SS投稿掲示板




No.6434の一覧
[0] とある竜のお話 改正版 FEオリ主転生 独自解釈 独自設定あり [マスク](2017/08/15 11:51)
[1] とある竜のお話 第一章 前編[マスク](2009/07/29 01:06)
[2] とある竜のお話 第一章 中篇[マスク](2009/03/12 23:30)
[3] とある竜のお話 第一章 後編[マスク](2009/03/12 23:36)
[4] とある竜のお話 第二章 前編[マスク](2009/03/27 07:51)
[5] とある竜のお話 第二章 中篇[マスク](2009/03/12 23:42)
[6] とある竜のお話 第二章 後編[マスク](2009/03/27 07:50)
[7] とある竜のお話 第三章 前編[マスク](2009/03/27 07:50)
[8] とある竜のお話 第三章 中編[マスク](2009/04/14 21:37)
[9] とある竜のお話 第三章 後編[マスク](2009/04/26 22:59)
[10] とある竜のお話 第四章 前編[マスク](2009/05/06 14:49)
[11] とある竜のお話 第四章 中篇[マスク](2009/05/16 23:15)
[12] とある竜のお話 第四章 後編[マスク](2009/05/26 23:39)
[13] とある竜のお話 第五章 前編[マスク](2009/07/05 01:37)
[14] とある竜のお話 第五章 中篇[マスク](2009/07/20 01:34)
[15] とある竜のお話 第五章 後編[マスク](2009/07/29 05:10)
[16] とある竜のお話 幕間 【門にて】[マスク](2009/09/09 19:01)
[17] とある竜のお話 幕間 【湖にて】[マスク](2009/10/13 23:02)
[18] とある竜のお話 第六章 1[マスク](2009/11/11 23:15)
[19] とある竜のお話 第六章 2[マスク](2009/12/30 20:57)
[20] とある竜のお話 第六章 3[マスク](2010/01/09 12:27)
[21] とある竜のお話 第七章 1[マスク](2010/03/18 18:34)
[22] とある竜のお話 第七章 2[マスク](2010/03/18 18:33)
[23] とある竜のお話 第七章 3[マスク](2010/03/27 10:40)
[24] とある竜のお話 第七章 4[マスク](2010/03/27 10:41)
[25] とある竜のお話 第八章 1[マスク](2010/05/05 00:13)
[26] とある竜のお話 第八章 2[マスク](2010/05/05 00:13)
[27] とある竜のお話 第八章 3 (第一部 完)[マスク](2010/05/21 00:29)
[28] とある竜のお話 第二部 一章 1 (実質9章)[マスク](2010/08/18 21:57)
[29] とある竜のお話 第二部 一章 2 (実質9章)[マスク](2010/08/21 19:09)
[30] とある竜のお話 第二部 一章 3 (実質9章)[マスク](2010/09/06 20:07)
[31] とある竜のお話 第二部 二章 1 (実質10章)[マスク](2010/10/04 21:11)
[32] とある竜のお話 第二部 二章 2 (実質10章)[マスク](2010/10/14 23:58)
[33] とある竜のお話 第二部 二章 3 (実質10章)[マスク](2010/11/06 23:30)
[34] とある竜のお話 第二部 三章 1 (実質11章)[マスク](2010/12/09 23:20)
[35] とある竜のお話 第二部 三章 2 (実質11章)[マスク](2010/12/18 21:12)
[36] とある竜のお話 第二部 三章 3 (実質11章)[マスク](2011/01/07 00:05)
[37] とある竜のお話 第二部 四章 1 (実質12章)[マスク](2011/02/13 23:09)
[38] とある竜のお話 第二部 四章 2 (実質12章)[マスク](2011/04/24 00:06)
