SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 裏 話 2 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/12/25 14:26




「我々は心のどこかで好敵手を求めています。
 認め合いながら競い合える相手を探す場所。
 ハンター試験は結局、そんな所でしょう」
「認めたくありませんが、彼も我々と同じ穴のムジナです。
 ……ただ彼は我々よりずっと暗い場所を好んで住んでいる」
 
 by サトツ (ハンター試験でのヒソカを評して)
 ※セリフの順序を変更してます。




裏話2 『奇術師の出遭い』




一枚のトランプがダンスを踊っている。
それはひらりひらりと風に舞う儚き木の葉のようであり、
虚空に鮮やかな曲線を描く燕のようでもある。
それほどそのカードの軌道は美しく洗練されていた。

だがそのカードで成されているのは凄惨で残酷な行いだった。

蜘蛛の巣にかかった虫のように必死に逃げようとする受験生達。
撫でるように彼らの命を刈り取っていくハートの4。
夢半ばで湿原の地に伏すこととなった血まみれの亡骸。
辺りに立ち込める濃厚な鉄の匂い。
そして……狂ったように踊り、高らかに笑う道化の死神。

その舞踏は殺人の喜びを現した死のワルツだったのだ。

「君ら全員、不合格だね◆」

手品のように50以上もの命を消し去ってしまった奇術師。
ヒソカ、それが彼の名前だった。




ビスカの森をカマイタチのようにヒソカが駆けて行く。
その凄まじいまでの速さは、彼が左肩に180cm以上ある大柄の男を
乗せているということを忘れてしまいそうになるほどだ。
だがそれでいて全力で、必死で走っている様子はない。
それどころかその走りの軽やかさはスキップでもしているようにすら見える。

ヒソカは湿原で大量のハンター試験受験生を殺害し、
友人であるギタラクル改めイルミの位置を示す発信機の光の方角に向かっていた。
彼が言うにはそこが二次試験の会場らしい。

走っている最中、彼はニヤニヤと笑みを浮かべていた。
堪らなく機嫌が良かったのだ。

「くっくっく。
 まさか4人もなんて……嬉しいなァ」

そう言ってヒソカは更に深く歪んだ笑みを浮かべた。

それは全うな人間には決してできない常軌の逸したものだった。
麗しき裸体の女性が目の前にいるのに、自分は手を触れることさえできない。
こらえられない。もどかしい。たまらない。
今すぐ目の前の存在を、つま先から頭のてっ辺までしっかりと堪能し、
長い時間をかけて優しく優しく愛でて、そして……無茶苦茶に犯し壊してしまいたい。
そんな底知れない狂気と欲情を孕んだ表情だったのだ。

なぜヒソカはそれほどまでに歓喜しているのか。
それはこのハンター試験で2人の子供と出遭ったから。

『ゴン』と『キルア』、それがヒソカの新しい『おもちゃ』の名前だった。
いずれも今回試験初参加のまだ幼さの残るルーキーだ。
だがその潜在能力は絶品!

しなやかで力強い輝きの宿った瞳のゴン。
誰とでも親しくなれるような仲間思いの優しさを持っている。
いかなる障害も強敵も彼にとっては成長の糧にしかならない!
太陽の下、燦々とした光を浴びてグングンと伸びていく椰子の木のような子供だ。

闇夜を切る月光の冷たさと鋭さを持ったキルア。
尋常ならざる厳しい闇世界において尚闇に染まりきらぬ、自分を持っている少年。
その幼い身体に内包した才能と技量はもはやこの歳にして一級!
それでいてまだまだ伸び代のある、闇の胎動が生み出した怪物の中の怪物だ。

どちらもそれだけでヒソカが悶えそうになるほど美味そうな果実。
その二人が奇跡的にこのハンター試験で出遭うことになったのだ!
お互いに刺激しあい競い合い、更にその才能を伸ばしていくことは間違いない!!

