SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 裏 話 1 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/09 07:58




「人は得体の知れないモノに出遭うと、それを過大に評価するものです。
 キミは今、一種の恐慌状態に陥っている」

 by ノヴ (ネフェルピトーと遭遇したキルアに対して)




裏話1 『殺し屋の憂鬱』




「ってぇーーーーーーーー!!」
「!?……レオリオ!!」

一次試験後半、ヌメーレ湿原に轟く数々の悲鳴と断末魔。
ゴンの後方から聞こえたそれにはレオリオのものも混ざっていた。
ゴンは一切の躊躇なく、ともに走る先頭集団から抜け出し、
叫びの発生源のほうへと駆け出す。

「ゴン!!」

今試験官を見失ったら次の試験会場に辿り着くことは不可能だ。
キルアはゴンの名前を呼び彼を止めようとする。
だがゴンは、キルアの制止や走りづらい湿原のぬかるみを
無視するように全力で走り去っていった。

少しの間ゴンの向かったほうを見ていたが、
キルアはすぐに前を向き再び先頭集団に着いて行く。
ここでゴンに気を囚われてはキルアもここで脱落しかねない。

「……馬鹿か、あいつ」

これでゴンは脱落。キルアはそう判断した。
この広い湿原の中、どこに次の試験会場があるかなど、
今は一緒に走っている試験官のサトツぐらいしかわからない。
ゴンが自力で試験会場を探し出すのは不可能だ。

せっかく知り合った同い年の受験生であるゴンが、
こんなに早く脱落するのは残念でならなかった。
だがそれも仕方がないとキルアは考える。
ハンター試験は遊びじゃないのだ。
足手まといをいちいち助けていてはキリがない。
そういう点でゴンは甘い人間なのだろう。
ならば落ちるのも自然の道理というものではないか。

いや、それぐらいで済めばまだいいほうだろう。
試験に脱落したぐらいならば別に大したことない。
また来年受験すればいい話なのだ。
だがゴンが向かった先にいる『モノ』を考えると、
彼がもっと恐ろしい結末を迎えてしまう可能性も十分にありえる。
なぜなら、あれらの悲鳴の原因は
人間を捕食しようとするヌメーレ湿原の動植物なんかではないからだ。

奇術師ヒソカ。
おそらく奴が我慢しきれず人を殺し出したに違いない。
それぐらいヒソカから溢れ出る殺気は濃いものだった。
あの男相手ではゴンはおろか、キルアですら敵わない。
戦えば負ける。殺される!

それだけの死の危険が付きまとうのだ。
ゴンが仲間を助けに行ったのが、キルアには愚かしく感じられてならなかった。

……だがゴンが向かう先にある危険はヒソカだけではない。

「…・・・『アイツ』もいるしな」

額にじっとりと汗で濡らしながら、キルアが言った。

今試験官と走っている連中の中に『あの男』がいないのだ。
となれば、おそらくあの男もゴンの向かう先にいるはずだ。

キルアはこの試験の中で、戦いたくないと思う受験生が二人いた。
それがヒソカとあの男……。

ヒソカと戦いたくない理由は簡単だ。
キルアよりも圧倒的に強いからだ。
おそらく自身の兄と同じか、それ以上の戦闘力を持っている。
到底キルアが戦って勝てる相手じゃない。
それゆえに戦いたくなかった。
本当に単純な理由だ。

だがあの男の場合……。

「……」

首だけ回し、後ろを少し振り返るキルア。
ゴンが消えていった方角を見ながら、キルアはあの男のことを回想した。




家業にうんざりし、家を抜け出したキルア。
遊び半分暇つぶし半分で受けたハンター試験の会場についた時、
彼は軽く失望してしまった。

(なんだこんなレベルなのか……)

ハンター試験を受けようとする受験生の殆どが、
キルアの足元にすら届かないような人間ばかりだったのだ。

いや、厳密に言うとそうでない人間も居るにはいた。
受験番号44の道化師風の男と受験番号294のスキンヘッドの男。
キルアはひと目で彼らが自分以上の強さを持っていること分った。
おそらくは世界でもトップレベルの実力者。

だが、それだけだ。
所詮彼らもキルアと同じ闇の住人だろう。目を見ればわかる。
キルアは仕事柄、ああいう人間を何度も見てきた。
飽き飽きするほど。

そういった闇の濃い人間を除けば、
キルアの目に留まるような人間はまったくといっていいほどいなかった。
ハンター試験を受ければ、今までにあったことがない
面白い奴と会えるかと思ったのだが、見当違いだったのかもしれない。