[39] とある竜のお話 第二部 四章 3 (実質12章)[マスク](2011/06/21 22:51)
[40] とある竜のお話 第二部 五章 1 (実質13章)[マスク](2011/10/30 23:42)
[41] とある竜のお話 第二部 五章 2 (実質13章)[マスク](2011/12/12 21:53)
[42] とある竜のお話 第二部 五章 3 (実質13章)[マスク](2012/03/08 23:08)
[43] とある竜のお話 第二部 五章 4 (実質13章)[マスク](2012/09/03 23:54)
[44] とある竜のお話 第二部 五章 5 (実質13章)[マスク](2012/04/05 23:55)
[45] とある竜のお話 第二部 六章 1(実質14章)[マスク](2012/07/07 19:27)
[46] とある竜のお話 第二部 六章 2(実質14章)[マスク](2012/09/03 23:53)
[47] とある竜のお話 第二部 六章 3 (実質14章)[マスク](2012/11/02 23:23)
[48] とある竜のお話 第二部 六章 4 (実質14章)[マスク](2013/03/02 00:49)
[49] とある竜のお話 第二部 幕間 【草原の少女】[マスク](2013/05/27 01:06)
[50] とある竜のお話 第二部 幕 【とある少年のお話】[マスク](2013/05/27 01:51)
[51] とある竜のお話 異界 【IF 異伝その1】[マスク](2013/08/11 23:12)
[55] とある竜のお話 異界【IF 異伝その2】[マスク](2013/08/13 03:58)
[56] とある竜のお話 前日譚 一章 1 (実質15章)[マスク](2013/11/02 23:24)
[57] とある竜のお話 前日譚 一章 2 (実質15章)[マスク](2013/11/02 23:23)
[58] とある竜のお話 前日譚 一章 3 (実質15章)[マスク](2013/12/23 20:38)
[59] とある竜のお話 前日譚 二章 1 (実質16章)[マスク](2014/02/05 22:16)
[60] とある竜のお話 前日譚 二章 2 (実質16章)[マスク](2014/05/14 00:56)
[61] とある竜のお話 前日譚 二章 3 (実質16章)[マスク](2014/05/14 00:59)
[62] とある竜のお話 前日譚 三章 1 (実質17章)[マスク](2014/08/29 00:24)
[63] とある竜のお話 前日譚 三章 2 (実質17章)[マスク](2014/08/29 00:23)
[64] とある竜のお話 前日譚 三章 3 (実質17章)[マスク](2015/01/06 21:41)
[65] とある竜のお話 前日譚 三章 4 (実質17章)[マスク](2015/01/06 21:40)
[66] とある竜のお話 前日譚 三章 5 (実質17章)[マスク](2015/08/19 19:33)
[67] とある竜のお話 前日譚 三章 6 (実質17章)[マスク](2015/08/21 01:16)
[68] とある竜のお話 前日譚 三章 7 (実質17章)[マスク](2015/12/10 00:58)
[69] とある竜のお話 【幕間】 悠久の黄砂[マスク](2017/02/02 00:24)
[70] エレブ963[マスク](2017/02/11 22:07)
[71] エレブ963 その2[マスク](2017/03/10 21:08)
[72] エレブ963 その3[マスク](2017/08/15 11:50)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[6434] とある竜のお話 幕間 【門にて】
Name: マスク◆e89a293b ID:6de79945 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/09/09 19:01
注 少しだけですが、聖魔の光石に出てくる存在が登場します。





