SS投稿掲示板




No.4809の一覧
[0] 天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)[マッド博士](2009/01/25 02:30)
[1] ――― 第 01 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[2] ――― 第 02 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:09)
[3] ――― 第 03 話 ――― [マッド博士](2008/12/22 07:12)
[4] ――― 第 04 話 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:04)
[5] ――― 第 05 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:19)
[6] ――― 第 06 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[7] ――― 第 07 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:21)
[8] ――― 第 08 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[9] ――― 第 09 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:22)
[10] ――― 第 10 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[11] ――― 第 11 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[12] ――― 第 12 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:23)
[13] ――― 第 13 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[14] ――― 第 14 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[15] ――― 第 15 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:24)
[16] ――― 第 16 話 ―――[マッド博士](2008/12/22 07:25)
[17] ――― 第 17 話 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:09)
[18] ――― 第 18 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:23)
[19] ――― 裏 話 1 ―――[マッド博士](2009/01/09 07:58)
[20] ――― 裏 話 2 ―――[マッド博士](2008/12/25 14:26)
[21] ――― 裏 話 3 ―――[マッド博士](2008/12/27 21:29)
[22] ――― 裏 話 4 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:01)
[23] ――― 裏 話 5 ―――[マッド博士](2009/01/09 08:02)
[24] ――― 裏 話 6 ―――[マッド博士](2009/01/09 15:05)
[25] ――― 第 19 話 ―――[マッド博士](2009/01/17 22:22)
[26] ――― 第 20 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:18)
[27] ――― 第 21 話 ―――[マッド博士](2009/01/25 02:43)
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

[4809] ――― 第 15 話 ―――
Name: マッド博士◆39ed057a ID:eca59468 前を表示する / 次を表示する
Date: 2008/12/22 07:24




ここはヨークシンシティ。
ヨルビアン大陸の西端に位置する都市である。

現在ここでは年一回の世界最大級のオークション、
ヨークシンドリームオークションが開催されている。
このイベントの開催期間は10日間。
今日はその初日である。
お昼時と言うこともあり、町は世界中の人間を詰め込んだかのように
人で溢れかえり、その活気で賑わっていた。

さて、どこを見渡しても人ごみだらけというヨークシンシティであるが、
その一角にあるオープンカフェだけはポッカリと穴が空き人々が寄り付いていなかった。

いったい客がいないのか……

「クックック」
「フヒヒヒ」

その原因はおそらく穴の中心にいるテーブルに座った二人の男だろう。

1人は道化師風の男だ。
トランプの絵柄が描かれた緑色の道化服を着て、
目の下に星と涙のメイクをしている。

もう1人は見るからに成金といった男だ。
目が眩みそうな程に金ぴかのスーツを来ており、
指という指に高価そうな指輪がつけられている。

多くの一般人の中で浮いてしまうような趣味の悪い格好をしている二人が
君の悪い笑い声を出している。

怪しすぎる。
誰も近づかないのは当然だった。
この一番の混み時に二人以外の客はいなかった。

「久しぶりだね、ヒソカ」
「久しぶりだね、リョウスケ◆」

ハモルような挨拶。

「クックック」
「ヒッヒッヒ」

嗤う二人。
これが良助とヒソカの約束された再会であった。

カフェの店主は涙目であった。




第15話 『好きよ好きよも嫌のうち』




ヨークシンに到着した良助がまず一番最初にしたのが、
ヒソカに連絡をとることだった。

「ひどいなぁ。
 携帯を買ったんならもっと早く教えてくれよ」

再会した良助にヒソカは言った。
良助はヒソカと別れる前に携帯電話の番号を聞いていた。
ハンター試験終了時、携帯を持っていなかった良助は
「んじゃ、携帯買ったら連絡するわ~」と言っていたのだが、
昨日のニュースを見るまですっかり忘れていたのだ。

「はっはっはっはっは!!
 ソーリーソーリー!
 人生を謳歌するのに忙しくてSA--!!」
「忘れてたってことね」
「いやぁ、サーセンww」

ヘコヘコとニヤケながら頭を下げる良助に
ヒソカはヤレヤレといった感じ肩をすくめる。

「それでどうだったのこの半年?
 元気にしてたかい?」
「ふっふっふ。
 そいつは愚問だァ。
 そいつは愚問だZEェ!!
 ヒソカくーん!!」

良助は天を仰ぐように両手を広げ、口元を吊り上げ笑みを浮かべる。

「この高橋良助様が元気でないわけがない!!
 太陽がいつも眩しいように…、
 この俺様も神々しく輝いているのだーーー!!
 フッハハハハハハ!!」

相変わらずのテンションである。
膨大な金を手に入れたせいか、以前よりも傍若無人さが増したように思える。

「……まぁ、元気そうで安心したよ」

そんな彼にヒソカも呆れ気味である。

「んでェ?
 そういうヒソカはどうなのよ?
 ゴンと楽しんで来たの?」
「まぁね。
 天空闘技場でちょっとヤりあって来たよ◆
 詳しく聞くかい?」
「いんやぁ~。
 だいたい想像できるからいいよ~」