「へい!! トンパ!! トンパ!!
 新人潰しのト・ン・パ!!
 へい!! トンパ!! トンパ!!
 トンマに似てるぞ!ト・ン・パ!!」

特に酷いのは他の受験生をからかっている受験番号311の男。
見ただけで分かる。どう見ても素人だ。
ここにいる受験生どころか、町のチンピラにすら勝てると思えない。

試験会場にあんな程度の低い男がいるとは……。
それだけでハンター試験のレベルの低さが伺える。
最難関というのも結局は噂に過ぎないのだろう。

(これじゃハンター試験も大したことなさそうだな。
 どんな難関か楽しみにしてたのにな)

だがまぁ、受けることにしたものは仕方がない。
少なくとも暇つぶしぐらいにはなるだろう。
それに311番の男も、何かの間違いかなんかで
ここまで来ることができたのかもしれない。
まだ悲観するのは早すぎる。

そう考えてキルアは再び周りを見渡した。
もしかしたら他に面白そうな奴がいるかもしれないと。
試験開始まで彼はそうやって暇な時間を潰していった。


……その時の彼は予想していなかっただろう。
そのもっとも酷い男が、もっとも彼を恐れさせるとは……。




その男とキルアが接触したのは、
一次試験である持久走が開始してすぐのことだった。

「キルアくぅううううん!!
 スケボー貸してよーーー!!
 ね? ね? 絶対返すからさーーー!!
 お願いだよぉおおおおお!!
 頼むからさーーー!!
 一生!! 一生のぉお願い!!」

こともあろうかその男は、
キルアが持っているスケボーを貸してくれとお願いしてきたのだ。

「ふざけんな。離れろよ」

スケボーをこいでいるキルアの横につき併走する311番の男。
その顔は試験が開始してまだ十分も経っていないというのに、
もう汗だくになっている。
なんという体力の無さなのだろうか。
これでは健康のために毎朝走っている老人のほうがまだ体力がある。
キルアにこんなお願いをしているのも、
スケボーを使ってこの持久走を乗り切りたいからだろう。
キルアは改めてなぜこんな男がハンター試験を受けているのか疑問に思った。

別にキルアとしてはスケボーなど無くとも良い。
その気になれば一日中走り続けることだって可能なのだ。
ただ試験官について行くだけの試験など楽勝だった。

しかし、だからといって見ず知らずの男にスケボーを貸す理由にはならない。
この程度の課題を自力で解決できない奴など知ったことではない。
キルアとしてはこんなレベルの低い男とは関わりたくもなかった。

そういうわけで、本来ならこんな男など無視してさっさと先に行くところだが、
キルアには一つだけ気になっていることがあった。

「いや、そんなに冷たくしないでよ??
 ボクと君との仲じゃないか~~!!」
「知らねーよ。
 っつかなんで俺の名前知ってるんだよ?」

なぜ自分がキルアだと分かったのか、それだけが疑問だった。

キルアの名は、父や祖父ほどではないが裏社会でそこそこ知られている。
だがいくら名前を知っていたとしても、
顔を知らなければ彼がキルアだと分からないはずだ。

ゾルディック家の人間は隠れて住んでいるわけではない。
だがその容姿は闇世界においても殆ど知られていなかった。
家の外に出るのはほぼ仕事絡みであるし、
標的は特別な事情がない限り皆死亡している。
故にゾルディック家の人間の素顔というものは、
殆どといっていいほど知られていなかった。

そんなわけで普通ならば誰も彼がキルアだとわからないはずなのだ。
だがこの男は自分をキルアと呼んでいた……。
この311番の男も闇世界で生きる人間なのだろうか。いやそんな風には見えない。
それに闇世界の人間といってもキルアの顔を知っているのはごく少数なはずだ。

「え、知らないって?」

だからキルアは、少しだけこの男の話を聞くことにしたのだ。

しかしその男は……

「何を言っているんだい!?
 ボクのことを忘れたのか???
 ボクと君との出会いは……
 そう13年前にさかのぼる……」

などとありえないことを言い出した。

現在キルアは12歳。
13年前、キルアはまだ生まれてすらいないのだ。
会えるわけがない。

わかったのは、相手が本当のことを話すつもりがないということと、
キルアのことを舐めているということだけだった。
でなければ、こんな適当な嘘を言うはずがない。

(……ふざけやがって)

イライラとした感情と共に、キルアは自分の胸の奥底から冷たい何かが
ゾロリと這い上がってくるのを感じた。
そいつの正体をキルアはわかっていた。
殺意であると。

それを胸に感じてからのキルアの行動は本当に一瞬であった。

キルアの体が動いた!
スケートボードを跳ね上げて右手で取り……左足の鋭い蹴りを男の右足に!!
そして続けざまに男の左足へと突き刺さした!!