それに仲間にも恵まれている。
今ヒソカが左肩に抱えている医者志望の男『レオリオ』と、
幻影旅団への復讐を誓ったクルタ族の青年『クラピカ』。
ゴンとは関係なく美味そうだなと思っていたこの二人がまさか彼の仲間だったとは。
きっと神が彼ら4人の運命の糸を結び付けているに違いない。

ゴンとキルア、レオリオとクラピカ。
彼らが今後、この4人でどのような冒険を繰り広げていくのか。
そしてその中でどんな成長を遂げていくのか。
楽しみだ。あぁ、本当に楽しみだ。
ヒソカは僅かに身体を震わせながら、淡い官能の吐息を吐く。

「やだなぁ。
 彼らのこと想像してたら……勃起しちゃったよ」

ズボンの股間の部分が不自然に膨らむ。
そのせいで走りづらくなったのかヒソカは少しスピードを緩めた。

そこでヒソカの視界の端にチラリと人影が写った。
そちらに目を向け、ヒソカは自らの情念を抑えるかのように胸をゆっくりと摩る。

「落ち着くんだよ、僕。
 今は彼がターゲットなんだから◆」

ヒソカの視線の先に東洋風の顔立ちの男がいた。
胸には「311」と書かれたプレートが張ってある。

二次試験会場に向かっていたヒソカだが、彼にはまだやることがあった。
それはあの惨劇の場で生き残った4人のうちの2人を探しだして、
彼らが自分のお眼鏡に適う人間かどうかを確かめること。

今見ている男はそのうちの1人。
彼はヒソカがあの4人とは別の意味で注目している人間だった。

なぜ彼を注目しているのか。
それは彼が絶を使っている……つまり念が使えるからではない。
念を使える人間の中にも、ゴミのようにつまらない奴はたくさんいる。
念使いであるかどうかなど、大した意味はないのだ。
ヒソカが彼を注目しているのはもっと別の理由。

ヒソカは自分自身の『人間の本質を見極める』という能力に自信があった。
死地や窮地に置かれた人間の表情・顔つき・瞳を見れば、
ヒソカはその人間の大体の本質が分かってしまうのだ。
これは別に念能力でもなんでもない。彼の鋭敏な感性のなせる技だ。
ヒソカが今まで何人もの死に顔を看取ってきたということにも関係在るだろう。
人間は死というものが身近であれば在るほど、その本性が浮き彫りになるものだから。

ヒソカの目から見て、あの4人は本当に才能に満ち溢れていた。
良いハートを持ったヒソカが大好きなタイプの人間達だった。
そんな彼らと命の奪い合いをするのが、ヒソカの至上の喜びである。
だからヒソカは彼らに著しい関心を寄せているのだ。

だが……あの男は分からなかった。
ヒソカの人間観察能力を持ってしても、あの男の本質は見抜けなかったのだ。

いや、ヒソカの人間観察能力が通用しなかったと言ったほうがいいかもしれない。
なぜならあの男は50人以上の受験生を殺した自分を前にして、
まったく危機感を感じていなかったからだ。
いやそれどころか恐怖すら抱いていないように見えたからだ。

本来なら恐怖を感じないなんてことはありえない。
恐怖と言うものは生ける者全てが持っている感情だ。
それはヒソカとて例外ではない。
彼とて手練の能力者と戦う時には恐怖を覚えるものである。
もっともその恐怖はスリルという形でヒソカの頭の中で変換され、
それ自体がヒソカの愉悦の一つになってしまうのだが。

ではあの男は恐怖をなぜ感じないのか。

ヒソカの勘違い? それこそありえない。
その人間が恐怖を感じているかどうかなんて、
本質を見抜くよりも更に簡単なことだ。

では強者の余裕なのだろうか?
ヒソカなど足元に及ばないほどの力を持っているため、
恐怖を感じる必要がないのだろうか?
……そうも思えない。
見た限り肉体も身のこなしも素人同然に見える。
よほど上手に隠蔽しない限り、ヒソカを騙すことはできないはずだ。