ベルンの遥か西方の海に存在する常に深い霧に覆われ、まるで全ての侵入者を拒絶するかの様な風貌の島――『ヴァロール島』
ナーガに賛同し彼に従う派閥の竜族達の「殿」に次ぐ規模の施設が多数存在するこの島に竜族の王ナーガは空間を超越する転移の術を用いて訪れていた。



勿論、「殿」に目くらましとして自身の完全とも言える竜の眼を誤魔化せられる程の出来の分身を置いておくのも忘れてはいない。
万が一にでも対抗派閥の者達にここを見つけられる訳にはいかないのだ。絶対に。




そもそも何故ナーガはこんな辺境の孤島にその足をわざわざ運んだか? そして何故このような場所に拠点を築いたか?



その二つの疑問の答えは彼の眼の前にある。



巨大。その建築物を表す言葉にはこれ以外存在しえない。これの前では人の築く城など赤子の玩具にも見える。



膨大な数のそれ一つ一つに風化を防ぐ術を掛けられた石を積み上げ、組み合わせ、竜の持てうる全ての技術を投入して建造された
一目で人が作ったものではないと理解できる、所々にこれまた巨大な装飾の数々を施された、竜を奉る神殿にも似たどこか神聖な雰囲気を漂わせる外観の灰色の建造物。



それがこの「門」だ。正確に言えばこれはまだ入り口の部分なのだが。




これほど巨大な建造物を人間にも、そして竜にも感づかれず作るのにヴァロールという辺境の島ほど適した場所はエレブにはあまり存在し得ないからだ。
他に挙がっていた候補といえば、西方三島の西南、ミスル半島の西に存在するカフチという島ぐらいだ。




今日はこの「門」の建造具合を確かめに来たのだ。定期的な視察とも言える。
大量の石畳に覆われて整備された道を、純白のマントを翻しながらナーガは悠々と闊歩していく。



見るだけで圧倒される様な建物の入り口をまるで自身の家の入り口のように何の気負いもなく潜り、目的の場所を目指して歩を進める。
石の上を革靴で歩く時のカツカツと言う足音もなく、肩の上下の動きも全く無い、イデアに「幽鬼」と評された動きで滑るように奥へ奥へと向かう。



「門」の中は殿のイドゥン、イデアが産まれた祭壇と同じように壁や床そのものが竜族の技術で薄く発光している為、歩く分には問題ない。



途中幾体かの人影とすれ違うが、彼らは皆ナーガの事が見えてないかの様に、全員黙々と生気を感じられない動きで自身に与えられた仕事を機械的にこなしていた。



……不気味なまでに。



この「門」の建造に従事している者に人間は誰一人居ない。居るのは人間に似せて「創られた」文字通りの人形【モルフ】と人の姿に変身している竜達だけだ。



竜族のエーギルを用いた光魔法の高位の術によって創られる【モルフ】は基本的に思考をしない。創造主の命令に永遠に従い続けるだけだ。
勿論、そこには自分の命に対する執着など欠片もない。



死ねと創造主が命令すれば躊躇うことなく身近な道具を駆使して、自身の生命活動を断末魔の悲鳴一つ上げずに速やかに停止させるだろう。



当たり前だ、竜族の忠実な下僕にして使い捨ての聞く道具に自我など不要だからだ。反抗、そして反逆などされては困るからだ。



だから、【モルフ】は心を持たないし、感情も持たない。笑いもしなければ、泣きもしない。喜怒哀楽は完全に存在しないのである。
ある程度の量産の効く【モルフ】は死を恐れぬ使い捨ての兵士にも成りうるし、建築などの死と隣り合わせの危険な作業をやらせるのにも向いている。




報酬なども請求せずに最低限の装備でどんな事でも黙々と行う【モルフ】は最高の道具と言えよう。



しかし、正直ナーガはこの【モルフ】という存在を余り快く思ってはいなかった。
黒い髪、蝙蝠の様な金色の瞳、これらの外見的な特徴はともかく希薄ながらも、その纏う“気配”が気に入らないのだ。



そう、どう足掻いても所詮モルフは偽りの命。どうしても存在の違和感とも言うものが拭えない。
まるでそこに存在してはいけない、世界にとっての異物にも思える。




その歪んでいるとも言える存在感をナーガは個人的には好きではない。
もちろん長としてのナーガにとってはこれ以上ないくらい便利な道具だったので、モルフを使用をしないという選択肢はありえないのだが。



黙々と布切れを纏い、道具を使って自分達に割り当てられた作業に取り組んでいるモルフを視界の隅からも意識して排除しつつナーガは目的地である
「門」の最深部へと少しだけ速度を上げて向かう。