空気を切り裂く高圧電流の如き蹴り。
もしかしたらキルアの一言が男の耳に届くよりも、
キルアの足が身体に触れるほうが先であったかもしれない。
それぐらいキルアの蹴りは恐ろしく早かった。

鳴り響く木の枝を捻り切ったような二つの音。
粉砕される右膝と左太腿の骨。
グラリと傾く男の体。

今の蹴りによって男の試験脱落は確定した。
それどころかこれから先、歩くことすらままなるまい。
一生を車椅子で過ごさなければならないはずだ。

およそ12歳の子供がしたとは考えられない残虐な行い。
だがそれにも関わらず本人は頭の中でまったく別のことを感じていた。

(うん、俺って優しいな)

おそらく男を殺すのを我慢し、両足を使い物にしなくなる程度で
済ませたことを言っているのだろう。

人を殺すという行為にうんざりしているキルア。
時に疼きが抑えきれず殺人を犯したくなる彼であるが、
せっかく家を出た今、滅多なことでもない限り誰かを殺すつもりはなかった。
故にこの男を殺しはしなかったのだ。

しかしだからといって、キルアの行動が優しいものと言えるわけじゃない。
だがそんなのはキルアには関係なかった。

(……ばーか)

プロの殺し屋である自分に舐めた真似をした罰だと、
嘲りの視線を持って死した男を見下ろした。

だが……

「痛てっ!!痛てっ!!
 ひどーーーーーーい!!!
 蹴らなくてもいいじゃないかーーー!!」

男は攻撃から半拍遅れて言葉を返し、キルアと再び平然と併走し始めたのだ!!

(……!!??
 そ、そんな馬鹿な!!?)

ありえない。なぜ走ることができるのか。
キルアは慌てて走る男の脚を見る。

(……足が……怪我してない……?)

そこには何一つ異常のない男の両足が存在していた。

(……ど、どうして?)

キルアは自分の目が信じられなかった。

この男の足は間違いなく自分が完璧に破壊したはずなのだ。
今まで数え切れないほどの殺しの仕事をしてきたのだ。
攻撃の成否に関してキルアが見誤ることは絶対にない。

「もぅ~、キルア君のいけずぅ(ハート)
 実は恥ずかしいんでしょ??
 本当はボクに優しくしたいけどできないんでしょ?」

だが、男は足を痛がっている様子はなく、
キルアが彼に蹴りを叩き込む前と同じくごく普通に走っている。
まるでキルアが男を蹴ったという、事実そのものが消えてしまったかのように。

「なんというツンデレ!!
 萌える!!萌えるぜぇええええええ!!
 いやぁー、本当にかわいいなぁ君は」

得体の知れない存在。
こんなことは今まで一度もありはしなかった。
男の話している内容がまったく耳に入らない。

この男は一体何なんだ。
そんな思いがキルアの頭を占め始める。

ここで初めてキルアは男の両眼を見た。

覚悟の欠片も見当たらない、力の抜けたゆるゆるの目付き。
人生を乗りと勢いだけでいることが、
一目見ただけで容易く理解することができる軽薄な瞳の輝き。
世界最難関であるハンター試験に参加した人物とは思えないような目であったが、
それはそれでこの男らしいといえた。



……と、そこで理解を終えていれば、キルアは心を乱すことはなかっただろう。



だが、それは許されなかったのだ。
ゾルディック一族においてもピカイチと云われる才能を持つ彼の鋭敏な感性は、
感じ取ってしまった。
男の瞳孔の奥、滲む様に幽かに見えるその感情を。

その瞬間……キルアの背筋が凍った。

そこにあったのは……深海を漂う泥のように重い感情の渦だった!










