SS投稿掲示板




No.6858の一覧
[0] 異世界に来たけど至って普通に喫茶店とかやってますが何か問題でも?[風見鶏](2009/04/06 01:29)
[1] ダメなお姉さんの話[風見鶏](2009/03/26 12:48)
[2] もうダメだよこの幼女[風見鶏](2009/03/26 12:31)
[3] ゲームだって、人生だって、最後は体力勝負なのである[風見鶏](2009/03/26 12:31)
[4] やさぐれっ娘登場回[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[5] 綺麗なお姉さんが大好きです。[風見鶏](2009/04/12 22:14)
[6] 真・ヒロイン登場回[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[7] 穏やかに進行する事態[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[8] 穏やかに進行する事態2[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[9] 穏やかに進行する事態3[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[10] 重なる背中[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[11] わんこの宅急便[風見鶏](2009/04/30 22:38)
[12] 常識的に考えて非常識[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[13] 未知との遭遇[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[14] 違う世界に生きる君へ[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[15] 我輩は猫かもしれない[風見鶏](2009/04/12 22:14)
[16] その日、日常、喫茶店にて[風見鶏](2009/04/12 22:32)
[17] 喫茶店の夜[風見鶏](2009/04/30 22:53)
[18] けんかするほど[風見鶏](2009/06/14 19:33)
[19] 彼の日記[かざみろり](2009/08/20 13:55)
[20] 小話集[かざみろり](2010/04/13 21:57)
[21] 変わらない日常の朝[風見鶏](2013/03/24 07:53)
[22] 登場人物メモ[風見鶏](2009/06/14 17:35)
[23] Season2 煮込みハンバーグ[風見鶏](2016/02/24 05:56)
[24] まだ夢の途中[風見鶏](2016/02/24 21:38)
[25] 彼の野望:クエスト編[風見鶏](2016/03/19 23:29)
[26] 番外編 「エイプリルフール」[風見鶏](2016/04/02 03:18)
[27] ココア色の逃げ場所[風見鶏](2016/08/23 21:57)
[28] きみのなは[風見鶏](2017/04/01 20:35)
[29] ※発売延期のお知らせ[風見鶏](2017/04/28 13:47)
[30] 第一巻発売記念 WEB版限定特典 真ヒロイン編[風見鶏](2017/06/21 00:43)
[31] ノルトリを追え![風見鶏](2017/12/17 22:40)
[32] 第二巻発売記念 WEB版限定特典「私の出番はいつなの」編[風見鶏](2017/12/20 00:01)
[33] 第3巻発売記念 WEB版限定特典「私の出番はいつなの2」編[風見鶏](2018/05/28 12:46)
[34] 第6巻発売&書籍版完結記念短編まとめ[風見鶏](2019/07/20 00:20)
[35] コミックス発売記念SS 「遠き山に日は登って」[風見鶏](2019/10/24 19:08)
[36] season3が勝手に始まってるのがウェブの良いところ[風見鶏](2020/02/18 19:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6858] 第一巻発売記念 WEB版限定特典 真ヒロイン編
Name: 風見鶏◆cf775fa6 ID:4edb68e7 前を表示する / 次を表示する
Date: 2017/06/21 00:43
「のうユウちゃんや」

 ゴル爺の呼びかけに、僕はチェスの盤面から顔をあげた。ゴル爺は頬杖をついて、窓の外を眺めている。
 つられるようにそちらを見ると、街には日暮れが近づいていた。太陽はほとんど姿を隠していて、波のように打ち寄せる赤い光が人通りを染めていた。

「思うんじゃが、最近、わしの影、薄くない?」
「いきなりどうしたんですか」
「いや、だってのう、昔はもっとほら、重要な役回りだったじゃろ? 実は秘めた力を持つ権力者みたいな風格あったじゃろ?」

 言われて、僕はぼんやりと思い出してみた。

「いや、そうでもなかったですよ」
「わしの扱いもひどくなってないかの」
「そんなまさか」

 あっはっは、なんて笑いながら、僕はルークを敵陣に食い込ませた。
 ふと考えてみると、こうしてゴル爺とチェスを打つのも、ずいぶんと久しぶりなように思えた。
 昔はそれこそ毎日のように、こうしていた。
 開店したばかりの喫茶店には、めったにお客さんなんて来なかった。
 朝から晩までゴル爺しかいない日もあったくらいだ。だから一日中ゴル爺とチェスをしたり、女とは……なんて、ゴル爺の講義に耳を傾けていた。
 そんな日は決まって、ゴル爺が帰る頃になって、「今日はわしの貸し切りじゃ」なんて言って金貨を置いて行くのだった。

