その他SS投稿掲示板




No.22507の一覧
[0] 機動戦士がんだむちーと【多重クロス】[Graf](2014/07/27 19:00)
[1] 第02話[Graf](2010/11/08 12:16)
[2] 第03話[Graf](2010/10/18 06:59)
[3] 第04話[Graf](2010/11/08 12:16)
[4] 第05話[Graf](2010/11/21 08:24)
[5] 第06話[Graf](2010/10/21 09:52)
[6] 第07話[Graf](2010/10/23 23:30)
[7] 第08話[Graf](2010/11/08 12:17)
[8] 第09話[Graf](2010/10/23 08:33)
[9] 第10話[Graf](2010/10/23 17:06)
[10] 設定集など(00-10話まで)[Graf](2010/11/06 11:04)
[11] 第11話[Graf](2010/10/27 05:15)
[12] 第12話[R15?][Graf](2010/10/27 05:16)
[13] 第13話[Graf](2010/10/25 21:22)
[14] 第14話[ネタ][Graf](2010/11/08 12:17)
[15] 第15話[Graf](2010/11/08 12:17)
[16] 第16話[Graf](2010/10/30 21:19)
[17] 第17話[Graf](2010/10/30 15:05)
[18] 第18話[R15][Graf](2010/10/30 21:24)
[19] 第19話[Graf](2010/10/30 21:21)
[20] 第20話[Graf](2010/10/31 14:30)
[21] 設定集など(11-20話まで)[Graf](2010/11/06 11:04)
[22] 第21話[Graf](2010/10/31 14:31)
[23] 第22話[R15][Graf](2010/11/12 11:21)
[24] 第23話[Graf](2010/11/12 11:21)
[25] 第24話[R15?][Graf](2010/11/08 12:18)
[26] 第25話[Graf](2010/11/02 16:55)
[27] 第26話[Graf](2010/11/06 10:59)
[28] 第27話[Graf](2010/11/08 12:18)
[29] 第28話[Graf](2010/11/06 11:01)
[30] 第29話[R15?][Graf](2010/11/03 12:00)
[31] 第30話[Graf](2010/11/08 12:19)
[32] 設定集など(21-30話まで)[Graf](2014/07/27 07:34)
[33] 第31話[Graf](2010/11/06 11:08)
[34] 第32話[Graf](2010/11/06 21:39)
[35] 第33話[Graf](2010/11/07 16:59)
[36] 第34話[Graf](2010/11/08 02:01)
[37] 第35話[Graf](2010/11/09 05:33)
[38] 第36話[Graf](2010/11/09 05:32)
[39] 第37話(R15 一年戦争終了)[Graf](2010/11/10 21:11)
[40] 設定集など(31-37話まで)[Graf](2014/07/27 07:34)
[41] 第38話(R15 戦間期前半)[Graf](2010/11/12 11:25)
[42] 第39話(R15)[Graf](2010/11/11 10:20)
[43] 第40話[Graf](2010/11/11 23:02)
[44] 第41話[Graf](2010/11/12 11:41)
[45] 第42話[Graf](2010/11/15 04:51)
[46] 第43話[Graf](2010/11/14 12:40)
[47] 第44話[Graf](2010/11/15 04:52)
[48] 第45話[Graf](2014/07/29 19:39)
[49] 第46話[Graf](2010/11/15 04:53)
[50] 第47話[Graf](2010/11/14 12:44)
[51] 第48話[Graf](2010/11/15 21:23)
[52] 第49話[Graf](2010/11/17 12:03)
[53] 第50話[Graf](2014/07/29 19:39)
[54] 設定集など(38-50話まで)[Graf](2014/07/27 07:35)
[55] 第51話[Graf](2010/11/20 12:13)
[56] 第52話[Graf](2010/11/19 21:13)
[57] 第53話[Graf](2010/11/20 12:18)
[58] 第54話[Graf](2010/11/20 18:20)
[59] 第55話[Graf](2010/11/23 16:11)
[60] 第56話[Graf](2014/07/29 19:39)
[61] 第57話[Graf](2010/11/23 16:12)
[62] 第58話[Graf](2010/11/25 23:37)
[63] 第59話[Graf](2010/11/27 14:09)
[64] 第60話[Graf](2010/12/02 03:42)
[65] 第61話[Graf](2010/12/05 19:08)
[66] 第62話[Graf](2010/12/05 20:11)
[67] 第63話[Graf](2010/12/09 23:45)
[68] 第64話[Graf](2010/12/20 04:54)
[69] 第65話[Graf](2010/12/20 06:47)
[70] 第66話[Graf](2011/02/09 20:31)
[71] 第67話[Graf](2011/02/24 22:50)
[87] 第68話[Graf](2014/07/27 03:12)
[88] 第69話[Graf](2014/07/27 07:31)
[89] 第70話[Graf](2014/07/27 07:31)
[90] 第71話[Graf](2014/07/27 07:32)
[91] 第72話[Graf](2014/07/27 07:32)
[92] 第73話[Graf](2014/07/27 07:33)
[93] 第74話[Graf](2014/07/27 18:50)
[94] 第75話[Graf](2014/07/27 18:51)
[95] 第76話[Graf](2014/07/27 18:52)
[96] 第77話[Graf](2014/07/29 19:40)
[97] 第78話[Graf](2014/07/29 19:40)
[98] 第79話[Graf](2014/07/27 18:53)
[99] 第80話[Graf](2014/07/27 19:00)
[100] 設定集(51-80話)[Graf](2014/07/27 07:36)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[22507] 第27話
Name: Graf◆36dfa97e ID:00f883d5 前を表示する / 次を表示する
Date: 2010/11/08 12:18
 UC0079年12月8日。史実よりも16日早く、ソロモン攻略作戦「チェンバロ」が開始された。

