SS投稿掲示板




No.6858の一覧
[0] 異世界に来たけど至って普通に喫茶店とかやってますが何か問題でも?[風見鶏](2009/04/06 01:29)
[1] ダメなお姉さんの話[風見鶏](2009/03/26 12:48)
[2] もうダメだよこの幼女[風見鶏](2009/03/26 12:31)
[3] ゲームだって、人生だって、最後は体力勝負なのである[風見鶏](2009/03/26 12:31)
[4] やさぐれっ娘登場回[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[5] 綺麗なお姉さんが大好きです。[風見鶏](2009/04/12 22:14)
[6] 真・ヒロイン登場回[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[7] 穏やかに進行する事態[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[8] 穏やかに進行する事態2[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[9] 穏やかに進行する事態3[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[10] 重なる背中[風見鶏](2009/04/02 00:04)
[11] わんこの宅急便[風見鶏](2009/04/30 22:38)
[12] 常識的に考えて非常識[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[13] 未知との遭遇[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[14] 違う世界に生きる君へ[風見鶏](2009/04/02 00:03)
[15] 我輩は猫かもしれない[風見鶏](2009/04/12 22:14)
[16] その日、日常、喫茶店にて[風見鶏](2009/04/12 22:32)
[17] 喫茶店の夜[風見鶏](2009/04/30 22:53)
[18] けんかするほど[風見鶏](2009/06/14 19:33)
[19] 彼の日記[かざみろり](2009/08/20 13:55)
[20] 小話集[かざみろり](2010/04/13 21:57)
[21] 変わらない日常の朝[風見鶏](2013/03/24 07:53)
[22] 登場人物メモ[風見鶏](2009/06/14 17:35)
[23] Season2 煮込みハンバーグ[風見鶏](2016/02/24 05:56)
[24] まだ夢の途中[風見鶏](2016/02/24 21:38)
[25] 彼の野望:クエスト編[風見鶏](2016/03/19 23:29)
[26] 番外編 「エイプリルフール」[風見鶏](2016/04/02 03:18)
[27] ココア色の逃げ場所[風見鶏](2016/08/23 21:57)
[28] きみのなは[風見鶏](2017/04/01 20:35)
[29] ※発売延期のお知らせ[風見鶏](2017/04/28 13:47)
[30] 第一巻発売記念 WEB版限定特典 真ヒロイン編[風見鶏](2017/06/21 00:43)
[31] ノルトリを追え![風見鶏](2017/12/17 22:40)
[32] 第二巻発売記念 WEB版限定特典「私の出番はいつなの」編[風見鶏](2017/12/20 00:01)
[33] 第3巻発売記念 WEB版限定特典「私の出番はいつなの2」編[風見鶏](2018/05/28 12:46)
[34] 第6巻発売&書籍版完結記念短編まとめ[風見鶏](2019/07/20 00:20)
[35] コミックス発売記念SS 「遠き山に日は登って」[風見鶏](2019/10/24 19:08)
[36] season3が勝手に始まってるのがウェブの良いところ[風見鶏](2020/02/18 19:25)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6858] ダメなお姉さんの話
Name: 風見鶏◆cf775fa6 ID:5f8a2c72 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/03/26 12:48



「あーもう! この店は最高に癒されるぅ!」


 ある日の午後のことだった。


 僕はいつも通りに黒のエプロンをしてカウンターに立ち、コーヒーをぽこぽことサイフォンさせながらコップを拭いていた。

 渋くて味のある喫茶店に必要なのは、なによりも雰囲気である。カウンターに立つマスターが17歳の子供の時点であれだが、まあそれはさておき。


 いま、この空間は、なかなか良い雰囲気だった。

 コーヒーの濃厚な香り。奥の席に座るおじいさんが、静かに燻らす煙草の煙。コーヒーの一杯を共に、読書をするお姉さん。小さな声で会話をするカップル。

 店内に流れているのは、まるで世界から切り離されたような独自の時間だった。流れる時間はひとつの空間を生み、ここはさながら別世界。

 ゆえに、カウンター席で唐突に奇声を発した客がいたが、店内は至って平穏だった。


 普通大好きの僕の意向からすれば不本意だが、この店には変わり者の来店が多い。しかも、そんな輩に限って頼んでもないのに常連と化す。迷惑極まりないというのが本心だったが、客にはかわりないので仕方ない。