違う。もっとあれは別だ。
何か別の理由があるのだ。
そう、あれはまるで『恐怖という感情が欠落している』ようだ。

「くっくっく」

ヒソカはその考えに思い至り、笑えが押さえ切れなかった。

まるで何かの制約であるかのようにずっと絶をしているところといい、
その恐怖を感じていないような言動といい。やはり彼も面白そうだ。
少なくともヒソカが今までに会ったことのない人間であるのは間違いない。

(これまた楽しみに人材だなァ。
 彼はどんな人間なんだろう)

ヒソカは気配を消し、311番の男に近づく。
素人同然であるその男に近づき背後を取ることなど、
ヒソカにとっては造作もないことだった。

「お・・・。あれは・・・」

男が肩で息をしながら遠くを見て呟いた。
何か見つけでもしたのだろうか。

「ん? 誰か居たのかい?」

一体この男はどんな人間なのか。
その心にどんな闇を狂気を抱えているのだろうか。
自分自身のこの色情を満足させてくれるような人間なのだろうか。
それを確かめるべく、ヒソカは友人に話しかけるように軽く声をかけた。




結局一言三言言葉を交わしたが、
ヒソカは依然としてその男の資質が掴めなかった。

ヒソカが背後から話しかけたのにも関わらず、三流コメディの主人公のように驚くだけ。
少しばかりヒソカを怖がるそぶりを見せるが、その目にはやはり恐怖の色はなく、
場のノリと勢いでそういうことを言っているだけなのだろう。
その証拠にすぐあとのヒソカの質問には平然と答えを返している。
それどころか少しヒソカをからかっている節すらある。

相変わらず底の見えなさだ。
いい加減、話をしているだけでは男の本質を探ることはできないのかもしれない。

(ちょっとちょっかい出してみようかな?)

そう頭の中で呟いて、ヒソカは血塗れたハートの4をこっそりと手に隠し持った。
実際に死ぬような目にあわせれば、この男が持っているものが見えるかもしれない。

だが……事はこの直後に起きた。

ヒソカの目の前で男の顔が見る見るうちに青ざめていく。
今までも顔色が良いものではなかったが、その比ではない。
全身の血が一斉に抜かれたように顔面蒼白であった。

「ところで君、大丈夫?
 顔が真っ青……」

具合でも悪いのかいと話しかけるヒソカであったが、
話している途中で強い違和感を感じて言葉を途切れさせた。

違和感を感じたのは男の顔だ。
ヒソカはたった今真っ青と表現したが、本当に男の顔が青く見えたのだ。
血が引いて少しぐらい青く見えたとしても、これほどに顔が青く色づくことはない。
まるで顔面全てが青あざになってしまったかのような顔色だ。

……いや、それも少し違う。
厳密に言うと男の顔色は青ではない。
緑だ。青々と茂る草木の色。
人間の顔色としては明らかに間違った色合い。

「というよりも……それって」

その言葉と同時に男の表情から力が抜け、体が傾き始めた。
そして男は妙な声を上げて、そのまま地面の草花に顔を突っ伏してしまった。
首に怪我を負ってしまいそうなほどに頭から思いっきりに。
しばらく目を覚ますことはないであろう倒れ方。
完全に気を失ってしまったようだ。

男が倒れてようやくヒソカは気付づた、
なぜ男がそんな顔色になっていたのか。

なぜなら……倒れた男は未だにその異常な色のままだったからだ!

言っておくが顔色の話ではない。
男はうつぶせに倒れているので、顔はヒソカから見えやしない。
全てだ。男の全て、全身がうっすらと緑がかっていたのだ!!

いや、緑がかるというのは間違っている。
もっといい表現がある!

「……透けている?」

そう。それが最もいい表現。
男の身体は緑色になっているのではない!
体が半透明になり、その先にある森の緑が見えていたのだ!!