 参加戦力は連邦軍が4個艦隊。内訳は戦艦48、巡洋艦289隻他多数。ルウム戦役以上の戦力を投入している。史実のソロモン攻撃と比べても戦力は倍以上で、空前の規模の攻撃をソロモンに対して行っている。MSの投入数はおよそ1800機。これに加えてソーラ・システムの運用を行うため、輸送能力が不足。MS隊のほとんどは戦艦、巡洋艦の甲板部分に係留されて輸送された。

 これに対し、ジオン公国宇宙攻撃軍は戦艦4、空母1、巡洋艦60隻と、史実よりも少し多い程度の戦力でこれを迎え撃った。キシリアから届いた1個師団規模のMS部隊が援護として入っているため、MSの数が史実よりも多くなっているがそれでも800機を維持し、これに対抗している。

 グワジン級アサルムのブリッジから、超望遠レンズで戦況を眺めているが、やはり良くない。よく耐えてはいるのだろうが、後方の岩礁地帯でソーラ・システムを組み立てているティアンムの本隊に気がついていないのは致命的だ。

 月軌道は月ほどの巨大な天体を衛星として回しているため、全体的に岩礁が集まりやすい。特にラグランジュ点は安定性がある分そうだ。戦前なら、そうした岩礁は各サイドのデプリ回収業者が集め、たいていは月に持っていく。買い取ってRPにしていたのが私たちだし、長い間、RPはそうした岩礁群を元として来た。曳航するだけだから手間もそんなにかからない。しかし、ジオンでの緊張が高まってからは、月軌道の監視が厳しくなったため、資源として積み出すのを少しごまかすぐらいしか月ではRPが変換できなくなった。だから火星や木星、地球に作る羽目になったわけだが。

 話を戻そう。そうした岩礁は、月軌道上を動き、たいていはラグランジュ点で溜まり出す。それゆえ、コロニーの群れが安定した軌道を巡るのと同様の理由で、ラグランジュ点には岩礁ができる。ティアンムの艦隊は其処を使って攻撃準備を整えているし、反対側の岩礁で我々が身を隠しながら監視もできるわけだ。

「マ・クベ中佐」

「……はっ」

 地球失陥の責任を取り、少将から中佐へと一気に二階級降格された男は、暗い顔を向けて言った。

「ソロモン失陥は免れない。キシリア閣下もそうお考えだな」

 マ・クベは頷いた。臆病者の小才子らしく、機を見るに敏らしい。前に立って体を預けているハマーンから、私につくかキシリアについたままでいるか、それがザビ家への忠誠になるかどうかで迷っていると伝わってくる。艦橋とはいえ戦地に近いため、ノーマルスーツ姿だが、触れ合いがあれば意志の交換は出来るらしい。

 意志の交換よりも別のものを交換したいところだが、などと考えていると恥ずかしげなハマーンの感情が伝わってくるが、それはとりあえず無視しておく。

「アサルムを貴官に預ける。ソロモンより脱出する戦力をア・バオア・クーのデラーズ閣下に届けよ。私は「マレーネ・ディートリッヒ」に移る」

「……宜しいのですか?私はキシリアさまの部下ですが」

「今は私の部下だ。それに、逃れてくる同胞と女子供を見捨てるほどの下司ではないはずだ、中佐」

 もし見捨てたとしても、付近にミラージュコロイドを展開させているドレイク級護衛艦がいるから、監視、追跡は容易だし、避難してくるだろうゼナとミネバについては最優先で確保するように言ってある。