入り口の長い通路を抜けて、平均的な大きさの成体の火竜が入ってもかなり余裕があるほど広大な面積の大広間に出る。



薄暗く照らされて見える大広間の遥か奥には光の坂があった。否。あれは坂ではない。坂に見えるぐらいの幅と長さを持った石造りの階段だ。
事実、よく眼を凝らしてみれば表面にびっしりと段が存在していて、それら一つ一つが丁寧に発光しているのが分かるだろう。(踏み外しの事故防止のため)



と。その階段の奥から一人の人物が降りてきた。
紅いローブを纏ったその人物は段の上を滑るような速さで降りると、人間には到底出せない速度で床を滑ると400メートルはありそうなナーガとの距離を僅か10数秒で0にする。


そして、ナーガの前に来ると腰を折り、紅い髪が僅かだけ残り、頭皮がむき出しになった頭を下げて忠誠の意を表す。



『お待ちしておりました。長』



しわがれた声だ。男―――それもかなり年を取った老人が出すような声。男は竜族には珍しい、何千、何万もの年を取り身体的、精神的にも老体となった竜だった。
ナーガが片手を動かし、部下の初老の男に面を上げるように促す。



「挨拶は必要ない。それよりも―――」


『分かっております。こちらへ、私がご案内します』


一度聞いたら耳から暫く離れそうに無い、病気で喉を壊した患者のような独特のダミ声で、初老の男は主に一礼した後先導していく。











それは「門」と言うよりもどちらかと言えば絵画を納めている額縁に近かった。
額縁から絵を抜き取ったら丁度こんな感じになるだろう。だだしこの額には絵が入るべきそこには何も無かった。ただ向こう側の壁を晒すだけである。



しかし。




その大きさは圧巻としか言い様がない。
この「門」の主役とも言えるそれは、作業中のモルフ、人の姿をした竜族が米粒どころか、極小の砂粒に見えるほどの圧倒的な大きさだ。



だが、それも仕方ない。この「門」は竜族が本来の姿でも使える様に設計されているのだから。人の視点から見て小山の様に巨大に映るのも無理は無い。



『扉そのものは予定通りに完成します。後は通路の安定にかなりの時間がかかるかと……』




初老の男が黙ったまま門を見つめるナーガに報告する。
ナーガが、門に向けていた眼を男に向けた。



「どれぐらい掛かりそうだ?」


男が門の中に視線を移し、その向こう側の壁の更に奥を見つめながら答えた。



『空間の歪みを直すのには少なくとも10年程度はかかります。何分危険な作業ですから。
 今までもかなりの数のモルフが空間の向こうに消えていきました。我らの同胞をその様な目に遭わせる訳にはいきませんからな』



「……そうか、完遂させよ」



初老の男が恭しく一礼し、『意のままに』と答えた。


「里の方はどうなっている?」


頭を上げた男にナーガがもう一つ、「門」と平行して砂漠に建設途中の重要施設の建造状況について問う。
男が再度頭を下げて、ガラガラの声で主の問い掛けに答えた。



『以前報告書にてご説明した通り、戸籍や、水道の建設を含め7割5分と言った所です。こちらも予定通りに完成させます。食料や衣服、日常品の貯蔵も平行して行っております』


「…………」



ナーガが無言で数回頷く。そして視線を未だ起動していない「門」に向ける。起動していない「門」は不気味な静寂を守ったままだった。
恐らく、これを使うとき、それがこの世界との別れだと思うと、ナーガは複雑な気分になった。



表に出ないだけで、彼にも高等生物が持ちうる感情というものは確かにあるのだ。但し、悲しい事に「息子」には血も涙も無い男と誤解されてはいるが。



沈黙が場に満ちた。何処か遠くから石の切り出しのカーンカーンという槌を振り下ろす音が聞こえて来て、門の中に音が幾重にも反芻し、響き渡る。



その沈黙を破ったのは部下の男だった。


『ところで長、一つよろしいでしょうか?』


「何だ?」


ナーガが門から眼を離さず、声だけで答える。


『イドゥン様とイデア様の件でございます』


ナーガがピクリと、男にも分からないほど僅かにだが二人の名前に反応した。
門から眼を離し、男をその細く、剣の様に鋭い紅と蒼の一対の眼で見やる。


『どちらに、後を継がせるのですか?』


男が声を一段低くし、聞き取るのが難しいほど掠れた声を喉から捻り出して聞く。
視線を再び門に向け、ナーガには珍しく考え込むように数分沈黙した後、男の主にして二人の「父」はその重い口を開いた。



