その他SS投稿掲示板




No.4586の一覧
[0] アナザーエムブレム【FE封印・憑依】[海猫](2008/12/17 08:42)
[1] 第1章第2話[海猫](2008/11/22 00:26)
[2] 第1章第3話[海猫](2008/12/17 08:43)
[3] 第1章第4話[海猫](2008/12/17 08:44)
[4] 第1章第5話[海猫](2008/11/22 00:31)
[5] 第2章第1話[海猫](2009/04/11 18:12)
[6] 第2章第2話[海猫](2008/12/17 08:55)
[7] 第2章第3話[海猫](2008/12/17 08:54)
[8] 第2章第4話[海猫](2008/12/17 08:45)
[9] 第2章第5話[海猫](2008/12/17 08:51)
[10] 第2章第6話[海猫](2008/12/17 08:52)
[11] 第2章第7話[海猫](2008/12/17 08:57)
[12] 第2章第8話[海猫](2008/12/17 08:58)
[13] 第2章第9話[海猫](2008/11/22 00:17)
[14] 第2章第10話[海猫](2008/11/19 02:32)
[15] 第2章第11話[海猫](2008/11/22 00:18)
[16] 第2章第12話[海猫](2008/11/19 03:21)
[17] 第2章第13話[海猫](2008/12/17 09:00)
[18] 第3章第1話[海猫](2008/11/22 00:05)
[19] 第3章第2話[海猫](2008/11/27 01:12)
[20] 第3章第3話[海猫](2008/11/27 01:12)
[21] 第3章第4話[海猫](2008/11/27 00:19)
[22] 第3章第5話[海猫](2008/11/27 00:54)
[23] 第3章第6話[海猫](2008/12/17 09:00)
[24] 第4章第1話[海猫](2008/11/30 01:08)
[25] 第4章第2話[海猫](2008/11/30 01:10)
[26] 第4章第3話[海猫](2008/11/30 01:28)
[27] 第4章第4話[海猫](2008/11/30 01:37)
[28] 第4章第5話[海猫](2008/12/17 09:01)
[29] 第4章第6話[海猫](2009/03/01 16:18)
[30] 第4章第7話[海猫](2008/12/01 21:29)
[31] 第4章第8話[海猫](2009/09/08 21:22)
[32] 第4章第9話[海猫](2008/12/17 09:04)
[33] 第4章第10話[海猫](2008/12/17 09:06)
[34] 第4章第11話[海猫](2008/12/17 09:07)
[35] 第4章第12話[海猫](2008/12/14 21:23)
[36] 第4章第13話[海猫](2009/01/08 04:46)
[37] 第5章第1話[海猫](2009/01/08 04:46)
[38] 第5章第2話[海猫](2008/12/18 20:27)
[39] 第5章第3話[海猫](2009/01/14 16:23)
[40] 第5章第4話[海猫](2009/01/08 09:57)
[41] 第5章第5話[海猫](2009/01/18 00:05)
[42] 第6章第1話[海猫](2009/09/08 21:20)
[43] 第6章第2話[海猫](2009/01/28 20:49)
[44] 第6章第3話[海猫](2009/01/17 23:21)
[45] 第6章第4話[海猫](2009/01/17 23:18)
[46] 第6章第5話[海猫](2009/01/17 23:23)
[47] 第6章第6話[海猫](2009/02/28 14:58)
[48] 第6章第7話[海猫](2009/01/17 23:58)
[49] 第6章第8話[海猫](2009/01/18 00:07)
[50] 第6章第9話[海猫](2009/01/29 01:16)
[51] 第6章第10話[海猫](2009/01/29 01:00)
[52] 第6章第11話[海猫](2009/02/28 16:28)
[53] 第6章第12話[海猫](2009/02/28 16:30)
[54] 第6章第13話[海猫](2009/02/28 14:52)
[55] 登場人物リスト(暫定)[海猫](2009/01/28 20:59)
[56] 第7章第1話[海猫](2009/02/28 15:54)
[57] 第7章第2話[海猫](2009/03/01 20:18)
[58] 第7章第3話[海猫](2009/02/28 16:01)
[59] 第7章第4話[海猫](2009/02/28 16:09)
[60] 第7章第5話[海猫](2009/03/01 20:26)
[61] 第8章第1話[海猫](2009/03/01 16:27)
[62] 第8章第2話[海猫](2009/03/01 16:33)
[63] 第8章第3話[海猫](2009/04/11 17:42)
[64] 第8章第4話[海猫](2009/10/04 20:37)
[65] 第8章第5話[海猫](2009/09/08 21:17)
[66] 第8章第6話[海猫](2009/09/08 21:55)
[67] 第8章第7話[海猫](2009/09/08 22:04)
[68] 第8章第8話[海猫](2009/10/04 20:38)
[69] 第8章第9話 ― ここから[海猫](2009/10/04 20:38)
[70] 第8章第10話[海猫](2009/10/04 20:48)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4586] 第2章第6話
Name: 海猫◆7a85c8bf ID:8aa25c5b 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/12/17 08:52
「ふっふっふー」