「任務は可能な限り、ソロモンからの撤退戦力を回収し、戦力はア・バオア・クーへ。兵員はペズンへ連れて帰還することだ」

 私はそれだけを言い捨てるとハマーンと共に格納庫へ向かった。

 あの話し合いから、ハマーンはずっと離れることが無い。離れるところといえば風呂か便所ぐらいなもの。一度、入ってこようとしたので考えられる状況を指摘してみたところ、顔を赤くして離れることを了承した。しかし、それ以外はたいてい一緒にいるため、周囲の視線が時折痛々しくなる。

 これから向かう旗艦の整備班長を若くして務めてくれているメイ・カーウォン技術中尉など、あからさまに対抗心を燃やしてケン大尉に擦り寄っているが、彼が既婚者だということを彼女は知っているのだろうか?しかも、顔は若く見えるが、カーウォン中尉より少し年下の娘がいるのだ、と。

 まぁ、いったらこちらに火が飛んでくるな、と思いつつ、格納庫に足を向ける。アサルムの艦内にはキシリアから回ってきた艦隊にあったMSをそのまま配備してある。しかしパイロットをバイオロイド兵で固めたから、生半可な連邦部隊と接触しても沈むことは無いだろう。足の早さも強化してあるから、追撃戦となっても逃げ切ることは可能なはずだ。

 今回、この場につれてきた艦隊に独立第300戦隊の姿は無い。まだシャアがキシリアの所から戻ってきていないのだ。ファーレン中佐からの報告だと、受領するブラウ・ブロとエルメスの積み込みに時間がかかっており、また、アイン・レヴィ用として受け取った新型ゲルググ(ゲルググJG)の慣熟訓練を行っているらしい。

 何を悠長なことを、やはりドズルを殺すつもりだ。格納庫に入り、自分のゲルググに近づこうとすると、ハマーンが名残惜しげに自分の愛機となる白いクィン・マンサ―――"プルサモール"のコクピットへ向かう。よくもまぁ、あの年でラテン語など知っているものだと感心しながら、コクピットに入ると、機体を出撃口へと向け、宇宙に飛び出した。

 "プルサモール"の意味?スペルは"purus-amor"。あとは辞書を引いてくれ。恥ずかしくて適わない。



 第27話


 ペズンに飛ばされたこととキシリアの監視を任された事を併せると、どうやらギレンはうっすらとではあるがこちらに疑いを持っているらしい。まだ確信に至っていないし、ア・バオア・クーに展開している戦力を除けばL2ポイントに一番近い親衛隊は我々で、本国にダイクン派に加え、本国内にダルシア・ハバロ首相率いる和平派を抱え始めたために外しようが無い、といったところだろうか。

 まぁ、月にこもって新型機を開発していた人間の協力者が、娘を連邦の少将と結婚させた。などと聞けばそういう疑いを持っても仕方がない。その点、ミツコ・イスルギの行為は連邦内部の私の立場を強化しても、ジオン内部のそれまでは強化してくれなかったということだ。いや、むしろそのあたりを狙っているかもしれない。ミツコさん的に。

 機体を新たな旗艦とした船に着艦させる。艦の名前はガーティ・ルー。ミラージュコロイドを標準装備していることが選択の理由だ。秘密裏に部隊を動かしたいこちらとしては適した艦だろう。勿論、色々と手を加えてある。ダウンサイジング技術の使い勝手の良さもあって、幾つか所属不明とさせたい機体を載せてはいるが、正直、使う場合は考えたくない。

 現在、私が率いている親衛第二艦隊本隊は、このガーティ・ルーを旗艦にナスカ級強襲巡洋艦3隻で構成されている。ナスカ級は本来なら強襲駆逐艦だが、当然この大きさで駆逐艦なんて言い訳が通用するわけは無いので、巡洋艦に分類してある。シーマ艦隊の乗員をそのまま移し、搭載している機体もすべてRFゲルググだ。

 各所に設置した量子通信索敵網によると、シャアとキシリアの艦隊はカラマ・ポイントから動いておらず、キシリアがドズルを見捨てる気がマンマンなのが丸わかりだ。先ほど、シャアの旗艦であるはずのザンジバルがカラマ・ポイントを離れてサイド3へ移動を開始したことを確認。恐らく、キシリアが乗っているのだろう。