「こうして毎日のようにチェスをしていた日が、ほんの少し前のように思えるのになあ。いろいろなことが変わったの」
「そうですねえ」

 ゴル爺が顎から伸びる髭を撫でている。

「この店にもちゃんと客が来るようになった。こうして貸し切りにできるのも、いつまでやら」
「言ってくれれば、いつでもしますよ」

 今さらお礼を言うのは気恥ずかしかった。けれど、ゴル爺は間違いなく、特別なお客さんなのだ。
 ゴル爺はひょっひょっと、いつものように奇怪な笑い声をあげた。

「言うてくれるの」

 ゴル爺は顔をくしゃくしゃにして、目を線のように細めて盤面を見ている。
 それから手を伸ばしてビショップを下げた。その手は予想していたので、僕はすぐさまナイトを進めた。

「ひょ……」

 とゴル爺は頭に手を当てた。

「ううむ。ユウちゃんのチェスの腕も上達しておるわい」
「そうでしょうそうでしょう」

 僕はドヤ顔を見せつけた。

「じゃがまだまだ若いのう」

 にやりと笑ったゴル爺は、僕の攻めをさておいて駒を進める。おや、と思ってよく見てみれば、僕の計画が崩れそうな不安を感じた。しばらく考え込んでみると、僕がゴル爺を詰ませるよりも先に、僕のキングが追い詰められることになりそうだった。一手だ。一手足りない。

「にゅっふっふ。これぞ年の功よ」
「むぐぐ」

 いらつくほどのにんまり顔で、ゴル爺が両手をひらひらさせてタコ踊りをしている。張り倒したい。
 ドアベルが鳴る。学院の授業が終わったのだろう。制服を着た女の子たちの集団が、店内をうかがうようにして顔をのぞかせていた。

「あ、すいません。今日は貸し切り――」
「やや! 可愛らしいお客さんたちじゃのう! さささ、汚いところじゃがまあ入りなさい。今日は良いゲラウルスの肉が入っておるぞ」

 なんで今日のうちの仕入れを知ってるんだよ。
 僕がジト目で見ていると、ゴル爺はぱちりとウインクをして見せた。

「この店はみんなで楽しむ方が良い。ひとり占めはできんわい」

 ……若い子と話したいだけじゃないのか?
 それでもついつい、笑ってしまう。この人は、ずっと変わらないのである。これまでも、それからきっと、これからも。


 おわり






――――――――
 店舗特典が田舎民(私のことです)には厳しいので、特別WEB版特典として、真ヒロインのお話を置いておきますね!
 第一巻が、本日、無事に発売いたしました。
 我が故郷であるこの場で、ずっと応援して頂いた皆様のおかげです。
 本当にありがとうございます!
 今後もマイペースに更新は続けていくつもりですので、どうぞよろしく……ろり。


>ゴル爺がヒロインではないということはリナリアがゴル爺になるということですね!(錯乱)
 ちょっと何言ってるかわからないですけど、幸せならオッケーです!

>2巻確定の購入ノルマは何冊でしょうか?
 どうなんですかね……一万冊くらいかな……。

>しかし今回のはなし、体験談なのでは……
 そこに気付くとはさすが……。

>ロリリンロリリリロリロリ!
>ロリリリーリロロロリ。書籍化ロリリリリーリリロリリ!
 この十字架を喰らえ!! t

>世に風見ロリのあらんことを・・・・・・
>ついに書籍化ですか・・・・・・待たせやがってこの野郎! 買うぞこの野郎!
 ありがロリィ……

>あと何冊くらい買えば作者のモチベーションがあがって次の刊が発売されるか教えてください
 一万冊くらいかなあ……。

>初めてこの作品に出会って、感想掲示板での異様なロリ推しに戦慄したのもかなり昔のことのような気がします。
>今回も素敵なお話をありがとうございました。書籍化、本当におめでとうございます。
 なかなかにカオスな時代でしたね。ロリコン紳士共ももうおっさんになったことでしょう……。

>ところでマスター。ロリを1人頼めます?
 おまわりさーーーーん!!!!

>風見ロリいいいいいいいいいいいいいいい!
>本買ったぞ!読んだぞ!よかったぞ!ロリ少なくなってんじゃねぇか!
>さては偽者だな!?ロリだ、ロリを出せ!
 おまわりさーーーーん!!!!!!!!!

 今までもこれからもずっとありがとう。
 書籍版のあとがきは皆に向けて書いたので、よかったら読んでみてね。
 今度ともよろしくお願いいたします。


 風見鶏






前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.02518105506897