 ナーシェンの口元から不気味な声が漏れる。

 従者の騎士たちが顔を見合わせ、無言で離れていくことを気に留めず、ナーシェンは草原の中心にポツンと建っている建物を見上げた。

 切り出した石造りの建物で、入口の脇にはパラソルが広げられている。その下にはテーブルと椅子が設置されていた。

 一階と二階の間に大きな看板があり、そこには『喫茶ナーシェン』と書かれている。

「ついに私も一国一城の主か……」

 感慨深そうに呟くナーシェンだが、一国一城の主は今さらである。

 ともあれ、喫茶店である。

 ナーシェンは商売品のお茶を広めたかったのだが、そのためにはまず商品について知って貰う必要があると考えた。そのための最も効率のいい方法がこれである。

 お茶を菓子と一緒に販売する。店先に席を作ったオープンカフェで、通行人たちも注視する。後はいい商品を用意しておけば、自然と客数は増えるはず。

 我ながら浅知恵な感は拭えなかったが、これで収入が増えるはずだ。

 ナーシェンの領内だけでなく、ベルンやエトルリアの首都、オスティア、ブルガルなどの大都市に二号店、三号店が建設中である。

 ナーシェンはうっとりと笑みを浮かべながら、店の中に入る。

 向かって右側の壁に絵画が飾られており、シックな木製の家具が落ち着いた雰囲気をかもし出していた。

 その絵画にはナーシェンの肖像が描かれていた。

『ベルン一美しい男、ナーシェン様の愛好品! ナーシェンティー 25G』

 と書かれている。

 絵画というよりも、ポスターである。

 ちなみに、この二号店に入ったクレインが茶を噴き出すことになるのは、ナーシェンの知る由ではなかった。

 ちなみに、ナーシェンのポスターの隣には、

『火達磨男爵も一押し! バルドスティー 20G』が。

 さらに隣には『舌に衝撃 麻痺茶 18G』

 というポスターが貼られている。

「うん。POP広告は基本だよな」

 あとはこの縮小を各村の掲示板に張り出すだけだ。

 ナーシェンはふむふむと頷きながら店内を歩き回る。

 これで、ようやく街道が整備できそうだ。交易でさらに増収が図れることだろう。

「ナーシェン様ー! た、大変ですぞ!」

「おー、バルドス。何時戻って来たんだ? ――って顔近っ! ついでに臭っ!」

 長旅から帰ってきて直行してきたらしい。

 旅の汗と垢に塗れたバルドスは物凄く臭かった。

 あっち行けとばかりに手を振るナーシェンに構わず、バルドスはまくし立てる。

「お父上が危篤にございます!」

「……はぇ?」


    【第2章・第6話】


 無言であった。

 部屋にはナーシェン。そしてバルドスがいる。だが、二人とも、一言も声を発しない。

 外には雨が。雷鳴が時折部屋を照らし、蝋台の火がゆらゆらと揺れる。

「………あのぅ。カザン伯爵がお見えになっているんですけど」

 やがて、年配の侍女が部屋に顔を出す。部屋の異様な空気に戸惑い気味である。

 ナーシェンは溜息を吐いた。

「客室に通しておけ」

「あ、はい」

 バルドスが下がっていいぞ、と適当に手を振って部屋から追い出した。

 ナーシェンは両腕を組み、両目を閉じて、執務室の椅子に腰を下ろしている。

 やがて、ナーシェンは静かに口を開いた。

「バルドス」

「はっ」

「この一件、お前はどう見る?」

「恐れながら、私の口からでは……」

「言えない、か」

 ナーシェンは口元を歪めた。

 父親の死期が迫っている。その原因は、強盗が押し入ったということらしい。だが、たかが強盗が仮にも侯爵家の邸宅に侵入できるものだろうか。そして、強盗なら宝物庫に入ればいいだけだ。

 わざわざナーシェンの父を斬っていく必要はあるまい。

「暗殺だろう?」

 バルドスは答えない。

 誰が何にために。それはわからない。

「私の父を殺して得をするのはトラヒム侯爵。大穴でゼフィール様……」

「ナーシェン様! お戯れが過ぎますぞっ!」

 珍しく顔色を変えて声を張り上げる老将に、ナーシェンは不敵な笑みを見せる。

 普段の、おどけている時には見せないゾクリとする笑みだった。

「戯言だ。許せ」

 ナーシェンは肩をすくめる。

 そして、トラヒム派の連中を思い浮かべた。

 トラヒム派の重鎮は三人。いずれも侯爵級の者たちである。

 すでに、念の為に密偵を送り込み、調査を命じている。

 その報告によると――。


 ムーア侯爵。通称、色ボケジジイ。
 領内の村娘が成人すると、必ず伽を命じるほどの好色家である。なので娘想いな親はさっさと領内から脱げ出すそうだ。逆に、侯爵様に気に入られたら生活が安泰だということで、自分から娘を送り込む親もいるという。