 ガーディ・ルーに着艦するとすぐにブリッジに向かい、ソロモンへの潜入工作を準備する。それと同時にカーティス大佐を司令官とした分遣隊(旗艦マレーネ)をサイド3へ派遣。デギン救助へと動かす。前に、キシリアがゲルドルバ・ラインへの移動を御願いするようだったら暗殺の危険性があることを指摘しておいたから、動くにしても警戒はしてくれるだろう。

 まぁ、警戒せずにグレート・デギンが動いても問題はないのだが。さてさて、どういう風に動いてくれるか。




「戦いは数だよ!兄貴!」

 机を激しく叩いたドズルは言った。

「敵はソロモンを速攻で落そうとしている!ア・バオア・クーの部隊を振り向けてくれればいい、間に合う!」

 ミノフスキー粒子のおかげで途切れがちな通信の中、その言葉を聞いたギレンは言った。

「案ずるな、ドズル。既に手は打ってある。トールに命じて送らせたビグ・ザム。届いているのだろう?」

 ドズルは鼻で笑った。

「アレだけでは足らん!」

「そう吼えるな。合計4機、MS2個師団の戦力にはなる。他にも準備はさせているぞ。キシリアがグラナダから戦力を移動中だ。シャア率いる艦隊をな」

「奴らの狙いはソロモンだ!こんな明白なことが何故わからん!キシリアが戦力を出すわけが無いだろう、兄貴!もったいぶっていないで勝つための手段を講じてくれ!」

「講じているよ、ドズル。父が頑固すぎるので手間取っているが、やるべき事はやっている。増援も出す」

 ドズルは我慢できないという表情で通信を切った。

「セシリア。国内の反体制派のいぶりだしはどうなっている?」

 金髪の秘書は頷くと説明を開始した。ギレンにとっては既に規定となっているソロモン失陥よりも、そちらの方が大切なようだ。金髪の秘書は、現在ゼブラ・ゾーンにいるガラハウ艦隊を動かせばよいと思っていたが、総帥はそう思っていないと感じていた。

「……不安か」

 ギレンはいい、薄く笑った。

「奴の動きに疑わしいものがあるのは事実だ。だから月から切り離した。ゼブラ・ゾーンに押し込めてさえおけば、このままの状況で推移したとしても、何も出来ん。命令どおり、「マレーネ」は移動を開始しているのだろう?」

 セシリアは頷いた。

「放っておけ。あ奴の動きようを気にしている暇は無い。まずは国内の反体制派をいぶりだすことだ。艦隊一つで何が出来る」

 戦略という側面で物事を考えるギレンは、艦隊一つで動ける範囲が戦術面に限定され、戦略面では何も変わらないことを熟知していた。また、ガラハウにしてもガラハウという名前ゆえにジオンを裏切れないと判断していた。ジオン軍で少将を勤めた人間が、連邦に帰順の意を示しても、連邦は納得しないと考えていた。だからこそ、この先の先を考え、裏切れない状況に追い込んで、手元―――そう判断するには遠く、しかし自分で動くには近過ぎる位置に―――においておくことを選択した。

 仮に地球圏から撤退する羽目に陥っても、奴の艦隊がゼブラ・ゾーンを確保していれば脱出は充分に可能。ソロモンが失陥した場合にはキシリアが使い潰すに任せればよい。使い潰しきらなくとも、戦力を低下させるだろう奴が裏切れなくなることは確実。それに、キシリアを名目上とはいえ配下にしておけば、キシリアの失敗の責任を連帯で負わせることも出来る。

 ギレンは薄く笑うとイスに深く腰掛けた。





 一方ソロモン。ティアンム率いる第二軌道艦隊の攻撃を受け続けているものの、ジオン軍はその攻撃を上手く捌いていた。砲撃戦用に特化したマゼラン改はその主砲をソロモンの岩盤深く穿っていたが、下から金属質の小惑星であるソロモンに大きな影響は出ていない。不運なハッチが直撃を受けて爆散することはあっても、それだけだった。