 そんな変わり者が蔓延るこの店では、奇声のひとつやふたつは日常のひとつだった。常連は眉ひとつ動かさない。大抵は、何も知らずにやってきた一見さんがびくりと肩を震わすのだが、店内にいるのは常連ばかりだった。


「……いきなりなんですか?」


 こういう人間の相手をするのは、店のマスターである僕の仕事だった。マスター。響きは格好良いが、最近はちょっと辞めたくなる時もある。


 店内の空気をかき乱さないように声を抑えた僕の問いかけに、奇声を発した客はカウンターに身を乗り出した。


「聞いてくれる? 聞いてくれるわよね。ユウちゃん良い子だもんね!」

「あー、はいはい」


 期待はしていなかったが、返ってきた声は店内に大きく響いた。

 カップルがこちらを見て、くすくすと笑う。ああ、またやってるよとでも思われているのかもしれない。


 ちなみに、ユウというのは僕のことだ。黒沢夕。こっち風に言えばユウ=クロサワ。この女性はリアさん。本名は知らない。金色の髪を長く伸ばした美人のお姉さんという感じなのだが、どこか子供っぽさのある人だ。

 というか、この人は基本的に人間としてアレなので、僕としてはダメな大人の典型だと思っている。こう、働きたくないでござる! みたいな。今日のリアさんはラフな恰好で、襟元が大きく開かれていた。膨らんだ胸元が危うい。こう、カウンターでむにゅっと潰れる感じが危うい。


「それで、なにがどうなって奇声を発したんですか?」


 コップを磨きながら、視線はさり気なく胸元へやりつつ、僕は訊いた。


「奇声っていうか、あれなの。魂の叫び。ほら、私って探求者<ヴェスティ>やってるじゃない?」


 オレンジジュースを飲みながら、リアさんが言う。が、そんな話は初耳だった。というか、働いてたのかこの人。絶対ニートだと思ってたのに。


「いえ、聞いてませんけど」

「あれっ? ユウちゃんに話してなかったっけ?」

「いっつもどうでもいい世間話して行くだけじゃないですか」

「えっと、えっと……ああ、うん。そうかも」


 眉間に指を当てて考えてから、リアさんはてへへと笑った。やる人間によってはイラっとさせられる動作だが、この人がやると全く違和感がない。子供っぽい動作が似合うのは、果たしてこの人が無垢だからなのか、それとも中身が子供っぽいだけだからなのか。判断は難しい。


「じゃあ、改めまして。職業は探求者<ヴェスティ>で、永遠の17歳の女の子ですっ☆ リアって呼んでね☆」


 ぱこんっ。


「いたっ! ちょ、ええっ!? なんで殴るの!?」

「すいません。無性にイラついたので」

「今の、可愛くなかった?」

「自分の歳、考えましょうよ」

「……あ、あははっ」


 乾いた笑い声をあげながら視線を反らしたリアさんは、こほんと無理やり区切りをつけて、話を続ける。


「で、まあ、私は探求者<ヴェスティ>をやってるわけね」


 探求者<ヴェスティ>とは、言ってしまえばトレジャーハンターみたいなものらしい。<迷宮>にある珍しいものや、価値のあるものを探すのが主な仕事らしいが、そこから先はいろいろとあるようだ。見つけたものを売るとか、加工するとか、研究するとか。一見してただの石ころが実はすごいアイテムで、一生遊んで暮らせるほどの金額で売れたなんて話も多いので、探求者<ヴェスティ>は夢に満ちた仕事のようだった。