 政治のすべてを家臣を任せ切っているため、心ある家臣は真面目に励むが、悪い家臣なら資金をプールする。そのため、侯爵が有能かどうかはハッキリと断言できない。

 最大動員兵力は100。兵士の練度はそこそこ。


 フリッツ侯爵。通称、トラヒム侯爵の米搗きバッタ。
 政治の方針もトラヒム伯爵にこうしろと言われればすぐさま方針転換してしまうという。その際に家臣が反対することもあるが、トラヒム侯爵が怖ろしいので強引に押し切ってしまう。人望はあまりない。

 最大動員兵力は150。


 グレン侯爵。通称、奸臣。
 主君を暗殺したと影で囁かれているが、真偽は定かではない。

 調査の結果、意外なことに民政家ということが判明する。家臣からも慕われているらしい。トラヒム侯爵に従っているのは領土が隣接しているためだからか。

 最大動員兵力は100。
 無理な徴兵をしていない証拠であるが、領内に山賊が出没すると、トラヒム侯爵に救援を求めるという。毎回トラヒム侯爵に報酬をせびられ、財政は火の車らしい。


 そして、トラヒム侯爵の最大動員兵力が350。

 ベルン北部全体の最大動員兵力がおよそ1200といわれている。
 ムーア、フリッツ、グレン、そしてトラヒム侯爵の兵力を合わせると700になる。

 ナーシェンの最大動員兵力は200。

「戦をするとなると、厳しいな」

「そうですな。周囲の貴族すべてを味方につけても400にも満たないでしょう」

 ナーシェンは勝てない戦はしないタイプだ。負けるとわかっているなら素直に土下座する。

 勝てるか負けるかわからない博打。そういうのが、ナーシェンの最も嫌うものである。

「しかし、アウグスタ侯爵、ベルアー伯爵、カザン伯爵は召集に応じてくれた。これなら、まだ戦いようがある」

「戦争になると決まった訳ではありませんが……」

 だが、そう言うバルドスも自分の発言を信じている気配はない。

 やはり、戦になるだろう。

 ともかく、アウグスタ侯爵たちと会い、これからの方針を決めなければならない。

 ナーシェンは立ち上がろうとして――、

「あ、あの……ヨーデル司祭がお見えになっているのですが……」

 椅子からずっこけた。

 司祭、空気読め。


    ―――


「おお、これは美味ですな」

 ヨーデル司祭は出された紅茶を物珍しげに眺めた後、ほくほく顔で飲み始めた。

 ナーシェンはイライラ、イライラと、膝をしきりに揺すっている。司祭はそんなナーシェンを微笑ましげに眺めた後、懐から書状を取り出した。

「これはクレイン殿からです。随分と心配なされていましたぞ、あの御仁は」

「男に心配されても嬉しくないです。ましてやあれは美形。モテる男の余裕というものでしょう」

 ヨーデルは苦笑した。

 で、本題は何です?

 と単刀直入に切り出すナーシェンに、さらに苦笑する。

 落ち着きなさい、若いの。とでも言いたげである。

 ナーシェンはさっさと話せ、と叫びたい気持ちだった。こっちは切羽詰っているのだ。

 茶をしばきたいだけならバルドスを置いていく。老人同士、さぞ盛り上ることだろう。

「いえ、今回の破門の件ですがね、本国でも戸惑いの声が大きいのですよ。こちらに赴任していたサウエル司祭に蟄居が命じられ、そしてナーシェン殿が破門された。私も不審に思い、調べてみましたが、サカ教という異教が広まっている様子もなく、何が起こっているのかよくわからないのですよ」

 結局は好奇心かよ。

 ナーシェンの貧乏揺すりが酷くなる。

「サウエル司祭は神の教えを利用して領民から金をむしり取っていました。私はただ、彼の司祭を領内から追い払いたかっただけです。そのために、下策を弄したことは否定しません」

「ほほぅ……それが事実なら見過ごせませんな」

 ヨーデルの瞳が怪しく光る。

「ああ、ところで……」

「何ですか?」

「ナーシェン殿には、許婚などはおりませんでしたな?」

 急に話が変わり、ナーシェンは怪訝に眉をひそめた。

「まぁ、そうですね」

「ほぅ、それはそれは……」

「言い寄る者もいないでもありませんが、私も多忙でして、今はまだ考えておりません」

「ふむふむ」

 さりげなく忙しいことをほのめかすが、老人はそのことに気付かず、さらには意味深に頷いていたりする。

 このジジイうぜぇ……、とナーシェンが思っていると、ふとヨーデルが考えが思いついたとばかりに手を打った。

「ならばリグレ公爵家の娘を嫁に迎えられてはどうですかな? パント殿とナーシェン殿はお互いエトルリア、ベルンの名家。これは良縁かと思われるのですが」

「なっ、なぁ!? なんですとー!?」

 椅子からずり落ちるのは、本日二度目である。


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.029690027236938