26] 第4章第3話[海猫](2008/11/30 01:28)
[27] 第4章第4話[海猫](2008/11/30 01:37)
[28] 第4章第5話[海猫](2008/12/17 09:01)
[29] 第4章第6話[海猫](2009/03/01 16:18)
[30] 第4章第7話[海猫](2008/12/01 21:29)
[31] 第4章第8話[海猫](2009/09/08 21:22)
[32] 第4章第9話[海猫](2008/12/17 09:04)
[33] 第4章第10話[海猫](2008/12/17 09:06)
[34] 第4章第11話[海猫](2008/12/17 09:07)
[35] 第4章第12話[海猫](2008/12/14 21:23)
[36] 第4章第13話[海猫](2009/01/08 04:46)
[37] 第5章第1話[海猫](2009/01/08 04:46)
[38] 第5章第2話[海猫](2008/12/18 20:27)
[39] 第5章第3話[海猫](2009/01/14 16:23)
[40] 第5章第4話[海猫](2009/01/08 09:57)
[41] 第5章第5話[海猫](2009/01/18 00:05)
[42] 第6章第1話[海猫](2009/09/08 21:20)
[43] 第6章第2話[海猫](2009/01/28 20:49)
[44] 第6章第3話[海猫](2009/01/17 23:21)
[45] 第6章第4話[海猫](2009/01/17 23:18)
[46] 第6章第5話[海猫](2009/01/17 23:23)
[47] 第6章第6話[海猫](2009/02/28 14:58)
[48] 第6章第7話[海猫](2009/01/17 23:58)
[49] 第6章第8話[海猫](2009/01/18 00:07)
[50] 第6章第9話[海猫](2009/01/29 01:16)
[51] 第6章第10話[海猫](2009/01/29 01:00)
[52] 第6章第11話[海猫](2009/02/28 16:28)
[53] 第6章第12話[海猫](2009/02/28 16:30)
[54] 第6章第13話[海猫](2009/02/28 14:52)
[55] 登場人物リスト(暫定)[海猫](2009/01/28 20:59)
[56] 第7章第1話[海猫](2009/02/28 15:54)
[57] 第7章第2話[海猫](2009/03/01 20:18)
[58] 第7章第3話[海猫](2009/02/28 16:01)
[59] 第7章第4話[海猫](2009/02/28 16:09)
[60] 第7章第5話[海猫](2009/03/01 20:26)
[61] 第8章第1話[海猫](2009/03/01 16:27)
[62] 第8章第2話[海猫](2009/03/01 16:33)
[63] 第8章第3話[海猫](2009/04/11 17:42)
[64] 第8章第4話[海猫](2009/10/04 20:37)
[65] 第8章第5話[海猫](2009/09/08 21:17)
[66] 第8章第6話[海猫](2009/09/08 21:55)
[67] 第8章第7話[海猫](2009/09/08 22:04)
[68] 第8章第8話[海猫](2009/10/04 20:38)
[69] 第8章第9話 ― ここから[海猫](2009/10/04 20:38)
[70] 第8章第10話[海猫](2009/10/04 20:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4586] 第6章第1話
Name: 海猫◆7a85c8bf ID:8aa25c5b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/09/08 21:20

 ナーシェンは作成した年表に目を通していた。

 現在の暦は995年。残された年月はあと五年。それまでに、選択しなければならない。

 ――ベルンか、世界か。

「ナーシェン様?」

 ジェミーがベッドから身を起こす。蝋燭で照らされた青年の横顔は苦悩に満ちていた。

「……幸せだ。今、私は幸せだ。だが」

 それも、あと五年で終わる。

「大丈夫ですよ」

「………そうか」

「ええ、大丈夫です」

 背中に触れる双丘、そして心臓の鼓動。ナーシェンが守るべきものだった。

 そしてジェミーの微笑み。それが、ナーシェンの心を守っていた。


「大丈夫ですよ。だって、ナーシェンさまですから!」


    ―――


エレブ新暦 時系列表

 970年 コンウォル侯爵家、取り潰される

 976年 ナーシェン誕生

 980年 烈火の剣 八神将アトス逝去

 985年 ロイ、リリーナ誕生
      同年、ベルン王国にてゼフィールが即位する

 988年 ナーシェン(十二歳)、財政改革を始める ――【第1章】

 989年 ナーシェン(十三歳)、家督相続、トラヒム派失脚、ベルン北部同盟発足 ――【第2章】

 993年 ナーシェン(十七歳)、ブラミモンド家の名籍を継ぐ
       同年、エトルリア王国宰相ロアーツの主導でベルン王国が侵略される ――【第4章】

 994年 オスティア公女リリーナ、ブラミモンド家に嫁ぐ、ジェミーが側室に入る ――【第5章】



 999年 エトルリア王国ミルディン王子、落馬事故で急逝






    ―――1000年 エレブ動乱―――





    【第6章・第1話】


 ナーシェサンドリア~オスティア経路の街道に巨漢の山賊が出没している……という住民からの苦情が出ており、ナーシェンはその調査を剣術指南役のカレルに命じた。と言うより、カレルが自ら志願してきたのだった。