 まあ、僕からすればこの人が冒険者<ミスト>だったということの方が驚きなんだけど。……大丈夫なのかなあ。


「それで、昨日は<迷宮>に行ってたの。ただでさえ行くだけでも疲れるのに、護衛に雇った討伐者<チェイサー>が感じ悪くてさあ。私の胸ばっかり見てくるし、脚も見てくるし。そりゃ私の体が魅力的なのは分かるけど、もううざくてうざくて」


 くねくねと気持ち悪い動きで、リアさんが自分の「魅力」をアピールする。僕としては目を反らす以外の対処にしようがなかった。目のやり場に困る。見るに耐えないという意味で。


 討伐者<チェイサー>は、基本的に戦うことを主とする人たちだ。迷宮にいる魔物<ガイツ>を倒したり、ギルドを通して依頼されるクエストをこなして生計を立てているとか。リアさんのように、戦えない人の護衛を頼まれたりもするようだ。

 余談だが、探求者<ヴェスティ>と討伐者<チェイサー>の二つをまとめて冒険者<ミスト>という。


 非常にロマンある仕事だが、僕には全く関係ない。関係ないったらないのだ。


 くねくねダンスに満足したらしいリアさんが、ふと冷静になる。周囲から集まる奇異の視線に気付き、こほんとわざとらしく取り繕って話を続ける。


「それだけならまだしも、そのパーティって女の子もいたのね。たぶん、好きな子でもいたんでしょうけど、私をすっごい睨んできてさ。もう、空気は重いわ魔物<ガイツ>はいるわで、すっごい疲れたのよぅ……」


 リアさんはぐてーっと突っ伏した。金色の糸のような髪が、さらりとカウンターに広がる。そしてそれっきりぴくりとも動かなくなってしまった。

 よく分からない世界のことではあるが、そこにいるのはやはり人間である。死と隣り合わせの空間であっても、そういう問題も起こったりするのかもしれない。


「それはお疲れさまでした」


 そういう類のギスギスした空気の重さは味わったことがないので分からないが、リアさんほどの能天気な人間が疲れたというのだから、そりゃすごい重さだったのだろう。

 後ろに備えた、氷石というファンタジーアイテム製の冷蔵庫からケーキを取り出し、切り分け、リアさんの前に置いた。


「どうぞ。試作品ですけど」


 うつ伏せたまま顔だけを上げ、リアさんが不思議そうな顔をする。


「なになに? この不気味な黒さを持ちながらそこはかとなく美味しそうな空気を放っている物体はなにかしら?」

「コーストを使ったケーキです。甘さと苦味を兼ね備えた大人の味ですよ」


 言うと、リアさんは途端に活力を取り戻し、目を輝かせながらフォークを握った。コーストというのはチョコレートみたいなやつのことだ。つまり、チョコレートケーキ~in 異世界~である。


「さっすがユウちゃん! お姉さんを励ますためにこんな秘策を用意しているなんて! 好き! 結婚して!」

「嫌です」

「すぱっと切り捨てるところも素敵! でもお姉さん落ち込んじゃいそう!」


 よくわからないテンションを維持したまま、リアさんはケーキの先端にフォークを入れる。それをもったいぶったようにゆっくりと口に運んで、ほわぁんとした顔になった。

 試作品を出すたびに思うのだけれど、この人は本当に美味しそうに食べる。作る方としては、こんなに幸せそうな顔になってくれるのであれば、作りがいもあるというものだ。そんなこともあって、試作品はまず、この人に毒見をさせるのが常だった。


「美味しい! 甘い! ちょっと苦い! 大人の味!」

「それはよかった」

「このケーキにはユウちゃんからの愛が詰まっているのね! だからきっとこんなに甘いのよ!」

「じゃ、350ハイルです」

「……お金、とるんだ」

「商売ですから」


 こんな毎日である。




前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.023348093032837