SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 第 18 話 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2009/01/17 22:23




ヨークシンシティの真上には星が輝いている。

ホテル最上階のスウィートルーム、部屋の明かりは一切点けられていない。
その代わり、発展した街の煌きが窓から入り込み、
豪華な部屋の装飾を僅かに照らしている。
そんな光少なき薄ら闇の中、殺伐とした空気が三人の男を中心に発されていた。

男達がそれぞれ持っている雰囲気は部屋のそれとは比べ物にならないくらい暗い。
闇の雫と人の命を糧に生きてきた修羅だけが纏うことの出来るオーラだ。
明らかに一般人でない。
彼らが部屋の闇を更に濃くしているようだった。

そしてもう1人、まるでここに居るのが場違いであるかのような
空気を纏った男がいた。
彼を囲むように立っている三人の男達が人を殺せる様な鋭い視線を男に向けている。
だがまるでそれを意に介した様子はまったくない。
その男はソファの上で……

「これはまさかの死亡フラグ?」

とか、

「お父さん、お母さん、
 そして僕に優しくしてくれたエロビデオ屋の店長、
 先立つ不幸をお許しください」

とか、

「なんってことだ。
 死ぬ前の格好がこんな全身黒タイツとは……。
 これじゃ死体が見つかった時に
 犯人ごっこ最中に犯人に殺されてしまった馬鹿の
 レッテルが貼られてしまうぅ」
 
とか、
この場の状況が理解できているのかできないのか、
良く分からないセリフをボソボソと呟いていた。

絶対的な死地に立たされながらも、緊張も恐怖もまったく感じさせない男。
高橋良助、それがその男の名であった。




第18話 『圧迫面接ですね。わかります』




「団長」

ブツブツと訳のわからないことを呟く良助を
見ていたフィンクスがクロロに向かって言った。

「本当にこいつが『火傷男』なのかよ?」

それに便乗するようにフェイタンも言葉を重ねる。

「この男まるで素人(シロト)よ。
 あいつ殺(ヤ)れるわけないね」

両者ともにクロロに視線を向けるが、意識は良助に残したままだ。
良助を弱いと判断していても油断は全くしていない。

「俺の調べではコイツに間違いない」

二人の疑問を否定するように
幻影旅団の団長クロロ・ルシルフルが強い言葉で断言した。

それにしても彼らは一体何の話をしているのだろうか。

「え、えーと、ど、どういうこと?」

良助にはまったく話がつかめない。

「火傷男」と「あいつ殺(ヤ)れるはずない」というフィンクスとフェイタンの言葉。
話の展開から考えても、その火傷男とやらが良助で、
彼が誰かを殺したと三人は思っているようだ。

最もうち二人はそのことに疑問を抱いているようだ。
良助としてはまったく覚えがないので、二人の意見にむしろ賛成である。
良助は火傷などどこにも負ってはいないし、誰かを殺害した覚えもない。
完璧に濡れ衣だ。
良助はそう思っていた。

良助の発した言葉を聞き、フィンクスとフェイタンが再び彼に視線を戻す。
見ただけで「勝手に質問するんじゃねぇよ」と
彼らが思っていることが理解できる強い威圧感を持った目だ。
常人ならば見ただけで震え上がってしまうような、
同じ人間とは思えない禍々しい光が瞳に宿っていた。
こういう目を向けられては、チャックを締めたように口を閉じて黙るしかない。
であるのに……。

「いやいやいや。
 たぶんあなた方どこかの誰かさんと勘違いしてるんじゃないですかね~。
 ワタクシは虫も殺せないようなピュアな男ですぜ。
 ホントびっくりするほどのユートピュアって奴ですYO!
 殺してやりたいと思っているのは美しい女性だけですよ!ハート的な意味で!
 もちろん肉体的な意味でもグヘヘ、グヘヘヘヘヘヘヘヽ(゚▽、゚)ノs
 ……おっと、失礼。
 とにかく誰も殺してなんかいないのは間違いない!
 それにワタクシ、体のどこにも火傷などはございませんぜ!!
 なんならここで18禁覚悟で素っ裸になってもかまいませんぞ!!
 グラビアアイドル顔負けの美しい裸体を!!
 どうぞご覧あれーーー!!!!」