……恐怖……

      ……絶望……

   ……憤怒……

            ……悲哀……

        ……後悔……

 ……不安……

              ……憎悪……

  ……怨恨……

           ……無念……










そんな濃い感情の群れがとぐろとなって渦巻いている。

感情の坩堝(るつぼ)。

人間の許容量を遥かに超えたありったけの慟哭が、
灼熱の釜のように煮えたぎっていた。



(な……なんだよ、これ)

キルアの顔にじっとりと汗が滲んでいた。

対する男は何も変わらない。
最初と同じ、ゆるくて軽薄な雰囲気のままだ。
キルアですらぞっとするような感情を抱いていながら、
それをまったく態度や表情に表していない。

表面上の軽すぎる男の佇まいと、その奥に隠れた重過ぎる男の情念。
気味が悪くなるようなちぐはぐさだった。

人は理解できないものを恐怖する。
特にキルアの場合は、これまで未知数の相手とは戦うなと教えられてきた。

気付けばキルアは男にスケートボードを手渡していた。




それからしばらくあと、キルアはスピードを上げて最前列で走っていた。
スケートボードで悠々と進んでいく男から離れるように。
未だに汗が収まっていなかった。

そんなキルアに近づいてくる気配があった。
キルアが振り向くと、そこには彼と同じぐらいの歳のツンツンとした黒髪の少年がいた。
キルアと同じように薄らと額に汗を浮かべている。

「……君も気付いたんだね」

少年の問いかけ。
何を……とは言っていない。
だがその表情から、キルアは少年が何のことを言っているのかすぐに気づいた。

「まさか……おまえも?」
「うん……。会ってすぐの頃はわからなかったけど」

二人が話しているのは、先ほどの男のことに関してだった。
おそらくこの少年も、キルアと同じように
あの男の奥底にあるものを感じ取ったのだろう。

「一体何なんだよ。あれは。
 気持ちわりぃったらありゃしねーぞ」
「わからないし、わかりたいとも思わない。
 あんな怖いの……絶対に近づきたくない」

人間ではなく何かの災厄に関して話してをしているかのような二人。
深刻に話をしているキルアであったが、
その気持ちは先ほどよりもずっと軽くなっていた。

キルアはあの男と相対して強い恐怖と不安を感じることとなった。
だが他の受験生たちは男に対して、そこまでの感情は抱いていないようであった。
感覚の鋭い彼だからこそ気付けたのだ。
キルアはおそらく自分ぐらいしか男の異常に気付けないと思っていた。

だが、それは間違いだった。
他にもいたのだ、自分と同じくらい感覚の鋭い者が。
しかも最前列を走る自分についてこれるような者が。

誰にも共有できそうもない感情を共有できたことは、
少なからずキルアの心を軽くしてくれた。
そしてそれは少年も同じようだった。
気付けばキルアは笑みを浮かべていた。

「まったく久しぶりに冷っとしたぜ。
 ところでお前、名前なんていうんだ?」
「俺は……」




「ゴン……」

二次試験会場でキルアは自分の知り合った少年の名前を呟いた。

ビスカの森のその更に奥、
ヌメーレ湿原で仲間を助けるためにいなくなった同年代の受験生。
自分が二次試験の会場についてというのに、彼はまだ戻ってきていない。
彼は大丈夫なのだろうか。

「……」

とそこでキルアは自分の思考に疑問を持つ。
いったいなぜ自分はゴンの心配をしているのだろうと。

普段の自分ならば他の誰かの心配などしないはずだ。
ましてやゴンはいくら歳が近いとはいえ、今日会ったばかりの人間だ。
そこまで関係も深くないのに、ゴンのことを心配するのは尚更変だった。

ではなぜ自分はゴンのことを考えているのだろう。
キルアはその答えが出せなかった。

「……死ぬなよ」

キルアは無意識の内にそう呟いていた。

今の彼はゴンの無事を祈ることしかできない。
ならば祈ろうじゃないか。

ゴンがヒソカの毒牙に命を落とさないことを。

そして、闇世界の住人ともまた違う気味悪さと異常性を持ったあの男、
『高橋良助』と相対しないことを……。




キルアの思いが届いたのかわからないが、
ゴンは無事二次試験の会場にたどり着いた。
少し嬉しかったキルアであったが、心の片隅には別の感情が存在していた。

それは不安。
受験生の中でも最も凶悪なヒソカが、
得体の知れない男『高橋良助』を背負って来た時に生まれた感情だ。

恐ろしい男が二人結びついた。
その事実はなぜかキルアの胸中を強くざわつかせるのであった。




つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.036581993103027