良助はもう既にヒソカとゴンが天空闘技場で闘ったことを知っていた。
もちろん原作知識と言う奴である。

この半年の間に、ゴンはクラピカとレオリオと共に
実家に帰ったキルアを連れ戻し、キルアと天空闘技場の200階までたどり着いた。
そしてその過程、ゴンはゾルディック家の試しの門で筋力を上げ、
天空闘技場で念に目覚めた。
半年の間に恐ろしいまでの進歩を遂げたのである。

ずっと働かずに遊びまわっていた良助とは大違いである。
良助よ、働かなくても飯はうまいか。

「あれ、そう?
 残念だな~。話したかったのに◆」
「わりぃね~」

少しばかりガッカリした様子のヒソカに、良助は改まって質問をする。

「それより、ヒソカはドリームオークションでなんか欲しいものでもあんの?」

全世界の珍品・希少品が集まるヨークシンドリームオークションで
何が欲しいのかとヒソカに尋ねる良助。
だが原作知識のある彼はヒソカの目的がオークションではないことを知っていた。

ヒソカがこの地に来た理由、それは『幻影旅団の団長と闘う』ことだ。

『幻影旅団』

A級賞金首にして、史上最悪とも言われる盗賊団。
団員は皆『蜘蛛』の刺青を体のどこかに入れており、
そのため自分達の団のことを『クモ』と呼称している。
5年前にクラピカの一族を皆殺しにしたのも彼らだ。

ヒソカの目的はこの幻影旅団の団長
『クロロ・ルシルフル』とタイマンで闘うことである。
そのチャンスを伺うためにヒソカは幻影旅団に入団した。
入団したといっても、あくまでフリである。
ヒソカは平面状の上に模様を再現する念能力、
『薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)』を使って
自身の身体に蜘蛛の刺青を入れたよう偽装したのである。

幻影旅団は今、このヨークシンシティで
これまでで一番大きな仕事に取り掛かろうとしている。
それはマフィアン・コミュニティが取り仕切る
『地下オークション』の宝を全て奪うこと。

そしてヒソカは、この大仕事の中でクロロと闘うチャンスを掴もうとしている。

それが原作を読んで良助が知っていることだ。

とは言っても、それを馬鹿正直に
「ヒソカは、地下オークション襲いに来たんだろ?」と
聞くなんてことはしなくても良い。
そんなことを言えば、なぜそれを知っているのかと問いただされて
面倒くさいことになることを良助は知っていた。

面白そうなこと・楽しそうなことのためになら無謀なことでも何でもするが、
面倒くさいことは嫌だというのが良助の行動指針なのだろう。

しかし場の流れ的にヨークシンに来た目的を話さないのもなんだか不自然だ。
ゆえ、良助は場の雰囲気に合わせて当たり障りのない形で質問したのだ。

(変化系は気まぐれの嘘つき。
 こう言っておきゃあ、
 ヒソカも適当にあわせて来るでしょ~)

イカレながらも、頭は冷静。
この男、意外とこの世界向きの人間なのかもしれない。

「それなんだけどさー…」

コーヒーを飲みながら上目遣いに見てくる良助に、何気なくヒソカは答えた。

「実は地下オークションの宝、まるごと奪いに来たんだよね~」
「ブッーーーーーーーーー!!!」

まさかのカミングアウト。
あっさりと本当のことをヒソカは話した。
予想外の答えに水鉄砲のように思いっきり紅茶を吹く良助。
己の顔に向かうそれをヒソカは首を傾け避けた。

「汚いなぁ、もう。
 ま、驚くのも当然だよね」
「え、ちょ、おま!?」

確かに驚いている良助であるが、ヒソカは勘違いしている。
良助が驚いたポイントはヒソカの話した内容ではなく、
そのことをヒソカが話したことそのものだ。

(なで、今、そげなことをーーーー!?)