ペラペラと軽々しく発言し、タイツに手をかける良助。
この場の空気がまったく読めていなかった。
恐怖を感じていないのかっていうぐらいのフザケまくった良助の態度に対し、
フィンクスとフェイタンの視線は更に険しくなる。
旅団でも特にキレやすいこの二人には、良助の言動はもはや挑発にも等しい。

物騒な表情を浮かべて、良助へ一歩踏み出す二人。
おそらく良助を殺すつもりなのだろう。
良助が目当ての人物であろうがなかろうが、
二人は鼻っから良助を生かすつもりがないのだろう。
さすがにもうダメかという状況まで追い込まれた良助であったが……。

「待て」

クロロの一言がそれを助けた。
団長の命令には絶対服従である。
フィンクスとフェイタンは動きを止めた。
ついでに良助もタイツを脱ぐのを止めて、クロロのほうを見る。

「お前に幾つか聞きたいことがある。
 分からないものは分からないでいい」

クロロも良助をじっと見つめている。
その佇まいは波紋一つない静止した水面のようであり、
狩りのために身を潜めた猛獣のようにも見える。

そして両眼には終りのない奈落の穴の濃い暗闇と、
冷たく燃える青い焔の輝きが同居していた。
捉え所が全くないにも関わらず、揺らぎない絶対感がクロロの中に存在していた。

「まず最初の質問だ」

鈍色(ニビイロ)の声が部屋に広がる。
そしてクロロは続けて言った。

「フランクリンを殺したのはお前か?」
「えぇ?」

一瞬、良助には何を聞かれたのかわからなかった。

フランクリンと言えば、旅団の一員であり、先日良助を『殺した』、
あのフランクリンに間違いないだろう。
だが殺された覚えはあっても、良助がフランクリンを殺した覚えなどまったくない。
というかむしろありえない。
良助があのフランクリンを倒せる訳がない。

「おい、さっさ答えやがれ」

フィンクスが苛立ちの含んだ声で告げる。

なぜ自分にこんな質問をするのか良く分からないが、覚えがないのは本当だ。
ここは普通に答えたほうがいいだろう。
そう判断し、混乱した頭で良助は話す。

「フランクリンを殺したのはオレッチじゃないよ。
 俺は覚えないもん」

その瞬間、良助を見ていた三人の瞳がキラりと光った気がした。
そして更に険しくなる三人の視線と表情。
明らかに良助の言葉に反応しての変化だ。

(え?
 俺なんか変なこと言った……
 って…あぁああああああああああああ!!!!!!)

良助はそこで自分が言った失言に気付く。

「なるほど。
 少なくともフランクリンのことは知っているようだな」
「あちゃー」

失敗だった。
ここでは「フランクリンとは誰だ?」といった
答えを返さなければならなかったのだ。
これで良助が旅団を、少なくともフランクリンを
知っているということが露見してしまった。

騙そうとしていたことがばれ、
フィンクスとフェイタンから発される殺気が一段と増す。

クロロはそれにかまわず質問を続ける。

「9月1日の夜にゴルドー砂漠方面の荒野で行われていた、
 俺たちとマフィアの戦いを離れの丘で覗いていたのはお前だな?」

全てを知っているかのような質問。
良助はクロロに対して下手な嘘は逆効果なんじゃないかと思い始めた。

(別に殺してないのは本当なんだし、ここは正直に話しておこう。
 とりあえず濡れ衣であることははっきりさせておかないと)

良助がいつもの調子でペラペラと話し始める。

「まぁ、結論からいえばそうだよ~。
 なんか知らんけどマフィアが騒いでたから
 面白そうだにゃ~と思ってついてったのさ。
 そしたらA級首の旅団がいたからびっくりよ。
 一応オレッチも元ハンターだから、その辺りは知ってるわけさ」

良助はヒソカのことだけは隠蔽することにした。
話せば間違いなく、旅団はヒソカと敵対することになる。
そして話した良助のことをヒソカは敵視することになるだろう。
ただでさえ旅団と敵対してヤバげな良助なのだ。
これ以上、敵を増やせば面倒なことになる。
逆にヒソカが旅団側に居れば、彼が何とかしてくれるかもしれない。