 足音高くギレンとの会談の憤懣を床にぶつけていたドズルは、副官のラコック中佐に怒鳴った。

「遅いわ!キシリアは何をしている!?」

「グラナダから既に出発したと連絡ありましたが」

「ふん、グラナダからここまで、一体何光年あるというつもりだ!……ソロモンに落ちろというつもりか!ラコック!」

「はっ!」

「攻撃してきている連邦の艦隊が主力というのは間違いないな!?」

 ラコックは頷いた。

「砲撃が激しすぎますし、敵MSは取り付かせていませんが数が多く、戦力を秘しているとは考えられません!」

「予備もすべて出す!量産型の方は組みあがっているな。ビグザムを出せ!俺の乗る機体も組み立てを急がせろ!」

 ドズルは目的地につくと扉を明けてその中に入った。目の前には絶対に失えないものたちがいる。

「あなた!……いけないのですか?」

「心配はいらん。ソロモンがおちる筈が無い。しかしな、万一ということもある。……お前たちはいざというときには一足先に本国へ行け。充分な護衛をつけてやる」

「あなたは!?」

「後で帰る。……ミネバを捨てて死ねるものかよ」

 ドズルはその体に似合わず、優しくミネバを抱き取ると抱きしめた。

「待っていろよ、ミネバ。……お前はいい子だ。本当に、いい子だ」

 ドズルはミネバをゼナに帰すと優しげな表情を一変させた。

「急げよ!身支度を早く!戦場は待ってはくれん!」



 第二軌道艦隊旗艦「タイタン」。ティアンム中将はミラーの展開状況を尻目に前線から送られてくるソロモンの状況確認に余念が無かった。

「ソロモン炎上、とでも言いますか。ソーラ・システム、必要ですか?」

「……よく目を見開いてみろ」

 ティアンムは言った。

「距離が離れているから、ビーム攻撃も減衰する。ソロモンの岩盤は穿てん」

 ティアンムは目をもむと言葉を続けた。

「むしろ、第21任務部隊の攻撃で、あくまで今の攻撃が主力と思わせることが大事だ。ふ、まぁ戦力を多めに出撃させているがな」

 総指揮を第一軌道艦隊のビュコック大将が取ることが決定すると、当然作戦の総指揮は参謀長であり独立第13艦隊(新設)司令のヤン少将が取ることとなった。ティアンムにしても、開戦以来ルナツーの戦力を維持し続けてきた彼の手腕に否やは無い。

「本来なら陽動と主力は戦力が逆ではあるが、ソロモンに敵を押し込めておくという点では確かだ。ミラーの設置にも時間を向けられるからな。あと5時間。100%の出力でミラーを展開できるように作業を急がせろ」

 出撃前に充分なレクチュアをうけたティアンムは、ミラーの展開状況とその威力が二乗に比例することを伝えられている。50%の出力で放てば本来の4分の一しか出力を得ることが出来ないから、可能な限り作業が終わってから攻撃を開始するよう、充分な注意を受けている。
 
 流石に威力が二乗に比例すると知ってはティアンムも早計に攻撃は出来ない。ヤン少将は更に、新兵器頼りの戦力配置とするのではなく、正面戦闘だけでソロモンを陥落できる状況を整えてからの攻撃を具申した。マゼラン級が、MS登場以来模索されているMS搭載能力について、その配置・強化ではなく従来どおりの砲撃戦能力の向上に努めた理由がここにある。生半可な攻撃で要塞は陥落しない。

「先はまだ長いからな。戦力の消耗は避けるように伝達しろ」

 参謀たちは頷き、連絡をまわすべく動き始めた。



「動いたか」

 超望遠レンズがミラーの反射光を確認した。この位置から確認できるということは展開がかなり進んだということだ。恐らく、激戦のソロモンでも見る目があるものがいれば発見は容易だろう。そろそろだ。

「ガラハウより各機へ。我々はこれからソロモンへの突入を開始する。無駄な戦闘はするな」

「了解!」

 コッセル率いる海兵隊の猛者たちが答える。可能な限りの対ビーム装甲をつけておいたから、ビームに対する耐性はついているが、やはり数が数だけに危険だ。隣のピットに入っているハマーンのプルサモールからも了解の返信が来る。

「絶対に連邦側に向けた面には出るな。連邦艦隊に向けていない面、月側の面のハッチから内部に侵入。目的を果たす。コッセル、退路を確保して追撃してくる連邦の部隊を排除しろ。ハマーン、脇に持ったポッドを離すな。ゲルトたちを放り出すなよ」

「了解、トール。……私を誰だと思っている」

 反応はせず、ゲルググをカタパルトに乗せると返事を待たずに出撃した。

「トール・ガラハウ、RFゲルググ。出る!」


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.030021190643311