混乱する良助を尻目に、ヒソカは話を続けた。




5分後。

要約するとヒソカが言ったのは以下のようなことだ。

自分が幻影旅団の一員であること。
幻影旅団の今回の仕事が地下オークションの宝を全て奪うことであること。
自分はその仕事をするためにこのヨークシンに来たこと。

これらのことをヒソカは世間話でもするかのように良助に話した。

「ちょいっとわりぃ~んだけどさ~」
「ん、なに?」
「テライミフ!!!???」

意味不明。全くその通りだった。
ヒソカの話は偽りの入団や団長とのタイマンのことを除けば
全部本当のことであるといってよかった。
絶対に本当のことを話さないと思っていた良助にとって、
なぜヒソカが自分にこの話をしたのか全く理解できない。

「なぁんで俺っちにそんな話をするのか正直わからーーーーん!!
 問1 400文字以内に理由を述べよ!」

目をハテナマークにしてヒソカに指を向ける良助。
それをヒソカはクククと笑いながら静かに見ている。

「まぁあぁ、落ち着きなよ。
 ボクはただ君に『娯楽』を提供しようとしているだけなんだからさ◆」
「娯楽ぅ~??」
「そう、娯楽さ」

指をパチンッと鳴らして、ヒソカが本当に楽しそうに話し出す。

「ショーの名前は『旅団VSマフィア』。
 どうだい面白そうじゃないかい?」
「…………へ?」

良助は面食らい、思わず間抜けな一言を発する。
ヒソカは懐から何かを取り出し、テーブルの上に置く。
自然と良助はそちらに見る。

「……なにこれ?」

それは丸い画面の付いた何かの電子機器であった。
大きさは携帯電話よりも一回り大きいといったところだろうか。

「リョウスケ、今夜旅団は地下競売を襲うって言っただろう?」
「ん、うん」
「地下競売を襲うって事はマフィアンコミュニティに喧嘩を売ること。
 つまりは世の中の筋モン全部敵にまわすってことさ」
「まぁ、そうにゃるね~」
「だからこれから旅団はマフィアと壮絶な争いをすることになる」

一度目を瞑ってから、良助を試すように視線を向けるヒソカ。

「その戦いを……、リョウスケは見たくないかい?」

視線を下げ、テーブルに置いた機械に触れるヒソカ。
良助の答えを待たずに再び話し出す。

「この機械は探知機。
 発信機をつけた人間の居場所が分かるっていう代物さ。
 それが旅団の一員ならマフィアとの争いを見ることもできる」

良助は途中から沈黙してヒソカの話を聞いていた。
その顔には怪訝そうな表情が張り付いている。

「……あのさぁ~、ヒソカくん?
 説明してくれて悪いんだけどさ~」
「なんだい?」
「やっぱりイミフなんだけど」

正直、良助は話の展開についていけていなかった。
いや、ヒソカが言っていることは理解できた。
要するに「探知機の反応を追って旅団とマフィアの戦いでも見たら
楽しいんじゃない?是非そうしたら?」ということだろう。

話の趣旨はわかった。
だがその理由が分からない。

「言ってることはわかるんだけどね~。
 理由がわからねーよ。理由がさ~。
 なんでオレに旅団のことを話のか。
 なんでオレにそんなものを見せようとしてるのか。
 ホォワーーーーイ?なぜーーーーー?」

私分かりませーんというベタな外国人の真似をして良助は首を振る。

「別に理由なんてないさ」

ヒソカが流し目で答える。

「リョウスケはそういうのが好きそうだなぁ……
 って思ったから。ただそれだけだよ」
「……」

間違いない。嘘だ。
絶対に何か企んでいる。
いったいどこの誰が何のメリットもなく、自分と組織の秘密を明かし、
それを娯楽の種にしろなんていうのだろう。
ありえない。絶対にありえない。
ヒソカは何か企んで良助にこんな提案をしている。
確実にそうだ。

あまりにも不自然すぎる提案。
普通なら誰も信じない。
天性の嘘つきであるヒソカらしくない嘘だ。

だが、嘘の出来は、この場合あんまり関係なかったのかもしれない。
なぜなら……。

「ま、いっか~。
 面白そうだし。
 んじゃ、この探知機はもらっとくよ」

良助はあっさりと了承し、テーブルに置いていた探知機を受け取ったからだ。
いくらなんでも酷すぎる。

確かに良助にとっては決して悪い提案とはいえない。
なぜなら彼がヨークシンに来た目的が
原作で起きたようなイベントを見るためだからだ。

旅団の大暴れ。
クラピカとウボォーギンの決闘。
団長とゾルディック家の闘い。

そういった原作の見所を実際にこの目で見てみたいと思っていた良助にとって、
探知機で旅団員の位置が分かるのはむしろ好都合だ。

だが、これはない。

物心つかない子供だろうが、野生の猿だろうが、明らかに不自然だと分かる嘘だ。
いくら都合が良いといっても、普通なら後が怖くて
こんな怪しい話を決して受けやしない。
本当にこの男は先のことを考えているんだろうか。