(それに……あんまりヒソカに迷惑かけるのも考え物だよな~。
 一応、こっちの世界じゃ唯一仲のいい人間だしな)

変人極まりない良助と親しい人間は、このハンターハンターの世界においても
ヒソカ1人ぐらいしかいなかった。
あちらはどう思っているかは知らないが、
良助はヒソカのことをそんなに嫌いじゃない。
別に命賭けてまで庇うつもりはないが、誤魔化せるなら誤魔化しておこう。
そう良助は考えていた。

クロロは一応良助の答えに納得したのか、
妙なつっこみはせずに次の質問をしてきた。

「ではそちらに行ったフランクリンとは会ったはずだな?
 どうなった?」

どうなったと聞かれても、良助自身それが分からなかった。
むしろ良助が知りたいくらいだ。
殺されたはずが、なぜか普通に生きている。
これほどおかしなことはない。

「うん、まあね。
 でも殺してなんかないよ~。
 っつか逆に殺されかけたっちゅーの!!
 気付いたらいつの間にか公園のベンチだし、マジわけわかめって感じだわ!
 ……うん」

話している最中、もしかしてそれまでの間に何かあったのかと思い至るが、
とりあえずその辺りはぼかして答えることにした。
妙なことは言わないに限る。

「……なるほど。
 ではこれが最後の質問だ。
 旅団にはここにいる三人の他に、
 マチ、シズク、シャルナーク、コルトピ、ボレナレフ、ヒソカ、
 パクノダ、ノブナガという団員がいるが……、
 そのうちの誰かに会ったことはあるか?」

ヒソカとは会った事はあるが、それを馬鹿正直に答える必要はあるまい。
故に……。

「いんや」

良助はそう返事をした。
だが、これが二度目の失言だった。

「お前が合格したのは今年のハンター試験。
 ……ヒソカとは会っているはずだな?」

(ヤベッ!!
 そこまで調べられていたか!!!??)

ここで良助はクロロがかなり良助について調べているということがわかった。
おそらくハンター名簿を見て、良助が今年の合格であることを知ったのだろう。
つまり昼間にあったルーシーと同じということだ。

(くっそ!!
 まさか一日に二度も失言するニャンてーー!!!
 俺様!!一生の不覚!!
 ……って、あれ。ちょと待て)

あることに気付く良助。

それはなぜクロロがハンター名簿を見ているのかということだ。
原作でクロロはゴンやクラピカのことをまったく知らなかったはずだ。
もしハンター名簿を確認しているのならば、彼らのことも知っていたはずだ。

それによくよく考えてみれば、なぜ良助があの場にいたことを
知っているのかというのも良く分からない。
ハンター名簿を見ていたとしても、良助があの場に居たことを知らなければ
こんなことになるはずがないのだ。

フランクリンが生きていたならば簡単な話だが、彼はもう既に死んでいるという。
しかも自分に殺されて。
では何か手がかりでもあの場所に残していたのか。

いや、それもありえない。
財布や携帯は持っていた。
そこから身元が割れるわけがない。
特注品のフェラーリも大丈夫なはずだ。
一流企業であるフェラーリの製造会社が
優良顧客の個人情報を簡単に開示するわけがない。
本社に乗り込んで力ずくで聞き出したというのなら話は別だが、
本社は別大陸だからそれもない。

あとの可能性といえば念能力ぐらいだが、
そんなのがあるならば原作でもっと簡単にクラピカを見つけているはずだ。

(なぜ?
 なぜ奴らは自分のところまで辿りつくことができたんだ?)

「……隠したということは、ヒソカと何か秘密と繋がりでもあるのか?」

困惑する良助であったが、クロロの声に思考は中断させられる。
ヒソカとの繋がりを話すかどうか。
良助は悩んだ。

先ほどはヒソカのことを話さなかったが、命を捨ててまで庇う気はない。
しかし話したところで命が助かるとも限らない。
それにもうここまでくれば、話そうが話すまいがヒソカの疑いは拭えない。

(どっしようかにゃ~。
 もう話しちゃおうかな……)

だがクロロにとっては良助が答えようが答えまいがどちらでも良かったようだ。

クロロはフェイタンに対して視線を送る。
それに受けフェイタンはニヤリと眼を細める。
そして……フェイタンが消えた。

「え?」

そう言葉を発したの同時に、良助の視界がグラリと倒れた。
そしてそのまま回転し、グルグルと良助の目に見えている光景が
上に昇って行く。

(いや……、これは俺が落ちているのか??)