内心を絶対に表に絶対に出さない彼にはこれまた珍しくその声に苛立ちの感情を乗せて言葉を紡ぐ。


「あの二人を番わせる」


それだけ、それだけを言うと彼は口を閉ざし、後は何も言おうとはしなかった。
男がまた一礼した。その一言で全て了解したと言わんばかりに。



『はい。では、そのように』


そして男が立ち去ろうとした瞬間。



空気が一気に重くなった。同時に元々冷えていた門の中の空気の温度が更に下がる。



『また、ですな』


「…………」


男が呆れた様な口調でそう言うがナーガは答えず、額縁の様な形状の門を見ているだけだ。
ナーガがカタカタと音叉が共鳴するかのごとく震えている、腰の『覇者の剣』に手をやる。



そのまま剣を抜き放いて顔の前に持ってくる。銀色の眩しい刀身が毒々しい紫色のオーラに薄っすらと覆われていた。
そして視線を再び門に戻す。向こう側の壁を映すだけだった額縁の中央に奇妙な色彩の光の球が現れていた。



その色は毒々しい紫を基調とした見るもおぞましい虹色。そんな見ているだけで気分が悪くなりそうな色の光球が急速に額縁の中で膨れ上がり、満たした。



「門」の暴走だ。正確には異次元の異形の存在が無理やり「門」を向こう側から開いたのだった。これもまだ「門」中の道ともいえる空間が安定していないからだ。
こういう事は過去何度か起きていたが、侵入を試みた異形達は全て撃退されていた。



『私がやります。御下がりを』



初老の男が手にエーギルで産み出した紅蓮の炎を纏わせ、進み出ようとするがナーガはそれを覇者の剣を用いて制した。



「いや、我がやる。下がっていろ」




ほんの一瞬男が迷うような仕草を見せるが、直ぐに主の言葉に従い下がる。
主の命令というのもあるが、何よりもその声にゾッとするほどの、それこそ永遠に等しい年月を生きてきた火竜を怯えさせるほどの殺意を感じとったから。


【aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!】


「門」に満たされた異色の空間から巨大な異形の怪物が姿を現す。
上半身が屈強な人間、下半身が醜く肥大化した禍々しい黒色の蜘蛛の胴体と、そこから生える生気の無い土色の肌の無数の人の足。



「門」の大きさの半分を占める程の巨体のそれは正しく魔物と呼ぶに相応しい。モルフやそこいらの魔道士では傷一つ付けられないであろう程巨大な力を持った魔物。
神竜と正反対の、伝承の中の始祖竜に限りなく近いエーギルを持ったそれが今、エレブに侵入しようとしていた。



間違いなく、今まで「門」の中から現れた異形の者達の中でも最大にして、最強の存在だった。



コツコツコツ……。


ナーガが30メートル程の大きさのそれに散歩でもするかの様に自然体に歩み寄る。
ナーガの存在に気がついた魔物が自身に近づいてくる愚か者を屠らんと、5メートルはあるであろう城壁さえも粉々に粉砕する威力を秘めた握り拳を振りかぶる。



ブォオオンと、猛烈な風きり音を響かせながらナーガにその魔拳を無慈悲に振り下ろす!