さて、その怪しげな提案をした本人はというと……。

「……クック…クック……クククッ……」

堪えきれないと言わんばかりに、口を元を隠し笑っていた。

「ククククッククククッククククッククククッ」
「あ、あの~、ヒソカさ~ん??」

良助が話しかけても、まったく反応を返さない。
いや反応を返そうとはしているのだろうが、
笑いがとまらず返事ができないといった感じであった。

この場面、良助のあまりの選択を呆れるということはことはあるとしても、
笑う、しかも爆笑するなんてことはあるのだろうか。
自分の下手な嘘にまんまと嵌ってくれてありがとうという嘲りの笑いなのだろうか。
だがそんな感じでもない。

しばらく経ち、笑いもおさまったのかヒソカから良助に話しかけた。

「いやー、ゴメンゴメン。
 あまりにもリョウスケらしい答えだったからさ。
 つい……ね」

自身を落ち着かせるためか、
ヒソカがすっかり冷めてしまったコーヒーに口をつける。
そしてニンマリと笑みを浮かべて良助を見る。

「君さ。
 僕が嘘ついているって気付いていて
 提案を受けたよね。
 なんでだい?」
「ん??面白そうだからって言ったじゃん」
「くっくっく、そう、それが君らしい……」
「???」

再び笑い出すヒソカに、疑問符を浮かべる良助。

「ハンター試験の頃から思ってたけど、
 リョウスケってホント単純に物事を判断してるよね」

君ってこんなところがあるよねと、
一般人たちのする世間話のように話し出すヒソカ。

だが、良助に向けられたその目は、
その瞳は決して一般人にできるものではなかった。

「君が行動する基準は愉しいかどうか、気持ちいいかどうか、面白いかどうか。
 行動しない基準は面倒くさいかどうか、可能かどうか。
 それだけ」

その瞳の奥に青い月の光が宿されていた。
人の心を惹きつける狂気と冷たいナイフの切れ味を孕んだ輝きだ。

「君にとってその場の感情と状況が全てなんだろうね。
 きっと未来にも過去にも興味がないんだぁ」

その目に吸い込まれるような錯覚を覚え、知らず知らずの内に良助は沈黙していた。

「リョウスケ。
 君は人間としては間違いなく壊れている」

ヒソカは自分の席から立ち上がり、良助の耳元に口を近づけた。

「でも、そういうところ……」

そしてこの上なく優しげに呟いた。

「僕と似ているね◆」

その言葉を最後にヒソカは雑踏の中に消えていった。




ヒソカが去ってからも良助はしばらく動けなかった。

体中から汗が滝のように流れている。
耳にはヒソカの吐息の感触がまだ残っている。
心臓が暴れるように鼓動して、苦しかった。

「はぁ……はぁ……はぁ……」

息が荒くなる良助。
彼にはなぜ自分がこんな状態になっているのか、理解できなかった。

「違う……」

いや、頭には一つの可能性が浮かんでいる。

「違う!!そんな訳がない!!!」

だがその可能性を信じたくはなかった。
テーブルを叩きつける良助。
そして彼は叫んだ!!

「いやぁだあああああああ!!
 オレはヒソカに恋なんてしてないよぉおお!!
 心臓が高鳴っているのも絶対気のせいだ!!!!
 オレは耳元で囁かれてドキドキなんてしないよぉおお!!
 オレは女が好きなんだぁああああああ!!!
 女に関してはストライクゾーンは広いけど、
 男は絶対にボールだよぉおおおおおおおおおお!!!」

と、自分の心臓の鼓動が激しいのはヒソカにトキめいたからではないと、
必死に否定していましたとさ。




ヒソカに探知機をもらった良助、いったいこれからどうなるのか!?




つづく


前を表示する / 次を表示する
感想掲示板 全件表示 作者メニュー サイトTOP 掲示板TOP 捜索掲示板 メイン掲示板

SS-BBS SCRIPT for CONTRIBUTION --- Scratched by MAI
0.022255897521973