――――ゴトッ
頭と床がぶつかる音と共に落下が終わった。
その時、良助の目には4人の人間が見えた。
同じ位置にいるクロロとフィンクス、いつの間にか場所を移動したフェイタン。
そして何者かの黒いタイツを履いた下半身だけが見えた。

(あれ……これって)

四人目の黒タイツを履いた人間がバタッと崩れるようにして倒れる。
そこでその人間の全身が良助の視界に入る。

(なるほどね~)

ここでようやく良助は理解した。

(俺、首チョンパされたわけね~)

倒れた身体には、よく見ると首がなかった。
それは良助の体だったのだ。




「あけないね。
 ワタシまだ信じられないよ」

フェイタンが自分が斬った良助の首から視線を外して言った。
今さっき自分が殺した人間にもう興味を失っているようだ。

「そうだぜ。
 ヒソカが裏切ったかどうかは、あとでパクノダに調べさせればいいとして。
 他にいるんじゃねーのか、本物の火傷男」

そう言って頭の後ろに両手を置くフィンクス。
彼も良助がフランクリンを殺したという、クロロの言葉をまだ信じられないらしい。

(いや、まぁホントに殺した覚えないしね)

その光景を良助は離れた首から見ていた。
どこかの科学者がギロチンで処刑されるときに意識が途切れるまで瞬きをして、
弟子に斬首後も意識が残ることを伝えたという逸話を良助は思い出した。

(首が体から離れてからも、意識はすぐになくならないってホントとなのね。
 勉強になったにゃ~)

もっとももう10秒もしないうちに、良助の意識は完全に絶たれるだろう。
それに意識があろうがなかろうが、もう良助は死人と同じだ。
フィンクスとフェイタンも警戒を解き、もう良助から意識を外している。
彼らにとっても良助は最早ただの死体なのである。

(また、この間のようなこと起きないかな~)

良助が言っているのはトンパやフランクリンにやられた時に
起こった現象のことだ。

普通ならばもうここで死ぬのみであるが、良助の場合、
なぜか二度も絶対絶命の状況から助かった経験があった。
良助はそれがまた起きることに賭けていた。

(しかっし、あれも本当に意味不明だな~)

自分の窮地を救ってくれるという点では、良助にとって非常に好都合な現象である。
しかしその理由が不明であるというのはなんだか気持ち悪い。
唯一分かることといえば、その現象が起こっている最中
自分の意識がないということぐらいだ。

(今度は何が起きるのか記憶に残ってるといいにゃ~)

まるで斬首されたとは思えないほどに、
良助はのんびりとそんなことを考えていた。

その時である。

「警戒を解くな」

クロロがそう言ったのは。

その言葉にフィンクスやフェイタンのみならず、良助も疑問符を浮かべた。

「おいおい、どういうことだよ?
 こいつはもう間違いなく死んでるぜ」

クロロの言葉にフィンクスが反論する。
首と身体を切り離したのだ。
魔獣だって生きれるわけがない。
標的である良助は間違いなく死んだのだ。
もはや警戒する必要などないはずだった。

「他の敵、来てるか?」

フェイタンの言っているように、この部屋に良助以外の敵が
向かっているのならばまだ話は分かる。
だがそれに対してクロロは、首を左右に振って否定した。

困惑するフィンクスとフェイタン。
それは良助も同様だった。

(ん、どういうことなんだ?)

標的である良助は既に死亡し、他の敵も存在しない。
そんな状況で何を警戒するというのか。

良助もそのことを疑問に思い、視界に入っているクロロの顔に意識を向ける。

するとクロロは良助の首を見てこう言った。

「こいつは…………















     ……………『具現化された念』だ」




幻影旅団 前編 『覚醒前夜は血の香り』 終り


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.027270078659058