 ニート侍がめずらしい、といぶかしむナーシェンだったが、カレルの思惑はすぐにわかった。要するに、公務と称した休暇を欲しがっているのだ。屋敷で剣術を教えるのも億劫なのかと呆れるしかなかった。

 剣聖カレル。傍目から見ればカレルは物欲少なく、また色に耽ることもなく、ただひたすら剣の道を追求する清廉潔白な人物である。子どもたちが独り立ちした今、多額の給金は溜まっていくばかりとのこと。

 カレルだけに枯れる、と。本人の前でそう言ったナーシェンの首の皮三寸のところを風が通り過ぎた。これを見た者は久しぶりに思い出すことになる。抜刀斎おそるべし。

「しかし、まさかこんなところで君に会うことになるとはね」

 街道を徒歩で行きながら、カレルは溜息をこぼした。

 相手はその溜息の意味に気付かぬまま、豪快に笑い出す。

「ガハハッ、たしかになぁ。わしも、まさかあのカレル殿がこのような場所にいるとは思ってもみなかったぞ。しかし、息災のようで何より。ほぅれ、娘もこのように大きくなっておる」

「わわっ! ち、父上! 何をするのです!」

 背中をドンと押し出された十歳ほどの小娘が、体勢を崩してカレルの前に飛び出す。立ち振る舞いには隙がなかったが(カレルにとっては隙だらけであった)、義弟・筋肉ダルマの馬鹿力に、ちょっぴり涙を浮かべている。

 しかし、なるほど――。

 見れば見るほど、妹に似ている。

「そう言えば、直接まみえるのは初めてだったかな。私はカレル。君の母の兄だった男だ」

 兄“だった”という部分に影があったが、鈍感男と天然娘が気付くわけがない。

 姪の少女は剣聖カレルの名に両目をキラキラと輝かせた。

「お初にお目にかかります。武人バアトルと剣姫カアラの娘、フィルと申します。よろしければ、この後、剣の手ほどきをお願いしてもよろしいでしょうか?」

「……そうだね、また今度」

「では、今晩にでも」

「いや、ちょっと急すぎないかな?」

「では、明日の晩に」

「………ああ、そうだね」

 似ている。その真っ直ぐさは、妹を思い出させる。そして頭が痛くなるのだが、妹の天然というか、空気を読まないところも受け継いでしまったらしい。

 カレルの主君曰く、カレルの妹は素直クール。会ったこともないのによくわかる――と、カレルは背筋の寒い思いをしたが、諜報網の拡大に力を入れているナーシェンにできないことではないと、無理矢理おのれを納得させたことがある。

「ところで、君たちは相変わらず武者修行の旅をしているのかな?」

「ああ、娘とともに強者を探して諸国を回っておるところでな。エトルリアはチンケな悪党ばかりだったが、尚武の国ベルンでは少なくとも退屈はせんよ」

「たしかに、退屈はしませんが。父上の無鉄砲さに何度死ぬような目にあったことか……」

 フィルは肩を落とす。年齢に似合わない哀愁が漂っていた。

 和気藹々とした旅路の途中。カレルが巨漢の山賊について心当たりはないかと尋ねると、バアトルは「わしのことかもしれんな」と冗談では済まないことを言い出した。

「――ってカレル殿ぉ!? な、何故に腰のものに手をかけておられるので!?」

「………………」

 カレルは動揺するバアトルを視線で咎め、指を唇に置いた。喋るな、ということである。

 フィルが頷いて、音を立てずに腰のものを抜刀する。

 カレルの視線は街道沿いの田園、その傍に設置された納屋に向けられていた。微かに血の臭いが漂っている。フィルは小声で「叔父上?」と尋ねた。

 カレルは気配を殺して納屋に踏み込んだ。

「………君は」

 僅かに眉を動かす。満身創痍の女性が、納屋に積まれた麦藁に寄りかかっていた。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.033517122268677