いったいどういうことなのか。
ヒソカは眉間に皺を寄せながらその理由を考える。




男が立っていた。




「……!!?」

ヒソカは思わずその場を飛び跳ねて、立ち上がった男から距離を取った。
刮目して男を警戒し、先ほど隠し持ったトランプを構える。

生半可な倒れ方ではなかったはずだ!!
目を覚ますのが早すぎる!!

それにヒソカは男から目を離してなんかいない。
であるにも関わらず男が立ち上がったところが見えなかったのだ!!
ヒソカが男の動きを見逃す? そんなことは在り得ない。
倒れていた男が、次の瞬間には立ち上がっているという異常!!
本当に映画フィルムのコマが抜けたようだった。

男は相変わらず僅かに透けたまま、姿勢を前に倒し両腕をブラブラとさせている。
素人同然であったはずの男の身体には微塵の隙も感じられなかった。
そこに佇む男の姿は、今眠りから目覚めたばかりの猛獣のようだ。

だが、そんなことはヒソカはたいして気にならなかった。
本当に注目し、驚くべきなのは男の顔であった。

(……火傷!?)

男の顔はその殆どが火傷に覆いつくされており、
所々焦げ付き黒く炭化していたのだ!!
良く見ると顔だけではない。体のいたるところが黒く焦げている。
その様はまるで焼死体……いや、そのものだった。
これほど全身を火傷して生きていられるはずがないのだ!!

男の表情は重度の火傷のせいで良くわからない。
苦痛に歪んだ表情のようにも、恐怖に怯えているようにも、
この世全てを呪い怒り狂っているようにも見えた。

男の濁った目からもまったく感情が読み取れない。
その真っ黒な瞳の色は、全てを覆い隠す暗闇のようだった。
いや、あるいはあらゆる感情の色を混ぜ合わせて黒という色になったのかもしれない。

その二つの黒点がじっとヒソカを見つめている。
品定めでもしているかの如く舐めるようにヒソカを観察している。

対するヒソカもその一挙一動を見逃さぬために静かに男を見入っていた。
この男は先ほどまでの男とは全く別の人間と考えたほうがいい。
飢えた獣のような危険な空気、もはや一切の油断などできない。

沈黙する二人。
一触即発。じっとりとした重く禍々しい空気が二人の間で漂う。
ヌメーレ平原に生息する動物達が鳴き声をあげて逃げていく。

どちらから仕掛けるかという緊迫し凝縮された濃密な時間。
10秒か20秒か、それとも1分か更にもっと長いのか……。
一体どれぐらいの時間が経ったのかヒソカには分からなかった。
もしかしたらほんの一瞬のことだったのかもしれない。

突然男はあらぬ方向に顔を向けた。
それは豹変する前の男がチェリーという武闘家を見つけた方角だ。

男が駆け出した。
ヒソカの方へではなく、今顔を向けた方へ。

その動きは人間のものとは思えないものだった。
罠に掛かった狼のように荒れ狂い暴れながらの疾走。
体中が鎖で縛られているかのようにぎこちない手足の動かし方だ。
だがそれでいて速い!!
その様は例えるならば、渋滞の中、他の車を無視して、
アクセルベタ踏みで走り出した大型トラックだ!!

男に一拍遅れて、その後を追うヒソカ。

「うぁああああああああああああああ!!!!」

彼の耳に腹の底から搾り出したような悲鳴が聞こえてきた。
男を追う足を急がせる。

悲鳴の発生地点。
そこには……

「どういうことだ!!?
 なんなんだ……貴様は!!!?」
「……」

地に倒されて恐怖の叫びをあげているチェリーと、
一言も発せずにチェリーの頭を掴む男がいた。

恐怖に顔を引きつらせながらも、チェリーは男に拳や蹴りを繰り出している。
その攻撃の鋭さはとても倒れた体勢で放っているものとは思えないほどに鋭い。
骨折、脱臼、内臓破壊。
チェリーの攻撃を受けるたびに男の体が音を立てて破壊されていく。

であるのにも関わらず……

「……」

男は今だ沈黙を保ったままだった。
その口からは苦痛の声どころか呻き一つもらさない。

いや、更に驚くべきは男の体だ。
攻撃を受けた箇所は確実に怪我をしているというのに……体のどこにも怪我をない!
攻撃が男の身体を傷つけたその直後、
そこに出来たはずの怪我がなくなっているのだ!!