が。


普通なら、その次にくるであろう床が粉砕される破砕音も、ナーガの肉と骨が砕け散る音も、辺りに雨の様に血が滴る水の音も一切響かなかった。



異常な光景だった。光が、黄金の光で創られた絹よりも薄く美しい壁が、軽々と魔物の魔拳をナーガの顔面の数センチ前で受け止めていた。
見る限り、魔拳を受け止めた壁に傷は一つも見受けられない。


【!!!!!!!!!!!!!!!!】



魔物がもう一つの拳を動かそうとしたが、動かない。腕所か体が動かない。
何故だ!? と、唯一自由になる頭を動かし、自身の巨体に眼をやった魔物は見た。



黄金の光で産み出された縄が、否、蛇が全身をぐるぐるに拘束しているのを。



【!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】


怒りの咆哮をあげて、狂ったかの様に身をよじらせ拘束から逃れようとするが、頭と眼球、無数の足の指以外どこも動かない。


そんな様子を暫く昆虫でも観察する眼でナーガは見ていたが、やがて興味を失ったかの様に小さく鼻を鳴らし、片手に持った『覇者の剣』に一つの術を掛ける。
銀色の長い刀身を薄っすらと覆っていた薄紫の色が、円を基調とする魔方陣に覆われ、次いで夜の闇を思わせる純粋な漆黒に染まった。

 







                          【リザイア】




それは混沌魔法の一種。相手から直接【エーギル】を抜き取り己が力に変えるという魔術。
闇魔道の術の中でもポピュラーなこの術ではあるが……ナーガの様な全てに於いて規格外の存在が発動させた場合は……。




ナーガがサクッと何気ない動作で眼の前の魔物の拳、指の付け根辺りに【リザイア】のドス黒い光を纏った剣を突き刺す。
覇者の剣は魔物の固い皮膚など濡れそぼった紙か何かの様に貫いて、その黒い刀身を体内に侵入させた。






そして、体内に埋め込まれた刀身に纏わりつく闇が、【リザイア】がその効果を発揮する。覇者の剣が魔物の【エーギル】を喰らい始めた。



【!!!!!!!!!!!?ΨЬδπξ???】



魔物が耳をつんざく絶叫を上げた。それは魂を直に原初の混沌に喰い荒される者の悲痛な叫び。
無数の足の指が、無茶苦茶に動いて今現在魔物が味わっている苦痛の程を表す。



徐々に、徐々に、足の指の動きが止まり、魔物の巨体が灰とも砂とも、錆とも言えぬ何かに変わってボロボロと崩れ落ちていく。



魂を食い尽くされ消え行く意識の中、魔物が最後に見たのは、紅と蒼の瞳を持った、魔物よりも恐ろしい存在の顔だった。


















「終わったな」


只の砂の山と化したかつての魔物の巨体を見て、ナーガはポツリと呟いた。その様子は今さっき、恐ろしい魔物を世にも残忍な方法で処分したとは思えないほど冷静だった。
次に魔物が通ってきた「門」の中の道を見て背後に控える男に指示を出す。


「処理せよ。フレイ」


『意のままに』


フレイと呼ばれた男も今さっきまでの出来事など無かったかの用に作業用のモルフを呼び出し、指示を出す。




指示を出したフレイが一礼し、何処かに消えるのを見届けたナーガが入り口に向かって歩き出す。殿に帰るのだ。明日もあの双子に様々な事を教えなければならない。
いつか、自分が居なくなった時に二人で生きていけるように、様々な事を教授しなければならない。


幸いな事に殿の効力と自身の神竜の力で双子の肉体的な成長は大分早まっている。後は精神面での成長だ。


自分に出来るのは知識と経験を出来るだけ与えて、成長を促すことだけだ。後は、具体的にどうするかだが……。



多少、歪ながらも双子の事を考え、頭を悩ませるその様は正に「父親」と呼ぶに相応しかった。





あとがき 




祝!!55000PV!!!!


番外編その1をお送りしました。魔物はニニアンの良くない者が来るという台詞から考察した独自設定です。
魔物の外見は巨大化ケンタウロス+蜘蛛だとでも思ってくだされば…。


あぁ……早く、イドゥン、イデアのほのぼのな話を書きたい。



それはそうと55000PV達成です!
ここまで来れたのも皆様の励ましのメッセージがあればこそです。本当にありがとうございます!!


完結まで果たして何年掛かるか見当もつきませんが、これからも宜しくお願いします。


では、次回の更新にてお会いしましょう。





前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.03319787979126