「な、なぜだぁあああああああああ!!!!」

手ごたえがあるはずなのに、まったく男にダメージを与えらない。
その事実はチェリーを強く困惑させた。

それでもチェリーは諦めずに攻撃を続けようとした。
だがそれは適わなかった。

「……!?
 う……腕が……足が……!!!」

動かなくなったのだ。
まるで自分の身体ではないようだった。
手も足も全然上がらず、芋虫のように身体をモゾモゾと動かすことしかできない。

チェリーにはそれが何故かわからなかった。
なぜなら男はチェリーの頭を掴んでいるだけで、
他に何一つ攻撃をしていないからだ。
それなのになぜ自分が身体を動かせなくなるのか……!?
チェリーはもはや恐慌状態に陥っていた。

「……あ…………ぁ……」

徐々に徐々に体をモゾモゾと動かすことすらできなくなる。
体の中のエネルギーが少なくなり、小さな声ですら出せない。
表情を変える力すらもはや残っていない。

巡りの悪くなる血液。冷えていく体。働かなくなる頭。

そして、チェリーの心臓の鼓動は……

「……」

……停止した。




ビスカの森をカマイタチのようにヒソカが駆けて行く。
その凄まじいまでの速さは、彼が両肩にそれぞれ大人の男性を
乗せているということを忘れてしまいそうになるほどだ。
だがそれでいて全力で、必死で走っている様子はない。
それどころかその走りの軽やかさはスキップでもしているようにすら見える。

走っている最中、彼はニヤニヤと笑みを浮かべていた。
堪らなく機嫌が良かったのだ。

「くっくっく。
 また面白いおもちゃが手に入っちゃった◆」

そう言ってヒソカは更に深く歪んだ笑みを浮かべた。

あの後、一部始終を見ていたヒソカの目の前で男は倒れた。
警戒してヒソカが近づいて見ると、
男はまるで美味しい料理を食べた子供のように安らかな顔で眠っていた。
全身にあった深い火傷もチェリーの攻撃でできた怪我もどこにもない。
まるで全てが夢であったかのようだ。

だが夢でないのは明白だ。
その証拠は直ぐ横にある外傷が全く無い武闘家の死体。
それが先ほどまで繰り広げられていた惨事が嘘ではないことを示していた。

そして今、ヒソカはその原因である男を右肩に背負って走っている。

結局、男の本質が何であるかはヒソカには分からなかった。
だがそういう人間が1人くらいいてもいいではないか。
それはそれで面白い。

カラフルで派手な薄っぺらの布切れを剥ぐと、
そこには鬼さえ黙らせるような凶暴で恐ろしい化物が隠されている。
まるで手品のようだ。あれほど人を驚かせる人間はいない。
成長が楽しみなゴンたちとは違い、この男は存在自体が狂っていて面白い!!

あの男の隠された凶暴性は人間の暗い感情そのもの!
あれがこの世の中に放たれて、どんな災厄をばら撒いていくのか……。
一体この男はヒソカにどんなサプライズをもたらしてくれるのか……。
考えただけでゾクゾクが止らなかった。

それに……

「蜘蛛を壊すのにも使えるかも◆」

旅団に入って3年、そろそろクロロも狩り時だ。
だが旅団のガードは甘くない。
そう簡単にクロロと闘うチャンスはやってこない。

毒が必要なのだ。
一見無害そうでありながら、触れただけで死に至るという猛毒が。
蜘蛛の身体に浸透し、頭をつく隙を生み出してくれる劇薬が。

この試験が終わったら9月1日のヨークシンに、この男を呼ぼう。
ヒソカはそう心に決めた。




これがハンター試験におけるヒソカと高橋良助の出会いであった。




つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.039851903915405